猛暑の庭とお土産



a0278382_03452138.jpg




ここのところ、猛暑が続いています。 日中は外には出られないほど暑い!!
それなのに庭仕事がやってもやっても終わらない!!
おまけに、昨日恵みの雨が振ってくれたおかげか???  蚊が大量発生してしまいました!! 滝涙
一昨日までは、 長袖、モンペ、長靴で、 洋服にケミカルな強力虫除けスプレーをしまくって、 肌の出ているところはオーガニックのスプレーを塗って、それでも4、5箇所は刺されている感じだったのですが、 なんと今日は、ケミカルスプレーしているのに、 外に出ると蚊の大群が一斉に私に群がり刺しまくるではありませんか!?? 
私の血、よっぽど美味しいのでしょうか?  顔もボコボコに刺されました。 
蚊に刺されるとアレルギー反応を起こしてしまうので、すぐさま石けんで洗い薬をつけるのですが、 刺された場所があまりに多すぎて対処が間に合いません。  それでも庭仕事が終わらない〜〜〜〜 !!

まずはkumatoさんが草刈りを終えていなかったところの草刈りをしようと思ったのですが、 うちの草刈り機、 ボロいというのもあるでしょうが、私の力が足りなくてスタートできないのです。  草刈りは、機械の音と振動がどうしてもダメで、いつもkumatoさんがやってくれているのですが、 kumatoさんの手術後初めて挑戦してきついながらもなんとかできたので、またやって見ようと思ったのですがこれでは草を刈るどころではありません。 情けない。 
仕方がないので、大型植木用ハサミで、歩伏前進しながら大雑把に刈りました。草刈り人間です。  笑  
草刈りをしないと、花壇と通路の区別もわからないくらい草が茂ってしまっておりましたので・・・・・ 




a0278382_03463297.jpg



今は、家の玄関側のジャスミンが満開を過ぎて、 とっても良い匂いです。 修復を始めて、花壇を作った年に植えたジャスミンが、こんなにも大きくなりました。 そのうち家の壁全体を覆ってしまうかもしれません。 
そして、デイリリーが素晴らしく綺麗です。 



a0278382_03453972.jpg

  

デイリリーも、 今年は一段と株が充実して背丈が高くなり、びっくりしました。 






a0278382_03460659.jpg





庭側のデイリリーも青空に向かって咲いています。 






a0278382_03455230.jpg



こうしてみると、 うちも、 フランスの美しい村々のお家に負けずに、結構綺麗ではないか・・・・
な〜んて自画自賛。 


a0278382_03461911.jpg


カンパニュラアルペンブルーが欲しいなあ、欲しいなあと思っていたら、 なんだかよく似たカンパニュラがうちの敷地の2箇所に生えているのです。 (右側の小さな星型の方)
うちには何種類かカンパニュラを植えているのですが、この品種を植えた覚えが全くありません。 
去年、向こうのお母様からたくさんいらなくなったお花の株をいただいてあちらこちらに植えましたが、その中にカンパニュラはなかったと思うのです。  不思議です。  イトシャジンという種類だと思います。  
この春に、ニョキニョキ生えてきた時に、kumatoさんにこれは雑草か、花か? と聞いて、おそらく花だろうと言って残しておいたのですが、 残しておいてよかった〜   一つは花壇に、もう一つはビオトープ予定地の崖に生えています。 増えてくれるといいな。 間違えて抜いてしまわないようにしないと。 




a0278382_03464235.jpg
 


雨が振ったのでお庭は生き生きとしています。(蚊も生き生き  滝涙) 





a0278382_03465634.jpg




昨日、花殻を積んであげたばかりなのですが、今朝、 バラがたくさん咲いてくれました。 まだまだ頑張ってくれているなんて感激。 この品種は香りも良いし、大好き、 おすすめです。  





a0278382_03471046.jpg


あまりに綺麗なので、また紫陽花、出しちゃう ^ー^ 
紫陽花は、去年はkumatoさんの希望で剪定をしませんでした。 いつもは花が終わった後すぐに切るのですが、しないで置いておくとその後、花の色が変わり秋までとても美しかったです。  完全に枯れた後、花殻を摘むだけにしたのですが、立派に咲いてくれました。
今年はその分背丈が一層大きくなりました。   
剪定や摘心については、まだまだ知識が浅く試行錯誤です。 試行錯誤しながら、少しずつ植物について知り、失敗を重ねて自分の庭を作って行くことができるのかなあ・・・ と思っています。 植物のことを知らないと、最初から計画的に植栽して行くことは無理ですものね。 まだ手がついていない庭の部分をどのようにしようかと、考えることも楽しみになってきました。    




a0278382_03472489.jpg




コスモスが咲き始めました。まだ初夏なのに? 








a0278382_03473817.jpg




徒長しまくっているパンジーやビオラですが、 今摘心してももう遅いと思ってそのままにしています。
タネを取らなければ・・・





a0278382_03475329.jpg






あちらこちらでコリアンダーが咲いていてとても綺麗。 このまま咲かせて実をならせて、実も収穫するのですが、いくつか放っておくと零れ種で出てくてくれます。 これが、自分でタネをまいて育てるよりもずっと丈夫で長持ちする株になるのです。  零れ種、 侮るべし。


今年は、なXXXさんの被害がないと思って喜んでいたら、 なになに、 かなりのものがやられてしまっておりました。  天敵(kumatoさん、ちょっぴり私)がいない2週間の間、 私の花を食べ尽くし、野菜をかじりまくっていて、 消えてしまった大切なお花もあり、とても残念です。    出発前に慌てて地に下ろした私の小さな苗たちは、ほとんど消えてしまいました。 乾燥のせいもあるかと思いますが・・・ 
ま、 そんなこともあるさ・・・・・  
まだ蒔きたいタネがたくさんあるのですが、九月にまた留守をするのでどうしようか迷っています。一か八かでやってみるかどうしましょうか?





a0278382_03480511.jpg



この二日で洗濯機を10回くらい回して、 旅行から持ち帰ったものを整理して、 その上庭仕事でしたので、 少々疲れており、 旅行の写真の整理までまだ手がつきません。  
いつも通りの写真でごめんなさいね。 

ちょっぴりだけ、フランスで買ってきたものをアップします。





a0278382_03483537.jpg


南フランスには素敵なものが本当にたくさんあって、 母と二人で、もう少し若かったら買いまくってるよね〜〜〜っとお店に入るたびに話していました。 布類も陶器もコスメティックも食べ物も本当に素敵でした。 
いいな、欲しいな、と思うものがたっくさん! 

母はもちろん、 私も、最近は物を増やすより減らしたいという人生の段階に入りつつありますので、 いいな、いいなと思いつつもぐっと我慢しました。  だからあまりお土産はないのです。 

プロヴァンスのオリーブオイル、 セナンク修道院の蜂蜜とクッキー、ラベンダーのエッセンシャルオイル。(非常に安かったので、大瓶を買いたかったのですがお店にお釣りがなくて小さいのしか買えなかったのが残念でした。 フランス、 お釣りのないところが多いです。) そしてマルセイユ石鹸、体用と洗濯用。 一つ600gもある大きなものです。  他には、サンレミの有名なチョコレートやビスケットを買いましたが道中食べてしまいました。  そして、展覧会の画集に、古本屋で見つけた画集、 マティス礼拝堂の本、 

そしてkumatoさんと思わず大人買いをしてしまった、 普通の人は絶対買わないもの・・・・・・・・





a0278382_03485671.jpg


絵画用のピグメントです。  これについてはまた旅行についての記事で触れるかと思います。 結構一つ一つが大きいので、 車じゃなかったら絶対に買えませんでした。 




そして、母が私に買ってくれたもの・・・・・





a0278382_03481872.jpg





ニースのカゴ屋さんで買いました。これ、写真だとサイズがよくわかりませんが、かなり大きいです。普通の大きなトートバッグの倍くらいあるかと思います。
今日、ベルベインを収穫しないといけなかったので、 これを使いましたが丁度良い!
濡れても大丈夫な素材なので、 泳ぎに行くときに使いたいなと思っています。 

思い出の品になりそうです。 



# by tomomato | 2017-06-16 04:47 | 石の家の庭の話 | Trackback | Comments(10)

旅行からジャングルに帰ってきました



a0278382_19411781.jpg



コートダジュールとプロヴァンスの旅から無事に帰ってきました。

母は、一昨年の十二月に、ヨーロッパへの旅行に出発するその当日に脳梗塞で倒れてしまったので、それ以来少し気弱になってしまい、 またヨーロッパへの旅行をする決心がなかなかつかないようでした。 今年に入って、 コートダジュールにはどうしても行きたい、 と言ってくれた時には本当に嬉しかったのです。 そうはいっても、母も80を超え、これまで以上に色々な点に気をつけなければいけないことは明白でしたので、 今回は無理をせず臨機応変に予定を変えられるような日程にして備えていました。 

一応の ’普通の予定’ はたてておいて、体調を考えながら休みを入れたり、様子をみて無理なところは外したりしていけば良いと思っていたのですが、 結果的には、なんと全ての(結構ぎっちりな!!) 行程を母はこなしてしまい、 むしろ私とkumatoさんの方が疲れてしまったかも!? という感じでした。 

かなり上り下りの激しい、全く高齢者向きではないところにも行きましたのに、 母の健脚には驚かされました。

南フランスは、治安がかなり悪いところで、ひったくりやすり、あるいは車のガラスを割られて盗難にあったり、それどころか車ごと盗まれてしまうということが当たり前のように起こるところだと聞いておりましたのでかなり緊張していたのですが、やはりkumatoさんがいてくれたことで本当に心強く、おかげさまで何事もなく無事に旅行を終えることができました。  (kumatoさん自身も2回も、盗難にあったことがあり、車ごと盗まれたというのはkumatoさんのお友達ですので、決して大げさではないのです) 
日本人の女二人だけ、しかも高齢者同伴では、こうはいかなかっただろうと思います。 

旅行の写真は、 少しずつアップして行きたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。




a0278382_19410660.jpg



昨日は母の日本への飛行機が、なんと4時間も遅れてしまい、私はそれから6時間以上かけてフランクフルトから電車でお家に帰ってきましたので、家に着いたのは夜の9時半頃でした。  今朝の四時にkumatoさんがスイスに発つ予定でしたので、 日が暮れる前に大急ぎで二人で庭に出て、kumatoさんの留守中の庭仕事の必要な点を打ち合わせしたのですが、 庭がジャングルのように荒れ果てているのにびっくりしてしまいました。




a0278382_19405282.jpg

  


バラも美女ナデシコももう終わり、 その代わりに緑の色がぐっと濃くなって、木も野菜も花も草もぐんぐんと伸びていて圧倒されました。 





a0278382_19424634.jpg









a0278382_19430302.jpg



一部だけ、すでにkumatoさんが草刈りをしていてくれたので、 なんとか見られる状態なのですが・・・・・


a0278382_19413632.jpg



a0278382_19441813.jpg







紫陽花がもう咲き始めました! そうか、もう六月ですものね。



a0278382_19433416.jpg
a0278382_19431914.jpg



プロヴァンスでは、まだラヴェンダーが早かったのです。 ところがうちは、満開を過ぎてしまいました。多分種類が違うのだと思います。 
今年は収穫期を逃しました。
 
アップリコットもおおかた実が落ちてしまい残念でした。 今年は九月にも2週間留守をするので(私は5週間も!) たわわになった果物たちの収穫や保存食作りを逃すことになりそうです。 涙 
庭があると冬以外は出かけられませんね。  これで動物がいたら、一年中旅行は無理ですね。




a0278382_19440568.jpg




a0278382_19443271.jpg


カモマイルも終わりに近くなっています。 最後のあがきで収穫しました。

旅行で結構疲れているので、2,3日はゆっくりしたいと思っていたのですが、と〜んでもない。 
家の中もめちゃくちゃ、洗濯物の山、  お庭もジャングル、  頑張らないといけません。 
アートバーゼルがあるので、スイスにも行きたいのですが果たして行けるかどうか??? 




a0278382_20060970.jpg



手前はインゲン、 奥のアーティチョークは、 なんと2m以上になっていて、何十個も蕾をつけています。 昨日は強風だったらしく、倒れてしまってkumatoさんと二人で支柱を立てたのですが、 二人掛かりでも大変でした。
こんなに巨大になってしまって、 一体どうしましょうか???  アーティチョークがこんなに強い植物だとは知りませんでした。 






# by tomomato | 2017-06-13 20:35 | ひとことご挨拶*お知らせ | Trackback | Comments(6)

旅行前のエルダーフラワー仕事と日常




a0278382_17273400.jpg




kumatoさんの手術からちょうど2週間、 術後は順調に回復し、元気にしています。 本当は2週間働いてはいけないのにこの通り、 畑仕事にせいを出しています。

というのも、ここ4、5日、 私が体調を崩してしまい、 kumatoさんに始終ついて監視出来なくなってしまったので、 私の見えないところでかなり色々とやってしまっているようです。
まあ、ほぼ正常に元気になったのでちょうどよかったかもしれません。 色々と側でいられるのもうるさいでしょうから。 笑

昨日、 絆創膏がポロリと取れて手術の後を初めて見ましたが、2週間経ったと言ってもやはり傷跡は痛々しく、マイナーな手術とはいえ侮れないなと思いました。   
今週の火曜日に母がヨーロッパに来て、3人で南フランスを旅行するのですが、 それでちょうどよかったかもしれないと思っています。 家にいたら、 仕事も含めて重いものを必然的に持ってする作業が多いのでついつい無理をしてしまいそうですから。




a0278382_17223335.jpg





私の体調が思わしくないというのに、エルダーフラワーの季節がやって来てしまいましたので、 たくさん収穫しました。
合計7、8kg収穫したと思います。


スイスに行く前に収穫したものは、 雨が降り続く日々でしたので





a0278382_17234465.jpg


薪ストーブの上や、



a0278382_17235553.jpg




乾燥機で乾かしました。 うちには構造的にはほぼ同じ旧式の乾燥機があったのですが、それだとフルーツなどどうしても焦げ付いて綺麗にできないこともあったので、 この新式のものに買い換えました。  音がかなりうるさいのですが、 温度調節もできますので仕上がりがかなり綺麗です。 薪ストーブや太陽熱が使えない時のピンチヒッターとして役に立ってくれそうです。

エルダーフラワーは、風邪の時にとても良いハーブティになります。  
去年、色々と花を収穫してハーブティミックスを作ったのですが、 バラやアカシアやカモマイルやボリジやマルバなどは綺麗で香りも良く微かな甘みもあるのですが、味という点では、 他のリーフティーとミックスしたりレモンやオレンジのゼストを混ぜたりして楽しむことになり、  やはりエルダーフラワーがだんとつで美味しいので、今年は去年の3倍量のお茶を作りました。レモンの皮やレモングラスを乾かしたものをミックスして飲みます。  
他のものは今年はあまり作らないかも。  ベルベインとやはり風邪に良いリンデンの花、 ミント、 あとは少しカモマイルと、今年の夏が去年ほど乾いた夏でなければ作ってみようと思うラズベリーの葉っぱの紅茶でもう十分かも。 
冬が楽しみです。 


スイスから帰って来てから、また別の場所にエルダーフラワーを収穫しに行って、今度はシロップを作りました。
いつもはシャンパンも作るのですが、 もう旅行がすぐですので、 時々空気抜きをしなければならない発泡シャンパンを車に積んで旅行するのもちょっと・・・・・  ということで諦めました。  母の荷物が爆発したシャンパンまみれになったら大変ですし・・・  




a0278382_17224433.jpg




これらのお鍋はそれぞれ9〜12リットルの大鍋です。  
具合が悪い上に旅行の準備でてんてこ舞いな状況なのに、私は一体何をやっているのだろう・・・・・ と思いながらこれらの鍋を眺め、写真を撮りました。 笑




a0278382_17233256.jpg



昨日はkumatoさんに助っ人を頼み、瓶詰めしてもらいました。


シロップは花の全体量の三分の二はお砂糖で(完全に精製されていないお砂糖)、 三分の一は Birken Zucker ( キシリトール)で作りました。 キシリトールは本来は白樺の蜜からできています。 (最近は、他の自然材料で作られていることもあります)
実は、 ある時、歯や体にはその方が絶対的に害が少ないという理由で、砂糖の代わりに全面的にキシリトールに変えようと思ったことがあるのです。  決心するとすぐに行動に移すタイプなので、幸い知り合いにキシリトールを扱っている人がいたので、いきなり10kg分、購入しました。 

ところが、なんと、私の体はキシリトールには向いていなかったのです!  以前に歯医者さんにいただいたキシリトールのガムを食べた時には大丈夫だった記憶があるし、 インターネットでも向かない人がいるという情報は見つからなく、そのポジティブな効能について言及しているものがほとんどでしたし、周りの人で常用している人はたくさんいるので購入時には知らなかったのです。


多用するとお腹が緩むということは知っていたのですが、私の場合は吐き気と膨満感が一日以上続き、かなり辛かったのです。稀にそういう症状を示す人がいるようで、 私はその’稀’なケースみたいです。

kumatoさんは全く大丈夫、 多用してもお腹が緩むこともなく!? Birken Zucker は、kumatoさんに消費してもらうことにしました。 (カロリーも砂糖に比べるとだいぶ低いです)
私は普段甘い飲み物を飲むことはほとんどないので、 シロップは風邪を引いた時やデザートを作る時のために使うのですが、kumatoさんが砂糖の方を一度にたくさん飲んでしまわないように、 たくさんできすぎてしまったシロップの隠し場所をこれから考えないといけません。 







a0278382_17222053.jpg



さて、アイス、第二弾。 下の透明のものは、エルダーフラワーのシロップを使ったものにお庭で採れたワイルドベリーとイチゴを入れたものです。  上は、砂糖の入っていない自家製のグレープジュースとグレープシロップをヨーグルトに少し混ぜたもの。 左は、庭の洋梨とブラックベリーをコンポートにしたものとヨーグルトを混ぜたもので作りました。
今週は30度くらいの日々が続きましたので、棒アイスが美味しかったです。





a0278382_17241000.jpg




今年は、 春が早く来すぎたり、kumatoさんの手術があったりで薔薇の世話がほとんどできませんでした。 それにも関わらずたくさん花をつけてくれて、 申し訳ないくらいでした。 
こんな風にムシャムシャと虫に食べられてしまっているのですが、kumatoさんは私がこれらの虫を捕まえるのを好まないようで、 今年は食べ放題飲み放題にさせています。  
旅行前に花をできるだけ切っていこうと思います。 




a0278382_17244316.jpg
 



たくさんの苗のセットもまだ早すぎるのですが、一か八かでできるだけ庭のあちこちに定植し、残りは木陰にセットごと土に植えて薄くマルチをしました。 さて何割が生き延びるか!?  ここのところずっと暑く乾いた天候ですので、あまり結果は望めないかもしれません。 
庭があると、なかなか長期の旅行は難しいですね。




a0278382_17245765.jpg
a0278382_17274700.jpg
a0278382_17262432.jpg
  


南フランスはここよりもさらに気温が高くなる可能性があるので、恐怖です。
それまでには少し回復して、 元気に楽しく旅行ができるといいな・・・・・・・






# by tomomato | 2017-05-28 18:21 | 天の恵み・自然の恵み | Trackback | Comments(12)

kumatoさんの学校のイベント



a0278382_16292883.jpg




先週水曜日にイタリアのお家に戻ったのですが、 土曜日にkumatoさんの学校のイベントがあったのでまたスイスにとんぼ返りしました。
イタリアでは、手術後のkumatoさんが無理をしないように始終ついて、 さあ、薬の時間だからこれを飲みなさいとか、 そんな重いものを持ってはいけないとか、 それをやってはダメとか、 うるさくやっていたので、こちらの方が疲れました。  まともに歩けないのにアレヤコレヤとやろうとする上、自分では必要な薬も飲まない困ったkumatoさん・・・・・・

イベントでも、 ワインなどを運ばないといけませんので、無理をしないか心配でしたし(薬も飲まないだろうし)、 日曜日にアスコーナの展覧会のが終わり、絵の搬出がありましたので私もついて行きました。

kumatoさんの学校は、バーゼルの中心地からほど近い巨大な工場跡にあるのですが、 ここがとても面白く’ホット’な場所なのです。 色々なアーティストのアトリエや中古屋さん、スポーツクラブ、 かっこいいカフェバー、コンピューターの学校、動物病院、オールドカーのファンクラブなどが集まっています。 そして、時々この工場跡全体がフェスティバルをするのです。 
今回は、春のフェスティバルという催しでした。 それぞれの施設が出店を出したりサーカスやコンサートなどのパフォーマンスをしたり、展覧会をしたり、もうワクワク・ドキドキものの面白い一日でした。



a0278382_16293777.jpg

kumatoさんの学校でも、学生達の絵の展示会に合わせて、ジャズのコンサートが何回か行われました。


a0278382_16295127.jpg



kumatoさんの弟さんも、参加してくれましたよ。 1回目はパーカッション二人、 一人はバリの様々な楽器を、kumatoさんの弟さんは自作の楽器を駆使して素晴らしい、面白い音楽を聴かせてくれました。




a0278382_16300293.jpg
a0278382_16301497.jpg



コンサートの間、 何人かの学生はその印象を即興で絵にしています。 (これもパフォーマンス?)



a0278382_16305963.jpg
a0278382_16332876.jpg




今、kumatoさんの学校では地水火風の4つのエレメントをテーマにしており、学生達が工夫を凝らした展示をしていました。 






面白かったのがこれ・・・・




a0278382_16311058.jpg




このインスタレーションは、展示に訪れた人がぶら下がっている道具を使って様々に遊び、作品を作ることができるコーナーです。
フイゴや水、マッチなどもあり、 4元素を体験するという目的もあるらしいです。 
この粉は、 色々なスパイスで、 ’匂い’ も同時に体験できるという優れものです。





a0278382_16302739.jpg
 



子供達も夢中で作品を作っていましたよ。 もちろん、学生がそばについてガイダンスをしています。 





a0278382_16303734.jpg





できた作品はその場に展示してあったのですが、 なんとそのうちの一つが売れたそうですよ。 
その収入は学校の維持、あるいは奨学金に使われます。





a0278382_16304887.jpg




たくさんの人たちが訪れてとても楽しい一日でした。






a0278382_16312012.jpg





そしてこのイベント、なんと午後2時から夜中の2時まででした。 kumatoさんの体調があるので、 早めに帰ろうと言っていたのですが、 kumatoさんはとても楽しかったようで、 体調もかなり回復していたので、 最後までいました。
特に、うちの学校では3回コンサートが行われ、 途中で予定をしていなかったサックスの人も飛び入りで演奏してくださり、 盛り上がりました。 

最終的に、 ミュージシャン達に払うお金の交渉をしたのですが、なんとこの方達、 自分たちがすごく楽しかったからお金はいらない!!  と言ってくださったのです。
かっこい〜〜! 


kumatoさんは大好きなラムの串焼きの出店に行く以外は、ほとんどずっと学校にいなければならなかったのですが、 私は自由に他のイベントも見ることができました。 レゲーやラップのコンサートもあちらこちらでやっていて、美味しそうな出店もたくさんあり、たくさんの人たちが楽しんだ一日でした。 




 


# by tomomato | 2017-05-24 17:00 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

帰ってきました 



a0278382_16020697.jpg




スイスから一昨日戻ってきました。
kumatoさんの手術は無事終了し、 予定より一日長く入院しましたが予後は順調です。  
本人は非常に軽く考えていて、 入院しなくて日帰りでも帰れるよ、などと言っていたのですが手術後、それほど簡単なことではないということがわかったらしく、大人しく入院延長を受け入れていました。

土曜日に学校で大きなイベントがあるので、そのままスイスにいるのが一番良いと私もkumatoさんのお母様も勧めたのですが、 本人が受け入れず退院したその日にイタリアまで帰ってきました。  運転自体は大丈夫だったのですが、 車ごと乗り込む電車の揺れが相当厳しかったらしく冷や汗をかいていました。



a0278382_16022292.jpg
お家に帰ってきてハッピーなkumatoさん



この人、 普段元気なものですから、 自分の体調を気にするということが本当に苦手で、 私が始終ついてあれはダメ、これはダメ、 さあ薬を飲みなさいといちいち気にして、 その度に大丈夫と言い張るkumatoさんと戦って私の方が疲れているかもしれません。  一応2週間は、ドクターにより働いてはいけないという証明の紙をもらっているのですが、本人は気にせず、存ぜず、 帰るなりいくら止めても聞かずにキウイの剪定をし、収穫に行き、草を引こうとし、その度追いかけて私がやるからと言って頑張っています。 ( でもそれは気に入らないらしい)   




a0278382_16023534.jpg

まだまだ色々な植物の苗のセットがあったので、スイスに発つ前に全て北側に移し、 水をたっぷりやってフリースでカバーしました。留守の間、 二日ほど30度近い暑さになるという予報だったのでおそらく全てダメになっているだろうと覚悟していたのですが、 この五日間、いくつか徒長してしまったものはあっても、 全て無事でホッとしました。




a0278382_16025797.jpg
  

バラは満開になっていました。  その代わり、草もこのたった五日間で30cmくらい伸びたみたいでぼうぼうです。 




a0278382_16035316.jpg


kumatoさんの手術は、 ’臍ヘルニア’ というものでした。  少し前からkumatoさんのおへそが ’でべそ’ になっていることに気がついていたのですが、そういう病気? があることを知らなかったので、あまり気にしていなかったのです。 ’でべそ’ がだんだん大きくなっていることに気がついて、病院に行くよう勧めたのですがなかなか時間を作ってまで行こうとしませんでした。  ある時、 少し痛みがあったようで、それでやっと病院に行く気になりました。

’臍ヘルニア’ は、 おへそのところの腹膜に穴が空いて、 本来内側にあるべきものが外に出てきてしまう病気で、へその緒を切ったばかりの幼児によく見られるものだそうです。 幼児の場合は成長とともに消えることが多いらしいですが、 成人になってなってしまった場合は放っておいてはいけないものらしいです。  腹膜の穴が大きくなり、内臓が外に出てしまった場合、腸閉塞などを起こして命の危険に関わる場合もある危険なものらしいです。 
一般には、成人のヘルニアは肥満や妊娠後などに起こる場合が多いと言われているようですが、 ガリガリに痩せた人でもなることもあり、 kumatoさんの場合は(肥満があることも事実ですが)、おそらく重いものを持ちすぎて腹膜に過剰な負担がかかったせいではないかということでした。 
しかも、なんとkumatoさんの家族には何人か臍ヘルニア、あるいは鼠径ヘルニア(足の付け根のところ)の手術をした方がいるので、 もしかしたら遺伝的に腹膜が弱い家系というのがあるのかもしれないと思いました。 

手術は、 おへそのそばを切って、 飛び出たところを中に戻し、 一部切り落とし、 破れた腹膜のところに新たにネットを入れて保護するというものでした。    手術としては簡単な部類に入りますが、全身麻酔ですし、 心配性の私が一人でやきもきしておりました。

幸い内臓ではなく、少し脂肪が飛び出た段階でしたので、 不幸中の幸いでした。 このまま放っておいたら命に関わる可能性もあったわけでしたから。




a0278382_16031280.jpg
 


本人は忙しいのもありますが、気にしなさすぎで、 病院でもらった書類にも目を通しておらず、 前々日に私が無理やり読みなさい! と言って一緒に読んだのですが、 そうしたら病院に事前に電話をするように書いてあり、なんとその期日が過ぎていたのです!! 




a0278382_16032483.jpg


慌てて前日の日曜日に電話をしたのですがもちろん担当の人はおらず、受付の人に聞いたら手術の時間が一時間遅いと聞いて、 早起きしなくてよかったね(最初の予定では5時起きしないといけませんでした) と言って喜んだのですが・・・・・・・・ 実際に一時間遅れて手術に行ってみると、なんと電話に出た受付の人が勘違いをしていたらしく、 最初の時間に来ていなければいけなかったのだそうです!!! 
大慌てで事前の痛み止めの薬などももらわずに、そのまま手術室に運ばれたそうです。 

なんともkumatoさんらしい・・・・・・ 滝涙
無事に終わって本当に良かった・・・・・ 冷や汗 




a0278382_16040936.jpg


私も心配し過ぎて疲れてしまったので、 バラとお庭の花に癒されています。 




a0278382_16033931.jpg

a0278382_16061653.jpg




昨日は、 退屈してしまったので庭仕事を始めようとするkumatoさんを止めて、散歩に出かけました。
エルダーフラワーがたくさん咲いているので近くに取りに行ったのですが、 ここでもkumatoさん、 どんどん先に行ってしまって、 かなり危険なところまで行こうとするので、 神経を尖らせた私は何回も怒ってしまいました。  エルダーフラワーは普通、森の外れ プラス 少し湿ったところに生えていて、 収穫しにくいところに生えていることが多いのです。 普段のkumatoさんならば全く大丈夫なのですが、 コルセットをしている上、まだ普通には歩けない状態のkumatoさんですので、 もうヒヤヒヤしてしまいました。 



a0278382_16064669.jpg




大きなプラスチックバッグ2つ分、3キログラムくらい採って来ました。 明日、またスイスですので、 この分は全て乾燥させてお茶にします。
帰って来てからまた収穫して、シロップとシャンパンを作れると良いのですが・・・・・ 




オマケ
a0278382_16075593.jpg


六弁シモツケ   大好きなお花です。 

去年、野原にたくさん生えているものを一本移植しようと試みたのですがダメで、採取したタネを採って蒔いても全く出てこなかったのですが、 なんとうちの敷地の外れにも生えていました・・・・ 笑
お隣との境界にあるのでお隣の人が草刈りで刈ってしまう前に一本紫陽花の横に移植しました。 残した方は、鹿用のネットを壊してその内側に入るぶんだけ保護。 数日後、やはりお隣の人が草刈りをして、 ネットの外のぶんは刈り取られてしまっていました。涙 
増えてくれると良いのですが。   私、お花は野草が一番好きかもしれません。 kumatoさんは、自然の中に観に行けば良いじゃない? というのですが・・・・・・・ 


# by tomomato | 2017-05-19 17:01 | 石の家の庭の話 | Trackback | Comments(8)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

コートダジュールの旅 5
at 2017-06-26 22:11
コートダジュールの旅 4
at 2017-06-24 04:21
コートダジュールの旅 3
at 2017-06-21 06:59
コートダジュールの旅 2
at 2017-06-20 01:47
コートダジュールの旅 1
at 2017-06-17 00:58

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

papricaさん、こう..
by tomomato at 01:21
Kumatoさんたら。。..
by papricagigi at 23:03
fran9923さん、シ..
by tomomato at 15:36
Sakiさん、え? 日本..
by tomomato at 15:32
グラスを持ったkumat..
by Saki at 11:54
おはようございます。 ..
by fran9923 at 08:50
fran9923さん、 ..
by tomomato at 14:55
鍵コメちゃん、 ノウゼン..
by tomomato at 14:50
素敵、素敵。 でも観光..
by fran9923 at 10:56
asaporonさん、あ..
by tomomato at 14:43

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧