<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初夏のAlp Develo


a0278382_05184981.jpg





さて、午前中一生懸命庭仕事をして、 お昼ご飯を食べ終わり、’これからお昼寝するの?’ って聞いたら、


 ’え〜〜わかんな〜い。 どうだろ〜〜〜 え〜〜っと 山に行きた〜いような気もする・・・035.gif’ 

だって。 スイスから帰ってきてからずっと山に行きたそうにしていたけれど、私の足が悪いのであまりはっきり言い出せなかったみたいです。


昨日の散歩に行った時の感じから、ちょっと良くなってきた気がするし、急な上り下りをしないでゆっくりならなんとかなるか? と思い、 私のせいで山に行けないのもかわいそうだし、 

’じゃ、今すぐ行こう!! ’


大急ぎで支度をして向かった先は、いつもの Alp Develoです。  何回言っても飽きない天国の山。
今日は、私の足が良くないのでスケッチブック持参で、痛かったらちょっと歩いていいところを見つけてスケッチだけして帰ろう! と言う予定でした。
(予定は未定・・・・)


出足が遅かったので、ついたのは午後三時ごろになってしまいました。
今は日が長いから、そんな時間からでも山に行けるのが嬉しいです。 夜9時過ぎてもまだ明るいです。




a0278382_05193497.jpg



見上げる山々はまだ雪を抱いていますが、 1800mくらいの出発点はお花が満開で夢のようでした。










a0278382_05201470.jpg





そんな夢のような光景の中、釣りをする少年。
kumatoさんと二人で、 子供の頃からこんな美しいところで釣りをして育つなんて、なんて幸せだろうね! なんて話しました。






a0278382_05204902.jpg




ほんと、物語の光景みたい。  ぜ〜んぜん釣れてなかったけれど。 笑





a0278382_05220829.jpg



もうね、こんなお花いっぱいのところを歩くの。





a0278382_05212061.jpg



もうちょっとしたら、下界から牛や羊やヤギがのぼってくるので、 こんなお花畑もすっかりきれいに食されてなくなります。 笑 





a0278382_05223086.jpg
  




もうね、幸せ!幸せ! って呟きながら歩きましたよ。(膝は痛いけれどね)






a0278382_05232604.jpg
a0278382_05241488.jpg
a0278382_05245391.jpg


下を見ればお花




a0278382_05234297.jpg



上を見上げれば青空と山


そうこうしているうちに、いつもスケッチをするところにたどり着きました。



a0278382_05240032.jpg





いきなりごろりとくつろぐ人。 お花に埋もれているけれど見えるかな?



しばらくここでスケッチをしていたら、やっぱり少し動きたくなりました。
そのまま別の道を引き返すこともできたのですが、なんとなく大丈夫な気がしていつもの山小屋まで歩くことにしました。





a0278382_05251154.jpg





この左上にエメラルド色の水をたたえた魔女の湖があり、行きたかったのですが、こちらの道から行くとかなり急な岩を登らないといけず、 それでもその道をいきかけてすぐに膝がグキッときたので諦めました。涙





a0278382_05253541.jpg




アルペンローズが咲き始めていました。 可愛い。




a0278382_05254932.jpg




山景色をテラスから見渡すことができる山小屋まで歩き、






a0278382_05265157.jpg




コーヒータイム。 この山小屋までは大して急な道ではなく、気軽に来ることができて、おまけに優雅にコーヒーまで飲めてしまう(あるいは素晴らしいランチができてしまう) そういう点もAlp Develo が好きな理由です。 (私、都会っ子だから。 すぐカフェ、カフェと騒ぎ始めるので、kumatoさんいつも呆れています) 
もちろん、いろいろなハイキングコースがあって、結構きついところもあるのですよ。 ここから、途中山小屋に泊まって、スイスまで歩いていくこともできます。 この夏、そのコースを行ってみたいのですが膝が治るでしょうか?
治って欲しい〜!!




a0278382_05270699.jpg



去年、屋久島に行くので結構ちゃんとしたトレッキング用品を揃えました。 このトレッキング用の杖があって本当に助かりました〜〜〜〜。 
日本では一本しか使っていない人の方が多かったのですが、スイスやイタリアでは必ず二本使います。 二本の方がバランスも取れ、足への負担が少なくて絶対に楽です。
帰りは、下りになるので足にしっかりとサポーターをつけてゆっくりおりました。 


a0278382_05273793.jpg





あ〜 楽しかったな〜
翌日は筋肉痛で、膝もあまり良くない感じでしたが、(気をつけていたけれど、3回グギッてきたからね・・・涙)それでも行ってよかった〜 
去年はkumatoさんが足の炎症を起こして、夏中山に行けなかったのですが、今年は私の膝で行けない・・・・なんてことにならないように頑張って治します。 





a0278382_05294776.jpg



遅くに帰ってきたので、 ささっと調理。
ラムチョップが余っていたので、クミンとコリアンダーとニンニクをきかせたスパイシーなトマトソースにクスクス。  私の分を途中で取り分けて、お肉をソースに入れて煮込みました。





a0278382_05300226.jpg



スイスチャードのサラダにブロッコリー、そしてピーマンとカシューナッツの炒め物と野菜もたっぷりです。
ブロッコリーとピーマンは冷凍してあったもの。 今年のがもうすぐできてしまうので、慌てて食べています。笑

今年は、ほぼ畑の野菜の穴( 何も取れない時期)が全くなく、おまけに私が冬にいなかったせいで冷凍した野菜類が余ってしまっています。  夏前に一度からにして掃除したいので、 頑張らなければ・・・・  (頑張るって何を? 笑) 




足のことを考えると無謀でしたが、 最高に、心底楽しい嬉しい幸せな初夏の一日でした。 











by tomomato | 2016-06-30 06:33 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

kumatoさんの夏休みが始まりました。




a0278382_05155469.jpg




kumatoさんの夏休みがやっと始まりました。
しばらく落ち着いて大好きなおうちで生活できるので、ウキウキしています。035.gif
この方、本当におうち大好きな人。





a0278382_05160754.jpg



やっとお天気も回復して暑くなりました。




a0278382_05224265.jpg




スイスから帰ってくる車の中で、暑すぎてアップルジュースを飲みすぎて食欲があまりないので、野菜とお米が食べたいというので、 お庭のズッキーニにかぼちゃ、アーティチョークをグリルパンでジュージュー焼いて、ドレッシングに漬け込みました。





a0278382_05230194.jpg



それにスパイシーなご飯、 アスパラのサラダ、 そしてビール解禁!
一週間前はセーター着ていたというのに、 やっとビールが美味しい夏らしい気候になって嬉しい。





a0278382_05231667.jpg



帰ってきた日は疲れすぎて、 夕食後は倒れこむように床にゴロゴロする人。 すごい姿勢じゃないですか!???




a0278382_05245446.jpg



中、一日大雨が降ったのでkumatoさんは早速なxxx退治に庭に出ました。 今まで異常な量を捕獲したので、いくらなんでもあまりいないだろうと思ったら、なんと・・・・・3リットル半  想像しないように。

もしkumatoさんがいなかったら、うちの庭は一体どうなってるんだろうとゾゾ〜〜〜と背筋が寒くなりました。 でも今年は、すでに1mくらい育った大きなひまわりや、コスモスまで、上に這い上がってポキリと食べられて折れてしまっているので、 尋常ではありません。 kumatoさんがいなかったら今頃はこの庭は、何も生えていない殺伐とした庭になってると思います。 恐怖
直播きの日本の野菜は全滅でした。 今年は直播きは一切うまくいきません。 苗を作っても生き残るのは10パーセントあれば良い方???  ひどすぎる・・・・
どれだけ時間と労力の無駄をしているかと思うのと気が遠くなりそうです。 遠い目・・・・・ 




a0278382_06033366.jpg
a0278382_05235484.jpg


そんな話の後にご飯の写真って・・・・・笑

kumatoさんが学校で余った賞味期限切れそうなミルクを持ってきてしまったので、うちにもすぐに使ってしまいたいミルクとあわせて2リットル分のホワイトソースを作りました。 半分以上は冷凍しました。
そして夕飯は、かぼちゃとスイスチャードとサーモントラウトのグラタン、 とっても美味しいペッコリーのチーズをかけて焼きました。乾燥ポルチーニがたくさんあるから入れればよかった!  それにサラダ。 

四人分はゆうにあったと思うのですが、この日は炭水化物を入れなかったせいか、 全てなくなりました。 恐るべき食欲。




a0278382_05244038.jpg




kumatoさんがラズベリーをたくさん収穫してくれたので、ラズベリーヨーグルト・アイスバーを作ってみました。 まだ完全に固まっていないのに無理やり食べようとする私たち・・・ 笑


ネットで見つけた、シンプルなアイスバーの型が欲しいのですが、 今年は我慢。 プラスチックのコップに割り箸を切って挿しました。 
本当は層にして綺麗にしようかと思ったのだけれど、 めんどくさくなったっていう・・・・美のかけらもないガサツなアイスバー  笑。




a0278382_05251274.jpg




昨日はアスパラのスープに、 



a0278382_05253156.jpg




十日ぶりにやっと買い物に行けたので、kumatoさんは、大好きなラムチョップ。 この人、毎週必ずラムチョップでいい人。  新ジャガとかぼちゃをオーブンで焼いて、スナップエンドウの炒め物、さらによく飽きないと思うくらい食べているスイスチャード。






a0278382_05255610.jpg





今朝は五時半に目が覚めてしまい、午前中いっぱい二人で庭仕事に精を出しました。 草が伸びる勢いが半端なく、びっくり、  草刈り、草引き、 頑張っています。
ハーブティもだいぶ溜まってきました。 明日はミントの第一回の収穫をするつもりです。

お昼ご飯を食べて、 さあ午後から本業へ、 と思っていたら・・・・・
kuamtoさんが、 どうしても山に行きたい!!  と・・・・・・・
そりゃそうだ、 こんなに良いお天気で、夏休みが始まったのだものね・・・・・・035.gif


が・・・・・実は、私、 一週間ちょっと前から膝を壊していて歩くのにもかなり支障があるのです。 エクササイズと、良いクリームがあるのでおとといあたりから少しマシになってきた感じですが曲げられないので階段は一段ずつ降りています。  昨日久しぶりに散歩に行ってなんとか大丈夫だったのですが、山は・・・・
この足で山に行くっていうのはどう考えてもクレイジーとは思ったのですが・・・・・



が、行ってきてしまいました!

ちょっと大変だったけれど、素晴らしかった〜〜〜 行ってよかった〜 

というわけで山の話は又次回・・・・・・・ 

by tomomato | 2016-06-28 06:21 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(8)

アルプスの麓にもやっと夏が! 





a0278382_18550130.jpg






ここ数日、 いきなり30度を超える夏日よりが続いています。  5、6月と寒い日々が続いておりましたので、いきなり気温が高くなって育苗している苗床など慌てて移動させました。 ブログお友達に聞いて(sakiさん、ありがとう!) エルダーフラワーの挿し木をしようと思い調べていたら日の当たる明るいところに置くと書いてあったので、 そうしたら一気に葉焼けをしてダメになりました。 (滝涙)   ポットが熱くなってた!  近くに置いた水が入ったままの器のお水がお湯になっていたから当たり前・・・・・・  かわいそうなことをしてしまいました。     挿し木の仕方も調べてみると人によっていうことがいろいろと違って試行錯誤しています。  何回も枝を切られてしまった元木さん、本当にゴメンなさい。  

とうわけで、 少しでも地温を上げるために庭側に置いてあった苗床も、小さなものは全て裏に移しました。  他にも挿し木をしているものが結構あるので、慌てて日陰を探して太陽がうごくたびに動かしている始末・・・・・・呆   (エルダーフラワーは、しばらく室内保護です) 
そんなこんなで毎日が過ぎていっております。  (何やってるんだか)  


歳のせいか、夕食を食べた後は働けなくなってしまったので、 なんだか一日が過ぎるのが早い早い。 あっという間です。  



a0278382_18544288.jpg
   





今一番綺麗なのは紫陽花。 株が立派に大きくなって、  日照りにも負けずに頑張ってくれています。 







a0278382_18575425.jpg








将来ここは、 紫陽花たちのために柿の木が大きくなって良い日陰になるはず・・・・・・

だったのですが、 問題が。 



実はソーラーパネルがこのすぐそばにあるのです。 しかももう一本柿の木がソーラパネルの真後ろに!!!!!    
なぜこんなことになったかというと、 まず柿の木を最初の年に植えましたが、 うまく根付かないようで枯れてしまったように見えたので念のためにそれを近くに移して別の木を植えました。 そしたら、移した木も回復して順調に育ってしまいました。 

その数年後にソーラーパネルが設置されました!!!!    植えた時にはどこにどのようにソーラーパネルを置くか決まっていなかったのですよ。 ターモテクニコという暖房断熱関係のプロの人たちとその後出会って、いろいろと相談した上でパネルの規模と位置が決まったのです。  当時、柿の木について私はkumatoさんに、あれ、将来まずいんじゃないの??? と忠告したのですが、 忙しく気に留めてくれませんでした。   
まだ木が小さかったので、 それほど深刻に考えていなかったのかも。でも、柿の木って、10年、20年たったらものすごく大きな木になるのですよ?

そして、今年、すでにパネルに少し影を作るまでに育ってしまったのです!!! 


すぐ真横とすぐ真後ろにある上、移植するには遅すぎるので一体どうするのか? 片側の枝だけをどんどん切っていくのか? でも太陽の方角=パネルのある方向に枝を伸ばそうとするし、一体どうなるのでしょうか?????    土があまり深くないところなので、 大きくならないでくれると良いのですが。

うちにはただでさえ柿の木がたくさんありすぎるので、( 全て同じ理由。 最初植えたら枯れてしまったので別のを買ったら、なんと全て後から大丈夫になってしまった)  いずれ切ってしまうことになるのかもしれません・・・・・涙   





a0278382_18555848.jpg





オスばかりだと判明したキウイが、 すごい勢いで花を落とし(オスだから 笑)、育苗していたためテラスが土だらけで汚かったので、30度を超える天気をこれ幸いとテラスを掃除しました。 これからkumatoさんは裸足で暮らすので、少しでも家の中へ持ち込む土が少なくなるように。
ちなみに、いつもkumatoさんが座る食卓の下は真っ黒。 pcの下の木の床もそこだけ真っ黒。 洗っても落ちません 涙    
其のまま足洗わずにベッドに入り込むなんてことも・・・・・・ 035.gif   げ〜 こっちへ寄らないで〜〜〜〜〜  笑 







a0278382_18552217.jpg




手動高圧洗浄= ホースの先を指でつまんで水圧を高めただけ 笑  とデッキブラシでゴシゴシと。 結構大変なので二日に分けました。






a0278382_18553872.jpg




気温が高いから水仕事は気持ちいい〜〜〜〜!    午後にはこちら側に太陽が来るので一気に乾きます。 






a0278382_18562395.jpg




マジョラム、 花が咲く直前で良い香りがいっぱい。   収穫しました。 







a0278382_18563869.jpg




これから色々と収穫してキッチンにぶら下げておこっと。  



今日の夕方kumatoさんが学期末展覧会を終えて帰ってきます。   ご飯作りが忙しくなるぞ〜〜〜〜〜    











   






 





by tomomato | 2016-06-24 19:28 | 石の家の話 | Trackback | Comments(9)

素晴らしい季節だけれどちょっぴり嫌な季節





a0278382_20030098.jpg




お庭の枇杷がたわわと実っています。 かなり高い位置なので梯子をかけて収穫しないといけません。  この木はもともとあった木なのですが、 ジャングル状態が何年も続いていたため上へ上へとヒョロヒョロと伸びて、 私たちが伐採を終えた時に初めてその存在に気づいたほどです。  その時には瀕死の状態でした。 翌年、6つだけ実をつけてくれたのを覚えています。  だんだん力強くなり今年はたくさんの実をつけてくれました。  下の枝もだいぶ伸びてきたので、この秋には上を切って樹高を押さえる予定です。 




今日は、草引きをしていたら午前中にもかかわらずぶすぶすと蚊に刺されまくりました。  ちゃんと虫除けスプレーをしていたのですが、オーガニックのものだったので急いで部屋に戻り、 オーガニックではない毒スプレー(笑)を洋服にかけまくりましたが、その後さらにひどく刺されました。 靴下はともかく、ジーンズの上から刺されたのには驚きました。  憂鬱です。
雨がたくさん降って、湿っているせいもあるかと思いますが、いよいよ素晴らしいけれども、嫌な季節になりました。 これさえなければ天国なのに・・・・笑    

実はバーゼルに行っていました。 今日までバーゼルでは、世界最大のアートメッセがあるのです。  世界中の第一線のギャラリー、 アートファン、 お金持ちの人たちが集まります。 VIPの人用にヘリポートがあるし、 黒塗りのアートバーゼルと書かれたベンツの送迎用の車も何十台も用意されています。

我々庶民は、 チケットを買ってそのおこぼれを預かり、 アートを鑑賞することができます。  
が、そのチケットが、 一枚50スイスフラン!  おまけに学生グループの割引チケット38フラン!!!    毎年恐ろしい勢いでチケットの値段が上がっていくのでおののきました。   中でコーヒーや軽食が買えるのですが、 約相場の2〜3倍します。  スイスって普通でも恐ろしく物価が高いのですが。    というわけで貧乏な私とkumatoさんはしっかりサンドイッチを作っていきましたよ。(せこい?)   だって、サンドイッチ一つ1000円以上しますからね。 大して美味しくないのに。   コーヒー一杯、水いっぱい6フランでしたしね。  今、フランの相場わかりませんが、 コーヒーが700−800円?  紙コップですよ。   コーヒーとお水は仕方がないので買いました。   二人で飲食費合計3000円くらいかかったと思う。 (コーヒー、水、誰かさんのビールなどのみもののみ)



とても一日では全てを見ることができないくらいの膨大なアート作品が並んでいて、 幾つか素晴らしい作品を鑑賞することができました。 

アートバーゼルと並行して別の大きなアートメッセもやっているので、翌日そちらも行きましたが、そちらの方は・・・・・・

いろいろな趣味があるなあと・・・・・・   それらのギャラリーも選出された第一線のギャラリーのはずなのですが。 
アートって、なんだろう? と毎年この時期になると(アートメッセに行くと)、考えさせられる催しです。 
ぐったり疲れ、 kumatoさんなどはほとんどディブレッションに陥っていました。 




a0278382_20024069.jpg


 

コースがあるkumatoさんを残して、私は一泊だけしてバーゼルから昨日戻ってきましたが、 テラスに出て山の風を感じ、小鳥たちのさえずりに囲まれ、なんだか本当にホッとしました。   あ、 いない間に雨が降ったようで、 出かける前に必死で植えて回ったお花の苗や、苗床まで、 80パーセントくらいなくなっておりましたがね・・・・・誰かさんに食べられて・・・・・・・ (これさえなければ本当に天国なのですが)

私もすっかり田舎者になってしまったようです。  前は、 やたらにイタリアのお家に帰りたがるkumatoさんのことを、なんで?? って思っていたりもしていたのですけれどね。 
上の写真はkumatoさんの夏のアトリエから下を見たところ。 ジャスミンの香りでいっぱいです。 来年はアトリエのテラスまで届くでしょう。  




a0278382_19584247.jpg


この間写真をのせなかったジキタリス。もう終わりに近づいています。   これって夏越えはできないのかしら? 
半日陰に植えたのですが。






a0278382_19594078.jpg



人参の合間に植えた小さなマリーゴールドも可愛いお花をつけてくれました。 別のところの人参の苗床は、なんと少なくとも20の(一度食べられて全滅だったのでもう一度植えました) 小さなマリーゴールドの苗を植えたのですが、 3個くらいしか残っていなかった〜〜〜〜
マリーゴールドはかなり大きくなるので、 人参の合間に植えるには、小さな苗を植えないとダメなので困りました。     線虫対策として植えているので、 周りに植えるだけでは意味がないし・・・・・    

今年は小さなマリーゴールドの種を見つけたので、 育苗したものがたくさんあり、それをまた植えようと思っていたのですが、先述したように消えてしまい(セットの下に3匹も隠れてた!!! たった二日留守にしてただけなのに〜〜 おまけに高いところに置いてあるのですよ? 庭から遠いし・・・・・ なぜ??) 
結局また種を蒔きなおしました。 まるで花屋のように育苗しているのですが、そのうち育つのは何パーセントでしょうね? 





a0278382_19553405.jpg



これらが今年買ったバラの苗のお花たちです。  kumatoさんが選んだハイブリッドの花がひときわ輝いています。 




さて、おまけのご飯の写真

a0278382_19540802.jpg





このあいだのユフカの皮が残っていたので、 スイスチャードのパイを作りました。  かぼちゃのスープをまず食べてから・・・・
この日は調理の時間があまりなかったし、スイスチャードをものすごい量使ったので、付け合せには保存食の瓶を幾つか開けて・・・・
こういう時に保存食は便利です。




a0278382_19555077.jpg




マーケットで本当に美味しいリコッタを買ってしまったので、kumatoさんの要望に応えてベリーのリコッタケーキをまた作りました。






a0278382_19560823.jpg


a0278382_19562104.jpg






中にも上にもソースにも、ラズベリーが入っています。 
このラズベリーなのですが、  今年まで、うちのラズベリーが二期収穫できる品種であることを知らなかったのです!!!!  
たまたま、ラズベリーの苗を移動させるので、 移動しきれなかったものを冬に剪定していなかったら、そこにわんさか実がなりました。 
kumatoさんのお母様から頂いたもので、 お母様は毎年冬になると全て下まで切り戻すので、 うちも今までそうしていたのです。   そしたら実がついたので驚きました。   調べてみたら二種あるようで、 うちのは二期収穫できる品種に違いがありません。 そろそろ旧枝からの収穫が終わりに近づいていますが、既に新枝にも実がつき始めましたので、 ずっとラズベリーが楽しめます。  嬉しいです。 





a0278382_19585738.jpg




kumatoさんが接ぎ木をしたチェリーも立派に実りました。 完熟させると鳥に食べられてしまうので、 少し早めですが十分甘くて美味しい! 何よりも元々の木は食べられないチェリー(アルコールにつけたりする)なので、 こんな立派なチェリーができたというだけで幸せです。





a0278382_19564563.jpg





この日はサーモンのフライ。 パン粉がなかったのでアーモンドスライスを使いました。 焦げたけれどカリカリで美味しかったです。






a0278382_19582172.jpg





付け合せには、新ジャガ。 時間がないので薄く切ってカリカリにオーブンで焼き上げました。 ローズマリーとジャガイモの組み合わせって飽きないですね。 ピーマン、インゲンは冷凍してあったものですよ。 もうすぐ新しいのができますからね、 そしたら捨てないといけませんから・・・・
冬の間私がいませんでしたから、 今年はちょっと冷凍庫の中を空にできず、困っています。





a0278382_19591832.jpg








この日はグリーンカレー 、 アスパラとそら豆とカシューナッツの炒め物。  

今週は、 金曜日までkumatoさんがスイスなので、 買い物にも行けないし、 粗食になりま〜す。 



おまけのおまけ

これはスイスのkumatoさんのお母様が作ってくださったご飯です。
今は白アスパラの季節なのですよ。 イタリアでは緑のアスパラしか見ないので久しぶりの白アスパラ、と〜っても美味しかったです!
食後は、立派な地元産のいちごのタルトでした。 
お土産にエンガディーナヌストルテ(くるみのタルト)手作りをくださいました。  美味しかった〜〜〜〜。 




a0278382_20540076.jpg







今年初めてのズッキーニができました!
私一人なので小さな状態で収穫しました。 このくらいだととろっとしてとっても美味しいのですよ。
アスパラも二日見なかったらこんなに大きくなってしかもたくさん。 一人で食べきれるか?


a0278382_20003911.jpg






a0278382_20005455.jpg



ラズベリーもいちごパック一杯取れたので、ジュースにしました。  あまずっぱ〜い !! 
kumatoさんが居たら、 砂糖ドバドバ入れそう!  私はこのままでとっても美味しくいただきました。 
















by tomomato | 2016-06-19 21:10 | 石の家の庭の話 | Trackback | Comments(8)

バラはそろそろ終わりの六月のお庭ー  とっても悲しいことがわかりました・・・・

a0278382_05370115.jpeg




バラは、そろそろ終わりに近づいてきました。その代わりに他のお花たちがどんどん咲いてくれています。





a0278382_05301411.jpeg



可愛いザクロの蕾







a0278382_05304714.jpeg




カンパニュラとラベンダーがバラの下で涼しげな色を見せてくれています。 1mくらい伸びたのでびっくりしました。






a0278382_05310458.jpeg




種から植えたラベンダーも今年は結構大きくなりました。 植物の成長の早さには本当に驚かせられます。 こんな風に順調に成長できたらいいんだけれどな〜  あ、自分のことです。 恥





a0278382_05313042.jpeg


このラベンダー、買った時には小さな苗でしたが、幅1mくらいになりました。 あまりに大きくなったので、一つ移植しました。





a0278382_05311484.jpeg




今年仲間入りしたパッションフルーツ。 多分越冬できないので、鉢上げすることになるのか?






a0278382_05314008.jpeg



これはガウラ。  去年、kumatoさんのお母様と植物園に行った時に、買ってくださいました。 順調に大きくなっています。 とっても優雅で素敵。
大きな株になるとは知らなかったので、とっても嬉しいです。




a0278382_05315516.jpeg



これはフロミス・ルッセリアナ Phlomis russeliana




シソ科 オオキセワタ属 別名:ラージエルサレムセージ 原産:トルコ シリア

ブログに載せるので、何の花だろうと調べました。かなり背が高く立派な花です。  宿根草の花壇は、 春先には何もないのでついつい間に新たに苗を植えたり移植したりして油断していると、いきなりぐんぐん大きくなってキツキツになるので気をつけないといけません。  結局また動かす羽目になります。





a0278382_05321084.jpeg




ついに開きましたよ。





a0278382_05322597.jpeg



ジャスミンが!  kumatoさんの夏アトリエは、表も裏も石壁にジャスミンが育ってアトリエのある3階に届いているので、kumatoさんはジャスミンの香りに包まれながら毎日仕事をしています。 優雅〜〜〜〜!!  羨ましい!





a0278382_05335541.jpeg





ルピン、ジキタリスも植えていますが、裏側の花壇なので写真も撮り忘れました。




a0278382_05342340.jpeg
a0278382_05340928.jpeg




もうすぐデイリリーが満開になります。 表も裏もたくさん植えているので、オレンジに包まれる日々が来ます。楽しみ! 
一昨年だったか、 アイリスの花殻をせっせと切っていたら、あまりに集中しすぎて、 隣に植えていたデイリリーの蕾を全部切ってしまったことがあって、
そのことを未だにkumatoさんに言われます・・・・・・  せっかく楽しみにしていたお花が全く見られなかったので、 その恨みが・・・・・笑 





a0278382_05343912.jpeg



エキナセアも、今年二本目が仲間入りしました。  種からも育てています。 収穫できるくらい取れると良いのですが、一番効き目があるのは根なので、おそらく収穫することはないと思います・・・・・笑  インフルエンザの時には一番効くのですが・・・・・ 




a0278382_05345081.jpeg



今年仲間入りしたデイリリー? ちゃんとした名前があるのですが、忘れてしまいました。 もう一色別の色も買いました。






a0278382_05345822.jpeg



そしてハイブリッドのハイペリコム。  セントジョーンズワートのハイブリッドです。 果たして薬草としての効き目は同じなのかどうか? 調べてみないといけません。 幸いなことに、 ロックガーデンに零れ種のワイルドのセントジョーンズワートも無事に育っているようですので、 今年は収穫したいと思います。 





a0278382_05351248.jpeg
a0278382_05352551.jpeg




六月といえばこれ!!  私全く詳しくないのですが、何種類か植えていて、 毎年株が大きくなっていってくれて本当に嬉しいです。 毎年、花を切る時には間違って切らないようにネットでまず調べてから切っているくらい素人なので、無事に花が咲いてくれると間違ってなかった〜 とホッとします。笑





a0278382_05371081.jpeg




エルダーフラワーのサイダー(シャンパン)が今日やっとなくなりました。私は毎日飲むわけではなく、たまにコップ一杯飲むだけなのであの7リットルのうち6リットルくらいはkumatoさんのお腹の中に・・・・・・・035.gif ( 見てわかる??? 笑)   それがある間はビスケットを焼かないことにしていたので、kumatoさんたらお昼の食後のデザートとか言って、くるみを割って蜂蜜のせて食べてた!??????  ビスケット焼かない意味がないじゃん!
この人、本当に熊みたい! 絶対にこれ、 熊のプーさんですよね????  まあ、嬉しそうな顔しちゃって・・・・・ 

でも、お客さんが来ることになったので、お菓子も作ったのですよ・・・・・




a0278382_05372685.jpeg

kumatoさんが、 ラズベリーとワイルドストロベリーをものすごくたくさんとってきてくれたので、 ビスケット生地の台をセルクルに入れて焼いて、その上にリコッタチーズケーキ生地にベリー類を入れて焼きこみました。 そのチーズケーキの上にさらにクリームを泡立てたものを載せてベリーをたっぷり。 ラズベリーを軽く煮たソースを添えて・・・・・・・



a0278382_05373673.jpeg



お客さんと私たちで4人なのに6個できたので、 やった〜 余ったのを食べられるぞ! と思っていたら、なんとお客さんが別の人も連れてきたのでちょうど6個無くなりました。  あっさり無くなって嬉しいような、悲しいような。 これが思った以上に美味しくできてとっても幸せだったので、ぜひまた作りたいと思います。 新鮮なベリーを載せるというのがやはり全ての美味しさの鍵のような気がします。

 



ある日のご飯



a0278382_06153867.jpeg


お店に行ったら、青魚があったのです。すでにフィレになっていて、イタリア語の名前がいまいちピンとこなかったのですが、 (イワシかな?でもサルディンじゃないし?なんだろ?) とりあえず買ってから調べてみたら、ニシンでした。 イタリアンでトマトソースでオーブン焼きにするか、和風にするかどっちが良い? と聞いたら醤油味が良いというので・・・・・・

いろいろと考えた挙句、 母のレシピを取り出してうなぎのタレを作り蒲焼にしました。





a0278382_06155622.jpeg



イワシでは確か蒲焼とかすると思うのですが、 ニシンでもなかなか美味しかったです。
それに畑のコーンと春玉ねぎのスープ、 いんげんのコチジャンドレッシング和え、青菜でした。  
kumatoさん、おしょうゆ味がとっても好きなので、一緒に日本食風の食時を食べることができるので本当に嬉しいです。 蒲焼、とっても気に入っていました。 




さて、丼ものばかりですが、この日は・・・・


a0278382_05375385.jpeg




鶏肉を買っていたのでkumatoさんには親子丼、私は子だけ丼・・・・・ (卵どんというのかな?)



a0278382_05380038.jpeg
a0278382_05381062.jpeg




付け合わせは毎日沢山食べても減らない、幸せな?スイスチャード、(毎日緑黄野菜が食べられて本当に嬉しいのです 飽きません)     最後のトピナンブー(菊芋)のわさびじょうゆ味サラダ、 アスパラガスのヨーグルトトレッシングサラダ、 お味噌汁でした。 

親子丼はたまごトロトロで本当に美味しかったのですが・・・・・・・・・


この日、食事前に本当にショックなことが分かって、 二人ともそのショックから回復できずにいたので、 あまり食事を味わうことに集中できなかったのです。


言うのも恥ずかしい、というかあまりのことに😱 ショックすぎてなんて言っていいのか・・・・・




a0278382_05401566.jpg





うちのキウイのパーコラなんですが・・・・・
家の修復をするときに、まず外回りから整えていったのですが、 敷地のジャングルの伐採を始めて、最初にテラスの基礎を作りました。 テラスの石壁がある程度の高さになったときにすぐにキウイの木を植えました。 確か4年前だったと思うのです。 うちのテラスはかなり高いのでパーコラになるまで木が育つには相当時間がかかるであろうことがわかっていたからです。   
それが、去年、ようやくテラスのパーコラを覆い始める高さまで育ち、 今年の夏には全てを覆い尽くすだろうというところまできました。 うちのテラスは南西に面しているので、真夏は石床が熱をためて、海岸の砂みたいにかなりの高熱になるのですよ。 今年は台所が暗くなるけれど涼しい夏になるかな〜っと楽しみにしていました。  お花もたくさん咲いて、去年は丁度この時期に雹が降って葉も茎も花も全てダメになって悲しかったのですが 数百は実がなるかなあ???  と楽しみにしていました。


ところが・・・・・・・・・・・・・・・048.gif 


やたらにお花が落ちるので不審に思ったkumatoさん、(私はそもそも知らないので不審にも思わなかった・・・・・笑) よくよく見てみたら、 うちにある木の全てがオスだということがわかったのです!!!

そう、キウイはオスとメスの木があり、メスの木、あるいは枝だけに実がなるのです。  

もちろん、苗を買う時に、kumatoさんはオスを一本、 メスを四本買ったのですよ。  しかもわざわざすでに良く育った大きな苗を買いました。
お店の人も、片側からこれがオス、 反対側からこれがメスと言って渡してくれたそうです。  
それなのに・・・・・・・・

やっとまともにお花がついたのは去年のこと。 本来ならばすでに去年に気がついていて良かったはずなのですが、 雹が降ってキウイ全体がめちゃくちゃになって花を落とした・・・・・(と思っていた 笑)  ので見過ごしてしまったのです。
オスとメスのお花の違いはよく見ると明らかで、前のうちにもパーコラがあったのですが、 テラスはパーコラの上にあったため上からいつも見ていて下から眺めることはなく(しかもとっても暗かったのでよく見えない) kumatoさんも前の家でも今の家でもじっくり花を見つめることもなく過ごしていたので気づいたのが今になったという・・・・・・・・ だいたいお店の人が違うものを売るなんて思ってもいないし!!!! 疑ってもいませんでしたから。  滝涙。 



あまりに悲しくて、 泣きましたよ。   あ、でも、 こんなことよりも悲しいことは人生でたくさんあるので笑っちゃう悲しいこと・・・・ と言った方がいいですね・・・・・苦笑  どうぞ笑ってやってくださいな。





a0278382_05403431.jpeg




砂糖分は控えるはずでしたが、 二人ともショックで、 ジェラテリアにアイスクリームを気分転換に食べよう!!  と私がいったのですが、kumatoさんは早速解決策を探すためにインターネットを検索中だったので、冷凍庫に入っていたリンゴを煮たものを取り出してアイスクリームを作りました。
ちょっぴり癒された・・・・ 笑   食べ物で癒される私たちって・・・・・・汗


kumatoさんの考えている解決策は、 せっかく4年もかけてここまで根が丈夫に育ったので、接ぎ木をしよう! 035.gif  ということです。 本来ならば、一本残して残り全ては切り倒して新たな苗を植えないといけないところなのですが、 接ぎ木が成功すればおそらく新たに幼苗を買うよりも成長は早いはず・・・・と。 接ぎ木をするためにはかなりの根元から木を切らないといけないのですが、 幸いパーコラができる前に苗を植えたので、将来どのような形に木を育てるか決意できず、 何本か枝を伸ばしているので、一部だけ切り落としてそこに接ぎ木をして、残りの枝はその枝が十分育つまで日よけとしてある程度残しながら育てよう・・・・・  というのがアイディアです。  
接ぎ木がうまくいかなかった時のために、 まだ苗が売っていたら一本はメスの新しい苗を植えようと私は提案しているところです。 

いつも苗を買うお店は2軒あるのですが、4年前のことなのでkumatoさんもどちらで買ったかは記憶が定かではない様子。  覚えていたとしても失われた4年が帰ってくるわけでもなく・・・・・・・   涙


それにしても、 本当にいろいろなことがあるものですねえ・・・・・・

今朝は朝はや〜くに起きて、kumatoさんは接ぎ木について学んでいましたよ。   他の果物の木ではかなり成功しているので、今回も成功してくれると良いのですが。  でも、実が食べられるのはあと少なくとも2、3年後ですね・・・・早くても・・・・・   がっくり・・・・・












by tomomato | 2016-06-13 15:41 | 石の家の庭の話 | Trackback | Comments(21)

庭仕事とご飯

a0278382_05445936.jpeg
a0278382_05451396.jpeg




ハーブガーデンのカモマイルがとっても綺麗です。  毎日コツコツと収穫しています。  今日は、育てたカモマイルを敷地内にある果物の木の根元に4本ずつ植えてきました。 零れ種でたくさん増えてくれるといいな。  カモマイルは植物のお医者さんとも言われているので、 病気の木を治してくれるといいな。  




a0278382_05471525.jpeg




いろいろなベリーがたくさん取れています。 去年のラズベリーの刈り忘れたままになっていた枝に大きな実をわんさかつけてくれました。 






a0278382_05461014.jpeg




すぐりの実も今年は結構取れています。  イタリアのすぐりの苗はイマイチなのですが、今年はなかなか良いぞ・・・・・・




a0278382_05455845.jpeg




ラズベリーとワイルドストロベリーをお皿いっぱい、ヨーグルトと一緒に食べました。






a0278382_05473068.jpeg



別の日にはムースにして。  いつもはミントを載せるのですが、 この日はレモンバームをのせたらとっても美味しかった。  ベリーとよく合います。





a0278382_05255204.jpeg





ここのところ、バラを植えたり、お庭の仕事にかなりの時間を費やしていました。





a0278382_05261069.jpeg



今回買ったのは、オールドローズ3種(モスローズ2種)、ハイブリッドつるバラ一つ、 ランバー2種です。  ランバーは道路からうちの敷地に上がる石壁(一部コンクリート)に沿わせるつもりで買ったのですが、 土が浅く大きなポットを作らないといけないことがわかり、 kumatoさんにポットを作る余裕ができるまでしばらく別のところに植えることになりました。 
土が浅いとなると水やりなど、目の届かないところだと難しいのでそこに植えられるかどうか???
 
今回は3種、深い紫色をなぜか選んでしまい、帰ってから????  となりました。 ここのところ紫系の色を描いてばかりいたので、その影響か???    他に欲しい品種2種がなかったので、結果的にそうなってしまったのですが。今度ゆっくり写真を撮りますね。




このところ日が長くなったので、一日が長くなったはずなのですが、 朝から晩まで働いてあっという間に一日が過ぎてしまいます。 
さて、 仕事以外何もしていないので写真はまたご飯ばかりです。 




a0278382_05262840.jpeg
 



この日は、新ジャガが取れたので、新ジャガとローズマリーのオーブン焼き、ブロッコリー、アスパラガス、二十日大根、 そしてアーティチョークのフリタータ(オムレツ)でした。(アーティチョーク、大きく切ったので、ひっくり返すときに一部崩れた〜)
bouquet de 畑の野菜  だ〜〜 とkumatoさんはしゃいでいました。  でもここのところ畑の野菜が本当に豊富なので毎日畑のお野菜をふんだんに食べています。 




a0278382_05312111.jpeg


 

また、別の日は、 レンズ豆のトルコのスープにフルーティな紫キャベツのサラダで始まり、メインは・・・・






a0278382_05313745.jpeg




バーゼルのトルコ人のお店でユフカの生地を買ってきていたので、それで包み焼きを作りました。
写真を撮ると言ったらkumatoさんたら・・・・・



a0278382_05314483.jpeg


紫キャベツのサラダで装飾してくれました〜 035.gif



a0278382_05320068.jpeg



中身は、 一つは新ジャガイモとカシューナッツと玉ねぎのカレー炒め、 ほとんどインドのサモサ風です。
もう一つは、 今、取れすぎのスイスチャードと玉ねぎ、やはりトルコのお店で買ったトルコのフェタチーズ。 松の実が本当は入るのですが、買ってきていたのに入れ忘れました・・・・ 笑  皮は、間にオリーブオイルを塗って二枚重ねて包んであります。 そしてオイルを塗ってオーブンで焼きました。 この皮で春巻きが作れるなあ、と思ったので日本だったら春巻きの皮でこれが作れるかも? 外はパリパリ、中はジューシーです。 二種類の中身を作ると飽きなくて美味しい! 
kumatoさんはすっかり気に入って、100個くらい作って冷凍して〜〜〜〜 と言っていました。 100個って・・・・・???




a0278382_05454101.jpeg

 



kumatoさんが野菜を盛り付けたので、お皿が汚らしい上、地味〜なのですが・・・・トマトが欲しいところですね


スイスチャードの茎のサラダ お醤油と生姜、ごま油のドレッシング   スイスチャードの茎は、ドイツやスイスでは貧乏人のアスパラガスと呼ばれているのだそうです。 アスパラと同じように茹でて、 オランダソースとか、卵のドレッシングをかけて食べるそうですよ。  うちでは、そうやって食べたり、こうして和風のドレッシングにしたり、パン粉をつけて焼いたり、層にして間に卵生地をいれて焼いたりします。

冷凍していたモロッコいんげんのタイチリソース炒め (今年は冬に私がいなかったので、冷凍していた野菜を使い切れずまだあるので困っています どんどん新鮮な野菜が収穫できるし・・・・)

メインは、kumatoさんのだ〜い好きなタイのトムカークン、白身魚とかぼちゃの入ったスープです。(本場ではかぼちゃは入りませんよ)  草引きをしていたkumatoさんが、去年の零れ種で増えたコリアンダーを見つけてくれたので、 たっぷりとコリアンダーをのせて。 

それに発芽玄米。 昨夏に6kgくらい作っていたキュウリのキューちゃん。 




a0278382_05330728.jpeg




また別の日は、アーティチョークを前菜で食べました。



a0278382_05331650.jpeg


a0278382_05332707.jpeg




お庭のおそらく最後のほうれん草。 ドレッシングは、アンチョビをオリーブオイルで溶かし炒めした中に松の実を入れて軽く炒り、 熱いうちにほうれん草にかけてバルサミコで和えています。  少し塩、胡椒。  母が、よくベーコンを炒めたものとクルトンをほうれん草のサラダにかけていて、それがとっても美味しかったのを覚えています。今は私はベーコンは食べないので、アンチョビでやってみましたが、結構美味しかったです。 アンチョビの味がお嫌いでなかったら試してみてくださいね・・・・


前菜とサラダの後にはメイン

a0278382_05333818.jpeg




玄米を炊く時には、3合発芽させて圧力釜で炊きます。余ったご飯はタッパーに分けて入れて冷凍して別の機会に食べています。  この日はその玄米と、冷凍してあった畑のコーンと新しく収穫した春玉ねぎと一緒にピラフ風にしました。(焼き飯です、要するに 笑) それにアスパラガスとゆで卵のモッツアレラグラタン、kumatoさんにはラムチョップオーブン仕上げ。




a0278382_05335481.jpeg



これはある日のランチ。 かぼちゃのスープ、味噌仕立て。  煮干しで出汁をとって味噌仕立てにしたら、なぜか美味しかった不思議なかぼちゃのスープ。 笑  kumatoさんはフェネルを、私はコリアンダーをかけてますます不思議な無国籍料理でした。 笑




a0278382_05452486.jpeg


これはその翌日。 ラムチョップ、 500g以上あったので余りました。 kumatoさんは毎日でもラムを食べたいくらい好きなので、 いつも買った分調理して数日に分けて食べます。  この日はラム肉を骨からそいで、アスパラガスとクリームでパスタのソースを作りました。(私はアスパラだけ)    それに何時もの付け合わせの野菜、 最後の最後の紫キャベツと洋梨のサラダ。 この紫キャベツ本当に美味しいので、 このあっさりドレッシングで食べるのが一番美味しく、 何回食べても飽きませんでした。 数回別のドレッシングにしたのですが今ひとつこのフルーティさが活かせなかったし、煮て食べるのはもったいないくらいおいしかったし。 来年もこんなに美味しく育つといいなあ。 






a0278382_05391624.jpeg

a0278382_05354500.jpg







これは今日の晩御飯。  疲れがたまっていたのか、なぜか普段は決して昼寝しないのに午後眠ってしまいました。
起きたらなかなか目が覚めず、夜ご飯のプランもなく、 それにもかかわらずなぜかお寿司を作り始めてしまった。
バーゼルで日本風のお米を買ってきていたから、スモークサーモンがたまたま冷蔵庫にあったからというのもあるけれど、 なんで寝ぼけているのに面倒くさい晩ご飯を考えてしまったのか、作りながら本当に後悔しました。



巻き寿司、 おすましではなくなぜか豆腐の味噌汁、スイスチャードの緑のおひたしどころか茹でただけ(笑)(kumatoさんはオリーブオイルとお醤油をドバッとかけて食べています。イタリア風なんだか、日本風なんだか?)
畑のコーンと、スナップエンドウと、キムチの古漬けとカシューナッツを刻んだものの炒め物、 と言うなんだか居酒屋風の晩御飯でした。 

kumatoさん、 多少不思議な食べ物や、不思議な食べ合わせでも決して文句を言わずにパクパク食べてくれるので、ありがたいです。 



a0278382_05465187.jpeg




数日前のカンパーニュ・・・・  今日はバゲットを焼きましたが、 寝ている間に発酵させていたら、気温が高くなって発酵時間が全く変わってしまい、 発酵しすぎて今ひとつの出来でした。(写真なし)  もう、 夏も間近ですね!

エルダーフラワーのサイダーがとっても美味しくて、 7リットルも作ってしまったものだから糖分を摂りすぎないようにクッキーなどはここのところ焼いていません。  (kumatoさん、ガブガブ飲んでしまうので・・・これだけでも完全に糖分とりすぎ!!!!)



a0278382_05462832.jpeg



代わりにバラの良い香りを嗅いで我慢してもらっていま〜す!


なんだか、最近、食べたものブログになってますね・・・話題が乏しくごめんなさい。 
お庭のお花もまた変わってきているので、 写真撮ってきま〜す。






  





















by tomomato | 2016-06-10 07:09 | 今日のごはん | Trackback | Comments(21)

バラを買いに




a0278382_04314833.jpeg




木曜日、金曜日とスイスに行ってきました。 今回の目的は、ドイツのバラ園にバラを買いに行くことでした。

過去記事参照  
        **



このバラ園は、広大な敷地にイングリッシュガーデンが造られていて、バラをはじめとした様々な植物が植わっていてとにかく素晴らしいのです。
本当だったらば毎年、毎季節におとずれたいところなのですが、 なかなか時間がなくていけませんでした。 今回もkumatoさんの忙しいスケジュールの合間をぬってなんとか行くことができた・・・・ という感じです。

バーゼルからは車で30分位内で行くことができ、 かなり便利なのですが・・・・・






a0278382_04315520.jpeg




今年は、ドイツも5月の気温がだいぶ低かったようで、最盛期はまだまだという感じでした。  せっかくのバラは今ひとつというところでしたが、他の花々が咲き乱れていてやはりとても気持ちの良く、素晴らしいガーデンを楽しむことができました。  前回よりもさらに広くなっており、さらに大きくしている最中のようでした。  おまけに今回は、何組か団体さんにも遭遇しました。   あまり天気の良くない日でしたし、 最盛期前というのに結構人は来ていて、 最盛期の土日はきっと大賑わいになるのではないか? と思われました。






a0278382_04321811.jpeg
a0278382_04323620.jpeg
a0278382_04325112.jpeg




見事なまでに手入れされていて、 いったい何人のガーデナーがこれだけの広大な敷地を整えているのでしょうか? うちの草ボーボーの庭のことを考えると、 途方もない量の仕事に頭が下がります。




a0278382_04331537.jpeg
a0278382_04333116.jpeg





今回は、お花が大好きなkumatoさんのお母様もお誘いしました。 バラがイマイチだったにもかかわらず、とっても喜んでくださって嬉しかったです。

まず入り口を入ってすぐにショップがあるのですが、そこの苗売り場でもう私もkumatoさんのお母様もストップしてしまって、 これがいいね、あのお花はこうなのよ、などとお話を伺いながらkumatoさんに促されるまで色々とお話に盛り上がってしまいました。  幾つか選んで、リザーブしてもらってやっとバラ園に入ったのですよ。 お花好きの人と行くとまた一段と楽しさが増すものですね。



a0278382_04334639.jpeg
a0278382_04335420.jpeg
a0278382_04340834.jpeg

a0278382_04342202.jpeg



ね、バラが今ひとつでも、多彩で飽きないでしょう???? 





a0278382_04343413.jpeg
a0278382_04345027.jpeg




前回は、バラを見ながらこれを買おうか、あれを買おうかと物色しながらだったので、 お庭の中を歩くにもものすごく時間がかかりました。 今回はあまり咲いていなかったので、 純粋にただ楽しみ、 お庭の作り方などをじっくり見て、お母様と一緒だったので時々ベンチに座って休んで、のんびりしました。




a0278382_04363832.jpeg
a0278382_04365319.jpeg
a0278382_04370974.jpeg
a0278382_04373321.jpeg



kumatoさんは少し疲れていたようで始終あくびのしっぱなしで、かわいそうでした。 朝学校があって、 夜もまた夜のコースがあるのでその合間をぬ
ってのお出かけだったので仕方がないのですが・・・・・(kumatoさんは、学校が終わるとすぐにイタリアのお家に帰りたいので、余裕を持った日程を絶対に立てないのです。自業自得!??? 035.gif) 





a0278382_04380132.jpeg
  
a0278382_04381136.jpeg
a0278382_04382361.jpeg


 
今回は、前もって欲しいものを調べてから行くつもりだったのですが、 ここのところ忙しすぎてちゃんと調べる時間もなく、 幾つか候補をかろうじてリストにして持って行きました。 これが、目的のものを探すのが大変なのですよ。売り場も広大で、種別、アルファベット順に置いてあるのですが、 一つ一つリストと写真を見て見つけるのが結構な苦労、 お店の人がいれば、すぐに教えていただけるのですが、いつもいらっしゃるわけではないので自力で探さないといけないのです。 前回もそうだったのですが、行ったり来たりして探すだけで一時間以上かかりました。    
幾つかを見つけることができたのですが、ちょうど売れ切れてしまったものもあるので、 それはネットで予約して秋に手に入ることになりました。
うふふふ、 これで秋にも来ることができる! と喜んでいたら、kumatoさんたら、


’ ネットで注文したらスイスまで送ってくれるんだってさ〜〜! 035.gif ’



だって.... え〜〜〜 そんな野暮な!???   それはいやだ〜〜〜〜 !!007.gif 



こんなに近いんだから取りに来たいですよね〜??? 



お買い物が終わった後、 前回来た時に、 ちらっと見かけて、絶対に行きたかったのに閉店時間ギリギリになってしまい諦めざるをえなかったティールームに行きました。


というのは、外のテラスでお茶をしている人たちが、これをしているのを見てしまったのです。

そう、これとは・・・・




a0278382_04383869.jpeg



じゃ〜〜〜ん


イングリッシュ、ハイティー063.gifです!!!067.gif

a0278382_04384996.jpeg




私はイギリスとスコットランドに住んでいたことがあるので、何回か体験済みなのですが、kumatoさんとお母様は初めてだそうです。  イングリッシュハイティーをするには予約をする必要があるので、(それ以外のケーキとお茶単品は必要なし) 前日から私が予約のことで大騒ぎをしていたら、kumatoさんは高いし何も予約までして・・・・・という感じで冷ややかだったのですが、 実際に目にしてホクホクしていました。035.gif 笑



a0278382_04391041.jpeg


スコーン用のコーニッシュクリームと苺のジャムとマーマレード。
コーニッシュクリームにしては、やけに白かったのでこれはサワークリームか?




a0278382_04390331.jpeg




可愛い一口ケーキ






a0278382_04385651.jpeg



サンドイッチ



これに、お茶がポットできます。

3人で二人分のハイティー、プラス一人分の飲み物とスコーンを一つだけ追加したのですが、十分すぎるくらいでした。  ティーポットは、 一つ分で何と10杯くらい入るのです。  お茶は、バラのお茶だけで十種類くらいあり、他にも色々な種類の紅茶や緑茶などがあり選ぶのに困りました。 散々迷って結局選んだのはアールグレイ とコーヒー。 つまんな〜〜〜い。  笑

私は朝からこのために、 クロワッサン一つしか食べていなかったので、 十分楽しみましたよ〜 
kumatoさんもサンドイッチ一つでお昼を済ませたので、 たっぷり・・・・
お母様は、お昼に散々注意したのにもかかわらず、 パン屋さんで甘い菓子パン二つ買って召し上がっていたので、サンドイッチとスコーンでギブアップでした・・・・・・ 




a0278382_04391880.jpeg



インテリアもイギリス風、 食器もバラです。 もう3人でイギリスちっくな優雅な気分に浸りましたよ。
たまにはこういう気分転換も必要ですよね???   

ティールームはそれほど大きくないのですがテラス席が広く、おまけに今年は外に大きなテントがあって、そこでお茶ができるようになっていました。やはり最盛期はものすごい人なのだと思います。






a0278382_04392864.jpeg



今回も幾つかをお持ち帰り〜〜〜。 

次回に手に入れる候補も幾つかもう決まっているので、今からワクワクしています。

が・・・・その分仕事が増えるってことなのですよね・・・・・
今、うちはバラの真っ最中の季節なので、 今までの苦労も忘れて嬉しくて嬉しくて、つい盛り上がって買ってしまいましたが・・・・・・・・・汗


育てやすく強いバラを選んだつもりですが、無事に育ってくれるかなあ・・・・・



でもね、 バラはね、滅多に なXXXにはやられないのですよ・・・・ ふふふふ  笑 
うちの庭にはぴったり????    ま、他の虫に食べられちゃうのですがね・・・・  











by tomomato | 2016-06-06 06:22 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Trackback | Comments(8)

もう6月なんて




a0278382_15351060.jpg




もう6月なんて信じられません。 5月がずっと寒かったので冬物がしまえず、 やっと片付けがほぼ終わったところです。  二人とも普通の洋服に加えて仕事の作業着がたくさんあるので結構大変でした。  年をとったら上の戸棚にも手が届かなくなるし、今持っている量の三文の一くらいにワードローブを減らそうね、 とkumatoさんに言ったほどです。 
田舎暮らしになってから生活形態がすっかり変わって、 ほぼ作業着しか着ないので思い切って普通の服を処分しないとと衣替えの度に思うのですが、 まだできていません。



さて、お庭の方もバラの第一弾が一息ついて、 2段目のお花が咲き始めました。  どれもかわいいなあ。



a0278382_15422069.jpg
a0278382_15403017.jpg





開ききってしおれていく姿もまたかわいいなあと毎日見とれています。  と言ってもここのところ雨続きで、毎日雨に打たれているバラを心配していたのですが。   中には蕾が雨にやられてそのままダメになってしまったものもあり、がっくり。 



a0278382_15394668.jpg



1500年以前のガリカ オフィチナリス   薬用に使われていた大切なバラだそうです。  ローズヒップが取れるそう。 去年までは株を大きくするために花がらをとっていましたが今年はヒップを実らせようかな? でもまだ、この子は小さいのでどうしようかな?










a0278382_15355596.jpg
a0278382_15423048.jpg


こちらは花後のお星様が本当に可愛くて大好き。  こちらも放っておけばたくさんヒップができるはず。  でもkumatoさんはどんどん大きくしたいようなので半分くらいは花がらを摘んでおこうか?









a0278382_15424227.jpg





このバラは結構大きな株で購入しました。  1年目も、2年目も素晴らしい花々をたくさんつけてくれました。  が・・・・・・  3年目に急にがくんと力尽き枯れきてしまったのです。   ガーデニングの知識どころかバラの育て方も全く知らない私は、 花がついたらついただけ花を咲かせ、 肥料もやらずにいたのです。 その頃は工事の最中でしたので、庭の植物のことを気にかけている暇もなく、 お花が咲いて綺麗だね〜 で終わっていました。
    
根腐れしたか、コガネムシにやられたか? 植えている場所が悪かったか? などなど色々と考えたのですが、そのどれだとしてもあまりにひどい扱いをしてきたことを大反省。  新しいシュートも一つも出さないまま、 葉っぱもどんどん枯れてこのままだと絶対にダメになる・・・・・・・  それでも秋には小さな蕾を弱々しくつけてくれましたが、 ここで咲かせたら完全にダメになると思い全ての蕾を切り取りました。 kumatoさんは花が見たかったみたいですが。    そもそも、 バラは花がらを取らないといけないみたいだけれど?  と言ったら、 そのままにしておいて落ちたらコンポーストになるから放っておきなよ、と言っていたのはkumatoさん。   肥料をやらない上に咲かせるだけ咲かせて、 放っておいたら力つくのは当たり前です・・・・・。  

今年、初めて強くはないとはいえシュートを出し、 最初に買った株の三分の一の大きさですがしっかりした葉をつけてくれて立派な蕾をつけてくれました。もう完全にダメになることも覚悟していたので本当に嬉しいです。   ありがとう、ありがとうって毎日言っています。  とは言ってもまだまだ油断は禁物。    なるべく株に負担がかからないように観察して、 お花も早めに切り取っていこうかと思っています。  





a0278382_15400276.jpg
    



病気がちのヒマラヤンムスク、 今年もうどん粉にやられながらも初めてたくさん立派なお花をつけてくれ、新しいシュートを幾つも出してくれています。
これは強い品種なのですが、最初からうどん粉や葉じらみが寄ってたかっていじめるのです。   頑張ってほしい。 が、誘引、これからどうしよう? 





a0278382_15401752.jpg




散った花びらまで美しいと思ってしまう私も、既にちょっぴりロザリアン?







a0278382_15362653.jpg





これは元から敷地内にあるだれが植えたかわからないバラ。  あまり見向きもされないのだけれど、 全く世話をしなくても毎年しっかりと立派な赤い花をつけてくれるのです。 私の顔くらいの大きなお花がついてびっくり。 えらいなあ。  この家にずっとずっとだれも住んでいなかったし、だれも見ていないのに、こうして毎年立派なお花をつけてくれていたんだなあ。 




a0278382_15360555.jpg






庭仕事をしていると、 そうやって無意識にブツブツ花や野菜や木や、そして退治するナxxxまでブツブツと日本語で話しかけながらやっているので、 もしご近所の人が見たら不気味な人と思われるかも・・・・・。  ありがとね、ありがとね、と言いながら花がら摘んでたり、 ごめんね、ごめんね、と言いながら病気になった木に話しかけたり、 ちょっとこれは食べられたら困るんですけど、いい加減にしてよね、と言いながら虫を退治していたり。  
でも、 だんだん少しだけわかってきたことがあります。   

最初ここに来た時には本当に荒れ果てていて、 背の高さを超えるブラックベリーのブッシュで覆われ色々な木が勝手に生えていて、 道路から三階建ての家も見えなかったし、 庭を通り抜けることなんて到底無理でした。   それらの伐採から始め、少しずつ土地を整え、野菜を植え、 果物の木を植え、お花を植え・・・・・・・    


そうしたら、 たくさんの虫たちも新たにやってきました。   一番困るのがなめXX。 毎年大変なのですが、暖冬だったためか今年は異常発生してとってもとっても増える一方でかなりの被害です。  うちは石壁があるしいろいろな美味しいものが植わっていて彼らにとって最高の住環境なのだと思います。 
雨の日に外に出るとちょっと、ホラーのよう・・・・・・・  ちょっとお庭に様子見に出たつもりが、何時間も駆除作業に取られることもあります。  
かといって石壁をすべてコンクリートにして、 草も生えないように除草剤をまいたり引き抜いたり、マルチを黒ビニールに変えたりはしたくないので、仕方がない。   やはり土壌汚染はしたくないので、 駆除剤も環境に優しいBIOを使っているので効きは今ひとつです。 

蜂もてんとう虫もたくさんやってくるけれど、 バラを植えてからコガネムシやカミキリムシも出没するようになりました。    
それから、 果物の木が病気にもなったりする。


時間をかけて育てた野菜やお花の苗がダメになるたびに、蒔いた種が芽が出たはずなのにあるひ突然すべてなくなっているたびに、腹が立って、 この野郎、この野郎!! と思いながら駆除に精を出していたけれど、 ある日、 これは違うな?  と思いました。   

自分が勝手に自分の好きな植物を植えて、 それに合わせて色々な虫や病気もやってきて、  でも自分の都合悪いものへは怒りをぶつけ、 都合の良いものには喜んで、    それはちょっと違うんじゃないかな? と。



a0278382_15361543.jpg
 



  
お野菜やお花を守りたいから、駆除は続けさせてもらうけれど、 でも取る時にもう怒らないことにしました。  そしたら、自然に、 あなたちもね、気持ちはわかるけれどね、増えすぎるとちょっと困るんだよ・・・・・ごめんね、 って言いながら作業してました。  

ポールスミザーさんのサイトだったかで、園芸用の土を売っていて、 その説明に有機の素晴らしい土で、 ミミズやなXXXが大好きですっていうようなことが書いてあり、最初目を疑いました。   え〜〜〜!!???  って。   誰が買うか〜!?  って。 笑

でもうちもちょっと掘ると、ものすごくたくさんミミズがいるのです。   そして早春、石を持ち上げるとミミズとnaXXXXさんが一緒にいる! 
一時期naXXXさんの存在意義はなんだろう?  と悩んだことがありましたが、(笑) 生態系の’お掃除屋さん’ として立派な役目を果たしていることを知りましたし、 本当に嫌いなのですが、 存在を否定することはやめました。 笑    枯れた葉っぱや草をせっせと食べて土壌を豊かにしてくれていることは確かなので、 私たちの必要に合わせて駆除はさせてもらうけれど、  

差別はや〜めた! 024.gif
 
そして、やっぱり種を直接まかずに苗を育ててからという手間はかかるし、 大切に育てた苗も、植えても植えてもいつの間にかなくなってしまうということもあるけれど、 なんとか折り合いをつけていけば良いと普通に思えるようになりました。 

kumatoさんが、 私が苗のことを私のベービー達と言っていたら、 


’ まるで魚みたいだよね。 た〜くさん育てて、 育って魚になるのはそのもとの何パーセントだもんね!035.gif’  


って言ってたけれど・・・・・笑   いいや、魚でも。 笑 



今はバラが素晴らしくて、それを見て、香りを嗅ぐだけで幸せになります。 でも、 ある日、naXXX退治よりげっそりと戻ってきた土にまみれたkumatoさんとバラの話をしていて、私がこう言いました。


’ 庭って、人間の魂と全く同じだよね〜〜〜〜〜  美しくなればなるほど、 醜いものも深くなるんだよ。 光が満ちれば満ちるほど、闇が深くなるんだよ。  光が輝くには闇がないとダメでしょう? より光が輝くためには闇はもっともっと深くならないといけない。画家のあなたならそのことをよく知ってるでしょう? 011.gif’ 


いきなり哲学論をぶちまけた奥さんに、kumatoさん、絶句して、 そして苦笑していましたよ。


でも、私が言ったこと本当だと思ってる。



a0278382_17403677.jpg
  


背丈よりも高いアーティチョーク。  たくさん、たくさん収穫できそうです。







a0278382_15354287.jpg

  
バラとスナップエンドウ混在の畑 笑
a0278382_15374958.jpg




うちには敷地のあちらこちらに畑があります。 その間には花や木が植わっています。  だからジャングルみたい。 笑
なるべくモノカルチャーは避けて多様な野菜を小面積で育てるようにしてはいるのですが。 
kumatoさんのお母様の畑は雑草なんて一本も生えていません。 草マルチもなし。 茶色の土がむき出しです。    性格が出る??  

でも、だからこそうちにはなXXXもミミズも多く、 とても豊かな土を保っているのだと思います。  堆肥もほとんど使っていません。
(ペッペからもらった熟成した馬糞を今年バラに使いました。  ついでにキウイにも今年kumatoさんが入れました)  





a0278382_15365542.jpg




バナナが植わっているのはkumatoさんの趣味。冬には小鳥がたくさん住んでいました。 その横にbioトープ(池)を作る予定になっているのですが、そしたら蛙が来てくれるかな?  




a0278382_15364192.jpg




ちまちま庭仕事してます。  あまりちまちま仕事は好きじゃないのですが、園芸って、ちまちまが多い!  スプーン使って移植したりしている自分の姿をかって思い浮かべたことはありませんでした。






a0278382_15380633.jpg





この土地の伐採をしたのは2011年の夏。 

ここの記事


を見てくださいな。  自分で振り返って見て、涙が出そうになりました。
まだまだ完成には程遠い庭だけれど、 確実に思っていたような畑や庭になってるな。 いや、それ以上かも。 






a0278382_15390602.jpg




雨の合間に急いで収穫・・・



a0278382_15381698.jpg


ことりに食べられる前に、kumatoさんが接ぎ木したサクランボをとりました。 今では接ぎ木をしたと思えないくらい立派な枝になりました。 
嬉しいなあ。






a0278382_18510352.jpg




キウイの花が満開です。  お昼を食べながら、なんかうるさいよね〜 、 バイクのレースかなんか遠くであるのかね〜〜〜???  ってkumatoさんと話していたら、   蜂が何百匹とキウイのお花にたかってた〜〜〜〜〜 


去年は6月にヒョウが降ってすべてダメになったけれど、今年は大丈夫だといいな。   
kumatoさんがペッペの贈り物を入れてくれたから、 今年こそテラスを覆ってくれるかな? 






a0278382_15453158.jpg



第二弾エルダーフラワー。  今回はこのまますべてドライにしてお茶にします。
kumatoさんが、エルダーフラワーのちょうど良い苗を見つけたそう。    エルダーフラワーの木も、うちに仲間入りすることになりそうです。 

前回のシロップは大丈夫でした。 煮沸したのに発酵するわけないのになあと不思議だったのですが、 発酵したわけではなかったみたい。よかった。
サイダーも気温が低かったので時間がかかりましたが、美味しくできました。


明日から一泊だけスイスに行ってきます。 この記事は予約投稿にしておきます。 

苗があるから一泊以上は無理〜〜〜  涙 







by tomomato | 2016-06-02 12:00 | 石の家の庭の話 | Trackback | Comments(16)

今日この頃のご飯 チーズの楽しみ 





a0278382_15425629.jpg





今日も例によって、 お庭も食べ物もごっちゃになったブログを書こうと思って写真を整理していたら、あまりにたくさんすぎるので分けることにしました。
本来、こうやってテーマ別にブログを書いて少しずつマメにアップする方が良いと思うのですが、ここのところすることがたくさんありすぎて、ついついブログを後回しにしてしまっています。 ごめんなさい。

先週末にマーケットに行ったら、いつも行くチーズ屋さんにカラブリア州のブッラータというチーズが入っていました。






a0278382_15431097.jpg





これ、超おいしいのです。 外側はモッツアレラ、中にはクリームとモッツアレラの小さなかけらが入っているのです。 ナイフを入れるとほら、とろ〜っと中身が流れ始めます。   オリーブオイルをかけたりもするようですが、 もうクリーミーでその必要はありません。  おいしいね、おいしいね、 と二人で一気に食べてしまいました。  




a0278382_15432617.jpg
 



マーケットのそばのパン屋さんで、 リグーリア州の薄っぺらいフォカッチャを買いました。   時々ここで買うのですが値段を気にしたことがなく、今回聞いたら5ユーロもする!???   (かなり大きなピースです 高い高いと連発したら、kumatoさんが、比較によるよ、スイスなら軽く3倍する・・・・と。確かに )   え? うちで作ったらずっと安くできるじゃない?    と改めて思うケチな私・・・・・   私が作ったのは、 イーストが入らないレシピでしたが、 ここのを改めて見るとイーストが入った生地を薄く伸ばして焼いているようです。 トースターで2度焼きしたので外側はカリッとして、中はふわっとしている。    これもまた美味しいです。 イーストが入らない生地はカリッカリでパリパリ美味しいけれど、その時にたべないと二日目には固くなるので、 こちらのフォカッチャもまた良いかも? 今度やってみようと思います。 

このフォカッチャととれたて新春のサラダと、 ブッラータと、美味しいオリーブでマーケットの日の最高の昼食になりました。







a0278382_15371506.jpg
 


別に大した料理じゃなくてもハーブを乗せれば何とかなるという例・・・・・ 笑 もうちょっと綺麗に乗せたほうがいいけれど・・・・ 苦笑

なるべく食事は余りが出ないように食べきれる量を作っているのですが、時々計算違いで余ってしまうことがあります。 ご飯とクスクスが中途半端に余っていたので(パンを焼く時間がなかったし)、最後のリーク(西洋ねぎ)をたっぷり入れたオムレツをお昼に作りました。  草引きをしていたら零れ種で増えたりっぱなコリアンダーを見つけたので、コリアンダーをたっぷりのせて。   kumatoさん、お好み焼きのソースをどば〜〜っとかけてた。 うん、気持ちはわかる。 





a0278382_15373187.jpg



さて、最後のドライ柿。  ずっと見てくださっている方はわかると思うのですが、秋に私は2週間かけて毎日毎日コツコツと多量のドライ柿を作りました。そうですね、 大きな深いおせんべいの缶3つに、これより大きな瓶四つ分くらい。  これで今年はたくさんの人にプレゼントできるな〜〜〜〜 とホクホクしていたのですが・・・・・

なんと、私が日本に長くいる間にkumatoさんがほぼ全て食べてしまったのです!!! 035.gif  帰ってきたらこの瓶一つぶんしか残っていない!!!!! (瓶は奥にしまっていた)  去年は冷夏で柿がイマイチの出来で、kumatoさんが作ったドライ柿もイマイチの出来でした。(柿酢もダメだった) それがまだ残っているのにこっちばっかりこんなに食べるとは!     慌ててさらに奥に隠したのですが、 何かの時に取り出したら場所がバレてしまい、 知らない間に減っていた・・・・ 
もういいか、美味しいと思ううちに食べれば、 と諦めました。    しかしあれだけの柿がこんなに短期間にkumatoさんのお腹の中に入ったとは・・・・・私の労働が・・・・・・・・・    僕がこんなに喜んで食べたんだから、労働の価値があるでしょう!??035.gif とのたまうて
おっしゃっていますが・・・・・( 確実にお腹に入ったのが見えますが・・・・・笑)




a0278382_15393458.jpg
 






アスパラガスがたくさん、たくさん取れます。 2、3日置きに結構な量が採れるので、最初はアスパラの味を素直に味わえるようなシンプルなお料理をしていましたが、 最近は適当に 贅沢に使っています・・・・ 笑     トマトクリームソースのアスパラのパスタに、 塩レモンで味付けしたスナップエンドウ、kumatoさんにはラム肉のカツレツ。 




a0278382_15434208.jpg



この日は小さなイカとスナップエンドウのタイ風ピリ辛いため。 トムヤムスープ(海老なし 笑) スイスチャードでした。 なるべく緑黄野菜は毎日たっぷり食べるようにしています。 今はスイスチャードがたっぷりあるので安心。    こういう料理の時には、ちゃんとお茶碗とお箸で食べたいのですが、kumatoさんが既にセットしていたのでお皿の上に。kumatoさんは、おかずとご飯を混ぜて食べられるのでこの方が好きみたいです。  

前に読んだことがあるのですが、日本人は、口の中で色々と味を混ぜて食べる習慣があるのだそうです。 おかずを一口食べてご飯を食べ、 お汁を飲んでまたご飯を食べ、というように・・・・・  西洋人はそういう習慣がないので、口の中で混ぜるのではなく、お皿の上でおかずとご飯を混ぜて食べるのだそうです。 それを知って妙に納得・・・・・・・・   
私はお皿の上でおかずとご飯がぐちゃぐちゃ混ざるのはイマイチ好きではないのですが・・・・・・一皿で済むので合理的といえば合理的?   
前は、kumatoさんは味噌汁でも必ず食事の一番先に食べるので、困りました。 スープと他のものを一緒に食べるのは洗練されていない食べ方だと思っているようで・・・・・。 
日本に行って以来、味噌汁を一緒に並べても文句を言わなくなりました。  035.gif  




a0278382_15441207.jpg
 




リコッターチーズのパンケーキ。 白身を泡立てるタイプです。 ふかふかで美味しかった〜    このリコッタチーズはマーケットで買ったもので、スーパーで買うのとは雲泥の差です。 本当はそのままドライトマトをつけたものを一緒に食べるのが最高に美味しい!!!   kumatoさんが出かけるのでそれまでに使ってしまおうと使いましたが、 料理に使ってもやっぱり美味しい!! 

が、これにkumatoさんは、やはりマーケットで買ってきたゴルゴンゾーラチーズを出してきて、 これがまた、 最高に美味しい組み合わせでした。
が・・・・・・kumatoさん、(私もですが) 痩せたいと言っているのだけれどこれじゃダメじゃない????  
kumatoさんのお母さんのレシピのズッキーニのカレーピクルスは、こういう時にもよく合います。 





a0278382_15442728.jpg
a0278382_15435757.jpg
  



残ったリコッタチーズとヨーグルトを使って、お客様がいらっしゃるのでケーキを焼きました。 
中にもイチゴがたっぷり入っています。  (下の写真は別の型で作ったもの)    今はイチゴがとっても美味しいです。  







a0278382_15445845.jpg
 




ここのところ異常に忙しくてあまりお料理にかける時間がないので、 ブログに載せるにはつまらないものばかりで恥ずかしいのですが、この日はチーズが主役。 笑 

3時に来ると言っていたお客様が、なんときたのが5時半、それから8時半すぎまでいらっしゃったのですが、 ようやく雨が上がって外も明るかったので時間に気づかず二人で庭仕事を終えて戻ってきたらなんと10時前!!????    
私はもう疲れて、翌朝は4時起きの予定でしたのでそのまま寝たい! という感じだったのですがkumatoさんはお腹を空かせてグ〜グ〜。
慌てて超特急でかぼちゃのスープ、 ツナとレモンとリークのスペルトのパスタ、お野菜を用意しました。  パスタのお湯を沸かす時間も含め、所要時間30分以内!       この日も、もう遅いから!!  とスープも一緒に出しました。笑    一人だったらそのまま寝ていたのになあ。  胃薬飲んで寝ました。    




a0278382_15451653.jpg
 


この日のメインはこれ、 これまたマーケットで買ったブッファロー(水牛)のモッツアレラです。  これまた美味しかった〜〜  シチリアのオリーブオイルをかけていただきました。  マーケットのチーズは、スーパーのチーズと比べて決して高くはないのですよ?  このチーズは一キロ5ユーロくらいです。 これ一つ3ユーロしないと思います。  うちはほとんどのものはBIOなのですが、 マーケットの日だけは、BIOにはこだわりません。 笑
BIOのマーケットがあったらもちろん、最高なのですが。       






a0278382_15444242.jpg






4時おきの日は、kumatoさんがスイスに出発する日でしたので、 その日の朝ごはん用に久しぶりにシナモンロールを焼きました。 欲張ってシナモンだけでなくレーズンと胡桃も入れたらうまく成形できなかった・・・・・思っていたのと違う形になりましたが、 美味しかったです。 







a0278382_15480120.jpeg





さて、前回のルバーブのケーキのレシピを知りたいというお友達が何人かいらっしゃったし、日本でもルバーブは手に入るとのことでしたので、レシピを載せます。 ルバーブがなくてもベリー系を入れればとっても美味しくできると思いますよ。
これは、前回ご紹介したように、ドイツ人の女の子から聞いたもので、おばあさんからつ伝わったレシピなのだそうです。  


ケーキの台    150g 薄力粉
         3    卵黄
         100g  砂糖
         100g  バター
         大さじ6  ミルク
         小さじ1、5 ベーキングパウダー
         バニラ (エッセンス、バニラシュガー、バニラそのものなど適量
         50g mondamin (こちらで売られているコーンパウダー、 コーンスターチのこと)


上の層      3 白身
         100g 砂糖
         350g ルバーブ (ベリーでも良い) 



下の台の材料を全てよく混ぜる。 ( ヨーロッパのレシピってすごく大雑把。 私は、 卵黄を文字が書けるほどまずよく泡立てて、仕上げに溶かしバターを入れるやり方をしていつも焼いています。 そのまま混ぜても大丈夫と思うけれどバターだけは溶かしておいたほうが良い 笑) 
油をした(ベーキンブペーパーを敷いた)方に入れて180度に予熱してあったオーブンに入れて軽く焼く。  (時間測るの忘れましたが、かすかに色ずいて表面が固まった程度で大丈夫)   

その間に、上の層を作る。 白身を泡立てる。途中砂糖を足してメレンゲ状に泡立てる。 艶やかにツノが立つまでしっかりと。   それにフルーツを混ぜて軽く焼きあがった台に注ぎ込む。  私はこの際にラズベリーを表面に飾りとして散らしました。  

茶色くしっかりと焼き色がつくまでよく焼く。 串を通して焼けているかどうか確認する。  


ラズベリーは冷凍のを使ったので、ポロポロと崩れた小さいのが多少焦げました。 大きいのはいい具合に溶けて彩りになったので、 上に乗せるときには他のベリーでもラズベリーの崩れたような細かなものは避けた方が良いかも。  もともとのレシピでは、上には何も載せません。  シンプルにルバーブだけ入れて焼いています。   お花を飾っても可愛いかもね。

コーンスターチがないときにその分薄力粉を入れて焼きましたが、それでも全然大丈夫です。 コーンスターチを入れるとサクッとした仕上がりになります。 


good luck !!














 



by tomomato | 2016-06-01 17:17 | 今日のごはん | Trackback | Comments(14)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

本当に久しぶりの雨
at 2017-04-26 20:18
突如寒くなりました! 
at 2017-04-21 06:12
イースターとお庭
at 2017-04-18 05:43
忙しい日々
at 2017-04-13 06:20
kumatoさんが帰って来ました
at 2017-04-05 05:21

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

papricaさん、 そ..
by tomomato at 06:16
どひゃぁっ。気温の下がり..
by papricagigi at 02:53
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:42
まあ、急に寒くなったので..
by fran9923 at 08:38
ありがとう*
by pot-eri at 15:55
kagikomeusaさ..
by tomomato at 05:47
poteriさん、 うち..
by tomomato at 05:43
こちらは今週末は18℃く..
by pot-eri at 20:14
poteriさん、ベイビ..
by tomomato at 16:00
そちらも薪ストーブ再稼動..
by pot-eri at 05:26

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧