二月は逃げる



a0278382_04431327.jpg



数日前は、 本当に暖かい風が吹いて、 もう春になったかと思ったのにとんでもなかった・・・

朝起きたら、 重い雪が降っていました。   今日から数日kumatoさんはスイスに出かけました。 ここのところkumatoさんの車の調子が悪く、 自分で直そうと頑張っていましたがこんな雪の日は峠越えが心配なので、 車ごと列車に乗るように勧めました。  電車の時間に間に合うようにお昼を用意しました。





a0278382_04433643.jpg



昨晩、お客様だったので1、5kgのラム肉の塊をローストしたあまりをサンドイッチ用に細かく切って、 グレービーを絡ませ、ピクルスと玉ねぎと一緒にパンに挟み込んでホットサンドイッチにしました。 チーズも入れたので、 じゅ〜っとチーズの溶ける匂いで台所はいい匂い! 
これに、魔法瓶にかぼちゃのスープを入れて、 電車の中でゆっくり暖かいお食事ができるようにして送り出しました。 





さて、パンの話を書きますと前回書いておきながら、またまた放置してしまいました。ごめんなさい。
二月は逃げると母が言っていたのですが、 本当に毎日あっという間に終わってしまい、 あっという間に一週間が終わってしまうのです・・・・  汗 






a0278382_17182375.jpg




アンドレアが、廃墟の村を立て直ししているのですが、 そこの鬱蒼と木が生い茂ってしまった土地を切り開き、耕して、若い仲間たちと一緒にライ麦を植えました。   生い茂って切り払った木々は、 薪ストーブの薪として去年から購入しています。  
ライ麦が去年から収穫できるようになり、 私も分けてもらうことができました。 
もともとこの地方では小麦ではなくライ麦を育てる伝統があり、 気候的に合うようです。  できたら古代小麦も植えてもらいたいのですが、 無農薬で育てることが、やや難しいのだそうです。  これから少しずつ種類を増やしていきたいと言っているので、 いろいろな種類の穀類が作れるようになるといいな。  
  
この農業を主にやっている二人の若者のうち一人は、 パーマカルチャーを専門的に学んでおり、もう一人はシュタイナーの農法、デメター農法を学びました。 二人ともとても気持ちの良い青年達で、 アンドレアと一緒に良いチームとして頑張っており、 将来がとても楽しみです。  

地元の薪を購入したり、 こうして穀物を分けてもらうことで、 いろいろな意味でエネルギーの無駄を防ぎ、エコロジカルなサイクルの中にささやかながらも参加することができるので、 嬉しいです。 


あ、そうそう、 このライ麦、時々変なものが混じっているので挽く前に点検しないといけません。
私は知らなかったのですが、 たまに黒くて長いものが混じっていて、 それは、ライ麦の粒が菌かカビかで変形したもので、なんと、それを食べると麻薬のような効果があるというではありませんか!   中世とかに、それを飲用して、 決して質の良い麻薬ではないのでひどい病気になった人たちがたくさんいたのだそうです!
恐ろしい!    そういうのって、自分で育てたり、こうして分けてもらったりしない限り知ることがなかったのでびっくりしました。   (kumatoさんも青年も全然平気でそういうことを話していて、当たり前のことだそうで、私一人でぎゃ〜ぎゃ〜言ってました。) 

じっくり点検します。(宣誓!)   







a0278382_17185777.jpg


早速そのライ麦を使ってパンを焼いてみました。 
アンドレアが切った木を燃やした薪ストーブで・・・・・・
風味のあるとても美味しいパンが焼けました。  ライ麦を配合したいろいろなレシピに挑戦してみたいと思います。 
これでパスタも作っているそうなので、 それも挑戦してみたいです。 (ライ麦のパスタ、食べたことがないです ピツォッカリというそば粉のパスタがあるのですが、そのような味がするのだと言っていました) 





a0278382_04413701.jpg
 



こちらはスペルト50パーセントのパン。 スペルトはかなりダレるので、上に盛り上げたいのなら20パーセントくらいが限界?    薪ストーブに入れた途端、一旦、ピザみたいにダラ〜〜んと広がるので毎回ショックを受けるのですが、 心配で薪ストーブに張り付いて見ていると、その後ムクムクと立ち上がってくれます。 私は、 スペルトの方が小麦よりも風味が好きです。






a0278382_04425165.jpg





新しく、 発酵かごを追加して買いました。 今までは、昔お友達にもらった一番下の小さいサイズ(500g用)しかなく、主に発酵にはざると、バスケットを使っていました。  一度、 いつもの量の生地を半分ずつにして、一つをこの小さな発酵かごに、もう一つをバスケットに入れて焼いてみたら仕上がりが全然違ったので、 新たに購入することにしました。

ただ、 その時に発酵かごに入れてうまくいったのは、かごのせいではなく火加減のせいだったかもしれないのですが・・・・ 笑 
いいのです。 腕がないので、 道具から入ります。 笑


でも、 サワードウを使い始めて最初の頃はパンチも成形も何もかもがいつもと勝手が違って苦労したのですが、新しい道具をいくつか手に入れたらグッと作業が楽になりましたので、やはり道具は大事かもしれません。 




a0278382_04411397.jpg




余ったサワードウ(捨て分)の処理法として、 パリパリ・フォカッチャを作ってみました。  





a0278382_04412469.jpg



中身は、夏に作ってあったペストに、奮発して水牛のモッツアレラです。 この水牛のモッツアレラ、 最高に美味しいです。 あまり良くないモッツアレラだと時間が経つと固くなってゴムみたいになってしまうのですが、 これはペストに染み込むように溶けて、 とろける美味しさでした。 
翌日温めて、スキーに行く途中の車の中で食べたのですが、 食感がまた違って、 これまた美味しかったです。





今日は、 本当は私もスイスに行くつもりにしていました。 一番の目的は、 セール!!    笑


イタリアもスイスも、この時期は冬物大セールが始まっています。 50パーセントから70パーセントくらい値段が下がっているので、 必要なものがある時には逃せません。 (きっぱり)

kumatoさんは、仕事がらいくら気をつけていても洋服に絵の具をつけてしまいすぐにダメにしてしまいます。あとすぐに穴を開けます。 どうして? って疑問に思うくらい・・・・   2、3年前にやはりセールの時にとても良いセーターがお安くなっていましたので、5枚まとめ買いしました。 ところが、 そのうち3枚は、もう絵の具だらけ、穴だらけになってしまい、 作業着化してしまいました。滝涙 2枚は、私が奥の方に隠していてなんとか日常に着ることができるのですが、 学校に着ていくあまり上等ではないけれどちゃんとしたセーターを買い足す必要があったのです。 
  
あとは、ズボンも何本買っても絵の具だらけ、穴だらけになるので、いつも買い足さないといけません。 

(kumatoさん、一応、作業着と普通服との区別をして着替えるということを気をつけてはいるみたいなのですが、すぐに忘れます。035.gif  その度に私に怒られます。 ) 

ついでに?  できたら私の欲しいストウブも見に行こうかな・・・・ と密かに楽しみにしていたのですが・・・・ 


ところが!!! 
昨日、用事があったので街まで行ったら、ドモドッソラの小さな町でもあちらこちらでもセールをやっているではありませんか!    ベネトンをチェックしてみたら、 男物がいっぱいある! 




035.gifジャ〜ン053.gif
a0278382_04430380.jpg




セーター4枚、ズボン3枚ゲット!!!  これだけしめて約80ユーロなり!!  超安い!!

こうしてみるとすごいカラフルですが、 kumatoさん、結構いろいろな色が似合うので良かったです。 
もう一枚、素敵なセーターがあったのですが、 首が少しタートルになっていたのでkumatoさんは気に入らなかったのです。  ですがその後、 帰り道車の中でkumatoさん、いきなり、

’あ〜  お母さんに切って貰えば良かったんだ〜 035.gif  

と言い出すので、何かと思ったら、 その棚に戻したセーターの襟を、編み物がとてもお上手なkumatoさんのお母様に外して貰えば良いというアイディアが湧いたみたいです。   こんなに買ってまだ欲しいのか!? と一瞬思いましたが、そのセーターはちょっと個性的で本当に素敵だったので、 もし来週kumatoさんが帰ってきた時に売れ残っていたら、 ぜひ手に入れたいと思います。   (残念ながら、私は編み物がダメなので、 そんな器用なことはできません・・・・kumatoさんのお母様、 86歳で、編み物現役です。毎年靴下を編んでくださいます) 

というわけでバーゼルに行く必要がなくなってしまいました・・・・
冬は、家を開けると家が冷えるので、 まあ良いのですが。   石の家なので一度暖かいと暖かさが保てるのですが、冷えるとまた温まるのに数日かかるのです。 





a0278382_04432353.jpg
 


スイスに出かける代わりに、 kumatoさんのスキージャケットが壊れてしまったので、 それを修理するのにミシンを出しました。
ついでに溜め込んだ繕い物を10枚くらい済ませ( 一体どれだけ溜め込んでいた??? 笑)、さらに
数年前からやりたい、やらねばと思っていたことにやっと手をつけました。 







a0278382_04434714.jpg
 


クッションカバー作りです。 
祖母の家から持ってきた古い帯の布地を利用しました。ストライプの帯だけでは足りなかったので、途中からからし色の帯を足しました。 あと二つ大きめのクッションのカバーを作りたいのですが、この布地はもうあと一つぶんしかなく、 どうしようか迷っています。 まだ他の帯もあるのですが、模様や色合いが全く合わないのです。
シンプルに麻の布で作ろうかな?   

やろうやろうと思いつつ、 クッションを洋服ダンスに押し込んだまま数年が経ってしまっていたので、 これでやっとすっきりしました。
まだまだそういうことが、kumatoさんにやってもらいたいことも含めていくつかあるので、 今年は少しずつでも改善していけたら良いのですが・・・・・・  






  

























# by tomomato | 2017-02-11 06:00 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(8)

もう2月! と新しい棚、 ご飯など



a0278382_17170117.jpg




この間年が明けたと思ったのに、もう2月になってしまいました。 驚 

今年は、久しぶりにしっかりと昨年の反省をして、今年の決意? 目標を立てて紙にしっかりと書いて、1日1日をもっと大切に過ごしていこうと決意したはずなのですが、  知らない間にあっという間に一ヶ月も過ぎてしまいました。  いい加減に過ごしていたつもりはないのですが、 ぼやぼやしていたらあっという間にまた一年過ぎてしまいそうです。  

kumatoさんが集中授業から帰ってきて、やはり二人で暮らすことのありがたみを毎日感じています。 まず、ご飯が美味しい!  笑    一人の時は、本当に粗食で済ませてしまうのですが、kumatoさんはそれでは満足ではないので毎日あれやこれや工夫をして作るし、 (買い物にも行けるし笑) ワイワイ二人でお話をしながらお食事をするのは楽しいです。 欠点は、それで私もモリモリと一人の時の倍量は食べてしまうこと。 (自己責任・・・・・・) 

それから、帰ってきたばかりなのに、kumatoさんがとても良いものを作ってくれました。





a0278382_17171306.jpg



台所の収納です。 そもそも、 この白い棚のところは作り付けの棚を作る予定でした。 でも予算の関係? か、思い通りに作ってくれないうちの大工さんと交渉するのがもう嫌になったのか? kumatoさんが全く乗り気ではないので当分は既にあったアンティークの収納棚を使うことにしました。 ボロボロの棚の塗料を全てサンダーで剥がして色を塗ったのは私です。    もともと色を塗るのはもったいないほどの本物のアンティークですし、なかなか素敵な棚なのですが、 何しろ手前のお気に入りの棚とタイプが似ているので競争し合った感じでいまひとつ満足していなかったのですが、 kumatoさんが作り付けの収納に乗り気でないので仕方がありません。   そのうちに目も慣れて気にならなくなっていました。 

ただ、この家での生活が落ち着いてくるにつれ、 もう少し収納が必要になり、このコーナーがいつもごちゃごちゃした感じだったので改善したいと思っていたら、kumatoさんが棚を作ってくれることになりました。 



ジャ〜ン



a0278382_17340268.jpg
 




市販の壁にバーを取り付けて、そのバーに支えをはめ込んで板を載せるシステムを買ったのですが、 ここで思わぬ難題がありました。
取り付けて板を設置したら、なんと板がグラグラ、もしくは大幅に斜めではありませんか!?? 何回も測ったはずなのにおかしい!? 

しばらくあーだこーだと話し合っていて思い出しました。 そもそもこの壁自体が曲がっていたのです!  大幅に曲がった壁なので、この白い棚を設置するにあたっても、上部と下部がバランス良く設置できず、 確かどこかを切るかなんかして調節して壁に上部が凭れかかることで支えられるように設置したのでした。  うちは、断熱材が内側に入っていない壁は、石壁に漆喰を塗っただけですので、 全て壁がゆがんでいるのでした。 普段はそれが気に入っているのですが、家具の設置には本当に困ります。 汗 

壁が不規則に曲がっているので、この新しい棚を調整することはほぼ不可能です・・・・・・。  支えにクッションを取り付けて調整することで、多少の歪みは我慢することにしました。  

でもこの部分を取り付けたことでこの白い棚自体が壁と一体化して、収納が増えただけではなく前よりももう一つの棚と競争しあうことがなくなった感じで、とても気に入っています。

kumatoさん、本当にありがとう!!   (これでストウブのお鍋が買えるぞ ひひひひ ) 






a0278382_17190886.jpg



それから、去年の暮れからkumatoさんはアトリエにも棚を取り付けてアトリエを使いやすく改良しています。 kumatoさんは3つアトリエがあるので、結構な仕事ですが、 それぞれ1日で作業を終えているのですごい!  台所の棚の後、最後の棚の取り付けに取り掛かっています。 天井までのかなり大きな棚で、 描きかけのキャンバスや紙などを収納できるようになっています。 今までは床に散らばって場所をとって大変だったのです。   私のアトリエにも欲しいところですが、私の収納はまだ修復が終わっていない部分に作る予定なのでまだまだごちゃごちゃの状態を当分我慢しないといけません。 ( 後何年かかるんだろう?  目の黒いうちにできるのでしょうか???? 笑 )




さて、長くなってしまうのですが、 ご飯の話 
   
a0278382_17165088.jpg





久しぶりにムール貝を買ってみました。 夏に仕込んだトマトソースと冷凍していた畑のパセリで作ったら、 これまた最高に美味しくできました。 
バゲットと一緒にはっしはっしと二人でかぶりついて食べます。 こちらはムール貝は決して高くはないので、 経済的なご馳走です。 






a0278382_17172359.jpg

 



kumatoさんが帰ってきたし、マーケットで美味しいリコッタトペッコリーのチーズを買ったので、かぼちゃのラビオリを作りました。 






a0278382_17174731.jpg






イタリア人ではないので、プリモ、セコンドの順番ではなく、スイス式に全て一皿に乗っています。 セージバターソースに絡めたラビオリに、kumatoさんは鳥のもも肉のチーズを挟んでフライにしたもの。  カーボデネーロとにんじんの炒め物。
久しぶりのラビオリは本当に美味しかったです。  ちょっと時間はかかるけれどそれほど大変な作業ではないので、もっとマメに作るようにしたいと思います。 






a0278382_17175932.jpg



私は、 (ストーブに入れてたので焦げたけど) お肉の代わりに根セロリのカツレツです。  今年は、植えた時期が良かったのか、根セロリが立派にできて、本当に美味しかったです。 kumatoさん、鶏肉も美味しかったけれど、こちらの方が好きだったようです。 





a0278382_17181114.jpg



この日も畑の野菜三昧。 カリフラワーにかぼちゃに長ネギなどそれぞれ違うスパイスでローストしたものに、 kumatoさんにはラム肉のロースト。 
この間の寒波でダメになった野菜もあるのですが、 多少凍っても、早めに収穫したものはそれぞれスープなどに形を変えて冷凍しておいたので、十分美味しく食べられますし、 あんなに寒くても生き残った野菜もたくさんありました。  朝、畑に覆いをはずしに行くと、中までカチンコチンに凍っていてそれが何週間も続いたのに、 何事もなかったように元気に生き残った野菜の生命力には感服しました。   そういう底力を自分にも養いたいものです。




骨つきラム肉のローストが余ったので、 翌日はそれと前回ご紹介したベジブロスと一緒に薪ストーブの上で半日ことことと煮込んで、スープをとりました。





で・・・・・・






a0278382_17191830.jpg
 




再びパスタマシン登場!!





a0278382_17193957.jpg




強力粉と薄力粉半々に重曹と塩を少し入れた生地です。     





a0278382_17194984.jpg



出来上がったら手でつかんでギュ〜〜と抑えてチリヂリにします。



で・・・・





a0278382_17200175.jpg



お湯で湯がいて二分! 水でさらして引き締めて!!!







a0278382_17201267.jpg




ジャーン!!   ラム肉スープの醤油ラーメン!  笑






a0278382_18202310.jpg





私は、あっさりベジブロス醤油ラーメン。   でも私のはラーメンというよりも中華麺って感じのスープでした。次回は煮干やシイタケ、昆布も入れてもう少し濃厚なスープにしたいです。    それに畑で採れた白菜とロサマリーナの炒め物、 セロリとマッシュルームとピーナッツとブロッコリーの炒め物でした。    (あ、マッシュルームやピーナッツは買ったものです。)


前回は、ウーウェンさんのレシピ本で中華麺を作ったのですが、今回は前から愛用しているパスタマシンで麺道楽という本のレシピで作りました。 こちらの方がもちもちした手作りラーメンぽくなります。  (重曹が入るからかな? あと寝かせると美味しくなります)   



パンについてもご報告があるのですが、 長くなりすぎるので、また次回に!


今日も訪ねてきてくださってありがとうございます ^ー^   

# by tomomato | 2017-02-02 18:19 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(16)

平穏な日々とベジブロス




a0278382_17165254.jpg



ご無沙汰してしまいました。 とても元気にしています。 
1月は、kumatoさんの学校の集中授業があって、kumatoさんは長いことスイスに行っていました。 その間私は家を守って(?)おりましたので、 非常に単調な生活を送っていてあまり話題がなかったのです。 笑 

おまけに、一昨年の暮れにヨーロッパに来る予定のその日に脳梗塞で倒れてしまった母が、いろいろと変わってしまったことがあるとはいえ、おかげさまで順調に回復しておりまして、1年が過ぎてやっとまたヨーロッパを訪れてくれる気になったので、その旅行の計画を立てるのに時間を割いておりました。
 
これが結構難しいのですよ。 母にとって必要な条件の揃った宿泊場所を探すのが!    お風呂があった方が良い、寝室とお手洗いが近い、段差がない、 清潔・・・・ などなど・・・・・    それプラス、 kumatoさんの必要条件、 プールがある、 海が近い、 駐車場がある、 外に座るスペースがある、 緑がある、 などなど・・・・・・そしてもちろん、 法外な値段ではない所って!!!???  

そうやって頑張って探してみても、ローマに行った時、結局kumatoさんがこだわった外の緑の見えるテラス(ローマのど真ん中で!) は、寒くてお天気もいまいちで結局一回も利用しないなんてこともありました。 笑   

もう、頭の中は数百件の宿泊先の情報でパンパン状態です。 




a0278382_17161112.jpg
    

先週末は、kumatoさんが3日ほど帰ってきましたので、 帰ってきたその日の午後にスキーに行ってきました!
そして、今年の冬は例年になく寒かったので、薪が足りなくなり、注文するまでのつなぎにkumatoさんが頑張ってうちにある古材を切ってくれました。 




a0278382_17162846.jpg




そしてお散歩に・・・・・  もうだいぶ溶けてきたのですが、 森の中はまだそっくりそのまま雪が残っていました。 


a0278382_17164194.jpg



雪が降ったというだけで、なんだか休暇に来ているようで、 歩くのが楽しい楽しい! 
まあ、この日はほぼ2週間ぶりにkumatoさんに会いましたからね。 kumatoさんがスイスにいる間、スカイプで毎日おしゃべりしているのですが、
久しぶりに会うととっても嬉しいものですね。    





a0278382_17170521.jpg



日中は太陽の光がさんさんと降り注ぎ、 なんと気温は低いのにミツバチがぶんぶんと飛んで働いていました!




a0278382_17153945.jpg




久しぶりに帰ってきたから、 ガレットデロワを作った時に残りのパイ生地を冷凍してあったので、それでアップルパイを作りましたよ。





a0278382_17160119.jpg



うちのりんご、 これでもう最後です。 だいぶしなびていましたが甘さが増していて砂糖をもっと減らしてもよかった・・・・・・




a0278382_17155162.jpg



パイ生地はkumatoさんの大好物なので、大喜び!  一気にこの大きなパイの半分食べていました!!  超危険!! 
ものすごく美味しいけれど、 カロリーが! 



そんなこんなで週末後、 集中授業の最終週に出かけて、今日、やっと帰ってきます。  (今頃、車で走っているはず・・・・) 



ところで、最近始めたことがあります。 





a0278382_17151228.jpg


  


この薪ストーブ、 家中に暖かさをもたらしてくれたり、 パンが焼けたり、あるいはパンの発酵に適していたりするだけではなく、 物を乾かすのに最高なのです!! 
この上は吹き抜けになっていて、 そこの通路は冬の洗濯物干しになっています。  家を修復する時に、雨が降った時や冬の洗濯物を干す場所についてkumatoさんとかなり格闘したのですが、 結局はこの薪ストーブの上が最高だということが分かって、 もっぱらここに干しています。  (格闘した場所はkumatoさんのアトリエになりました。 笑)    
そして、おなじみドライ柿を作るのにも素晴らしい乾燥力を発揮してくれました。  

そして、最近新しいことを始めたのです。  





a0278382_17150283.jpg




この薪ストーブの熱を利用して、クズ野菜を乾燥させることです。
気温がぐっと下がって畑の野菜の幾つかを急遽収穫しないといけなかったので、 思いついてやってみたのです。 
食べる量以上にあるセロリの葉っぱや、 ペストや冷凍した後のパセリの茎、 それからいろいろな野菜の皮など、 はたまたみかんやオレンジの皮など、次々乾燥させています。  
最近ベジブロスが流行っているというのは知っていたので、 あ〜あ、こんなにある野菜の皮とか食べない部分をコンポーストに入れるのはもったいないなあ、でも冷蔵庫の収納場所にも限りがあるし、 ブロスをとって冷凍しておくスペースもないしなあ、 と思っていたところ乾燥させれば場所の問題はないなあと思ってやってみたところ、 これが美味しい出汁が出るではありませんか!。
ただ、乾燥しているのでビタミンとか、 そういう栄養点でどうなるのかちょっとよくわかりませんが、 味は素晴らしいです。  

a0278382_17152557.jpg




ついでにクリスマスの飾りに使っていたローリエの葉っぱも、埃を払って中に・・・・・・ 笑
そう、埃っていう点ではね、 気にする人はこの方法はダメかもしれません。  薪ストーブを家の中で使っている方ならわかるかと思いますが、 灰が結構舞い上がるのですよ。   っていうか、それ以前にこういう400年前のお家に住むこと自体無理でしょう・・・・・・ (遠い目・・・・・) 天井にもどこにも、400年の埃がいくら綺麗にしてもたまっていますからね・・・・・ 
最近、もう慣れてしまいましたが、当初は結構生理的に苦労しましたから・・・・・(私、東京の都会育ちです)。  慣れとは恐ろしいものです。 


この乾燥クズ野菜を一掴み、 お鍋いっぱいのお水と一緒に煮込んで、いろいろなスープのベースにしています。  最初はこんな缶に入れていたのですが結構たまってきたので、 布袋に入れてぶら下げておこうかと思います。 乾燥させてみると、クズ野菜とは思えないくらい綺麗でしょう?? 

うちは100パーセント畑の野菜でまかなっているので、 農薬の心配はありません。 ただし、虫に食われたところや土が入らないように気をつけるのに、いつもより少し気を使いますが、それ以上の手間ではないのでこれは長続きするかもしれません。 
オレンジやみかん、レモンの皮は、普段オーガニックの物を買うように気をつけていますが、 オーガニックでないときにはもちろん決して使いません。 
これらはハーブティのブレンドにすると良い風味を出してくれて重宝しています。 

収穫したカリフラワーの立派な葉っぱがあったので、これも使えるかな? と思ったのですが、調べてみるとベジブロスに適さない野菜もあるようで、 キャベツ系の野菜もその一つだったので諦めました。   試しに葉っぱの茹で汁を作ってみましたが、確かに独特の苦みがありました。 







a0278382_17144470.jpg
  






さあ、今日もこれから薪ストーブでパンを焼きます。  これは前回のもの。 
今日のはスペルト全粒粉50パーセントなので、ダレダレになる予感がしています。


ではまた! 




 



# by tomomato | 2017-01-27 18:11 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(14)

畑仕事の日



a0278382_05015025.jpg



数日前に雪が降りました。 その日の日中気温が上がったのでだいぶとけたのですが雪かきをしていなかったところはそのまま凍りついて残っています。 





a0278382_05024201.jpg


寒波が来るというのでkumatoさんが発つ前に、ありあわせのフリースを凍結防止に畑のあちらこちらにかけていました。 そのまま数日放っておいたら雪が積もったので、 これはいけないと思いフリースの下を覗いてみたところ、 あまりいい状態ではなかったので雪を払って剥がし太陽に当てました。  植物用のフリースではないので呼吸ができないのが良くないようです。  その日以来、 朝、太陽が出るとフリースを外して日が沈むとまたフリースをかけています。 まるでお布団をかけてあげているみたい。 笑    でもこのタイミングでやっておいて良かったです。  一箇所忘れたところがあったのですが、なんと翌日フリースの上に積もった雪が石のように凍りついて、雪を払うどころか、フリースが剥がれない!!! 超重い!!   さんざん格闘して重いフリースをやっと外すことができました。 



それにひきかえこれを見てください。
a0278382_05020153.jpg


これは近所のおじいさんの小さな畑。 (手前のカーボデネーロはうちのです。) 
このおじいさん、 全て昔ながらの方法で丁寧なお仕事をする方でいつも感心するのですが、今年の冬はこんな雪囲い作っていらっしゃいます。 





上から見たところ
a0278382_05021345.jpg




山から切ってきた木の幹を土台にして、 上には、カヤみたいに草?枝? が乾いたものを被せているのです。
美しい。 丁寧な仕事です。 風景に馴染んでいます。
これに比べると、 うちの、kumatoさんの学校の床に汚れ防止のために敷かれていたフリース(つまり絵の具だらけ 笑)の醜いこと。




ちなみにこの方の畑の鹿防止の柵は・・・・





a0278382_05022292.jpg



シンプルで美しい。 


それに比べて、 そのすぐ後ろの、別のご近所の畑の柵を見て!




a0278382_05023111.jpg


きゃ〜 これ、一時的にやってるだけかと思ったらそのままずっと使ってるの〜〜  毎朝、洗面所からこれが視界に入ってくるの結構きつい〜〜〜〜!!  

頑固に昔ながらのやり方を大切にしているおじいさんの手仕事の方が、やっぱり感動するなあ・・・・・
見習いたいなあ・・・・・・ 




さて、 今日の午後は畑仕事を頑張りました。 
というのは、 うちの畑にはまだまだ山ほどいろいろなものが植わっているのです。 何しろこれまで暖冬続きだったものですから、冬じゅうありとあらゆる野菜が収穫できていました。 まさか今年はこんなに寒くなるとは思っていなかったので結構大慌てです。 十二月があまりに暖かすぎたので、kumatoさんも冬支度が遅れ遅れになっていました。 

はい、人参とかカブとか、まだたくさん畑に残ったままだったのです。 

昨日から本格的な寒波で夜間の気温がかなり低くなり、それが当分続きそうですので、kumatoさんを待っていたら人参も凍ってしまうので収穫しました。 



a0278382_05042127.jpg
 



フリースをかけていたところでもかなり土が凍っていて、 鍬を入れてもガッチガッチでビクともしないので悪戦苦闘しました。 そのうちコツがつかめてきて、 上から鍬を入れるのではなく凍ったところを除いた横から鍬を入れるテクニック(笑)を開発してなんとか無事に収穫できました。 

幸いまだ大丈夫そうでよかった。 でもこれから一週間この低温が続いたら食べられなくなるところでした。 
残っていたターニップも収穫しました。 この後、 人参の葉っぱを全て切り離して、 保存の用意。 今年は新しい保存方法に挑戦してみました。 

これだけで午後中かかってしまい、今日はターニップの処理までは手がつきませんでした。



a0278382_05033673.jpg


ちょっとピントがずれていますが、こんなに立派な人参も!! うちはナメクジの害がひどくて、 芽が出たそばから食べられてしまうのですが、 そうやって周りが食べられてしまって生き残った人参の大きいこと大きいこと!   今年は、場所によっては線虫の被害が多いところもありましたが、 まずまずいい感じです。  一時はまともな人参が採れなくなったこともありましたから、 マリーゴールドさまさまです。 




a0278382_05025532.jpg
  

ターニップは、カブと同じように食べています。 綺麗な葉っぱはポタージュに。 

例年のようにあちらこちらにサラダも植わっているのですが、 今日確かめてみたらフリースをかけているところですらかなり凍っていました。  
kumatoさん、帰ってきたらがっかりするだろうなあ。   
今日、 大きなのを一つ収穫して、 凍ったところを取り除いて洗って、kumatoさんが帰ってきた時に食べられるように準備しておきました。 もしかしたらもしかして最後のサラダになってしまうかもしれないから。 
どれだけ野菜がこの気温に耐えられるか???  (そしてオリーブの木も!!) 
早く寒波が去ってくれるといいのですが。








a0278382_05030583.jpg




昨日、スイスにいるkumatoさんと話していたら、kumatoさんの同僚の奥さんが、 私が車もなくて一人ぼっちでこの家でずっといて、 時間を持て余して困ってるのではないか、 一体そんなに時間があってどうするのかとても心配していた、 ということを聞きました。 

それを聞いて ’余計なお世話!!’ と一瞬思ったのですが(性格の悪い私です。 すみません) 、 翌日、改めてどういう風に一日を自分が過ごしているか観察してみることにしました。 
 

いや〜〜〜  時間を持て余す???  は???  誰のこと〜!?  
そうだったらいいわ〜〜〜〜


朝起きてから一日中、 何かしらやるべき仕事に追われてあっという間に一日が過ぎてしまい、 まだまだ ’できなかったこと’ がたくさん残っていて ’時間が欲しい〜〜〜 体力が欲しい〜〜 ’ と一日の終わりには息絶え絶えになっています。 お掃除も行き届いていないし、庭の冬仕事も全く終わっていないし、 今日はアトリエにはほんのちょっとしか行けなかったし、調べ物はたくさんあるし、あそこの整理整頓もしておかないと、 あれ、 今これを作ってたのではなかったっけ??  いや、あれを作りたかったのに・・・・  あれもこれも・・・・・・ 

でも、 山のお家に一人で住んで、きっと外から見ると優雅で暇そうにしているように見えるんだろうな〜〜〜 と実態とのギャップに我ながら驚き呆れました。  





a0278382_05031777.jpg



今年は、 もう少し生活態度を改めて、 時間の使い方や、物事への内的な向かい方に工夫をしていきたいとかなり強く思っていたのですが、 もう少し余裕を持って ’優雅’ な暮らしを目指そうかな?  
どうせ優雅で暇そうに見られるのなら、 優雅で暇そうに暮らしたい〜〜〜  笑  
優雅で暇そうに、 しなければならないこと、やりたいことをサクッと片付けられるようになれたらいいのに!!   






a0278382_05043532.jpg




明日も頑張るぞ〜〜〜〜  優雅で暇そうな暮らしを目指して〜〜〜〜  ??? 
  


# by tomomato | 2017-01-17 07:53 | 天の恵み・自然の恵み | Trackback | Comments(14)

寒波真っ最中





a0278382_06334634.jpg




ヨーロッパ、 寒波真っ最中です。 
こんなに寒いのは超久しぶり・・・・・・ このお家に引っ越してきてからは本当に初めてです。
十二月は、気持ちが悪くなるほど暖かくて外でご飯を食べていたのに!?(Kumatoさんに付き合って 笑) 突然気温が下がったものだから、 慌てて冬の準備に明け暮れました。  
来週はさらに気温が低い日が続くようで、ちょっぴり恐怖。 
いつもは薪ストーブで一日中暖かな家も、 夜の間にかなり冷えて朝とても寒いです。  大きなストーブは一日一回薪をくべるだけで十分だったのですが、 少し長めに薪を足して焚いています。 台所の薪ストーブは、 お昼前から一日中焚いています。  今年は薪が足りなくなるかも????? 




a0278382_08062004.jpg



暮れに、バーゼルから国境を超えたドイツのオーガニックのお店で大人買いをしてありました。  うちの近くの町にも3つオーガニックのお店があるので普段はそれらのお店を利用しているのですが、 イタリアはまだまだオーガニックのものがドイツに比べて種類も少なく、さらに値段が高いのです。スイスは、もちろん物価が全体的に高いので、ドイツで買い物をするのが結局は一番経済的で、 お醤油など必要なものはまとめ買いをしています。  ドイツに行くと言っても車で15分ですので、バーゼル界隈のたくさんの人たちが国境を超えてドイツでお買い物をしています。 
今回は、 オーガニックの穀類をたくさん買いました。 小麦に加えてカムートやスペルト、アインコーン、エンマーなどの古代小麦、 そば粉などをあれこれと買い込みました。 




a0278382_23382467.jpg




もちろん、 日々のパンを焼くためです。 穀物を一昨年のクリスマスにkumatoさんにもらった粉挽き機で挽いて、 いろいろと配合を変えてパンを焼いています。


普段は、 全粒粉50パーセントが主流、 時々全粒粉100パーセント、 ライ麦パン、 白いパンなど種類を変えて焼いています。  最近は、 サワードウパンを薪ストーブで焼くのにもやっと慣れてきました。  

ただ、 火のタイミングが合わない時もあって、 その時は諦めるしかありません。 前日から、 

’明日はパンを焼くから、 あまり大きな薪を入れないでね、 少し小さめの火にしてね。’ 

とkumatoさんにちゃんとお願いするのですが、 起きてすぐの寝ぼけ頭ではすっかり忘れてしまうらしく、 巨大な薪を入れて、 

’ほら、今日はごっついのを入れたぞ〜 ずっとあったかいぞ〜〜 035.gif’  

と得意げなkumatoさん。(汗)

だいたいどんなに遅くても昼過ぎには冷蔵発酵しているパン種を焼かないといけないのに、 大きな薪の火が落ち着いてやっとパンを入れられる状態になったのは夕方5時頃だった、 しかも大きな薪がダラダラと燃えているので庫内の温度は低くなっていた〜〜〜!!!  
せっかく新しいレシピで凝って仕込んだパンは発酵過多でダレダレ、お座布団のように平たいパンに・・・・ ということが前回ありました。 
でも味はとても美味しかったので、kumatoさん全然反省の色なし〜 騒がなくても十分美味しいじゃないか〜 みたいに思っているのではないかと思います。 地元で売っている昔パンも大抵は平べったいお座布団パンなので、 抵抗ないみたいです。 
    




a0278382_06381423.jpg


薪ストーブでパンを焼いた後には、 クラッカーを焼いています。 注意していないとあっという間に焦げてしまうことがあるので、 電気オーブンよりも少し気を使いますが、 なんのその。 

 


kumatoさんがいる時には、朝起きるとkumatoさんが大きな薪ストーブに火を入れてくれて、 後から私がキッチンの薪ストーブに火を入れています。  そして、すぐに大きなやかんに水を沸かしてお茶を入れ、スタンレーの大きな魔法瓶いっぱいに満たします。  



a0278382_06375688.jpg



春から夏にかけて、一生懸命作ったハーブティ。結構美味しくて、 kumatoさんがとても喜んでくれるので頑張った甲斐がありました。 毎日違う種類を入れています。  エルダーフラワーや、リンデンブルーテン(菩提樹?のようなお花)などが美味しいのはもちろんですが、 意外にお花のミックスが美味しかったのが驚き? でした。  例えば、普通はバラの花びらは食用にする時につぼみの状態で採るものなのですが、 私はお花がもったいないので、 咲いてから採っています。  それにもかかわらず芳香が素晴らしく、 他のお花と超適当に組み合わせても(笑) それぞれが何とも言えない香りを醸し出してとても美味しいのです。   オーガニックのレモンピールやオレンジピールもせっせと集めて乾かして集めたのですが、それらとその日の気分や体調に合わせて組み合わせて毎日本当に美味しいお茶を楽しんでいます。 この他にも例年のようにレモンバーベナが売るほどの量があるのですが、 今年は色々とチョイスがあるので、出番が少ないです。    




a0278382_06325714.jpg

激しい寒波が来るというので、 お庭に最後まで残っていたロイヤルペパーミント(だと思う) も慌てて収穫しました。 その他、コリアンダーやパセリも。 十二月までコリアンダーやパセリが残っていたこと自体がびっくりなのですが・・・・・

ミントティーは、 他の種類のミントのお茶を二種類すでにたくさん作ってあるので、 消費できるかわからないのですが、あまりに綺麗だったので無駄にしたくありませんでした。  私は、一時期胃を患ったことがあって丈夫ではないのですが、 あれ、ちょっとおかしいな? と思う時にミントティーに切り替えるとまた大丈夫になることが多いので、 楽しむというよりも薬として絶やさないようにしています。   一度日本に一時帰国中に胃腸の具合がおかしくなった時に、ティーパックのミントティー(オーガニックで高かった!) を買ってあまりの不味さに驚いて以来、 用心のために少量持って帰るようになりました。  




a0278382_06323458.jpg




そして、私が一番好きなのは、和風ハーブティ。 びわの葉を収穫してビニール袋に入れて、 暑い日にテラスに3〜4日放っておいて発酵させたもの。  薪ストーブで焙じます。











a0278382_06324503.jpg





そしてどびんに入れて煮出します。 ちょっと手はかかるのですが、 飽きない渋い美味しさ 笑 
正直言うと、 私は西洋ハーブティより、 こういう渋めなお茶のほうが実は好きなのです。  




さて、 日曜日からkumatoさんがスイスに出かけました。 新学期の集中授業で、週末のコースなどもあるので2週間近く帰ってきません。  その間の薪運びがちょっと憂鬱だなあと思っていて、もっと楽な方法はないだろうかと考えた末、ゴロゴロを買うことを決意。  (ゴロゴロ=簡易荷物運びの道具)  今までは、私はあまり重いものは持てないので少量を何回も往復して家の中に運んでいたのですが、 ゴロゴロさえあれば、一気に運べます!!! うちには大きな作業用のものはあるのですが、気軽に使えるものを新たに購入しました。 37ユーロなり。



が・・・・・・・・



なんと・・・・・・



試運転二回めで壊れた〜〜〜〜〜〜〜〜〜(滝涙)


37ユーロが〜〜〜

 


a0278382_06332140.jpg




薪の重さに耐えられなかった上、 外から家の中に入る段差でボキッときたらしい。  
買った時からちょっとヤワかな? と思っていたのですが、 二回めで壊れるなんて、 しかも修復不可能な壊れ方するなんて・・・・・・・号泣。
37ユーロって、高くはないけれど、 二回で壊れていい値段じゃない〜〜 (もちろん保証書などなし)




あまりにショックで泣いていたら、 


a0278382_06330927.jpg


kumatoさん、

’よっしゃ、任せとき〜〜〜!!035.gif

ってたくさん家に運び込んでくれました。 優しい! 男の中の男!!!

でも心配性の私は、できるときには外に出て、ごっつい工事用のゴロゴロ(元からうちにあったもの)でさらにぼちぼち運び入れています・・・・・・。    




a0278382_06333477.jpg




今日は雪も少し降りました。 オリーブツリー、大きくなりすぎてもう完全に包み込むことは不可能になりました。 というかkumatoさんはなぜか絶対に大丈夫だと思い込んでいて、 無理してまでやる気がないみたいで・・・・・・  
幹と地面の部分に分厚く断熱をしてありますが、私は今年の冬の厳しさに耐えられるかどうかとっても心配で・・・・・・ こんなに寒い冬、きっとびっくりしているだろうと思います。 




さて、前回の続き・・・・ガレットデロワ二日目は・・・・



a0278382_06320770.jpg



kumatoさんが 熊さんのフェーブを当てました〜〜〜〜

実は、kumatoさんが切り分けて、お皿に分け、 食べ始めた時、何か私のフォークに当たるものがあったのです・・・
で、素早く食べかけのガレットデロワをkumatoさんに有無を言わせず取り替えっこしました。 笑   完全にズルで〜〜す。

それでも嬉しそうなkumatoさん。  

これで今年は二人ともに幸福が来るかな〜 ??




a0278382_06315719.jpg


うちのクリスマスツリーの飾りたち。  
大切に一つ一つ包んでしまいました。  また1年後に会いましょう・・・・・・・・・・  

この一年はどんな出来事があるのかな?   どんな気持ちでまた、この飾りを取り出すのかな?

こうしてゆっくりと新しい年を迎えることができた幸せを深く感謝しています。 



# by tomomato | 2017-01-11 08:03 | 天の恵み・自然の恵み | Trackback | Comments(14)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

本当に久しぶりの雨
at 2017-04-26 20:18
突如寒くなりました! 
at 2017-04-21 06:12
イースターとお庭
at 2017-04-18 05:43
忙しい日々
at 2017-04-13 06:20
kumatoさんが帰って来ました
at 2017-04-05 05:21

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメkちゃん、 今まで..
by tomomato at 18:20
poteriさん、 そち..
by tomomato at 16:43
Sakiさん、 そうなん..
by tomomato at 16:39
鍵コメkちゃん、 フェン..
by tomomato at 16:35
雨降ったのね、羨ましい。..
by pot-eri at 16:33
そうかぁ、なーさんは寒さ..
by Saki at 16:21
papricaさん、 そ..
by tomomato at 06:16
どひゃぁっ。気温の下がり..
by papricagigi at 02:53
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:42
まあ、急に寒くなったので..
by fran9923 at 08:38

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧