タグ:おやつ ( 4 ) タグの人気記事

Gâteaux invisibles





a0278382_20265037.jpg





秋に、お隣のおじいさん(おじさん?)と物々交換していただいたリンゴが、最後の最後にまだいくつか残っていました。  皮はシワシワになっていて生で食べるのは今ひとつそそらない姿。 笑
リンゴは生ではあまり食べない方が良いという説もありますし、 (ドイツでは1日1個生のリンゴを食べると医者知らず、 とも言いますが ) このまま放って置いてもどんどんしなびていくだけですので、 一気に処理することにしました。 
  
ちなみに、自然農法で育てられた ’奇跡のリンゴ’ と言われているリンゴは、腐らずシワシワになって乾いていくということでそれが特別であるように宣伝されていますが、 うちのリンゴもお隣からもらったリンゴも虫食いやぶつけた後などがない限り腐りません。 シワシワになっていくだけです。    

皮がシワシワなので、薄くむけずにかなり分厚くなってしまいました。  皮と芯はブイヨン用に薪ストーブの上に置いて乾燥しました。 
中身は、 シャキシャキとまではいかないけれど、全然スカスカしていなくてとっても美味しいので、 これならお菓子につかっても大丈夫とひとまず安心。


先日、 franさんのところでガトーアンヴィジブルというリンゴを大量消費できそうなケーキが紹介されておりましたので、 それを作ってみることにしました。 (レシピは、そのページにリンクされていたものを使わせていただきました)

最近, kumatoさんがお腹の出具合を心配して少し気をつけるようになったので、 お菓子は全く焼いていなかったのでどうしようかと迷ったのですが、 このケーキはバターも砂糖も粉も普通のケーキに比べるとずっと少量ですので、 まあいいかということで・・・・・・


もともとの元のレシピは、リンゴが3個、 そしてリンクされている方のアレンジではリンゴ6個、franさんは5個で作っていらっしゃいました。 まあ、リンゴといっても大きさがいろいろとありますから、この辺は好みで適当ですよね。 いろいろと調べていたら、生地量がりんごの10パーセントで大丈夫なようです。リンゴをやっとつなげる量で良いわけです。  

というわけで、私は中から大のしわしわリンゴ 9個 を分厚く皮をむいて芯を取ってスライスして、途中でいくつかつまみ食いした量を使いました。 笑  




a0278382_20272221.jpg


リンゴは、フランスではスライサーで薄〜く削いだものを使うようです。  でもリンゴの食感があったほうが好みだと思ったので、包丁でスライスしました。 

ところが、この日は朝から具合が悪くて頭がボ〜ッとしていたせいか、 レシピにある溶かしバターを入れるのをすっかり忘れてしまいました。 おまけに早く終わらせて横になりたかったので、適当に生地を型に流し入れオーブンにポイッ。 


その結果、 上の写真のようなとっても雑な層になりました。 生地を少しずつ均等に入れてその度にならしていったほうが切り口が綺麗にできると思います。完璧に作りたい人は、りんごの向きを揃えながら入れていくとインスタ映えするかも。 笑 (食べたら同じ)  それか、そもそもスライサー使えば、不揃いなリンゴがないので綺麗にできるかな?  生地がリンゴに吸収されて見えなくなる=ガトーアンヴィジブル ということらしいので、 私が作ったようにリンゴがバラバラ入って生地の層がはっきり見えているのは、 ガトーアンヴィジブルとは言えないかも?

まあ、来冬の課題ができました。   

おまけにやはりリンゴの量が多すぎてしわしわリンゴながらも水分が出たのか、 とても柔らかい仕上がりで、 周りの紙を剥がすのが一苦労でした。 

あまりに調子が悪いので、熱を測ってみたら、高熱ではないけれどあった〜!!
 
それでも可愛く盛りつけようとまだフルフルの生地を慎重に切ってお皿に盛り、 さあ、バターを入れ忘れたし、kumatoさんの鼻風邪もだいぶ良くなったから冷蔵庫にあるクレームフレッシュとブラックベリーのコンポートで飾り付けをしようと、ぼーっとした頭ながら思っていたのです。  (注 鼻風邪の時には乳製品は控えたほうが良いのです)

ところが, クレームフレッシュを上に乗せた途端、kumatoさんが横から手を出してちゃっちゃっとクリームを広げてしまい、 結果こんなことに。 


a0278382_20270793.jpg
kumatoさん得意のてんこ盛り

滝涙



ガトーアンヴィジブルなんだからさあ、 綺麗じゃないとはいえ、この断面を一応ちょっとは見せたかったわけよ。  
そういう女心は通じません。 笑  


熱がある時に、ケーキなんて絶対食べちゃいけないのですが、 ほとんど食欲がなく昼食もほんの少ししか取らなかった私でしたが好奇心に負けて食べてしまいました。 

パクッ           おいし〜〜!!  162.png  


新しい食感です。 フワーッとして茶碗蒸しみたいな(・・・・って変な表現だけれど) フルフル感、 バターなくても全然大丈夫。 (ほっ) 補足のつもりでクレームフレッシュのせて、もちろんそれはそれで美味しいけれど、なくても全然平気です。 濃厚な生クリームたっぷりのキャラメルソースを添えるレシピもあったけれど、 そんな必要ないかと・・・・・・・。   
軽くて喉越しが良く、するすると食欲のない胃袋に収まってしまいました。   



今日は、熱が少し下がってだいぶ調子がマシになったので、 ふたたびケーキをいただくことに。



a0278382_21465807.jpg



昨日はブラックベリーで食べたので、今日はぶどうのソースを添えてみました。

両方ともとっても合います。  一晩冷蔵庫に入っていたので、生地はしまって切りやすく、また別の食感になりました。 焼きたてのフルフルも美味しいけれど、 冷えたものもデザート感覚でなかなかいいです。

新しいレシピを試す時には、ほとんどの場合レシピの材料からどんな味になるか、美味しいかどうか想像がつくのですが、 このケーキは、 想像していた以上にずっと美味しく、 新しい食感と味で大好きになりました。 

ガトーインヴィジブルは、 塩味で野菜などでも作るようですので、 ケーク ド サレよりも軽いし是非野菜版も作ってみたいと思います。 










by tomomato | 2018-04-10 23:00 | 今日のおやつ | Comments(0)

修復現場とベルベデーレの断面図

a0278382_04500282.jpg



今日はお天気だったので、(私にとって)最後のスキーに行く予定にしていました。 
その前に色々としなければいけないことがあったので朝一番で街に行って、銀行に行ったり買い物をしたり出来上がった銅製の雨樋を取りに行ったり・・・・・・・ バタバタとして帰ってきました。




a0278382_04494649.jpg



さてスキーウェアに着替えようと急いで家の中に入りましたが・・・・・


な、な、なんと!!  帰って来たら突然リビオに ’手伝え’ と言われてしまったkumatoさん・・・・・・

え〜〜〜〜!!??


おかげでスキー行きは無し・・・・・・ 滝涙


まあ、私も帰国前に骨の1、2本折ってしまっても困りますので、 がっくりしたもののすぐに気を取り直しました。 これは、今日は行ったら危ないよ、 という神のお告げと理解することにしました。 笑





a0278382_04514813.jpg
a0278382_04520770.jpg




kumatoさんは一日中、 大変でした。





a0278382_04513378.jpg
 




というのも、ついに屋根の石のせは終わったらしいです。 下から見えないのは残念ですが、ついに最後の穴が塞がり、今日は必要がなくなった大きな石達を下に下ろす作業を二人でしていたようです。  
リビオは、 煙突の漆喰を塗る作業もしていました。 屋根の一番てっぺんの、二面が重なり合うつなぎ目にも漆喰を塗っていたようです。
  
屋根の作業は一応終わり、雨樋も来たので雨樋の取り付けを行い、 そしてやっと足場が外れますが、 これはきっと私が日本に帰った後になるでしょう。 
この足場ももう、半年になりますのでいい加減鬱陶しかったので、 どんなにスッキリすることでしょうか。
日本から帰って来たら、まずは家の掃除、そして窓のガラス拭き、 そして痛めつけられた花壇の再生が待っています。  ああ、もちろん、きっと庭も草ぼ〜ぼ〜でしょう。(恐怖)

そうそう、 その痛めつけられた花壇なのですが、kumatoさんが大まかに石をどけてくれたのですが、 やはり相当ダメージを受けていました。 ところが石に潰されて葉っぱがぐちゃぐちゃになったクリスマスローズから、花の蕾が上がっているではありませんか!  こんな目にあっても花を咲かせてくれるつもりとは・・・・・ いじらしい・・・・・滝涙
私は今年はお花は見ることができませんが、 生き残ってくれて本当に嬉しいです。 



  



a0278382_04503311.jpg






前回焼いたベルベデーレの崩れたものを味見した時、何か甘みが足りないような気がして、レシピを確かめてみるとプラムを入れ忘れたことに気づきました。 その上、蓋をして焼成するとレシピにあるのにそれも忘れていました。

kumatoさんに足りない材料を買ってきてもらっていたので、 スキーに行けなくなって急にぽっかり時間が空いたのを利用して、 今日また再挑戦して焼いてみました。  蓋もちゃんとして、一晩だけラム酒につけたプラムを足して・・・・   母にはぜひ、美味しいものを食べてもらいたいので頑張りました。 

今回は型を二つに分けずに、 引き伸ばして長くして一本に・・・・・ って、 なんでこの間そうしなかったのか?    このパウンドケーキの型、 かなり長くまで引き伸ばせるので便利です。 


2本目を焼いたので、前回のを切って食べてみようと思いナイフを入れました。




a0278382_04504907.jpg
ベルベデーレの断面






うわ!  なんて美味しそうな切り口!


そして、 前に味見した時よりも格段に味が落ち着いて美味しくなってる〜。 

これなら作り直す必要が全くなかったかも?? 
味見をした時には甘みが足りなく、味が今ひとつボケていると思ったのですが、 全然そんなことがありません。
寝かせただけなのに・・・・・・・。


 




a0278382_04510865.jpg



そして、今日焼いたものも切ってみました。 わ〜 本当に美味しそ〜


ぱくっ 



あれ....???    今ひとつじゃない?  プラムの甘酸っぱさは確かに効いているけれど? 

う〜ん・・・・・ 本当に作り直す必要があったのか?

でも前回のものも味見した時にこれはイマイチかな? と思ったのに、今日食べたら美味しくなっていたので、 しばらく寝かせておくと美味しくなるかもしれません。 

母が喜んでくれるといいな〜。 でも味見をしたkumatoさん、 目が爛々と輝いておりましたので、 kumatoさん用にもしっかり残しておかないと行けません。 この人の場合、食べ物の恨みはほんと〜〜〜に怖いのです。  


このお菓子を思い出したことで、今年の新たな目標ができました。


ドライフルーツをたくさん作ること!!!! 


今年、アップリコットとプラムとイチヂクがたくさんできますように〜〜〜〜 
(うちはぶどうも取れるのですが、 種ありぶどうなので干しぶどうはちょっと無理・・・・・ 種無しぶどうも本当に植えたいなあ・・・・) 


いずれ、 ドライフルーツやナッツの配合も、 うちで収穫できるものを中心に色々と試して作ってみたいな・・・・・
このお菓子は、 ルヴァンではベルベデーレという名前ですが、 別のお店では森のケーキと言っていたり、また別のお店では〇〇(お店の名前)のケーキと言っていたり、 あるいは山のケーキというお店もあったり、それぞれ色々と配合を変えて売られているようです。
 
母が食べたものは、原材料を見るとレーズン二種、イチヂク、かぼちゃの種、ひまわりの種、ピーナツでした。 バターも使っていないようでしたので、おそらく植物油脂を使っているのかと?  それでも母が私に食べさせたいと思うほどに美味しかったらしいですからすごいです。   内緒ですがkumatoさんがその原材料を聞いて、 CHEEP !! CHEEP !! って横で叫んでいました。 

その代わりルヴァンのものよりは値段は抑えています。 とはいえ、私が作ったものより小さくて一本3300円です。 ルヴァンのものは一切れ4〜500円くらいしますので、一本5000円くらいになるのではないかと思います。
・・・・・ってすぐに値段を気にする貧乏な私・・・・恥



それなら、うちで取れた手作りのドライフルーツを使ったケーキを入れた、 Pietra Sole Cake というのを作ってみたいなあ。 干し柿や洋梨とか入れちゃったり?  酸味と甘みのバランスを取るのが鍵なような気がします。

アーモンドはうちでは無理ですが、 やはりヘーゼルナッツの木も植えてもらいたいものです。   (もう場所がない〜) 



 



by tomomato | 2018-02-17 06:02 | 今日のおやつ | Comments(10)

kumatoさん帰宅とパン焼き三昧の日々




a0278382_05534405.jpg



kumatoさん、予定より一日早く帰ってきました。
こちらは朝起きたら雪が降っていたので、 ありゃ〜 と思ったけれど、午後からは晴れて雪も消えたので安心しました。 

ラム酒漬けドライフルーツとナッツがぎっしり詰まったガトーショコラに、 雪が溶けた後のお庭からささっとお花をとってきてちょっぴり飾り付け・・・・・



a0278382_05550568.jpg




夕食のあとにオルツォカフェを入れて、一日遅れのバレンタインをしましたよ〜。

このケーキ、ナッツや洋酒漬けのドライフルーツなどの中身をぎっしり入れすぎて綺麗に切れなかったのですが、 もう病みつきになる美味しさでした。
つなぎのガトーショコラ自体は、 ほとんど甘くないチョコレートを使ったので甘みはドライフルーツの甘さが主体、 洋酒が効いて大人の味で、 ついついお代わりをしてしまいとても危険でした。  
私はチョコレートケーキはあまり好きではないのですが、 これは美味しかった!  キッパリ。   




a0278382_05552513.jpg



さて、なんなのkumatoさん?  まさかとは思ったけれどkumatoさんのバスケットの中からこれだけケーブルが出てきましたよ。 うち一本はkumatoさんのものと私が見分けられました。そして残りの3本は私のです。 (私はもう一本持っているはずなのですが、どこにもありません きっとまだどこかに隠し持っているはず )

kumatoさんはカメラ一つしか持ってないのに、 どうしてこんなにケーブルをかき集めたのか本当に理解できません。 
しかし・・・・・・とするとうちにあったケーブルは一体なんのケーブルなのか?  外見は全く同じようなのですが、接続部分がどのカメラにも合わないのです。 不思議です。  
おまけによくよく見ると、kumatoさんのカバンからさらにもう一つよくわからない似たようなケーブルが出てきました。 これもカメラには合いません。 kumatoさんは他に電子機器を持っていないので、 本当に不思議です。
もしかして誰かのお家とか学校とかから持ってきちゃったとか・・・・・?

なんのケーブルかわからないって、 本当に困るんですよね、 捨てるに捨てられないし・・・・・



さて、 月曜日くらいに屋根は終わりかと思ったら、 終わらなかったのですよ・・・・・
もしかしたら今日、終わったのかもしれない? ・・・・・もうわからん、どうでもいい・・・・ 嘆

私、もう完全にこの件に関してはブチ切れてぶっ飛んでしまって、 毎日の騒音がますます耐え難く感じられるほどに神経がぶちぶちっと音を立てて切れてしまったようで、 今週は鼻から仕事は諦めました。 無理してやろうとすると、怒りが湧いてきてしまうので、 誰も悪くないのに怒っても仕方がないのでどう日々を潜り抜けるかということだけに集中しました。 笑 

その代わりに、留守中のkumatoさんのためのパンを焼いて、あとはガーデニングにせいを出しておりました。 


さて、この四日間に焼いたパンの記録・・・




a0278382_05554377.jpg



ライ麦50パーセントのパン。  薪ストーブの火の周りが均等ではないので、どうしても歪みます。 





a0278382_05555972.jpg





チャバッタ二つと、 ペストジェノベーゼのフォカッチャ







a0278382_05581545.jpg
  



ローストポテトのピューレとローズマリーのパン 〜これは初めて焼いたのですが、 モッチモッチでふっかふっかでとても美味しかったです。




a0278382_05582953.jpg




スペルトのパン





a0278382_05590264.jpg


全粒粉入り 玉ねぎのフォカッチャとピザ・フォカッチャ




大きなパンは大体一つが1kgくらいですので、 これを半分に切ってそれぞれ小分けに包んで冷凍しておきます。
フォカッチャは一回分づつ。  そのまま薪ストーブに入れれば良いようにしておきました。 



a0278382_05561975.jpg

前にパン屋さんに聞いたのですが、 パンを冷凍するときにはこうしてサランラップに包んで、さらに冷凍用のビニール袋に入れて冷凍すると食感が保たれるようです。 サランラップが勿体無い気がしますが、 美味しく食べられた方が良いですものね。 



捨て分サワードウクラッカーも焼きました。



a0278382_05584602.jpg

上、ライ麦とゴマたっぷりクラッカー  下、 スペルトとヘンプシードとブラックペッパーのクラッカー






a0278382_05575632.jpg

しつこいけれど、綺麗なカメラで撮ったベルベデーレ。 笑 




毎日毎日パンを焼いていたので、 いい加減に飽きました。 パン屋さんにはなれませんね。  
多分kumatoさんの三週間分の朝食、昼食には足りるのではないかと思うのですが、どうでしょうか。 

kumatoさん、 うるさくしているリビオにありがとう! って叫んでいました。笑  うるさいおかげでパンを作ってもらえたから 笑  


でも今回、 私にとって’仕事’って大切なんだな・・・・ とつくづく思いました。 工事のために仕事ができなくなったことで、これほどフラストレーションがたまるとは思ってもみませんでした。   その代わりに家事をしたりガーデニングをしたり、いろいろなことをして時間を有効に使おうと頑張ってはみたのですが、 やはりどこかで満たされないものがあって、 大好きなパン焼きですら、 毎日やっていると飽きてしまうということに驚きました。 
私が日本にいる間に残りの工事が終わって欲しいと思っていたのですが、 おかしいことに、 リビオは次の仕事が控えているので来週からはうちには来ないというのです。そして、残りの仕事は私が帰ってきたくらいに手をつけるというのです。 (実は、おそらく他にも理由があると思うのですが、それについてはまた別の機会に説明しますね。)  kumatoさん自体はその仕事をリビオに任せるかどうかもまだ決めていないのですが。 どちらにせよ、 工事は私が日本にいる三週間は前進はしないようです。  

さすがに春からはきちんと仕事をまた落ち着いて始めたいのですが、一体どうなることか?  
屋根が終わったら、あとはそれほど騒音が出るような仕事ではないのですが、 私が仕事をしているときにドアを隔てたすぐ横で人の気配がするというだけで、 生理的にダメになってしまったので、 日本に帰って三週間離れることで私自身の状態が少し改善されるといいなあと思っています。 








by tomomato | 2018-02-16 06:55 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(9)

ベーキング三昧



a0278382_05274944.jpg




昨日なんとカメラのレンズが突然壊れました。 
プラチナブロガーコンテストで使いまくったからでしょうか?  全くフォーカスできなくなってしまってどうしようかと思ったのですが、これまた壊れたと思っていた別のレンズがなんとか使えることがわかったので良かったです。
私、ルミックスのミラーレスを使っているのですが、やたらに壊れるのです。 ミラーレスが壊れやすいのか、私の扱いが悪いのか、 はたまた安いのを買ったからかもしれません。 今回のは五年保証をつけていたし、ちょうど一時帰国が間近ですので良かったです。  (日本で買ったので日本で修理しないといけません)

仕込んだパンを焼きました。 久しぶりに普通のカンパーニュ、20パーセントのライ麦配合です。 発酵に合わせていつもより少なめの薪を入れて火を焚いて買い物に行ったのですが、 買い物に思ったよりも時間がかかり、帰ってきたら窯の温度がだいぶ下がっていました。  低い温度だと表面が一気に焼けることなくうまく窯伸びしてくれるのですが、 そうすると今度は色のつき具合がイマイチで、 なかなか完璧は難しいです。  kumatoさんに、

’あなたは完璧じゃなくても許してくれるでしょ?’ 

って言ったら、

’完璧だったら手作りじゃないじゃないか〜’

と言ってくれましたので、 ホッとしました。 この人、私が何を作っても文句は言わないし、 パンを焼くつどになんて美しいパンだろう! とどんな出来でも感嘆して言ってくれる人なので助かります。     
まあ、薪窯のBioのパン屋さんでも形も色も様々ですものね。 

パンの後ろは、 サワードウクラッカーの新しいレシピに挑戦している途中・・・・・ 焼成前のものです。

いつもは捨てサワードウでクラッカーを作っていますが、 これはちゃんと活性化された元気なサワードウを使いパンと同じように長時間発酵させます。 ライ麦50、小麦50の配合で作り、キャラウェイを散らします。 ある程度、麺棒で生地を伸ばしてからパスタマシンでかなり薄く伸ばしました。





a0278382_05280781.jpg


と〜っても好みのクラッカーが焼きあがりました。  パリッパリで、 本当に美味しい。  粉の味が口の中でキャラウェイの味と交わって噛みしめるたびに広がります。





a0278382_05282611.jpg


薪ストーブで焼いたら、 レシピの出来上がりの写真とはだいぶ違って、 ピタパンのように膨らんで間に空洞ができ、これがまたパリパリして美味しいですが、 いくつか焦がしました。 
ヤギのチーズやゴルゴンゾーラにぴったりでした。  これに美味しいカボチャのスープでもあれば、他に何もなくてももう大満足かも?
次回は、小麦の代わりに古代小麦で作ってみようと思います。 




a0278382_05285096.jpg


捨てサワードウもたまっていたので、 ついでに薪ストーブの余熱でいつものクラッカーも焼きました。 今回は、 ヘンプシード(麻の実)たっぷり入れて黒こしょうをきかせてみました。  
ところが、 kumatoさんが焼きあがる側からボリボリと食べていて、 容器に溢れるほど作ったはずなのに、 一日後には半分以上なくなってしまいました。 慌てて味見をしてみたら、 我ながら?美味しくって、 kumatoさんの気持ちがわかりました。 笑 
食べ出したら止まらなくなってしまう・・・・・  やめられない 止まらない の世界です。 いけないいけない。





a0278382_05303547.jpg





さて、冷凍してあった最後のパイ皮を使って、 これまた最後に近い貯蔵してあったりんごでタルトタタンを作りました。 うちのフジと、お隣さんからいただいた青りんごです。   けれどもいくつかタルトタタン向きではないりんごが混ざっていて、 煮ているうちにとろけてしまうものや、 中まで透明に火が通らないものも・・・・ 涙      量も足りませんし・・・・。    いつもうちにあるものを調理していて、レシピに合わせて何かを買うことがほとんどないので仕方がないですね。 紅玉だったら ( ってこちらにはありませんが 笑) 本当に最高に美味しかっただろうと思います。 
おまけにパイ皮がりんごの量に対して多すぎるのに、余すのが面倒なのでそのまま焼いてしまったので、やたらにパイが分厚くなってしまいもはやタルトタタンではありません。
きわめつけは、 焼きあがったら完全に冷めるまで待ち、さらに冷蔵庫に一晩おいてから型から出すものなのですが、 私やkumatoさんにそんな忍耐力はありませんので、 まだパイが熱いうちに型を逆さにするどころか、型からすくい出して食べました。 笑





a0278382_05314120.jpg


見て、 この分厚いパイ・・・・・ 笑
そして見て、この崩れたりんご・・・・・・  笑



ふふふ・・・・・ でも暖かいタルトタタン?  素晴らしく美味しかったです。 ^ー^

夜、冷えたところできちんと型から出しものはとても綺麗にできていました。  でも証拠写真がありません。涙
これもまたとても美味しかったので、 美味しそうなタルトタタンの姿を想像してくださいね。 笑  

by tomomato | 2018-02-08 06:27 | 今日のおやつ | Comments(9)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

最新の記事

ドイツ旅行 2018-5 R..
at 2018-09-24 04:25
忘れないうちに
at 2018-09-22 04:26
あれあれ、9月も後半!!
at 2018-09-19 20:56
8月末の庭
at 2018-08-31 05:02
スイスから帰ってきたら
at 2018-08-28 06:35

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新のコメント

marshaさん、  私..
by tomomato at 15:51
若い時は冒険は怖いけれど..
by marsha at 09:37
asaporonさん、 ..
by tomomato at 01:31
えっこの絶壁を降りたの?..
by asaporon at 23:55
あっという間に日々が去っ..
by tomomato at 18:09

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30