<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今シーズン 終わり




a0278382_16042466.jpg






ここの所、何回かスキーに行っていました!!
私はずっと日本にいたのでもちろんですが、kumatoさんも今年は雪が少なかった上に1月は仕事で忙しかったので、なかなかスキーに行くチャンスがありませんでした。  
普通は3月に入るとすっかり下界は春気分なので、今更冬に戻るスキーには行かないのですが、今年は例外! 






a0278382_16052105.jpg
  



下界は花々が咲き乱れて春爛漫、 でも山の上はまだまだ雪景色、 清々しく気持ちがいいです。






a0278382_16061608.jpg





kumatoさんは、スキーに行って帰ってくると違う人間になったような気がする035.gif ってよく言っています。 最高に美味しい空気を吸って体を動かして、生まれ変わった気分になるんですって!  スキーしなくっても、 高い山の上の景色を眺めてご飯を食べるだけでも元気になりますよね!





a0278382_16102473.jpg
決めるkumatoさん
a0278382_16095511.jpg
足がばらけるだれかさん




学生時代と日本での社会人時代はスキー部だったのでどんなお天気でも朝から晩までガンガン滑りまくる生活、 ゆったりお茶して日光浴なんてしたことが無かったので、お天気が最高の時に、 気がむいたらゆっくり午後から行って、途中でたっぷりコーヒー飲んでだらだらする今のスキースタイルが最高に嬉しい!楽しい!   笑   っていうか、ガンガン滑る体力、本当にありません。  汗 







a0278382_16140720.jpg




だいたい、若いときって、転んでも別に平気だったけれど、年取ってくると転ぶとダメージが・・・・・・・  なんて話をお友達としました。  深くうなずく私とkumatoさん・・・・・・    苦笑 

最近立て続けにお友達達がスキーで大けがをしているので、 人ごとではありません。 無理せず安全に楽しみたいです。 

が、最終日、久しぶりに見事にひどい転び方をしてしまいました。あまり上手でない人たちの集団が狭いピステにわらわらとたまっているところに遭遇、 よけながらはじっこを滑っていたけれど、そのうち一人がまったく予想外の動きをしてぶつかりそうになったのでとっさによけました。  夕方だったので光の加減でゲレンデとオフピステの境が全く見えず、ピステから外れそうになり何かに引っかかって大転倒。  もろに一回転しました。 幸い怪我は無かったのですが。 (一回転したのが良かったのかも。)   自分は気をつけていてもこういうことが有るから本当に怖いです。      


今シーズン、kumatoさんは5回、私は4回で終わりました。  一時期は二人で一シーズン10回以上行っていたけれど、家の修復などで忙しくてなかなか行けなくなってしまいました。 またたくさん行けるようになったらいいな。  ここの所ずっと雪が少ないので、果たしてそういう日が来るのかどうか? 氷河の後退も進んでいるし、 将来は本当に雪はなくなってしまうのかもしれません。  スキーの話から地球の自然破壊の問題までつながってしまうけれど・・・・・  

最後はお友達の母娘と一緒に行きました。 グループでスキーに行くのもとっても楽しい!  皆で笑い、おしゃべりして、楽しいシーズン閉めでした。 この日も、私とkumatoさんはまったりコーヒー休憩、 元気一杯のティーンのスノーボーダーの娘ちゃんと母はほぼ休憩なしで滑りまくってました。 私もスノーボードやってみたい でも最初は痛い目にあうらしいとかで、ついついやりそびれて年月が・・・・・・ もう無理か? 


私たちにとってはこれから色々と予定があるのでシーズン最後でしたが、このスキー場は5月1日までやっているのですよ。 実際、この日の雪質は、下の方はぐさぐさのポレンタ状態だったけれど、 上のピステは完璧な良い雪質でした。 



ああ、今シーズンも楽しかったな。  スキーがあるから冬もとってもとっても楽しいな。 
さあ、春を全身で迎えるぞ!!!       









 


by tomomato | 2016-03-31 16:58 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(4)

楽しいおいしいイースター




a0278382_16465633.jpg


昨日は(日本時間の一昨日・・・)イースター(パスクワ)でした。
お友達家族に朝食に誘われたので行ってきました。 丁度夏時間になったので日曜日なのにやけに(旧時間で)早起きをするはめになり、 寝不足ながら徒歩で森を抜けて谷に降りていきました。


でもすぐには朝食にありつけず(がっくり)、まずはイースターの恒例の行事、エッグハンティング(卵狩り) にかり出されました。 




a0278382_16472645.jpg




イースターのウサギ達がやって来て、卵(卵形のチョコレート)を森のあちらこちらに産みつけていくのです。 それを見つけながら足跡をたどり、ウサギの巣を見つけなければいけません。 
始まりとともに真っ先に走っていったのはこの方・・・・・  グループのはるか先頭を切ってすべての卵をかき集めて行きます。






a0278382_17180428.jpg




こういう行事はもう卒業した若者、 走る元気の無い高齢者(って私たち)はあとからゾロゾロゾロゾロ・・・・  卵はもう無いのでがっくりしながらやる気なさそうに歩きました。
が、 先頭を切った子は余り注意深く見ていなかったようで・・・・・




あった〜〜〜〜!!


a0278382_16500990.jpg

ここにも!!!

a0278382_16505225.jpg

あそこにも!!!





a0278382_16493766.jpg

ご丁寧に、ウサギ? の毛までついてます〜〜〜〜


地面だけでなく石壁の石の間やら枝の上や、 草の中にあるので結構気をつけて歩かないと見つけられないのですよ。





a0278382_21072992.jpg


もちろん、この人も必死です。 何しろチョコレート エッグだからね!!




a0278382_21074881.jpg



楽しいのは子供だけじゃないのですよ!  つい真剣になってしまいますよね。




a0278382_21075706.jpg





かなり高い枝先だったりすると本当に見えないで通り過ぎます。 ちなみにこの為に食いしん坊の飼い犬は部屋に閉じ込められました。 始まる前にもう見つけて食べようとしてしまったので・・・・・・


a0278382_21121372.jpg


ふふふ・・・ いかに真剣か、 分かるでしょう??? 





a0278382_21114706.jpg



ちっこい卵もこんなに見つけましたよ。


さて、いよいよ森深くに入ってきました。 すると・・・・




a0278382_21123795.jpg



え?  崖によじ上ってます!!! で・・・・・・ その崖には・・・・・






a0278382_21131075.jpg





ウサギの巣が〜〜〜〜〜〜!!!!





a0278382_21133221.jpg




プッ     ウサギの巣・・・・・・   だいたいウサギって卵産んだっけ?? いやいや、イースター バニーは絶対に卵を産むと思います。
それはそれは、 これを見つけたら嬉しいですよね! 


と思っていたら




a0278382_21140740.jpg



これ、私用だって〜 笑   可愛いお花模様のウサギでした。



a0278382_00335724.jpg
a0278382_00340567.jpg



見つけて嬉しいのは子供だけじゃないんですよ〜

しかし、これだけのしかけを用意したご両親の苦労を考えると・・・・・・ 汗    



さて、 さんざん森の中で大騒ぎをして駆け回った私たち、 もちろん腹ぺこです。
お待ちかねの朝ご飯〜〜〜!!

a0278382_21320338.jpg



イタリアのイースターのお菓子、 コロンバです。 クリスマスに食べるパネトーネみたいな甘い菓子パンです。

この形、ハトのつもりらしい・・・・ (言われなければ分からないと思う・・・)

a0278382_21263888.jpg



そして、この美しい卵達を見てください。





a0278382_21205218.jpg


お友達家族が前日に染めて作ってくれました。 





a0278382_21284245.jpg



これは卵用の染め粉ですが、 繊細な色合いが美しいでしょう??  パパが画家だからファミリーの卵も芸術的です。 食べるのが本当にもったいなかったです。 





さて、朝食に誘われたので夕食は私たちが招待することに。 
そういう訳で、イースターの日は午後中料理をしていました。





a0278382_21332902.jpg



お庭の黄色のお花を集めて。






a0278382_21474060.jpg



夕方から天気が崩れてしまったので、薪ストーブに火をいれました。

この日は、前日、買い物した後に急に夕食に招待することになったので何も特別な用意が無く・・・・・・
前夜に慌ててマメを水につけ込み、たまたま買ってあった塩漬けのバッカラを水に戻し・・・・・・・





<メニュー>

干し柿とくるみの前菜

お庭の冬サラダ

お庭のコーンスープ クレソンのせ

バッカラとポテトとリーク(洋ネギ)のグラタン ベジタリアンにはポテトとリーク(洋ネギ)のグラタン 

お庭のブロッコリー フェネル ターニップ キャベツ カボチャ +買ってあったアスパラ の温野菜サラダ
 二種類のソース

ファラッフェル  

デザートにはピーチのヨーグルトムース 果物のせ





a0278382_21512250.jpg

 


カメラを用意していたのに、料理の給仕に忙しくとれたのはこの一枚、デザートだけでした。



忙しくて、でもとっても楽しいイースターでした。










by tomomato | 2016-03-29 00:52 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(12)

春爛漫な日々のお散歩




a0278382_05200866.jpg




スイスから戻って来たら、 春爛漫な日々が待っていました。
日中は暖かくて毎日テラスでお昼ご飯を食べています。 今日は、今年初めて薪ストーブに火をいれませんでした。
暖かいのは嬉しいけれど、 ストーブの燃える炎を見られないのはさびしいな。 パンを薪ストーブで焼けないのも悲しいな。




a0278382_05195434.jpg



アップリコットに続いて、プラムも桃も、チェリーも満開になりました。 奇麗だなあ。





a0278382_05295555.jpg




森の中にはクロッカスがいっぱい・・・・




a0278382_05301846.jpg



そしてこんなに可愛いお花が(エバーグリーンというらしい)土手一杯に咲いていて、本当に奇麗でした。



a0278382_05314461.jpg

可憐でしょう? 名前、知りません。




a0278382_19054398.jpg




こんな日は、ペッペもご機嫌が良さそうで、kumatoさんが挨拶すると嬉しそうに寄って来てくれました。





a0278382_05305192.jpg




暖かいというだけで、うきうきした気分になります。 自然に森を歩く足も軽やかに・・・・





a0278382_05303178.jpg




このまま暖かい日々が続いてくれるのでしょうか? 





a0278382_05310690.jpg



日がすっかり長くなって、ついこの間までは4時に日が沈んでいたのに7時になっても暗くなりません。 日曜日には夏時間になるから、ますます一日が長くなります。 影もこんなに長くなりました!





a0278382_05313436.jpg




お散歩をしていたら、こんな出会いも。 お日様がぽかぽかで嬉しいのは私たちだけではありませんね?





a0278382_05312168.jpg




ふと通りがかった古いお家の一部屋に、こんな薪ストーブがありました。 一目惚れしました。
これでお料理をしてみたいです!!   このお部屋はとても奇麗に整頓されていたので、 おそらくこのストーブは誰かがここに置いたもの(捨てられているのではない)だと思います。 こっそり持って来てしまいたいくらい、気に入ってしまいました。 



そして、今日の大収穫!!




a0278382_05315526.jpg


森の中を流れるせせらぎのそばに、たくさんたくさん、クレソンが!!!
ここ数年忙しすぎて食べ損なったのですが、 今年はまた久しぶりに美味しいクレソンを食べ放題食べることが出来ました。
まだまだこれから季節ですので、何回も食べることが出来ます。 オレンジと一緒にサラダにしたらもう美味しくて美味しくて。 お魚やお肉の付け合わせにも使っています。 
少し辛みがあって、とても美味しい春の味です。 




a0278382_05423042.jpg




久しぶりにお家のショット・・・・・ 



春のお散歩は、 本当に楽しくて嬉しい気分で一杯になりました。


by tomomato | 2016-03-25 05:49 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(8)

三寒四温から二寒三温くらいにはなったかな? 

a0278382_01311862.jpg


本当は、一昨日ブログをアップしようと思っていました。気持ちよく晴れて、お庭の写真を撮りたくなったからです。




a0278382_01335927.jpg



いま、敷地のあちらこちらにクリスマスローズが咲いていて、昨秋kumatoさんのお母様から分けていただいた株を植えてそれも順調に育っていて、将来クリスマスローズにあふれる初春になりそうな予感。 



a0278382_01350870.jpg



大好きなクリスマスローズ。 







a0278382_01333181.jpg




そして、アップリコットやプラムや桃の花も満開で、 お花見し放題、素晴らしいです。

でも桃がまた、一本お亡くなりになりました。  昨年の今頃、kumatoさんのお父様が亡くなられてばたばたして、病気予防のお世話を出来なかったのです。
年々弱って行っていたところで最後のチャンスを逃し、ついに今年は芽を出しませんでした。 縮葉病、恐るべし。  
私の大好きなぺっちゃんこの形をした実がなる桃の木は、ついにすべてダメになりました。  前住んでいた家にある私が植えた同じ桃の木は元気で、毎年たくさん実を付けてくれているというのに。  あれは植えたときからとても強い木で、翌年からぐんぐん伸びていたのです。 つれて来れるなら連れてきたかったのですが、余りに元気なので引き抜くのがかわいそうなので置いてきました。  無念。    
 
お友達のところにある強い筈の野生の大きな桃の木も、去年、おそらくたち枯れ病である時突然枯れてしまいました。 桃はとっても繊細です。 

木が亡くなるって、とても悲しいことです。 なんとか私たちの方法を見つけて守って行きたいです。 





a0278382_01315190.jpg
 




水仙が素晴らしい。(後ろ姿だけれど)





a0278382_01322206.jpg




何もしなくても勝手に増えていってくれるお花・・・・・ 大好き 笑 





a0278382_01331334.jpg


そして、あちらこちらに植わっているローズマリーも満開で、お天気の良い日にはハチがたくさん来て蜜を集めています。





a0278382_01343902.jpg



その足下にはプリムラ。 プリムラを敷地中に増やしたいです。 






・・・・・・・・・・・




という感じで春のご報告をしようと思っていた訳ですが、 何と昨日は・・・・・




a0278382_01353598.jpg




また・・・・・・・






a0278382_01525835.jpg






雪〜〜〜〜〜〜〜〜〜



せっかく春になったと思っていたのですが・・・・・  今、雪に降られたら、 アップリコットや桃やプラムの花が落ちて実がならない!!! 
ハラハラしてしまいました。 


一日中降り続けましたが、 湿った雪なのか積もることはなく、今日はまた肌寒いとは言えよいお天気でした。 
三寒四温とはよくいったものです。 でも少し暖かい日の方が増えたかな? 





オマケ
a0278382_01480597.jpg




私のこの時期の大・大・ 好物は、カーボデネーロのお花(つぼみ)です!!!
カーボデネーロ自体も結構好きなのですが、お花はあのごわごわとした葉っぱからは想像できないほど柔らかで風味がありとっても美味しいのです。
お店では絶対に売っていない物ですが、この美味しさを知ってからはこれを楽しみにカーボデネーロを植えると言う・・・・本末転倒!??? 
二ヶ月半も留守にしていたので冷凍庫の中をもう把握していなかったので、 整理をしていたらチェリートマトを発見!  ささっと一緒に炒めてソースにしました。  ブロッコリーよりもおいしいと、私は思っています。

籠一杯とって、よく洗って冷凍庫に保存しました。 



明日から数日スイスに行ってきます。 kumatoさんの学校の学期末発表会があります。 


皆様も不安定な天候のなか、どうぞどうぞお体ご自愛下さいませね。 









 

by tomomato | 2016-03-18 02:21 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(6)

Val Camonica







a0278382_03460086.jpg



火曜日、水曜日と、Braciaの北部、Val Camonica にプチ旅行に行ってきました。 同じアルプスの麓とはいえ、うちからはいったんミラノ方面に出ないと行けないので、車で3時間くらいかかります。 

Val Camonica に来るのはこれで二回目です。(kumatoさんは3、4回目) 


イタリアで一番始めに世界遺産になった(多分・・・ )場所で、約一万年前からローマ時代までの8000年の間に書かれた線刻画が残されている場所です。  この谷一体に発見された岩絵群は、数も質も他に類を見ないほど素晴らしい物です。






a0278382_03505277.jpg




今回は、4月にkumatoさんの学校の旅行でここに野外勉強に来る予定なので、その宿泊所の下見の為にやってきました。 インターネットなどで一応いくつかの目星はたてた上で、 部屋の様子やセミナールームの有無、 食事などの確認、そして肝心の値段の交渉などを兼ねていくつかのホテルやB&B、アグリツーリズモなどを見に行きました。  

私たちが前回偶然見つけたアグリツーリズモは、 とても良いところにあって景色もよく、食事もとても美味しく、広々としてグループにぴったりなのですが、残念ながらシングルじゃないと嫌だ・・・・ という人が多い場合、部屋数が足りません。   どうなるか?
色々なタイプの宿泊所を見ましたが、やはり泊まる場所によってずいぶん旅の質が変わってくるな〜〜〜 と思いました。 せっかくイタリアなんだから、その土地の美味しいものだって食べたいしね・・・・・・  

今回も私たちはそのアグリツーリズモに泊まりました。 宿泊者が私たちだけだったので夕食のメニューに選択の余地がありませんでしたが、 とても美味しいチーズや(kumatoさんは)お肉に満足しました。  






さて、肝心の線刻画・・・・・

a0278382_19532263.jpg
a0278382_20545013.jpg
a0278382_20555564.jpg




鉄器時代の生活や戦いの様子、動物や人間の姿、あるいはおそらく世界で初めての地図?と思われる土地の様子など、 見事なまでに残っております。 時々は、霊的なシンボルの様な物も・・・・・・

その時代や、あるいは刻んだ人の個性?によって絵の質も違います。 





a0278382_20565077.jpg


   

 
Val Camonicaには、 オーリオ川沿いにたくさん、こうした岩絵群があるのです。  管理人がしっかりと見回っているナショナルパークを始め、自由に入って見学できる場所、 道路の脇にいきなり大きな岩が置いてあるところ、ハイキングのようにかなり歩いた山奥にあるところなど様々で、 今でも発掘作業が行われているところもある様です。  よほどのマニアックでない限り、その全てを制覇するのは無理かも?  私とkumatoさんは、 そのうちの3カ所見て回りました。 




a0278382_03452379.jpg
 


今回、ナショナルパークでは子供達の社会科見学のグループにいくつも出会ってしまい、 なかなか仕事(ドローイング)にはなりませんでした。 前回は私とkumatoさんとほとんど貸し切りだったのですが、おそらくそれは夏休み期間中だったのではないか? と思い当たりました。   
おまけに、 この線刻画は季節や時間帯によって(光の当たり具合によって)、 はっきり見えるときと見えないときがあるのです。 前回も時間帯によって全然見えないときもあったのですが、この日は曇りだったせいか前回よりも見にくかったような気がします。  
係員さんによると、冬が一番良い季節だということなのですが・・・・・・

よく見える光の時に遭遇すると、巨大な岩に線刻画がはっきりと浮き上がるように見え、その素晴らしさに圧倒され感動します。  そうでない時には一生懸命目をこらしてじ〜〜っとみて、あっ 分かった!  っていう感じ・・・・・・・ 笑  




a0278382_03445887.jpg
 






今回、新しく市内にナショナル・ミュージーアムが出来ていました。  前回ナショナルパークに置かれていた特に素晴らしい岩絵が、こちらのミュージーアムに移動された様です。 ここでは絵が一番良く見えるように光具合が人工的に調節されています。





a0278382_03434510.jpg
    
a0278382_03440030.jpg
a0278382_03441662.jpg





ね、 はっきりと見えるでしょう? 

でも私もkumatoさんもこれらが自然の中に置かれていた時を知っているので、こうして宝物のように( って宝物ですが・・・・笑) 大切に室内におかれていることに少し違和感がありました・・・・・・・  何か同じではないような・・・・・

これだけ素晴らしい物ですから、室内で劣化すること無く保護されることには全く異論は無いのですが、ついついロマンチシズム的に考えるとちょっぴり残念で・・・・・・





a0278382_03443756.jpg






a0278382_03444844.jpg




kumatoさんは特にこうした原初的な力に惹かれているので、 これらの線刻画に強く心を動かされています。 というか、kumatoさんの存在そのものが、その当時の人のようなので、 

’ あなた、 ここにいたでしょう? で、こういう棒もって鹿を追いかけてたでしょ・・・・’ 

と言うと、まんざらではないような嬉しそうな顔をしています。035.gif





a0278382_03451182.jpg
 



人が初めて何かを描こうと思ったその時の、その人の衝動、 得体の知れない力強さがひしひしと伝わってきます。 
描かれている内容から、その当時の暮らしぶりや世界観を想像して悠久の時の流れを感じざるをえません。    

鉄器時代から、古代ローマまで残っているので、 後半期キリスト教の十字や文字なども見ることが出来ますし、描写の変化も見ることができるのですよ。
私たちの暮らしぶりはずいぶんかわってしまったけれど、 描かれている太陽や動物達の姿は今と全く同じなので、 鉄器時代から今までの流れが長い長い時なのか、あるいはそれほど長い時間ではないのか、一瞬戸惑いを覚えました。 



アルプスの近くだからスキー場がある筈! とスキー道具一式を車に積んで行きましたが、 さらにトレントまで一時間北上しないと行けないことが分かり、今回はスキーは諦めました。 でも、トレントのスキー場、 凄くよさそう!    是非ゆっくり行ってみたいです〜>  








by tomomato | 2016-03-12 17:44 | お出かけ | Comments(8)

私がいなかった間に





a0278382_17143224.jpg




前回の記事から、忙しく楽しく過ごしていました。  時差ぼけが良くなってからすぐに、晴天の日にスキーに行ってきました! 日曜日だったので凄い人でゲレンデは私の苦手なこぶが結構できていましたが、それでもやっぱり楽しかった〜〜 !  素晴らしい山の雪景色に癒されました。 ( が、2、3日凄い筋肉痛・・・・)

そして、週明けにプチ旅行をしてきました。 それについては別の記事で触れたいと思います。 





私が日本に行っている間に、 kumatoさんは学校で教えたり、絵を描いたりする以外にも色々なことをやってくれていました。






a0278382_17145167.jpg




この写真ではちょっと分かりにくいのですが、 工具や畑仕事の物などを置いている、将来ワークショックになるべきところから庭に出るドアのすぐ横の岩に、新しい石垣を作ってくれました。  ここは、家にくい込んでいる巨大な岩だったのですが、石垣をつけて土を入れて花壇になりました。 何を植えようかな〜〜??? 




a0278382_17144265.jpg





うちは、家も庭もすべてがスロープになっているので、雨が降って草が濡れると滑りやすいのです。  既に二度もすってんころりん全身で転んでしまった場所に、 小さなステップをつけてくれました。 これで転ばずに済むと良いのですが・・・・・



1月には家中の木々を毎日少しずつ剪定してくれました。 今回数えたら、何と果樹の木が合計20本も植わっているのだとか!???  (多分キウイはそのうちに入っていないと思います・・・・)  今は幼樹が多いから良いけれど、後20年後、私たちがよぼよぼになっている頃には一体どうなることか、  果物が一杯のパラダイスを思い浮かべて喜ぶよりも出来た実の処置のことを考えると気が遠くなりそうになります。 毎日少しずつとれるのなら良いけれど、一気にどさ〜〜〜っと収穫することになりますからね・・・・・・・・ 誰か助けに来てくれませんか〜〜   






a0278382_17151137.jpg
 


片付けの途中で写真を撮ったので机の上がぐちゃぐちゃですが・・・・(ぞうきんもある!!) 数ヶ月前にアイアンで枠組みを作っていたオフィスの机に木のテーブルトップが入りました。  今まで二つ小さな机を置いていたのですが、 これで机が一つになってすっきりするかな?  と思ったのですが新たな問題が・・・・
私がiMacを使う時以外は、右半分がkumatoさん用、左半分は私用ということに一応なっているのですが、kumatoさんの物が私側にどんどん侵入してきます。 ただでさえ、放っておくと家中に物を置きまくるkumatoさんですので、 私の場所を確保するのが大変、 さて机の上での攻防はどうなるか?




a0278382_17150307.jpg



そして机の下にはプリンターの台も作ってくれていました。 下には滑車がついているので、プリンターが必要な時には机から引き出して使えます。 便利便利!   アイディアは私、 作ってくれるのはkumatoさん。 





a0278382_18545122.jpg
 

  



さて、リビングのシャンデリア達、 実は今までは適当にぶら下がっているだけでしたが、 ちゃんと配線して電気がつくようになりました!  

新しく作ってもらった机の下にコンピューター用に新たな配線をつけたのですが、 それら電気系統の仕事を一気に片付けてくれました。  
玄関にもシャンデリアがつきました。  後、一つシャンデリアが余っているのですが、 縦長のタイプなので何処につけるか未だに思案中です・・・
気に入っているシャンデリアなので、 どこか良い場所があると良いのですが・・・・・  





そして!!!


a0278382_17152278.jpg



ピアノが来ました〜〜〜〜!!!!
家の修復・改築中、 スイスの倉庫でず〜っと眠っておりました。  その倉庫は暖房が無いので二冬も冬を越えることになってしまい中が壊れるのではないかと凄くやきもきしていました。 このピアノの運送についてkumatoさんとは何回も けんか? (= 一方的に私が怒る !!) をしてしまったのですが、 私がいない間に見事に持って来てくれました!!!   
とても古いピアノなので凄く重い上、国境を越えるにあたって少し問題があったりしてなかなか大きな問題になっていたのですが、 やっとやっと無事に来てくれて本当に安心しました!    

もう何年もお休みしていたので指が全然動かないのですが、ボチボチ弾いて楽しんでいます。  来週の月曜日には調律の方が来てくださるので楽しみ! 
そんな環境に置かれていたので果たして一回の調律で済むかどうかは???  


そんなこんなで一気にお家の中が一歩、完成に近づいたような気がします。 基本的にちゃんと暮らせているので普段は意識しないのですが、実はまだまだいくつもやらなければならないことが有るのです。  完成するのは一体いつでしょうね??   (遠い目)



a0278382_18555463.jpg
   


さて、日本から持ち帰って来たものの一つ。 ブログお友達のpoteriさんが前に紹介してくださったベジタリアン・カレー屋さんのレシピ本です。
家にあるスパイスと材料を使って、 早速応用して作ってみました。  (オレンジの皮むきレンズ豆が無かったので普通のレンズ豆を使ったり、カリフラワーとポテトのところロマネスコとインゲンにしたり・・・好き勝手!  ) 

実は、日本に滞在中にいくつかある支店の一つに行ってみました。  その時はお友達との待ち合わせでバタバタとして良く味わうことが出来なかったのですが、天然酵母で焼いているナンがと〜っても美味しかった印象があります。 平日のお昼はビュッフェだそうで(安い!)、是非今度またもう一度行ってみたいです。 

久しぶりに、カレー粉ではなくすり鉢でごりごりとスパイスを合わせて挽いてつくりましたが、 とっても美味しいカレーが出来ました。  この本は買って良かったな。 kumatoさんもとっても気に入ってくれたので、畑のお野菜の都合に合わせて、すべてのレシピを制覇してみたいです。 


今日からkumatoさんは10日間スイスです。  悲しい。 
 
いない間にそろそろ春の大掃除に手をつけましょうか? 




by tomomato | 2016-03-11 19:51 | 石の家の話 | Comments(10)

冬と春の繰り返し 





a0278382_06471678.jpg




帰って来てから、雪が積もったと思ったらまた晴れて、外でお昼ご飯を食べた日もあったのに昨日はまた雪が降りました。
しかもしんしんと、一日中降り続け40cmくらい積もりました!??





a0278382_06481055.jpg




朝から何回も雪かきにせいをだすkumatoさん。 男手があるって有り難いわ〜〜   実家で、シャベルが無いのでちりとりで雪かきをした日もありましたが・・・・ (遠い目)





a0278382_06473590.jpg




ことりの声がして、 今日くらい餌をちょうだいよ〜〜〜 と言っているようでしたので、久しぶりに餌をやることにしました。 一時期、 餌をやってテラスに小鳥が来るのを楽しんでいたことがあったのですが、 色々と調べてみると野鳥に餌をやるのは良くないことが分かったので、 雪の時だけにしようね・・・・・ とkumatoさんと話し合って決めていました。 





a0278382_06484774.jpg




雪の中、せっせとクルミを割るkumatoさん。






a0278382_06490502.jpg




しばらくしたら色々な小鳥がやってきました。 この子、 太り過ぎ〜〜  







a0278382_17141277.jpg



kumatoさんがとって来てくれたギョウジャニンニクでフォカッチャを作りました。 
二人の大好物です。  春の味。  





a0278382_17135019.jpg


干した洋梨をペースト状にしたものを冷凍してあったので、 素朴なビスケットもつくりました。 ビルネンブロート(洋梨のパン?)というスイスの伝統的なお菓子に使うスパイスを入れました。 お砂糖を使っていなくてもとっても甘いです。




a0278382_17142021.jpg





そして、久しぶりに薪ストーブで焼いたパン。

このパンはいいのですが、 もう一度全く別のやり方で焼いたら、薪ストーブと発酵のタイミングが合わなかった上に同時進行のお料理とのタイミングも最悪で、気が急いて大失敗。  全く膨らまなくてパンとは言えない代物になりました〜〜〜〜 滝涙。   何年もパンを焼いていても、そういうことってあるのですね・・・・・ って私だけ? 

ぺったんこの上に中は生焼けという最悪の事態で、薄く切ってラスク状にしてもう一度焼いてみましたが石の様に固いので食べられないかも??? どうするよ??  





a0278382_17140144.jpg






昨日とは打って変わって今日は快晴! 
最高に気持ちがよい日になりそうです。 




 


by tomomato | 2016-03-06 17:33 | 石の家の話 | Comments(2)

今日はひな祭りでしたが





a0278382_21555052.jpg




忘れていました、 この山のおうちのネットの遅さ・・・・・
今日は特にひどくて、更新するぞと色々と写真を撮っていたのをpcに取り込んだのですが、全然ダメ〜〜〜〜 いらいら〜〜 



毎朝目が覚めて窓に目をやると、 目の前の山の雪の斜面に朝日が射して金色に染まっています。
テラスに出ると遠くの山々も白く輝いていて、 嬉しくなります。  
こういう景色を毎日見られて、 良い空気を胸一杯に吸って、 なんて贅沢な暮らしだろうと改めて思います。  




a0278382_21563059.jpg





kumatoさんが剪定したアップリコットの枝を家のあちらこちらに生けてくれていました。
満開になって華やかなこと!   そうだ、今日はひな祭りでしたね。  
母は、桃の枝を数本買って生けたと言っていたけれど、一体、東京ではいくらするのかな? と思わずせこいことを考えてしまいました。




a0278382_22054840.jpg


ネットが遅くても文句は言えないか? 





a0278382_22061843.jpg




今回は、日本での滞在が長かったせいか、 帰って来てからの数日は天気が悪かったせいか=太陽に当たらなかったせいか?、
時差ぼけがひどくて参りました。 やっと昨夜あたりから普通に眠れるようになりましたが、 夕方には睡魔に襲われています。 足下がふらついて歩けないほどでしたよ。    





a0278382_22101539.jpg




でもちゃんとご飯作りは頑張ってます・・・・・



a0278382_22111683.jpg




てんこもり・・・ ラムチョップロースト、ロマネスコのドライトマト和え、 ポテトチーズロースト。 ラム肉さえあればハッピーなkumatoさん。





a0278382_22193163.jpg




暖冬も手伝って、 野菜が取り放題、 新鮮なお野菜にあふれています。 




翌日は余ったラムローストを細かく裂いてキノコのクリームソースで煮込み、冷凍庫に入れてあった手作りパイ生地に包んで小さなパイを作りました。  

さらにその翌日のランチは、その余ったキノコのクリームソースでパスタ。 

毎日ラム肉食べててもいいんですって!?  



a0278382_22123428.jpg
a0278382_22223897.jpg



この日の昼はサラダをたくさん食べて軽く済ませようと言ったのに、しっかり薪ストーブでラクレットしてる人がいる・・・・・ 









a0278382_22120970.jpg




昨夜はカーボデネーロのお花がたくさんとれたので、 エビと一緒にチリソースにしてみました。 
左に見える黄色いものは、 日本から持って来た沢庵。 
kumatoさん、沢庵の味にはまってしまいました。 塩分多いからたくさん食べないように言いましたが、凄い勢いで食べてた〜〜。 

お米はイタリア米・・・・・ 日本で最高に美味しい日干し米を頂いていたので、その差にがっくり・・・ 
ちゃんと玄米を用意しないと・・・・・(その方が美味しいです)



今晩はキムチ鍋の予定・・・・  らくちんらくちん・・・・・・ 笑    



  





by tomomato | 2016-03-03 22:31 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(6)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31