雨と冬支度とスイスのパイ



a0278382_02395065.jpg



この写真は、先週の水曜日、木曜日と降ってくれた雨の日のものです。 3階のアトリエの窓から・・・・





a0278382_02393340.jpg




いや〜〜〜〜  本当に長い長い間、 雨が降らなくて心底困っていたのです。 7月に2回程、激しい雷と暴風雨で、 新しく屋根を作ったところですらひどい雨漏りがして本当に大変だったことがあるのですが、 それ以来、おそらくお湿り程度の雨が1回くらい降ったっきりで、 全てがからっからに乾き切っていました。
うちは畑も花壇もなるべく水をやらない主義なのですが、 もうそんなことを言っていたら全ての植物が死んでしまうほど乾き切っていました。  何しろ岩盤の上に浅く土が盛られているだけの土地ですので、 地下水を目指して根が張ってくれるなんてことは期待できません。 植え替えのために穴を掘ってみても、一メートル掘っても砂のようにサラサラとこぼれる土になってしまっていました。  
天気予報を毎日見て、 晴れのマークが続いては落ち込む毎日。 雨の予報でも、 雲がかかっても雨は一滴も降らずそのまま晴れてしまうことが続きました。
2、3日おきにしおれてきた植物を見て水をやるも、焼け石に水とはこのことかという状態でした。 どんどん枯れていくせっかく育てた草花を見ては落ち込む毎日・・・・・・・・・・  一年草はもう諦めてそのままさようなら............。  多年草の草花を中心になんとか生き残ることができるだけ水をやっていたのですが、それでも敷地が広いので目が届かないところは悲惨なことに・・・・・

なんだか私の心もどんどん枯れ切って行くような、そんな毎日でした。 

おまけに、なぜか今年は蚊がしぶとく未だに生き残っていて、 もう庭に出るのがげんなりげっそりの毎日でした。

それが、やっと二日間続けて雨が降ってくれたのですよ!!!   歓喜の雨!!! 

本当に嬉しかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!   木々や草花が本当に喜んでいて、 紅葉し始めた山の葉っぱも色とりどりに輝いていて、 喜びにあふれています!!! 
雨が降ってこんなにも嬉しかったのは、人生で初めてかも?????






a0278382_02412291.jpg




さて、9月にやってきた薪・・・・・・  確か、一ヶ月くらい前に

’明日、薪を切って積み上げる作業がありま〜す’

とブログに書いたような気がするのですが、ここはイタリア・・・・・・ 予定が伸びに伸びて、(何やら薪を切る機械が壊れていたとかなんとか?) 昨日になりました。  実は、kumatoさんは今日からまたスイスの集中授業に出ましたので、 その前日にこの作業をするのは避けたかったのですが、 冬も迫っておりますのでまた一ヶ月近く遅れることは考えられず強行することに。  どういうわけかこの薪の作業、いつもいつも7月くらいから予定を立ててオーガナイズしているのに、 思うようには決して行かず、私が日本に帰国する前日とか、 何か大事な用がある前日とか、こういう切羽詰まって余裕のない時になるのです・・・・・・。 何かの祟りか???





a0278382_02410450.jpg





はっきり言って量が多いので1日がかりの力仕事。   木を運んできてくれた若者に薪を切る作業を手伝ってもらい、kumatoさんと私でどんどん運んであちらこちらに積み上げていきます。  

いや〜〜〜 毎度のことながら大変でした。 







a0278382_02413944.jpg
 

キッチン用の薪は小さめのサイズに切ってもらいます。 






a0278382_02420174.jpg




大きな薪ストーブ用は、巨大な丸太のままでもほぼ大丈夫。
ただし今年の木は、 あまり質が良くないものがかなりたくさん混じっていたので、 これだけあってもこの冬に足りるかどうか????    
去年と同じく、アンドレアが彼の森を伐採した木を譲ってもらいました。 ただし、 アンドレアは本業の建築家としての仕事がどんどん忙しくなり、 のんびり自分の森の木を伐採している時間がなくなってきたので、 彼から木を買うのはこれが最後になるかと思います。  来年からは、プロの林業関係者から購入することになるかと思います。 




a0278382_02422003.jpg




もうしまいには腕も腰も痛くなり、kumatoさんも私もヘロヘロになりました。 

’これって全部で何キロくらいあるの????’


とkumatoさんに尋ねると、



’何キロ????? う〜ん・・・・・6000キロ。  6トンだよ・・・・・’


・・・・・・・・・・・・・・・・・!!


は〜〜〜〜〜???





疲れるはずですわ・・・・・・・

作業の後は疲れて、私はご飯を作る元気もありませんでしたので、 二人でピザを食べにいきました。 

今日は昼過ぎにkumatoさんが出発するまでは、バタバタとしていましたが、 無事送り出した後は私はダラダラしてしまいました・・・・・・・
せっかく秋晴れの良いお天気で、散歩したらどんなに気持ちが良いかしらと思ったのですが、 歩く元気もありませ〜ん。 




a0278382_02401017.jpg
イチヂクのヴァイエ


さて、ここのところよく作るお菓子は、'Wähe' =ヴァイエ というスイスのパイ。
もうすでに何回かこの夏のブログにも写真を載せたのですが・・・・・

お菓子というか、中身がチーズの塩味系もありますので、 ヴァイエは一概に’お菓子’とは言えないかも。
一見、タルトのようにも見えるし、 塩味の場合にはキッシュのように見えるのですが、 スイスのヴァイエは、
そのどちらでもなく、 ’ヴァイエ’ は’ヴァイエ’ 、 独特なもののような気がします。 

最初にスイスに来た時に驚いたのは、 チーズの塩味のヴァイエならともかく、 リンゴやアップリコットなどのフルーツのヴァイエが、立派な夕食になるということでした。 例えば病院の食事は好きなものを事前に選ぶことができるのですが、夕食にヴァイエがデザートではなく、メインとしてメニューに入っているのには驚きました。

もちろんレシピにもよるのですが、 典型的なヴァイエは、一般的なタルトに比べてかなり油分も糖分も軽めです。すなわち、バターや砂糖の量が少ないのです。 kumatoさんのお母様は日常的にヴァイエをお作りになるので、私はほとんど家では作らなかったのですが、今年は何しろフルーツがたくさんありすぎて、 どう処理するか迷っていたら、kumatoさんがヴァイエが食べたいというので何回か作りました。 

普通のケーキやタルトよりも油分が少ない上、生クリームの代わりに牛乳やヨーグルトで代用したので、 さらに軽いお菓子として何回も作りました。 
生地も、タルト生地の作り方や、イースト生地の作り方など色々と試してみました。 




a0278382_02402804.jpg
リンゴのヴァイエ




a0278382_03355490.jpg

使い回しの写真ですが・・・ 洋梨のヴァイエ


  

スイスでは、スーパーでヴァイエの皮は気軽に買えますし、BIOのものもあります。 本当にしょっちゅう作っていらっしゃるkumatoさんのお母様はそうした市販のものを使用されているようです。
kumatoさんのお母様は、 私たちが行く時には、 チーズのヴァイエ(スイスチャードが入っている場合もある)をメインとして食べて、そしてデザートにフルーツのヴァイエを食べるというヴァイエづくしのメニューをご馳走してくださることもあります。  

基本は同じ。 軽めのパイ生地に、 中身は牛乳とクリームが半々、卵少々を混ぜた液体を果物の上に注いで焼くだけ。 

私は、生地を多めに作っておいて冷凍しておき、 気軽に作れるようにしています。 このヴァイエの良いところは、果物を一気にたくさん消費できるところ・・・・・・・ 笑   ってこういう問題に直面している方はそんなにたくさんいらっしゃらないかもしれませんが・・・・・・  洋梨やリンゴなんて、これでもか!! っていうくらいた〜くさん乗っけられるのですよ〜〜〜〜
砂糖もそれほど多くはないので、 果物本来の味が味わえて軽いのでオススメです。

ただし、 軽いのでたくさん食べられるという問題が・・・・・・ これってkumatoさんと私だけの問題??? 

チーズのヴァイエの場合には、生クリーム、チーズたっぷりなので、けして軽くはありません。キッシュと同じ感じです。  スイスでは、毎日必ずチーズをたくさん食べますので(特にkumatoさんは)、古くなったチーズの切れ端など最後にかき集めてヴァイエに入れてしまうようです。  

フルーツヴァイエのレシピのリンクはこれ・・・・・

 

よく考えたらドイツ語でしたね・・・・

200g 粉
小匙二分の一 塩
75g バター
100ml 水 (私の使っている粉では100mlだと多いので、粉によって調整した方が良いかと思います)

液体
100cc 牛乳
100cc 生クリーム
小匙1 Maizena コーンスターチ
大さじ2 砂糖
1   卵 


このレシピではアプリコット(750g)を使っているので、 アプリコットやプラムのようなジューシーな果物の場合には下にヘーゼルナッツの粉末(大さじ3)を敷くのが一般的なようです。(もちろんアーモンドでも良いかと思います)リンゴやイチヂク、洋梨の場合には使いませんでした。  果物の量も、私はレシピに構わず好きなだけ(型の中に置けるだけありったけの量!!!笑) 置いています。 レシピでは果物にも砂糖をかけています(大さじ2)が、私はかけていません。 
これも酸味の強い果物かどうか、好みかどうかによるかと思います。  私は、砂糖の代わりにメープルシュガーを使うこともあります。 生クリームの代わりに牛乳やヨーグルトを使うことが多いですが、前回、たまたま冷蔵庫にあった生クリームをレシピの半量の割合で入れたら、やはりとっても美味しかった・・・・・ 笑
   
もちろん皮のバターを植物性油脂にしたり、生クリームの代わりに豆乳を使ったりとベーガンにすることも可能かと思います。  




# by tomomato | 2018-10-15 04:08 | 天の恵み・自然の恵み | Comments(12)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

最新の記事

秋の山 2
at 2018-10-19 07:14
秋の山 1
at 2018-10-17 07:10
雨と冬支度とスイスのパイ
at 2018-10-15 04:08
ドイツ旅行 2018-9 ラ..
at 2018-10-04 05:24
ドイツ旅行 2018-8 ラ..
at 2018-09-28 15:30

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新のコメント

francanaさん、や..
by tomomato at 04:18
ヤギのくだりは可笑しくて..
by francana at 19:14
papricaさん、本当..
by tomomato at 16:08
franさん、kumat..
by tomomato at 16:03
alpinistinさん..
by tomomato at 16:00

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31