我らが桃源郷ーアンドレアの村 続き

昨日は、kumatoさんのお誕生日話でちょっと寄り道しましたが、 桃源郷の話の続きを・・・・・
さて、情熱的な天才、若き建築家アンドレア、 キッチンに行って修復/改築中のお家の設計図を見せてくれた後、

’さあ、家を案内するよ!!まずこちらからおいで! あ、そこは危ないからこちらから2階に上がるんだよ! ’ 

と 急き立てるようにプッシュして どんどんリードしてくれて、 その後を続いた私達・・・・・・・




a0278382_21175678.jpg





あの・・・・・  ここを行くんですか??? ほんと?




下は、この様・・・・




a0278382_2118481.jpg





別の上り場所は、 床が崩れるかも知れないので、 床が落ちた

壁のふち


を渡って行きます。淵の幅は15−20cm。 片足を置くのがやっと、しかも石がぐらぐらしている所もある!!??008.gif

上って、床が崩れるのと、 ここから下に真っ逆さまに落ちるのと、どちらが危険だろう・・・・・ 
たじたじ・・・・・


まあ、ここから見ると、 アンドレアが新しく作り直している壁が良くみえますけど・・・・・ ここは、完全に崩れてしまった3階まであるタワーを修復しているので、まずこの新しく作った壁の上に天井(2階の床)を作った後に、またさらにその上に壁を積み上げて行くそうです。    

と、綱渡りみたいに必死で前に進んでいる時に説明してくれたけれど、そんなこと聞いてる余裕ないよ〜〜〜 私、高所恐怖症は無いけれど、こんな這いつくばって蟹歩きしてる時に、説明するな〜〜〜!! 033.gif033.gif




a0278382_21192354.jpg




無事にふちを渡ってついたのは、このお部屋




a0278382_21202684.jpg



この暖炉と、石の土台は面白い作りをしているのですが、 そういうマニアックな点を偏愛的熱情をこめて語るアンドレア・・・・・・・


a0278382_2119598.jpg




このニキア、かわいいでしょう?  いろいろな所で見たことがあります。この三角と四角は、いわばアーキタイプのフォームですよね。 お家ともとれるし、山と大地ともとれるし、天に向かうエネルギーと地のエネルギーを表しているようにも見えるし。 



a0278382_212135.jpg




上に上がる階段は崩れかけています。 kumatoさんはしっかりチェック。 この階段なら、 スペースが余り無くても、私達の家のあそこにつけられるな、ふむふむ・・・・・と。
 
でもね、 この階段、80すぎたらあがれないよ〜〜〜〜〜〜! 017.gif


またまた壁ふち(しつこいけれど、幅はね、15−20cmくらいですよ。 私、本当に落ちるかと思って怖くて、壁にへばりついて渡りました)を渡って、次の場所へ・・・・ 




a0278382_21215373.jpg




私が、カメラを持って写真をばちばち取っているので、ますます張り切っているみたいな天才アンドレア。  後ろ姿に、ブイブイ言わせる張り切りオーラが漂っています。




a0278382_21222724.jpg




アンドレア

’ここもねーベッドルームになるんだよ!’ 

屋根の状態をしっかりチェックするkumatoさん。  お互いに、修復技術をシェアしあって参考にしているようです。 


こんな物も見つけましたよ! 



a0278382_21231881.jpg




子供の靴! かわゆーーーーーい!   私達の家からも、沢山靴が出て来たのですが、子供の靴はなかったな〜〜〜〜。  私が庭にオブジェの様においていたら、何しろそれらの靴は、もとトイレの中に捨てられていたので、 kumatoさん、 気持ち悪がって全部捨ててしまったそうです。007.gif 

 でも、確かに う*こ 臭い昔の人の靴なんて、ちょっとパーソナルすぎて、キープするのは嫌かも・・・・(爆) こういう子供の靴ならなんだかかわいいけれど。



a0278382_2125736.jpg



ミルクをしぼるときの椅子。 この形は何処の国でも使いますね。 




a0278382_21255516.jpg


このコンロ台、 直して使いたーーーい!  元の色もかわいい感じだし、 素敵です。 サイズは、今でもある形より2まわりは小さいです。  ちゃんとお湯がわかせるようになっていて温水の蛇口があります。 

私の家からも、アンティークのような価値ある物は何も無かったけれど、 昔の人の使っていた道具等がいっぱい出て来て、 しっかり取ってあります。 何かオブジェに使えるといいなーと思って。家の修復が終ったら、 それらを整理して、紹介しますね!  






アンドレアのお家の家畜小屋


a0278382_21283939.jpg




これは凄い。うちのどの家畜小屋よりよっぽど完璧に美しく作られています。 床も小さな石をタイルの様にきちんと敷き詰めていて、 見ているだけでその美しさ? にほれぼれします。  この村の人たちは、美的センスがあったのか? 他の家々もとっても美しく作ってあるのです。 だれか、美的センスの優れた石職人がこの村にいて、 みんなに影響をあたえていたのかなーーー?  独自の美的な文化がここにはあったんじゃないかと感じます。 




離れ



a0278382_21292178.jpg




下階のアーチが見えますか?  美しすぎ!

けれども、このアーチの上のお部屋もこのように屋根、床ともに崩れています。



a0278382_2130306.jpg




アンドレアの一族はこの建物の一部を所有していて、本当はこの離れの全ての修復権は無いのですが、このまま放っておけば全て崩れてしまうので、 勝手に直す!!!  と言っていました。 屋根が落ちてしまった建物は、何もしなければ後はどんどん崩れ落ちてしまうだけなのです。 



a0278382_2131111.jpg




ああ、 崩れ去った屋根の輪郭と、このアーチ型の窓があまりに美しすぎて・・・・・・・ なんだか大きなオブジェのようです。  でも、 直さないと、この輪郭すら崩れ去るのは時間の問題・・・・・  



058.gif 頑張れ アンドレア! 君はまだ若いぞ!! 理想に生きろ!!! 066.gif066.gif  



他にもいくつか、彼が修復を予定している部屋を見せてもらいました。 彼も、仕事に戻る、と言うので、私達も村を散歩することに。 帰りがけに泉にビールを冷やしてあるからそれを取って来て!とアンドレア、


また後でね! と挨拶したkumatoさん、 アンドレアの情熱に感動して胸がいっぱいの様子。 この熱い気持ちを胸に村の散策へ・・・・・・




a0278382_21334282.jpg



続きは次回... アンドレアの桃源郷の全貌、あらわる!!(引きずるぞーーー003.gif
# by tomomato | 2012-07-05 06:36 | 石の家のある所ー0SS0LA | Comments(5)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

最新の記事

秋の山 2
at 2018-10-19 07:14
秋の山 1
at 2018-10-17 07:10
雨と冬支度とスイスのパイ
at 2018-10-15 04:08
ドイツ旅行 2018-9 ラ..
at 2018-10-04 05:24
ドイツ旅行 2018-8 ラ..
at 2018-09-28 15:30

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新のコメント

papricaさん、本当..
by tomomato at 16:08
franさん、kumat..
by tomomato at 16:03
alpinistinさん..
by tomomato at 16:00
雨降って良かったね〜!t..
by paprica at 13:39
危なかったね〜〜。 そ..
by fran9923 at 09:28

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31