百花繚乱の庭

a0278382_15322290.jpg



なぜか、今年は異常に忙しい日が続いています。
・・・・・ というか、年をとって疲れやすくなったからそう感じるのか??

日本から帰ってきた日からイースターまでお客さんが続き、 その片付けも終わらないままkumatoさんが風邪をひいて、次に私、そしてエルバへ出発。 エルバから帰ってきたら今度は庭がすごいことになっていて、kumatoさんはすぐにスイス、私は草ボーボーの庭と格闘し、そしてスイスへkumatoさんの学校のお手伝いへ。  その合間をぬってタネをまきまくり・・・・・・ そしてこの日曜日からkumatoさんのお母様がいらっしゃるので大掃除・・・お帰りになる翌日から別のお客様、食事会・・・・    

kumatoさんの学校も今年はなぜかやたらに授業数が多く、七月半ばまで家にいられる日数は数える程です。 


さて、草ボーボーの庭。  そんな人間の忙しさとは無関係にしっかり五月の太陽とたまに降る雨の恩恵を受けて草だけでなくお花もわさわさ咲き乱れています。 

まるで、エルバに私たちが出かけて留守の間、 好き勝手に咲いてやるぞ!!! と言わんばかりに爆発!! 笑

それとも、帰ってきたら綺麗に咲いて驚かしてやるぞ!! って思ってくれたのか??? 笑





a0278382_15325327.jpg

a0278382_15334995.jpg



この冬はとてもマイルドだったので、冬の間にしっかり成長した植物も多く、 なんだかやたらに庭が元気なのです。 元気すぎて、 予定の10倍くらい大きくなってしまって周りの宿根草を圧迫するものがあちらこちらで、 立派に咲いてくれて嬉しいのか困って迷惑なのか、自分自身の気持ちの置き所がわからないほどです・・・・・・。 

徐々に宿根草を主体とした庭づくりに移行していこうと、去年 ’方針’ らしきものを決めたので巨大に育った一年草の陰に押された植えたばかりの宿根草を見て困りつつも、 せっかく大きく育った一年草を引き抜く決意もできないままこのままきてしまいました。 (・・・・・ っていうか日本から帰ってきたらすでに驚くほど巨大になっていたので調整するチャンスを失ってしまったのです・・・・・・3、4月に長期の留守は庭にはダメですね) 



a0278382_15364287.jpg
a0278382_15374130.jpg


 

a0278382_15342898.jpg
a0278382_15355370.jpg




アイリスもとっても綺麗です。 うちには一体何種類あるんだろう?? kumatoさんのお母様から分けていただいた何種類ものアイリスが敷地のあちらこちらで豪勢に咲き誇ってくれています。 今まで無意識に綺麗だな〜 っと楽しんで、季節が終わったら忘れてしまっていたのですが、 一度整理してきちんとラテン名を覚えたいです。  そしてもっと種類を増やしたい。 







a0278382_15362479.jpg


選択的草引きをしたり、敷地内やお隣から移植したワイルドフラワーも満開で、その光景が実は一番好きだったりします。  この時期のワイルドフラワーは目をみはるほど素敵で、 散歩に出かけるたびに感動しますが、庭にも結構いっぱい素敵な花が咲いていて、 知らないから草引きの時に全て抜いてしまっているけれど、 少しづつ知り合いになって(笑) 上手に残してあげると良いグランドカバーになってくれています。 これらもラテン名を学びたい。

そもそもあまりきちんとしたお庭は好きではないので、 こうしたワイルドフラワーと植えた好きな植物が混ざった光景を作り出す庭になったらいいなと思います。 

でも、明日からは、雑草一本許せない完璧ガーデナーのお姑様がやってくるので、 これを見てどう思うか??? 一度、kumatoさんが好きな’雑草’を残していたら、 



’なんでこれ抜かないの?’

’kumatoさんがこのお花好きなので・・・・’


’だってこれ、雑草でしょ???’      


・・・・・・・・・ 沈黙           




という会話がなされたことがありましたので・・・・・

でもお庭に綺麗に生えたグランドカバーにちょうど良いワイルドフラワーが、 園芸店でしっかり売られていたりするのも何回も目にしておりますので雑草とバカには決してできません。 一つ一つちゃんとラテン名や土壌に対する特質、役割を知ると、もう草引きできなくなるかも・・・・・・   





a0278382_15410757.jpg





去年はニューペレニアルムーブメントにすっかり心を奪われてしまって、 いわばガーデニングフィーバーになってしまいました。 本当にフィーバーで、 訳も分からず新しい植物を買ったり、 膨大な量のタネを買いあさったりして、 あれは今振り返ると本当に病気だったんじゃないかと思うくらいです。  ほら、恋に落ちたら病気みたいになるでしょう????  あんな感じ。 笑  
年明けに冷蔵庫に保存してあったタネ一式を取り出し、 


’私、なんでこんなに買っちゃったの・・・・・ 呆然’

となってしまった私でした・・・・・   


そういうわけで、明らかに自分の許容量を超えたタネを買いまくって自分で自分の首を絞めてしまい、かといってせっかく買ったタネを無駄にするわけにもいかないので今年はタネをまきまくっているのです。 許容範囲を超えたものは庭にパラパラしましたが、 やはり無駄にしてしまったよう・・・・・・・ 涙    バカみたい・・・ 

種まきは種まきで大変なのですが、 実は、無事に芽が出てくれたその後が大変なんですよね・・・・・・・・・・
宿根草は往々にして成長が遅く、 温度管理ができるグラスハウスなどありませんので、これから暑くなりすぎると成長が止まってしまうので、育苗に非常に苦労します・・・・・・・
 


a0278382_15400136.jpg
a0278382_15434770.jpg
a0278382_15445615.jpg



でもお花がいっぱいの庭に出ると、 ただただ綺麗だな〜 っとボ〜ッとしてしまい、 そうした苦労をすっかり忘れてしまいます。   普段は庭に出ても ’やるべきこと=草引き’ に気を取られてなかなか楽しむ時間がないという矛盾に陥るのですが、 なるべくただボ〜ッと楽しむ瞬間を作るようにしています。




a0278382_20323541.jpg



しかしソーラーパネルって、景観壊すなあ・・・・・・ 爆 
隠れるように緑を植えたら、パネルの意味がないし?






a0278382_20325573.jpg
今日は、 これに加えてモリモリとpapricaさんからいただいたピンクポピーが咲きまくっています。


庭の写真、ありすぎるので何回かに分けてアップします。バラも!! 

でも明日から数日お嫁さんしないといけないから時間がないかもしれません・・・・


  








# by tomomato | 2019-05-25 16:39 | 石の家の庭の話 | Comments(8)

エルバ島と近況報告



a0278382_03100108.jpg




実は、前回の更新からすぐに、kumatoさんの学校の課外授業でトスカーナ、 エルバ島に11日間行ってきました。
kumatoさんはひどい風邪をひいていて、旅行直前の週末の授業にスイスに出かけた先で高熱を出しました。 そして帰ってきた翌日から出発でしたので、 具合が悪い上にバタバタでかなりキツそうでした。

それどころか、kumatoさんに続いて私まで出発前日からなんだかおかしくなり、 あれこれと漢方やハーブティで攻防したのですがダメで、 エルバ島1日目から体調を崩してしまいました。 




a0278382_03101742.jpg
 




おまけに今年は天候がおかしくて、 いつもならばこの時期、暖かい〜暑いくらいのはずのエルバ島、 すごく寒かったのです。 でも五月に入って貸しアパートの暖房は全て切られていて、おまけに食事は大人数で毎食外でしたので、 風邪っぴきの二人にはきつかった〜〜〜〜。
kumatoさんは授業やオーガナイズ、私も色々な場面で手助けをしていたので休めず、 風邪が治るわけがありません。 私は4日目くらいにはついに熱が出て、1日寝込んでいました。



a0278382_03093136.jpg



kumatoさんに強く言われて、大きなスーツケースの中には水着やラッシュガード、 そして半ズボンにティシャツをたくさん詰め込んでいました。 万が一に備えて、 ウールのセーターも一枚入れてジャケットなども持参していたのですが・・・・・・・・・ 最低気温10度以下になることもあり、日中晴れると日向は焼け付くような日差しで暑いのに日陰は震えるほど寒いという極端な天候で、 元気な人たちは海に少しだけ水浴び? に行っていたようですが、私たちはついに最後まで水に入れませんでした。 滝涙 

水着? 半ズボン????  そんなもん、いらんわい! 

kumatoさんを信じるべきではなかった・・・・・もっとウールのセーター持って来ればよかった!!!

ちなみに私の夕食時の格好・・・

ズボン二枚重ね (ウールのももひき欲しかった!) 登山靴、 長袖のティシャツ、長袖のシャツ、長袖の薄いトレーナー、 セーター二枚重ね、 薄い羽毛、 裏地のついたフード付き防水ジャケット、シルクのスカーフ2枚、ウールのマフラー   ・・・・・・・ 爆



エルバに来てベッドに寝込んだ時には本当に、泣きそうになりましたが仕方がありません。 何年かぶりにひどい風邪をひいてしまいました。  日本から帰って来てから、休む間もありませんでしたからね。


a0278382_03103185.jpg
 


コースは、 素晴らしく結束の強いグループで、 みんな和気藹々と楽しくお互いを助け合い、とても良い雰囲気でした。

途中、同僚の先生のお誕生日があり、 その日はなんと大雨になったのですが、急遽ベッドルームひとつ開けて〜ベッドを二台にその他の家具を別の部屋に移動して!!! 〜  家中の小さな机を集めてお花を飾り、’リストランテ・ア・ラ・アーティスタ’という看板まで立ててレストランのような雰囲気にして、 何人かが8コースのお料理とサービスを担当し、まるで高級レストランに来たかのような雰囲気で盛り上がりました。 最後には、これまたこっそりとiphoneでコースの様子をビデオに撮っていたものを編集し、映画に仕上げたものを鑑賞しました。それはそれは面白く爆笑続きの傑作でした。 
この日の全てが魔法のようなありえない光景で、シェークスピアの真夏の夜の夢を思い出しました。  う〜ん、若者パワー、凄すぎる。 



a0278382_03104619.jpg


何しろこの旅行のために、私は自分の画材も用意してかなりの量を持って行っていたのですが、前半は具合が悪くて簡単なスケッチ程度しかできませんでした。 最後の数日になってやっと少し体調がましになって来たので、 箱を開けずに持って帰るのが悔しいという理由だけで少し頑張って絵を描きました。  






a0278382_03110452.jpg



最後の片付けをしてやっとの思いで家に帰ってきたら、二人とも翌日は起き上がれないほどに疲れ切っていて・・・

それなのにkumatoさんは土日休んでまた月曜日から学校へ・・・・・  かわいそすぎ・・・・・




a0278382_03094654.jpg

そして、この時期に二週間近く留守にするとどういうことになるか・・・・・


庭が・・・・・庭が爆発していました!!!


私は何しろ日本から遅く帰ってきてしまいましたし、その上この二週間の留守をしたものですから、草がぼうぼう・・・

でも、バラも、何種類もあるアイリスも、なでしこも、アリウムも、全て爆発するように花開いていて、それはそれは夢のよう・・・・・・・・ 

ワイルドすぎてまるでジャングルのようなのですが、 草をかき分け庭の花々を見ていると本当に綺麗で良い匂いがして、 この世のものとは思えないほどです。 

な〜んて楽しんでばかりもいられず、kumatoさんが学校に出かけてから毎日草引き、種まきに追われておりました。

この週末は、kumatoさんの学校のあるところでお祭りがありますので、 明日からスイスまで行ってきます。





a0278382_03111864.jpg





カモメのようにゆったりと風と遊びながら空を飛びたいな〜。




# by tomomato | 2019-05-17 03:55 | お出かけ | Comments(6)

イースター*パスクワ*オースター*復活祭



a0278382_15450934.jpg





もう1週間前のことになりますが、 思い出を残すためにイースター(パスクワ)のことを書いておきたいと思います。 

今年は、ドイツ製パンマスターのみちえ さん 一家がうちの休暇用アパートにきてくださいました。 
みちえ さんとは、十年以上ぶりの再会です。  フェイスブックやブログなどでお元気で活躍なさっている様子は伺っておりましたが、 何しろ最後にお会いした時にはまだお子さんがいらっしゃらなく、スイスでのビジネスを始める前でしたので、お会いできるのをとても楽しみにしていました。 




イースターの前日の土曜日の朝に、みちえ さん一家はどっさりお土産を抱えてスイスから到着しました。

*みちえ さん製造(これがお仕事の一部です)の、 肉まん・あんまん・カレーまん・野菜まん どっさり 
*みちえ さんお友達製造の、 納豆  どっさり
*みちえ さんお友達育苗の ミョウガの苗 
*みちえ さんお知り合い製造の しいたけ 山ほど 

海外在住者にとって涙が出るほど嬉しい品々ばかり・・・・・・・   涙が出るほど嬉しかったです。



到着後、ドモドッソラのマーケットに行ってあれこれとイースターに向けて買い込みました。 さすがイースター前、 マーケットはいつもの倍くらいの人たちで溢れかえっていました。
帰ってお昼ご飯を食べた後・・・・





a0278382_15435536.jpg

私と子供たちは卵に絵を描きました。  
本当は、玉ねぎで卵を染めるために去年の玉ねぎの収穫時に出た膨大な量の玉ねぎの皮と卵を用意していたのですが、 結局時間と体力がなく、 今年は玉ねぎ染めはしませんでした。

子供達が描いた卵がとっても綺麗だったのに、 すっかり写真を撮るのを忘れてしまってとても残念。 


その間、 みちえ さんは何をしていたか????


なんと!!!


イースターの朝食用のツォプフを焼いて欲しいとはお願いしていたのですが、(私は毎年みちえ さんのレシピで焼いていますが、超プロの方の目の前でそれを焼いて食べる勇気はありませんでした 笑)
なんと、 それ以外にうちにある粉をさささっと選んで、 他にも3つも大きなパンをささっと焼いてくださいました・・・・・・    


翌朝早朝、まだ私とkumatoさんがグースカ寝ている頃、 子供たちは・・・・・



a0278382_15441273.jpg
   



エッグハント(卵探し)に夢中だったようです。  (卵探し写真はみちえ さんの旦那様作)


何しろ、スイスの街中に住んでいらっしゃるので、 なんと子供たちにとってこれが初めてのエッグハントなのだとか!!!!  (驚)

つまり、みちえ さんにとっても初めての経験とか!!!!  張り切って30個も色付きの卵を用意したとか!!!(30個もあとでどうするんじゃ〜〜〜〜〜!!! ) 

ということで、うちの裏にある私とkumatoさんが’ベネチア通り’ と呼んでいる通りを通って草むらに出るコースをエッグハントにお勧めして、 イースターのウサギは子供達が起きる前に卵を隠すこと、 でも夜は動物が食べてしまうかもしれないので ’早朝’ に限ること、 卵だけじゃなくてチョコレートも隠したほうが良いことなどを指導しました。 笑 

(ここで私も早起きして手伝うよ・・・・・とはけして言わなかった私 爆)



a0278382_15442959.jpg



子供達はいつもより早く起きて、一目散で外に出かけて勝手に卵探しを始めていたんですって!!

イースターうさぎ夫妻は、 早朝に起きてパジャマにジャケットを着て30個の卵とチョコレートを隠しまくったそうです・・・・・・ ご苦労様でした!!! 


  




a0278382_15434291.jpg




最後にチョコレートいっぱいのうさぎの巣を見つけてものすご〜〜〜〜く幸せそうな子供達。 
エッグハント大成功!!     よかった〜!!  




a0278382_15454617.jpg



私は朝食の用意をしていました。 いつもなら黄水仙がたくさん咲いているのに、(ドイツ語で黄水仙のことをイースターの鐘というくらいです)今年はイースターがかなり遅いので黄水仙は全て終わっていて黄色の花を探すのに苦労しました。  やっと見つけた黄色の花はカーボでネーロの花と、 バターカップの花(いわゆる雑草 笑)だけでした。





a0278382_15445056.jpg



もちろん主役は・・・・





a0278382_15452623.jpg



みちえ さんのツォプフ!!!


イタリアの粉、バター、ミルクだと、いつもスイスで作るのとは違う味がする!! とおっしゃっていましがが、本当に美味しかったです。 


夕方から、子供達と一緒に夕食のラビオリ作りをしました。 

さすがみちえ さんの子供達、うちでもパスタ作りをいつも担当しているようで、 自分たちの電動パスタマシンまで所有しているとか!!! 
手慣れた手つきでさっさと作業してくれました。

前日の夜ごはんは、子供達主体でお母さんのスーパーバイズの元、作ってくれたのです。  その時にも思ったけれど、ものすごい集中力で作業をこなします。 (ちなみに小学校二年生と四年生) 将来はお母さんの跡を継ぐか?あるいは販売路線を増やして?、 2人でパスタ屋さんをすれば良いのに! などと話していました。




a0278382_15461714.jpg
夕食の写真もみちえ さんの旦那様作



ディナーは、 羊のロースト、 アスパラガスのラビオリ(アスパラ苦手な子供達はトマトソース)、かぼちゃ、スナップエンドウ、 そしてみちえ さんがつんでくれた ’わらび’ !!!!    この時期散歩中に、kumatoさんにシダの芽はたべられるんだよ、と話題にはしていたものの、 どんなシダでも食べられるのかいまひとつ確かではなかったので、 実際に採った事はありませんでした。 (私、東京育ちです) 

みちえ さんが灰でアク抜きをしてくださいましたが、なんとここら辺のワラビはアクがほとんど無いらしく、数時間のアク抜きで風味すら抜けてしまいました。     でもそれこそ何十年ぶりかのワラビは美味しかったです。

kumatoさんも気に入ったようでしたが、 何しろうちの畑では有り余るほど野菜ができるので、 わざわざ採って食べるとなるとどうかなあ???  と言っていました。   実際、前の家にいた時にはよく山菜を採って食べていましたが、 この家に来てからとにかく冬でも春でも野菜がたえることが無いので、 山菜を食べる量がかなり減ってしまったように思います。 春の解毒のためにも山菜食は良いと思うのですが。




a0278382_15463432.jpg




子供達作のラビオリもとっても美味しかったです。





a0278382_15465282.jpg



 
デザートは桃のコンポートのヨーグルトムース。   





子供達の元気な声に包まれ、 とても賑やかで楽しいイースターでした。 




PS

みちえ さん一家様、 また来てね。 





# by tomomato | 2019-04-28 16:59 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(6)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

7、8月の庭 2 
at 2019-08-08 14:36
7、8月の庭 1 
at 2019-08-07 06:17
もう八月
at 2019-08-02 06:27
猛暑と六月の庭
at 2019-06-27 17:35
六月の庭と悲しい出来事
at 2019-06-18 20:59

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

最新のコメント

poteriさん、 実際..
by tomomato at 14:19
知らない素敵なお花がいっ..
by pot-eri at 17:57
marshaさん、モナル..
by tomomato at 18:37
モナルダは家でも植えてお..
by marsha at 09:44
marshaさん、 本当..
by tomomato at 23:02

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31