<   2015年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2015 kumatoさん in japan -3  いよいよ屋久島の森に! 




a0278382_17321715.jpg





さて、二日目は心地の良いコテージで久しぶりにぐっすりと眠り、翌朝はすっきりと目が覚めたので、山登りに行くことにしました。 この夏、kumatoさんの足がひどい炎症を起こしてしまって歩くこともままならず、 このままでは屋久島の登山はあきらめなければ行けないかも・・・・・ と思っていたのですが、 少し良くなって来たので今日はお試し登山。  今日で足がダメージを受けるようだったらば、距離の長い縄文杉登山は今回はあきらめるつもりでした。







a0278382_17320746.jpg





向かった先は、屋久島では一番美しいと言われる白谷雲水峡。 宿はその麓にありますので、 車で結構すぐに登山口につきました。 


ここは、’もののけ’ の舞台になった森の場所です。 







a0278382_17330052.jpg




もうね、 山に入ったとたんに ’ヒャ〜〜〜〜〜!!’ と二人とも感動の声を上げました。 美しい清流、 苔むす森、木々の間からさす光、すべてがこの世の物とは思えないほど美しいです。 時折現れる巨大杉に圧倒され、 様々な種類のコケの形に目を奪われ、しんと引き締まった森の空気に清められ・・・・





a0278382_17322650.jpg

ってこんなことしてる人いたけれど・・・・



a0278382_17322815.jpg




kumatoさんは、見たことも無い植生なので、あれはなに? これはなに? と物珍しい植物を見つけては私に聞くのですが、 私だって初めて見る植物ばかりです。 後であれこれ調べまくりました。





a0278382_17324836.jpg




大きな木からパワーをもらってる人






a0278382_17331136.jpg
a0278382_17332404.jpg





マルペンサ空港に向かうまではいていたサンダルがあわなくて、全然歩いていないのに足が痛くなってしまったkumatoさん。こりゃ本当に登山は無理だなと、日本に着いた時に覚悟したのですが、 この森の美しさに目を奪われ心を奪われ、 足は全然大丈夫みたいでした。







a0278382_17333408.jpg




山岳ガイドでもあった宿のオーナーに色々と教えていただいて、 無理そうだったら途中で引き返せば良いよ、 と助言を頂きながら出発したのですがいくらでも歩くことが出来ました。 私も頑張りましたよ。







a0278382_17334307.jpg





途中は結構急なところもあったのですが、ついに太鼓岩まで到着!  この時は少し雲がかかっていて向こう側の山々を見渡すことは出来ませんでしたが、見下ろす風景に達成感!!!   や〜っぱり嬉しいなあ。 ここまで来れて良かったな〜・・・・・・





a0278382_17334845.jpg




この森、本当に何かが生きています。 息づいています。





a0278382_17335983.jpg


いや、あなたじゃなくって・・・・






屋久島の森は、杉が何世代にも渡って育っています。 古い倒木や切り株の上に種が落ちて新たな苗が根付き、育ち、 そのまた上に新たな種が落ちてまた育つ・・・・・・  油分がたくさん含まれた木なので、樹齢が長いのだそうです。  大きな大きな古木にも生き生きと葉が茂っているのを見て、生命の力強さをまざまざと見せつけられました。





ps 日本はやっぱりネットが早いな〜〜〜 サクサク写真が入ります。やっぱりあれはすべて家のネット環境の悪さのせいだったのですね。
写真をアップできない日が続いて、やる気無くしてましたから・・・・ 日本にいる間に出来る限り旅の模様をアップしたいです。

といいつつ明日からまた4日間でかけます。 帰って来てからまた続きを! 
















by tomomato | 2015-09-26 18:00 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

2015 kumatoさん in japan -2





a0278382_14304164.jpg




プチ・東京見物の翌朝、時差ぼけで眠れないまま朝を迎え新幹線駅に向かいました。 この日は、大型台風直下の予報で前の晩から大荒れの天気でした。
あまりにひどい天気なので、やはり旅行に(別方向)に発つ母と一緒にタクシーで駅まで向かいました。 5メートル歩いてもずぶぬれになりそうでした。

新幹線の中でも、前方のテロップに


’ 台風の影響ですべての在来線はとまっております。 新幹線も状況次第で止まる・戻ることが有るのでご了承下さい・・・・’


とのメッセージが何回も!! 



kumatoさん、生まれて初めて体験する台風におののいておりました・・・・・ 

北ではたくさんの方が被害に遭われ、大変な事になってしまいました。 心からお見舞い申し上げます。 


幸い無事に台風を抜けて福岡に着きました。 その日は用事を済ませてジャズライブに。丁度、マイルスデイビスのバンドで弾いてたというピアニストの方の帰国ライブを見つけて行ってみたのですが、 とても良かったです。 そこに来る人たちも独特の雰囲気で、kumatoさん、観察しながら喜んでいました。

そしてもちろん博多ラーメン、 さらには




a0278382_14303869.jpg





しっかり観光客して屋台も見に行きました。 kumatoさん、色々と食べたそうでしたがお腹はもう一杯、 またいつか一緒に行こうね。




翌日は鹿児島観光。 桜島や仙巌園など来訪しました。   

その日の夜は、前から行ってみたかった天文館にあるイタリアン il Cipresso に。食べるのに夢中で写真なし・・・

kumatoさんは、 え〜 日本に来てイタリアンなんて!  と最初は言っていましたが、鹿児島の土地の物を生かし丁寧に繊細に作られたお料理にすっかり大満足して、 また次に鹿児島に寄る時にも行きたい! と言っていました。   安くはないのよ〜〜たくさん食べるしね〜〜 



鹿児島にはもう一つ気になるイタリアンがあります。 値段がさらに高いところなので行く機会が果たしてあるかどうか? 




翌朝、またまた時差ぼけであまり良く眠れないまま、 7時出発の船に乗り込みました。







a0278382_14310320.jpg





着いてすぐに成田空港から送ってあった荷物を取りに宿に寄り、kumatoさんの希望で海に!! 

宿のオーナーが、宿泊所のある宮浦から南に向かって車で15分行ったところにある一湊海水浴場を勧めてくださいましたが、 車窓から眺めて今ひとつピンと来なかったので、さらに15〜20分先にある、屋久島で一番美しいと言う永田浜まで足を伸ばしました。



ここはウミガメの産卵地として有名なところです。 
産卵期と孵化期には、 ウミガメが活動し始める夜から明け方までは浜へは立ち入り禁止になるなど、地元の方々と保護団体がルールを決めて、ウミガメ保護の為に浜を守っていらっしゃいます。 が、その時期にウミガメの保護団体が主催する観察会に参加することは可能だそうです。 






a0278382_14311790.jpg



宿のオーナーは、永田浜はすぐに水が深くなるから泳ぐには一湊の方が良いと言ってくださった通り、 ここは泳げない人には少し危ないかも。 特にこの日は波がかなり高く、 泳ぎに自信のある私もkumatoさんもあまり沖には出ないようにしました。  






a0278382_14312039.jpg




向こうに見える、この浜を独り占めにしている建物は、 有名な送陽邸です。 建築に興味のあるkumatoさんの為に、少し奮発して、屋久島滞在の最後の2泊をここに宿泊することにしていました。 この日は外から眺めただけです。





a0278382_14310734.jpg





この浜は砂がかなり大きく、 半透明でとても美しいです。 ウミガメが毎年産卵にやってくるのがうなづけます。

季節外れの為か余り人はおらず、時々奇麗な海を見にやってくる人たちがやって来ては写真を撮って、また去って行く、 そんな感じでした。 おかげでこんなに美しい浜辺をほぼ独り占めして、ゆったりとすることが出来てkumatoさんは大喜び。 

翌日も、山登りの後にここに帰ってきました。

私たちが行った時には、浜の道路側3分の1くらいは海と平行にロープで囲まれていて、おそらくウミガメの産卵場所の保護のためなのだろうと思われました。 

二日目に浜に行った時、そのロープで囲まれた中で、一人の方がバケツを片手に穴を深く掘り、砂浜に這いつくばって片手を砂の中深くに入れるという作業を繰り返しているのをkumatoさんが見つけ、 あの人に何をしているのか聞いてくれないかというので、 一緒に行って声をかけました。

その方は、 ウミガメ保護団体の方でした。 春にウミガメ達が浜にあがって来てあちらこちらに産卵します。 潮の流れや人に踏みつけられ、壊される恐れのある場所に産卵された卵は、保護団体の方やボランティアの方達がすべて掘り返して保護区域の中に移し、 元から囲いの中に産卵された巣も含めてすべてひとつひとつに番号をつけ、卵の数も記録するのだそうです。 孵化時期にそれらすべて一つ一つの巣の産卵状況を調べて記録に取っていらっしゃるのだそうです。 その時に巣の中からはい出すことの出来なかった子カメ達も、掘り出し助けているのだそうです。 バケツの中には放っておくと生き埋めになっていたかもしれない子カメ達が何匹か入っていました。   

その方によると、 永田浜が有名になって観光客が押し寄せることで、 浜を歩き回りウミガメの巣が上からつぶされて卵が壊れたり、浜が踏み固められることで孵化した子カメが出て来れずに死んでしまうこともあるのだそうです。 かろうじて今のように浜の一部を保護区域にして囲うことはできるけれども、この浜全体を保護区として立ち入り禁止にすることは政府が許さないのだそうで、 そのためにこのように途方も無い調査をして記録をきちんと残し、保護の必要性を訴えるつもりなのだとお話し下さいました。 




a0278382_17302634.jpg
流されてきたヤシの実 貝が住み着いています


現時点で、産卵された卵のうち30パーセントだけが海に帰ることができるのだそうです。 (が、さらにそうして海に帰って行った子カメのほとんどは生き延びることが出来ず、 かろうじて生き残ったカメも数十年後になって初めて産卵期を迎えて戻って来ると後で読みました。) 

そんなお話をして下さるその方には、私たち観光客に対する怒りがにじみ出ているようで、kumatoさんの質問とその方の答えを通訳している間、私の胸が苦しくなってしまいました。 砂浜に這いつくばって作業の手を止めること無く話を続けてくださるその方の目の前の私たちは、水着姿でついさっきまでそうした問題も知らずに海を楽しんでいたのですから。  その方は、 保護団体が行っているボランティアに参加しませんかと仰ったので、 海外から私たちは来ているので・・・と応えると、それが言い訳に聞こえたのか海外からもたくさんの人がボランティアに来ているのですよ、 と仰られました。  

    
http://www.k4.dion.ne.jp/~umigame/top.html
https://www.env.go.jp/park/yakushima/ywhcc/np/urule2011.htm


お話をさせていただいた後しばらくして日が海に沈む頃、 まだ時間が早いにも関わらず孵化したウミガメを見ることが出来ました。 生まれたてでやっと地上に出て来たウミガメは、ふらふらしながら頼りなく海の方に向かって行くのです。 そして水までの道のりが半分くらいのところからしっかりとした足取りになり力強く海の方に向かって進んで行きました。 やっと到達したと思ったら、今度は何回も波に流されてはまた引き寄せられ、 やっと海へと入って行った姿を見た時には感動に満ちあふれました。  

お話を頂いた方も、本当に温かな目で私たちと一緒に子カメの旅立ちを見守っていらっしゃいました。 ウミガメに対する愛情が深いからこその怒りなのだと色々と考えさせられました。 



その日の夜は、kumatoさんも私もそれぞれネットにかじりつき、ウミガメの生態について、屋久島の産卵地について、 保護団体の趣旨や活動についてたくさん調べました。 驚くこと、感動すること、疑問に思うこともたくさんありました。 ボランティアの体験談なども読んでみると感動的でした。  特に産卵時期のボランティアはその大変さも凄いようですが、得難い体験をなされているようで、 いつかやってみたいと思いました。 


その日の晩は、単にバカンスに来たというだけではない何か重いものを感じながら二人とも眠りにつきました。

翌朝、 何とkumatoさん、 寝付きが凄く悪かったようで聞いてみると、 暗い砂浜を絶望に包まれながらひたすら深く掘りつづける作業をする という夢を一晩中見ていたのだそうです。 


屋久島最後の2日は、この浜を見渡す送陽邸に宿泊したのですが、 毎朝、毎夕、浜を見渡す岩の上に立つ食堂から、ひたすら這いつくばって穴を掘って調査をしている方の姿を見かけました。  kumatoさんは、 その後も海に潜ってなんと水中に泳ぐウミガメも見た!!! そうですが、 私はそれ以来、ついに浜に降りて遊ぶ気持ちがしませんでした。 

屋久島を訪れるにあたっていろいろなサイトや雑誌も見たのですが、ウミガメ保護について少しは触れられていても、ここまで深刻な問題があるということは触れられていませんでした。  

次回屋久島を訪れることがあったら、 もしかしたらもう永田浜に立ち入ることはできなくなっているかも? とkumatoさんと話しました。 あまりに美しい浜なので、残念という気持ちもほんの少しありますが、ウミガメ保護の為にそうなって欲しい、そうなるべきだと言う気持ちの方が勝っているかもしれません。  


a0278382_14313804.jpg
 
ガジュマロ





a0278382_14314158.jpg



一湊


蚊に襲われつつガジュマロの森を見ましたよ。




a0278382_14315208.jpg





全然人を恐れない屋久シカ。





















by tomomato | 2015-09-26 16:13 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

2015 kumatoさん in japan -1





a0278382_18423340.jpg




イタリアを発った日、 マルペンサ空港から見たモンテローザ! 

私たちの家の近くのドモドッソラの駅からミラノ・マルペンサ空港までは、空港バスが出ています。 3時間に一本くらいしか無いので不便なのですが、丁度飛行機の時間に合うバスがあり、スムーズにマルペンサにつきました。 

ミラノの空港は古くてしけただといつも思っていたのですが、 ミラノ・エキスポの為でしょう、 何とすっかり奇麗になっていてビックリしました。 たくさん新しくて素敵なお店が出来ていて、思わず目を奪われてしまった・・・・・・(何でも高かったけれど、お土産買い忘れたらここでいい物が一通り揃うわ〜〜〜)


ヨーロッパから日本までの飛行機の中では眠ることの出来ない私、 時差のせいで毎回、一晩分の眠りを失います。 何処でも眠れる筈のkumatoさんも今回は全く眠れませんでした。 到着してすぐに母と一緒に近所の温泉に行った後、夜御飯を食べて、へろへろになってなだれ込むようにして休みました。 

近所の温泉はなかなか充実しているのですが、kumatoさん、 なんと、そこですっかり温泉に目覚めてしまいました。  早風呂の私と母なので、一時間後に待ち合わせをしたのですが、 ’ もっとずっと入っていたかった、 途中で休んでまた入ったりしたかった・・・・ ’ って文句言ってました・・・・・035.gif



翌日は、ジャパンレイルのチケットの交換の為に渋谷駅に行きました。


a0278382_18424844.jpg

今回、東京の外国人の観光人気スポットを調べるまで知らなかったのですが、渋谷の交差点がなんと上位にあがる観光スポットなんですって!
交差点のすぐそばのTSUTAYAの二階のスタバから眺めるんですって!

物見遊山に行ってみたら、外人ばっかりでぎっしり、しかもみんなず〜っと長いこと座って何回も交差点を渡る人たちをバックに写真撮ってました。 平日の雨降る日だから、余り人は渡ってなかったけれど、 これって面白いのか・・・・・・・ (今いち理解不能)





a0278382_18423612.jpg



その後近くの画材屋へ



a0278382_18424120.jpg



日本画の岩絵の具を見て、kumatoさん、 こんなにたくさんピグメントを見たことが無い! と感動していました。 お値段見ておののいていましたが・・・・



a0278382_18424410.jpg



素晴らしい上質の筆達。 私たちが使ってる中国製の筆とは雲泥の差です。


ここではスケッチ用の筆ペンを何種類か調達しました。




a0278382_18425145.jpg




その後、山種美術館の琳派の展覧会に行きました。 いい物があって良かった〜  琳派、とってもモダンで、感覚が現代美術に通じるところもあり、kumatoさんはとても感動していました。





a0278382_18425536.jpg




その後、 浅草へ・・・・・・ 


この日は台風接近のため大雨だったのですが、浅草は凄い人ごみでした。 靴も服もずぶぬれになりました。








a0278382_18425997.jpg





夜は、母が天ぷらを揚げてくれる予定なので、 止めた方がいいよと助言したにも関わらず、 薮そばで天ぷらそばを食べるkumatoさん。035.gif
濡れて冷えたからだが温まりました。

薮そば、 建物が新しく奇麗になっていてちょっぴりがっかりしました。 ビルとビルの間に挟まれた古びた日本家屋が、凄く不思議で素敵な空間だったのですが。
お味は素晴らしかったです。お値段も・・・・・






a0278382_18430329.jpg



kumatoさんにとって初めて出会うthe Japan。





a0278382_18430930.jpg


コイだコイだと喜んでいましたよ。






a0278382_18431300.jpg





私は時差ぼけにかなり弱いので、 普通、帰国すると数日は出かけずにゆっくりして回復するのですが、 kumatoさんは一日も無駄にはしたくないようで盛りだくさんな一日になりました。 倒れそうだった・・・・汗





a0278382_18431666.jpg





偶然見つけた、浅草寺の横にある版画館で青森の’ぼろ’の展覧会をやっていました。  前から興味があったので入ったのですが、最初は、テキスタイルには興味が無いよ〜と言っていたkumatoさん、私よりも夢中になってすっかり虜になっていました。




a0278382_18432461.jpg
a0278382_18433412.jpg




a0278382_20035875.jpg
a0278382_20035455.jpg
a0278382_20034628.jpg

使い古された布をつぎはぎ、つぎはぎして何世代にも渡って使われた’ぼろ’
人々の暮らしとつながる命の力がまざまざと感じられ、 本当に独特な美しさがありました。 



一日たっぷり東京見物?をして、母が天ぷらを揚げてくれている家に戻りました。

翌日はもう早朝出発なので、キツいです〜〜〜 おまけに台風が近づいているとか〜〜〜〜 


by tomomato | 2015-09-25 20:23 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

kumatoさん、日本満喫!



a0278382_17360092.jpg


kumatoさん、 今日無事にミラノに発ちました。 私はあと、2週間滞在して母と時間を過ごします。

フライト前の軽い? お昼ご飯、 成田空港のお茶漬けのお店でひつまぶし風・うなぎ茶漬けを食べました。 kumatoさん、日本最後のお食事です。

kumatoさん、ずいぶん前から村上春樹のファンで、’海辺のカフカ’ にでてくる NAGATA がうなぎを食べると場面がとっても印象的で、ずっとうなぎを食べたかったのだそうです。 それ知ってたらちゃんとしたうなぎのお店に連れて行ったのになあ・・・・・ 

また次回のお楽しみに。 初めてのうなぎはとってもおいしかったそうです。





a0278382_17360529.jpg




別れを惜しんでぎりぎりまでお話ししましたが、 ついにセキュリティに入ってしまったkumatoさん。 遠くにほんの少し姿が・・・・・(左から二番目のレーン、コンピューターを取り出してる半身だけ)








a0278382_17361099.jpg




あ〜あ、行っちゃったと思ったら、脇がちゃんとガラス張りになっていて、セキュリティが終わった後もガラス越しに再会できるのですね。 今まで何回もここを通っている筈なのに、 見送りに来たのは初めてなので知りませんでした。




覚え書き

屋久島を離れた後、鹿児島に一泊、翌日奈良に向かい、奈良に二泊しました・・・・・・。  奈良ではブログお友達がkumatoさんが喜びそうなところを一生懸命考えてくださって、面白い所を案内していただきました。  連休中のひとごみを避けて、静かな奈良らしい時を過ごさせていただきました。 

その後、大阪難波にでて、 別のお友達2家族と落ち合い、高野山に行きました。  人がたくさんいたにも関わらず、 神聖な高野山に圧倒され、静かな素晴らしい宿坊で特別な時間を過ごさせていただきました。 kumatoさん、目を丸くしてた! 

で、最終日は東京。 前日遅くに家に到着したので、正直、私は本当に疲れていて近所の温泉で岩盤浴したりして一日ゆっくりしたかったのですが、kumatoさん、貴重な日本での一日を無駄にしたくなくて、 上野の国立博物館に行きました。 

まだまだ連休中、 上野にあんなにたくさん人がいるの、生まれて初めて見ました〜〜〜〜〜  !!  私はげっそりして頭がくらくらして頭痛がしたけれど、kumatoさんたら、

’僕、今までの人生で、こんなにたくさんの人を見たこと無いよ〜〜〜〜〜!!!035.gif


って喜んでいましたよ!????  元気だ〜〜〜〜〜〜!! 


普段はガラガラな筈の常設展の方にも人が一杯、 でも日本の歴史上の重要な物を見て、充分楽しむことが出来ました。 ずいぶん長く訪れたことが無かったのですが、 すっかり展示の仕方が変わっていて、私も楽しめました。  その後、 別のお友達とお会いしてお茶しました。 絵描き同士なので、屋久島のお話や絵のテクニックのお話などで盛り上がって凄く楽しかったです。  

最後の夜は母と一緒に夜ご飯。

本当に盛りだくさんの二週間でした。
高野山から帰って来て、 私が

‘さすがに疲れたね〜〜? 南からの移動も長かったしね〜〜〜・・・・’

って言ったのですが、 kumatoさんは、

’ え? そんなこと無いよ〜〜〜〜 !!  僕、このままずっと旅をしていたいな〜〜〜〜!!! 035.gif’ 


ですって!


無事にkumatoさんを見送って、成田からリムジンに乗って帰ったのですが、最後に千葉の高速の風景を見ているうちに私は寝てしまったらしく、 目が覚めたらなんともう私が降りる停留所の直前、 その間2時間も寝込んでた〜〜〜〜   乗り物の中で寝ることは余りないので、よっぽど疲れていたみたいです。 

kumatoさんも、長いフライトと時差できっとふらふらになって家に着くことでしょう。 無事を祈っています。

ぼちぼち写真を整理して旅の様子をアップしますね。






by tomomato | 2015-09-23 18:06 | お出かけ | Trackback | Comments(7)

後ろ髪を引かれる思いで

a0278382_16111133.jpg




いま、屋久島を去り鹿児島に向かう途中です。
午前中いっぱい海でシュノーケリングを楽しみました。













a0278382_16103624.jpg





昨日チェックした岩場が素晴らしく、色とりどりの美しいお魚がこれでもか! というほどいて、すっかり興奮したkumatoさん、少なくとも後一週間は屋久島にいたそうでした。地中海にはあまりお魚が居ないので、

「こんなのいままで見たことないーーー!水族館でもないよー!!!」

と、屋久島の海にすっかり取り憑かれたようです。
Kumatoさんと海に入ると、かなり長い時間になるので、私は一時間以上になると少し海酔いか寒くなって、大体一回くらいでギブアップ、後はビーチで泳ぐのですが、kumatoさんは元気なのでまた行きます。 泳ぎは私の方が少しうまいけれど(元、水泳部) 基本的な体力とお肉のつき方と勇気が違います。私なんて、海蛇が近くに寄ってきてぎゃーーーっとなります。
今度またやるなら私はウェットスーツを調達して五分五分かな?

今回は特に水中マスクがちょうど怪我のところに当たってとても痛いので、特に長時間は辛かったです。

私はたまたま海に入らなかった時に、kumatoさんは海の中でもウミガメに遭遇したそうです。
ウミガメに会えなくても、海の中はサンゴと熱帯のお魚で本当にきれいでした。
屋久島は南からの海流と北からの海流が合うところで、海の中の生態系もとても豊かなようです。

地上は地上で、標高の高い山があり、海抜ゼロ地点があり、様々な気候を作り出していて他では見られない豊かな自然体系を備えている、本当に稀なところなのではと思います。

あーせめて後一週間あったらなー……………………

また是非戻ってきたいな。
by tomomato | 2015-09-17 16:41 | お出かけ | Trackback | Comments(5)

屋久島、旅の途中 覚え書き

a0278382_23293970.jpg






屋久島に来て5日目になりました。
旅行中はiPadから更新しています。
主だった写真はカメラで撮っているので、旅行後にまとめてアップしたいと思います。

一昨日は屋久杉ランドにトレッキングに行きました。また違った森でkumatoさんはすっかり気に入っていました。2時間半くらいのコースをゆっくり時間をかけて観察しながら歩きました。

後は翌日の縄文杉登山の準備で、ヘッドライトをレンタルしたり、登山口までのバスのチケットや携帯トイレを購入したりで忙しく過ごしました。夜は9時半就寝。

翌日3時起きで出発。

縄文杉への道のりは巡礼者のようでした。日本一の杉の古木に会いに行くための巡礼…。

登山自体は、思ったよりも簡単で早くに降りてきたのですが、最後の最後にハプニングが!!!

最後の平坦なところでリラックスしすぎて、景色見ながらお喋りしてたら油断して足を滑らしてつんのめり、運悪く鉄レールにしこたま顔を打ちつけてしまいました。その瞬間、絶対に鼻の骨と歯を数本折ったと思ったのですが

ーそれほどひどい衝撃でしたー

本当に不幸中の幸いで、ひどい打ち身と少しの切り傷で済みました。
鼻と唇が腫れあがってひん曲がった顔でとても痛いです………………滝涙 口の中もかなり傷つけたので、食べたり飲んだりが苦痛です。
せっかくの美人が…あ、ウソウソ 笑

Kumatoさんたら、タヒチの女性のようで良いよなどと、ヒトの気も知らずに言ってます。プンプン

屋久島登山の一人者の宿のオーナーさんによると、下が湿っているとき、その付近ではよくある事故なのだそうです。あー登山には油断大敵だわー

今日は午前中は激しい雨で、二人とも昨日の疲れがあり、私は傷が痛いので午前中は荷造りした後は絵を描いてのんびりしました。午後から晴れたので南から西海岸をのんびりドライブ、海中温泉に行ったり滝を見たりしました。どこもとてつもなく素晴らしい! ただ、道路の表示が分かりにくくどこも一度は見落として、最後は時間切れで行けなかった所もあり残念でした。

今日と明日、屋久島最後の2泊は少し有名な所に移りました。

浴衣を着て、屋久島の古民家のお部屋で、'今日は侍だー!!!'と喜んでいる方一名。

海の波の音を間近に聞きながらこれから寝ます。
by tomomato | 2015-09-16 00:10 | お出かけ | Trackback | Comments(7)

屋久島love!

a0278382_21201097.jpg




さて、船で向かった先晴れて屋久島です。
朝一番の船で渡り、すぐにレンタカーを借りました。東京方面から飛行機ではなく電車と船で行きたいというのはkumatoさんの希望。結構時間がかかりますね〜。


a0278382_21225380.jpg




着いてすぐにお宿にあらかじめ成田から送ってあった荷物を受け取りに行き、水着を取り出して泳ぎに行きました。


最初の四日間お世話になる所は、色々とネットを調べたなかからkumatoさんが

「ここがいい!」

と選んだ所なのですが、これまた素晴らしく感動しています。

今日はゆっくりと起きて、白谷雲水峡、太鼓橋まで行って、その後また海に泳ぎに行きました。
天気も良くて、素晴らしい1日でした。

あ、おまけに今日は、鹿達に猿にウミガメの赤ちゃんが海に向かう所も偶然目にしました。
感動がこれでもか、これでもかと襲ってくるようなすごい1日でした。


また写真は旅行の後ゆっくり紹介しますね。

kumatoさん、屋久島のご飯もすっかり気に入ってもりもり食べてます。危険!
by tomomato | 2015-09-12 21:42 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

雨続きの日本、が、鹿児島快晴ー真夏!!!

a0278382_22391294.jpg



今日は午前中、博多で用事を済ませた後、新幹線さくらで鹿児島へ!

桜島と仙巌園に行ってきましたー!!!!

島にいる間、そして帰りのフェリーに乗っている時、合計三回も噴火したー!!!




a0278382_22522345.jpg







レベル4の警戒中の時には一度も噴火がなかったそうです。
去年、シチリアに行った時にエトナ山に寄らずに不服そうだったkumatoさん、噴煙見たり灰をかぶったりして?幸せ?そうでした。








a0278382_22384088.jpg





仙巌園では、桜島を借景にした日本庭園ーkumatoさんにとっては初めてのジャパニーズガーデンーを見て、豪華な日本家屋を見て、お抹茶飲んで喜んでいました。

夜は前から行きたかったイタリアンレストランに行って、美味しくて幸せ! 写真撮るのを
すっかり忘れましたが、またいずれご紹介したいと思います。kumatoさん、最初はなんで日本でイタリアン?とイチャモンつけてましたが、お料理を口にしたら納得。 最後はもう感動しまくってました。日本のイタリアンをなめちゃいかんぞーーー!!

今日は私もkumatoさんもすっかりカメラのこと忘れて、荷物をコインロッカーに預けてしまいました。

昨夜は初めてぐっすり眠れました。明日は朝一番の船に乗るので早起きしないと行けません。ねむれますようにーーーー誰かさんはもうゴーゴーいびきかいてるーーーーー羨望


コメントのお返事遅れます。ごめんなさーい。
by tomomato | 2015-09-10 22:59 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

kumatoさん、日本上陸 台風とともに?

a0278382_21323425.jpg



無事に日本に着きました。二人とも超時差ぼけです。昼なんだか夜なんだか。
それでも貧欲なくまとさん、翌日すぐに東京観光に。私は普通一人で帰国すると最初の二三日は何もせずゆっくりするのに、今回は付き合って死にそーです。

2日目、今日、新幹線で台風の中をくぐり抜けて南に来ました。新幹線がいつ止まるかハラハラドキドキ。







a0278382_2132786.jpg




博多ラーメンすすって、その後ジャズライブに。
写真が逆さま、直せずごめんなさーい!

旅行中はiPadしか持ってこなかったので、いずれゆっくり珍道中の様子をアップしまーす!
by tomomato | 2015-09-10 00:11 | Trackback | Comments(4)

行ってきま〜す




a0278382_02502501.jpg





数時間前にご挨拶の記事を急いで書いて送信したのに、どこかに消えてしまったようです。 あまりに慌ただしく、大変、大変、と言うようなことを書いたので消えたのかも! 笑






明日、kumatoさんと日本に発ちます。 








a0278382_02501894.jpg





なのに最後の最後までとれた野菜を処理してました。この写真の後、さらに数種のお野菜の処理を・・・・・ 夜ご飯作ったらもう限界超えました。 



疲れた〜〜〜〜




 
明日、 無事に出発できますように・・・・・



行ってきま〜す。



by tomomato | 2015-09-06 05:58 | お出かけ | Trackback | Comments(4)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

プロヴァンスの旅 5
at 2017-07-23 05:18
プロヴァンスの旅 4
at 2017-07-18 05:57
プロヴァンスの旅 3
at 2017-07-15 05:24
ちょっと休憩
at 2017-07-12 05:08
プロヴァンスの旅 2
at 2017-07-10 06:09

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメちゃん、 このマー..
by tomomato at 15:13
さなえさん、 是非是非い..
by tomomato at 15:10
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:08
わー、良いですねえ。ゴッ..
by さなえ at 11:00
こうしてみるとなんでもな..
by fran9923 at 10:06
papricaさん、バー..
by tomomato at 21:31
papricagigiさ..
by tomomato at 16:08
わーい、どうもありがとう..
by papricagigi at 14:37
素敵な中庭と回廊!ここだ..
by papricagigi at 06:51
roroさん、初めまして..
by tomomato at 20:06

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧