おうちごはん

a0278382_21481431.jpg




kumatoさんのお母様の畑でできたヌーズリーサラート(フェルドサラートとも言います)。 このサラダ日本では見かけたことがないのですが、本当に美味しいのです。 肉厚で甘みがあり、まろやかな舌触りのサラダです。 うちでも毎年タネをまいているのですが、いつも雑草に負けてしまってうまく育ちません。 それよりも雑草と共に自然に生えてくる野生のヌーズリーサラートの方が元気で、 せっせと敷地内のあちらこちらから集めて、そちらの方を食べております。
kumatoさんが好きなソースは卵ドレッシング。  タルタルソースを緩めたようなドレッシングです。

りんごはうちで取れたフジ。 数少ない虫食いのないものを冷蔵庫に入れておいたのですが、未だにシャキシャキと新鮮で美味しいです。収穫したのは九月なのに! 





a0278382_21483524.jpg
てんこ盛り



kumatoさん、 丹精込めた(って自分で言ってもね?) ラムシチューに舌鼓を打って食べてくれました。 
うちのジャガイモで作ったマッシュドポテトに野菜を添えて。 マッシュドポテトをたっぷりお皿に盛って、真ん中をくぼみにしたところにシチューをたっぷり注ぐのが、kumatoさんのおうちの伝統的な?? 食べ方です。   彩りは冷凍していたピーマン。 こういう時に役に立ちます。  
今年は秋が長かったので、ピーマンがたくさん収穫できたので、まだ冷凍庫にストックがたくさんあります。 ピーマンはタネさえ取れば下茹でせずにそのまま冷凍できるので助かります。 




a0278382_21484899.jpg



kumatoさんのシチューは2日かけて作りましたが、 私の野菜シチューは十五分で作りました。 笑






a0278382_21494180.jpg


昨日は、 大根を切って三日間下漬けしてあったものがありましたので、一つは甘酒と柿酢であえたべったら風、 もう一つは冷凍庫にあった、手作りキムチの素をまぶしたキムチ風にしました。  もう在庫がないのでキムチの素をまた仕込まないといけません。 






a0278382_21495610.jpg
大根はあえた器のままドド〜ンと味見に食卓へ・・・




    
お昼は、最後の貴重なお餅でお雑煮をしました。  kumatoさんのはお餅三つでまたもやてんこ盛り 笑
大根はやはりキムチ味に人気があり、kumatoさん一人で半分くらい食べてしまった・・・・・ 塩分控えといてよかったです。

今日のお雑煮は白味噌がもう足りなかったので、 出汁で作ったのですが、 なんとkumatoさん、最後の最後にサラダの卵ドレッシングをドド〜っと入れてた・・・・ 絶句・・・やめてくれ〜〜 涙  美味しい出汁が出ていたのに・・・・ 
やはり、 あっさりの出汁は今ひとつ食いつきが悪いですね。  
でも、あのロブションですら、 ’出汁’ の味がわからなくて、 なんだこれは、味がないじゃないかとおっしゃったらしいですから仕方がないですね。 
揚げ餅でしたらよかったのか。   でもそれではカロリーが・・・・・・・ 

すごく美味しかった!! これから日本食だけ食べようよ!! 

な〜んて言うけれど、 本物のあっさり和食だけでは到底満足しないでしょうね・・・・・・ 涙




a0278382_06064659.jpg



そしたら夕食は、 塩麹につけたサーモンがあったので、それをグリルにしましたが、kumatoさんが'トレンコスト’ にしたいと言うので、 冷凍してあったホワイトソースを解凍してコーンとコーラビと玉ねぎとかぼちゃとロマネスコのグラタンを添えました。  
お皿に盛ってから人参を入れ忘れたことに気づきました。 人参は冬のご飯の大事な彩りですよね。
これとサラダをいただきました。

実は今日の主役は、サーモンの上にちょこっと乗っている葉っぱ!
散歩の途中、せせらぎの脇にちょっぴり生えてきたクレソンを見つけましたので、 引き抜かないように少しだけ香味野菜に採ってきました。  冬のクレソンは、 甘いのでびっくりしました。 


トレンコストとは、消化のために体に負担をかけすぎないためのダイエット法で、 簡単に言うと炭水化物とタンパク質を組み合わせて食べない方法です。  本当は食品をグループに分けて、色々と組み合わせがあるのでそう簡単ではないのですが。 

どうやらkuamtoさん、 私がスイスから帰ってきて一回り大きくなった=太った といったことを結構気にしているみたいです。 

でもね・・・・・スイスでは、ストレス溜まるせいか本当にたくさん、しかも胃に重いものを食べ続けていたのを知っているので、(一日5食とか!!??? 夜十時以降にチーズフォンデュやらキッシュやクリームパスタを食べるとか、そしてその後ケーキとか!)大丈夫かなあと思っていたらやはりお腹が一回り大きくなってしまったので、自分で少しでも気にしてくれると嬉しいです。  授業で忙しい時には、教室の中以外、ほとんど動きませんしね・・・・。 

スイスではkumatoさんのお母様が、ここぞとばかり腕をふるってご馳走や美味しいお菓子を大好きな息子のために作ってくださるのですが、 kumatoさん、 食べる食べる・・・・・・・食べすぎる。 スイス料理はクリーム、チーズ、バターをたっぷり使って重いので、同じ量を食べてもカロリーがとんでもなく恐ろしいことに・・・・ 

ちなみに私は、 カロリーは横に置いておいても、そのようなお食事が2日以上続くと申し訳ないのですがスイス人ではないので胃の調子が悪くなってしまうのです。  
 
そして、kumatoさんのお母様のお家にお部屋をお借りするようになって以来、三週間の集中授業の度に確実にkumatoさん、お腹の大きさが大きくなって行く・・・・・・ 涙
 
でも、 kumatoさんだって、いつまでおふくろの味を楽しむことができるかわからないし、 せっかく息子を喜ばせようと頑張ってご馳走を作ってくださるお母様ですから、 せめてうちに帰ってきた時だけでも、なるべくkumatoさんに気づかれないように食事内容を調節しています。 

    

暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。



第2回プラチナブロガーコンテスト


by tomomato | 2018-01-29 10:03 | 今日のごはん | Comments(12)
Commented by fran9923 at 2018-01-29 10:26
こんにちは。
美味しそうなお家ご飯ですね〜〜。
フェルドサラートのことをいろんな人から聞いて知っていますし、何度か多分食べたこともあると思うのですよ。
いつか生えているところを見てみたいです。

チーズや生クリームのおいしさはよくわかるのですが、やはり日本人の胃には少し重いですね。
tomomatoさんもうまくそこのところ気をつけてくださいね。
Commented by tomomato at 2018-01-29 16:29
fran9923さん、 フェルドサラートはドイツやスイスで一般的に食べられているもので、イタリアではあまりみないのです。たまにスーパーにちょこっと見るくらいです。  でも、うちのあたりには勝手に生えているので、少なくとも北イタリアには存在していると思うのですが、取って食べている人を私たち以外にはみたことがありません。 (食いしん坊のイタリア人なのに。 でもこの人たち、クレソンもとって食べません)  ものすごく美味しいのですよ=。    本当にチーズを食べすぎると体全体が重く疲れます。 私は量はそれほど食べないのですよ。 ただ、kumatoさんのご実家に行くのをそれで必要以上には控えるようになってしまったのが(それだけではないのですが) 残念なところです。  
Commented by alpinistin at 2018-01-30 04:43
うわ〜、いますぐ押し掛けてテーブルにつきたいです!
ヌースリーザラート、我が家でも畑で少し作っていますが、収穫するのも洗うのも大変で、毎年3分の1くらいに花を咲かせてしまいます。。。(苦笑)Kumatoさんのお母さまは(も)ものすごく働き者の方なんですね。
Tomoさんのお宅には柿小判だけでなく、甘酒だとか、麹だとか、貴重なものがざくざく。。。。もう、うっとり眺めていますよ。
柿と言えば、私の愚痴に付き合ってくださってありがとうございます。ははは。色々考えてみて、きっと渋柿を渋抜きして乾燥させる、というのがコツなのかもしれないです。我が家のドライ柿、味も薄目です。。。来シーズンはイタリアで渋柿を狙うっていう計画を実行していそうな自分が今からちょっと怖いです。
Commented by tomomato at 2018-01-30 05:12
alpnistinさん、 ぜひ来てください。笑  ヌースリーサラート、 普通に収穫すると本当に大変ですよね。散歩中ワイルドに生えているのを集めた時、多量だったのでたまたま来てもらったお友達に洗ってもらったら、2時間くらいかかりました。 涙   実はkumatoさんには隠れたテクニックがあって、泥のついたところからではなく、根っこと少し葉っぱを残してナイフで切るのです。そうすると泥がついていなくて、 普通よりもずっと洗いやすいです。 そして、嬉しいことに、大概また新たに生えて来てくれるのです。 スイスでもそううまくいくかどうかはわからないのですが。 花を咲かせるなんてもったいない〜〜 買うと高いですものね。    甘酒や塩麹は残念ながらいつも常備しているものではないのですが、これからはそうしようかなあと思っています。久しぶりに食べてみるとやはり塩麹、美味しいです。 ふふふ、 柿の収穫、楽しいですよ〜〜 ^0^  渋柿の方が、甘柿よりも結局のところ甘みが強いような気がします。 そしてサイズがでかい!  ^ー^ 渋抜くのはちょっとした手間がかかりますが、美味しいので文句は言えませんね。  干し柿も楽しんでますよ〜。^ー^ 
Commented by ノラ at 2018-01-30 07:24 x
やっぱりお料理お上手ですね おいしそう
 フェルドサラート日本でも育つのかな?
柿酢もうまくできたのですね。私は週末セカンドハウスに帰ってノラ仕事をして、自給自足をめ出しています。だからいろんな事参考にさせてもらってるのですよ。ピーマンなんか消費するのにクタクタ煮ばかり作ってたけど冷凍すればいいのですね。それも
主人が食べないから私一人牛のように食べます。
キムチの素の作り方もアップしてくださいね
Commented by tomomato at 2018-01-30 16:48
ノラさん、 あれ?ノラさんのお名前は野良仕事のノラさんなのですか? 西洋のロマンチックなお名前を想像していました。 ^ー^   フェルドサラートは、 ドイツやスイスで出回っているサラダですので、おそらく冬がある程度寒くなるところなら大丈夫かと思います。 北イタリアでも野生のものが野原に育っておりますから(うちの庭も笑) ものすごく美味しいですよ。  柿酢は、一昨年仕込んだものです。 今年のものも大丈夫なはずですが、書いてくださって、あ、 ちょっと様子見をしなければ! と思い出しました。 ^ー^   私も、自給自足、試行錯誤しながらやっています。 だんだん、少しずつ知恵がついて来て、 でもやってみたけれど私たちには合わないな、とか、美味しくないな、 とか思うものはどんどん外して行っています。ピーマンの冷凍、結構いけます。 調理する時に冷凍したままジャッと行きます。調理したものを冷凍するより、微塵ぎり、千切り、 半割りなどで色々な大きさに切っておくと用途に合わせて支えて便利です。  もちろん新鮮なピーマンのようには行きませんが、彩りも味もいい感じです。 多量のピーマンを一度に種ぬきする時には結構大変で、 手袋をするかスプーンで取り出すことを是非お勧めします。 私もkumatoさんもタネで爪の下を傷つけてそれが炎症して大変だったことがありますので。 たまに辛いのが混じっていると、 危ないです。  ピーマンはものすごく栄養があるそうですので、 冬も食べられていいですよね。    
Commented by francana at 2018-01-30 18:32
ヌースリーサラート、お写真を見るかぎりフランスでよく食べるmâcheに似ています。
カラフルなラムのシチューがおいしそう。畑のピーマンは味が濃いでしょうね~
炭水化物とタンパク質、しょっちゅう一緒に摂っている気が・・・ミートソースのパスタもダメということですよね?
kumatoさんのスイスでの食事、夜遅くにそれでは胃が悲鳴を上げそうです(笑)。
フランス人の友人でも、お母さまが作るバターに生クリームたっぷりの食事でコレステロールが増えて、なんて話を聞きます(苦笑)。
でもtomさんもおっしゃる通りお袋の味なのですものね。
気づかれないように調節(笑)、tomさんがいてよかったですね、kumatoさん!
Commented by tomomato at 2018-01-30 20:09
francanaさん、 今グーグルしてみましたが、 そう、同じものだと思います。 フランスにもあるのですね。
畑のピーマンはとても甘いですよ。   実際にトレンコストを少しやってみると、私の場合、 痩せるとかいうよりも食後の胃の状態が良いような気がします。 いつまでも食べ物が胃に残って戦っている感じではなく、スムーズに消化されるような気がします。 でも、 私、炭水化物とタンパク質の組み合わせ大好きですので 笑
日本人には、 伝統的な西洋料理は限界がありますよね。 スイスのお母様も、 野菜を茹でてバターをおっきな塊で入れて最後にあえるので、 それは必要ないからそれだけはやめてください、彼は太るのを気にしているしとお願いしたら、 その次から皮肉を言われるようになりました。 ’あなたのお嫁さんが許してくれないからね’ とか、’ あなたのお嫁さんがいうからバター入れてないわよ’ とか 苦笑。    お母様ご本人も痩せたいと言っているのですが、やはり慣れた味とそれとは別物のような気がします。 生クリームやチーズなしなんて考えられないですよね、スイス人ですもの。    でもお袋の味、 私自身のことを考えてもいつかはもう食べられなくなると思うと、コントロールするなんて傲慢なことはできません。  大切な、大切な味ですもの。 ただ、 彼がもう10台20台の可愛い元気な息子ではない( 代謝が違って太ってしまう) ということだけほんの少しわかっていただけたらな〜 と思うのですが難しいですね。 だって可愛い息子が来たら、 腕によりをかけてご馳走してあげたいもの・・・・・   やはりお家で調節ですね。 笑  
Commented by papricagigi at 2018-02-01 05:39
Kumatoさん、ラムシチューを前に本当に嬉しそう~。ボーダーシャツも似合ってる~。
おうちに戻ってTomさんの手料理を食べることができて、幸せなんだね♪ どれもとっても美味しそうだもーん!
でもでも。。。お餅にサラダドレッシング?! どっひゃーっ!それはうちでもまだ見たことないよーっ。Kumatoさんは日本食に慣れているのに、それでも美味しいお出汁だけだと物足りないんだね(笑) こっちのひとには、焼き餅に濃厚なホワイトソースなんかをかけてあげたらいいかもねーっ。
キムチの元って、作れるの?? へーっ!便利そう!野菜やら何やらを漬け込んでってなると大変だし場所もとるけど、元だけあるとささっと合えられそうだね♪ 調べてみるー。とはいえ、うちの相方はキムチ駄目なんだけどね…臭いって言う。
ほーんと、Tomさんのお料理はいつも美しくて美味しそう~。
Commented by tomomato at 2018-02-01 17:17
papricaさん、 シャツはユニクロ〜 笑 ピカソがボーダー着てたから好きなんだって 笑   kumatoさんは、スイスでもお母様の手料理で幸せよ〜  幸せ者! 笑    お餅っていうかさあ、お雑煮にサラダドレッシングだよ〜 許せる??  涙   お出しだとダメね。  お持ちにチーズかけて焼いてお醤油かけて食べるのが一番好きかなあ。 白味噌のお雑煮だとそのままでも大丈夫なんだけれど、 お澄ましとかお出しとかものたりないみたい。 鍋の時も必ず豆乳キムチにするか、 お出しの時には濃厚なソースを何種類か用意するもの。 でも仕方がないよね。   キムチの元、韓国唐辛子が結構辛いけれど、 簡単に作れるよ!  辛すぎないようにするのにうちではたくさん果物とかコンポートとか入れてる。 でも相方様、臭いのダメだったらダメだね・・・・ だって多量のニンニクが入るもの。  あ、私はいつもアンチョビ使ってるの。アミがないから。 
Commented by papricagigi at 2018-02-02 05:30
キムチの元の作り方、のせてくれてどうもありがとう!自分用に作ってみるね~♥ うちの相方はね、アンチョビが駄目なのよっ。なんであんなに美味しいものを~って思うけれど、色んな魚を食べて育ってきていないから仕方ないのかな。日本人はお寿司で生物を食べるのにも慣れているし、舌が上級なんだよねーっ。
Kumatoさん、ギンガムチェックなんかも似合いそう!
Commented by tomomato at 2018-02-02 06:25
papricagigiさん、 そうか〜〜 それからニョクマム使ってるからなあ、あれも臭いよねえ。  だから普通のキムチの素とはだいぶ違うけれど、どちらにせよ旦那様にはダメね。 うちの母もアンチョビとか臭いもの系全然ダメだよ〜。  超舌が上級すぎでもダメみたい〜 笑  キムチもあまり好きじゃないよ〜。  ギンガムチェック、大好きなんだけれど、本人は今ひとつみたい。 でも今度無理やし着せちゃおうかな。笑 きっと似合いそう ^ー^


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

エルバ島と近況報告
at 2019-05-17 03:55
イースター*パスクワ*オース..
at 2019-04-28 16:59
もう2週間 
at 2019-04-26 17:30
一気に春が・・・・そしてはち..
at 2019-03-04 22:13
秒読み
at 2019-02-27 21:53

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

最新のコメント

papricaさん、 は..
by tomomato at 04:37
コメントのこと、ごめんね..
by papricagigi at 02:01
papricaさん、ブル..
by tomomato at 14:38
tomさん、お帰りなさー..
by papricagigi at 14:13
francanaさん、 ..
by tomomato at 17:48

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31