イゾルノ



a0278382_7352879.jpg



ここの所、暑くて暑くてたまらない日々が続いています・・・・ 修復・改築中の家は日当りが良すぎて、 夏は死ぬような暑さ。テラスが全て出来たら、パーコラを作って家が緑で覆われるようにするつもりなのですが、今はまだ石の壁と岩がむき出しの崖が思いっきり太陽の熱を反射して、じりじりと焼け付くような暑さです。 既にかなり植物を植えているので、 時々すーーーっと涼しい風が吹くのが救い! 


身体が熱を持って死にそうな時にむかう先は???029.gif


もちろん決まっています! 006.gif





そう、 川です、 川!  003.gif


a0278382_7184687.jpg



家から歩いて行ける所にも奇麗な川があるのですが、 今日は車に乗ってイゾルノという渓谷に出かけました。 車で10分か15分くらい? 


こんなに水が奇麗なのです! 
a0278382_7175345.jpg







続きは下をクリックしてね!

More  リバーサイド・アフタヌーン
# by tomomato | 2012-07-31 06:28 | 石の家のある所ー0SS0LA | Comments(8)

モランディの水差し



a0278382_18415687.jpg




最近、kumatoさんも私も、 街に出たら出たで目を光らせています。 

新しいお家に必要なあれこれを、意識せずともいつも探しているのです。   

特に、 古いアンティークのランプ、 シャンデリア 、 家具等を探しているのですが、 それ以外にももし良い物に出会えれば、お財布と相談しながら買い求めております。

庭仕事に一息つけて、 プラムの木の下に座って休んでいる時には、 家の前に出来る大きなテラスのために、あるいはゲスト用のピアッツア(石畳のテラス)のために、良いガーデンチェアとベンチが欲しいなあとか、まだ廃虚?の沢山のお部屋を見れば、 ランプは少なくとも30個くらいは将来いることになるなあとか、 そのうちいくつかは素敵なアンティークに出会えれば買っておこうとか、 机や椅子だけでも、ゲスト用のお部屋を考えると相当な数が必要になるし、とか、 もうすぐここで絵のコースがあるのでその予定を考えていると、アンティークの銀メッキのフォークやナイフをゲスト用にそろえられれば、とか、とにかくちょっとした時間にあれこれと必要な物が頭を巡ります。


そういう訳で、 お買い物に行くとつい目が光り、 ちょうど良さそうなものが 手に入れられる値段 053.gifで売っていると (これが一番重要!!!! )少しづつ集めるようにしています。 

何しろ家がでかすぎ・・・・・・・008.gif

バーゼルに行ったら行ったで、 土曜日のフリーマッケットの日に当たれば、最近はせっせと通っておりますし、セコンドハンドのお店などにフラッっと立ち寄っては吟味して、いろいろと物色しております。 

 バーゼルの土曜日のフリーマーケットは超おすすめ!029.gif

既に、ゲットしたもの多し。  大きな食器戸棚、 素敵なシャンデリア3つ、ランプ一つ、 素晴らしいガーデンチェアセット2つ、 花瓶や銀食器などなど、 小さな物から大きな物までいろいろと見つけました。

まだまだ、全然足りないけれどね・・・・


いつか、ちょっとずつ紹介できたらと思っています。 ( シャンデリアや他の物も含めて、 現在、家が出来るまで置いておく場所の問題があり、バラバラに置いてあったり、壊れないように包んであったリしているので写真もうまく撮れないのです。) kumatoさんは、美しい物への審美眼というか趣味というかけっこううるさく、026.gif  私がまあ良いんじゃない? と思う物でも、ダメだしがでることもあります。 けれども趣味はだいたい一致しているので、(二人とも、どちらかというと、ごてごてしていなくてシンプルな物が好きです。シャンデリアは別だけど) 一緒に物を探すのも楽しいし、ぶつかることはけしてないのですが・・・・・・

あと、kumatoさん、道でいろいろと拾ってくるのも得意・・・・・・・ ときどき、やめてよそんな物を、と思うこともあるのですが・・・・・、時々良い家具とかも拾ってくることが・・・・ なんでそんな物が道に落ちているのだろう?????  005.gif

私はいわゆるジャンクもいいなと思うことがあるのですが、kumatoさんはその点とても厳しいです。  とにかくフォーム、色が美しい物でないと、ダメだしがでます。002.gif あと、けっこう質の高いものが好きです。 安っぽい物はだめ 

あの顔で・・・・ けっこう、自分の物は、なんで? と思うようなとんでもない安っぽいもの持ってたりすることもあるのに、家に関する物だけは、なぜか高貴な物が好きなのです。なんでだろう?
037.gif 

先日、シャンデリアを物色!? していたお店で私が気に入って買った物が、上の写真の水差しです。 昔、 水道のない時代にホーローの洗面台に置いて使っていた水差しです。 (実は、 そのホーローの洗面台の、台だけは家からでてきました。 それも何時かなにかに使おうと思ってとってあるのですが・・・・・) 


kumatoさんに、 

’ これ気に入ったから買っても良い? ちょっと高いから値段の交渉してくれる? ’016.gif

と聞いたら、

kumatoさんは、

’ふーーーーーん ’009.gif


と吟味しておりました。 特に気に入った訳でもないけれど、まあ嫌でもなさそう。
そして、どこかで見たことあるな、 と考える表情になり、突然、

’これ、モランディの水差しじゃない? ’  001.gif

とまんざらでもなさそうな表情になりました。 


’モランディ?? ’






そう、絵描きのモランディでした・・・・・


a0278382_18393127.jpg



はは〜〜〜〜〜〜〜〜、 さすが美術学校の先生、 kumatoさん!!! 
視点が違います。 


a0278382_18384756.jpg



さっそく値段の交渉をしてくれましたが、 これはコピーではなく、オリジナルの物なので安くはなりませんでした。 (その分、シャンデリアとか、銀製品とかかなりまけてくれたけど)(といってもね、 日本で買うようなアンティークの恐ろしい値段では決してありません・・・・私がけちなだけ kumatoさん、交渉上手だし! 003.gif) 



お客様が来ると言うので、この地域の川辺に咲き乱れているフリーダーを中心に、 庭の花を足していけてみました。



a0278382_18332071.jpg




モランディ、 なかなか行けてるじゃん!!!056.gif 



と自己満足しておりますが、いかがでしょうか?

kumatoさんは、ゴージャスな花瓶が好きなので、モランディが思い浮かばなければ、 なんじゃ こりゃ?と思ったことでしょう・・・・・ モランディ、水差しを描いてくれてありがとう! 011.gif
# by tomomato | 2012-07-30 07:29 | 石の家のものの話 | Comments(8)

フェスタ a Montechristese




a0278382_233440.jpg



a0278382_2333388.jpg




新しいお家から見える教会のところで、フェスタがあると聞いたので先週末行ってきました。 イタリアでは、やたらに理由を付けてはしょっちゅうあちらこちらでフェスタをやっています。 収穫のフェスタだったり、教会の聖人のフェスタだったり、 理由はあれこれですが、することは同じ。


  ひたすら食べて、食べて、 喋る 068.gif


たまには、中世の衣装をみんなが着ていて、凄く楽しい雰囲気のあるフェスタもあるのですが、 たいていは理由等どうでも良く、とにかくみんなが集まって食べるぞ〜〜〜〜〜〜〜  という勢いのフェスタが多いです。 (少なくとも、この地域では・・・・) 
村や街によっては、フェスタ専用の設備を盛大に整えている所もあり、 体育館の様な巨大な建物の中に、100人分の肉を一斉に焼けるだろうと思う程のグリルの機械がある所もありました。  



さて、こ のフェスタも、小規模ですが、またしかり・・・・・

フェスタ開始の時間に、いきなり軍服を着た人達がブラスバンドを演奏し始めたのでびっくりしましたが。 右翼の集まりかと思った。
後で見てみたら、’スポーツと?なんとか?(誰もよくわからない言葉でした)のフェスタ’と言うタイトルがついていて、右翼ではなさそうなので、ほっ・・・・・・・・・・ でも、スポーツと軍服?


食べ物は、何処のフェスタでもほとんど同じなのですが、 肉のグリルと簡単なパスタ、ピッツア、ワインにビールなど。 この地域はポレンタも良くメニューの中にあります。

More  Do田舎のフェスタ食いまくりの巻
# by tomomato | 2012-07-29 07:05 | 石の家のある所ー0SS0LA | Comments(2)

お休み時間のお部屋 



昨日、ハンモックのシエスタについて触れたので、 今日は お休み時間に使うお部屋 のお話を・・・・・・

今、修復・改築中のお家はものすごく大きくてやたらに沢山お部屋があります。 貧しい山のファーマー(農民)たちのお家だったので、一つ一つはたいして大きくなく、 本当に雨露しのぐのがやっとのお部屋ばかりです。

ところが、そこにたった一部だけ、1970年代初頭まで人が住んでいたところがあるのです。 今で言えば、1DKのアパート???  私達の前の所有者の方 (スイス人のご年配の方と、その息子夫婦)が、 数回ここに休暇に来られた時には、このアパートの部分と、 あと1部屋、何とか寝られる板間のお部屋が上にあって、 そこで子供達と一緒にキャンプのような生活を、数日送ったそうです。 

いま、その上の板間のお部屋には、kumatoさんの甥、simが住んでいます。  今私達が住んでいる、文明的!?? な家 (普通の家と言う意味です。) にもお部屋があるのですが、simは、この修復・改築中のお部屋に住む方が気楽? なようで、 お部屋にマットレスをしいて、ちゃんとタンスも入れて住んでいます。 (今度紹介しますね!) 


さて、これが台所(DK) 部分・・・・・・・・・
   



a0278382_6304853.jpg
 


a0278382_759225.jpg




上の写真のドアを出るとあの、 壮大なトイレストーリーの始めの話、昔のトイレのあるバルコニーになっています。 006.gif


そして、 ちなみにそのスイス人の(当時)若夫婦は、 あの昔式ボットン・トイレを使っていたらしい。
   
まだ、におうのですよ、もう10年以上も前なのに!????

もちろん、1970年代に住んでいた方も、 そのトイレを使っていたに違いありません。 (だって、他にないもの・・・・・・) お風呂もありません。 

1970年代には、日本でも田舎の方ではまだ、旧式のボットン・トイレを使用している家もありましたし、また、東京都内でも、 汲取式のトイレがあったのを覚えています。 汲取の大きな自動車がやって来て、何やらパイプを伸ばしているの、見たことあります。  (年がばれるな) 

だから、イタリアでもこんな Do 田舎ではボットンだったとしても不思議ではないですね。

私のお友達で、未だにこのトイレを使っている人もいるし、 私はダメだったけれど気にしない人は気にしないのかなあ??? 

 何しろ匂うので、私はここを使うのなら、外の茂みの方が良かったです。一応トイレも掃除はしてみたのですが・・・・・

お風呂も、 例えば未だにドイツ人の中には、(それほど年を召していない方でも) シャワーは滅多に浴びず、もちろんお風呂も滅多に入らず、けれども毎日洗面台にお湯を張って、 袋状になった小さなタオル(フランネル)を使って(上半身と、下半身とたいてい2枚)身体を石けんを使って奇麗に拭く習慣の人がいるくらいなので、 1970年代のイタリア人もそうやって清潔さを保っていたのでしょうか? 


このキッチンは、食事を用意するだけではなく、休憩時間に座ってゆっくりする場所、そして、工事現場の中枢? オフィス? ミーティングルーム? の多機能を果たしております。 



そして、その隣に小さなベッドルームがあります・・・・・・キッチンの下の写真の、ミシンの横のドアを入った所


a0278382_6332591.jpg



けっこうかわいいでしょう? 001.gif

作業中に疲れた時に、横になって休めるように準備しました。 (今は、kumatoさんも、ハンモックに行っちゃってるけど・・・・) 

あってうれしい部屋! 053.gif

夏はもろに日差しが入って来て暑いので、 のれんをかけております。 この間この家に一泊した時には、この部屋で寝ました。 今はトイレがあるので、 この家に住もうと思えば住めるのです。 simは、外に水シャワー設備を建築中。  この夏だけの物なのですが(後で、もっとちゃんとした物を作る予定)かなり凝って作っています。 (今度ご紹介しますね)

でもこの間この家に一泊して分かったことは、 やはり工事現場に住むのは結構つらいと言うことでした。

一日中土やホコリにまみれた暮らしをしたあとは、やっぱり清潔な家に帰ってシャワーを浴びて食事をしたい! 工事現場は工事現場なりに、事故や病気が発生しないように、 私は毎日必死でお掃除と整理整頓を心がけているのですが、 やっぱりどんなに頑張っても、普通の家の様な訳には行かないのです・・・・・・ 

おまけにこの家にいると、目が覚めてから夜寝るまで、しなければならないことが目について、気が休まらないのです。  特にkumatoさんは、 夜中に目が覚めたときですらバルコニーに立って、どのようにテラスを構成するか、考えていました。 

たった一泊しただけなのに、kumatoさんも私も、やっぱり奇麗な家に帰ると休まるね、帰る所があって良かったね、という点で一致しました。

simにとっては、まだ若いし立場が違うので (夏の間に手伝いに来ているのであって、自分の家の建設の計画、実行に関わっている訳ではない)この素朴な家の暮らしが結構気に入っているようです。  (汚いのは余り気にならないらしい)


さて、この4月まで、この小さな台所には暖炉しかありませんでしたし、水道もしばらくの間は、契約しておりませんでしたので、 水はすぐ近くの村の泉からバケツに汲んで来て、 そして調理は、このようにしておりました。



a0278382_6312250.jpg



最初の頃はまだ寒くなかったので、 魔法瓶にお湯を入れて持って来てインスタントスープを作って昼食を食べたりしておりましたが、段々寒さが厳しくなってからは暖炉に火をいれて、 昔の鍋を使ってスープやパスタなど簡単な物を作っておりました。   コーヒーをわかすのも暖炉でやっていました。 (モカを置くのにちょうど良いゴタクもこの家のどこかから出てきました!)


時々はお友達と一緒に夜ご飯を食べたり・・・・・


a0278382_716759.jpg



これ、何をしているか分かりますか???  フラッシュをたかないで撮った写真なのでわかりにくいかしら? 若き天才建築家アンドレア 達と一緒に夜ご飯を食べた時に、 アンドレアのお母さんが、暖炉でグリルをするならば昔の人達がやったように石の上でやるのが一番よ! とかなりしつこく 詳しくアドバイスをくださったのでその通りにやってみたのです。  kumatoさんとアンドレアが大きな石をどこかから二人掛かりで運び込んで来たのです。 

フラッシュ付きの写真



a0278382_7162927.jpg



石の上に粗塩をしいて、その上に肉や魚、野菜を乗せます。 そして下から火をつけて石を暖めてグリルをするのです。 普通は、グリルの台の上に、日本で言う魚網みたいな物の肉や魚を挟んでグリルをするのですが、 この石を使ったやり方だと肉や魚が焦げすぎることなく、じっくりとまろやかに焼けるのだそうです。 

確かに美味しかった!  でも、石が熱くなるのにやたら時間がかかって・・・・・・
食事にありつけた時にはみんな、おなかペコペコ。  凄い勢いで食べましたよ。068.gif


a0278382_7175994.jpg



でもこの後しばらくたってから、アンドレアの村のお家でパーティがあり、アンドレアのお母さんが実際に石の上にチーズを置いてグリルをしているのを見ていたら、 このkumatoさんとアンドレアが二人掛かりで持って来た石よりも、ずーーーーーーっとずーーーーーーーーっと薄い石を使ってました! 005.gif 

そうかそういう訳だったか・・・・・041.gif


石を使ってグリルをするならば、是非、薄い石を選んで下さい! 034.gif




さて、4月に私が日本から帰って来たら、kumatoさんが、プロパンガスを設置してくれていました。

このプロパンガスとガス台もこの家にありました。  そのスイス人の方が使っていたのか、1970年代の物なのかは不明・・・・????




おまけに、kumatoさんの元生徒さんがいらなくなった、けっこう奇麗な小さな冷蔵庫を頂いたとかで・・・・・・・

a0278382_6315372.jpg




064.gifいっきに文明の利器が!!!!!070.gif071.gif 



そりゃね、 薪で作るご飯はずーーーーっとずーーーーーーっと美味しいですよ。 薪で調理した物は、 ちょっぴりスモーキーな味がして、でもまろやかで本当に美味しいです。 コーヒーですらガスより美味しいと思いました。 調理をした後、火があるうちにタップリお水を入れた鍋をかけておけば、洗い物のお湯もすぐにわくし、 余り不便は感じていませんでした。 

でもね、やっぱり突然人が来た時に急いでコーヒーを入れよう! というときに、まず火付けから始めるのは、やっぱり時間がかかるのですよ。 

それから、どんどんどんどん気温が上がって行くにつれて、ちょっと暖炉に火を入れるのはつらすぎる日々が待っていて・・・・・・・・・・・。008.gif 


まだ4月、5月は、 美味しさ求めて暖炉で時々調理しておりました。


でも今、連日30度以上の気温で、 室内で薪に火をつけてサウナに耐えないとコーヒーが飲めないのはちょっと・・・・・・ごうもんじゃ〜〜 026.gif


kumatoさんと二人で細々と伐採や片付けやあれこれの作業をしている間は、暖炉の火を囲んで本当に癒されたけれど、 本格的に工事が始まって、いろいろな人が入り、やることがいっぱいすぎる今は、 本当に忙しすぎるし。



だから、 これらの文明の利器にとってもとっても感謝しています。  冷蔵庫にコーヒーのミルクを冷やせることや、 昼食の材料を腐る心配なく保存できることや、 男衆の為にひんやりしたビールを冷やせることも、 本当にうれしい。 (前はビールは、村の泉に沈めて冷やしていました) 水道をひねれば水が出ることも。 

また秋になって寒くなって来たら、 火をおこして調理をすると思います。 暖をとることと、調理が出来ることが同時に出来るって、凄いと思うし。


いまはね、 

これ を見ると、 冬のあの日々を思い出すのです。 薪でいれたコーヒー、 美味しかったなあ.....


a0278382_6325997.jpg



ちょっと芸術的? (爆) 003.gif 

(これ、まだ使ってます。 新しいの買いたい)
015.gif







 




 












  



 
# by tomomato | 2012-07-28 08:17 | 石の家の話 | Comments(13)

シエスタ



a0278382_222150100.jpg




最近は、キッチンに近くて少し涼しい北側のアトリエ (将来私のアトリエになるはず? 残り3つは全てkumatoさん!ー 本当はkumatoさん、ここも自分の物にしたがっていたのですが、それはないですよね〜〜〜〜〜 ) でお昼ご飯を食べています。 


そして、simのアイディアでハンモックを吊るすことに。
simが持って来た携帯用のナイロン製のハンモックとkumatoさんが元々持っていたコットンのハンモックが既に設置されました。 それに加えて私の、ビーチ・ベッド・・・・・。043.gif

simの携帯用のハンモック、凄く良いです。 たたむと手のひらに収まる大きさになりとても軽いし、すっごく心地よい!! コスタリカは、ハンモック・パラダイスで、 何処ででも何十種類とハンモックがあって、 買えるそうなのですが、 そうなのでしょうか?  

コスタリカが何処にあるかも正確には覚えていなかった! 慌てて調べてしまいました。そんな、ハンモック放題?の国があるなんて。

私はブランコや、 揺り椅子でも酔ってしまう体質!?008.gif なので、 ハンモックなんて! と思っていたのですが、意外や意外、すっごく心地よいです。 (乗り降りする時に揺れるのがちょっと・・・だけど)



simは、これで3週間旅行中に夜を過ごしたそう!???  ほんとか??058.gif


a0278382_22222217.jpg




あーーーーーーあ、シエスタの時間がずっとずっと続けばいいのに・・・・・・・・・・


   

  そうは問屋が卸さない・・・・・・ 


やること死ぬ程一杯・・・・



a0278382_22212348.jpg





kumatoさーん、 臭い足、こっちにむけないで〜〜〜〜〜〜
# by tomomato | 2012-07-27 06:36 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(12)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

修復の続きと大変な突風の日曜日
at 2017-11-21 17:11
さて、家の修復はどうなってい..
at 2017-11-19 17:41
さて、家の修復はどうなってい..
at 2017-11-18 18:03
大収穫の秋の一日
at 2017-11-14 17:16
秋の収穫
at 2017-11-08 21:33

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

poteriさん、 うふ..
by tomomato at 21:10
francanaさん、 ..
by tomomato at 21:08
すなわちいつになるかわか..
by pot-eri at 19:35
色々な音がする中、おひと..
by francana at 17:56
asaさん、 絶句でしょ..
by tomomato at 16:17
poteriさん、 解決..
by tomomato at 16:16
絶句、、、こんなに重そう..
by asa at 09:49
怖いねー でも↑解決した..
by pot-eri at 05:20
fran9923さん、 ..
by tomomato at 03:42
え〜〜。怖い怖い怖い。 ..
by fran9923 at 18:55

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧