テラス作成中! 3

さて、 新しく作成中のテラス。 どのようなテラスにするかを決めるまでにも、様々な案がありました。 何しろ、 家が岩山の上に直接建っているので、 床の高さがそれぞれ違うというヘンな建物。 テラスも高低をつけて有機的なフォームにするか、それとも同じ高さにしてゆったりとした形にするか迷いましたが、 結局のところ全て同じ高さで面積の大きなテラスにすることにしました。
あまりに巨大すぎて、お城のバルコニーみたいになっちゃって、主張が強すぎないかは心配でしたが・・・・

ここなら、今さぼっているエクササイズをテラスで出来るかも?? 001.gif 
もしかして、友達にヨガ教室を開いてもらおうか・・・・・ 019.gif
それに、外で絵を描きたい時にも十分に場所があるし・・・・039.gif
沢山人が来ても座る場所があるし・・・・・041.gif

部屋一つ、テラス一つとっても、あれこれと考えて迷って作って行かないといけないので、結構大変です。 家を作る、ということは、 これからの人生をどのように生きたいか、ライフスタイルをビジョンとして持つことなのだな、 とつくづく考えさせられます。 

将来キッチンになる側に、下のテラスからあがる階段をつけることになりました。 
どのような階段を作るかを決めるまでも、何回ものディスカッションがありましたが、 (家と直角に、とか、平行に、とか曲線に、とか・・・・) きわめてシンプルな形で行くことに。


土の部分のテラスとの境目のところから、家、テラスと平行に上がる階段です。これならば、 テラスの面積を無駄にカットする必要がありません。 (私は、 曲線にこだわっていましたが、 却下・・・・) 

a0278382_30218.jpg



打ち合わせをするkumatoさんとダニエル君

a0278382_304712.jpg
 


テラスの壁を高く積んで行くごとに、 階段も一段づつ増やして行きます。


ダニエル君、 表側!?  お兄さんエネヤスが、 壁を積むのにちょうど良い石を物色中。 山ほど積もっていた石も、もう大分なくなりました。

a0278382_361481.jpg



階段を作るにあたって、 私が強くこだわり、主張したのは・・・・・・

034.gif’階段の段差が大きくなく、 楽に上がれること!!!!! ’071.gif070.gif


というのは、この家、 バリアフリーどころか、 全くの バリアフルなお家。 数えきれない程ある階段も、とてつも無く急な所が多いのです。 それなのに手すりが無い所が多く、非常に危険なところも。 何しろ地面は滑りやすい岩だらけだし。 


数年前に亡くなった父の晩年の様子や、 今、後期高齢者になったばかりの母の様子を見ていると、段々年をとっていくにつれ、 今の自分には考えられないことなのですが、 ほんの小さなことが、難しく感じられるようになって行くのだということが一目瞭然。 

おまけに、私自身が数年前に足を骨折したことがあり、骨折自体は完治したものの、2ヶ月近いギブス生活をしたために、やはりそれ以前までとは足の感覚が変わってしまい、何となく、’年をとったら・・・・・’ という感覚が実感として迫るようになったせいもあるかもしれません。008.gif

(それまでは、階段をボンボン段ぬかして飛んでおりてましたから・・・ 若かった!???) 

その将来の自分達自身のために、 あるいは、私の母やkumatoさんのご両親を始めとして、この家に来ていただきたいご年配の方々が自由に動けるように、せめて、これから新しく作る階段は、安全で、楽に上がれるものにしたい! 

それだけは、譲れないポイントでした。


kumatoさんには、そういう実感が無かったようでしたが、 そのつど、

’私たち、 少なくとも90、出来たら100歳までここに生きるのよ!!! その時に困らないようにしないと!!! ’ 031.gif

半ば強制し、説得しました。

優しいkumatoさんは、 それから具体的に、 何が  な階段かリサーチし始めました。  私が、こういうのは建築工学とかで分かっているはずだよー! と言っても、 

いや、僕だってそれくらい分かる! 

と。  (kumatoさんは、建築を勉強なさっていたことがあるので、 確かに基本的な階段の構成の仕方はご存知でした・・・) 

そういう訳で、 数日間、 今住んでいるお家界隈の全ての階段をーーー人がいないのを見計らって、他人の玄関口の階段まで!???ーーーー 上がったり下がったりを繰り返し、 私が努力しないでも上れる階段 の高さと幅を見つけました。

そして、この階段は、 子供達や若者達が来た時に、 座っておしゃべりできるように幅広く・・・ 


a0278382_4551026.jpg



a0278382_311126.jpg






さて、 私が80歳になった時にも、楽で心地よい? と感じることが出来るでしょうか?  
# by tomomato | 2012-06-29 06:37 | 石の家の話 | Comments(2)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

飛んでいく日々
at 2018-07-14 05:25
帰ってきました
at 2018-06-30 20:18
お庭と
at 2018-06-16 17:34
枝泥棒とお祓いの儀式
at 2018-06-14 15:59
季節のものたち
at 2018-06-13 05:31

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

poteriさん、 果物..
by tomomato at 05:38
lamiacocolin..
by tomomato at 05:36
すごいフルーツ盛りだくさ..
by pot-eri at 16:36
tomさん、kumato..
by la_mia_coccolina at 08:57
fran9923さん、 ..
by tomomato at 14:55

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31