2018年 04月 05日 ( 1 )

種まき開始!!




a0278382_18441926.jpg





日本に帰る前、3月初めにすでに直播の種を蒔きました。 
何しろ今年の冬は本当に寒かったので、 なXくXさんの影響が今年はかなり少ないと思われ、 直播ももしかすると成功するかもしれないと思ったからです。 

2、3年前、暖冬が続いた時は本当に彼らがすざまじい勢いで増殖してしまい、 雨の日に庭に出るのが恐ろしい状況でした。 そんな時はいくら直播きしても絶対に成功しないので、直播した方が良い種もセットで苗を育ててから定植していました。定植したものの一部が無事に成長してくれれば御の字、という状況でした。 
零れ種なんてとんでもない、 もちろん期待できませんでした。

が、去年は冬がちゃんと寒かったので、 結構零れ種で出てくるものも多く、 とても楽だったのです!! 

今年はもっと寒かったから、 もしかしてもしかしたら、なXくXさんたちも全滅したか!! と期待したのですが、 二日前、花壇にちっこいのを発見してしまったので油断は出来ません。 



a0278382_18443346.jpg



何を思ったのか、去年の秋にガーデニング欲が暴走して、たくさんの種を買い込んでしまったため、 セット作りは二回に分けて行うことにしました。  早めに種を撒くべきものを優先して、 あとは適当に。 
ほとんどが多年草、宿根草なので今年は花を見ることが出来ないものばかりです。  
ヤオフクで取り寄せた種もあるのですが、安いなあと思ったものの、開けてみたらそれぞれの数がとても少なく、果たして発芽するのか非常に不安。 しかも、買った時にはちゃんと調べてこれが欲しいと思って買ったはずですが、改めて見ると、これは一体何だろう? というものばかり 笑  (いつものこと・・・・) 発芽すればラッキ〜 ということでよし!

念のために、それぞれ少しずつ種を残しておきました。  春にダメなら秋にまた挑戦するつもりです。



さて、 今日は写真は地味なのですが、 ご紹介したいことがあって種まきを記事にしました。


これです。
日本時間のサイトがありましたので、そちらをリンクします。







私もkumatoさんも長年シュタイナー関係の仕事に従事しておりましたので、 アントロポゾフィー(人智学)の世界にどっぷりと浸かっておりました。 (アントロポゾフィーについてご存知ないかた、興味のある方はグーグルしてみてくださいね ^ー^) 

こうして畑を持つまでは、できる限り アントロポゾフィーの農法=バイオダイナミック農法 に従って作られた野菜や穀物、いわゆるデメター(バイオダイナミック農法で作られた作物の、商品の商標)のものを購入しておりました。今でも、うちで作らないものは定期的に有機のお店で購入しているのですが、有機のものとデメターのものがある場合、値段と相談した上でデメターのものを選んで購入しています。 私の中では、お店に有機のものがあったら、 ’あ、有機? よかった。買おう!’ で、 もしデメターのものがあったら、’え? デメター? わ〜 ラッキ〜 絶対買うよ!’ と言う感じです。   ・・・・  って分かるかしら、この例え? 笑

私は、イギリスのバイオダイナミック農場に囲まれた障害児のための共同体で生活したり、短期間ですがドイツのバイオダイナミック農場で働かせてもらったりしたこともあります。  農場では巨大なトラクターを運転させられたり(危うく人を殺しそうになった 涙)、40度を超える暑さの中で草引きをしたり(あまりのきつさに死ぬかと思った 滝涙)、牛小屋で糞尿にまみれながら掃除をしたり(糞尿が顔まで飛び散るので、ロンジンの高いムーンウォッチが汚れるといけないと思って、ジーンズのポケットに入れたまま洗濯してしまって、お気に入りの時計をダメにした 号泣)しました。 今思うと本当に若かったなあ。 若いっていいですね・・・・ なんちゃって。 


話が逸れましたが、バイオダイナミック農法(シュタイナーの思想に基づいた農法)は、宇宙の力とともに、あるいは宇宙の力を借りて農業をするものです。 (・・・・・って私はプロではないのでこの表現が正しいのか??? ですが 笑 もしプロの方がご覧になっていたら御免なさい)

牛の角を地中に埋めるとか、 ホメオパシーの薬のように様々なハーブを希釈して特別な混ぜ方で活性化したものを肥料に混ぜて与えるとか、星の動きに合わせて植物の成長に必要なことを施すとか、 他の農法に比べるとかなり不思議で特殊な農業方法が色々とあります。 ホメオパシーの薬やアントロポゾフィーの薬を100パーセント信じて利用していたし、 バイオダイナミック農法についても少しは知っているつもりの私でも、実際に農場で働いてみるとこれ、マジ???  って思うようなことがたくさんありました。 笑   一緒に働いていたドイツ人の農業実習生(普通の農業大学で働いている)と二人で、 こっそりとくすくす笑いをこらえながら肥料の準備(カモマイルその他のハーブをほんのちょっぴり入れたバケツに水をたくさん足して、八の字にゆっくりとかきまぜること何十回? とか ) を神妙にしているふりをしたことも懐かしく思い出します。 

うちの畑は、kumatoさんは全くの自由人ですし、 そうした諸々の農法を勉強してきちんとするほど忍耐もないので、デメターではなくパーマカルチャーや自然農法の農法で無理なく取り入れられることはなんとなく気まぐれに(! 笑)取り入れて、勝手気ままにやっていますが、一つだけなんとなく利用していることがこの種蒔きカレンダーなのです。 


花、葉、実、根、 それぞれにとって一番良い種蒔きの日が、 宇宙、星々の動きによって違うのだそうです。
それから、 種を蒔くのに最適な日、というのもあるのだそうです。  
このカレンダーにはそれが丁寧に書かれており、種を蒔く予定がある時にはこのカレンダーを参考にしながら、  あ、今日は葉っぱの日なんだな〜 、あ、花は明日か、 みたいな感じで参考にしながら種を蒔いています。

kumatoさんは昔から使っていて、毎年新しいカレンダーを購入していましたが、いまでは簡単なカレンダーはインターネットで見られるので便利になりました。 








ヨーロッパ(ドイツ)のもの

カナダのもの





これ(↓) によると、イースターのあたりが種を蒔くのに最適期、しかもお花の種蒔きの日だったので、慌ててセットを用意して種を蒔きました。 



a0278382_20562149.png


とは言っても、 この通りにぴったりやっているわけでもなく、 たとえばこの日に蒔ききれなかったけれども、なるべく早くに蒔かなければ行けなかった種は、 翌日の葉っぱの日にやってしまいました。  笑 

葉っぱは、今日の昼までだったので慌ててハーブの種をセットと直播きと両方で巻きました。 

kumatoさんは、これだけは結構忠実に守って種を蒔いています。 それであんなに良いお野菜がいっぱい取れるのかどうかは????  神、いや宇宙のみぞ知る です。




  

a0278382_18444869.jpg



まだ、朝晩の外気温は低いので、セットは室内におきました。
ただ、ここだと発芽したらすぐに外に出さないと、アルファルファ状になってしまうので、理想的ではないのですが。 発芽用のサンルームが欲しいなあ・・・・・   と言い続けてはや6年   笑 




 





















   

by tomomato | 2018-04-05 00:25 | 石の家の庭の話


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

真夏のような日々
at 2018-04-20 04:40
野草のススメ
at 2018-04-18 06:14
ドライ柿の行方
at 2018-04-12 22:51
Gâteaux invisi..
at 2018-04-10 23:00
今日は雨なので
at 2018-04-09 21:00

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

MKさん、iPadからだ..
by tomomato at 22:17
今日は東京も暖かいでしょ..
by MK at 18:42
MKさん、 いつも日本か..
by tomomato at 16:32
鍵コメkさん、日本の田舎..
by tomomato at 16:29
fran9923さん、家..
by tomomato at 16:27

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧