ちょっと息抜き 5

さて、 午後からは、(って、たったの2泊3日の旅行なのに、どうしてこんなに続くのか?)この町へ


a0278382_18412986.jpg



そう、シエナ! 


a0278382_18465589.jpg



この町は、地域ごとに違う旗を掲げているそうです。
a0278382_18395178.jpg


a0278382_1842360.jpg



旗を目安に動いたら、 自分が何処にいるのか分かっていいね。 

長くなるので続きは下をクリックしてね

初めてのシエナ体験の詳細は?...
# by tomomato | 2012-06-13 20:48 | お出かけ | Comments(4)

ちょっと息抜き 4

さて、2日目は、何しろ前日、夜中にご飯をたべて、夜中過ぎに寝たので、すっかり朝寝坊。 実は10時にお約束があったのであわてて宿を飛び出しました。 途中のバーでカフェを飲んで無理矢理目をさまし・・・・向かった先は・・・

a0278382_17102698.jpg



おう! ジネストラが奇麗(^ー^) 高速からもジネストラの黄色い花が美しく。 草を刈っていないところにはポピーもたくさん。 5月だったらkumatoさんのいうように、きっとトスカーナは本当に美しいだろうなーーー。 ちょっと出遅れた。

敷地に入ってからも延々と森や農地が続き、

a0278382_1711076.jpg




ついたところはここ。

a0278382_1711450.jpg
a0278382_17113725.jpg




kumatoさんの弟が昔陶芸を学んでいて、弟子に入っていた陶芸家を尋ねることにしたのです。弟さんが、私に、’絶対君は気に入ると思うよ! ’と強く勧めてくださったのです。 kumatoさんも大昔ここで6週間、休暇を過ごしたことがあるそうで,うん十年ぶりの再会とか??? 

昔教会だったところを改装して陶芸の工房と住居にしておられます。 

と、と、ところが!!!

私は全然知らなかったのですが、(日本を離れてもう長いので・・・) この陶芸家、スイス人の

クリスチアン ペロションさん

世界的に有名な陶芸家、 特に日本で非常に人気のある陶芸家の方だったのです。kumatoさんが休暇を過ごしたころは、スイスのTessin地方からトスカーナに移られたばかりで,家の修復も終わっておらず、細々と陶芸をなされていたそうで、 最近はたまに日本にいらっしゃることもあるらしいということは知っていたのですが、 それどころではありませんでした。

旦那様のカスパーさんによると、 青山や代官山のギャラリーで展示会をする、とか、三越でも展示会をした、とか,年に1−2回は日本に行っている、とか(銀座のホテルに泊まっている、とか!?).... エクラという雑誌を見せてくれて、(この雑誌も知りませんでした) そこには何冊もクリスチアンさんの作品や暮らしが取り上げられていて、雑誌を通して作品を販売されていました。 中国の雑誌の記事もみせてくれたなー。(陶芸女史とか書いてありました!?) 有本葉子さんのレシピ本も見せてくれ、そこにも沢山、クリスチアンさんの作品が使われていました。 日本の料理家やインテリアコーディネーターに人気なのだそうですね。 有本さんはイタリアにお家があるようで、 交流があるのよとおっしゃっておられました。

a0278382_17123393.jpg

 

工房の中には、輸出されるのをいまかと待ち受けるばかりの作品の詰まった大きな段ボールが、あちらこちらに積み上げてあり、 昔、農業をなさっていたカスパーさんは、今はマネージャー業に専念なさっているようで、 kumatoさんは、 昔知っていた頃の彼らの生活と、今の生活が変わってしまっているのを目の当たりにして、 一瞬言葉を失っておりました。 


a0278382_17114977.jpg



クリスチアンさんとカスパーさんとkumatoさんは互いに近況を語り合い、 しばしの間、歳月の流れの空白を埋めておりました。 昔は一台だった大きな焼き釜も3台に増え、(写真取り忘れた) 弟子も常時3人、 今では一人での制作は追いつかないので専門のひねり師もいて、制作された物はニューヨーク、日本をはじめとした世界中に送られて行きます。 イタリアではあまり売れないそう。 イタリア人は興味がないのよ、 多分ニューヨークにわざわざ買いに行くかもしれないけれどね! とクリスチアンさんはちょっぴり、皮肉っぽくおっしゃっておられました。

クリスチアンさんの作品は形も色彩も非常に繊細です。 この微妙なうすさとカーブ、写真で分かるでしょうか。


a0278382_17121111.jpg



教会のチャペルの中は、展示室になっていて、(kumatoさんによると昔はここに、ろくろがあったそうです)

a0278382_17143552.jpg



美しい器で一杯・・・・

a0278382_17173199.jpg



a0278382_17164879.jpg



こんな物も・・・(日本人に人気あるのがわかる)

a0278382_1713741.jpg



あんなものも・・・

a0278382_172459100.jpg

a0278382_17125434.jpg



わんさか・・・・・・

a0278382_17132470.jpg



この大皿(かなり大きいです)展示室の奥においてあり、 私のへたくそな写真とデジカメではその色合いを表現するのは不可能なのですが、 本当に感動する色でした。 思わずカスパーさんにこれはおいくら?? と尋ねると、 ’それは、ものすごく高いよ。 とにかく高い。 ニューヨークでよく売れていて。’とお値段をおっしゃらないので、怖くてそれ以上聞けませんでした(小心者)。


a0278382_17194517.jpg




この後は、 カスパーさんとクリスチアンさんに、kumatoさんが昔、まだ修復前だった時に過ごした離れに案内していただき、 その次に教会のチャペルに続くお宅に案内していただきました。
お宅の床は、 自ら焼いたタイルが下にしいてあったり、とてもユニークで面白かったのですが、まだブログ初心者の私は、プライベートな空間を写真をとっても良いかとはいいにくくて、(きっと良いと言ってくださったと思うのですが。 雑誌にも取り上げられていたし) 写真は撮りませんでした。 

テラスからの眺め。


a0278382_1731494.jpg




クリスチアンさんの作品は、トスカーナの自然の中から(花や、木々など)インスピレーションを得て色に表していらっしゃるそうです。  私も、 私の家のある山々の自然を描いて行きたいと思っているので、とても共感させられ、 彼女の柔らかな色合いとその陶磁器の質感にとても心を動かされました。 

彼女は、物静かな方であると同時に、 哲学的? でもあって、 ブログのために写真をとっても良いかと聞いた時も、延々と今の時代とブログの持つ力について語っておられました。 

大切なお時間を割いて案内してくださり、 本当にありがたく思いました。


追記) やっとこさ、写真のサイズの調節の仕方がちょっと分かりました。 縦横の比率が変わらないようにちょっといろいろと試してみないと。。。 やりながらゆっくり学んで行きマース。....と思ったら一度アップした写真の質が悪く、リサイズするのに失敗したみたいで、画質が無茶苦茶悪く、全てもう一度やりなおしました... 悲しい。 慣れたらもっと早くできるようになるかな? 
# by tomomato | 2012-06-13 17:47 | お出かけ | Comments(4)

ちょっと息抜き 3

一日目の夜に泊まったアグリツーリズモ Il Pianaccio は、 今はすっかり奇麗に改装されているのですが、ご主人(私の顔を見て泊めてくれた人)一家が購入した時には、屋根もないまったくの廃虚だったそうで、6年間かかって改築(修復)されたそうです。 今はその面影も無く新しい建物の様です。お庭も奇麗に整備され、プールもあるし、ラベンダーがあちらこちらに咲き乱れ、本当に素敵。 kumatoさんが8年前に来た時には、外の漆喰もなされておらず、石がむき出しの状態だったそうですし、かなり長い時間をかけて新しい建物かと見まがうくらいの修復をなされたようです。  その家の階段から、 新しくつくる私たちの家の階段へのヒントを得てkumatoさんはにんまり。 それをきっかけにご主人と修復の話になり、買ったときの廃虚だった状態の写真まで見せてもらい、話が弾んだようです。 その6年の修復の苦労話を聞いて、 ’ うちはまだここよりましだ! 勇気づけられた!’ と喜んでおりました。 (苦笑)


さて、翌朝は、 フィレンツエに向かいました。 午前中にお買い物を済ませ、 それからフィレンツエの町に繰り出しました。

と、と、ところが.... 何とカメラをすっかりわすれてしまって.... (恥) 
でもお陰で写真を撮るということにとらわれず、楽しめました! (^ー^)
フィレンツエには何回も来たことがあるのですが、 いつもルネッサンス美術を中心に見ていて、 行きたくても機会が無かった Marino Marini の美術館へ。 ここはかなり充実していました。Marino Marini はPistoiaの出身とかで、Pistoiaにも小さな美術館と協会があるのですが、 残念ながら行った時には時間外で入れませんでした。 (又次回の楽しみに・・・・) kumatoさんによると、 フィレンツエの方が充実しているとか。  初期のペインティングもあり、 (デッサンは知ってたけれど、ペインティングは知らんかった。)  かなり刺激になりました。Marino Marini ,良いなあ。あの馬に乗った少年の彫刻、 一つくらいテラスに欲しいなあ.......Kumatoさんも、 はやくまた、絵に集中したい...と遠い目。 何しろ今は改築のことで忙しすぎて、絵筆も長くおいたままなので.....

ドームの後ろの方の石畳を歩いている時には、kumatoさんはその石畳の石の並べ方にすっかり見入って、携帯で写真を撮り、デッサンまでしました。 石が、ただ四角に切って並べてあるのではなく、かなり幾何学的に、けれども有機的に並べてあるのにすっかり魅了されたようです。 ’美しい!この並べ方を参考にして、テラスの石畳を造ろう!!’ と。    確かに美しい!   もしフィレンツエに行く機会があったら、 この古い石畳の特異な並べ方を是非見てみてください。 写真が無くって残念。  iphone欲しい..... (しつこい?)

家のことが心配で、出かけるのを渋っていた旅ですが、 新しいアイディアをあちこちで仕入れ、満足なkumatoさん。 よかった。

いくつか教会を回り、 残念ながら私の一番好きなサンマルコ教会はしまっており、アカデミアは人が多すぎてあきらめ.....  それでも、充実したフィレンツエでした! (満足^ー^)


宿は、またいくつもアグリをたらい回し。  最終的に拾ってくれたのは...
a0278382_648681.jpg


Casa Bistino

ここにたどり着いたのは夜の10時くらいだったのですが、 ものすごく優しく元気な母娘が迎えてくれ、 ‘全然問題ない! 心配しないで!すぐに案内するから......’ と休暇用アパートに案内してくれました。 もう食事には間に合わず、 その方のお友達のレストランを紹介してくださり、夜中の10時を過ぎているのにおなかがすいたというkumatoさんといっしょに、 本当に夜中の食事に行ってきました。  何しろ田舎の夜道で見づらく、レストランに行くときにも、宿に戻る時にも道に迷ってしまった!!!   異常に疲れていたせいもあるとおもうのですが、 この日は本当に爆睡しました。 
このアグリはものすごくシンプルで、昔風、 素朴でいかにも農家の方がやっているという感じで、対応も心がこもっていてとにかく暖かくて感動しました。 いったいどんなワインやオイルをつくっているのか試したかった!  でもプールはしっかりありました。

写真が無くてごめんなさい.....
# by tomomato | 2012-06-12 17:53 | お出かけ | Comments(9)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

昨年の柿仕事
at 2019-01-14 21:43
肉食男衆の仕事 2
at 2019-01-12 02:51
肉食男衆の仕事 1
at 2019-01-11 05:23
公現祭 と ガレット・デ・ロワ 
at 2019-01-07 07:16
正しい元旦の過ごし方
at 2019-01-03 05:39

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

最新のコメント

marshaさん、 干し..
by tomomato at 16:54
kumatoさんはマメで..
by marsha at 06:40
fran9923さん、 ..
by tomomato at 20:21
ことりさん、 プププ 流..
by tomomato at 20:20
すごい〜〜。干し柿の数!..
by fran9923 at 09:44

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31