日常と新兵器



a0278382_03104495.jpg



朝、 目が冷めると寝室の窓から向かいの山が見えます。 朝日が雪を被った山頂を照らし出して、 金色に輝いています。 目が覚めて一番最初に見る光景が(晴れていれば・・・ですが)、この金色の輝きであることに幸せを感じます。 





a0278382_03061339.jpg


久々に、台所の薪ストーブの灰を取り出しました。 今年は寒いので一日中この薪ストーブに火を入れることも多かったので、いつもよりも早くいっぱいになりました。 大きなバケツ一杯分ありました。  まだまだ冬の真っ最中ですので、春までに薪が足りなくならないと良いのですが。 
薪ストーブ全体を綺麗に拭いて心機一転。  残りの冬の間、 頑張って活躍してもらえるように。 




a0278382_03063317.jpg



島原の味噌蔵で買った乾燥麹を使って、塩麹と甘酒を仕込みました。 甘酒はキュープにして冷凍しておきました。これで大根のべったら漬け風を作るつもり。 ^ー^  
本当は今年も味噌を作るために買ってきたのですが、 どうしても甘酒を作りたかったので使ってしまいました。

麹といえば、実は去年、日本で種麹を買ってこちらに帰ってから自分で仕込んだのです。 しかし、失敗したのかどうなのか、その麹の香りが今ひとつ不思議な香りでもう一度自分で起こす勇気を失いました。  でも、 最近になってスイスの知り合いが麹を上手に作って売ってくださることがわかり、 次回必要な時にはその方にお願いすることにしました。    何でもかんでも自分で作って見るのも楽しいですが、 安定した温度調整ができる環境がないのに、時間と労力を使って麹まで起こさなくて良いかな・・・・・・ と思った次第です。  また別の種麹が手に入って気が向いたらするかもしれませんが。 
  



この時に自分で起こした麹で仕込んだ味噌ですが、 なんとちゃんと味噌になりつつあります!!  10月に一度開けてみた時にはやたらに塩辛くて失敗かな、と思ったのですが、12月にはだいぶ味噌らしくなっていました。 あの不思議な麹の匂いもなくなってほっ・・・・・ やはり失敗したのではなく、 その麹の匂いだったのでしょうか? でも色はまだ薄く、旨味もまだ今ひとつ・・・・という感じでしたのでまた封印しました。 果たして美味しい味噌になるのでしょうか? なったら奇跡。 

今年はどうしようかなあ? また仕込もうかなあ??  去年は中辛だったので、甘辛を作ってみたい気もするのですが・・・・・   そんなに味噌を消費しないしね?  不味かったら困るしね・・・?? 




a0278382_03094225.jpg



サワードウの間引き種でワッフルをたくさん仕込みました。 しかし、kumatoさんがいないので、ほとんど冷凍しました。 私は焼きながら、おいし〜っと叫んでつまみ食い。  こういう時にkumatoさんがいないととても虚しいです。   kumatoさんのためなら、 喜ぶ顔を想像しながらこれにさらに色々と工夫をして美味しそうにしてテーブルに出すのですが、自分は焼きながら立ち食いですから。
 


a0278382_03060358.jpg




サワードウのパンも、相変わらず薪ストーブで焼いています。 これはアインコーンという古代小麦を使ったもの。薪ストーブとのタイミングが合わず、 二次発酵しすぎで釜伸びほぼなし。 涙 
サワードウの発酵時間のタイミングと薪ストーブのタイミングを合わせるのは、やはり今だに難しいです。
パンを焼くためだけでなく、家の暖房のために薪ストーブを使っているのですから仕方がありませんね。 






a0278382_03091567.jpg


そして地味〜に柿の葉のお茶を炒りました。  kumatoさんにはハーブティを毎日作ってあげるのですが、自分だけの時は、こういう地味系のお茶です。 飲み慣れないせいか、kumatoさんはジャパニーズハーブティには今ひとつ魅力を感じないようです。




ご飯も地味。


a0278382_03580114.jpg
ある日のご飯



毎日こういうご飯を食べているわけではありませんが、 一人の時にはかなり地味です。
寝かせ玄米をどどんっと炊いてありますので、 それがメインの食事です。  クリスマス、お正月と食べてばっかりおりましたので、 これで体調はちょうど良い感じです。 (kumatoさんは、スイスで大ご馳走食べ続けていると思う・・・・・ 汗)




さて、今日は前々からご紹介しそびれていた珍しいもの二つをお見せします。





珍しいもの一つ目


a0278382_03582921.jpg


ふふふ・・・・・

このはりねずみ、ご存知ですか?  美味しいのですよ。 ’うり’ のようなものです。 実は名前を知りません。どなたかご存知?  もちろん、 皮をむいて食べるのですが、 皮を剥くのに手袋して作業しないと痛くてたまりません。 持ち運びも、痛いので気をつけないといけません。  味は大根とコーラビとお芋の中間のような感じで、 どんな調理法にもよく合います。 一番のお気に入りはチーズやお魚などとオーブン焼きにする食べ方です。 
今年は豊作で食べ放題!!!  食べても食べてもなかなか減りません。  






珍しいもの2個目

a0278382_07501998.jpg



これはkumatoさんのために購入した肉の薄切り機です。硬いチーズも切れます。ちょうどヴァリス地方のホーベルケーゼ(削り用チーズ)をいただいていたので、 これで切っています。 深い風味があるチーズで、すごく美味しい。(惚)





 
a0278382_07490105.jpg

a0278382_07490034.jpg



サラミやベーコン、干し肉など、 ナイフではうまく切れない薄切りが楽にできるのです。  たまたまバーゼルに向かう途中に、オシャレそうなお店が新しくできているのを見つけて入ってみたら、 これがあり、kumatoさんが一目惚れしました。 kumatoさんのお誕生日プレゼントに、私からのプレゼントということで購入しました。  本当はこういう場所をとるものを買いたくないかなと一瞬思ったのですが、 kumatoさんは本当に気に入って毎日喜んで使っているので、 いいプレゼントができて本当によかったな・・・ と思いました。   私は食べませんが、 良質の干し肉は専用の機械で超薄切りにして食べるもので、 味や質感が全然違うのだそうです。 うちは超高級肉は買いませんが、 これで薄く切るとナイフで切るよりもずっと美味しいそうです。 

kumatoさんの新しいおもちゃ????  笑
お店には、種類の違った木で作ったものがあり、 木によって値段が違いました。 一番高いのは樫の木で二番目がオリーブの木だったかな? これは真ん中くらいで桜の木です。 スイス🇨🇭 製なので安い買い物ではありません。どこかの障がい者の施設で手作りで作っているそうです。

結局、これを見たkumatoさんのお母様が、 

’是非私にプレゼントさせて〜〜〜 いつもkumatoには世話になってるのに何プレゼントしていいのかわからないし〜 ’ 

とおっしゃって、 これは私からでなくお母様からのプレゼントということになってしまいました。

うちは家計が一緒なので、私からだろうがkumatoさんからだろうが、 懐の痛み具合は一緒なので良いのですが・・・・ むしろラッキー??     一瞬え?って思った私は心が狭い・・・


もうあっという間に一月の半ばになってしまいましたね。 時の流れの速さに驚いてしまいます。
毎日を大切に過ごしていきたいとついこの間決意したはずなのに、 果たして守れているかどうか????  涙

また心を改めてこれからの日々を丁寧に過ごしていきたいと思います。




暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。













第2回プラチナブロガーコンテスト



# by tomomato | 2018-01-16 09:00 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(10)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧