ちょっと息抜き 5

さて、 午後からは、(って、たったの2泊3日の旅行なのに、どうしてこんなに続くのか?)この町へ


a0278382_18412986.jpg



そう、シエナ! 


a0278382_18465589.jpg



この町は、地域ごとに違う旗を掲げているそうです。
a0278382_18395178.jpg


a0278382_1842360.jpg



旗を目安に動いたら、 自分が何処にいるのか分かっていいね。 

長くなるので続きは下をクリックしてね









フィレンツエは何回も行ったことがあるのに、私は、シエナは何と初めて。 フィレンツエよりも小さく、観光客も(まだ)それほどではなく落ち着いた素敵な町でした。 kumatoさんは、 都会が苦手な山人間なので、 フィレンツエよりもシエナの方が大好きみたい。  やたらにここ良いでしょう、フィレンツエよりも町並みもなんだか良いと思わない? フィレンツエはアメリカ人であふれているし、と力説しておりましたが、 確かに素敵ですが、私はフィレンツエ大好き人間なので、フィレンツエだって、 長く滞在して町を把握すれば歩きやすいし、良いところは沢山あるよ、 シエナは半日無くても全体が把握できるから好きなんでしょう!と言い返しましたが。 フィレンツエの良さと、シエナの良さは、 ちょっと別物かな?


このピアッツア、
a0278382_1855314.jpg




すり鉢状?になっていて、独特の景観。塔に向かって、地面が下がっているの分かります? kumatoさん曰く、世界で一番美しいピアッツア! だそうです。


a0278382_18384195.jpg



塔の向かいにある泉では、こんな微笑ましい光景が.....

a0278382_18505131.jpg


と思ったら、瞬く間に

a0278382_18535491.jpg


かわいそうな犬?糞だらけ?

泉の冷たい水で、臭い 足の 異常な汚れを洗い流す  足の疲れを癒すkumatoさん。 この後この水を、ペットボトルに入れようと待っている後ろの女の子が、微妙に額にしわを寄せておりました。(爆) 
a0278382_18425938.jpg





すると何やらいきなり広場で始まりました! 




a0278382_1839966.jpg






な、な、なんと、シエナでスイスアルペンのホルン演奏が始まった!?? 




a0278382_18555199.jpg
 


kumatoさん、 なんだか冥利に尽きる顔をしていました。 (kumatoさんは、ちなみにスイス人) 




≥≥その後はしばしシエナ散策
a0278382_18561138.jpg




a0278382_18584395.jpg


a0278382_1859486.jpg


a0278382_20395213.jpg





シエナのマリア信仰はとても強いそう。 教会の美術館で、古いイコンの数々を見てきました。 心を打たれる作品がいくつかありました。 kumatoさんも私も、ルネッサンス美術の一部の天才をのぞいては、 ルネッサンス以前の美術の方が好きであることに趣味が一致。   ルネッサンス時期は、個人性が強く美術に現れ始めているので、 その落差も激しい。 一部の天才の中には、 その完成された個人性の意識が見事な形で花咲いていて、圧倒されるばかりの素晴らしさ、でも残念ながら他の多くの作品には悪い意味での個人、未熟なエゴが表現されることあって...余り感動しないのです。  でも、 ルネッサンス以前の人の意識は、まだ個人というよりもそれを包む大きな意識の片鱗が残っているので、 一つ一つの作品の中にも素朴な、けれども純粋な意識が表されているような気がする。  (あくまで未熟な私の個人的な意見なので、お許しください ^ー^)

いくつか気に入ったイコンを見つけ、 持って帰りたい! と騒ぐ kumatoさんと私, 危険人物約2名・・・・





美術館をでたらくたくた....   車を町の外に止めてひたすら坂を上がって来たので...
(私の足も、人のこと言えないな。 爆) 

a0278382_18572858.jpg



となるとこれしかない! 

a0278382_18575870.jpg


ここはまずそうだからやめよう、とか、いくつかジェラテリアをチェックして、列ができているお店を発見!  いやがるkumatoさんに、列が出来てるところは美味しいんだよ、 と説得して並んで、いざケースのところにたどり着くと、何とフレーバーの説明に日本語が!???

そういえば、GROM ってどっかで聞いたことがあったような。  有名なチェーンだったんですね。 
確かに美味しかったです。 

其の後はパネテリアで、わんさかビスケットを買ったり、パンフォルテを買ったり。 (ごめんなさい、写真取る前に食べてしまった!) 、 紙に包んである市販のシエナのパンフォルテは、食べたことがあって、好きではなかったのですが...パネテリアに置いてある抱えるばかりの大きなパンフォルテをひときれ切っていただいて、おそるおそる口にしてみると.....全く別物の味でした!   大好きにはなれないけれど、確かに美味しい!  あの紙に包んである、何処ででも買えるシエナのパンフォルテは、いったいなんだったのだろう? 

かわいいお店もあり、


a0278382_18432216.jpg



さっさと車に急ぐkumatoさんを大声で10回くらい呼び止めて、(仕舞には、道行く人皆に何事かと見られてしまった・・・恥!) ちらっとよってみたのはこちら (kumatoさん、またかという表情で、嫌々  辛抱強く優しく、つきあってくれました。こういうショッピングって、やっぱり女の人特有な物なのかしら?) 




Il Casale

a0278382_18435463.jpg

写真悪すぎ


外のショーウィンドウがかわいかったので入ったのですが、 ここのお店にはオリーブの木を使ったいろいろな台所用品があり、 その一つ一つが、とっても丁寧につくられていて形も素敵でした。 まな板の形が面白かった。 お店のオリジナルのステンシルで、シンプルで良質な,そして美しいリネンが沢山あり、 食器ふきもテーブルクロスも、 とにかく目移りするくらいセンスが良い!!  買い占めたい衝動を抑えるのに一苦労。 kumatoさんのあきれた視線を背中にびしびしと感じながら、ぐっと我慢して一つだけ必要な物をお買い物。   次回行った時には買いまくるぞー!!  お値段は......決して安くはありませんでした。 (涙)    もしシエナに行くことがあったら、 こういう物に興味のある方、是非よってみてください。



ああ、シエナよさようなら、そして楽しい息抜きの旅よ、さようなら.....


a0278382_19404219.jpg




車に戻る途中、いきなり

’君のために、シエナを取って来てあげる! ’ と、道路の向こうにわたるkumatoさん。

’???????’ 

a0278382_18444230.jpg



取って来てくださったのはこちら・・・・・


a0278382_192535.jpg



何と、 向いの崖の土のかけら・・・、そう、ピグメントです。(ピグメントーこれをすり鉢で潰して粉にして、 絵の具をつくります)  
そういえば、 色に、’シエナ ’ というのがあった。 これだったのかーーー。 (と今更の様に気づく私) 
シエナロート(シエナの赤)というのもあるけれど? と聞くと、 多分これを焼いたものではないか? と。 

よし、 このピグメントを使って何か描くぞーーー!!! (やる気満々) といっても家のことがあるから、いったいいつになることやら?  


あー!  本当に楽しい旅行でした! 

シエナを夕方6時半に出発、後は一気に北へ、夜道をひたすら走って帰ってきました。  






 





  











 
by tomomato | 2012-06-13 20:48 | お出かけ | Comments(4)
Commented by oz55mama at 2012-06-14 15:05
tomomatoさんこんにちは。すてきな息抜きの旅でしたね。
どこに行っても、いい雰囲気!ますますイタリアに行きた〜い
Commented by tomomato at 2012-06-14 16:12
何処をとっても絵になるところが多いですよね! 日本も昔はきっとそうだったのだろうなー。  楽しい旅行でした! 
Commented by vicolos at 2012-06-18 11:36
続けて過去記事を拝見させていただいています。
シエナは私が20年前、遊学滞在した町。心のふるさとですから、すごく良く書いていただいて、なんだか私も嬉しかった。
tomomatoさんは、絵を描かれるのね。シエナ色で描いた作品、楽しみにしています。
私もビザンティン色を残した作品の方が好きだったりします。それからシエナ派のロレンツェティ兄弟が好きです。
Commented by tomomato at 2012-06-18 15:59
vicolosさん、 何とマニアックな話! (^0^) シエナにお住まいだったことがあるのですね。 いいなあ。 美術が専門の方ですか?  シエナは初めて行ったのですが、 本当に落ち着いた土地で気に入りました。  今度はよく調べて、ぜひともいろいろと見てきたいと思います。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

飛んでいく日々
at 2018-07-14 05:25
帰ってきました
at 2018-06-30 20:18
お庭と
at 2018-06-16 17:34
枝泥棒とお祓いの儀式
at 2018-06-14 15:59
季節のものたち
at 2018-06-13 05:31

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

fran9923さん、 ..
by tomomato at 14:55
お二人のお誕生日、そして..
by fran9923 at 08:58
alpinistinさん..
by tomomato at 04:58
Tomoさん きっとお..
by alpinistin at 04:33
francanaさん、 ..
by tomomato at 04:30

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31