<   2014年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

実は、、、、、





a0278382_21133832.jpg



シチリアやアルザスの旅行記をずっと書いてきたのですが、実は私、10日前から日本にいます。
どういう訳かバタバタと忙しく、あっという間に時が過ぎていっています。

昨日、母と京都の国立博物館の新館に行ってきました。其の後、いづうで念願の鯖寿司を頂きました。 おいしかったーー!
そして、錦小路を冷やかしてから奈良へ.........

京都、とにかく人がふえましたね.............どこに行っても人がいっぱいで、疲れました。
前回はハイシーズンだったので身動きできないほどで、今回はそこまで混んではいなかったのですが、まだ紅葉には早いにもかかわらず、やっぱり人が.....


a0278382_21152030.jpg


奈良は、正倉院展に行ってまいりました。

奈良は25年ぶりくらい???
変わっていて驚いた........

母もビックリしていました。
正倉院展は朝イチで行ったので、並びましたが、それでもゆっくり見ることができました。出る頃にはさらに輪をかけて長蛇の列だったので驚きました。並ぶ人の為のテントはまだまだ信じられないほど長く設置してあったので、きっともっと人がくる日もあるのですね..........


見かけた鹿さんたちの目がなぜかやたらに悲しそうだったのですが、気のせいかなぁ?
二日間、日本のお宝をじっくり見て、豊かな気持ちになりました。

其の後、母は東京方面に帰り、私は四国へ。

明日、祖母に会います。余り具合が良くないのだそうです。もう100を超えておりますので、いつ何があってもおかしくはないのですが。 20年くらい前から、会いに行くたびに


これが最後になるかもしれけんね.........

と必ず別れ際に言うのですよ。


そのたびに、

またまたーーーー! まだ次も会えるわよ!大丈夫よ、
と言ったのだけれど


今度は本当に最後かも。



ipadからの更新、ムズカシー 読みにくくて😞ごめんなさい



by tomomato | 2014-10-30 21:49 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

アルザス・ワイン街道 続きの続き







a0278382_21563191.jpg

マルティン・ショーンガウアー  バラ園の聖母




さて、 アルザス・ワイン街道最後の目的地は

コルマー





元々、kumatoさんが一緒に来られないのなら、電車でいくとして、コルマーに行こうかな? と思っていたのです。 コルマーにはとても有名な絵画があり、 私自身は何回も行ったことが有るのですが、母にも是非あの絵達を見てもらいたい!! と思っていたのでした。


けれども、 コルマーについた時に既にかなり遅い時間になっていました。 美術館終了まで30分もない!!!

急いで、ウンターリンデン美術館まで走り、中に入りました。
私が傘を預ける為に列に並んでいる間に、kumatoさんにともかくも先に、その絵が有るところに母を案内してもらいました。



が・・・・・・ いくら探してもあるはずのお目当ての絵がない!!008.gif   



聞いてみると、な、な、何と、 期間限定で、現在は別の教会においてあるというでは有りませんか!!!  それからまた慌てて外に駆け出し、人に尋ねながらやっとその期間限定の展示場である教会を見つけて入りました。  ラッキーなことに、そこは展示時間が美術館よりも長く、 ゆっくりと見ることが出来ました。





a0278382_21563790.jpg
a0278382_21564360.jpg
a0278382_21371923.jpg






それがこの イーゼンハイム祭壇画・グリューネヴァルトの作品です。  祭壇画のすべてをのせることはできないのですが、ドイツ絵画史に置いて最も重要な絵画のうちの一つです。関心の有る方は是非、ググって残りの絵をご覧になってください・・・・

この特別展に際して、冒頭のショーンガウワーの聖母絵と同じ教会の中に飾られておりました。 このショーンガウワーの絵も非常に素晴らしい作品で、コルマーに来たらグリューネヴァルトとあわせて見るべきものです。  しかもたまたま行った日が、文化芸術の日? とかで入場料も無し!!

まるで私たちへの贈り物のような出来事でした。064.gif


何回も見たことのある私もkumatoさんも、 何回見ても言葉を失うほど感動し、新たな発見のある絵達です。 初めて見る母も、じっくりと見ていました。 焦りに焦って見に来た甲斐がありました。

kumatoさんたら、 


’君のお母さんは、 今目の前に見ているものが、どれだけ凄い物か分かってるのかな〜〜〜?035.gif



なんて言っていました。  それくらい西洋美術史にとって中核となる作品なのです。




教会が閉まる時間まで、 静かな絵画鑑賞の時間を過ごしました。




もうすっかり心が満足して外にでると、 だいぶ日が落ちて暗くなっていました。






a0278382_21570404.jpg

a0278382_21565038.jpg





コルマーには、小ベニスと呼ばれる運河ぞいの美しい光景の場所もあるのですが、もう歩きすぎるくらい歩いている上に暗くなり、雨も降ってきたので食事をして帰ることにしました。





a0278382_21565411.jpg
a0278382_21565755.jpg






コルマーは結構大きな街ですが、可愛いお店やアルザス地方特有の建物もたくさん有ります。






a0278382_21571438.jpg
a0278382_21572338.jpg





また、コルマーはクリスマス市で有名で、 結構楽しいのですよ。 規模も大きいし、雰囲気はロマンチックで最高です。 ただ、売っているものは、結構キッチュなものが多く、ドイツやスイスのクリスマス市のものの方が質は良かったかな? 私が行ったのはもうだいぶ前のことですので、今はまた違うかもしれませんが・・・・・






適当に入ったレストランでのお食事






a0278382_21573250.jpg
a0278382_21573631.jpg





アルザスと言えばフラムクーヘン!!!

ぱりっぱりの薄い生地の上にチーズが乗っています。 普通はベーコンが乗っているのですが、私たちは(私の為に)サーモンと茸入りを・・・・・ これはかなり美味しかったです。





a0278382_21574647.jpg




kumatoさんはまたまたラム肉のステーキ





a0278382_21574376.jpg





母は、アルザス名物の2種類のお肉の煮込みでした。



そして特別に注文した




a0278382_21575311.jpg




シュークルート!!  




普通、シュークルートは、お肉と一緒にしか出さないらしく、これだけでは出さないと言われたのですが、 結局テーブルに持ってきてくれました。  

美味しかったです。  アルザス料理って、 やっぱりちょっとドイツ系かな?  



この日は、私とkumatoさんが寝坊をしてバーゼルを結構遅くに出たのですが、(お昼近かったかな?) まるで3日間くらい旅行をしたみたいな密度の濃い一日でした。 ワイン街道のフランスの美しい村々も良かったし、 コルマーで大切な絵画鑑賞もできたし、 大満足でした。

リボーヴィレの八百屋さん? みたいなところで新ワインを売っていたので、 一本買って帰ってきて飲むのを楽しみにしていたのですが、 何とちゃんとふたがしていなくて、そのことに気がつかなかったkumatoさんは瓶を横にしていたので、ほとんどすべてのワインは車に飲まれてしまいました・・・・・滝涙

アルミフォイルで口が覆われていたのですが、kumatoさん、その下に栓がしてあると思ったのです。 でも考えてみればまだ発酵が進むワインですので、ちゃんと蓋はできないのですね・・・・・・・・   それだけが残念でした・・・・・・・ 












by tomomato | 2014-10-28 22:41 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

アルザス・ワイン街道 続き







a0278382_21521092.jpg






さて、 次に向かったワイン街道の村は



リクヴィール Riquewihr




車を降りたら、村の目の前には
a0278382_21521500.jpg





このようにワイン畑が広がります。 グレーの空がちょっぴり残念ですが・・・・・それでも絵に描いたみたいな風景!!!





ここは、 かなり人気のある村らしく、 車を止めるのに一苦労しました。 駐車場はもう一杯で、それに続く道路も路上駐車でどこまで行っても隙間も有りません。 結局、村からかなり遠くに離れたところに止めなければなりませんでした。 母の足を気遣いながら、 下り坂だったのが幸いとゆっくりと歩いて行くことにしました。






a0278382_21522894.jpg



中心街に向かう途中の畑・・・・・ 


か・わ・ゆ・い・・・・・・016.gif


畑の作り方までこんなに可愛いとは・・・・・ さすが、おフランス、侮れません。





a0278382_21523492.jpg






お家の前の小さなスペースですら、こんなに可愛いくしているのです・・・・・ 凄い・・・





a0278382_21524266.jpg




すっかりおフランスな気分に浸るkumatoさん・・・・035.gif







a0278382_21524925.jpg





この方、 母国語のスイス・ドイツ語のほか、標準ドイツ語、英語、イタリア語、そしてフランス語もおできになります。
旅行の際にとっても 便利 役に立って下さいます。 kumatoさんの学校は、ドイツ語圏に有るのですが、フランス人の学生さんも多く、 フランス語が飛び交います。  私、いつもチンプンカンプン・・・・  フランス人、 ほかの言語を話せない=話そうとしない人 が多いです。   





a0278382_21525782.jpg




城壁の中に入ると、 可愛い家並が続く通りに入ります。 前の村と似ているけれど、微妙に違う雰囲気です。





a0278382_21530229.jpg
a0278382_21530736.jpg




入ってすぐのところのレストランで、熟成が進んでいない新ワインが一杯1ユーロだったので、飲むことにしました。







a0278382_21531266.jpg




おいし〜〜〜〜〜い!069.gif   


今、この時だけ飲むことが出来るお味です。そういえば、去年はウィーンの郊外で飲んだな〜〜〜〜。 







a0278382_21533387.jpg




この村も可愛いお店がいっぱいで、 再び右に左に首をクルクルまわしながらうきうきと歩きました。




a0278382_21532746.jpg
a0278382_21531908.jpg
a0278382_21534000.jpg





家が色とりどりなのですが、 なぜか調和がとれていて決してうるさくないのが不思議です。





途中、ひときわ目を引くお菓子屋さんが有りました。
a0278382_21550944.jpg
a0278382_21551788.jpg



ヌガーやパン・デヴィス、 アーモンドを飴で固めたお菓子など、巨大な固まりで置いてあり、何とも言えず美味しそう〜〜〜チーズのように切り売りです。




a0278382_21552201.jpg




母は、カリカリしたナッツのお菓子が大好きなので、試食をさせてもらってすっかり気に入り、このアーモンドを飴で固めたお菓子を買うことにしました。 表示してある値段はキロ単位でしたので、 適当に薄く切ってもらったのですが、 思ったよりもずっと重かったらしく、小さな一切れなのに目の玉が飛び出るほどとんでもなく高いお買い物になってしまいました。 008.gif   一瞬詐欺かと思った!!!   

kumatoさんはちょっとあきれた顔をした値段でしたが、 本当に美味しかったので良いことに・・・・・・ kumatoさんのように、一度にたくさん食べる人には絶対にもったいないけれどね・・・・・今更返しますとも言えないし・・・・・

母に大事に食べてもらうことに・・・・・





a0278382_21534415.jpg




母は、クリスマスの専門店でお土産を買いました。 それから素敵なアクセサリーもみつけたのでそれも・・・・・母は、イタリアではお土産に塩とヴィンテージのマルサラ酒と小さな陶器を買い、自分には漁師さんから貝のついたつぼのかけらを買っただけでしたが、フランスでは購買意欲をそそるものが有り過ぎです。  危険危険!!! 034.gif

kumatoさん、再び荷物をすべて持ってくれます。 紳士・・・・





a0278382_21535016.jpg
a0278382_21535513.jpg
a0278382_21542607.jpg
a0278382_21543365.jpg




一つ一つのお店が違うので、本当に飽きないのです。 買いたいものは山ほど・・・・ でも本当にきりがないのでぐっとこらえました。いくらお金があっても足りないよ〜〜〜〜





a0278382_21540594.jpg
a0278382_21540963.jpg
a0278382_21540047.jpg
a0278382_21545276.jpg
a0278382_21545702.jpg
a0278382_21552879.jpg
a0278382_21554639.jpg




写真の羅列ですが、 カラフルで、楽しい雰囲気が伝わるでしょうか?? 




a0278382_21560348.jpg






この日もまともにお昼ご飯を食べていないので、お腹がすいたkumatoさん・・・・
ケーキでお昼ご飯が済んでしまう女子との旅行はつらかったのでは????



村の一方の入り口から、もう一方まではさっさと歩けば20分くらいで通り抜けられるようです。 もちろんお店を冷やかしたり、 お茶を飲んだり、お食事をしたりしたらずっと時間はかかりますが、距離的には大したことはありません。 


 



a0278382_21560743.jpg





車をとめたところが傾斜の上側で、道は緩やかに坂を降りる感じで村のもう一方の入り口につきました。 車のあるところまでは30分以上、上りで今きた道を戻らないと行けないので、 超・紳士のkumatoさん035.gifが、母のために車を一人でとりに行ってくれました。  母と待っている間にかなりの大雨が降り出し、門の下で雨宿りをしました。




間もなくkumatoさんが来てくれましたが、kumatoさんもちょうど車に乗り込んだところで大雨になったそうで、 あまり濡れていなくてほっとしました。 


リボーヴィレとリクヴィールがあまりに面白く、 ショッピングにもせいを出してしまったので、あっという間に時間が経ってしまいました。 が、実はまだ、この日の目的はすべて果たしていないのです・・・・・・・・・。 

kumatoさん、まさか私と母がこんなにもきゃ〜きゃ〜喜んで、ショッピングにせいを出すとは予想だにしていなかったのではないかと思われます・・・・・・・



さて、降りしきる雨の中、最後に向かったのは・・・・・?? 



























 
























by tomomato | 2014-10-26 22:52 | お出かけ | Trackback | Comments(7)

アルザス・ワイン街道






a0278382_10210013.jpg





kumatoさんのご両親のご結婚60周年のお祝いのあと、数日スイスに滞在しました。 一日は、バーゼル郊外にあるラインフェルデンという天然塩温泉に母と行きました。  この塩温泉、 ものすごく気持ちがよいのです。 日本のように裸でゆったりとお湯を楽しむのではなく、水着を着てプールのような温泉に入るのですが、 ’塩’ というところがポイント・・・・・  少し深い所もあるので、泳げない母にはちょっと怖いところもあったようですが、 シチリアでの足の疲れをすっかり癒すことが出来ました。 


kumatoさんはお仕事があったにも関わらず、 合間に時間を作ってくれて温泉まで迎えにきてくれたり、何とフランスまで足を伸ばしてドライブに連れて行ってくれました。  (シチリアでの失敗、すっかり挽回!!035.gif )






a0278382_10242736.jpg




最初は母と電車でコルマーかストラスブルグ(両方ともバーゼルから日帰りで行けます)に行こうと思っていたのですが、kumatoさんの提案でアルザス・ワイン街道の村を訪ねることになりました。


まず最初に行った村は


Rebeauville


実はね、私、バーゼル付近に合計12、3年くらい住んでいるのに、すぐ近くのワイン街道のことを知らなかったのです・・・・・ 恥

とにかく仕事で忙しい日々を過ごしておりましたので、余暇にいろいろなところを旅行するという余裕は全く有りませんでした。 ワイン街道には、フランスの美しい村に認定されているたくさんの村々が有るのですね。 そして北から南まで、ぶどう畑がずっと続く中、そうした村々が点在しているようです。 その村々を、車や、自転車や、歩いて訪ね、ワイナリーを訪ね、美食を楽しむ旅行をするのだそうです。   


そんな楽しいことが出来る場所が、すぐそばに有ったとは・・・・・!!!! 003.gif






a0278382_10211483.jpg







ワイン街道の行程のちょうど真ん中くらいのリボーヴィレという村まで、バーゼルから一気に北上・・・・ 途中から周りの景色は美しいワイン畑になり、あっという間につきました。






a0278382_10212627.jpg






それがね、一歩足を踏み入れてビックリ!!!感動!!!


かわゆい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!053.gif053.gif053.gif

(可愛い)



a0278382_10214740.jpg
a0278382_10215399.jpg
a0278382_10214304.jpg
a0278382_10215619.jpg



町並みが何しろ可愛くて可愛くて、おとぎ話の絵本の中に紛れ込んでしまったかと思いました。母と一緒にきゃ〜きゃ〜はしゃぎながら、可愛いね〜〜!楽しいね〜〜〜!さすがフランスだわね〜〜〜! と右に左に首をクルクルまわしながら歩きました。 



とりあえず、トイレ休憩・お茶をすることに・・・・・





a0278382_10220392.jpg





あちらこちらにカフェがたくさん並んでいて、どこのお菓子も美味しそうだったのですが、 目についたこのお店に入りました。




a0278382_10251988.jpg



確かこれはこのお店の入り口の上にいたような・・・・?




a0278382_10220662.jpg
a0278382_10220812.jpg
a0278382_10221079.jpg





ここのお菓子がこれまた美味しい〜〜〜〜〜〜!!!!!016.gif


さすが、フランス菓子だ〜〜〜〜〜〜!!!!! 


シチリアのお菓子も美味しかったけれど、 フランス菓子の美味しさはそれとはまた別もの・・・・・ この日は雨が降っていて今ひとつのお天気だったのですが、 可愛い街に来て、美味しいお菓子を食べて、超幸せになりました。 単純・・・・



a0278382_10221286.jpg

女子を満足させることができ、超満足のkumatoさん








村は、かなり観光地化されているのですが、 でもその センスが良いの!!!   
いわゆる観光土産物屋、みたいなものはあまり目につかず、それぞれ個性のあるお店が並んでいて楽しい楽しい・・・・・・・
ディスプレーがいちいち素敵で、 見ているだけでとっても幸せになります。




a0278382_10222754.jpg
a0278382_10223036.jpg
a0278382_10223341.jpg





ウィンドーショッピング!!! 071.gif

若干、男子一名はいまいちこの楽しさは分からないようでしたが・・・・・









a0278382_10224381.jpg
a0278382_10224578.jpg
a0278382_10224821.jpg
a0278382_10225038.jpg
a0278382_10231064.jpg


まだまだつづく・・・




a0278382_10241325.jpg
a0278382_10241745.jpg
a0278382_10243222.jpg






ちょっと横道に入ると、ブロカントのお店もあったりして・・・・・
a0278382_10250854.jpg





ここは普通のお家のガレージセール(アンティークもあり)という感じでした。






さらに歩き進むと





a0278382_10234087.jpg




広場では蚤の市が出ていました。






a0278382_10234324.jpg




kumatoさんも蚤の市は結構好きなので、 アレやコレやと一緒に見て回りました。


シャンデリアを始め、 たくさんたくさん素敵なものもあったのに、なぜか私が写真に残したものは・・・・





a0278382_10235346.jpg
a0278382_10235583.jpg
a0278382_10235874.jpg
a0278382_10240205.jpg
a0278382_10242233.jpg




こんなものばかり・・・・・笑




でもね、一つだけ気に入ったものがあって、 迷ったあげく買って帰りました。






それぞれのお店の上には、 こんな看板? が下がっているのですよ・・・・





a0278382_10243765.jpg
a0278382_10244093.jpg
a0278382_10244743.jpg
a0278382_10250229.jpg




ザルツブルグでもそうでしたが、 昔は、何のお店か分かるようにその象徴となるものを看板にしていたのですね。







看板ではないのですが





a0278382_10245461.jpg





こんなに素敵なバルコニーのお花の飾り付け!!!! 





母の一言・・・・



’アルザスって、 シチリア旅行の後だと、デザート067.gifね!!!!037.gif’ 




確かに・・・・・つぼを得た一言でした。003.gif

最近、 やたらと日本の女子にフランスがはやっているな〜〜〜〜  とは思ったのですが、  

はい、分かります。     素敵です。 可愛いです。 楽しいです。 




さて、この村では、 クッキーを買い込み、チーズを買い込み、 辛子を買い込み、おまけに新ワインまで買い込んで、さらには蚤の市で買ったものもあり、優しいkumatoさんはそれらのお買い物袋をすべて持ってくれました。  


私の購買意欲にいささか顔色が青くなりつつ・・・・・035.gif



この後、もう一つの村に移動しました。




























  







by tomomato | 2014-10-26 12:16 | お出かけ | Trackback | Comments(10)

60周年記念の日





a0278382_00233414.jpg







さて、シチリアから帰ってきて、結局、石のお家には二泊だけしました。 母はゆっくり休み、私とkumatoさんは留守にしていた間の畑のお世話や洗濯に明け暮れました。  それから、慌ててプレゼントにアレやコレやと買い込み必死で大きなかごに盛りつけました。   



プレゼント・・・・・・ 



いったい誰の為に????





翌々日、早朝にスイスに車で出発!!!  





a0278382_00232410.jpg




実は、kumatoさんのお父様とお母様の




ご結婚



056.gif60周年記念!!!064.gif


のお祝いの席があったのでした。







a0278382_00233002.jpg






子供達とそのパートナー、それに孫達とそのパートナー、そしてひ孫達までが総勢何人集まったことでしょう!???   わざわざアメリカから駆けつけて来た人達もいます。 


最初はレストランでお食事をいただき、お父様のお二人のなれそめについてのスピーチなどもあり和気あいあいとした雰囲気で始まりました。


その後、 kumatoさんの弟さんのお家のお庭で二次会・・・






a0278382_00233720.jpg








持ち寄りのケーキやらフルーツサラダやら、たくさんありました。 お母様はご自分で3台もケーキ067.gifを焼かれていらっしゃいました!!!005.gif






そこでスイスホルンの方を呼んでの演奏会があったのです!!!!! 演奏してくださった方もお年寄りで、音が外れたりしてかわいかった・・・・・笑






a0278382_00234225.jpg




お父様、お母様はもちろん、 皆、このサープライズに大喜び!!! 盛り上がりました。






a0278382_00234999.jpg




その後は皆でスイスホルンをお試しに吹いてみる・・・・・・ 笑



もちろん私もやりましたよ。 私は大昔トランペットを習っていたので、案外簡単に音が出ました。なれてないと音を出すのにも一苦労するようです。こんな機会でもないと、スイスホルンなんてふくことありませんよね。







a0278382_00234501.jpg





皆でお祝いの歌を歌ったり、ケーキを食べたり、談笑したりしているうちにあっという間に楽しい一日が過ぎてしまいました。








a0278382_00235193.jpg






ご結婚60周年て、大変な事ですよね。  母が言っていたけれど、両方ともが長生きしないと達成できないこと・・・・・

大家族に囲まれて、お父様もお母様も極上の笑顔の一日でした。



a0278382_00462265.jpg




長男として張り切ったkumatoさん








a0278382_00463067.jpg




60年前

実はkumatoさん、ハネムーン・チャイルド・・・・ここだけの話よ 006.gif


























by tomomato | 2014-10-24 00:50 | スイスの話 | Trackback | Comments(6)

シチリアを駆け抜ける 2014−20






a0278382_20304730.jpg







この、シチリアを駆け抜けるシリーズ、 本当にブログアップも駆け抜けて、息がぜーぜーはーはーしています・・・・苦笑


が、そろそろシチリアの旅もやっと終わりに近づきました。 



カターニャからタオルミーナは車で一時間くらいの距離です。 タオルミーナは超高級リゾート地で名を知られた場所。 最初はここに一泊する予定でホテルを調べていたのですが、 

た・・・・・高い・・・・・・・・    008.gif


まあ、ピンからキリまであるのですが、そのピン064.gifの高さが半端じゃない・・・・・汗



そういうリゾートホテルに1週間も2週間も滞在してバカンスを楽しむ方達がたくさんいらっしゃるのでしょうね〜〜〜〜〜〜  遠い目 



景色が美しい所と聞くし、シチリアきってのリゾートが、いったいどんなところなのか興味があったのでわくわくしながら出かけました。





a0278382_20310471.jpg





う〜ん、確かに。  高台のタオルミーナの街はとても風情があって、そこから見渡す海もきれい。 はれていればエトナ山も見えるのだとか。海もきっと真っ青なのでしょう。  そしてほら、こうして大きな遺跡もあるし。





a0278382_20312410.jpg





メインストリートにはおしゃれなお土産物屋さんやカフェ、レストランがぎっしりと並んでいます。 







そしてそのメインストリートからそれると・・・・


a0278382_20311345.jpg
a0278382_20311608.jpg





かなり急勾配の傾斜に立っている街なので、 下りか上りの小さな路地なのですが、なかなか風情があって素敵な予感!




a0278382_23584955.jpg





時々はっとするようなお屋敷(ホテル?)もあったりして、きっとここに滞在してこうした小道を行ったり来たり散策するのも楽しいだろうな〜〜〜 と思いました。

私たちは、母の足のことがありますので、 この日は上り下りはほとんどせず、 平らな道を探して歩き回りました。






a0278382_20313552.jpg
a0278382_00010108.jpg




教会もあるし、 遺跡もあるし、見所いっぱいの街です。 時々激しい雨になるので、その度にお店に入ったり教会を見学したりして、濡れないですみました。





a0278382_20314211.jpg
a0278382_20312973.jpg



面白いお店、かわいいお店がたくさんあって、 お店を冷やかすのもとっても楽しかった・・・・・




a0278382_20321399.jpg







シチリアでほぼただ一つ、ギャラリーがいっぱいあった街。 
お土産に買って帰るか〜〜〜 的なクラッシックな風景画がほとんどでしたけれども。 kumatoさん、 必ずチェックしていました。






さて、ここでも私のお目当ては・・・・





a0278382_20320001.jpg






昔からあるというお菓子屋さん!067.gif
私と母は、 このお菓子屋さんが お昼ご飯の場所 (お菓子=昼食) となる予定だったので、 途中でkumatoさん、お菓子を食べる前に何か辛いものをと物色するけれど見つからず・・・・ お菓子屋さんに到着!






a0278382_20320948.jpg





街の果てのしかも裏通りにあるので、ちょっと探すのに苦労しました。 店内はとっても狭くてお菓子がぎっしり・・・・・ やたらに趣味の悪い派手な飾り付けだし、お店の中に入っても店員さんはひどく愛想が悪くて、(こちらがにこっと笑っても、全くにこりともしない。 機嫌が悪い日だったのかなあ?) 外したかな〜〜〜〜〜  と思ったのですが・・・・・



いやいや
これがまた


ほっぺが落ちそうなくらい美味しかった!!!016.gif

美味しすぎて写真を撮る余裕なし・・・・・




それぞれジェラートを注文して、私はさらにカンノーリの普通のタイプのものと、そのお店特性のカンノーリのような小さなお菓子をあわせていくつか買いこみました。 そのお店でコーヒーと一緒に食べられるかな? と期待していましたが、そのような設備は全く無し・・・・・ お菓子をわんさか買い込んだ私たち、 そのお店のすぐ近くの見晴らし台? のような所に座り込んでお菓子をむさぼりました。   

美味しい!053.gif うまい!035.gif   と叫びながら・・・・・ 大笑




あまりに美味しいので、私は再びそのお店に戻り、さらにいくつかビスコッティを購入・・・・・・・ 笑     その時の店員さんは前の人よりは愛想があり安心しました。 


ちゃんとお昼ご飯が食べたかったkumatoさんはかわいそうでしたが、 結構幸せそうにお菓子を食べていました。  ノートのカフェシチリアも本当にお菓子が美味しかったけれど、そしてモディカのボナユートのカンノーリも美味しかったけれど、 ここのもまたひと味違って本当に美味しかったです。 






a0278382_20322224.jpg





a0278382_20322554.jpg





お菓子を食べた後は、遺跡を見たりお店を見たり建物を見たりして来た道を戻りました。 途中でやはり母に休憩が必要でしたので、一番見晴らしの良い教会前の大きなカフェに座りました。  そしたら、何にしますか? とも聞かれず、いきなりポンッとメニューを投げ出されました。   感じが悪かったのもあるのですが、メニューを開けると・・・・・



カッフェが法外な値段!!!!! 

 目が飛び出た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!! 




いや、おそらくこの辺りでは一等地のカフェです。 場所代ですよね。  海を眺めながらゆっくり優雅な気分を味わってコーヒーを味わうにはもってこい・・・・ ただ、その日は天気が良くなく景色もあまり楽しめないし、雨が今にも降りだしそうだから長くは座るつもりはないし、  メニューを置いていってからいつまでたっても全く注文も取りにこない・・・・・・・


そのお陰でちょっと休めた母と相談して結局・・・・



3人ともそのまま立ち去りました・・・・・




a0278382_20332249.jpg





で、 メインストリートの外れにある駐車場タワーのすぐ上の、こちらのできたばっかりという感じのカフェに入ることにしました。







a0278382_20330294.jpg





ここのテラス席がとにかくすばらしかったです。 先ほどの高級カフェにも負けないくらいの景色の良さ!!!

そしてカフェは本当に普通の値段でした。 カッフェの味はすばらしかった! もしかして今までで一番美味しいカッフェだったかも? 

おまけに・・・・





a0278382_20323730.jpg




ここのケーキがどれもこれも美味しそうなの〜〜〜〜〜〜〜 016.gif

店内はまるで宝石店か高級腕時計店のような作りで、セレブ感がいっぱい〜〜〜〜〜〜の美しいインテリア。並んでいるお菓子も宝石のようでした。




でも、先ほど甘い物をさんざん食べて一日分の砂糖の限界量を超えてしまった私たち・・・・・ 残念ながらこれ以上は甘い物は無理でした。本当に魅力的な美しいお菓子がたくさんあったのですけれども。 本当に残念!!!





このお店のショーウィンドウには、こんなものが・・・



a0278382_20331494.jpg
a0278382_20331859.jpg




これ、皆お菓子でできているのですよ・・・・ 笑

さすが高級リゾートだわ〜〜〜〜 








a0278382_20330779.jpg




セレブを一生懸命気取るkumatoさん035.gif





ま、私、このタオルミーナでバカンスしたいかどうかは・・・・・・? 

どちらかというと、もっと自然のワイルドなところがいいかな〜〜〜〜    





たった半日だけれどもすっかりタオルミーナを満喫した私たち、カターニャに戻ることにしました。







a0278382_20333885.jpg






隣町の寂れたビーチに寄り道・・・・





a0278382_00283358.jpg






もちろん、kumatoさんは水着を握りしめていましたが、時間がもう遅かったので海には入りませんでした。







a0278382_20334269.jpg





母は、 タオルミーナですっかりパレルモのストレスを解消することが出来たみたいでした。 特にこの海辺についたときに、 本当に気持ちがよかったようで、 深呼吸・・・・・・・・いつまでもいつまでも海風が吹く中、じっと海を見ていました。  母にとっては、サンビートの白い砂に青い海の光景よりも、こんなしっとりとした海岸の方が、母の子供の頃の日本の海岸を思い出してほっと一息つけるのだそうです。 






幸せな気持ちになってやっとカターニャについた私達・・・・・・・

街で私と母だけ下ろしてもらってkumatoさんだけ空港にレンタカーを返しにいくことになりました。  ところがね・・・・・ 私たちが車を降りかけたその時・・・・・・問題発生・・・・


kumatoさん、契約書類一式すべてどこにしまったか分からなくなってしまったの〜〜〜〜〜〜 滝涙 




そして




どこにある?035.gif 



って私に聞くの〜〜〜〜〜〜   号泣


私はあのレンタカーをやっと借りることができた時、 ずっと待たせていた母の世話をしていて、契約書にサインをした後は彼に任せていたのです。 だからその契約書を彼がどこにしまったかなんて見ていない!!! 



レンタカーを返すときに、何もなければその契約書は必要ないのでは?とは思ったのですが、  一応ということで私がホテルまで走ってそれを探すことに・・・・・ もちろんどこにもなくて、 結局kumatoさんはそのまま空港まで車を返しにいきました。  

今回は大丈夫と分かりつつも、そういうものをなくす神経が信じられなくて、  タオルミーナから幸せに帰ってきて、母をホテルの向いのリナシェンテ(イタリアのデパート)に連れて行くはずだったのに、スーツケースをすべてひっくり返して所持品すべてを隅から隅まで急いで探さなければならなくて、結局閉店になってしまったストレスが本当につらくてつらくて、超激怒!!!!       激怒した自分にまた疲れてしまいました。あほか? 



空港に車を返しにいったkumatoさん、バスで戻ってきたのですが、そのバスがどこかで立ち往生して超遅く帰ってきました。 もう母はぐったりしていて私も食欲ないけれど、 kumatoさんは食べる気満々!! 035.gif (だって昼間お菓子だけだったものね〜〜〜〜〜〜空港までわざわざ車を持っていってくれて、こんなに遅くなったんだし・・・・・・)       

もうこれ以上母は歩けないので、ホテルの屋上テラスのレストランにしぶしぶつきあいました。 本当はその日は、そこでアペロで夕食は終わらせようね・・・って言っていたのに・・・・・・(アペロと行っても目を見張るほどの本当に豪華な食べ物がたくさん並んでいて、十分な夕食になるのです。)


あ〜〜〜あ、最後の最後まで珍道中だったな〜〜〜〜〜〜〜  遠い目



翌朝はすんなり空港に行き、 ミラノまで飛んで、 無事にピエモンテのお家まで戻って来れましたよ〜〜〜〜〜 奇跡!????

 
久しぶりにお家に帰ってきたら、 しっかりそこに石のお家がどしんと構えていて嬉しかった・・・・・・(って、なかったら大変ですけれども)


058.gif珍道中008.gifだったけれど、 中身の濃い、楽しい楽しい旅でした。  写真を一つ一つ見るたびに、その場の光景が思い出されて、 またその場に立っているような錯覚に陥ります。 一つ一つの場所の光景が、心の底、深くに刻み込まれました。

そしてもちろん、 美味しいものの数々・・・・・・003.gif


シチリア、本当に素晴らしかった。 また是非、 訪れることが出来たらいいな。 

 





























 



























by tomomato | 2014-10-21 01:25 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

シチリアを駆け抜ける 2014-19




a0278382_17383453.jpg





カターニャに2泊もすることになったので、せっかくだから良いホテルにしようと、 屋上レストランからエトナ山が見えるというところにしました。  私たちの部屋からもエトナ山は見られるとか・・・・・


が・・・・・


翌朝起きたら小雨が降ってどよ〜〜〜んとした天気。 それでも私がカーテンを開けてテラスに出てみると、遠くに富士山のように?? エトナ山を見ることが出来ました。 天気が悪いので雲の合間に陰のように・・・・・


でも、その後母やkumatoさんがテラスに出てみても、 雲がかかってしまってな〜〜〜にも見えなかったらしい・・・・・ 

う〜〜ん、残念。 


実はkumatoさん、今回の旅行でもエトナ山に行きたかったらしいのです。 でも本当に見るのなら、山に車で上ったところからガイドを雇ってトレッキングをしないと火口まで行けないと聞いていたので、エトナ山見学は却下・・・・・  今度にしようね〜〜〜、エトナ山が見えるホテルに泊まるからそれで我慢して〜〜〜〜  と言っていたのです。


でも、見えるって行っても遥か遠くに見えるだけだったので、火口まで行って山から夕日を望む! なんて言う体験とはほど遠かったですけれど。 (ちなみにkumatoさん、活火山を見たことないのですって・・・・)








a0278382_17383877.jpg







かろうじて、雨は上がり、 朝食後、カターニャの街に繰り出してみました。 う〜ん、パレルモよりもずっと落ち着いていて立派な都会です。  恐れていたのだけれど、良かった・・・・







a0278382_17385425.jpg




車をとめて、魚市場に向かう途中に古そうなカフェがあったので目を付けておく・・・・・ あ、ここらあたりの路上駐車も、しっかりとお金をもらって案内するあんちゃん達に牛耳られております。 でも今回のあんちゃんはいろいろと教えてくれたので、 良かった。 





a0278382_17392452.jpg





私たちと空港で待ち合わせたその日の朝、前日からカターニャに入っていたkumatoさんは魚市場を見て、本当に感動していました。 其の後どこの魚市場を見ても、 ふ〜〜〜ん!044.gif って鼻で笑っていたkumatoさん・・・・035.gif




その意味が分かりました〜〜〜〜!!!





a0278382_17392147.jpg





勢いが違う、勢いが!!! 




a0278382_17392794.jpg
a0278382_17393071.jpg
a0278382_17393337.jpg
a0278382_17393696.jpg





魚の鮮度も違うような気がする!






a0278382_17385894.jpg



もうね、築地を思い出しましたよ。

荒々しい男どもが大声を掛け合いして、 殺気すら漂うくらいの覇気! 






a0278382_17393926.jpg




これを一日目に見ちゃったら、 ほかのどこの魚市場を見ても、色あせて見えるわ〜〜〜〜〜






a0278382_17394122.jpg
a0278382_17394353.jpg
a0278382_17400160.jpg
a0278382_17395828.jpg
a0278382_17395670.jpg



お魚だけではなく、 お肉もしっかりありました。



母も私も圧倒され、呆れ、感動・・・・・ 二度目の見学のkumatoさんは、余裕を見せて人間観察に集中・・・・

買わない観光客はほんと邪魔って感じでした・・・・・・・ あまり愛想ふらないもの。 ほかのところでは笑顔を向けると笑顔を返してくれたり、向こうから話しかけてきたけれど、 この市場ではなかったわ〜〜〜 汗






a0278382_17400608.jpg
a0278382_17395485.jpg


市場って本当に面白い! 




a0278382_17400859.jpg







今回ね、シチリアでこのシラスを食べたかったのだけれど、 どこのレストランにもなかった。 残念。
自炊できるところだったら即買っちゃうのだけれど。 あ、でも醤油とわさびがないと・・・・笑





a0278382_17401019.jpg





昨日のレストランの前も、今朝はすっかり市場に早変わりしていました。






a0278382_17401241.jpg
a0278382_17401975.jpg
a0278382_17402169.jpg






kumatoさんがカメラを持っていってしまったので、ほとんどkumatoさんが撮った写真なのですが、途中で全然違うモードになったまま取り続けたようで、 なぜかほとんどの写真が赤白っぽくなってしまっていました。 



このカターニャの魚市場は本当に凄かった!! 何時間いたかなあ????  全然飽きませんでしたよ。 kumatoさん、多分ずっと一日中見ていたかったのではないかな? 


まだまだ居続けたそうなkumatoさんを促して、 魚市場を出て、先ほどのカフェにトイレ休憩に入ると(写真撮り忘れ)、 昔ながらのたたずまいの立派なカフェでした。 ここのカッフェもグラニータもとってもとっても美味しかった〜〜〜〜〜 並んでいるシチリア菓子もとっても美味しそうでした。  本当に胃袋に限りがなければ良いのに、とシチリアにいる間何回も思いました。 美味しそうだなと思うものを好きなだけ食べられる胃袋だったらよかったのになあ〜〜〜〜〜012.gif




其の後は、パレルモのマッシモ劇場を見損なったので、カターニャの劇場を見に行くことにしました。 ここはベッリー二にゆかりのある劇場です。 パレルモの劇場はゴッドファーザーで有名になりましたし、 その超豪華なたたずまいで見逃せない観光ポイントなのだそうですが、 こちらはオペラ好きの人くらいしか行かないのではないかしら? 







a0278382_17404565.jpg




劇場の正面玄関には見学ができるともなんとも全く書いてありませんでした。観光客らしき人達も全くなし・・・・・

そばでタバコをすっているおっちゃんたちに、 劇場の入り口はどこですか? と聞くと、 小道に入ったところを左に入るんだよ、と教えてくださいました。  確かに劇場の脇に小さな入り口があるのですが、 そこに出たり入ったりしている人たちはおそらくお昼休みになって休憩に行く劇場関係者・・・・・・・


??? 


勇気を出して中に入ると、 後10分くらいコーヒーでも飲んで待っていて、と守衛さんのような方に言われました。

10分後、ご夫婦らしき観光客と、劇場の案内人の方が出てきて、 その方達の次に、案内人の方がすぐさま私たちを中に導いてくださいました。





a0278382_17403824.jpg





kumatoさん、私たちのことなんかすっかり忘れて、楽しそうに案内の方とお話をする・・・・ 


廊下からして古くさい歴史がたくさんたくさん詰まったような厳かな雰囲気です。 






a0278382_17402831.jpg



わお〜〜〜〜〜〜!!


超豪華!!!072.gif




a0278382_17403078.jpg






おそらく、マッシモ劇場に比べてはけして大きな劇場ではないのですが、昔ながらの雰囲気そのままのオペラ座です〜〜〜〜〜053.gif






a0278382_17403512.jpg







超有名なオペラ歌手がここで歌うそうな・・・・・ ここのオペラ座は、日本にも来たことがあるそうです。


ああ、ぜひオペラのシーズンに来てみたいな〜〜〜〜




いつかパレルモをまた訪れるときがあったら、マッシモ劇場に行ってみたいけれど、 そういう機会がまたあるかどうか?? パレルモにもう一度行きたいと思うかな〜〜〜〜〜 

このカターニャの劇場だけでもかなり満足しました。


ちなみに、入場料とか案内料とか、全く取られませんでした。 それにもびっくりしました。 かなり長い時間、オペラ座の歴史とかベリーニとか、この建築についていろいろと詳しく説明してくださったのですよ。 ありがたかったです。



さて、今日は観光最終日。 翌日は飛行場に行くだけですので、空模様が怪しいけれども車のところまで戻り、その後タオルミーナまで足を伸ばすことにしました。  








 

 


































 

by tomomato | 2014-10-20 01:09 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

シチリアを駆け抜ける 2014- 18






a0278382_06313243.jpg






パレルモの後は、カターニャに二泊しました。 
本当は、パレルモから南海岸をずっとドライブして、 タオルミーナあたりで宿泊しようとずっと考えていたのですが、カターニャに行ったら絶対に行きたいと思っていたレストランが、フライトの為に最終日はカターニャ宿泊するつもりでしたが、その日が定休日だったためカターニャに一日早く向かうことにして、カターニャからタオルミーナに一日遠出をすることにしました。




さて、カターニャに2泊してまで行きたかったレストラン、 魚市場の横にあるあの有名な



アンティカ・マリーナ!!060.gif





が・・・・・





a0278382_06315793.jpg






神経をすり減らしたパレルモの一日観光の後・・・・
レストランまでなんとかたどり着いたもののこの状態・・・・・


しかも、 カターニャについたら今回のシチリア旅行初!!の雨が降り始めました。 レストランについたときにはバケツをひっくり返したような土砂降りに・・・・・・!!!!! 057.gif

用意されていた席は外だったのですが、 雨の量がとにかくすごくてどんなに机を動かしてくれても水がはねて食事中にびしょぬれになりそうで、 なんとか無理を言って中に席を用意してもらいました。 疲れている上に雨でぬれたら母の足に響きますし、旅の終わりに風邪を引いたら大変だし・・・・・・ 










a0278382_06321942.jpg




ただこの人一人、 お食事が待ちきれずウキウキ・・・・035.gif
でも顔はやっぱり疲れてるね。 

前菜は結構繊細な味で、新鮮な魚介や野菜の味がおいしかった〜〜〜 003.gif





a0278382_06323958.jpg








途中でシチリア民謡? を奏でる人たちがやってきて演奏して下さり、とっても楽しくて皆少し元気が出ました。







a0278382_17375854.jpg


ウニのスパゲティ





a0278382_17380447.jpg




イカスミのラビオリ






たっぷりの前菜の後、 ヘビーなパスタが二品続いて、量は少なめですがもうお腹いっぱい。


私とkumatoさんはフリットミスト (魚介のフライ) をさらに食べました。 デザートはとても美味しいレモンシャーベットで、すっきりと終わりました。 





すっかり満足して、 お店を出たらちょうど雨がやんでいてよかった・・・・・ あの土砂降りの中、 パラソルの下で食べている人たちがいっぱいいました〜〜〜〜〜   観光客ばかりかなと思ったらそうでもなさそうでした。 結構皆ドレスアップしていて、魚市場の食堂という思っていたイメージとはちょっと違う雰囲気でした。 

夜のカターニャの街をゆっくりプラプラ歩いてホテルまで戻りました。 



カターニャも結構危ない街と聞いていたのですが、 パレルモとは比較になりませ〜〜〜〜ん!!!!  






















by tomomato | 2014-10-18 20:21 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

シチリアを駆け抜ける 2014-17





a0278382_19533971.jpg






パレルモの町並み自体は、ゴシックの建物があちらこちらに残され、荘厳な=重い雰囲気です。 表通りにはよく見るとたくさんの美しく豪華な建物が並んでいます。 が、あまり手入れはされていない感じ・・・・・何となく黒ずんでいて、それを街全体を暗い感じにしているのかな??   裏通りに入ると崩れかけた廃墟がたくさんあります。すばらしい建物なのに、とても残念・・・・・・ 胸が痛みます。  そしてしつこいけれど、とにかくゴミが・・・・・・・・   道路には平気で込みがポイ捨てされているし、 ゴミ収集所のゴミはあふれていて臭気を放っているのです。  においに敏感な母は、表通りは排気ガス、裏通りはゴミのにおいで、ずっとハンカチを鼻と口にあてて歩いていました。   






王宮から直接、車のあるところまで一気に歩くのはきついので、 途中で休憩がてらに教会を見ながら歩きました。 






a0278382_19514842.jpg
サン・カタルド教会





イスラム風の屋根のある教会。 ちょうどお昼休みがもうすぐ終わるようでしたので、近くのピザ屋で待つことにしました。 美味しいもののお店も調べてきたけれど、とてもそこまで歩いてまた戻ってくることはできませんし、 母は食欲も失っているほどでしたので、 とにかく日陰でゆっくり座れるところだったらどこでも良いと言う感じでした。 



少しお腹に入れて、教会の中に入ってみると

a0278382_19520937.jpg
a0278382_19522016.jpg
a0278382_19523035.jpg






中はシンプルでとても美しく、ほっとしました。 教会には椅子があるので、ゆっくり休んで空間を感じることができてちょうど良いです。 






その隣の教会は・・・・・






a0278382_19524145.jpg
a0278382_19525614.jpg

聖マルトラーナ教会






ここは、ビザンチン・ゴシック・バロックが混ざっていてとても不思議な空間でした。 きんきらきん と、ゴテゴテと、シンプルが一つの空間にまとめられているなんて、びっくり! 

a0278382_19530806.jpg





ここでも、結婚式があるようで、 お婿さんとそのお母さんらしき人がソワソワと待っていました。 モンレアーレでもここでも、なぜかゴージャスなお洋服に身を包んだド派手な人たちの結婚式を見てると、どうもマフィアのファミリーかしらと思っちゃったりして・・・・・ 笑     パレルモの人たちがみんな映画に出てくるマフィアに見えてくる〜〜〜〜〜〜〜003.gif



行きがけにジェズ教会もちらっと見ました。 パレルモの教会はほとんどチケットを買わないと見ることが出来ないのですが、 入り口からちらっと見るとバロックだったのでここは見なくてもいいかな〜〜〜 でも教会が好きな母は見たいかな〜〜どうするkumatoさん??  と迷っていると、チケットを買わないと行けないと知らなかった母は、私たちの横をするりと抜けてずんずん入ってしまった!!! 003.gif    しばらく見てから出てきて、  




’ あ、ここは見なくていいわ・・・・・ごちゃごちゃしてて嫌い・・・・026.gif’   





ほぼチケットを買う為に会計の人とお話して、お財布からお金を出していたkumatoさん、一瞬固まる・・・・035.gif

そのままこそこそと急いで逃げました・・・・・











a0278382_19532926.jpg


クワトロカンティ







kumatoさん、 なんだかあなたの顔までマフィアに見えてきた〜〜〜〜〜〜 035.gif



違う方角にあるマッシモ劇場もぜひ見たいかな〜 と思っていたのですが、 事前の勉強不足と母の体力気力の限界を大幅に超えていたので、あきらめました。 最初に、観光のポイントが結構離れているので、 二階建ての観光バス(多分、要所要所で降りることが出来る)に乗った方が良いかとも思ったのですが、何しろ海岸側からきたので乗る地点がすぐに見当たらなかったことと、 3人とも、 パレルモの排気ガスの中を、窓がオープンな二階建て観光バスに乗る気どうしてもしなかったのです。 








a0278382_19531882.jpg





このプレトーリアの噴水は、周りに肉肉しい裸体の彫刻があって、 やたらに豪華だけれどけっして美しいとは言えないなあ・・・・と思っていたら、何とゲーテも醜い広場とここを評して言ったとか・・・・・ププッ    ゲーテも口が悪かったのですね。  でも、本当にこの噴水のそばにゆっくり座りたいとは思えない雰囲気でしたよ。




あ!! かわい〜〜〜 053.gif053.gif




a0278382_19534900.jpg




海岸に近いところの教会



a0278382_19535909.jpg




ここでもまた結婚式が!!!  今は結婚式シーズンなのかなあ?_




a0278382_19540979.jpg
a0278382_19542779.jpg



お嫁さんのドレスが長過ぎて転びそうになってしまい、慌てて子供がお手伝い・・・






a0278382_19543766.jpg




絵になるなあ〜〜〜





a0278382_19544785.jpg





なんだかんだいって、 観光の主要ポイント、結構見てしまった・・・・・・

あ、 パレルモではと〜〜っても怖いところだったのですが、 人は優しい人が多かったです!!! 

母がトイレが必要で、あちらこちらのカフェに入ったのですが、 3人なのにカフェ1杯しか注文しなくても、トイレが必要だからというと気持ちよく使わせてくださったし、 道を聞いても何をしても、 (あのリキシャのあんちゃん以外は・・・・) 本当に皆暖かくて親切でした。  街が汚くて怖かっただけによけいに人情が身にしみた〜〜〜〜 



素通りしたお菓子屋さんのショーウィンドウに並んだカントゥーチ(ビスコティ)が、あまりに美味しそうだったので一度通り過ぎてからわざわざ戻って買い込みました。 (お店の名前不明)


やっと無事に車にたどり着き、 すぐにほっとしてカントゥーチの袋を開けて食べ始めると、 母も、kumatoさんもむさぼるように食べる食べる・・・・・・・・  そのカントゥーチがこれまた抜群に美味しくって!   神経ぼろぼろの時って、甘い物がまた一段と美味しく感じるんですよね〜〜〜〜〜〜


一気に一袋、 なくなりました・・・・・ 003.gif




交通渋滞をさけるためにパレルモはなるべく午後早く去るつもりだったのですが、結局は夕方になってしまいました。 

その後、逃げるようにして070.gif 一気にカターニャに向かって長距離ドライブ・・・・・・・ 

高速道路に乗って、パレルモが遠くなるにつれ(もちろんカントゥーチの力もあって?)、空気がきれいだね〜〜〜 やっと呼吸ができるね〜〜〜〜 やっと体が緩んできたね〜〜〜〜   と皆ほっと一息・・・・・ 


母は車の後ろでやっと安心して、うつらうつらしていました。 











 






  






















































by tomomato | 2014-10-17 05:23 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

シチリアを駆け抜ける 2014-16





a0278382_19504047.jpg






さて、美味しいご飯を一杯食べて幸せに眠りについた私達、 翌朝は前日に見なかったパレルモに行くことにしました。



パレルモ・・・・・・・・・


そうですね・・・・・・・



一言で言って




怖かった・・・・・・

二言目


空気が悪かった・・・・・・・・・ 




前日、市街地を窓を開けて車で走り抜けたのですが、 それだけで母は空気の悪さに気持ちが悪くなり、すぐにエアコンに切り替えました。

それくらい空気が悪いです・・・・・



この日は、 前日のパレルモ市街の運転にビビったkumatoさん、街の中心から少し離れた海岸沿いの道に車を止めました。 私の母の足具合と、観光ポイントを考えるとちょっと無理があるな〜〜〜 と思ったのですが、 前日の市街の運転のことを考えるとkumatoさんに無理をしてもらいたくもありませんでした。


そこから歩き始めて、まずは市場に・・・・・














パレルモの市場はすごかった!!





a0278382_19493480.jpg



a0278382_19495918.jpg
a0278382_19494536.jpg

肉や魚や野菜や、日用品や何でもござる・・・・・




特に肉のところがすごかったな〜〜〜〜 さばかれた子牛ちゃんやら鶏ちゃんやらお店の前にぶら下がってて、 中国の市場とほぼ同じ! 
(中国ではカエルとか見たけれど、さすがにそれはなかったな・・・・)  かなりエグイです・・・・・ 



a0278382_19492262.jpg






途中で食べ物のスタンドが集まったところがあって、そこにはモツのバーガーやら何やら分けのわからない迫力のある食べ物がいっぱいあった!!!

老夫婦が、 トレイに凄い量が乗ったパンケーキのようなものを食べていたので、 じ〜〜〜っと観察した後、 


’それ、何ですか? 美味しいですか?’ 

って聞いたら、


‘美味しいよ、これはパレルモの名物のひよこ豆のパンケーキだよ!!食べてみる?006.gif’ 

と一つ下さいました!!!  感激!! 

ふと見ると横に立ってその様子を見ていたkumatoさん、 うらやましそうな、私のず〜ず〜しさにあきれたような複雑な表情をしておりました。035.gif

美味しかったけれど、 トレイには、本当に山盛りの量が乗っていて、あの老夫婦全部食べたのだろうか? と心配になりました。
 





a0278382_19502061.jpg
a0278382_19500924.jpg
a0278382_19503017.jpg





地元民のおじいさんやおばあさんが、買い物のカートを持ってあれこれ品定めをしているのを観察するのも面白かった・・・・

いろいろなものがあったのですが、なぜか写真は野菜ばかり・・・・ 笑





其の後は、街のメインストリートに出ました。





a0278382_19505164.jpg






聖堂を見てから王宮に向かいます・・・・



が・・・・・ 本当にすごい空気が悪い!!! そして交通量がすごい!!! 車があまり通らない裏道を歩いていても、いつバイクに引っ掛けられるかわからなく危ないし、表通りは排気ガスがすごいし、 人ごみもすごいし、 とにかく一時もリラックスして歩けないのです!!!!    特に母は、かわいそうでした。 本当に危ないのでkumatoさんと私の間を歩いてもらったのですが、 何時なんどき車やバイクに引っ掛けられるかわからないような緊張感の中、 ぴりぴりしながら歩かねばならず、 体力気力を本当に消耗しているようでした。  おまけに裏道はかなり雰囲気が崩れた場所が多く、ゴミもすごい・・・・・・時々怖そうな人たちもうろうろ・・・・・息苦しいし、  話には聞いていたけれど、思っていたよりもずっと荒れた感じの街でした。 






a0278382_19510207.jpg






王宮にたどり着いたときにはもうみんな神経ヘロヘロ・・・・・・  誰ももう観光なんてしたくない・・・ そんな雰囲気でした。歩く距離も長すぎたのですが、それよりもパレルモの街の雰囲気と空気の悪さでへとへとになってしまったのです。  おまけに王宮前では何かのデモをやっていて、うるさく、 ますますもう、別に見なくてもいいわ・・・・・ という感じ。






a0278382_19511543.jpg





それでも、なんとか気を取り直して入ったチャペルは、またもや




072.gifきんきらき〜〜〜ん!!072.gif


a0278382_19512669.jpg
a0278382_19513811.jpg





とってもきれいでしたが、前日、もっと大きなモンレアーレの聖堂を見ていたので、それほどびっくりしませんでした。 神経が疲れていたのもあるけれど、そろそろいろいろなもの〜しかも本当にすばらしく感動するものたちを短期間に集中して見すぎて、感性の許容量を超えつつあったのかもしれません。 

一つのものをじっくりと長期にわたっていろいろな面から深めていくのとは違って、 短期の限られた時間の中で何かを見るときには感性の許容量があって、永遠にこうしたものを見続けることは無理なのでは? と感じます。特にシチリアの文化財は内容が濃すぎて、一つ一つがあまりにすごすぎて、もう感性が ’お腹いっぱい’ で、 インプットされた様々な印象と内的体験を消化しきれていない状態だったのかと思います。  こうやってブログにアップしたり、写真を整理したりしていると、ゆっくりとその印象を自分の中に消化していくプロセスとなって、 本当に凄い物をたて続けてみたのだな〜〜〜と我ながらあきれるほどですから。 
 
チャペルの横に座るところがあったので、静かな雰囲気の中でしばらく座って休憩しました。 教会の中はなぜか空気も臭くなく、 呼吸ができる・・・ 笑


さて、そこからが問題。 この王宮から車をとめてある海岸沿いまではかなり距離があるのです。 母はもうすっかり消耗しているし、もう観光はやめてすぐパレルモを脱出したほうが良いのではないか・・・・と思われました。

王宮を出たところに観光リキシャがあったので、海岸沿いまでのせてくれるかどうか聞いてみました。 が、そのあんちゃんがどう見ても怪しい感じの人で、 

’海岸沿いまではもちろん行くよ、 が、 こことこことここを回って・・・・・数時間、  **ユーロ!!!004.gif’ 


正確には何時間いくらだったか覚えていないのですが、 高い金額を吹っかけられました。 私たちはあれこれ廻らずに直接海岸沿いに行きたいので断ると、なんと逆切れ!!!005.gif

急いでその場を立ち去ろうとすると、今度はその人が別の人達に大声で声をかけ、 (’海岸沿いまで行く人〜〜〜〜ここに客がいるぜ〜〜〜 ’ というようなことを言っていたと思う) それを聞きつけた別の、しかしこれまた怪しげな兄ちゃん075.gifが、既に数百メートル離れたところまで歩いてきた私たちを後ろから追いかけてきて、 俺が行くよ!! と声をかけてきました。 

その雰囲気にすっかりビビって警戒してしまった私達・・・・・ すると、母はきっぱり


’大丈夫、歩いていくわ・・・・’ 


ということで、ゆっくりゆっくり歩いていくことにしました。

裏道は、交通量は少ないけれど、自転車やバイクが結構スピードを出して通り抜けて母にとって危ないので、kumatoさんに混んでいても歩道のある表通りを歩くように何回も頼んだのですが、私の言うことが聞こえなかったのか、 聞かないふりをしていたのか、(その辺、男の人って分からないことありません?? 笑)さっさと裏道をずんずん進んでいってしまいました。 この方、普段から裏道の方を好んで歩きます。 私もどちらかというとそうなのですが、土地勘のない土地、しかも日中とはいえ、このパレルモではちょっと・・・・・・   (裏道の方がかなり荒れているところがあります)  
バイクは本当に危ないです。 そんなバイクにヘルメットなしで2人乗りは愚か、子供も含めた3人乗り、4人乗りしてビュンビュンすぐ横を走る抜けて行くのを見た時には、ここはアジアか〜〜〜 と叫びました。  


今回の旅行で、一番びっくりしたのはしょっぱなの kumatoさん、クレジットカード忘れ、レンタカー100パーセントキャンセル料とられる事件 (過去記事参照)
ですが、 一番神経をすり減らしたのはこのパレルモの観光でした。  パレルモ、高齢者と小さな子供の観光には向かないと思いました。 エキサイティングで面白い所も結構ありそうでしたが、きりっと気持ちを引き締めて、さっさと行動できる体力と気力がないと・・・・・・・ 


あ、パレルモの話題、 まだ次回に続きます・・・・ 

  
   



















 











 


by tomomato | 2014-10-15 22:38 | お出かけ | Trackback | Comments(6)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧
Instagram

最新の記事

本当に久しぶりの雨
at 2017-04-26 20:18
突如寒くなりました! 
at 2017-04-21 06:12
イースターとお庭
at 2017-04-18 05:43
忙しい日々
at 2017-04-13 06:20
kumatoさんが帰って来ました
at 2017-04-05 05:21

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメkちゃん、 今まで..
by tomomato at 18:20
poteriさん、 そち..
by tomomato at 16:43
Sakiさん、 そうなん..
by tomomato at 16:39
鍵コメkちゃん、 フェン..
by tomomato at 16:35
雨降ったのね、羨ましい。..
by pot-eri at 16:33
そうかぁ、なーさんは寒さ..
by Saki at 16:21
papricaさん、 そ..
by tomomato at 06:16
どひゃぁっ。気温の下がり..
by papricagigi at 02:53
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:42
まあ、急に寒くなったので..
by fran9923 at 08:38

検索

外部リンク

visit

Visual Art School
pietra sole

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧


もっと見る
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項