2012年 12月 29日 ( 1 )

快晴!! 





a0278382_5161722.jpg





今日は、 からりと晴れて、フェーン現象で暖かな風が吹き、 庭仕事に最適な一日でした。











a0278382_5175362.jpg






私達の家の庭にある木々は、 私達の前の所有者の方がどういうわけか原種の果物の苗ばかり植えていて、ほとんどの木の実は食用にならないのです。  しかも15年以上、全く手入れをされていなかったので、 ただただ伸び放題でした。  そのうちいくつかは、 まあまあの実を付けるので、手入れをして残して、 他の木は残念ですが切り倒して、ちゃんと実のなる木を新たに植えなおしたいとkumatoさんは思っていたようです。 





a0278382_5184378.jpg





とりあえず、 まあまあの実を付ける木の剪定から始めたkumatoさんでしたが、 切り倒そうか迷っている木もどういう訳か剪定から始めていました。
















a0278382_5164946.jpg






休憩室でお昼ご飯を作っている間、 外で働いているkumatoさんをチェック・・・


(窓の右下の方に見える赤っぽい点がkumatoさん)











お〜〜〜〜 やっちょるやっちょる





a0278382_5192361.jpg







げげ!! あんなに高い所!  危ないではないか!  005.gif





a0278382_5202164.jpg








この人、結構おなかが出ているのに 案外、すっごい身軽なのです・・・









a0278382_5215341.jpg





なかなかカッコヨイではないか・・・・ 012.gif









時々チェーンソウにオイルをして、 刃を磨いで・・・・


a0278382_5205644.jpg










a0278382_5223939.jpg







合間に楊枝でしーはーしながら木をじっと見つめるkumatoさん。 おっさんじゃ 何処をどう切るか、じっくり見極めているのです。








お昼を挟んで作業を続け、 数本の木を剪定した後は、切った枝の処理。 太い枝は薪用に短く切り、 その他は、 鹿防止用にあちらこちらの畑にのせました。







a0278382_5232030.jpg







kumatoさんが木の剪定をしている間に、私はごそごそとラズベリーの剪定をしていました。・・・もう遅いのだそうですが、 鹿にラズベリーの葉をすべてやられてしまって、 剪定して新しく出て来た芽を食べられると困るので、 今まで先延ばしにしていたそうです。

剪定した後、 kumatoさんが切り落とした枝を沢山のせました。 こうしておけば鹿は枝の下の芽を食べることが出来ません。  結局、この写真の3−4倍の大降りの枝をラズベリー畑一杯に広げ、さらに鹿が侵入して来る側に枝を立てかけて柵のようにしました。 

 



a0278382_5244964.jpg












これを見て下さい!  なんだか分かります???




a0278382_5242797.jpg









これ、まだ小さな大根なのですが、 全て頭から鹿に食べられてしまったのです。007.gif

その前日、 小さな大根を確認しながら、 葉っぱは多少食べられてもまた青い葉がでて成長しているので、この様子なら2月頃にもう少し大きくなった大根がたべられるだろうな! 053.gifとすっごく楽しみにしていたのです。 で、少し土から出た大根に盛り土を一本づつしてうきうきしながら帰って・・・・・  そしたら・・・ 翌日行ったら・・・・・・・  007.gif





あと数本しか残っていないのですが、 大根の上にも同じように枝をかぶせました。 

その他あちらこちらに、 鹿から作物を守るために大きな枝をばさっばさっとかぶせます。

kumatoさんは、 鹿の通路になる所に枝を山積みにしていました。 果たして効き目があるでしょうか? 








a0278382_5253129.jpg






いや〜〜〜 重い枝を運ぶの結構きつかったわ。  066.gif







a0278382_526789.jpg









いや〜〜〜〜 kumatoさん、 相当切りましたね。 でもこれくらい切らないと、 実がなっても収穫することも出来ないのです。 


で、 今日あれこれと悩みながら剪定したあと、 kumatoさんは前々から考えていた、 接ぎ木をすることを決意しました。   食べられるようなちゃんとした実のならない原種の木に、 ハイブリッドの果物の接ぎ木をすることで、 ここまで育った木を切り倒す必要がなく、 また、一本の木に好きな種類を接ぎ木することが出来て、しかも成功すれば早い収穫が望めます。 しかも接ぎ木の母木としては、 原種のような強い木はかえって最適なのです。


家に帰って来てから、ひたすらyou tube を見て、 いろいろと勉強して、 ますますその気になっているようです。 二人で、 あの品種のプラムがいい、 チェリーは赤いのと黄色いのと両方! なしはウィリアムとあれと・・・・・・ と夢を語って夜を過ごしました。 果たして接ぎ木、成功するでしょうか???? 






今日のおやつ・・・・・  新たなインヴェンション (発明) ・・・・ 





a0278382_5271827.jpg








スライスの干し柿を一晩ラム酒に浸して、 その上にブラックチョコレートを塗り、 クルミとヘーゼルナッツをのせました。







a0278382_5274824.jpg








う〜〜〜〜ん   kumatoさんも大満足・・・ 035.gif   


          これはちょっと危険かも・・・・・・003.gif

      一杯働いたからいっか??? 


























  
by tomomato | 2012-12-29 06:53 | 石の家の庭の話 | Comments(10)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

飛んでいく日々
at 2018-07-14 05:25
帰ってきました
at 2018-06-30 20:18
お庭と
at 2018-06-16 17:34
枝泥棒とお祓いの儀式
at 2018-06-14 15:59
季節のものたち
at 2018-06-13 05:31

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

fran9923さん、 ..
by tomomato at 14:55
お二人のお誕生日、そして..
by fran9923 at 08:58
alpinistinさん..
by tomomato at 04:58
Tomoさん きっとお..
by alpinistin at 04:33
francanaさん、 ..
by tomomato at 04:30

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧