この夏最後の追い込み



a0278382_14292845.jpg




いやはや、コースが終わってゆっくりと体と心を休める暇もなく、もう九月!!!   日本への出発を控えて毎日怒涛のように大忙しです。 
今年は、 鳥にぶどうをたくさん食べられてしまったので、 多量の収穫を見込んでいたにも関わらず、 半量以上なくなり、なんとか例年のようにぶどうソースとフレッシュソースを仕込みましたが、 蒸留ジュースは作ることができませんでした。 (内心 ホッとしている私 笑) 
最後のトマトソースを仕込み、 バスケット二個分の洋梨が控えています。  今年はとにかく果物が豊作でした。 
そして、冬に備えて薪の用意も。 
すでに運んであった薪を切り、積み重ねる作業です。  

今年は屋根の修復で足組が設置されているので、薪の置き場所がなく大変です。




a0278382_14314343.jpg




仕方がないので家の前に積み上げる・・・・・・・





a0278382_14313138.jpg



去年、途中で薪が足りなくなり再注文しないといけなかったので今年は去年よりも多量に注文したためか、 玄関前と通路沿いに積み重ねてもまだ場所がありません。  家の中にもすでに積み上げました。 




そして・・・・・・



a0278382_14321597.jpg
a0278382_14320335.jpg


家の前には多量の薪が積み上がり散乱し、 そして多量の屋根用の石が積み上がっているので、なかなかすごい光景が繰り広げられています。


途中通りがかった友人が、


’オ〜〜〜〜〜  なんてすごい光景だ!!!  これは現代芸術だ!!! インスタレーションだ!!! ’ 


と大騒ぎをしてひとしきり写真を撮っていきました。 (彼もアーティスト) 

確かに、 息を飲む光景です。 






a0278382_14323977.jpg




修復は屋根だけで少なくとも三ヶ月は続く予定です。 冬までには終わるでしょうか? 

このおかげでこちら側の花壇はぐちゃぐちゃになってしまいました。 涙。
職人さん、平気でお花の上を頑丈な作業靴でお歩きになる・・・・・・

そして薪を切るに当たっても、狭い場所での作業になりましたので、 お花の上に薪を放り投げる・・・・ 滝涙


来年、また頑張りましょう。   







a0278382_14310514.jpg



さて、コースの準備や、コース中は全く時間がなく、 お料理のためのハーブや食べられるお花や野菜の収穫以外は全く放置していた私のお庭。

なんだかしばらく見ないうちに爆発していました。 笑



a0278382_14300340.jpg
a0278382_14301410.jpg
a0278382_14302538.jpg



あちらこちらで花火が上がっている感じ。 笑    たまや〜〜〜〜!!  




a0278382_14303841.jpg
a0278382_14305238.jpg





去年、かなり大きくなってきたダリアの球根を分球せずに4種類植えたところ、 ナメさんたちに新芽をやられてしまったのか、一つしか成長しませんでした。 

仕方がないので生き残った最後の一つを今年植えた他、  初めてダリアを種から育てて見ました。
これが、シングルのとても可愛い花を咲かせてくれました。  球根ができるということですが、 どうでしょうか?  


a0278382_14311908.jpg



修復のために玄関前から避難した植物たち。




う〜ん、 日本に出発する後二日で、 庭仕事にも手をつけられるでしょうか? 
色々なものを切り戻ししないといけないのですが・・・・・・


そんなわけで、 後二日、出発までにブログは書けないかと思います。
次は日本から!?? 


もう九月、 残暑厳しい中どうぞお身体を大切にお過ごしください。 







# by tomomato | 2017-09-01 14:58 | 石の家の話 | Comments(2)

コース、無事に終わりました



a0278382_14433813.jpg



kumatoさんの学校の恒例の夏のペインティングコース、(合宿?)が無事に終わりました。



a0278382_14432665.jpg
a0278382_14434819.jpg



今年もみなさん頑張って1週間絵を描くことに集中し、それぞれが新しい発見をして良い時を過ごすことができたようでとても嬉しいです。 
コースのテーマは ’エレメント’  地水火風のエレメントについて集中して学んだようです。
途中、 いつも私たちがいく川や、 国境を超えてスイスのシンプロンドルフまで出かけ、氷河まで写生に行って、とても盛りだくさんで楽しそうなコースでした。 



a0278382_14440095.jpg

a0278382_14443925.jpg



最終日の夕方には発表会でした。  夕立の天気予報でポツポツ雨が振りかけたのですが、 そのまま雨が引いて無事に外で終えることができました。 前日の夕立が嵐のようにひどい状態だったので心配だったのですが、本当によかったです。





a0278382_14431486.jpg
a0278382_14442758.jpg



アペリティーフに集まり、楽しむ人々・・・・・





a0278382_14424767.jpg




さて、今年も私はご飯係でした。  





a0278382_14423114.jpg
a0278382_14485319.jpg



今年はしっかりと下準備をし、 本番ではあまり大変にならないようにと計画しておりましたし、 お友達が手伝いに来てくれるというので楽勝かと思ったのですが、 コース前から扁桃炎を発症しかなり体調悪い中仕事が始まりました。   人に移るものではないのでよかったのですが、 しっかりマスクをして(私の喉の保護のためにも・・・ですが) 調理に挑みました。 こちらの人は、マスクをする習慣がないので、 おそらくみなさん、ぎょっとしたかと思いますが・・・・・ 笑 






a0278382_14430091.jpg



今年は余裕で、 二人いるから写真も撮れると思ったのですがとんでもなかった〜〜〜! 

やはり体調不良のせいかかなりアップアップでそれどころではありませんでした。 
というか、 準備万端で余裕があっても、熱いものを熱くテーブルに出すためには最後の追い込みが必ずかなり大変で、 それをテーブルに出しては次の準備をする・・・・・ という感じなので余裕ができた時にはいつも全て食べ終わった後なのです。 涙    


一応自分の覚書のためにメニューだけ書いておきます。




一日目

かぼちゃのポタージュ

ラタトゥイーユ・キッシュ 発酵レモン入り 

トマト・きゅうり・洋梨のサラダ

桃のコンポートとレモンクリーム シナモンビスケット添え

二日目

黄桃のゴルゴンゾーラドレッシングサラダ
とれたてふわふわのリーフレタス

鶏もも  マッシュルーム・マスタードクリームソース
ニョッキ・オッソラーノ (この地方のニョッキ、栗の粉が入っている)
インゲン トマトのロースト

柿のヨーグルトセミフレッド  チョコレートビスケット添え 



三日目

春雨・きゅうり・わかめ・トマトのサラダ  

白身魚のココナッツスープ 
豚まん・野菜まん

ズッキーニのチリソースいため


イチヂクのリッチなトルテ (アーモンドクリーム)

四日目

カプレーゼ (トマト、バジリコ、モッツアレラ)
グリーンサラダ  ケッパーのドレッシング

ラム肉の塊のロースト ローズマリー( 1、4〜5 kg シゴー 2つ分)

マンゴルドの茎を茹でたもの ドレッシングあえ(スイスチャード) 
人参のアラブ風 (レーズン アーモンド クミン 玉ねぎ) 

ジャガイモのロースト

パンナコッタ アル カカオ  (濃厚なカカオのパンナコッタ) 

五日目

レストランの日   (私は下準備の日 ^ー^)


六日目


きゅうりと梨のミントサラダ


インボルティーニ (オーブンで焼いたもの)

ズッキーニの中にひき肉が入ったもの 
パプリカの中にクスクスとケーパー、玉ねぎ、グラのパダーナ、 ナッツ、ドライトマトのオイル漬け、黒オリーブが入ったもの
+たっぷりのトマトソース

マンゴルドの葉を茹でたもの 

桃とブラックベリーのトルテ ラベンダー風味


七日目

アペリティーフ

ケークドサレ
パセリのペスト リグーリア風  プラス クロスティーニ、 グリッシーニ 


夕食

ガスパチョ 

魚介と肉の豪華パエリア

ズッキーニの炒め物、ニンニクとバジル風味

洋梨のムース チョコレートウェハース添え 




今回、余裕だと思っていたのに大変だったのは、 体調不良のせいもあるのですが、 コース開始2日前にスペシャルダイエットの人がいるということがわかったことでした。
私もよく知っている方なのですが、 数ヶ月前から胃腸を壊していて グルテンフリー+フォドマップ ダイエットを始めたとのこと。
もっと早くに知らせてくれていれば全体のメニューを合わせて考えることができた、あるいは別に下準備を済ませておくことができたのですが、 もう全て予定を立てて、ある程度下準備もして、1回目の買い物も済ませたところでしたので、 慌てました。  

1日目

ズッキーニのポタージュ
米粉のキッシュ 
茹で野菜 各種

ローストバナナ、シナモンがけ

二日目


茹で野菜各種
鶏モモ アーモンドミルクソース
ニュージーランドスピナッチ 
そば粉のパスタ

ライスミルクのプリン

三日目

茹で野菜各種
魚のココナッツスープ ( 食べれないものを除いて別に作ったもの)
炊き込みご飯のおにぎり

ラズベリーの米粉のマドレーヌ

四日目

茹で野菜各種
ラム肉ロースト (食べれないものを除く)
茹でたジャガイモ

ライスミルクのカカオムース

六日目

茹で野菜各種

ズッキーニの肉詰め 食べられないものを除いたもの
トマトソース少量
人参とドライトマトのリゾット

米粉のカカオスポンジにアーモンドミルクのカスタードクリーム、バナナ入り


七日目

人参のポタージュ

パエリア 食べられないものを除き別に作ったもの
茹で野菜各種 

ぶどうのゼリー



基本的に玉ねぎとニンニクはご法度なので、 全て別に作らないといけないのが結構大変でした。たった一人分でも調理の工程は倍の仕事量になるので、 今回余裕のはずだったのに大変だったのは体調不良のせいだけでなく、このせいもあったかと思います。 
今までなんでも食べられる人ばかりだったのが奇跡ですが、 アレルギーやダイエットについては前もって知らせてほしいなあ・・・・ とつくづく思いました。 
その方は、 結構体調がよかったせいか、 また他の人が食べているのを見て食べたくなったのか、 時々普通食をちょっぴり試していたり、最終日にはデザートはぶどうのゼリーは食べずに、 普通のデザートを食べていたみたい・・・・・  涙
レストランにみんなで行った日は、なんとパスタを食べたとか!!!!  笑   
あれ? グルテンフリーじゃなかったっけ〜!? 

私も長く胃を壊していたことがあるので、 食べたい気持ちはとてもよくわかるのですが・・・・・・・・。 
でも、ここ数ヶ月でガリガリに痩せてしまって具合が悪そうにも関わらず、 ひどく体調を崩すことなくコースを楽しんでくださり幸せそうな顔をしていたので、 本当によかったと思います。 


コースは土曜日に終わったのですが、その後の片付けなどに二日近くかかりました。
昨日はなんと夜の10時から朝の8時まで寝てしまいました! 
が、 疲れもようやく少しましになり体調はほぼ良くなりつつあります。


日曜日にkumatoさんと二人で日本に出発するので、今度はその準備と、最後の収穫、保存食づくりが待っています。 無理せず毎日ぼちぼちやっていこうと思います。
本業は、2週間前に中途半端なところで終わったままになっているのがとっても気がかりなのですが・・・・・

無理しない、無理しない・・・・・・・   


とりあえず、 大変なことが終わってホッとしています。 
いつまでこんなお仕事できるのかな〜〜〜〜〜〜  としみじみ歳を感じる今日この頃・・・・・・

使っているキッチンが、原始的なまま(オーブンとちゃんとした調理台が去年入ったので、ほとんどキャンプ状態からは若干ましになりましたが・・・・) で調理道具や食器類も大人数の調理に必要なものがないので、 私のキッチンの調理用具を移動させているので、調理だけでなく準備と片付けがかなり大変なのです。 少しずつキッチンも整えて行ってほしいなあ・・・・・・・・ 
  
あとはあまり衛生的なキッチンではないので、その点でも異常に気を使わないといけないので、 その点も改善してほしいなあ・・・・・・  (遠い目・・・・・)

今回は仲の良いお友達がわざわざ私に会いに+美味しいものを食べたい! ということでこの期間だけお手伝いに来てくれたのです。 (感激!) コースが終わったらその日に帰って行ったので、 お礼にレストランに行くこともなく、 泳ぎに行くこともなく、本当にコースのお手伝いだけで・・・・・・  私はかなり体調が悪かったので、物理的だけでなく、精神的にも心強く本当に助かりました。  具合が悪くても、一緒におしゃべりして笑える人がそばにいるだけで、 気が楽になりますよね。  とても嬉しかったです。  





a0278382_14414836.jpg


 
さて、アペリティーフに出したケークドサレ(もどき)・・・・・
実はこれは最初の計画にはなかったのです。 1日目のキッシュを作った時に、レシピ通りにそれを4倍量にして作ったにも関わらず、 なぜか卵液がたくさん余ってしまった!!! 
仕方がないので、それに少し卵と具材(ズッキーニ、玉ねぎ、にんにく、ドライトマト、家にこれしかなかったツナ缶) を足して作ってみました。 
普通のケークドサレよりも生クリームと牛乳量が多いのでふわふわした仕上がりになりましたが、とても美味しかったです。  実は作った本人は、固まるかどうかドキドキしながら焼いていたのですが。笑

もしキッシュの中身が多すぎた場合は、試してみてくださいね。 (って20人分のキッシュを作る機会のある人はあまりいないでしょうが・・・・・苦笑) 













# by tomomato | 2017-08-29 16:02 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(6)

屋根の修理とコース開始




a0278382_16165204.jpg




この夏中、フランス旅行の記録を引きずってしまいましたが、 夏の生活の記録(といってもワンパターンですが・・・・)の写真を載せる機会を失ってしまいました。  もし時間があったら、 いくつか写真を載せますね。 といってももう生活パターンがいつも同じですので、 大きな出来事はなく淡々と収穫して、保存食作って、 あとは仕事・・・・であっという間に一日が過ぎていくのですが。特に車の調子が悪いので、山にはいけませんでしたし・・・・・涙





a0278382_16170615.jpg
a0278382_16171785.jpg
a0278382_16172861.jpg




今年も、恒例のひまわりがとても綺麗に咲いてくれました。 タネの確保に失敗しいつもよりも本数が少ないのですが、 それぞれバラバラのタネが個性を出していてなかなかいい感じです。  ひまわりって、 本当に個性があって人間のようだといつも思うのです。  小さなタネから4m近くになって本当に愛おしく、毎日見るのが楽しみです。







a0278382_16175743.jpg





2年前に予定していた屋根の工事がついにやっと始まりました。  いつもいつも、 やるやるといって、 延期になっていたのです。(イタリア)
今年の夏こそは! とkumatoさんが言っていたのですが、 どうせまだだろうと思っていたらおととい、突然あっという間に足場が作られ、昨日から作業が始まりました。 石の屋根の作業はかなり専門的ですので、 kumatoさんやいつも働いてくれていたダニエル達にはできません。  




a0278382_16291099.jpg



kumatoさんは、今年こそは! と決意高く、 七月から着々と屋根の石を整理しておりました。





a0278382_16294782.jpg
 




これらの石を、 職人さんが一つ一つのみで形を整えながら屋根に載せていくのです。 
kumatoさん、 久しぶりの石作業、相当きつかったようでしたがこういう純粋な肉体作業が好きみたいです。







a0278382_16173926.jpg




まずは、 居住部分の屋根から。 これで今まで大雨のたびに雨漏りしていたのがなくなると思うと嬉しいですが、 この足場が当分置かれていると思うとちょっと憂鬱です。  (そんな事言ってられない)

うまくいけばこのまま、 まだ修復に手をつけていない部分の屋根にも取りかかれるかもしれませんが、 全てお財布次第です。
この足場を借りるだけでも数十万しますので、本当は一気に全て終わらせることができる方が最終的には経済的なのですが、何しろうちの屋根はかなり複雑なのでどれだけ費用がかかるのかはっきりはわからないのです。  



a0278382_16351248.jpg



昨日一日で、もう上階の壁に穴が空いていた... 笑







a0278382_16181032.jpg







忙しい時には、いろいろなことが重なるようで、 明日から恒例のkumatoさんの学校のコースが始まります。
私もお料理係なので、一週間前から準備に忙しくしておりました。
上の写真は、 この夏、作りためた行き場を失った保存食たち、 収穫した果物、 コースのために搬出する食器類などがぐちゃぐちゃに置かれたうちの玄関です。 笑

おまけになんと扁桃炎になってしまったようで、体調はいまいち。 今年はお友達がお手伝いに来てくれるので、きっと大丈夫だとは思うのですがちょっぴり不安です。   大事に至らずに良くなってくれると良いのですが。


それでは、時間があればもうすぐ! なければまたちょっとしてから!  次回の記事を書くことになると思います。

残暑厳しい中、どうぞお身体を大切にお過ごしください。 








# by tomomato | 2017-08-18 16:54 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(13)

ジェノバの一日 3



a0278382_21372542.jpg



さて、いよいよジェノバの旧港に向かいます。 道端ではストリートミュージシャンたちが音楽を奏でていて、ウキウキ、ワクワクとした雰囲気があふれています。  






a0278382_21374352.jpg






サンロレンツォ大聖堂。 
黒白の模様がなかなか渋い、かっこいい教会です。 たくさんの人たちが階段に座って休憩していました。
中に入ってみようとしたのですが、ドアがしまっていました。  今、書いていて初めて気がついたのですが、そういえばこの日は日曜日でした。   ちょうど礼拝の時間だったのだと思います。 
今更ですが、 だからお菓子屋さんも閉まっていたのですね・・・・・・・・・。 そういえば旧市街のお店を一つも見ていないような気がします。 旧市街には結構面白いお店があるらしいのですが、 ストリートミュージシャンや何か物を売っている人たちが次から次に場所をとっていて全然気がつきませんでした。 

この大聖堂には、キリストの聖杯もあるそうです。 大きな緑色の、’これが聖杯?’ と思うような器のようです。
でも、どこか全く別の場所でやはり’聖杯’と呼ばれるものを見たことがあるような気がしますので、こういう伝説は本当かどうかわかりませんね。 見られなかったことに後悔はありません。 笑



a0278382_14244845.jpg


楽しい雰囲気でしょ?




a0278382_14250159.jpg
とっても良い音楽を演奏していた人達










a0278382_21380257.jpg


港の前の高架の下には市がたっていて、 いきなりこんなものが・・・・・・  笑    おいしそうというより怖い・・・・・・ 中国でもこういうの見たことがありますが。




a0278382_21381734.jpg






さて、やっと港に着きました。 港は、日曜日のせいか人でごった返しておりました。 エアロビクスの公開レッスンをやっていて、 激しい音楽がガンガンと響きうるさ〜い!   
でも歩く人たちの足取りが軽くてウキウキワクワクの雰囲気でいっぱいでした。



さて、ここで休憩を入れようと思います。 昨夜たくさん食べたので、 軽いもので済ませたい私達 (いや、私と母・・・・・ 笑)




a0278382_21383340.jpg




目指すはイータリー。 

ジェノバのイータリー、もっと大きいかと思ったのですが、 小さなビルでした。一階は軽食やアイスクリームを売っていて長蛇の列、 その人混みを抜けて最上階に(確か3階)のレストランに行きました。 そこには、 イータリーのカジュアルなレストランと、高級レストランがあります。  私と母は、 軽く済ませたいので、カジュアルな方へ行ったのですが・・・・・  ほぼ満席・・・・・
やっと案内してもらって席に着くことができました。





a0278382_14133560.jpg






なぜわざわざイータリーで休憩することにしたかというと、この港の景色を見たかったためです。 
レストランの窓全体がガラス張りになっており、そこからすぐ目の前の港を見渡せるのです。
この景色は本当に素晴らしかったです。


が・・・・・・
日曜日ということもあって、 レストランは家族連れでいっぱい。 ファミリーレストラン化していて、 すぐ隣の席は、 ジェノバの地元民の親と子供達のグループだったのですが、 親は親で大きなテーブルを囲んで楽しみ、子供達は子供達だけで座っていました。 (3、4年生くらい?)  その子供達がうるさい
うるさい!!!169.png   

親たちも、昨夜のレストラン並みにかなりうるさかったのですが、子供達は10倍のうるささ、これは楽しい雰囲気を超えて耳が痛くなるくらいで参りました。  親達は、子供達がウロウロと歩き回り騒いでいて、 私たちが迷惑そうな顔をしているのに気がついて一度注意しにきましたが、 あとは自分たちでおしゃべりに盛り上がっていて楽しんでいました。   

でも、この席だけでなく、 全ての席がこんな感じだったので、レストラン全体が本当にうるさかったのです。 
すぐ隣のガラス張りの壁の向こうが高級レストランだったのですが、 そちらは殆ど人が入っておらず静かそうでしたので恨めしくそちらを眺めてしまいました。 一瞬、お腹も空いていないのですが、ただうるささから逃れるためにそちらに移ろうかと考えてしまいましたが、 メニューを見て諦めました。 (しっかりしたレストランなので、サラダだけでは許されません)   

面白いのは、子供達が注文していたのが殆どペストジェノベーゼ、トロフィエだったこと! 笑 
中にはセコンドにチェチのパンケーキ(ファリナータ  ひよこ豆のパンケーキ) を頼んでいる子供もいました。  




a0278382_21395377.jpg





kumatoさんは、ランチメニューでしっかりお肉か何かを食べていたように思います。


私と母はサラダと、チェチのフライみたいなもの。 しかし、このサラダ、見てください。  
フランスで散々凝りまくったサラダを食べていた私達の目には、このイタリアの超シンプルなサラダにあきれるやら感心するやら。 切った野菜がそのままドカンと乗ってるだけ・・・・ 笑    
フランスではもちろん凝りに凝ったドレッシングが、時には何種類もかかっていたのですが、もちろんイタリアでは、オイルとバルサミコを自分でかけるだけです。 

私は、リグーリア名物のチェチのパンケーキ(ファリナータ)を頼んだつもりだったのですが、 このフライドポテトみたいなものが来てしまいがっくり。 しかも母と私でそれぞれ一つずつサラダとそれを注文してしまったので、このシンプルすぎる多量のサラダとフライに辟易してしまいkumatoさんに手伝ってもらいました。 しかも、問題は、いまひとつ美味しくなかった・・・・kumatoさんが食べたものも、 お味はいま一つだったようです。 ジェノバのイータリー、 頑張って〜!!  
ただ、パンはサワードウのパンで、粉の深い味わいがする美味しいパンでした。 

レストランのある階には食料品もたくさん売っていて、車があるしイータリーで食料品をたくさん買い込んで帰ろうと楽しみにしていたのですが、 レストランのうるささがその階全体に響き渡り辟易してしまい、ゆっくりショッピングをする気分になれずさっさと出て来てしまいました。 残念。

景色の良さは本当にオススメですが、もしイータリーに来るのなら祝祭日は避けた方が良いかと思います。




a0278382_21400811.jpg





ジェノバの港には近代的な建物の水族館もありますが、私たちは通り過ぎてブラブラと散歩しました。






a0278382_14251552.jpg




観光地図片手にウロウロ・・・・ あちらこちらでイベントをやっていたので、楽しそうな雰囲気を楽しみながら歩きました。




a0278382_21402589.jpg




こんな古船もありましたよ。





a0278382_21403859.jpg






かっこいいなあ。 昔は港はこんな船であふれていたのでしょうか?



半日(約4〜5時間) のジェノバ観光でしたが、 結構楽しむことができました。 ジェノバの雰囲気は十分味わうことができたと思います。 しかもモディリアニの展覧会まで行くことができましたし、 充実した半日でした。




a0278382_21405909.jpg




ホテルまではタクシーで行こうか、と言っていたのですが地図で見るとそれほど遠くもなく、母もまだ大丈夫というので近道を探しながら歩いて行きました。 

でもね・・・・・・ やたらに人の通らない裏道に入ろうとする癖のあるkumatoさんに任せて歩いていたら、 途中結構不穏な雰囲気の通りがいくつかありました。 マルセイユもそうですが、 港町の裏道は気をつけた方が良いと思います。  一瞬、私もkumatoさんも凍りつくような雰囲気の道に迷い込んでしまい、足早にくぐり抜けて行きました。 冷や汗をたら〜とかきながら、人と目を合わせないように存在を消してササ〜っと。 

それでも裏道に自然に足が向いてしまうkumatoさんを正しながら(笑)、人通りのある道を選んでホテルまで無事に戻りました。 


帰りがけに、 朝、閉まっていた王宮のドアが開いていたので入ってみました。




a0278382_21411474.jpg
 




素晴らしいテラスが!




a0278382_21413476.jpg




本当に豪華な建物です。 17,8世紀に建てられた邸宅の中では一番大きなものだそうです。
中は、 調度品など豪華な邸宅そのままのところ、また美術館などもあります。(入っていないのですが 笑)  




a0278382_21415047.jpg




なぜかスイスの郵便局の馬車が飾ってあり、 喜ぶkumatoさん。  笑 



この後、ホテルに戻り荷物を車に積んで、ミラノ空港までkumatoさんに送ってもらいました。
kumatoさんはそのままお家へ・・・・・・ (二日後から学校)
私は母と夜の便でフランクフルトへ・・・・・・ 母は翌日の飛行機で無事に日本に発ちました。 



南フランス、プラスちょっぴりジェノバの旅いかがだったでしょうか。 
こうして見ると随分盛りだくさんの旅でした。旅行記がこんなに長くなるとは思いもせず、長い間お付き合いいただきありがとうございました。 


母が無事に元気で旅を楽しむことができたことが何よりでした。 kumatoさんもとても頑張ってくれて、本当に感謝しています。 色々とハプニングがありましたが、(高速道路の料金所で3回ほどトラブルがあり、私が車から降りて他の車がブースに入らないように交通整理をするとか! 汗) 終わって見れば全て楽しい思い出です。 
 




























 







# by tomomato | 2017-08-16 15:34 | お出かけ | Comments(6)

ジェノバの一日 2



a0278382_21324477.jpg



さて、 美味しいワインを飲んでペストジェノベーゼを堪能してぐっすりと眠った翌日は、いよいよジェノバ観光です。 この日は、 夕方の飛行機でフランクフルトに移動しますので観光時間は約半日だけです。
もともと、母は、ジェノバの港を見ることができればそれで良いと行っておりましたので、 さっくり旧市街を散歩して街の雰囲気がわかれば良いかなと計画しました。



ホテルは、 ジェノバサヴォイア、 プリンチペ駅のすぐそばでした。 母が、薄暗いので窓を開けたらいきなり中庭の変な景観で、 ’ああ、安いお部屋なのね’ と思ったという通り地上階の景観はいまいちの安いお部屋でしたが、笑 とても気持ちの良いサービスで笑顔がいっぱいの良いホテルでした。   

さっさとホテルを後にして早速町歩きに出かけました。 ネットで色々と調べ、 オススメの道順で歩いて行きました。

プリンチペ駅を通り過ぎて王宮へ・・・・・  まだ開館前でしたのでそのまま通り過ぎ、上の写真の豪華絢爛なサンティッシマアニュツィアータ聖堂へ。



a0278382_21331753.jpg



おもてはシンプルなんですが、中はキラキラです。



a0278382_21330265.jpg




その後世界遺産のガリバルディ通りへ・・・・




a0278382_21333264.jpg



ここには赤の宮殿、白の宮殿、パラッツォトゥルーシーなど、 ジェノバ観光には欠かせない16世紀の豪華な宮殿が並んでいます。 






a0278382_21334898.jpg
a0278382_21340809.jpg
a0278382_21342288.jpg
a0278382_21343656.jpg


それぞれの宮殿は美術館になっており、 共通券もあるようです。 パガニーニのバイオリンがあるとか、アンティークがたくさんあるようです。 上階に上がると景色が良いところがあるとか・・・・・・・  
が、いちいち見ていては ’サクッとジェノバの雰囲気を味わう観光’ の時間が限られておりますので、 今回は外側だけ建物を眺めました。 ベネチアに行った時には、 これでもか、これでもかという感じでそうしたアンティークを見て、’お腹がいっぱい’ 状態になってしまった覚えがありますし、 実はこの日は急遽、予定になかったところに行くことにしましたので、計画した時には一つくらいパレスの中を見る時間があるかな、 と思っていたのですが全てパスすることにしました。  

狭い道の両側に大きなパレスが並んでいるので、写真の中に入りきりません。 
朝、コーヒーだけ飲んですぐに街に出たので、 赤の宮殿のカフェでこれらの豪華な建物を眺めながらゆっくり朝ごはんをいただきました。
私は、普通朝ごはんを食べませんし、母もkumatoさんも軽い朝食をとるだけですので、 ホテルのビュッフェよりもこうして外のカフェで朝食をとる方が気軽で好きです。 





a0278382_21345298.jpg

a0278382_21360170.jpg





ガリバルディ通りをそのまま先に進みます。 両側にはこんな小さな通りが・・・・
ニースの旧市街の通りがジェノバに似ているとどこかで読みましたが、ジェノバの方がやはり規模は大きいような気がします。 



a0278382_21351074.jpg



なんだか面白いお店もありました。 蚤の市? 




a0278382_21352774.jpg



kumatoさんがホラ見て見て! というので立ち止まってみると、 入り口にこんな天蓋のある豪華な建物が!
ここはドイチェバンク(ドイツ銀行)でした。
ジェノバは歴史的に金融の街として栄えたところですが、今でもたくさん銀行が、豪華な歴史的な建物の中に入っています。 




a0278382_21354212.jpg



ものすごく美味しそうなお菓子のお店がありました。 開店時間前でしたので買えなくて残念。
美しいショーウィンドウを見ながら、 フランスのお菓子との違いを3人で色々話し合いました。
あとで見て見たらこのお店、 歴史のある有名なお店だったようです。  食べたかったなあ。




a0278382_21361733.jpg


ガリバルディ通りを抜けて大通りに出ました。 ここがオペラ座。
日曜日の11時からアペリティーフコンサートというのがあるようでした。 もし計画する時にそれを知っていたら絶対に予約していたと思います。 (ただしこの日は、急遽別の予定が入ったので、 予約していなくてよかったです)






a0278382_21363330.jpg




写真が曲がっていますが、デ・フェラーリ広場。 どこを見渡しても立派な銀行が!!





a0278382_21364822.jpg



このフェラーリ広場に面した巨大なパレス、パラッツォ ドゥカーレが、急遽計画していなかったものが開催されている場所です。 ここは、ジェノバの総督府があった場所で今は美術館になっています。 美術館の横で、 また結婚式を終えたばかりの人々に遭遇しましたので、 ここは、今でも役所の役割を果たしているのかもしれません。






a0278382_21370598.jpg



そう、ここでモジリアニの展覧会があったのです!

前夜、タクシーに乗ってレストランから帰る途中、 この道を通り抜けて展覧会の宣伝の垂れ幕が大きくかかっているのを見かけたのでした。 その後kumatoさんがネットで調べて、ちょうど会期中であることを知りました。


この展覧会が、 驚嘆するほどに素晴らしかったのです。 モジリアニの作品群をこれほどまでにまとめてある展覧会を見たことがありません。 普通私たちが’知っている’モジリアニとは違う数々の作品もあり、また作品の量もかなり多くて、 本当に心に残る素晴らしい展覧会でした。 フランスを後にして、まさかジェノバでモジリアニに遭遇するとは!! 


この展覧会にかなり時間を割きましたが、 この後まだ港をどうしても見ないといけませんし、飛行機の時間が気になりますのでまだまだゆっくりしていたかったkumatoさんを急かして後ろ髪を引かれるようにパラッツォ ドゥカーレを後にしました。  

パラッツォ ドゥカーレの前には小さな市が立っていましたが、見るからに観光客向けのようで値段も高く、今ひとつの感じでした。 


最終回に続く・・・・・・・   (やっとここまできた〜 喜)



 

# by tomomato | 2017-08-15 15:23 | お出かけ | Comments(0)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

収穫話にご飯話。 
at 2017-11-23 17:33
修復の続きと大変な突風の日曜日
at 2017-11-21 17:11
さて、家の修復はどうなってい..
at 2017-11-19 17:41
さて、家の修復はどうなってい..
at 2017-11-18 18:03
大収穫の秋の一日
at 2017-11-14 17:16

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

alpinistinさん..
by tomomato at 21:17
こんにちは、Tomoさん..
by alpinistin at 20:17
poteriさん、 うふ..
by tomomato at 21:10
francanaさん、 ..
by tomomato at 21:08
すなわちいつになるかわか..
by pot-eri at 19:35
色々な音がする中、おひと..
by francana at 17:56
asaさん、 絶句でしょ..
by tomomato at 16:17
poteriさん、 解決..
by tomomato at 16:16
絶句、、、こんなに重そう..
by asa at 09:49
怖いねー でも↑解決した..
by pot-eri at 05:20

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧