野暮用でバーゼルに



a0278382_03284144.jpg




平和に、kumatoさんが帰ってくる週末までの計画など漠然と立てていたのに、いきなりバーゼルに来る羽目になったので、 昨日はもうてんてこ舞いでした。
何しろ私、種まき病にかかっているものですから、放ってはおけない蒔いたばかりの種ちゃんや、 芽が出たばかりの繊細な子達や、苗君たちがたくさんたくさんあって、 そう簡単に2、3日留守にできないのです。

特に、天気予報は天気が回復する予定、 すなわちいきなり夏の猛暑になる可能性があり、そんな中蒔いた種や苗を放っておいたら、1日もかからずにカラカラに乾ききってしまいます。
タネに関しては、水を切らすとせっかく発芽しかかっていたものが発芽しなくなってしまいます。 芽が出たばかりの子に至っては、乾燥はもちろんのこと、水のやりすぎでも簡単に腐らせてしまうので一体どうしたら良いやら?





a0278382_03273469.jpg




午後ずっと太陽の当たるテラスのものは特に、 高温と乾燥の危険がありますので、本当は家の裏側に運ぶべきなのですが、 時間的にも体力的にもきついので、 一つ一つセットやポットをちょうど雨水が溜まっていたバーベキュー用の台の中にドボドボ漬け込んで水を土に浸透させていきました。 

これらは、苗がもう安定して育っているものなので、水やりも多少荒療治でも大丈夫なのです。

その後、 育ってきたキウイの半日陰に全てを移しました。






a0278382_03315507.jpg

外においてある発芽待ちのものや、バラの枝刺しなどは全てビニールで包み込み、 必要なものは底面給水。






a0278382_03331184.jpg



芽が出始めのまだ弱いものは午前中しか日が当たらない家の裏側の日陰に。



そして写真は撮り忘れましたが、これだけではなく、家の中にはまだまだたくさん芽の出ていなくて、一定の温度と湿度を保たないといけないセットがわんさか置いてありますので、それらも底面給水、 ビニール被せでやってきました。

1回目の種まきで土で失敗したので、蒔き直してみたら一週間かからなうちに芽吹いたものもあり、(ものすごく小さな種のもの)それを放置して徒長、あるいはダメにしてしまうのが本当に悲しかったのですが、仕方がありません。 

そんなこんなで散々後ろ髪を引かれながらイタリアを発ちました。


おまけにタクシーで駅まで行ったら、 私の乗るはずだった電車がいきなりキャンセル!!
途中までバスで行って、一部開通し始めた電車に乗り込んで、だいぶ予定より遅れてバーゼルに到着しました。


さて、 そんな大変な思いまでしてなぜバーゼルに来たのか・・・・・・・


ブログに書くほどのことではないのでどうしようかと思ったのですが・・・・・・・

決して、緊急の大事があったのではなく・・・・・・・

いや、大事は大事なのですが・・・・・・




実は・・・・・・・



KUMATOサンガマタカギヲナクシタノデス



また、 と言われてもこれまであまり触れて来ませんでしたので、ピンとこないかと思いますが、 この方、毎日何かをなくして探しているのです。

家の鍵、車の鍵、二つある電話、 身分証明証、 大切な書類、 大切な本、 カメラ、 全てのものです。
しかも一日何回も色々なものを探しています。 忘れた、無くした、突然、忽然と消えた、などいろいろな原因があるというのですが。

一度なんか、車に荷物を積み込む時に、道路にスーツケースを置き忘れた。
私の母が来た時なんて、 母のスーツケースがドアの後ろになったとかで、 積み忘れてスイスからイタリアに来てしまった。  その両方とも、そんなはずはない、消えた! って言うの。 滝涙。 

いやあ、もう、信じられないことの数々・・・・・・・・・・


そして、そのたびに大騒ぎをして無言のうちに私に助けを要求してくるのです。  特に青地のものは頻繁すぎて、本当に毎日何回もあるのです。  最初のうちは親切に一緒に探してあげていたのですが、あまりにひどいので、これは私が探してあげて甘やかしているからではないか? と思い直して、厳しくスパルタ式に、 あれがない、これがないと騒いでも聞こえないふりしたり、ふ〜んと言ってかわしたりもして見たのですが、 全く効果なし。改善しません。 こうしたら無くさないよ、ああしたらいいのに、と忠告しても無駄。
一緒に探す身にもなれ、ちゃんとしろ! 本当にもう限界だ!!  とキレて見ても全くダメ。  

治りません。

そしてなくすたびに、 

’そんなはずはない、 こんなことあり得ない、 確かにここにあったはずなのに誰かが持っていった、 なくなるわけがない、 信じられない、 こんなことがあってたまるものか、 クレージーだ、こんな不思議なことが、ミステリー・・・・エトセトラ、エトセトラ・・・・・・’


とあたかも、ちゃんとおいたものが魔法をかけられて忽然と消えてしまったかのように、 驚き嘆き、絶望するのです。 




でも、毎日よ???


何が驚きなんだか・・・・・・・ 

その度に、 ’全然驚かないよ、 普通のことよ、あなた・・・・毎日じゃん’

と冷たく放つ一言。  


冷ややかな私が、一人では簡単には見つけられないようだから仕方がないと探してみると、 ほとんど98パーセントの割合で、 私が5分以内に見つけて渡してあげます。

そこはもう自分で100回探した!!!  とムカつくことを言われても無視して探して、 なぜか100回見たはずのそこから見つける事も多々。


今週の月曜日にスイスに出かける時も、 ギリギリの時間になって車の鍵がないと騒ぎ出し、 慌てて探して、 ズボンからポロリと落ちた鍵を見つけてあげました。 
 

そして、 3日前に、 kumatoさん、朝学校に行こうとしたら車の鍵をなくしたとかで、 kumatoさんのお母さんも含めて前日に行動した場所を一時間以上かけて探してもついに見つからなかったのだそうです。  そして、電車で学校に行かなければならないので一時間以上遅刻してしまったとか。   

どうせそのうち見つかるかと思ったら、なんとその午後には弟さんまで参加して、3人で必死で探しても見つからなかったのです!!!!

おまけに、最悪なことにkumatoさんの車の調子が悪くて、その日は修理工場にも持っていかなければいけない予定でしたのでそれもできませんでした。 


そして、な、な、なんとその翌日も見つからなかったのです!!! 
最後に車のドアを開けたときから動いた場所を中心に、家の中外全て探して、お母様なんて、kumatoさんがラズベリーを収穫していたからと、ラズベリー畑の草まで(かなり広範囲)引いて、 藤の枝払いもしたので、その下のラベンダーの植え込みの枝をくまなく探したり、二人とも、時には三人で何時間もかけてものすごい努力をしてもダメだったようです。 


今、まともに使える車の鍵はその一つしかない上、前の鍵が壊れて2万円もかけて新調したばかり。 
おまけに、この鍵、 全て自動のおしゃれなばっかりでちっとも実用的ではない鍵で、 新しく鍵を注文してもそれがやってくるまで一週間、そしてその後、車の中の機械とPCを繋げてプログラミングしてやっと使えるようになるという代物。 
・・・・・・・・

え????   車、鍵がないと開けられないのですが? ってことは、開けられなかったら、プログラミングもできないの?  


これだけ探してないんだから、もしかしてトイレに流しちゃったかも???   

どうするよ?


というわけで、 イタリアのおうちに置いてあった、 半分壊れた車の鍵を試すために私がスイスまで持って行かないといけなくなったのです。 半分壊れていても、鍵の中に手動で車のドアを開けられるかもしれない部品が入っており、 そして気が向いた時には鍵を指すとエンジンがかかる事もあるので、(普通は鍵を刺さなくても、車に乗ってボタンを押せばかかります) とにかくそれに望みをかけて私が持っていくことになったのでした。

後で聞いたら、何やらお母様に、いつもtomomatoが見つけるんだよ、彼女がスイスにこないともう鍵は見つからないかも・・・・などとぼやいていたらしい。 (くそ、甘えるな) 

スイスの到着したのが遅かったので、 その日はそこで終わりました。 kumatoさんも、遅く疲れて帰ってきたので、 私が持って来た鍵を試してみて車のドアがあかなかったら、車が動かなかったら絶望するかもという現実に直面したくなくて、そのままベッドに入って寝ました。 笑 


翌日、朝食後にkumatoさんが試してみたら、無事にドアが開き、無事にエンジンがかかったので、車の気が変わらないうちにそのまま修理工場に車を持って行きました。 新しい鍵も、もちろん注文しました。 この半分壊れた鍵では、車がたまに機嫌よく動いたとしてもドアの開閉が普通にできないのです。 本当に、昔の車の鍵だったら何の問題もないのに??   おまけにポケットとかカバンとかに入れて他のものの間に挟まって衝撃受けると、簡単に壊れるんですよ???  ルXーさん! 何とかして〜〜〜〜〜  
粗放なアーティストにはこの鍵、無理よ〜!!! 

私も一緒に修理工場に行く予定でしたが、予定を変更して時間があったので、 まあ三人探してもダメだったから難しいかも・・・・と思いつつまあ、念のためにと思って、大きな家の端から探し始めました。 植え込みの中に入ってしまったとしたら、 冬まで簡単には見つからないかも・・・・・・と思いつつ。 
ただ、お母さんのお家やお庭はとても広いとはいえ、うちと違ってとても整理整頓されておりますので、三人で探してなかったとしたら相当困難なところに入り込んだのではないか? と思いつつ・・・・・・



そうですね、 探し始めてものの10分しないうちに見つけました。 


え? なんでこれが見つからないの????? しかも三人で探して? というくらい簡単に。 ただ、下の石の色と鍵の色が似た色だったので、ざっとみてたら見逃すかもしれませんが、 鍵はそれほど小さいものではありませんので、 探していたらすぐ見つかるかと??????

しかもその場所は、kumatoさんに、あそこを探してみたらいいよ、と忠告していた場所。 そして実際、kumatoさん、3回も念入りに探したんだって。。。。。。
kumatoさん、耳だけでなく目も悪いのでしょうか? 
 
というわけで一件落着。 

今度からは、紐をつけて、蛍光色のシールでもでかでかと貼っておこうかと。 

こういうものにくっつける小さなGPSシールとかあったらいいのに。  でも、大体の場所を示す・・・・とかじゃなくて、家の中や外のどこにあるか正確に教えてくれるようなもの。
誰か発明して安く売ってくれないかなあ?????



おまけ

今年は少ないと思いつつ見回りしていたにも関わらず、食べられてしまったお花の苗 滝波

移植した花壇からまたポットにあげて非難させました。

これで今年、三個目です。 最初の二個はは去年植えて出てくるのを楽しみにしていた苗が芽吹いたところをやられてそのままお亡くなりに・・・・・・ 涙  



a0278382_03302100.jpg

by tomomato | 2018-05-26 05:39 | 今日の驚いたこと | Comments(0)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

エルバ島と近況報告
at 2019-05-17 03:55
イースター*パスクワ*オース..
at 2019-04-28 16:59
もう2週間 
at 2019-04-26 17:30
一気に春が・・・・そしてはち..
at 2019-03-04 22:13
秒読み
at 2019-02-27 21:53

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

最新のコメント

papricaさん、 は..
by tomomato at 04:37
コメントのこと、ごめんね..
by papricagigi at 02:01
papricaさん、ブル..
by tomomato at 14:38
tomさん、お帰りなさー..
by papricagigi at 14:13
francanaさん、 ..
by tomomato at 17:48

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31