3賢王の日と12夜の思い出など




a0278382_05544408.jpg




今日は、聖12夜の最後の日、3賢王の日でした。
3人の王様が、クリスマスイブの日に空に大きな星を見てキリストが生まれたことを知り、 その幼子に会いにはるばる訪ねてくる日です。 




a0278382_05471360.jpg


今日で、kumatoさんがクリスマスの日に飾ってくれたクリスマスツリーともお別れです。




a0278382_05450078.jpg
a0278382_05473120.jpg




日本ではとっくのとうにクリスマスは終わってしまって、さっさとクリスマスの飾りは片付けてお正月の飾りに変わるのですが、 こちらは今日までツリーを飾っているところが多いです。 





a0278382_05474543.jpg




暮れからお正月にかけてお友達が来てくれたり、 前年は一人ぼっちでクリスマスも新年も迎えたkumatoさんと、ゆっくりと時間を過ごすことができたり、 楽しい日々を見守ってくれたクリスマスツリー





a0278382_05485097.jpg





明日から、また日常が始まります。 日本では七草がゆを食べる日ですね。






a0278382_05481843.jpg



このバラ、クリスマスの日に、 kumatoさんがお庭から切ってきてくれました。 最後に残っていたバラたちは、夏とはまた全然違った趣があり、 本当に美しかったです。





a0278382_05483364.jpg




クリスマスから新年にかけては、毎日お料理ばかりして、ご馳走ばかり食べていました。 が、 ほとんど料理するのと食べるのに忙しくて残念ながら写真がないのです。  大きなラム肉のショルダーをローストしたり、ヤギの肉をローストしたり・・・・・・  





a0278382_05493862.jpg



クリスマスには、少しうちから離れたところにあるお菓子屋さんに大好物のパネトーネを買いに行くことができました。 マロングラッセ入りのパネトーネ、 超おいしいです。   kumatoさんに焼いてあげたイギリスのクリスマスケーキ、フランスレシピのお菓子は、 なんと食べてみたら私も好きになってしまい、 クリスマスから毎日ご馳走に加えて何かしら甘いものを食べ続けていたので、 私もkumatoさんも体重増加は間違いありません。 涙


4日から少し現実に引き戻された感じで、 少しずつ色々な仕事に手をつけ始めました。 

今朝は、暮れにスプレーが無くなって続けられなくなった窓拭きの続きを始めましたよ・・・・





a0278382_05502039.jpg



この写真の3階部分、見えるかな?





a0278382_05502756.jpg



ぎゃー怖い〜〜〜〜!!
これ、80歳になったら絶対に無理ですね。 

おかげさまで窓がきれいになり、 幸運が窓から入ってくれるかな〜??



a0278382_05495522.jpg




そして、今年は最初の写真のガレット・デ・ロワ を久々に焼きましたよ。 




a0278382_05503910.jpg





折込みパイ生地に加えて二種類のクリームの用意、特別なツヤ出しなど結構行程がめんどくさいので、よほど作る気にならないと作らないのですが。 3日前から少しずつ用意して、 今日仕上げました。前に28cmのものを作った時に、確か二人で全部食べたような気がして、あまりにも多すぎるので今年は小さなサイズにしたのですが、大きなものを作るか、幾つかまとめて作った方が小さなもの一つ作るよりも作りやすいかもしれません。 クリームに至っては計量すら少なすぎて難しかった・・・・・ 

去年、日本で母と一緒にビゴのガレットデロワを食べてとても美味しく、kumatoさんは大好きなんだけれどな〜 食べさせてあげられなくて残念だな〜 と思ったので今年は頑張ったのです。  




a0278382_05505692.jpg
レシピは、フィリップ・ビゴのものです。 去年食べたのにはかなわないかもしれないけれど、 とても美味しく焼けました。




実は、今晩からヨーロッパ全体に寒波が押し寄せるようで、 ここらも珍しくマイナス十度くらいまで下がるとかで、午後は慌てて庭の植物を保護するために忙しくお庭で二人とも立ち働いていました。  今まであまりに暖かすぎたので、 冬支度も遅れており、外の水道の水を抜いて元栓を止めたりすることが多すぎて慌てました。 

空気はピンと張り詰めたように冷たいけれど、太陽があまりに気持ちが良かったので太陽が沈む前に散歩に出かけました。 




a0278382_06232512.jpg




向かった先は・・・・・・
a0278382_05524716.jpg

a0278382_05532298.jpg
a0278382_05535464.jpg



友人の天才建築家、アンドレアの村です。 新年の挨拶がてらに来たのですが、 今日はイタリアは休日なので、おそらくご両親の家でご馳走を食べているのでしょう、 ここには来ていませんでした。 

村を一巡りして、知り合いとおしゃべりしたりアンドレアの家の進行具合をチェックしたり・・・・・
いつ来ても飽きない場所です。




a0278382_05521034.jpg




kumatoさんが覗き込んでいるのは・・・・
a0278382_05523186.jpg


この小さな窓・・・・
この窓を覗き込むと・・・・・




a0278382_05522011.jpg



kumatoさんの祭壇画が見られます。  新年にこれを拝むと何か良いことがあるかも??? 笑



a0278382_05533219.jpg






夕暮れの光が美しくて・・・・




a0278382_05543276.jpg



太陽が沈むと同時に、 気温がぐっと低くなっていくのがわかりました。 










夜は久しぶりにピザを食べに行き、帰ってからまったりと3賢王のお祝いの会。  (って言っても二人っきり 笑)

ちゃんとフェーブもなんと2つも入れましたよ。 ( 母が長年食べ続けたビゴのガレットデロワに入っていた、ちゃんとした陶製の可愛いものです。 )  王冠も、古い絵を切って作り準備万端!!!  
kumatoさんが当たると思っていたら・・・・・






a0278382_06401880.jpg


まずは私が当たってしまいました〜〜〜〜〜 汗






a0278382_06404754.jpg


ふてくされているkumatoさん、 で、この人、なんて言ったと思う?



’フン、 幸福を受け取る人と、幸福を与える人とどっちが幸せだと思う????035.gif


なんて負け惜しみ言うの〜〜〜〜〜〜〜〜 まさかこんな人の幸せにケチつけるようなこと言う人だとは思っていませんでした。 015.gif  


だからこう言い返してやりましたよ。


’ そりゃあ、両方ともでしょう、 でも、 まずは幸福を受け取る人の方が幸せに決まってるじゃない? だって、 自分がまず幸せでなければ、人に本当の幸福を与えることなんて出来るはずないでしょ?  自分が本当に幸福になって、それが自然に自分からあふれだして、周りに広がって、 初めてみんなが幸福になれるんだから!!! ’  


まるで禅問答のようなやり取りになりました。笑  
kumatoさん、まだブツブツ言いたそうだったけれど、 まあそうだねと一応納得。 (案外面倒くさいところのある人 何しろ王様だから〜〜〜 笑)


まだ半分残っていて、 フェーブももう一個(しかもクマの形の!!!)が残っているので、絶対にkumatoさんに当たってほしいなあ・・・・・・・ (前もってどこに入っているかチェックしておこうかな? 笑) 





おまけ



クリスマスローズ、第一弾
a0278382_05500772.jpg

# by tomomato | 2017-01-07 07:08 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(10)

2017 初滑り





a0278382_21455667.jpg


昨日(三日)は、初滑りに行ってきました〜〜〜!

若い頃のように、朝、リフトが動き始めると同時に滑り出し、夕方リフトが止まるまでお昼をはさんで滑り通し、さらにはナイター!!!??  で滑るということはもう できなくなりました  しなくなりましたので、 いつもお昼からの半日券を買ってスキーをしています。 




ですので、スキーに行こう! という日の朝は大忙し。 シーズン初ですので、 スキーウェアやサングラス、帽子、 リフトのカードや手袋などの小物を揃えるのは私の係、 kumatoさんはスキーと靴とストックを車の中に運ぶ係と分担が決まっています。  以前、 kumatoさんに自分の分のウェアは任せていたらサングラスや帽子を忘れることはしょっちゅう、それはまだしも、 手袋を忘れたことも!!!  手袋は結局借りることができずなんと素手でスキーしてました〜〜〜〜 (ちなみに冬。 零下 035.gif)。 スキーもそれぞれ車の中に入れていた時に、kumatoさん、 ストック忘れてずっとストック無しで滑っていたことも!!。 
役割分担に落ち着いてからは、そうしたことはなくなりました・・・・・006.gif。 





a0278382_21544720.jpg



  


そして私はお昼の用意。 午後のリフトのチケットは12時半からですので、 12時前に家を出て大抵は車の中でお昼ご飯を済ませます。 お腹が空いていない時には、山の上に持って行って滑る前に食べます。  
kumatoさんは卵サンドイッチかツナサンドが好きな上、一食一食、 美味しいもの、好きなものを食べたい! 035.gif という意欲に満ちた人なので、簡単にチーズやハムを挟んで終わりというわけにはいかず、結構めんどくさいのですが、 ちゃんとペーストを作ってサンドイッチを作ります。 
ヤギのリコッタやドライトマトも挟んで豪華?卵サンドを作りました。




a0278382_21490286.jpg



まだ休暇中の人が多いので駐車場も混んでいて苦労しましたが、お天気はこの通り最高!!!! 
ピステにもいつもよりも人が多く、 所々で衝突している人たちを見たので、ビビリの私は結構怖かったです。
自分で転ぶのは仕方がないのですが、 衝突が一番怖いです。 

このスキー場は、本当に素晴らしいのですが長い間マイナーでほとんど人がいなかったのです。 ところが数年前から経営者が変わってリフトも最新式のものになり、 新しい施設も増えて急にメジャーになりつつあり、訪れる人がどんどん増えつつあります。  ある意味いいことなのですが、 前は貸切同然だったので、ちょっぴり残念な気がしちゃって・・・・・・。  




a0278382_21572130.jpg





雪がまだ少ないので、リフトに上がる途中はまだ緑や土肌が見えていました。 雪質は、まあまあでした。
早くまた新雪が積もらないかな? 
ここらあたりにある標高がこの山より低いスキー場は、まだ雪がなくて開いておりません。 
年々雪が少なくなっているので、 いずれ雪上スポーツなんて、幻のスポーツになってしまうのではないかしら? と密かに心配しています。 





a0278382_21470576.jpg


 


私は、夏前から膝を痛めていてかなり長い事運動ができず、すっかり運動不足だったのですが、 その割には初滑りでも結構滑る事が出来ました。 
(今日は全身筋肉痛〜〜!)  膝の方は、 一時歩くのも大変なくらいでしたが徐々に良くなっていて、クリスマス前には気にならないほどになっていたので、こうして無事にスキーに行けるようになって本当に嬉しいです。 もちろん、スキー中はバッチリサポーターで保護しています。 




a0278382_21461717.jpg





気温はかなり低かったのですが、 太陽の下ではとても清々しく、 美味しい空気を身体中にいっぱい吸ってきました。 もちろんカプチーノを飲んでまったりとしましたよ。  kumatoさんは、普通初滑りの時には体がどこかしら痛くなってあまり調子が出ないのですが、 昨日は絶好調で、私は無理せずまったりしたかったのですが、カプチーノを飲む時間も惜しい感じでさっさと切り上げられてしまいました。 

若い時にはただがむしゃらに練習ばかりで、こうやって最高の景色の中で、 まったりスキーをするなんて想像もつかなかったので、 今はkumatoさんとこうしてスキーをするのが一番楽しいです。 




a0278382_21573670.jpg
 


雪の上でのガッツポーズ 053.gif

2017が良い年になるように頑張るぞ〜〜〜    笑 

# by tomomato | 2017-01-04 22:38 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(11)

あけましておめでとうございます



a0278382_01504840.jpg


明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。  


クリスマスが終わった後、ドイツに住んでいる日本人のお友達が訪ねてきてくれて、毎日お料理とおしゃべりに追われてあっという間に暮れは過ぎて行ってしまいました。
 
昨夜は遅くまでお友達にホロスコープなどを見てもらいながら、新年についていろいろと話し合ってワイワイと楽しく過ごしました。 深夜12時にテラスに出て満天の星のもと、谷のあちらこちらであげられる恒例の花火を見物しながらプロセッコを飲んで、新しい年を迎えました。



a0278382_23383353.jpg


深夜11時ごろ、クリスマスツリーを背景に年越し蕎麦をすする、日本人にとってもヨーロッパ人にとっても不思議な光景・・・・笑  ちなみに夕食は、モンドールというとても美味しいチーズをオーブンに25分入れてトロトロに溶かしたものを、 フォンデュのように食べました。 





a0278382_01491842.jpg


元旦の今日、 少なくともお雑煮だけはと思って準備していたのですが、 なんと薪ストーブの火が強すぎてあっという間にお餅が真っ黒に!!!  苦労して?日本から持って帰ってきたお餅でしたので泣きそうになりましたが、 必死で焦げを削って食べました。 (縁が黒いの見えるでしょ? 笑) 幸い苦くもなく香ばしくて、美味しく食べられたのでよかった〜〜〜〜 




a0278382_23385909.jpg


お食後は、kumatoさんのお母様に頂いていたエンガディーナトルテを切りました。  今年は、シュトーレンを作り、イギリス風クリスマスケーキも作ったし、パネトーネもあるしで、なかなかこのエンガディーナトルテに到達しなかったのですが・・・





a0278382_02014833.jpg



見てこの嬉しそうなスイス人の顔。 035.gif 笑

a0278382_23390806.jpg


私もこのケーキが本当に大好きなので、 超幸せ! 

特に、kumatoさんのお母様が作られるエンガディーナトルテは、スイスでも一番美味しいのではないか? と思うほど美味しいのです。  

それに和食の後にもよく合うお菓子だということを、今日は新発見しました。  








a0278382_23392361.jpg
 




今日は新年にふさわしい清々しいお天気でしたので、お友達を送り出した後お散歩に出かけました。





a0278382_23393769.jpg


途中ペッペにあったので新年のご挨拶をして・・・・






a0278382_23401404.jpg
 


太陽の光をたっぷりと浴びてお散歩から石のお家に帰ってきました。 




私自身は、旧年中はいろいろな心配事や思わしくない(と思っている)出来事などに心を必要以上に煩わせてしまい、いろいろと反省させられました。まだまだ途上にある自分自身というものに、じっくりと向き合うことをせざるをえない年でした。  その一方、 新たな体験や発見もあり、充実した年でもありました。

新しい年は、それらを踏まえて今まで以上に一日一日を、一瞬一瞬を大切にしながら、 少しずつでも前進していきたいと考えております。 毎日の、そして毎瞬毎瞬の積み重ねが明日へ、そして未来につながっていくのだということを、あらためて強く感じております。
 
また、家族や、身近な人たち、長い間私と友人でいてくれた人たちに対し、感謝の気持ちを忘れずに、もっともっと大切にしていかないとと思っています。 



新しい年が皆様にとって幸せに満ちた素晴らしいものとなりますように。 

世界のあちらこちらで様々な暗く心配な出来事が続いておりますが、  私たちの心の中が光に満たされ、そうした出来事を明るく照らし出していくことができますように。 

 





# by tomomato | 2017-01-02 02:31 | ひとことご挨拶*お知らせ | Trackback | Comments(14)

いつものクリスマスイブの過ごし方


a0278382_23392148.jpg








クリスマスイブには、いつも隣町の ’生きた’ プレセピオを見に行きます。 今年も、食事が終わった後出発しました。 

いつも私のブログを見てくださっている方は、’またか’ と思われるかもしれませんが、飽きずに毎年同じ光景の写真を載せています。 







a0278382_01470894.jpg


街の中は、 電灯が消され、代わりに松明が街灯として灯されているのです。 この街は古い石造りの家がほとんどなので普段もとても素敵な雰囲気なのですが、 松明の光の中に浮かび上がってとてもとても神秘的な雰囲気です。中世にタイムスリップしたみたい。





a0278382_01464733.jpg



町中のあちらこちら、建物の外や中で、 昔の生活の様子が再現されています。 
洞窟みたいな入り口を入ったら香ばしい匂いが!   チーズが入った生地を薄く焼いたお菓子を作っていました!
これ、大好き! 



a0278382_01465808.jpg


街角では石大工さんや、





a0278382_01471821.jpg


研ぎ屋さんや





a0278382_01483997.jpg



靴屋さんや鍛冶屋さんなどが頑張って働いていました。質問するとそれぞれ答えてくれるのですよ。






a0278382_01475286.jpg



木こりさんたち。  昔はチェーンソーなんてありませんでしたからね。木を切るのも大変な作業です。




a0278382_01473929.jpg



街の中を音楽隊が練り歩き、 クリスマスソングを演奏してくれます。




a0278382_01472924.jpg


ここでもkumatoさんが楽しみにしているのはグリューワイン!   
この日、2杯も飲んでました!




a0278382_01480203.jpg


今年初めて見たのはこの方。 弓矢を作っていらっしゃいます。 


a0278382_01481634.jpg

a0278382_01504760.jpg



この方、普段は趣味で作っていらっしゃるそうです。 昔の道具を使って作られた弓矢は芸術品のように美しいです。





a0278382_01510036.jpg


ほら、子供達もこの弓矢のおじさんの作業を目を見張って眺めていて、すっかりヒーローになっていました!
こういうのって本当にいいなあ。 昔はこんな風に、子供達は大人に対する敬意の念を普段の生活の中で養うことができたんだろうなあと思います。





a0278382_01482597.jpg


しばらく先に行くと、ハーブ屋さんがハーブティをご馳走してくれました。




a0278382_01485430.jpg




なぜか時代が進んで写真屋さんが! 笑

でもこの方、本格的でマグネシウムを使ってフラッシュを焚いて見せてくれましたよ。 映画のシーンみたいでした!


a0278382_23393698.jpg

かっこい〜〜〜! 笑


a0278382_01490467.jpg



見慣れた光景の街角も、 周りの雰囲気で盛り上がって神秘的に見えます〜〜。




街の中心の建物の中に入ると、



a0278382_01491220.jpg



昔の粉ひきで挽いた粉でパスタを作ってました!  




a0278382_01495147.jpg



羊の毛を紡具作業・・・・ のどかでしょう?

毎年見ていてもなぜか飽きないのですよ。




a0278382_01500383.jpg


かまどで焼いた薄いフォカッチャも食べられます。




a0278382_01503648.jpg




チーズ屋さんも!
a0278382_01510954.jpg


普段は味見させてくれるのですが、この日はなんだかミルクの調子が悪くて固まらなくって焦ってらっしゃいました。  ま、そういうこともあるわ〜〜〜  って笑ってた〜!




他にもポレンタ屋さんとか、甘栗屋さんとか、 いろいろとつまめるものがあるのですが、 ほとんどすべてタダなのですよ。 
グリューワインは、確か寄付の箱が置いてありました。   








a0278382_01501666.jpg
a0278382_01502409.jpg



a0278382_01514406.jpg



そしてこの日は動物たちもヒーロー!!!  



a0278382_01031495.jpg

 

馬も、ロバも、羊も、ヤギもプレセピオの大切な主人公です。 




夜中の12時近くになると、 ベツレヘムにたどり着いたジョゼフとマリアが、子供を産むための場所を探しに街の中を歩いてやってきます。  結構大きな街でそれぞれ時間を過ごしていた大勢の人たちも、’くるよ!くるよ!!’ と互いに声を掛け合って、 一斉に坂を下りて(街は坂の上にあります)馬小屋がしつらえてある教会までぞろぞろ降りていきます。  

マリアとジョゼフは、たくさんの天使や動物たちと一緒に降りてくるのですよ。 

同時に、空には ’聖書の通りに!’ 大きな星が !!!





a0278382_23405238.jpg




ぷっ

窓から、星を出発させる人がいるの・・・・ 笑 
星の重さでゆっくりスロープを下りていく仕組み。    




a0278382_23410260.jpg



でもこの星、 夜空を流れて馬小屋まで結構な距離を降りるのですよ!!!  向こうに見えるのがマリアとジョゼフが宿を探し回った末にたどり着いた馬小屋です!!! 
中には本当にロバや牛など動物が控えております。 

この手作り感がたまらなくいい〜〜〜〜〜!!!  絶対にレーザー光とかに変えないでほしい!! (切なる願い)

この星が馬小屋にたどり着いた時が、この2〜3時間も町中で繰り広げられた生きたプレセピオの頂点!  大勢の人たちが馬小屋の前を取り巻き、 この瞬間を待っています。


a0278382_23411466.jpg




新しいカメラで、フラッシュをどう出せばよいかわからなかったので暗い写真ですが・・・・


神父様と子供達の天使に囲まれて向こう側に見えるのがマリアとジョゼフと赤ちゃんです。
毎年その年に生まれた赤ちゃんとその両親が、この役に選ばれるのです。 
神父様に祝福されて、 みんな、教会の中へと入っていきます。 そして真夜中のミサが始まるのです。



もう、毎年のことなのですが、絶対に飽きない!!  大雨でも降らない限り絶対に逃したくないクリスマスイブの催しです。 



おまけ


a0278382_01053018.jpg



フラッシュの使い方がわかって撮ってみたkumatoさん、
なぜかハンサムに撮れた〜〜〜〜 !! 









# by tomomato | 2016-12-26 23:59 | 石の家のある所ー0SS0LA | Trackback | Comments(14)

クリスマス 2016





a0278382_01554114.jpg





メリークリスマス!!  と言っても日本はもう二十六日、 クリスマス気分はさくっと終わって新年の準備にお忙しいでしょうから、なんだか遅れていてごめんなさい。 
ヨーロッパでは、 クリスマスは24日のイブに始まり、 厳密には1月6日の三賢王の日まで続きますし、25、26日はクリスマス真っ盛りで、日本の三が日のように家族や友人たちと集う( ご馳走を食べる!)大切な時間なのです。       

今年は、23日が展覧会の納め日でしたので22日にスイスに向かい、バタバタとクリスマスを迎えました。 

二十二日は、私は熱が下がったもののまだ調子が悪く本当はイタリアの家に残った方が良い感じだったのですが、 少し無理をして出発しました。 23日に無事展覧会を終え、24日には所用を済ませ夕方6時半くらいにイタリアの家に戻ってきてかなり強行軍でした。 幸い風邪の方は、日に日に良くなって助かりました。  出発前にクリスマスの用意をして行きたかったのですが、寝込んでしまったので家の中はごちゃごちゃのまま・・・・

家に着いてから、運転で疲れたkumatoさんにワインとアペリティーボのスナックを渡して、私はアドベントの飾りを全て片付けて、ハサミと懐中電灯を持って外に飛び出して枝を切ってきて、テーブルセンターを変えて、チャチャッと少しでもクリスマスの雰囲気が出るように飾りつけをしました。
食事は、本当は、いろいろと材料を買って冷凍してあったのですが、 時間がないのでイブのディナーは、チーズフォンデュにメニューを変更。




a0278382_01461100.jpg
 


a0278382_01455570.jpg


スイスではチーズフォンデュを食べる時には本当に、 それしか食べないのですが、 (野菜をフォンデュに入れるとか邪道 笑 ピクルスすらつけません! ) それではあんまりなので、庭の野菜を採ってきてサラダ3種。  キャベツとくるみと五味子のサラダ、 柿とカブトコリアンダーのサラダ、 人参とカラントとアーモンドのサラダ。   
にんにくとシャロットたっぷりのフォンデュで楽しく食べました。 

去年、 私もkumatoさんも私の母の突然の病気のため、 それぞれ一人でクリスマスイブもクリスマスも過ごしたので、 今年はバタバタしていても二人でこうして一緒にクリスマスを過ごせることに本当に感謝しました。 シンプルな食事でも、ちょっとした飾りつけだけでも、 大満足でした。
おかげさまで母もだいぶ回復し、 教会の礼拝に行って良いクリスマスを過ごすことができたようで、それぞれがそれぞれの場所でこうして無事にクリスマスを迎えることができる幸せを、身にしみて感じました。 


a0278382_01462383.jpg


デザートはクリストシュトレン。  私がいつも焼いているレシピは、ドイツの伝統的なシュトレンのレシピなのですが、 焼いてからちょうど2週目から3週目が一番美味しいのです。 スイスに行く前に切り始めたのですが、帰ってきたら味がまた全く変わっていてさらに美味しくなって感激しました。kumatoさん用に作ったマジパン入りの方は、焼いて三日目から切り始めたのですが、 一週間目でやっとなんとか本当に美味しくなってきたかな? という感じでした。(小さめだったのですぐになくなってしまった!  笑) 本当に熟成して美味しくなるのは二週間目から。  でも、長くおけば良いというわけではなく、バターがたくさん入っているのであまり長くおきすぎるとバターが酸化して味が落ちるのです。 私はクリスマス前から切り初めてクリスマスのあたりに丁度最高に美味しく味わえるように焼くようにしています。  (以前に人にさしあげた時に、クリスマスには食べていただけると思って賞味期限について伝えなかったら、かなり後に食べたと聞いて失敗した〜 と思ったことがありました。) 


そうこうしているうちに10時くらいになり、 恒例の隣町のプレセピオに行ってきました。 プレセピオとは、キリスト誕生の場面という意味で人形などで誕生の場面を再現するのですが、 その町ではいつも ’生きた’ プレセピオがクリスマスイブに行われるのです。 イタリアでは、結構いろいろな町で行われているみたいですね。
もうすでに何回かブログで紹介したのですが、近日中にその様子をまたブログに載せますね。 
毎年行ってもとても楽しくて、 これですっかりクリスマス気分に浸れます。


a0278382_01515715.jpg



さて、我が家は24日にクリスマスツリーを飾ることにしていますが、 何しろスイスから帰ってきたばかりなのでkumatoさんも疲れて、 今日25日にクリスマスツリーの木を用意しました。 今年はもう飾らなくてもいいわよ、お客さんも予定がないし、 とkumatoさんに言ったのですが、私が昨日帰ってからすぐにバタバタと飾りつけをしたのとおそらく同じ理由で  〜〜〜 去年は一緒にクリスマスを過ごせなかったから、今年は少しでもkumatoさんのために素敵なクリスマスにしてあげたいという理由053.gif〜〜〜〜  私を喜ばせるために用意をしてくれたようです。 


うちでは、普通は夜にご馳走を食べるのですが、なぜか今日はkumatoさんが ’イタリア人と同じように!?’ お昼に食べたいというので慌てて用意しました。



a0278382_01521431.jpg




と言っても今年は凝ったことはできないことはわかっていて、あらかじめお買い物してあったものとお庭の野菜しかないので、 せめて前菜のサラダを色とりどりにしました。笑




a0278382_01522609.jpg



メインは、 フォンデュ・シノワ。      ってなんだかわかります???  

ぶっちゃけ、鍋です、鍋! 笑
スイス人の人たち、 チーズフォンデュ以外に、お肉を油で揚げる油のフォンデュ(串揚げみたいなの?)とブイヨンでお肉やお魚を煮るフォンデュ・シノワを食べるのです。 
出発前にお魚のエビを買って冷凍しておき、エビの頭と香菜でブイヨンを作って冷凍しておいたので、 2種類のソースを使って幾つかお野菜を足していただきました。 よっぽどお箸を出そうかと迷ったのですが、 kumatoさんが食卓にフォンデュ用のフォークしか用意していなかったので、あくまで ’鍋’ ではなく フォンデュ・シノワということで食べました。 笑   




a0278382_01524477.jpg

    

魚の鍋じゃなくて、 フォンデュ・シノワっていうだけでなんかオシャレ ぷぷっ 笑

普通はマヨネーズ系のソースだと思うのですが、kumatoさんはお醤油が好きなので、 ゴマだれとあっさり醤油と生姜と唐辛子ベースのタレだったので、 本当に鍋以外の何物でもないのですが。 あ、もちろん、本当はお野菜は入れないのが普通だと思います。   



a0278382_01552466.jpg


   

数日前には雪が積もったというのに、昨日の夜から急に穏やかな天気になり、フェーン現象のせいか昨夜からとても暖かでした。





a0278382_01550914.jpg

 

食後のコーヒーは、 いただいたクリスマスのクッキーやらチョコレートサラミやらが山盛りのお皿と一緒にテラスで・・・・・



この後はkumatoさんはお昼寝、私は洗濯機を2回して台所を整理して忙しく働き、 その後二時間お散歩に出かけました。






a0278382_17002518.jpg







ちょうど夕暮れに家に帰ってきたところ・・・・・・ 
kumatoさん、 

’まだクリストキンドがシュトーレンーレン焼いてるよ〜〜〜  最後の追い込みかな〜〜〜 035.gif ’

だって。 笑    

’アメリカはまだこれからクリスマス始まるからね〜〜〜〜 !!’   (アメリカはここよりも時間が前なのです)



って言ったら、妙に納得してた〜〜  笑  kumatoさん、子どもの頃、本当にクリストキンドが一生懸命お菓子を焼いてるって信じてたのだそうです。  


何か特別なことがあったわけではないけれど、とてもとても心が満たされるクリスマスを過ごしています。

あ、ちなみに今は25日の夜7時ごろ、 朝に飾りつけを始めたはずのクリスマスツリー、 そのまま未完成の状態のままなのに、 kumatoさん、二度目の昼寝してる〜〜〜〜〜    爆。


今夜、果たしてツリーが完成するのかなあ???? 



# by tomomato | 2016-12-26 03:04 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(6)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

本当に久しぶりの雨
at 2017-04-26 20:18
突如寒くなりました! 
at 2017-04-21 06:12
イースターとお庭
at 2017-04-18 05:43
忙しい日々
at 2017-04-13 06:20
kumatoさんが帰って来ました
at 2017-04-05 05:21

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

papricaさん、 そ..
by tomomato at 06:16
どひゃぁっ。気温の下がり..
by papricagigi at 02:53
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:42
まあ、急に寒くなったので..
by fran9923 at 08:38
ありがとう*
by pot-eri at 15:55
kagikomeusaさ..
by tomomato at 05:47
poteriさん、 うち..
by tomomato at 05:43
こちらは今週末は18℃く..
by pot-eri at 20:14
poteriさん、ベイビ..
by tomomato at 16:00
そちらも薪ストーブ再稼動..
by pot-eri at 05:26

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧