2019年 01月 11日 ( 1 )

肉食男衆の仕事 1




a0278382_04253174.jpg



前回、あるところに行って来た・・・・・・ と書いたのですが・・・・・

行った先は、 うちよりさらに山を上がったところにある、私たちの友人、 建築家のアンドレアのお家でした。

実は先週新年会をした時から今回のアクティビティに参加するよう誘われていて、kumatoさんは前日に電話までもらっていたのですが、忙しくてこの日まで行けなかったのです。




a0278382_04254721.jpg



・・・ というか、実は新年会の終わりに、 この日(日曜日)の昼食に招待すると言われていたのですが、 前日電話が来たときには全然昼食の話は出ず、 一体招待されているのか、されていないのか全くわからず、 当日にもう一度念のために電話をして見たら ’午後においで!!’ と言われたのです。 ・・・・・・ つまり招待はなくなったってことね???? 

アンドレア達は、もうこのアクティビティのために3日前から忙しくててんてこ舞いだったらしい・・・・ だから昼食どころではないらしい・・・・・ でもその場にいた全員が、私たちを食事に招待したこと忘れてるって????   う〜ん、日本人の私には理解しがたい・・・・ 



それほどのアクティビティとは・・・・



a0278382_04260726.jpg
a0278382_04281098.jpg



そう!!! ソーセージ作りです。 

暮れに行った時に、 今回の作業部屋の床の石床の修理をしていました。 作業中にあれこれ滴り落ちるもの!!!) が、染み込まないように目次をきちんと塞ぐ作業でした。

3日前に、 豚一頭、牛一頭を屠殺するとアンドレアが言っていました。 もちろん、アンドレアが飼っている家畜です。   アンドレアが修復したお家には、 解体するための屠殺部屋がちゃんと作ってあります。(床が洗い流せるようになっています) 

2日前に、 kumatoさんは行けなかったのですが、たまたま遊びに来ていたkumatoさんの弟さんが遊びに行ったら、 男衆が屠殺された豚と牛を必死で切り刻んで解体している最中だったとかで、 お土産に美味しそうな豚肉のステーキを4枚に、フィレを一つ持って帰って来ました。 すざまじい光景だったそうな・・・・・・。 (行かなくてよかった) 

そして3日目の今日のお昼に、それらの肉を調理するから昼食においで! と言っていた約束は反故にされたわけですが、 はっきり言って昼食をゆっくりとっている暇などなくソーセージ作りの作業に追われていたようでした。



a0278382_04273505.jpg


アンドレアのお家の元キッチン・・・・・ パーティ用にそのままの状態で残すと言っていたけれど、こういう作業にも使う予定だったのですね・・・・・ 良いアイディア!




a0278382_04270635.jpg
a0278382_04272112.jpg
 
a0278382_04282404.jpg
a0278382_04275325.jpg



男衆が和気藹々と作業をしていましたよ。 スパイスの良い香りがお部屋に漂っていて、 見た目よりも生臭くない雰囲気でした。




a0278382_04300217.jpg


だからって、 こんなポーズをとらないで〜〜〜〜!!!
レバーをモルタデッラ用に細かく刻んでいたのですが、 この作業だけは見るのもちょっぴりキモかった。

’ベーガン の人にはこの写真見せちゃダメだよ〜〜〜!!’

だって〜〜〜! ベーガン の人、見ないで〜   忘れて〜 




a0278382_04283928.jpg



これは去年仕込んだ生ハムよ〜〜〜〜〜  迫力!!
イタリアのレストランでしか見たことがありませんでした。




a0278382_04285295.jpg



ベーコン用の脂身がどしっと積み重なっています。  これ全部で何キロあるんだろう?

豚肉だけで200kgはあると言っていましたから、 牛の部位も合わせたら一体どれだけの量になるのでしょうか?
解体して良い部位はそのまままるごとハムにしたり、 ステーキやフィレ、煮込み用などに小さく切って真空パックにして冷凍し、その残りをミンチにしてソーセージやサラミにするようです。 




a0278382_04291390.jpg



スパイスは、 シナモン、ナツメグ、ジュニパーなど。    ローリエとニンニクを煮込んだワイン? も用意していました。




a0278382_04293187.jpg



途中からボスのアンドレアがやって来て、皆の作業をあれこれチェックしています。 アンドレアのいとこはこの作業のためにわざわざカリフォルニアから来ていました。




a0278382_04294781.jpg

左 外国人の2人は楽しそう、 右 地元イタリア人は真剣な目つき・・・・

a0278382_04301766.jpg




古いキッチンの雰囲気が、この作業にぴったり!


さあ、ボスがミンチしたお肉に塩やスパイスやワインを注いでますよ!


a0278382_04303191.jpg
a0278382_04305083.jpg
a0278382_04310760.jpg



何しろ量が多いので、かき混ぜるだけでも大変な作業。 ここ、OSSOLAではこれらの作業は男の仕事だそうですが、南イタリアでは女の人たちがやるのだとか!!!   よく雑誌やテレビで見かけるマンマたちがしっかりした腕や腰つきなのはそのせい???

このボトルに入った液体を最初に見たとき、 私、 ワインじゃなくて血だと思ってしまいました。これを注いでみんなにグラスを回されたときに思わず断ってしまいましたよ。 



a0278382_05012850.jpg



みんなそれぞれ役目が決まっていてお手伝いすることも特になかったので、kumatoさんは所在無げで寂しそうでした。 見ていたら男衆に混ざって自分もやりたくなったみたい。  (以前に何回か鹿など解体はしたことがあるそうです。)

ちょっぴり手を貸しただけで喜んでいました。  
屠殺するところからの作業に誘われていたのですが、まるまる三日潰れてしまうので今年は参加できませんでしたが、 いつかこの作業に加わりたいと思ってはいるようです。


次回に続く・・・・・

by tomomato | 2019-01-11 05:23 | 今日の驚いたこと | Comments(8)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

収穫のことなど
at 2019-06-12 05:27
六月だけれど、まだ五月の庭の話
at 2019-06-04 10:48
五月の薔薇 2 
at 2019-05-31 14:58
五月の薔薇 1 
at 2019-05-27 04:42
百花繚乱の庭
at 2019-05-25 16:39

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

最新のコメント

alpinistinさん..
by tomomato at 15:16
Tomoさん ものすご..
by alpinistin at 14:18
exmouthcocoさ..
by tomomato at 15:54
tomoさん、こんばんは..
by exmouthcoco at 05:55
papricaさん、 ふ..
by tomomato at 14:45

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31