出発前日




a0278382_1225550.jpg




お久しぶりです・・・・・ 皆さんお元気でお過ごしでしたか?  001.gif



火曜日の朝、 なかなか決断できないkumatoさんに、


’行くの? 行かないの? もう今決めないと怒るよ!!! 031.gif


と迫って!?  無理矢理決断させて  昨日まで短い休暇に出かけていました。





まずは沢山沢山とった写真をまず整理しないといけないので、 今日は出発前日の出来事を・・・・・




a0278382_122461.jpg
















この犬、ルーポといいます。 お隣のお家で飼われているのですが、 そもそもの持ち主が持て余してその家に連れて来たようです。  その家に住んでいる若者は、ルーポを引き受けたもののいつもその家にいる訳ではなく、たまに週末に帰って来るだけなのです。  その間、 ルーポは格子の中の狭い空間に閉じ込められたまま。  時には食べ物もないときもあり、 用を足すのも全てその狭い空間の中なので、そばを通ると悪臭がします。

Simが、かわいそうに思って、 持ち主の許可を得て外に出してあげるようになりました。 といっても何しろ大きな犬ですしちゃんとしつけられてもいないので、 村には怖がる人達も少なくなく、また鶏小屋の方に行くこともあるらしいので、 気をつけなければなりません。

ルーポは、とても良い犬で、 人なつこくけして凶暴ではないのですが、 何しろ大きくエネルギッシュで、 ずっと閉じ込められているためにそのエネルギーを持て余して一度放すとものすごい勢いて走り回ります。  また閉じ込められているストレスのある時には、 噛むこともあります。 噛むと言ってもそれほど強くはないのですが、 これ又何しろ大きな犬なのでかなり怖い・・・・
格子の外に出たくて、 暴れて? けがをしたことも何回もありました。


Simがいなくなった後、 kumatoさんが時々散歩に連れ出すようになりました。  



私達が、ベネチア通りと呼んでいるうちの裏の道を通り、 広々とした空間に出ます。
ルーポは大喜びでkumatoさんと私の間を何度も往復し、 草の上をうれしそうに駆け回ります。



a0278382_1241053.jpg





昔のワイン絞り機のあった小屋を通り抜けると・・・・・





a0278382_1245598.jpg





そこはもう森です。 家から五分くらい?



a0278382_1263946.jpg










a0278382_129711.jpg










今日のお散歩の目当てはこれ・・・・ kumatoさん、 せっせと拾っています。



a0278382_1374361.jpg









053.gif053.gif!! 






a0278382_135993.jpg






みんながせっせと栗を拾ていると、ルーポも一緒に探すので、おかしくなりました。037.gif




a0278382_1314431.jpg







a0278382_1392948.jpg









どんどん森の奥に入って、まだまだ栗を探します。




a0278382_1451543.jpg







これはkumatoさんが見つけたジャイアンツ栗・・・・・



こちらの栗は山栗なので、 普通はとても小さいのです。 これはかなり例外的大きさ・・・


日本に帰った時に、久しぶりに日本の栗を見たら、あまりに大きいのでびっくりしました。 でも、こちらの山栗も味が凝縮してとても美味しいです。




a0278382_142523.jpg










ルーポもお散歩に満足した様子でした。


でも、この日は私に飛びかかることが何回かあり、 とても危険でした。 遊んで欲しいのか? それともkumatoさんにもっとかまって欲しく、私に嫉妬したのかはちょっと不明。 悪気はないとはいえ、突然飛びかかられて、 ルーポの足が私の顔に当たったりしたら、非常に危険です。 散歩をしていてきゅうな斜面を歩いているときも、 体当たりをされてバランスを崩しかけたこともありました。



         008.gif
   

あと、 家に近くなると、また閉じ込められることが分かっているので、 言うことを聞かずにそのまま凄い勢いで村の方に行ってしまい、 村の人達を驚かせてしまいました。


散歩に行く時には、 村に入る前で繋がないと行けません。 でもkumatoさんでも、まず捕まえて首輪に綱をつなげるのが大変、そして、綱を引いて歩くことが大変なくらい強い犬なのです。


ちゃんと学校に入れて訓練しないと手に終えない犬です。



閉じ込められているのはかわいそうだけれど、安全を考えながら散歩に連れて行かなければ行けないので、 いつまで続くでしょうか。 



Simは、ルーポをすっかり気に入って飼え飼えと私達に言ったのですが、 私達の今の生活は、にスイスとの往復が激しく、 スイスでは街の中の動物禁止のアパートに滞在しているので、 大きく生活スタイルを変えない限りルーポを飼うことはちょっと無理な上、 そもそもこの大きな犬を気軽に飼うことは決して簡単ではありません。 かわいそうとという意味では、 ほんとうに飼ってあげたいと思うのですが、 そのような気軽な同情心から 大切な命=しかも大きな命 を責任を持って預かることが出来るかどうか、 決意は出来ませんでした。


しかも家のシャンティは、 小さな犬でも怖がって、 家に帰れなくなるくらい・・・・ こんな大きな犬が来たらシャンティを飼うことも出来なくなるでしょう。







a0278382_1542115.jpg





ルーポ ・・・・  オオカミと言う意味です。  その名の通り、オオカミそのものの犬です。






今日の成果・・・・・




a0278382_155012.jpg






去年も今年も、 地元の人は ’ 中国からの蝶 ( 蛾 )’ の影響で栗が病気で不作だと言っています。 一昨年は確かに、何処に行っても嫌と言う程栗を拾えたのですが、 去年と今年はそれほどとれません。  

けれども・・・




a0278382_20486.jpg





それでもこんなにとれました。  003.gif






本当は、 今年も渋皮煮にしたかったのですが、 翌日突然出かけることになったので、急遽予定を変更、 全て冷凍しました。  

新しくまた栗を見つけたら今度は渋皮煮にしたいと思いますが、 明日からまたスイスなのでど時間があるかどうか???? 







今夜、これから去年作った渋皮煮の最後の瓶を開けて食べます・・・041.gif
by tomomato | 2012-10-14 05:25 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(8)
Commented by fran0923 at 2012-10-14 10:11
おかえりなさ〜い。
ルーポのお話、悲しいですね。
私も大型犬(ラブラドール・レトリーバー)を飼っているので、よく理解出来ます。
犬は人と居るのが幸せなので、このような環境でとじこめられているのは虐待になるのではないでしょうか。
とてもかわいそうです。
犬は毎日人と一緒に暮らしながら、やってはいけないことといいことを覚えて行くのですから、取り立てて学校へ入れる必要もないのです。でもルーポは小さな時からこのような状況だったとしたら本当にかわいそう。
本来、犬はきれい好きなのに排泄物と一緒のおりに入っていなければならないのは、苦痛だと思います。

こうやってお二人と一緒にお散歩が出来て天にも昇るほど嬉しかったのではないでしょうか。
こんなサイトがあります。友人がライターをしています。私も昔登場したことがあります笑。http://www.dogactually.net/
ここのサイトでは、各国のそういった犬達を保護するシェルターのこともレポートされています。

栗すごいですね。
私も栗でモンブラン作りましたよ〜!
長くなってしまって、ごめんなさい。
Commented by la_mia_coccolina at 2012-10-14 13:53
tomさん、こんにちは^^
ルーポのお話、何だか切ないですね。
きっとルーポは誰かと触れ合いたくて仕方がないのでしょうね。でもその思いが強くて、接し方の加減もわからないから、思いのままに飛びついたり、噛み付いたり、勢いづいてぶつかったり。。。
元の飼い主さんも持て余したり、なかなか難しい子なのかもしれませんが、きっとちゃんと訓練したら人ととても良い関係が築ける子なのでしょうね。
simくんやkumatoさん、tomさんと触れ合って余程嬉しいのでしょう^^
でも、小さな子供に噛み付いたり、お年寄りに飛びついたり。。。町の方たちも心配なはず。
tomさんの気軽に受け入れる事が出来ないというお気持ち、とてもよくわかります。一つの命を預かる責任はとても重いものですもの。私もきっと、同じように気持ちと現実の狭間で揺れ、やはり決断は出来ないと思います。
今の飼い主さんがきちんと向き合ってあげてくれたら良いのだけれどね。。。
そして、栗♪♪♪ これで少ない方なのですね~!美味しそう^m^
Commented by tomomato at 2012-10-14 16:04
fran0923さん、ルーポは、まだ7ヶ月くらいだそうで(こんなに大きいのですが)、訓練するなら今ですよね。 このタイプの犬は特定のマスターが必要なのだそうです。  イタリアでは、(少なくともここ付近では)防犯のために犬を飼う人は多く、 その多くが狭い敷地内に閉じ込められて散歩に出ることもありません。 人が来ると吠えまくることが仕事なのです。リンク、 後でゆっくり見させていただきますね。    franさんの栗のモンブラン、 すっごく美味しそう! 雪をかぶった大きなモンブラン! ^ー^  スイス本場では、バルミセリといって絞り出した栗のクリームをメレンゲと一緒に食べます。  私も一度自分で作ったけれど、裏ごしが・・・・・(汗)  クリームは200円くらいで簡単に手に入るのです・・・・・・  あの労働を思うと・・・・・   今治滞在楽しんで下さいね!  
Commented by tomomato at 2012-10-14 16:07
la mia cocolinaさん、 そうなのです。 ルーポは毎日おりの中でうろうろうろうろ一日中誰かが来るのを待っています。 切実で。 前は暗い部屋に閉じ込められていて、小さな窓から必死の形相で顔を出していました。  何か良い方法があると良いのですが。 今は出来る時に散歩に連れて行ってあげることしか出来ません。    とっても良い犬だけにかわいそう。   
栗、 時間があればまだまだとりに行くのですが〜〜〜 渋皮煮をつくりた〜い! 
Commented by yuriko_chan at 2012-10-14 16:20
あらら
切ないお話聞いて(┯_┯)
どうにかならないもんですかねえ

栗の渋皮煮はほんとうに美味しいから絶対作ってください!
Commented by tomomato at 2012-10-15 04:23
yurikochan さん、 どうにかしてあげたいのですが・・・・ 
渋皮煮、毎年作っているのです。 週末家に帰ったらまたとりにいって是非作ります!
Commented by africa at 2012-10-15 13:58 x
ルーポ、なんてなんて頭のよさそうな犬!ってか、本当にオオカミそっくり。ミックスって可能性ないよねえ。えーーーーびっくり。
かわいそうになあ・・・せめて、排泄物と共の環境から抜け出せればいいのに。

栗、丹波の栗みたい!そして、周囲の建物も、味のありますね~。
Commented by tomomato at 2012-10-15 16:28
africaさん、 ルーポ、凄く頭の良いいいいぬなので、よけいにかわいそう。 オオカミ系の品種らしいですよ。 オオカミの血が混ざっている? から余りほえないらしいです。 きちんとご飯をもらってないことも多いみたいで胸が痛いのです。 一体どうしてあげたら良いのか。一応他人の犬だし。   ベネチア通り、素敵でしょう? 


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

エルバ島と近況報告
at 2019-05-17 03:55
イースター*パスクワ*オース..
at 2019-04-28 16:59
もう2週間 
at 2019-04-26 17:30
一気に春が・・・・そしてはち..
at 2019-03-04 22:13
秒読み
at 2019-02-27 21:53

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

最新のコメント

papricaさん、 は..
by tomomato at 04:37
コメントのこと、ごめんね..
by papricagigi at 02:01
papricaさん、ブル..
by tomomato at 14:38
tomさん、お帰りなさー..
by papricagigi at 14:13
francanaさん、 ..
by tomomato at 17:48

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31