イバラの館

道路側から見た感じ.... 最初はイバラとアイビーにすっぽり囲まれた眠れるお城? というイメージだったのですが、 道路からは何も見えませんでした!   


a0278382_1745343.jpg


最初の数メートルはすでに伐採した後です。人が立てるくらいのスペースが刈り取られているでしょう? (汗)何しろ土地に入ることが出来ないので、 はじからとりかかりました。 
 いつもそうなのですが、作業を始めると、まずそのあまりの惨状に驚き、思わず作業に没頭してしまって最初の手つかずの状態の写真を撮り忘れるのです。 で、ある程度めどがついた所で慌てて思い出して写真を撮る始末。貴重な瞬間はとれずじまいということがほとんどで・・・それはこの一年近く変わりませんでした...。 ブログを始めたら、少しこの点は改善できるでしょうか?

途中経過

い、いえがついに見えたぞ! (^0^)/ 

a0278382_17333349.jpg




a0278382_17121410.jpg

a0278382_193567.jpg

a0278382_17214893.jpg



2011年11月時点

a0278382_178732.jpg



秋の写真なので残っている木の葉も落ち、ちょっと禿げてしまって、イバラの館だったときの方が雰囲気があったのですが、 一度は必要の無い物を伐採して、全体の構想を練ってから庭を新たに造って行きます。 植物は育つの時間がかかるから、雰囲気のある庭になるのは何年後でしょうか。
作業をしながら、なんだか人生と同じだなと思いました。 

何か新しいことを始めようとしたら、 思い切って今までの物を整理して,不要な物は切り捨て新たな物を植え付けて行く必要があるのかも... なーんて。  ジャングルに覆われた状態を見ていると、それなりに神秘的だし、出来たらこのまま触らずに眼をつぶって放っておこうかという気持ちがちょっぴりしたりするのですが、(じつは、目前の’しなければならないこと’のあまりの膨大さに圧倒され、 腰が引けるというのが正直な所?) もし家がこのまま放置され、 いずれはすこしづつ倒壊して行くことを避けようとするのなら、 もしもう一度ここに新しい命を吹き込んで、 この家で何かを始めようとするならば、 勇気をもって手を入れなければ!!!     

 
# by tomomato | 2012-06-02 17:40 | 石の家の話


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

真夏のような日々
at 2018-04-20 04:40
野草のススメ
at 2018-04-18 06:14
ドライ柿の行方
at 2018-04-12 22:51
Gâteaux invisi..
at 2018-04-10 23:00
今日は雨なので
at 2018-04-09 21:00

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

MKさん、iPadからだ..
by tomomato at 22:17
今日は東京も暖かいでしょ..
by MK at 18:42
MKさん、 いつも日本か..
by tomomato at 16:32
鍵コメkさん、日本の田舎..
by tomomato at 16:29
fran9923さん、家..
by tomomato at 16:27

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧