<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

がんばれ・薪オーブンプロジェクト 続き







a0278382_1548978.jpg










さて、ビール一気飲みのあと、急速に進んだ薪ストーブプロジェクトの続き・・・・・・


昨日の、壁に頭を突っ込んでいたkumatoさんの弟さん、ヨーグは、 二階のほんわかベンチと、煙が抜ける煙突を元からある暖炉と煙突の中に作っていてくれたのでした。




ここは将来寝室になるのですが、元、只一部屋1970年代までどなたかが住んでいたアパートなのです。 (ボットン・トイレでした)  この部屋をたたき壊す前までは、休憩室として使っていました。 過去記事参照  その時に暖炉があったのですが、 それも取り外してかわりに作成中のストーブの煙突として使うことになりました。


この部屋も、元々の元は、 豚の部屋と同じように中世に立てられたままの素朴の部屋だったに違いないのですが、60年代頃に改装されたのでしょう、暖炉も、 大昔の大きな石作りの暖炉ではなくちょっぴりキッチュな暖炉でした。


それを取り外した空間に新たにレンガをつんで、 薪ストーブの煙突を作っています。






a0278382_1548278.jpg






寝室のベンチはこんな感じ。 寒い冬にここにゴロゴロ寝転がることが出来るように、 幅を広くしてもらいました。 煙は3列の煙突? を通り抜けてベンチを温めてくれます。






で、その日の終わりにもう一度リビングの方にいってみると・・・・・・






a0278382_15484623.jpg






ベンチも暖炉もほぼ形になっている!!! 005.gif






早いわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜071.gif








さて、翌日 (昨日) お昼前に、二階の寝室をチェックしてみると・・・・







a0278382_15492482.jpg






煙突が高くなってる〜〜〜〜〜









a0278382_15492088.jpg










え? 何やらバルコニーで埃を立ててkumatoさんが切っていると思ったら!  ベンチの石を切っていたのですね!  ベンチの原型ももう出来上がっていました。




a0278382_15512731.jpg







1枚1枚、石をサイズに切って敷きました。   







a0278382_15502134.jpg








この写真、kuamtoさんがとったのだと思いますが、 煙突から上を見た所。 途中に、ビームが直ぐそばにあって一時はこの煙突を使うのは危険なのでは? という危機もあったようですが、 どうやら何か解決法を見つけたようです。 

よかったよかった









a0278382_15513568.jpg









ヨーグ、真っすぐ煙突を作りたかったそうですが、なぜか途中から少しずつずれて、傾いたそうです・・・・・  なんだか愛嬌があっていい感じ?








a0278382_15514982.jpg














隣人のマリアおばあさんもしっかりチェックしに来ましたよ〜〜〜〜










a0278382_15515931.jpg








石を敷いたベンチの上には、kumatoさんが運んでいる石ころと土を混ぜたものを重ねるのだそうです。  蓄熱のためだと思います。






すごいペースで進んでいたプロジェクトですが、予想外なことが起こりました!!! 




おととい、 ペーターが作業中に蚊に沢山刺されたのですが、 なんとペーター、酷いアレルギー症状を起こしてしまい、 昨日の朝、 刺された所は異常にふくれあがり、 めまいがするとか・・・・・・・・

本当に具合が悪そうで、午前中はお休みしていました。 私も虫さされのアレルギー症状を起こすのですが、 あそこまで腫れ上がり、しかもめまいまでするとは驚きました。 緊急にいろいろと処置をしたのですが、 ペーターは何回かそういうことがあったらしく、ニンニク療法をしていました。 





a0278382_15522241.jpg









午後から復活・・・・・・
慌てて蚊取り線香を買いにいって、 ペーターの働いている所に設置しました。でも風が吹き抜けるのでどれだけ助けになるか???


後は、ありったけの蚊よけ対策を。 私もアレルギー症状が出るので涙が出る程その大変さが分かります。 私の持っている薬の数々!!! (爆)と蚊よけスプレーに蚊よけオイルに・・・・・



いや〜蚊アレルギーになるまで、私、ケミカルな薬は一切使ってなかったのですが、 これだけはナチュラルな薬や蚊よけでは対応できないのですよね・・・・・・・ 

泣く泣く、一般の薬も使っています。







a0278382_15522827.jpg









夕方にはさらにドアの枠もついていました。







a0278382_15525055.jpg









枠は、こうして金具を後に回して、土で固定しています。 何とも手作り感があって、暖かくいオーラを発している薪オーブン、 素晴らしい!








a0278382_1553627.jpg








もう火が焚けるんじゃないか? とまで思える状態。







さて、昨日の夕方の二階の状況は・・・・








a0278382_15543437.jpg








煙突が、上まで完成!






そして・・・・・














ん???








a0278382_15551523.jpg









なんと!ベンチも、kumatoさんが運んでいた小石と土を混ぜたものが敷き詰められて、出来上がっていました!!! 






そして、元暖炉の中に煙突を作った残りのスペースは、







a0278382_1556142.jpg









ニーシェ(ニッチ)を作ってくれました。  粋なことをしてくれるなあ〜〜〜〜 006.gif




ここに、彫刻を置けるね!!  とkumatoさんに言ったら、







’僕は、このベンチにゆったりと横たわって寝るから、君はそのニーシェの奥に上半身を入れて座ったら? 035.gif



だって・・・・・・031.gif   








a0278382_15545590.jpg









こんなせせこましい所に座らせて、自分だけぬくぬくと横たわって楽しむつもりか〜〜〜〜〜!!!047.gif









さて、昨日の夜、ペーターは一旦スイスに戻りました。 蚊アレルギーの回復のためと、材料調達のためです。  元気になって戻って来てね〜〜〜〜〜!





kumatoさんと、ヨーグは、何やら内緒のプロジェクトがあるらしい。 ペーターが戻ってくるまでにそのプロジェクトをやって驚かそうとしているらしい・・・・



果たして何か・・・?????  006.gif






PS コメントで、ペーターが一体どうやってアーチ形を作る時に使った木の板の型を取り出したか、
  というご質問があったのですが、 〜 燃やしちゃったとか〜  型の下の方には、 しっかり  と取り出す時に指を入れる穴がありました。 その穴に指を入れて、 ずずっとずらして取り出  したそうです。 後で写真で見てみたら、確かに大きな指穴がありました・・・001.gif







pietra soleもよろしく!!!   写真を一杯アップしてま〜す!
by tomomato | 2013-07-27 21:00 | 石の家の話 | Trackback | Comments(10)

がんばれ・薪オーブンプロジェクト






a0278382_2101692.jpg










日曜日と月曜日、ペーターは材料をスイスから運んでくるためにまたスイスに行っていました。
で、火曜日に帰って来たのですが、 それと同時に、kumatoさんの弟さんが薪ストーブを作るのを手伝いに来てくれたのです。








a0278382_292157.jpg








それから、作業のペースがががががっと早くなってしまって、 写真とるのも整理するのも追いつかない。


このままだとあっという間に出来ちゃう? 







a0278382_2934100.jpg









おとといはね、まだこんな感じで終わって、ああ、やっぱり構造が複雑だし時間がかかるなあなんて思ったりして・・・・







a0278382_295092.jpg








でも、ほら、よく見ると灰を取り出す所がもう着いている!






a0278382_210367.jpg









これが、 薪を入れる所のドアなんですって。 鉄職人の手作りだそうです。 これが出来上がらなかったので、月曜日中に、イタリアに戻れなかったとか。 










a0278382_2104521.jpg









温水の部品もしっかりと収まり、今日は水道屋さんアンドレアがきて、いろいろと検討していました。   









a0278382_2105530.jpg










ペーター、 もくもくと、着々と作業を進めています。












昨日の夕方、 kumatoさんの弟さん、ヨーグが、ビールを冷蔵庫から取り出しに来ました。 取り出したビールはなんと中瓶3本!  


‘こんな大きなのを一人一本飲むの!???005.gif



’うん、そうだよ、 ガソリン入れないとしごとできないからね!!!066.gif ’





’(絶句)・・・・・・・・・・・026.gif ’










a0278382_211996.jpg








ビールを飲みながら小休憩・・・・・



しかし、ここからがすごかった。








a0278382_2113650.jpg




ペーター、ドーム型にかたどった枠をレンガの壁2つの間にいれて、 レンガをドーム型に積んで行きます。





a0278382_2111981.jpg






a0278382_6181212.jpg





a0278382_2115066.jpg







a0278382_623934.jpg





うん、なんだかオーブンらしくなって来たぞ???







a0278382_2114431.jpg








kumatoさんは、ベンチ用の蓄熱のための花崗岩の板を機械で切っています。 これ、ものすごい埃が立つとともに騒音もすごいのですよ。 マスクも耳栓もしないで大丈夫なのかなあ・・・・・002.gif








a0278382_2115846.jpg









ヨークはね、二階の寝室の壁に頭を突っ込んで何をやっているのでしょう?????
by tomomato | 2013-07-26 02:23 | 石の家の話 | Trackback | Comments(13)

危機と嬉々 








a0278382_5341499.jpg












ダニエルが、カカ と呼んでいた私達のリビングとキッチンの床・・・・・・・ (過去記事参照) 







a0278382_5424440.jpg







無事に乾いて、 一見とても奇麗な床に仕上がりました。 やっぱり断熱材があると雰囲気が全然違って、いきなり部屋らしくなります。最初は、このままもとの岩の上に直接住もうか? なんて話していたのですが、 やっぱりこの方がなんだか安心・・・・・ 壁もカルチェを塗り込んでますます元家畜小屋から部屋らしくなりました。








一見 と書いたのは・・・・・・








a0278382_543635.jpg









なんと、乾いたら、床にひびが入ってしまったのです。 ダニエルの不安があたりました。

どうやら、 ダニエルが、最初にかまぼこ形を作ってから、 断熱材を注ぎ込んだやり方が間違っていたようです。 最初に乾いたかまぼこ上の断熱材と、後から注ぎ込んだ断熱材がしっかりとつながらなかったらしいです。 


ひびぐらい、いいじゃん! と楽天的に思っていたのですが、 とんでもない。 所によっては上に乗るとぐらぐらするのですよ。 

この状態では上に石を敷き込めることはできません。 石と石の継ぎ目にひびが入ったらもうおしまいなのです。 



実は,kumatoさんは、 施工の前にyou tubeで、 この素材の施工方法を見ていたようです。 その時には、機械でホースから断熱材を一気に床面に注ぎ込んで、 やはり機械で均等に平らにしていたようです。 でも、ダニエルがダニエルのやり方で始めたので、 you tube で見たことは言わずに、信頼して任せたそうです。 


この断熱材を勧めてくれたターモテクニコ達だって、 素材を使ったことがある訳ではないので、 新しい素材の施工方法など誰も知らなかったので、失敗しても仕方がないことなのですが、 一体どうしましょう?



kumatoさん、あまりのことに数日私にそのことも言えなかったみたいです。 ある日、床を木の床にしようかどうしようかと弟さんと話していることを聞きつけて、 施工が失敗したことを知りました。 005.gif  石の床にこだわっていたのに、何故?  と聞いたら、始めて失敗したことを教えてくれました。  木の床なら、 継ぎ目を気にすることが無いので、 問題ないようです。



木でも石でも私は良いのですが・・・・・・・ 


でもkumatoさんは、まだ石をあきらめていません。  一体どうするのか???









a0278382_5254141.jpg










家の中と平行して外回りも整えています。 何しろ岩の上に立っていて、家自体が岩の傾斜上に立っているので、何カ所か外から水が流れ込んでくる場所がありました。  石を敷いてピアッツアを作り、 同時に石畳に微妙な傾斜をつけて、水が家に入り込まないように調節しました。









a0278382_5332377.jpg









外回りが整うだけで、なんだか家が立派になったような気がします。







a0278382_5325810.jpg








入り口から家の方に入る通路も、石の上にコンクリートを注いであった所を、コンクリートを剥がして石畳にしました。 



ダニエル、カメラを向けると、急にかっこつけます。  彼は、古い家の修復専門ではないので、最初の頃は石畳もあまり奇麗に作れなかったのですが、 最近はすごく奇麗に作れるようになって、 思わず驚きました。

石のモザイク模様がとても奇麗なのです。 彼が、1年前にチャールズの家の前にピアッツアを作った時には、石と石の間のセメントの部分がやたらと大きくて、 恐ろしく不格好だったので、 別の意味で心底驚いたのですが、 見て下さい、 本当に奇麗でしょう?

また、完成した時の写真を近々アップします。  






いやあ、やってみないと分からないことって沢山あって、 毎日、嬉々としたり、 落ち込んだり、パニックになったり、 いろいろですよ。 


kumatoさん、私が大騒ぎするので、 失敗したことは時々内緒にしているみたい・・・・・015.gif




まあ、失敗したらしたで、大抵は方法を見つけて、最終的には何とかなるのですが。



このあたり、人生と同じですね! 006.gif






毎日毎日死にそうに暑い日々が続いています。

こんな中、 ダニエル達も、オーブンビルダーのペーターも、 kuamtoさんも、 本当に本当に頑張って働いてくれています。


                 感謝
by tomomato | 2013-07-24 06:12 | 石の家の話 | Trackback | Comments(4)

Ofen Bauer 到着! 







a0278382_7513635.jpg








待ちに待った、 オーブン=暖炉=薪ストーブ を作ってくれる人がやって来ました。
前の家は、冬寒くて寒くてしょうがなかったのです。 そもそも夏の休暇様に作られた家なので、窓も1重ガラスでしたし、 すきま風がびゅーびゅー入って来ました。

最初は昔のタイルの薪ストーブを使っていましたが、 それでは間に合わず、大きなスウェーデンオーブンを譲ってもらって、 ここ2、3年はそれを使っていました。


ところが、 大きなスウェーデンオーブン・・・・・・



           役立たず!!015.gif





大きいだけあって、やたらに薪を食うのですが、 なかなか暖まらない。
やっと暖まったと思っても、 あれだけ暖めたのに、火が消えたらまったく蓄熱せず、 翌朝は氷の様に鉄が冷たくなるのです。 


で、また山の様に薪を焚く・・・・・・・ 寒い、 不経済、 エコロジカルでない、



ああいうストーブは、たぶんセントラルヒーティングがんがんの家で、 雰囲気を出してまったりするためだけにあるのではないか? と思いました。








a0278382_17532980.jpg







さて、この方、 ヨーロッパで始めてLehm Ofen ( cray oven=土のオーブン ) を作り始めた方、 ペーター。
オーブン(薪ストーブ)制作歴ウン十年です。

この方の作るオーブンは、 土で出来ています。 もちろんパイプとか火を焚く所とかは、金属や耐熱レンガ、そして花崗岩の石を使っています。 

土を使うことによって、 火を焚いた熱が、蓄熱されて、 火が消えた後もいつまでも暖かさが残るという仕組み・・・・・・・ 



    素晴らしい!  それこそ私達が求めていたもの!!! 034.gif



    凍える冬はもうごめんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






ヨーロッパでは一時このレームオーブン(クレイオーブン=土のオーブン)がはやったことがあり、 ペーターの後にも何人も制作する人達が出て来たそうです。 

でも、ペーターが始めての人なのだとか・・・・ すごい・・・







a0278382_17553994.jpg








何故この人に行き当たったかと言うと、たまたまkumatoさんの知り合いの方が彼のオーブンを使っていて、お宅に伺ってみせていただいたのです。   


          016.gif惚れた!




いや、彼ではなく、 オーブンにです。  何しろ彼のオーブンは、 料理も出来るものもあるのです。 それさえあれば、冬はガスを使うこと無く、 暖房のために使う薪のエネルギーで料理も出来るしケーキも焼けるのです。     そういう料理用の薪ストーブは沢山既成のものがあるのですが、 おまけに素晴らしい蓄熱作用があれば一石二鳥! 


オーブンは家の心臓のようなものと考えている方で、 単なる機能としてのオーブンではなく、その家に息づくようなものを作ることを目的にしているという考え方も好きになりました。


他にも候補の方がいて、kumatoさんは、そちらにも心が動いていたようですが、私が強く主張してこの方にお願いすることにしました。



こういうのって、本当に単に、 ’縁 ’ なのかも知れませんね。








a0278382_17552893.jpg








おまけに、私達はこのようなものをはめ込んでもらって、 薪ストーブの熱で温水を供給するシステムを加えることにしました。   この穴の開いている所にパイプが入って? 温水が熱の中を通る仕組みになっているのだそうです。 それが、ボイラー室の温水タンクの中に流れ込みます。
このタンクについては、 もうすぐ家に来るらしいので、改めて記事にしたいと思います。








a0278382_752368.jpg







オーブンはこのように巨大なのですよ。  実際に火を入れる部分は、青いパイプのある部分で、 窓際の長い部分はベンチになります。 ベンチの下には、 煙が通るためのパイプが敷かれます。薪を焚いた煙がそのパイプを通って、 ベンチ全体が暖まる仕組みなのですよ!!!








a0278382_17552472.jpg










これも、二階のベンチ・・・・・・ 一階の台所の料理用のオーブンから上がった煙がこのベンチを通ることになっています。







a0278382_7522678.jpg









この部屋はベッドルームになるので、一階よりも幅の広いベンチを作ることにしました。 冬は、この上でぬくぬくと横たわれるのです。 夏はソファ代わり? 
腰の悪いkumatoさんにはぴったりのシステム!!!



   いつもこの場所は、kumatoさんにとられるに違いない・・・・一抹の不安015.gif








a0278382_17551764.jpg










ペーターが持って来た材料や道具達。 イタリアで調達できる材料以外は、わざわざスイスから持って来ています。 車が重くて傾いたとか・・・・・・






a0278382_7521595.jpg








このペーターさん、 すっごい不思議な方。 とても物静かで哲学者の様でもあり、研究者の様でもあり・・・・・  分厚いノートを開いているのを覗くと、様々なオーブンの設計図や説明やら、数字やらがぎっしりと書き込まれています。 いろいろな素材についての知識も信じられない程豊富・・・・

本当に静かな方で、ぼそぼそっとしか(しかもスイスドイツ語で)話さないので、 え? え? と何回も聞き返す私・・・・・・ 

kumatoさんは、この人は ’シャーマン ’ に違いないと信じています。
いや、 ’アルケミスト ’ かも。 







a0278382_752499.jpg








そして、ただ見ているだけでなく、私達も参加して一緒に作ることが大切なのだそうです。 私はご飯作りが大変なので、 まだ参加していませんが、ぜひともやってみたい! 









a0278382_18192216.jpg











    さて、 tomomato家は、 冬の凍えるような寒さから解放されるか!??003.gif
by tomomato | 2013-07-22 18:25 | 石の家の話 | Trackback | Comments(14)

やっと暑くなって来た! 








a0278382_16483749.jpg









やっとやっと暑い夏がやって来ました!

畑の野菜もようやくぐんぐん伸びて、 ズッキーニやキュウリは嫌という程毎日収穫できます。
でも、 寒い日が続いたので苗が十分伸びないままとうが立ってしまったり、そのままの状態でとどまっているものも・・・・・

この夏は、キュウリとズッキーニ地獄で終るか? 003.gif






a0278382_16501465.jpg










そんな暑い日々には、 川へ!!!



といっても忙しくて忙しくてずっと行けなかったのですが、 この日はkumatoさん、よっぽど川に行けないストレスがたまっていたらしく、 私が湖に行きたいという希望をすっかり忘れて車は川に向かっていました。

いつものようにバスケットに野菜やパン、チーズを放り込んで・・・・・・・向かった先はイゾルノ!!!







a0278382_16485137.jpg









川に着くなりいきなり石と戯れるkumatoさん。






おいよっと






a0278382_1650294.jpg








おらよっと!







a0278382_16505143.jpg









また、ランドアートでも始めたのかな? と思ってみていたのですが、なかなか形が出来ません。








a0278382_1651344.jpg










そしたら、なんとランドアートではなく、 堤防を作って川の水を塞き止め、プールを作っている所でした!!! 005.gif








a0278382_16504159.jpg









ここは元々巨大な石が集まって深いプール状になっている部分があるのですが、それから一旦浅瀬になっている所に石を積んで、 プールを大きくしようという計画????


今日の作業だけでもなんと、かなり広い水面が、 20−30cm深いプールになりました。

kumatoさんの根性、すごい!!!








a0278382_16511844.jpg










ここが、一番深い所。 この巨大な岩から飛び込むこともできます。 私も何回かやったけれど、最近は年のせいか!??? 怖くなって来ました。



川の水は冷たくて気持ちがいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜


熱を貯め込んだ身体を一気に冷やしてくれます。









a0278382_1651827.jpg









そしてkumatoさんは、巨大な岩の上で日光浴・・・・・・・ 058.gif 



    私は日陰へこそこそと・・・・・・でも日陰には蚊がいるのよね・・・・・・ 





石と遊んで、 川に飛び込み、そして岩の上で寝る・・・・・・
暑くなったらまた石と戯れ、 川に飛び込み、 そしてまた岩の上で寝る・・・・・



その繰り返しであっという間に数時間経ってしまいました。 


kumatoさん、永遠にそうやって時間を過ごすことが出来ます。  私が、そろそろ帰ろうよ、と言わなければ、たぶん日が沈むまでやっていたと思う。 




これが、kumatoさんの夏の元気の秘訣?





自然と戯れ、自然と一つになって、 そして自然に自らを完全にゆだねる・・・・・・ 



それが子供の様に自然にできるkumatoさんを、 いつもすごいなあ、 と思います。  


           熊 035.gif だから? 037.gif 







今日は選挙ですね。  日本がこれからどうなって行くのか、 いつもどきどきしながら選挙結果を待つこのごろです。 


私は、 原発が、戦争が世の中からなくなって、 安心して暮らせるような世界になって欲しいといつも思っています。

子供達が、kumatoさんの様に、 楽しそうに自然の中でのびのびと遊んで暮らせるような、 そんな世界であって欲しいと思います。 

安全で、美味しいものをもりもりと食べて、無為な戦いに巻き込まれること無く、それぞれの場所で力強く命を育んで欲しい。



何も不安におもうことなく、ただ、思い切り、命のその瞬間瞬間を生きることが出来る、 そういう環境を作って行きたい。  






選挙結果を知ることが、とても怖いような、 そんな変な気持ちです。

前回は、 心底がっくり来ましたから・・・・・・・048.gif





でもね、 選挙結果がどうであれ、 私がやるべきことは一つです。選挙結果に怒っても仕方が無い。

自分が、少しづつ変わって行かなければいけないのだから。 


自分が変わって、自分が光り輝く生き方をして、 その光が少しづつ水の波紋の様に広がって行けばよい、 そう感じています。
いや、そうすることによってしか、 世の中は、世界は本当には変わって行かない、 それがただひとつ、私の小さな命の出来ることだ、 と感じているのです。 

そう思いながら、自分の心の中の矛盾を見つめ、戦いながら、毎日生活しています。

自分の心の中に矛盾がある限り、 世界の矛盾が消えることは消してない、と感じているからです。






 pietra sole facebook ページもよろしく! 

 
by tomomato | 2013-07-21 17:36 | 石の家のある所ー0SS0LA | Trackback | Comments(2)

ふだんのご飯とおやつ








 
a0278382_236764.jpg









ある日のご飯    ムール貝のトマトソース



バゲットにお汁を浸してばくばく食べるのです・・・・・・ ムール貝、大きな袋を一袋かって、大きなお鍋で作るのですが、 2人なのに、あっという間に平らげてしまいます。
うちではまずトマトピューレーでソースを作って、さらに仕上げにチェリートマトを沢山入れるという方法に今の所落ち着いています。 
ムール貝、豪華に見えるけれど、異常に安いので、ささやかな贅沢です。 003.gif  









a0278382_2355388.jpg











お庭でとれた水菜のサラダ・・・・・


最後の冷凍いんげん(去年の畑のもの)とドライトマトを炒め煮にしたもの。


でも、普段は沢山野菜を食べるkumatoさんですが、ムール貝に夢中になって、 野菜の方にはあまり食指が動かないようでした。 015.gif








a0278382_2362011.jpg








別の日のお昼。 やっと畑の野菜がわんさかとれるようになって来ました。 新鮮な野菜があれば、後はチーズやサラミ、パンで十分なごちそうです。








a0278382_2363227.jpg









急に暑くなって蚊が大発生。  私は全身50カ所くらい刺されまくり、 おそらく虫アレルギー体質なのでしょう、 後が長引いてかゆくて死にそうになりました。
やっとkumatoさんに網戸を作ってもらいました。 
(作ってと数週間前からいっていたのですが、何しろ忙しいkumatoさん、なかなかすすまず、 毎日蚊に刺されて痛々しく赤く腫れ上がった場所を全て無理矢理見せて^0^ アピールして、やっと作ってもらいました。 いつも、私だけ虫に刺されて、kumatoさんは刺されないのです。 切迫感がないので、網戸もなかなか作ってもらえなかったのだと思います 007.gif








a0278382_2365047.jpg









種をまいて芽が出た後に寒い日が続いたせいか、 大根がなんと根が太くなる前にとうが立ってしまいました。 で、大根葉三昧! 

何しろニンジンの葉にしろかぶや大根の葉にしろ、こちらの人はまったく食べませんので、おいしく食べられるように工夫をしています。 この日は、大根の葉を細かく刻んで胡麻たっぷりとフェタチーズを入れたトルタベルデを作ったのですが、kumatoさん的には、 脂肪分が足りなかったようです。 低脂肪フェタを使ったのがいけませんでした。

私的にはちょうどおいしい感じだったのですが・・・・・・・・・ 次はチーズの量を増やしましょう。 

でも、スイス人みんながみんな、 チーズをkumatoさんの様に山ほどかけていると思っていたら、どうやらそうでも無いらしいです。 最近弟さんが来た時にパスタをつくったのですが、 kumatoさんがパスタに山の様にパルミジャーノを擦り下ろしてかけているのを見た弟さんは、 驚き呆れていました。


  そうか、スイス人だからじゃなかったか・・・・・・035.gif



ちなみに、その弟さんのお腹はそれほど出ていません。 (爆)









a0278382_2371290.jpg







クスクスサラダ。新鮮なキュウリにミントにトマト(これはまだ畑に出来ないので、買ったもの)、黒オリーブ、手作り保存食のキュウリのピクルスを刻んで、レモンをたっぷりしぼって、おいしかった・・・・

ズッキーニのグリル、 毎日食べても飽きないくらいおいしい!  でも、今年はズッキーニの苗を植えすぎたので、 ズッキーニ地獄です。
毎日、 小さいまま収穫するようにつとめているのですが、 つい見落としたものが突然巨大になっていて慌てることが良くあるのですが・・・。
 
ちなみに巨大ズッキーニは、 冷製のズッキーニスープにするのが一番よい処理法です。クリームをいれなくてもクリーミーでおいしいのですよ。 チリパウダーを振って、コリアンダーとかバジルとかかけていただくといいです。







a0278382_2383325.jpg









グリルもしょっちゅうしていますよ。最近お客さんが多いので、 良く外で火を焚いて一緒にグリルをしています。 








a0278382_2381682.jpg






スイスチャードを間引きしたもの







a0278382_2381645.jpg






キュウリやらズッキーニやら・・・・





毎日どうやって野菜達を消費しようか頭を悩ませています。


今日は、野菜のトマトココナッツミルクカレーにしたのですが、その付け合わせに、スイスチャードをみじん切りにして、ツナと合わせてポルペッタ(あげ団子)にしてみました。 カレーに合わせて沢山クミンを入れて作ったら、 これが素晴らしくおいしく感動! 野菜も沢山食べられるし我ながら良いアイディアでした。 (写真無し)


   








a0278382_2365564.jpg







ピーチとラズベリーのリコッタトルテ    
これは超簡単。 トルテ生地を敷いた中に、 250g入りのリコッタにつき1個の卵、 大さじ三杯のお砂糖をグルグル混ぜて流し込み、 好きな果物を入れるだけです。 この型は、たしか18cmかな?
今日は28cmを使ったので、 卵2個、 リコッタは一つしかなかったので、換わりにヨーグルトを使って今焼いていますが、何とか大丈夫そうです。 
焼き上がったらさまして、冷蔵庫に冷やしてから食べる方がおいしいです。

私は一切れしか食べていないのに、 kumatoさんがあっという間に残りを平らげてしまいました。







a0278382_2373731.jpg











最近続けて使っているのが、なかやましほさんのクッキーのレシピ。 菜種油はないので、換わりにオリーブオイルで作っています。 本当は最初はレシピ通りに作った方が良いのですが、 うちにあるものを使うことが前提にあるので、 最終的には元のレシピとは全然違うものになってしまいました。

これは、イチジクの餡? がはいったクッキーのレシピでしたが、私はイチジクの他にくるみにヘーゼルナッツ、オレンジピールを刻んだものを入れました。あまりに欲張り過ぎて中身がレシピよりも多くなり、皮が薄くなりました。 041.gif 








a0278382_237241.jpg








こちらは本当はレーズンサンドのレシピ。  アップリコットを干したものがあったので、 それを水戻して少し砂糖を足し、さらに少しだけ甘味のために干しいちぢくを刻んだものを加えて生地に挟み込んで焼きました。





両方とも自然な甘味で脂肪分も少なく、 とてもおいしく出来ました。



が・・・・・・・ こういう健康クッキーは、 甘味が少ないので、結果的にぼりぼり多量に食べることになってしまう我が家・・・・・・・



両方ともあっというまに消えてしまいました。




   朝起きると、なぜかクッキーを入れているジャーがいつも空っぽになっている・・・・・一体誰が?








そうそう・・・・・・









a0278382_2393139.jpg










ドアにこういうものを取り付けました。









a0278382_2382929.jpg










ビーズのカーテンです。


ど田舎なので、窓やドアを開けているといろいろな虫が飛び込んでくるのです。 


蠅、蜂、羽蟻、カナブン、その他大勢分け分からない虫達・・・・・・




そして、皆さん一斉に、 明るい反対側の窓の所に集まり、外に出ようと必死に飛び回る・・・・・
窓に糞などなされて、
永遠にぶんぶん言って、
そのまま出口を見つけられずに、窓辺でお亡くなりになるのです・・・・・・008.gif




一匹や二匹じゃないんですよ。  窓辺は虫達の墓場化します・・・・





kumatoさん、ドアの網戸は昔作って難しくてもう作りたくないと言うし、 あまり美しくないから嫌いだと言うし・・・・・




で、いろいろと調べて設置したのがこちらのビーズカーテン。 

何やら、このビーズがゆらゆらしているのが嫌で、虫達(とくに蠅)が家の中に入ってこなくなるのです。



最初信じがたかったのですが、 確かに虫達が家の中に入ってくる量が極端に程少なくなりました。 

よく見てみると、 お肉屋さんとか食料品店とかの入り口にもこういうカーテン?が下がっているのに気がつきました。  





ただ、蚊にはあまり効果がない様で、残念です・・・・・・












                   
by tomomato | 2013-07-20 05:10 | 今日のごはん | Trackback | Comments(14)

kumatoお母様の休日 デベロ









a0278382_22193099.jpg








お母様の滞在中、 あの天国の山・デベロにも行きました。  私が一番気に入っている山です。
この日は、 かんからかんのお天気ではなく、山登りには最適・・・・・・・

山に行く時にはね、 朝、 kumatoさんが庭にでて、望遠鏡で山を見るのですよ。 で、雲行きをみて行くかどうかを決めます。




デベロには、しばらく歩いた所にレストランがあって、ポレンタ等がたべられるので、今日はそうしよう! とkumatoさんと話していたら・・・・・・



お母様・・・・・




    ’ いや、レストランじゃなくて、 ピクニックがいい!!!! 016.gif




ときっぱり・・・・・・・



冷蔵庫にあるものをリュックサックにつめて、 山に向かいました。








a0278382_2218311.jpg







山は、アルペンローズで一杯! 





a0278382_22185261.jpg










今年はとても寒く、暦が夏になってからも山の上では雪が降ったので、 山は、夏と春の花が一斉に咲き乱れていました。 お母様、 杖をもってしっかりとした足取りで歩まれます。







a0278382_22211876.jpg

















a0278382_22211158.jpg











お母様は、 お花が大好きで、 お家でもガーデニングを趣味となされていらっしゃいます。 お母様のお庭はいつもきちんとお世話をされた美しい花々で一杯・・・・・




    うちの雑草ぼーぼーのワイルドガーデンとはまったくの別物・・・・・
     いや、うちは自然農法をしているのよ!003.gif  ものはいいよう・・・・








a0278382_2218467.jpg










ですので、お花を見つけては立ち止まって、 とてもうれしそうに長いこと眺めていらっしゃいます。 



夏と春の花が一斉に咲いているので本当にこの日は、お母様のために用意されたような山景色でした。









a0278382_22192159.jpg








お昼は、日当りの良いところに座ってみんなでピクニック・・・・・ パンに野菜にオリーブにおいしいチーズ,生ハム・・・・・・



なんてことの無い、いつも家にあるものばかりだけれど、 美しい山の景色を眺めながら食べると全然味が違うのは何故でしょう?





a0278382_2219104.jpg








kumatoさん、お母様のために野菜を切ってあげたりかいがいしく孝行息子をしています。003.gif



そしたら、お母様、 突然深刻な顔をして・・・・





   ’ ピクニックをするのは3年ぶりだわ・・・・・・・・ 002.gif ’



と・・・・・


kumatoさん、 


     ‘そんな馬鹿な! うちの(一家の)サクランボ畑だって、いつだってピクニックくらいできるじゃないか!!035.gif ’



' 3年前にお父さんが入院して以来、それすらもう無理なのよ・・・・ ピクニックなんてほんとに3年ぶりなの・・・ ’





お母様の、思わぬ厳しい表情に私もkumatoさんもびっくりしてしまい、言葉になりませんでした。

年をとって、自分の生活だけでも精一杯なのに、さらに身体の弱い伴侶のお世話をするというのは並大抵のことではありません。 母も父が亡くなる間での数年の介護で本当に苦労したので、 お母様の負担が伺われ、胸が痛くなりました。 








a0278382_2222343.jpg




a0278382_22222037.jpg










ピクニックの後は、 またハイキングをして、景色の良いテラスのあるレストランでゆっくりコーヒーを飲みました。




a0278382_22194727.jpg







そして
小さな湖へ・・・・・








a0278382_2220222.jpg











ここは、かなり急な岩場なのですが、お母様しっかり登られました。 親子二人で吸い込まれそうなターコイズ色の水面をじっと見ておりました。







a0278382_22203252.jpg







デベロはね、やっぱり天国・・・・・









a0278382_22202162.jpg











お母様も一つ一つのことを本当に心から楽しんで下さいました。










a0278382_22222555.jpg











ハイキングコースの終わりには、 ロバが二頭、ゆったりと草を食んでいて、  ますますのんびりモード・・・







a0278382_22232431.jpg











a0278382_22235559.jpg












お母様、短い休暇でしたが、 少し気分転換が出来ましたでしょうか? 






            facebook ページ もよろしく!  pietra sola
by tomomato | 2013-07-18 08:32 | 石の家のある所ー0SS0LA | Trackback | Comments(4)

pietra sole




a0278382_2339342.jpg





       facebook ページ を作りました! 

  


         pietra sole 064.gif



↑ click !! ↑



       どうぞよろしくお願いいたします。









ところで、フェイスブックページのバナーは、有料コースじゃないとブログのページのメニューにはつけられないのでしょうか?   
ちょっと調べてみたのだけれど、 なんだか無理そうで・・・(涙)
どなたかご存知でしたら、教えて下さいな・・・・・


by tomomato | 2013-07-17 00:21 | ひとことご挨拶*お知らせ | Trackback | Comments(2)

kumatoお母様の休日 マルミッティ





a0278382_7214927.jpg







7月初めに、kumatoさんのお母様が一週間弱、訪ねて来て下さいました。 

kumatoさんのお父様は、3年前に2度目の脳溢血で倒れられ、 長い入院生活のあと奇跡的に回復なさいました。けれども、それ以来すこし弱くなられたお父様を家に一人にして、お母様が何日も家を出ることはままならくなり、 お母様にとって、本当に久しぶりの休暇でした。  その間、kumato両親家では、 kumatoさんの弟さん、妹さんが、しっかり留守を守って下さいました。






a0278382_7261147.jpg









お母様のいらっしゃる間に、私達もちょっぴり休暇気分で何日か一緒にお出かけしました。
この日のお出かけ先は、 氷河の後の渓谷、マルミッティ・・・・・(過去記事参照)


今年はやたらに寒かったのと、忙しかったのとで、川や渓谷を訪れるのは始めてです。






この時は、まだまだ冷たい水に飛び込む勇気は湧かない気温だったのですが、さすがkumatoさん、到着するなり、さっさと自分だけ下に降りて、


えいや!!




a0278382_7224634.jpg






ザボーーーーン!  じゃぶじゃぶ・・・・




a0278382_723243.jpg








ほれまた、えいや!!






a0278382_7221645.jpg








ばちゃ〜〜〜〜〜ん!!!







a0278382_7222960.jpg







私とお母様は、 そもそもこの日は、水着を持って来てませんでした。  ほんと、そんなに暑くなかったのですよ・・・・






a0278382_7231758.jpg








kumatoさんは、つめた〜〜〜〜い水の中に飛び込んだ後、じゅわ〜〜〜〜〜っと水が蒸発する程に
焼けるような熱い石の上に寝転がって、 日光浴をするのが大好きなのです。

いやあ、 熱い熱い石の上に寝転ぶのは、まるで岩盤浴の様に気持ちがよいのです。
ただ、私は直射日光はあまり得意ではないので、 kumatoさんの様に長時間炎天下の中に寝転がることはできません。  

ひそひそと日陰を探す私・・・・・・・  しかし西洋人って、どうしてあんなに炎天下が好きなのでしょうか?        







a0278382_7232921.jpg







この渓谷は氷河の後なので、 石の造形が信じられない程美しく、 圧倒されます。 そしていろいろな色の石があって、 見ているだけで本当に飽きない・・・・・・







a0278382_7234588.jpg








家のことが忙しくなる前は、ここに良く一緒に絵を描きに来ていたのですが・・・・・ 
そして暑くなるとどぼんと冷たい水に飛び込んで身体を冷やし、
石の上でごろごろして、

そしてまた描いて・・・・・・


そんなのんびりした日がまたくるのは、いつでしょうか。








a0278382_724041.jpg







お母様もすっかりリラックスして、 親子で石の上でゴロゴロお昼寝していました・・・








a0278382_7243238.jpg









もし、パラダイス(天国)があるとしたら、 今、このとき、この場所にある・・・・・

そんな気がする、伸びやかで自由な、そして美しい日でした。







a0278382_7244994.jpg







お母様、82歳とは思えない程お元気で健脚・・・・  ハイキング用のストックをつきながら、どんな所でもいらっしゃいます。 この渓谷は、結構石が滑りやすく危険な所も多いので、 大丈夫だろうかと思ったのですが、 kumatoさんが時々手を貸しながら、傾斜が急で不安定な石の上を降りたり登ったりしていらっしゃいました。


何しろ、 


’80を過ぎるまでみんなが疲れる疲れるって言う意味が分からなかったのよ・・・やっとこのごろそれがどういうことなのか分かった・・・・012.gif



とおっしゃる程お元気な方なので、その爪のアカでも煎じていただきたいくらいです。






a0278382_725511.jpg



じっと佇んで一緒に下を眺めているこの二人の目の先は・・・・・・









a0278382_7261830.jpg







とうとうと流れ、渦巻く水と岩の造形・・・・・・









a0278382_7252089.jpg










お母様は、kuamtoさんのことが大好きで、kumatoさんもお母様のことが大好きなのです。
2人ともとても性格が似ていて、 それどころか食べ物の好みもよく似ているのだそうです・・・。


お母様もkumatoさんと同じように?  素朴で穏やかで優しくて、 そしていつもお元気で超働き者。 そして自然大好き! 畑大好き! 収穫の鬼! 手作りの鬼! 003.gif


今年の冬は、子供、孫達のために17足靴下編んだとか・・・・・・
去年30kgのラズベリーを畑で収穫して、 (毎日少しずつ) ジャムを作りまくったとか・・・・
毎年、お誕生日のケーキを私達のために焼いて下さるとか・・・・・

あげればきりがない・・・・・


kumatoさんは3男1女の子供達の長男なのですが、ご兄弟、みなさん、素敵な人達です。 お母様はみなさんのことをとっても好きで、とても大切に思っていらっしゃるのがいつもいつも伺われます。  みなさんも、お母様のことが大好きで、愛情一杯のファミリーなのがいつも伝わって来ます。 

でも、でも、 001.gif 内緒の話ですが・・・・


      おそらくお母様はkumatoさんのことが一番好き・・・・・・




今回お母様に、



’お母様はご兄弟のなかで、kumatoさんのことが一番好きなのでは? ’

と尋ねると、


’よく、次男のお嫁さんに、 同じことを言われるのよ・・・・ もしかして焼いているのかしら・・・・・ そんなつもりは無いのだけれど・・・

でもね、  kumatoさんが兄弟の中で、一番愛すべき人物053.gifなんだもの!!!011.gif ’




ですって!          まいりました038.gif











a0278382_727551.jpg








自然の中で親子二人が楽しくのんびり過ごせて良かった・・・・










a0278382_7273782.jpg










二人ともとっても幸せそうで、 遠くから一緒にいる所を写真に撮っていると、 なんだか胸がいっぱいになってしまいました。



パラダイス(天国)っていうのは、 大切に思う、人と人の間にあるのかな・・・・・







別の日には、デベロにも行ったのですよ。 




その日のことはまた・・・・・















 




 

 
by tomomato | 2013-07-16 00:13 | 石の家のある所ー0SS0LA | Trackback | Comments(6)

Birthdays  2013









a0278382_522685.jpg










7月初めは、いつも何かと行事があって忙しいのです。 


なぜかと言うと、7月3日がkumatoさんのお誕生日、一週間後が私のお誕生日だからです。

普通は、 どちらかのお誕生日か、間をとってどこかの一日にパーティをするのですが、今年はkumatoさんのお母様がいらしていたり間にスイスに出かけていたりしたので、 大きなパーティはしませんでした。







a0278382_53247.jpg











3日のお昼にはお友達に招待していただき、 夜にはチャールズとお母様とお食事に出かけたので、その日は私の食事当番の出番はなし・・・・・・  ケーキも食べる暇がないのでこの日はなし・・・・

翌日4日に、改めてkumatoさんのお誕生日のお祝いをしました。






a0278382_525384.jpg









kumatoさんの希望で、ほぼ毎年お誕生日ケーキはパヴロヴァをつくります・・・・

今年は残念ながら寒過ぎてまだフルーツの収穫ができないので、 買ったフルーツで作りました。
ミントとラズベリーだけ、お庭から・・・・

いつもパヴロヴァを作る時には、私、ナーバスになるのですよ。025.gif

初めて作った時には大成功したのですが、 2回目に作った時に別のレシピを試してみたら見事大失敗・・・・・・



       完全につぶれて平たくなってしまった!!!   007.gif 




その時は、そのつぶれた物体の上にたっぷりクリームをのせて、山盛り果物をのせてごまかしたのですが・・・・・・・・・ パヴロヴァだとは言わずに・・・・・・


それ以来、メレンゲがちゃんと焼けるか緊張するのです。 








a0278382_535987.jpg










今年は、クリームの量が足りなかったので、半分はヨーグルトにしたので、ダイエットケーキ? になりました。


それより何より、 お母様がkumaoさんのお誕生日にいらっしゃったことが、kumatoさんにとって、とても特別なプレゼントになりました。
いつもこの時期はイタリアにいるので、 kumatoさんのお母様が直接お誕生日を祝って下さるのは何年ぶりのことでしょう? 




2人ともとてもとても幸せそうでした







そして私のお誕生日には・・・・・











a0278382_54496.jpg










山の上のお魚のレストランに行きました。
去年、kumatoさんのお誕生日に行った同じ場所です。 








a0278382_543170.jpg









今回は、アンティパストからプリモ、セコンドまで攻めるぞと意気込んで、 アンティパストは一皿を二人で分けました。



プリモは、kumatoさんは魚介のアマリチャーナ









a0278382_55179.jpg







私は、ブランチーノという白身のお魚のラビオリ、 ピスタチオペスト、 それにボッタルガの様な魚の卵の燻製がついて来ました。 とってもおいしかった!






セコンドは、kumatoさんは、 フリットミスト (魚貝のフライ)・・・・何もこんな高級レストランで食べることはないだろうというメニューですが、ガッツリ行きたい気分だったのでしょう・・・・

高級レストランのフリットミスト は、さすが上品で、 おいしかったようです。



私はと言えば・・・・







a0278382_554182.jpg







ほほほほほ・・・・・・ 蒸した伊勢エビですよ !

今日のおすすめと言うことでこれにして、 お味を堪能したのですが、 出されたソースはマヨネーズとお醤油、 スウィートサワーだったので、お料理としては学ぶべきものはありませんでした。 


でもおいしかった・・・・・・ 


が、後でレシートでその値段を知って、(これはメニューに無かったので値段を知らなかったのです。) 目が飛び出ました。008.gif


値段を知っていたら注文しなかったでしょう・・・・・・・・・・・・




    いいのいいの、 一年に一度のお誕生日だから。 去年はひたすら料理しまくって
    みなさんにサービスしたし・・・・011.gif









a0278382_555427.jpg









このレストランのちょうどお向かい、はるか遠くに私達の家が見えます。 
食べているうちに夜も更けて、テラス席から見る光景はとても素敵でした。








a0278382_56766.jpg







今日、レストランについたら、レストラン前の草むらでシェフが火を起こして、豚の丸焼きを作っていたのですよ。


魚のレストランなのに? 


kumatoさんはその豚の丸焼きにすっかり魅了されたようですが、それは隣席のパーティのために特別に焼かれたものでした。

そのイタリア人の団体は、豚のシャンパンにワインに豚の丸焼きにすっかり盛り上がって、それはそれは騒がしく、 その直ぐ横に座った人達は中のお席に移動する程でしたよ・・・・


kumatoさんは、その騒がしく楽しい様子、そして何より豚の丸焼きをじっくり観察していました。





デザートは、私はイチゴのミルフィーユ・・・・
ガッツリ揚げ物を食べたkumatoさんはアップリコットのシャーベットで閉めました。






今年は大きなパーティはしなかったけれども、 とてもとても楽しい Birthdays053.gif でした。




いつまでも二人が元気で、

いつまでも7月の初めに、 お互いのお誕生日を一緒にお祝いできますように。






 
by tomomato | 2013-07-14 17:40 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(14)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

kumatoさんの学校のイベント
at 2017-05-24 17:00
帰ってきました 
at 2017-05-19 17:01
ストローベリー と ワイルド..
at 2017-05-10 17:25
kumatoさんの週末とバラ..
at 2017-05-08 17:17
寒暖の差と週末ご飯、そして大..
at 2017-05-01 16:59

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

sakiさん、 ぷ・・・..
by tomomato at 15:37
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:35
鍵コメkちゃん、このコン..
by tomomato at 15:33
kumatoさん、ほとん..
by Saki at 14:14
楽しいイベントがあったの..
by fran9923 at 07:19
papricaさん、 ど..
by tomomato at 04:49
tomさん、お帰りなさ~..
by papricagigi at 03:29
poteriさん、 なん..
by tomomato at 16:38
tomoさんkumato..
by pot-eri at 16:15
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:03

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧