カテゴリ:石の家の庭の話( 88 )

六月だけれど、まだ五月の庭の話

a0278382_09564822.jpg




もう六月になってしまったのですが・・・・・・・
まだ五月の写真があったので・・・・・



a0278382_09565737.jpg




去年、papricaさんにいただいたピンクポピーのタネをまいたのですが、そこからこぼれたタネが敷地のあちらこちらで可愛い花をつけてくれました。




a0278382_09590547.jpg


このピンクポピーちゃんたち、 微妙に色合いを変えていろいろな表情を見せてくれるのです。 写真に撮り損ねたのですが、ほぼ白に近くて縁だけが薄いピンクのものもありました。 これが楽しい。  あまりにもたくさんの色合いのものが咲いているので、 果たしてタネをとるときにそれぞれの表情を覚えているかどうか???? 





a0278382_09571507.jpg




もともと何種類か赤いポピーもあって、 それぞれ勝手にタネを飛ばして、 ちょっとしたポピーの小道を作ってくれました。 不思議なのは、なぜかこの子たち、花壇の中には出てくれずに花壇の外に草に混じってすくすくと育ってくれていたので、 草刈りのときに本当に困り、 一部草を刈るのを諦めました。






a0278382_09573598.jpg



隣の敷地から移したワイルドローズ。   ほとんど土のない岩の上にあって、いつも草と一緒に刈られてしまって、 花を見ることも滅多になかったのですが、 小さな株を試しに庭に移してみたところ、 ものすごく立派に咲いてくれて驚きました。  元はこの4分の一くらいのほとんど目立たないバラだったのです。

おそらく、ロサ・なんとか という名前だと思うのですが・・・・ 笑   今度ちゃんと調べておこうと思います。 大好きなガリカ・オフィチナリスにそっくりで大好きなバラの一つになりそう。
お隣に話してもっと分けてもらおう・・・・    バラも花も咲かせずに草刈機で刈られてしまうより、 うちにあって綺麗って言われるほうが嬉しいのでは・・・・・ 笑 




a0278382_09581567.jpg
a0278382_09575933.jpg






a0278382_09584635.jpg




タネから蒔いて増やしたもの、新たに増やしたもの、それぞれ精一杯に咲いてくれて本当に感動的な五月でした。






a0278382_09585625.jpg



ルナリアも、春先に可愛いピンクの花を敷地のあちらこちらで見せてくれました。( 最初はどこかの森でタネの形に魅かれて採取したタネを数個試しに蒔いて、育てました。 可愛い花が咲くことも知らず・・・・ 笑 その後勝手にこぼれてあちらこちらで豪勢に咲いてくれます) 

何やらこのタネは、乾かして漂白剤で脱色してドライフラワーとして使われるのだとか。   脱色しなくても十分に可愛いいので、いつも枯れたものをアトリエにぶら下げて眺めて楽しんでいます。 

この花も、 隣の敷地に溢れて綺麗に咲いていたのですが、 容赦無く刈られてた。 笑
そりゃそうだ、これ、野草だものね? 


 
a0278382_09591910.jpg



クレマチスは、イマイチまだ選定方法がわかっていなくて、 なんとか咲いてくれているのですがもっと綺麗に咲かせることができるかと思います。 品種によって選定方法が違い、 買ったときに種類を調べたのですが、 今ではどれがどうだったかもあやふや・・・





a0278382_09593053.jpg



もちろん、採取して利用する花も同時に育ててます。 今年も冬のためのハンドクリーム作成のためにカランジュラ をせっせと採取しています。



さて、心から願えば叶う・・・・・・ ということが往々にして人生にありますが、 今年の庭にもそういう奇跡的な驚きがありました!!!




ある日、 何気なく庭を一回りしていたら、 何やら鮮明な色合いに否応無く目がひかれました。






a0278382_09582460.jpg




この花!!!

琵琶の木の下にひっそり一本だけ咲いているのです!!!  いや、この色、全然ひっそりじゃない 笑 

こんなところにこんな花の球根を植えた覚えは全くありません。 


これってもしかして???? 



a0278382_09583585.jpg


そう、これは私たちがファイアーリリー(火の百合)と呼んでいる、 ここらの自然の中に自生している花なのです。  裏山の岩の間や、 いつも通る崖の岩場の上にこの時期になると咲いていて、それはそれは美しく、いつもわざわざこの花を見るためにそれらの場所に立ち寄るのです。  でも、どこにでも咲いているわけではないのです。 

この花がお庭にあったらどんなに良いだろう、 でも自然の中に生えている稀少な花を家に持ってきてはいけないし、いつかタネを採取したい・・・・・ と思いつつ、 アクセスが割と難しいところに生えている上に、花が咲き終わってタネができる頃にはいつの間にか忘れてしまって毎年、今年こそは! と思いつつ叶わなかったのでした。

それが、庭に咲いている!!!!??????    なんで?


球根からなら一年で咲くけれど、タネから育てたとしたらおそらく開花まで3年くらいかかるかと思うのですが、 草刈機は使わないこの場所で、 なんとかkumatoさんの畑の草引きから逃れて、鳥が落としたタネがここでひっそり育っていたのでしょうか????    去年はここにルピナスを植えていたのですが、去年の乾燥で無くなってしまったみたいですが、そのルピナスがあったおかげで草引きから逃れたのか?

いずれにせよ、 本当に大好きな花で欲しい欲しいと思っていたものが、 忽然と庭に咲いているのにびっくりしました。


イトシャジン というカンパニュラの花が大好きで、 いいなあ、タネが欲しいなあと思ったらこれまた忽然とそっくりな花が咲いていてびっくりしたことがあります。 (もしかしたらイトシャジン 、でもイワシャジンかもしれない) それ以来庭の何処かで咲いてくれていたのですが、 今年はまだ見かけておりません・・・・・ やはり乾燥のため、タネができる前に無くなってしまったのかもしれません。  本当は多年草なのですが、乾燥には弱いのでうちでは零れ種でいつも違うところで出てきてくれていました。  


こういう驚くことがあると、神様の仕業としか思えません。
間違えて草を引くときに引っこ抜いてしまわないように、 大切に育てたいと思います。    








by tomomato | 2019-06-04 10:48 | 石の家の庭の話 | Comments(10)

五月の薔薇 2 






a0278382_04101659.jpg


kumatoさんのお母様が、昨日帰られました。  kumatoさんの弟さんが、前日にわざわざうちまで車でお迎えに来てくれました。 良い息子達に恵まれて、幸せな方だなあ・・・・・・・・。     実はこのお母様、この春88歳になられました。 でもまだまだすごくお元気です。 毎日、 庭仕事、畑仕事を自らなさっていて、 前ほどではないけれどこうしてたまに遠出をなさって、 人が訪ねて来たらお料理をしてケーキを焼いて・・・・・ そして子供達、孫達、 お嫁さん達のためにソックスを編んで・・・・・・・・・     このお元気さは本当にすごいです。  爪の垢を煎じて飲みたい・・・・・。



a0278382_09482747.jpg







私はといえば、お母様をお迎えするので、 伸ばし伸ばしにしていた大掃除に着手・・・・・・
ある日など、 ご飯も食べずにほぼ16時間ぶっ続けで掃除をしまくりました。 (どれだけ汚かったのだ???)
アパートの掃除も含めるとほぼ3日間、 ブラック企業並の労働時間・・・・・ 笑 

kumatoさんのお母様はとっても良い方なのですが、 やはり’お姑さん’ との関係ではついついかなり気を使ってしまうので、昨日の朝おかえりになった後、私はそのまましかばねのようになってしまい・・・・・・・次のお客さんのためにアパートを掃除した後はぐったりと横になっておりました。 


a0278382_09481609.jpg




お花が大好きなお母様は、薔薇の時期にうちの庭を訪ねたいとかねがねおっしゃっていたので、 ギリギリ間に合ってよかったです。  残念ながら雨が数日ふってしまったのですが、 最後の日には晴れたので、その日はマジョーレ湖まで足を伸ばし、 島に渡って庭園を見て来ました。






a0278382_04092167.jpg




・・・・・・・・ と薔薇の写真とは全然関係ない話題ばかりですが・・・・・・




a0278382_04093419.jpg
a0278382_04094656.jpg






こうして写真を見ると、 今年は本当によく咲いてくれたな〜〜〜。



a0278382_04095584.jpg
a0278382_04100786.jpg



同じ薔薇の写真を何枚も載せてしまっておりますが、 毎日表情が違うので、 ついつい写真に撮ってしまっております。

散りゆく花も、 私は大好きです。





a0278382_09475054.jpg

a0278382_09480386.jpg






さて、薔薇が見られるのは長くて後一週間でしょうか?    うちは一期咲きの薔薇の数が多いので、 後はいくつかの薔薇がちらほらと咲いてくれるだけになります。 いまだに、秋咲きのための良い剪定方法を学んでおりませんので、 今年は余裕があったら試してみようかな? 





a0278382_04105194.jpg




嬉しい時も、 疲れている時も、 お花には本当に癒されるな〜。 







by tomomato | 2019-05-31 14:58 | 石の家の庭の話 | Comments(6)

五月の薔薇 1 

a0278382_05252996.jpg



今年も薔薇が元気に咲いてくれました。  薔薇を植え始めて最初の頃は毎朝見回りをして、 ちょっと虫がついたり病気になったらすぐに手当をしてあげていたのですが、 薔薇の数も増えた上に私が留守だったり忙しすぎてだんだんサボりがちになり、 今年などは本当に全く何もお世話をしてあげませんでした。  毎日の見回りをしようにも何しろ私はおりませんで、いつの間にか咲き始めてしまいました。



a0278382_04065076.jpg
a0278382_04070201.jpg





咲いたら咲いたで大きなコガネムシ? をはじめとした甲虫類の虫がムシャムシャと薔薇を食べてしまったりもして、昔は捕殺したりもしたのですが、 今はあるがまま、自然に任せています。 (卵を生まれて根っこがやられる可能性があるとkumatoさんに言っても、私がナメクジ以外の虫を捕殺することをkumatoさんはあまり好まないようです。 ダンゴムシですら、 アーキタイプの虫だ! と守ります。もちろん家の中に出てくるゲジゲジも、サソリも・・・・・  ですので、 私が叫んで、 助けに来ないと殺しちゃうよ〜〜〜 っと言うと飛んで来て何処かへ持って行ってくれます。)





a0278382_04071379.jpg
a0278382_04072169.jpg




アブラムシにまみれてしまった薔薇ですら、あれあれどうしよう? スプレーしてあげたほうがいいかしら? と思っているうちに忙しすぎて放置してしまい、 気づいたらてんとう虫がたくさん増えてきて結局は綺麗に咲いてくれました。

剪定や誘引がイマイチのものもありますが、 それはそれで来年への課題へ。
うちはいつも適当なので、 絶対に完璧に美しく誘引なんてできるようにならない気がします。 

それでも健気にこんなに豪勢に咲いてくれる、薔薇たちに感謝です。 





a0278382_04074001.jpg
a0278382_04075242.jpg




もう植えて数年経って根がしっかりしてきて丈夫になったのかな?
案外手をかけすぎるのも良くないのかもしれない・・・・・ とも感じる今日この頃。
ちなみに、完全オーガニックです。 





a0278382_04081142.jpg
a0278382_04083371.jpg



もういつまでも庭でボ〜ッとしていたい・・・・・・・


でもそういうわけにはいかないのですよね。 



a0278382_04084448.jpg
a0278382_04085324.jpg




薔薇の饗宴も、 ほぼ終わりに近づいてきました。

今日は、夕方無事にkumatoさんとお義母様が到着されました。 それまで雨だったのに到着直前から急に晴れ上がり、 金色の光に満たされたお庭がそれはそれは綺麗で、 お義母様は早速お庭にお散歩に出かけました。 
(お花が綺麗であまり雑草は目に入らなかったらしい。。。。 ほっ・・・・・) 


まるで夢のような金色の光に満たされた様々なお花たち・・・・・・・・・


お花が大好きなお義母様に、 この時期に来ていただけてよかった。  
お義母様は、この四月に米寿をお迎えになられたのですが、 まだまだすごくお元気で、もしかすると私以上にお元気かもしれません。  
いらっしゃる間、薔薇がもってくれると良いな。


写真が多いのでまた次回も薔薇です・・・・・



  

by tomomato | 2019-05-27 04:42 | 石の家の庭の話 | Comments(8)

百花繚乱の庭

a0278382_15322290.jpg



なぜか、今年は異常に忙しい日が続いています。
・・・・・ というか、年をとって疲れやすくなったからそう感じるのか??

日本から帰ってきた日からイースターまでお客さんが続き、 その片付けも終わらないままkumatoさんが風邪をひいて、次に私、そしてエルバへ出発。 エルバから帰ってきたら今度は庭がすごいことになっていて、kumatoさんはすぐにスイス、私は草ボーボーの庭と格闘し、そしてスイスへkumatoさんの学校のお手伝いへ。  その合間をぬってタネをまきまくり・・・・・・ そしてこの日曜日からkumatoさんのお母様がいらっしゃるので大掃除・・・お帰りになる翌日から別のお客様、食事会・・・・    

kumatoさんの学校も今年はなぜかやたらに授業数が多く、七月半ばまで家にいられる日数は数える程です。 


さて、草ボーボーの庭。  そんな人間の忙しさとは無関係にしっかり五月の太陽とたまに降る雨の恩恵を受けて草だけでなくお花もわさわさ咲き乱れています。 

まるで、エルバに私たちが出かけて留守の間、 好き勝手に咲いてやるぞ!!! と言わんばかりに爆発!! 笑

それとも、帰ってきたら綺麗に咲いて驚かしてやるぞ!! って思ってくれたのか??? 笑





a0278382_15325327.jpg

a0278382_15334995.jpg



この冬はとてもマイルドだったので、冬の間にしっかり成長した植物も多く、 なんだかやたらに庭が元気なのです。 元気すぎて、 予定の10倍くらい大きくなってしまって周りの宿根草を圧迫するものがあちらこちらで、 立派に咲いてくれて嬉しいのか困って迷惑なのか、自分自身の気持ちの置き所がわからないほどです・・・・・・。 

徐々に宿根草を主体とした庭づくりに移行していこうと、去年 ’方針’ らしきものを決めたので巨大に育った一年草の陰に押された植えたばかりの宿根草を見て困りつつも、 せっかく大きく育った一年草を引き抜く決意もできないままこのままきてしまいました。 (・・・・・ っていうか日本から帰ってきたらすでに驚くほど巨大になっていたので調整するチャンスを失ってしまったのです・・・・・・3、4月に長期の留守は庭にはダメですね) 



a0278382_15364287.jpg
a0278382_15374130.jpg


 

a0278382_15342898.jpg
a0278382_15355370.jpg




アイリスもとっても綺麗です。 うちには一体何種類あるんだろう?? kumatoさんのお母様から分けていただいた何種類ものアイリスが敷地のあちらこちらで豪勢に咲き誇ってくれています。 今まで無意識に綺麗だな〜 っと楽しんで、季節が終わったら忘れてしまっていたのですが、 一度整理してきちんとラテン名を覚えたいです。  そしてもっと種類を増やしたい。 







a0278382_15362479.jpg


選択的草引きをしたり、敷地内やお隣から移植したワイルドフラワーも満開で、その光景が実は一番好きだったりします。  この時期のワイルドフラワーは目をみはるほど素敵で、 散歩に出かけるたびに感動しますが、庭にも結構いっぱい素敵な花が咲いていて、 知らないから草引きの時に全て抜いてしまっているけれど、 少しづつ知り合いになって(笑) 上手に残してあげると良いグランドカバーになってくれています。 これらもラテン名を学びたい。

そもそもあまりきちんとしたお庭は好きではないので、 こうしたワイルドフラワーと植えた好きな植物が混ざった光景を作り出す庭になったらいいなと思います。 

でも、明日からは、雑草一本許せない完璧ガーデナーのお姑様がやってくるので、 これを見てどう思うか??? 一度、kumatoさんが好きな’雑草’を残していたら、 



’なんでこれ抜かないの?’

’kumatoさんがこのお花好きなので・・・・’


’だってこれ、雑草でしょ???’      


・・・・・・・・・ 沈黙           




という会話がなされたことがありましたので・・・・・

でもお庭に綺麗に生えたグランドカバーにちょうど良いワイルドフラワーが、 園芸店でしっかり売られていたりするのも何回も目にしておりますので雑草とバカには決してできません。 一つ一つちゃんとラテン名や土壌に対する特質、役割を知ると、もう草引きできなくなるかも・・・・・・   





a0278382_15410757.jpg





去年はニューペレニアルムーブメントにすっかり心を奪われてしまって、 いわばガーデニングフィーバーになってしまいました。 本当にフィーバーで、 訳も分からず新しい植物を買ったり、 膨大な量のタネを買いあさったりして、 あれは今振り返ると本当に病気だったんじゃないかと思うくらいです。  ほら、恋に落ちたら病気みたいになるでしょう????  あんな感じ。 笑  
年明けに冷蔵庫に保存してあったタネ一式を取り出し、 


’私、なんでこんなに買っちゃったの・・・・・ 呆然’

となってしまった私でした・・・・・   


そういうわけで、明らかに自分の許容量を超えたタネを買いまくって自分で自分の首を絞めてしまい、かといってせっかく買ったタネを無駄にするわけにもいかないので今年はタネをまきまくっているのです。 許容範囲を超えたものは庭にパラパラしましたが、 やはり無駄にしてしまったよう・・・・・・・ 涙    バカみたい・・・ 

種まきは種まきで大変なのですが、 実は、無事に芽が出てくれたその後が大変なんですよね・・・・・・・・・・
宿根草は往々にして成長が遅く、 温度管理ができるグラスハウスなどありませんので、これから暑くなりすぎると成長が止まってしまうので、育苗に非常に苦労します・・・・・・・
 


a0278382_15400136.jpg
a0278382_15434770.jpg
a0278382_15445615.jpg



でもお花がいっぱいの庭に出ると、 ただただ綺麗だな〜 っとボ〜ッとしてしまい、 そうした苦労をすっかり忘れてしまいます。   普段は庭に出ても ’やるべきこと=草引き’ に気を取られてなかなか楽しむ時間がないという矛盾に陥るのですが、 なるべくただボ〜ッと楽しむ瞬間を作るようにしています。




a0278382_20323541.jpg



しかしソーラーパネルって、景観壊すなあ・・・・・・ 爆 
隠れるように緑を植えたら、パネルの意味がないし?






a0278382_20325573.jpg
今日は、 これに加えてモリモリとpapricaさんからいただいたピンクポピーが咲きまくっています。


庭の写真、ありすぎるので何回かに分けてアップします。バラも!! 

でも明日から数日お嫁さんしないといけないから時間がないかもしれません・・・・


  








by tomomato | 2019-05-25 16:39 | 石の家の庭の話 | Comments(8)

もう2週間 



a0278382_16335926.jpg




長らくご無沙汰してしまってごめんなさい。 
実は、もう2週間前からイタリアのお家に戻ってきています。





a0278382_16341776.jpg



日本では旅行ばかりで、その合間を縫って母のための大掃除や買い物などをして、あっという間に一ヶ月過ぎてしまいました。  今回は飛行機の関係で普段より長く日本にいたにも関わらず、いつも以上に忙しかったです。 






a0278382_16343976.jpg




こちらに帰ってきてみたら、ほぼ春が終わりに近づいていて、 黄水仙は全て終わり、 チューリップの終わり頃になんとか間に合った感じです。





a0278382_16345689.jpg
a0278382_16360376.jpg




原種系のチューリップを去年は植えたしたので、なんとかそれを見るのに間に合ってよかった!
掘り起こさずそのままにしていたハイブリッドのチューリップも、今年はなんだか盛大に咲いてくれました。
小さく分裂した球根も、 何年かすると花が咲くようになるのでしょうか?






a0278382_16363853.jpg


実はこれらの写真は全て1週間以上前のもので、 今はチューリップは完全に終わりました。 その上今週から突然天気が崩れ、気温が大変低い上に大雨続きです。 今日は雷ゴロゴロ・・・・・・・
家の中はふたたび薪ストーブをつけてぬくぬく・・・・・・

でも去年の夏の異常干ばつに加えて、 この冬もほとんど雨が降らなくて心配していたので、 たっぷり雨が降ってくれて内心嬉しいのです。



a0278382_16362151.jpg
 


a0278382_16365648.jpg



しかし、kumatoさんが管理している畑を除き、庭はボーボーに草が生えていました。 花壇と通路の区別が全くつかないほどで、必死で草を抜きましたが到底追いつきません。 花壇との区別がつかないと草刈りもできませんので、困りましたが、 去年と同じようにまた草引きし過ぎて肩を痛めかけましたので、 (去年は回復に秋までかかりました)今週になって雨が降って作業ができないので少しホッとしています。 



a0278382_16371285.jpg
さやいんげんのお花、可愛い。 ^ー^ 
スウィートピーのお花のタネ、植えなかったけれど、これで十分。





a0278382_16373089.jpg
a0278382_16374703.jpg


もう、五月に咲くお花が満開です。





a0278382_17022951.jpg





a0278382_17024834.jpg



去年植えたピオニーに初めて花がつきました。 ところが、苗自体はとても小さいのに、顔くらいの大きさのある巨大な花がついてしまい、 そのまま地面に重さに耐えかねて這いつくばってしまっていました・・・・・






a0278382_17030480.jpg



雨にもなるので慌てて花瓶にいけました。



私自身は、日本から疲れを少し貯めて帰ってきたところに、kumatoさんのお友達が休暇で前々日からいらしていたので、翌日から時差ボケと戦いながらのご飯作りが待っていて、普段のペースで時差ボケから回復ができず長引いてしまいました。

その後もイースターの週に入りましたのでお客様が連日続き、 イースターが終わった後は全身の力が抜けたようになり、痛みもあったので、 雨が降ったのをよしとして久しぶりにダラダラ何もする気になれずぼーっとしていました。
(ちなみに私のダラダラは、ベッドにしかばねのようにゴロゴロして何もしないという、正真正銘ダラダラです)

考えてみれば、日本でも、日本出発前も、 ほとんどぼーっとできる時がなかったので、 かなりの疲れが溜まっていたのかもしれません。
 
ブログも気にはなっていたのですが、 このままフェードアウトしようかな〜〜〜〜〜〜 などと思っておりました。 笑   


私のダラダラが回復した頃、今度はkumatoさんが風邪をひきました。 
おまけに、さて買い物に行こうと2人で出かけた時、 仕事のストレスもあって心に余裕がなかったせいなのかなんなのか、kumatoさん、 全く必要がないのに(前方に車がなかったので前にそのまま出れば良かった)不注意に車をバックさせて交通標識にぶち込み、リアグラスを粉々に壊しました。 滝涙  本当に粉々全壊です。 

大雨の中、ガラスを片付けながら、これが人身事故でなく本当に良かったと心から思いました。 高齢者の事故が続いて社会的に問題になっていますが、 こうやって突然意識が抜けてとんでもない動きをしてしまうことがあるのですね・・・・・・・・  本当に恐ろしいことです。      
 
片付けた後、壊れた窓に傘をかぶせてとりあえず家に戻り、 現実逃避のために暖かなお茶を飲んでずぶ濡れになった衣服を乾かし、その後ゆっくりと昼食を食べて昼寝をしてから対処を考えました。 
それくらいショックが大きかったのです。


今日からkumatoさんはスイスに週末のコースに出かけ、日曜の午後遅くに帰ってきて、月曜日から私も一緒に10日間エルバ島に学校の課外授業のために出かけます。 

そんなこんなでバタバタはまだまだ続きま〜す。



a0278382_16383915.jpg


ベアラオホ(ギョウジャニンニクの仲間)のパリパリフォカッチャ



a0278382_16385720.jpg


いちごのリコッタチーズケーキ











by tomomato | 2019-04-26 17:30 | 石の家の庭の話 | Comments(6)

一足早い春





a0278382_00560043.jpg



2月は、普通一番寒い時期のはずなのに、今年は妙に暖かいのです。 
超 がつくくらい暖かい。 




a0278382_00554535.jpg




暖かいを通り越して、 日向で庭仕事をしていると暑くて具合が悪くなりそうなくらいなのです。




a0278382_00561604.jpg
a0278382_00563449.jpg





もうあちらこちらで春一番の花が咲き乱れています。



a0278382_00565137.jpg

a0278382_00572493.jpg



今年は雪もあまり降らず、雨も全く降らなかったので非常に乾燥しているにも関わらず、こうして花を咲かせてくれる草花に、 心からありがとう・・・・・  です。




a0278382_00570783.jpg


a0278382_00574169.jpg



チューリップや水仙もメキメキ・ニョキニョキ力強く立ち上がって来ています。





a0278382_00591564.jpg
a0278382_00593016.jpg
a0278382_00594505.jpg




去年はなぜだか異常なガーデニングフィーバーで、 節操なくありとあらゆるタネを買いまくり、 まきまくり、 今年播く種も集めまくって、 秋に球根も新たに色々と購入してあちらこちらに仕込みました。




a0278382_01000326.jpg



その成果がちょっぴり現れて来た!!     あ!!  福寿草の球根、買い忘れた!!! 

ただ、 残念なことに、私はまた日本へ一時帰国で3月はじめから4月初めまでかなり長いこと留守にするので、 球根の成果がよく見られないかも。   kumatoさんにしっかり写真を撮るようにお願いしないといけません。(どこに何が出て来たか知るために 笑)    この素晴らしい春の目覚めを丸々見逃すかと思うと悲しいのですが、それは仕方がありません。    その分日本の春を楽しみましょう。 ( 花粉が・・・・・・・ 涙)

ただし、私がいなくなった後、気温がまたがたっと低くなるようなので、 もしかしてもしかしたら、 こちらに戻ってからまだまだ色々と楽しめるかもしれません。 




a0278382_00581132.jpg



kumatoさんも毎日コツコツと、そして着々と樹木の剪定、 新たな挿し木を済ませています。




a0278382_00575631.jpg




バラの剪定、誘引もなんとか3日かけて終わらせました。    うちのバラたちへの扱いは、なんでもいい加減、ざっくりです。  

kumatoさんは、自分が縛られるのが大っ嫌いなので、 いつも枝をひとまとめにざっくり紐でまとめてしまうので、 私がそれをまた少しずつ小分けに後から誘引しています。 ざっくりまとめると、後で葉が生えてきたときに密集して風通しが悪くなり、病気になりやすいので・・・・・・ 


そして、3月に蒔くはずのタネ類も色々と撒いています。 セットのものは果たしてkumatoさんがちゃんと面倒見てくれるか??? なのですが、 念のために蒔きました。  めまいがするほどたくさんタネがあるのですが、今年は4月に帰ってきてから播くものが(ほとんどですが) 気温が高すぎてうまくいかないのではないかとそれが心配・・・・・・・   


庭仕事ど同時進行で、留守中のkumatoさんのために色々と用意も始めました。
サルディーニャの美味しい羊肉が手に入りましたので、大人買いして、留守中のkumatoさんのお食事用にていねいレシピのシチューやカレーを仕込みました。  そしてタイカレーも。(これは簡単 笑)  
そして、パンも少しずつ多めに焼いて冷凍しています。





a0278382_01001747.jpg



今日は二種類のフォカッチャ。

パンを焼く予定ではなかったのでkumatoさんが巨大な薪を投入してしまい、 火加減が難しかったです。


さあ、 最終週には、おやつを作りまくらないと・・・・・・    



それでも出発までまだまだ時間がある! と余裕で思っていたのですが、よく考えたら2月は短いのですよね!!!!
カレンダーを見て勘違いに気付き、急に焦りが出てきてしまいました。     


コツコツ頑張るぞ〜〜〜!!   





by tomomato | 2019-02-23 01:29 | 石の家の庭の話 | Comments(10)

8月末の庭

a0278382_02363189.jpg





あっという間に8月が終わります。
今年の夏は暑くて暑くてヒーヒー言っていましたが、 その暑い日々もある日突然落ち着いてちょっと暑いな〜くらいになってくれました。

あしたは一日雨で最高気温21度の予報・・・・・・・・来週はまたもう少し気温は上がりますが、もう暑くてたまらないという日々はないと思います。 




a0278382_02361075.jpg

   



3m以上になったひまわり達。
kumatoさんは、大きなひまわりが大好きで、1m前後のひまわりはひまわりじゃない! と豪語するので、大きな品種を植えています。 






a0278382_02425801.jpg
a0278382_02431648.jpg




かわいいなあ。 ひまわりは、 どうしても毎年植えたい花です。
あんなに小さなタネからどうしてらこんなに巨大になるのだろう??






a0278382_02365030.jpg


ジニアが生えているこの場所は、 土がとても浅く、最高10cmなんてところもあるのです。 
今年、他のものを植えようと耕していて初めて気がつきました。 

そんなに土の浅いところには、ほとんどのものは育たないのですが、 ジニアだけは思いっきり元気に咲いています。しかも倒れないっていうのがすごい・・・・・ 





a0278382_02370826.jpg




今年から宿根草に植え替えていこうと思っていたのに、 土が浅い上、kumatoさんがジニアが大好きだから毎年楽しみにしているというので、 このまま継続・・・・・・・








a0278382_02380618.jpg





ダリアがもりもり育ってくれて嬉しいです。 
うちは、とにかく乾燥して暑い土地なので、 湿度を必要とする植物は、すぐに水やりができるところにしか植えられず、それでも枯らしてしまうことが多いです。       乾燥と暑さに強い植物を選んでこれからの庭造りをしていこうと思っています。 



a0278382_02423884.jpg



今年はラベンダーの切り戻しが遅れましたが、2回目の花が咲いてくれました。 ミツバチも忙しく花から花へ移っていきます。 





a0278382_02374531.jpg




a0278382_02372839.jpg



花壇なのにメロンがぶら下がっているうちの庭らしき光景・・・・






a0278382_02433017.jpg
a0278382_02434712.jpg





これからどういう庭づくりをしていくか、少し方向性ができてきましたので、 来年が楽しみです。
これから3〜6年くらいかけて徐々に庭を作っていこうかな・・・・・ 歳をとればとるほど庭仕事がきつくなっていくかと思いますので、ローメインテナンスで、ミツバチがいっぱい来るような、そんなお庭にして行きたいな・・・・・ 

 
ちょっぴり奮発して今年は新しい植物も購入しました。 
種まきも頑張ったのですが、一年草は大丈夫でしたが、今年の猛暑で宿根草の育ちが非常に悪く、ここ3ヶ月5mmも伸びないものが多々あり、半分は途中で溶けて?消えてしまいました。 滝涙 
早めに土に移植したものも、暑さで枯れてしまったものも多く、 ちょっぴり残念でした。 その度、がっくりきていたのですが、 植物との出会いや庭に合うかどうかということも含めて、すべて学習+縁かなあ・・・ と思うようになりました。 

果たして気温が少し下がったら少しは成長してくれるのか、このままお亡くなりになってしまうのか??? 




a0278382_02440600.jpg
a0278382_02442545.jpg
a0278382_02444375.jpg




相変わらずジャングルのようなお庭・・・・



a0278382_02450178.jpg



そうそう、レモングラス、 昨冬は収穫した後に植木鉢に移して室内で越冬させ、 春になってからまた土に戻したのですが、株がひとまわりどころか何倍にも大きくなって、高さ1mを超えました。こんなに大きくなるとは思っていなかったのでびっくり!   






a0278382_02451732.jpg
   



朝顔が今頃になって咲き始めました。 
来年は早咲きのタネを買おうかな?



残念ながら蚊がまだたくさんいて、気温が上がると活動的になります。 しかもなんだかシーズン末だからか?強力になっている感じ・・・・・

後もう少しの我慢です・・・・・  ^ー^








by tomomato | 2018-08-31 05:02 | 石の家の庭の話 | Comments(10)

帰ってきました


a0278382_18593344.jpg


約10日間留守にしておりましたが、 三日前に無事戻りました。







a0278382_18582296.jpg




帰ってくる頃にはもう終わっているだろうなあと思っていた、papricaさんにいただいたタネから育てたポピーがまだまだ次々とお花をつけてくれてとっても綺麗で、 それが一番嬉しかったです。  (kumatoさんに再会するよりも?? 笑)





a0278382_18573813.jpg



そのポピーの種と一緒にいただいたちどり草と、セージ、コーラルニンフ も咲き始めて、このpapricaさんコーナーはゴージャス!!  間に入ったコリアンダーのレース状のお花も良い仕事をしていて、毎日嬉しく眺めています。 初めてのお花は、 咲くまでどのくらいの大きさになってどんなふうに咲くのかわからないのですが、この三つの組み合わせはぴったり気があって素敵な上に、 これと同じお花が地球も向こう側のカナダのpapricaさんのお庭にも咲いているのかな〜〜〜 と考えるだけで楽しくなってしまう・・・・・・・ 






a0278382_18584609.jpg




紫陽花も今が盛り。 本当に美しいです。



ただし、 kumatoさんがわたしよりも三日前に帰ってきた時には、約10日以上続いた猛暑プラス雨なしの天候のため、 テラスのある西側の花壇や植木鉢のものは全て枯れかけていたのだそうです。  家の裏側に移動させていなかった植木鉢のいくつかは、 枯れてしまったものもありました。

家の裏に置いていた小さな苗はほぼ大丈夫、 アトリエに避難させていたお花のベイビー達は、 徒長していましたがほぼ大丈夫、 ただいくつか貴重なものが、おそらく暑さと加湿(乾燥を恐れたためにたっぷりと水をやってさらに底面給水したので)のためにダメになりました。  でも被害が少なくてよかった。 

しかし、 庭の雑草達は留守の間に30cmくらい背が高くなっていると言うのに、 宿根草の花達は、 せいぜい5mmくらい、 早いもので1cmくらいへなへなと伸びただけ・・・・・・・・・ びっくり、 がっくりでした。 






a0278382_18591074.jpg


ストーンガーデンの一角が、 セントジョーンズワートがワサワサと生えてくれて、朝日が当たると金色に輝いていてとっても美しいのです。今年は収穫するつもりでしたが、 金色の光を見ているとなんだかもったいなくって・・・・・・    うちや隣の敷地内に生えているセダムやサボテンを集めてグランドカバーにしたところもいまは花が満開で目をみはるばかり。  う〜ん、 やはりローカルな植物が何もしなくても一番元気で手間もかからないようです。 もっと自然を観察して、この辺にどんな花が咲いているか学ばないと。




a0278382_18595453.jpg


今回の旅行は、ドイツでした。  移動や歩く距離が結構あったにも関わらず、母もおかげさまで本当に元気で楽しんで旅を終えることができ、 感謝しています。     また少しづつ触れていきたいと思います。




















 

by tomomato | 2018-06-30 20:18 | 石の家の庭の話 | Comments(12)

枝泥棒とお祓いの儀式

a0278382_15134703.jpg




タチアオイがどんどん花開いて、 こんなに綺麗に咲いています。
さび病がひどかったので、もう育てるのはやめようかと思いましたが、 こんなに綺麗なら頑張ってみようかな?
今度の冬は、 みかんの皮を一個たりとも無駄にせず集めよっと。 ( 今まではティー用に、 陳皮として気が向いた時だけ集めてました)





さて、ある計画をkumatoさんが思いついて、 実行しました。 





a0278382_15104458.jpg





オリーブ受粉作戦です。 

うちには、シンボルツリーとも言える、樹齢100年のオリーブの木があります。 私の**才のお誕生日にプレゼントされたものです。 おそらくイタリア産ではないと思われますので(しかも北イタリアでは絶対ない)、毎冬寒さを越せるかどうかドキドキ見守ってきたのですが、 最初は冬になるとフリースで覆うようにカバーして、さらには断熱シートを敷いた上にマルチまでしていたのもカバーもしなくなり、断熱シートもやめて、分厚いマルチだけにして、 今回の厳寒も無事乗り切ってくれました。 毎年ドカ雪が降るたびに、 一番折れて欲しくないところの位置の大枝がボキッと折れてしまうのですが、 仕方がありません。 

オリーブの木は、自家受粉が難しく(不可能ではないそうです)、きちんと実をつけさせるためにはもう一本別種の木がそばに植わっていることが望ましいと言われています。  今までも細々と小さなジャム瓶一個くらいの量はオリーブの実を収穫していたのですが、 毎年のように、今年こそもう一本植木鉢で良いからオリーブの木を買いましょうと言い続けてもはや何年??

問題なのは、 同じ時期に花が咲いているオリーブの木でないと意味がないのですが、 ナーサリーに木を買いにいったとしても、 それらは普通室内で大切に育てられたものですので、 花の時期が本来よりもずっと早い場合が多く、普通に育てたときに正確に一体いつ花が咲くかわからないということです。  




a0278382_15110628.jpg
これはうちのオリーブの木です。受粉作戦始めたところ




うちのオリーブの木が、例年になく今年はたくさん花をつけてくれました。 今年こそたくさんオリーブの実が取れるよ!!! というので、 そんなわけないじゃない、 去年もたくさん咲いたけれど、 ほんのちょっとだったでしょ?  別の木がないとダメなのよ!!   と冷ややかにいうと、 今年こそたくさんオリーブが欲しいと本気になったのか、インターネットで色々と調べ始めました。  

そして、近所にオリーブの木がないかどうか観察し始めました。 

期待していた一番近いお隣の小さなオリーブの木はまだ花が咲いておりません。 

でも、 少し離れたここらで一番大きな教会の前の巨大なオリーブの木が、 同じ時に花が満開であることに気づいたようです。 

ということで、二人でこっそりと数枝頂戴しに行くことに・・・・・・・(し〜〜〜〜〜〜〜っ 内緒) 


何しろ、そこは、人目に着く道路沿いの教会の真ん前に生えているというだけではなく、 目の前が市役所と学校なのです。 (ど田舎の小さなものですが)  そこで、 誰もがお昼ご飯に帰る静かな時間を狙って行ってみました。   隣の駐車場におしゃべりしているイタリア人たちがお家に帰るのを辛抱強く待って、 オリーブの枝泥棒作戦決行。    





a0278382_15112606.jpg
はしごも持ち出して、四方から受粉中
  



途中、 人が鼻歌を歌いながら通りがかったりして、 その度に素知らぬふりをする私たち。。。。。。
ナイフを用意している用意周到なkumatoさん・・・・・・

ドキドキしながらお花が開いている枝をそれぞれ頂戴して、私が先に車に乗り込もうとすると・・・・・・・
向かいの市庁舎から誰か出てくるではありませんか・・・・・・



げ!!!!

よりによって、 市長さんではありませんか!!!!

今の市長さんは、 若くてかっこいい女性なのですが、 ちょうど私が車に乗り込もうとした時にサングラスをかけて颯爽と市庁舎から出てこちらの方向に向かってきたので、慌ててオリーブの枝を車の床に投げ捨てるようにして隠したところで目が合いました・・・・・・ 

でも不審に思わなかった様子・・・・・・ほっ


後からkumatoさんが数枝持ってのこのこ歩いてきていたのですが、 市長さん、よほどお腹が空いていたのでしょうか、全然気づかずに駐車場の方に向かいました。 
実は、市長さんとはいろいろなイベントでご一緒になり、 顔見知りなのですが、 この日はどういうわけか私たちであることに全然気づかれなかったご様子で・・・・・・・   ほっ・・・・・・・

こういうドキドキ感、 子供の時によく味わったような気がしますが、 しばらく経験しておりませんでした。 

そういうわけで、 花が咲いたオリーブの枝を持って帰ってきたのですが、その日は家に到着ご雨が降り出してしまったので諦めて、 翌日晴れ間が出るまで水につけて待機させました。 







a0278382_15122148.jpg



kumatoさんが調べたところによると、 オリーブの受粉は主に風によって行われ、 蜂などの虫による受粉の率は少ないのだそうです。  そこで、 kumatoさんは取ってきたオリーブの枝を抱えて、 四方八方から梯子を使ってうちの木の周りから枝を降りました。  その姿はまるでお祓いの儀式をしているかの様。 

最後に、 あちらこちらにその枝をうちの木の枝にぶら下げて終了。 



果たして、 これで受粉ができるのか・・・・・・・・????

教会のオリーブの木の枝を失敬してしまったので、 果たしてひどいバチが当たるか、あるいは神の恩恵が降り注ぐオリーブの実がなるか、どちらだと思いますか???   



まるで、漫画のような一日でした。 

by tomomato | 2018-06-14 15:59 | 石の家の庭の話 | Comments(8)

六月始めの庭

a0278382_18274681.jpg





ぼやぼやしているうちにあっという間に六月も半ばに近づきました。 庭の様子をお知らせしようと写真を撮っていたのに、 毎日光景が変わって行くので記事にするのが遅れると、もう景色が変わっています。 
これは4、5日前のもの。





a0278382_18282669.jpg




今年の六月は、まるで梅雨のように雨が続いていました。 そのおかげでなXXXさんが途端に勢力を増し、 やられてしまった植物の数々。。。。。。。kumatoさんが毎日のように見回っても、きりがないほどです。 凄い生命力。 





a0278382_18284802.jpg



最近あまりカメラを持って写真を取りまくらなくなってしまったので、 あまり写真を載せられなかったのですが、今年はバラが、一層美しかったのです。  今年は、去年に続いて、 冬の誘引をして以来特に何も世話をしてこなかったのにも関わらず・・・・・・。 有機肥料は何者かに掘り起こされて食べられてしまったし、 もしかしてもしかするとそれが功を成したのか???  病気がちのバラが二つあったのですが、 今年は全く健康でした。 

ヒマラヤンムスクは、 普通強健な品種にも関わらず、私の庭では午前中最後に日が当たるところであるせいか、 毎年うどん粉病に悩まされていました。 棘が鋭く誘引もかなり苦労するので、kumatoさんが もうこのバラは嫌い、切ってしまって別のものを植えよう! とまで言いだす始末。

ところが、 それを聞いて危機を感じたかのように!?  今年は今のところ、植えてから初めて病気の気配もなく、花も最高に美しく咲いてくれたのです。  秋に、 桃の木と一緒にあるエッセンシャルオイルをスプレーしたので、それもよかったのかもしれません。(桃はダメでしたが。)  kumatoさんたら、 本当に綺麗だよ〜〜〜 すっごくいい匂いなんだよ〜〜〜 と毎日報告してくれるのです。  これは、バラが勝ったかな? 

他のバラたちも、 なんでこんなに綺麗なの!? と思うほどに今年は綺麗に咲いてくれました。 今年は完璧に誘引した! と思っていたのに、 あまりの花の多さに枝が外れて落ちて来てしまったところがたくさんあり、 反省。 

ただ、残念だったのは雨が多かったので十分に堪能できなかった・・・・・・・ (それで写真もほとんどない・・・・) 





a0278382_18290753.jpg


アスパラガスじゃありませんよ〜〜〜 笑  これから立派な花が咲きます。


去年はわざと収穫しないでタネを落としたので、 このストーンガーデンにはセントジョーンズワートがわんさか生えてくれました。 今年はしっかり収穫する予定です。 ここは、ほとんど土がない岩の崖、超乾燥地なのですが、この環境が好きな植物があることに驚きです。 




a0278382_18292849.jpg
a0278382_18294535.jpg
a0278382_18300490.jpg





デイリリーも咲き始めて本当に綺麗。 今の所、 うちの庭は5、6月が一番綺麗かも。
これから徐々に、夏から秋にかけても美しい庭を目指します。




a0278382_18302382.jpg
a0278382_18304386.jpg



ハーブティのためにいつもは青いマルバを育てているのですが、 kumatoさんが同じマルバでもタチアオイが欲しいと去年言い出しました。 シングルの、シンプルなもの、という条件付きで。  ここらで売っているタネは大体ダブルのふわふわなものなのでどうしようかと思っていたら、 街に出た時に歩道の脇の植え込みに花が終わりかけのシングルのタチアオイがあって、 タネをつけたものがあったので幾つかもらってきて植えて見ました。超発芽率が悪かったのですが、 10苗くらいは確保できました。   去年はひたすら葉っぱばっかり茂り、 この春、 大きいものは3m近くまで立ち上がって花をつけてくれました。  この写真は咲き始め・・・・・・  またいっぱい咲いたら写真を撮りたいと思います。 

ただ、 さび病にかかって、かなり葉っぱがやられて、 枯れてしまったものもありました。 早めに対処すればよかったのですが、 雨が多かったせいもあり、 どんどん酷くなるばかり。 花が終わったらどうするか考慮中です。 調べていたら、さび病にはみかんの皮が良いとか?  kumatoさんはこの花がとても気に入っているようなので、これからも植えるとしたら、 良い方法を考えたいと思います。  






a0278382_18310291.jpg

真っ赤っかなポピー・・・・・・





a0278382_18312489.jpg



さて、下のピンクのポピー・・・・・・



a0278382_20290235.jpg



カナダの papricaさん に頂いたタネから花が咲きました。 
もうこの花が咲くのが楽しみで楽しみで、 ワクワクドキドキしていたのです。 
ところがね、 一番最初にここから咲いたのが、後ろに見える朱色のポピーだったのです!!???? 

で、

え〜〜〜〜〜なんで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!??   


と本当にショックを受けました。確かにこの場所には、papricaさんからいただいたポピーの種を日本に帰る前に蒔いたはずなのです。

その後、あちらこちらに余っていた別種のポピーの種を蒔いたのですが、 ここには蒔いておりません。
ただ、零れ種であちらこちらからポピーは育っておりましたので、 ここに偶然一つ紛れ込んでいたのかと思います。

だから、後からピンクのポピーがふわっと咲いてくれて、本当に嬉しかった〜〜〜!! ^0^/


a0278382_20325117.jpg


a0278382_20323211.jpg
a0278382_20330899.jpg

薄いピンクと、濃いめのピンクと・・・・・・

すくっと綺麗に立って、 毎日ポツリポツリと花開いてくれて、毎日楽しんでいます。 


ただ、 次の日曜日から十日くらい留守にするので、 せっかくの花々の美しい姿を見損なうことになるかと思います。 

がっくり。

おまけに、 kumatoさんの日程が最初に聞いていたのと変わったらしく、一週間この家に誰もいなくなるので、 またまた育てている苗のセットが危機にさらされます。

前回はなんとか大丈夫だったのですが、 今回は気温もぐっと上がってくるし、 一週間なので今ひとつ不安。
せっかく育てていたものが全てお亡くなりになる可能性が強いです。

あ〜〜〜 途中一回でいいから水やりしてくれる人がいたらいいのに〜〜〜〜〜 滝涙 







by tomomato | 2018-06-10 21:21 | 石の家の庭の話 | Comments(6)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

収穫のことなど
at 2019-06-12 05:27
六月だけれど、まだ五月の庭の話
at 2019-06-04 10:48
五月の薔薇 2 
at 2019-05-31 14:58
五月の薔薇 1 
at 2019-05-27 04:42
百花繚乱の庭
at 2019-05-25 16:39

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

最新のコメント

alpinistinさん..
by tomomato at 15:16
Tomoさん ものすご..
by alpinistin at 14:18
exmouthcocoさ..
by tomomato at 15:54
tomoさん、こんばんは..
by exmouthcoco at 05:55
papricaさん、 ふ..
by tomomato at 14:45

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30