タグ:お菓子 ( 1 ) タグの人気記事

ベルベデーレ



a0278382_03545683.jpg




さて、 カメラのケーブルの犯人は、やはりkumatoさんでした。 
出がけに目についたケーブルを何本も!! カバンに詰め込んでいったらしい。  
カメラ一個しかないのになぜ何本も??      不思議な人です。

さて、 2週間前にドライフルーツをラム酒に漬け込んだもので、今日は幻のお菓子を焼きました。

漬け込んだのは、この時・・・・


ここにも書いたのですが、 クリスマスの時にお友達が、私が昔作ったことがあるというこのお菓子のことを思い出させてくれたのです。 ・・・・ というのは、 その時私がそのお菓子の存在を全く思い出せなかったからで、しかもお友達の中ではそのお菓子が、 ものすごく美味しく美しいものとして信じられないほど美化されていたからです。 笑


日本から帰ってから作ろうかなと思っていたのですが、数日前に母からとても面白いメールをもらったので、母のために焼くことにしました。 

母は、定期的に中国茶のレッスンに行っているのですが、 そこでいつもグルメの先生が珍しいお菓子を出してくださるのです。 その日は、 ナッツを固めたようなお菓子でものすごく美味しく、 私でも作れるのではないだろうかと思い、 先生が取り寄せたお店の名前を書き留めて教えてくれたのです。 私が帰国したら、そのお店からそのお菓子を取り寄せて、 私に味見をさせてあげたら、同じようなものをきっと再現できるのではないだろうか? と必死でメモしてくれたのだとか。 母の、そのお菓子の描写を聞いてもしかしてもしかしたら、 私が焼こうと思っていたその幻のお菓子に似たものではないだろうか? となんとなく思いました。

母のキーワードは、 お店の名前、 ナッツを固めたもの、天然酵母、一本3300円・・・・・ 

すぐに調べてみるとそのお店は、函館の天然酵母のおしゃれなパン屋さんで、オンラインショップもありました。
お菓子はそれ一種類と、 それにチョコレートがけをしたものしかありませんでしたし、3300円の商品は一つしかなかったのですぐにわかりました。


そしたらなんと!!!

少し材料の種類が違ったのですが、 私が焼こうと思っていたその幻のお菓子そのものだったのです!!! 

ただ、材料が、 元レシピよりかなり安いものを使っている・・・・・ 笑



a0278382_03550857.jpg


これが、幻のお菓子   笑


これは、ルヴァンという天然酵母のパン屋さんのレシピで、 ベルベデーレというお菓子なのです。 
焼酎につけたドライフルーツのミックスと様々なナッツを固めた? どっしりとした重いケーキというか、ナッツとドライフルーツの塊です。 砂糖は一切入っていません。  私は焼酎ではなくラム酒に漬け込みました。 

そして、母がいただいたお菓子を作っているそのパン屋さんは、 よくよく調べてみるとやはり、 ルヴァンで修行をなさった方でした。  

なんという偶然というかタイミングでしょうか?

母に、 3300円も払う必要ないよ、 焼いて持って帰ってあげるよ、 と約束しました。 

この写真から見てお分かりのように、 超地味なお菓子なのです。(まだ切っていないので切り口をお見せできなくて残念なのですが)  なぜお友達の頭心の中で、 ’美しい’ (ラッピングが美しかったのかもしれないとも言っていましたが笑) ものすごく特別なお菓子となったのかは謎です。  思い出って、その時の雰囲気や気持ちなどが絡まって、作られるものなのでしょうね。 

型が大きすぎて2本焼くつもりが一本半になり、さらには野田ホーローだったのでしっかり焦げ付いてうまく型から出せなく、半分の方は壊れてしまったので味見をしました。
 
う〜ん、  家にあったドライフルーツで作ったので、レシピにあったプラムを入れなかったせいでしょうか、 前作った時(もう10年以上前なのでよく覚えていないのですが)よりも甘みが少ないような気が・・・・・・ますます地味な味です。   使った果物は、二種類のレーズンとイチヂク、 アップリコットです。

でも、たっぷりのナッツとドライフルーツで、 美味しくないわけはありません。  また、 母が食べたそのパン屋さんのものもプラムもアップリコットも使っていないので、 母も納得してくれるでしょうか?  ナッツの種類はカシュナッツにヘーゼルナッツ、アーモンドにくるみが入っていますので、 こちらの方が高級ですし。 笑 

まだラム酒につけたフルーツはあるので、 プラムをさらに漬け込んで日本から帰ってきたら、もう一度作ってみたいと思います。 干し柿も入れてみようっと。  



さて、バレンタインデーが来てしまいました。
ほぼ毎年、ガトーショコラを三種類の味でハート型に作ってkumatoさんにあげています。



前年のガトーショコラはここに・・・・





けれども今年はkumatoさんはバレンタインデーの日はスイスにおりますし、何もしないつもりだったのです。

ところが、 一日帰ってくる日が早まって木曜日に帰ってくることになったので、 これはまずいと思い慌てました。 (この時点で、木曜日は明日と思っている〜この記事が日本時間で出る時)  でも、カカオとチョコレートはあるけれど生クリームは買い置きがないのでいつものレシピは使えません。
それに、 ここのところスウィーツを食べすぎですし、しかもスイスから帰って来てからは必ずカロリーの取りすぎですので、 3つもバターや生クリームの入ったガトーショコラを(いくら私もいただくとはいえ・・)食べて欲しくはありません。 
 




a0278382_03552028.jpg


そこで、いつもとは趣向を変えて、 ベルベデーレと同じようにドライフルーツのラム酒漬けとナッツ類がた〜〜〜っぷり入ったガトーショコラの生地をつなぎ?にしたケーキを作りました。   砂糖もあまり入っていません。 バターはちょっぴり。 
kumatoさんが帰って来たら、 お花を飾って可愛くして出しましょう・・・・・



・・・・・・ とここまで書いてやっと気がつきました。 今日はまだ十三日の火曜日でした。(日本は十四日ですね)  私、 kumatoさんが十四日に帰ってくると思っていたのですが、  間違えました。 あと二日あるではありませんか。 バレンタインデー、しなくてもよかった・・・・・・


一日前に作っておけば、ケーキは落ち着いて美味しくなると思ったのに、 木曜日まで置いておかないといけないとは・・・・・・・・   汗 

相変わらずおっちょこちょいです。




さて、今日の驚いたこと

a0278382_03560739.jpg


二日前に、 頑張って全てのバラに肥料をやったのですよ。 
そしたら!!!   
何者かに食べられた!!!!  滝涙


今回、 ネットで調べたらどなたかが1、2箇所に穴を掘ってそこにまとめて肥料を入れるやり方をしていたので真似をしてみたのです。  それがいけなかったようです。  

バラ数本の根元を、 掘り起こされて食べられてしまったようです。  

信じられません。 有機肥料だと、こういうことがあるのですね・・・・・・・  涙  骨も入れたので、それがいけなかったかも。 

全てやられてなくてよかったです。 今日、 肥料をよく土と混ぜてバラしてもう一度やって見ましたが、果たして無事でしょうか??? 




by tomomato | 2018-02-14 05:24 | 今日のおやつ | Comments(12)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

最新の記事

ドイツ旅行 2018-5 R..
at 2018-09-24 04:25
忘れないうちに
at 2018-09-22 04:26
あれあれ、9月も後半!!
at 2018-09-19 20:56
8月末の庭
at 2018-08-31 05:02
スイスから帰ってきたら
at 2018-08-28 06:35

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新のコメント

marshaさん、  私..
by tomomato at 15:51
若い時は冒険は怖いけれど..
by marsha at 09:37
asaporonさん、 ..
by tomomato at 01:31
えっこの絶壁を降りたの?..
by asaporon at 23:55
あっという間に日々が去っ..
by tomomato at 18:09

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30