<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

戦利品 






a0278382_2183568.jpg











昨夜、戦利品記事をアップしようと思っていたのに、 インターネットが遅かったのか全然写真がアップできず、 10回試してあきらめました。 kumatoさんがyou tubeで映画を見ていたので、それでいっそう遅かったのかと思いますが。

我が家のインターネットは、 アンテナ式。  たまに行くスキー場の山のてっぺんにアンテナがあって、 家の家の煙突についたアンテナで受信します。 たまに (たぶん天候のせい?) 突如調子が悪くなることがあります。 日本のように光なんて、 まだまだ夢の様な話。 スイスの都会? バーゼルですら、 ようやく今頃になって、光に興味があるかどうか打診にくるようになりました。  


20数年前にヨーロッパに来た時、CDプレーヤーをかってそのレトロさに驚いたけれど、 こちらの電化製品はいつも一歩送れている様な気がします。  



さて、 ミラノのマーケットの戦利品!  上は私のセーターです。





a0278382_16223252.jpg







これ、kumatoさんのセーター・・・・ で・で・でかい!






そして、







a0278382_16224384.jpg








これ、 ハンフの布地とテーブルセンターです。  ハンフの方はアンティークで、 テーブルセンターの方は、 何度も洗って雰囲気を出したもの。  








a0278382_16225653.jpg







ハンフの方は、 椅子の張り替えに使うのでずっと探していました。  







そして一番大きなお買い物は・・・・






a0278382_1623834.jpg







レリエーフです。  前回の写真にあった丸い形の物もとても素敵だったのですが、 その下にあったこれがまた私のツボにハマりまくってしまって・・・・・







a0278382_16233070.jpg







こういうパターンというかシンボルが大好きな上に、






a0278382_16232141.jpg










小鳥さんのモチーフ。 良く絵にもつい登場させてしまうのですが、 こういう単純化された鳥の形が大好きなのです。 




kumatoさんは、 家のどこかにはめ込もう、 何処にしようか、 と考え始め、何処も思いつかなかったのでそのままそのお店を通り過ぎたのですが、 私が後で、絶対にあれを買いたい!!! と主張して、 マーケットを既に1周した後、 また半周して買いに行きました。 その時にはいくつかのお店はもう店じまいしておりましたので、 もしかしてそのお店が閉まってしまったのではないか、とドキドキしながら探して、 まだあったときは本当にうれしかったです。 




ランプシェードは残念ながらありませんでしたが、 好きなお買い物が出来て本当に楽しかったです。 でも、もし私一人だったら、まだまだ買っていたでしょうね〜〜〜〜〜〜〜  危険危険。
目がギラギラハンターの目つきしてましたもの、私・・・・・







さて、 おまけ




a0278382_16234637.jpg






なにやってんの サンボ?









a0278382_16235629.jpg










じたばた じたばた ドアの前で ??????








a0278382_162472.jpg







あああ!  ドアを開けようとしてるのか・・・・・・   003.gif













a0278382_16242048.jpg








上の鍵が閉まってるから、 どんなに頑張っても開かないのよ!  


サンボ、前は1週間から10日、長い時には2−3週間、 遠出をして帰ってこないことが多かったのですが、 (ガールフレンドを探しに出かけていたのだと思う) 最近はずっと家にいます。 で、時々退屈になると、 家のあちらこちらに散策しに行きます。 前は自由に何処にでも行かせていたのですが、 この方、 ときどき家の片隅で用を足されることがありまして・・・・・ 寒い時に外にトイレに行くのが嫌らしく、 気に入った場所を見つけてはなさるのです。 この間なんて、私達が食事中に、 テーブルの真横のニーシェの影に堂々となさっておりました。 

一時はいつもkumatoさんのアトリエでなさっていたので、kumatoさんからリビング以外の部屋に監視なしで出るのは禁止になりました。   

私はトイレを用意していたのですが、kumatoさんは、 それに大反対。  外に出してしまいました。     (匂いに耐えられないらしい おまけに掃除は嫌いらしい どうせ私がするのに?) 


そんなこんなで、 外は寒いから出るのがいやだけれど、リビングにいるのが退屈になったので別の部屋に行きたかったみたい。  私が用事があってドアを開けたら一目散に出て行って、 私がいくとこ全てについて来ました。 (でもほんとは私達のベッドルームにはいって昼寝をしたかったらしい。  これは、 禁止。  何度かサンボが持って来たネコノミに私が全身さされ、気が狂いそうなくらい大変だったことがー一ヶ月以上も! あったので) 

 












おまけのおまけ






a0278382_2185680.jpg






ある日の畑の戦利品   カーボデネーロ キャベツ  サラダ




カーボでネーロ、沢山沢山植っていて、 素晴らしく育っていたのに、 鹿さん達に上からがぶりと相当やられました。  残念

そしてサラダ  ネズミさん達に下からがぶりと相当やられました。 





a0278382_2213791.jpg




a0278382_2221781.jpg






このように、毎日毎日kumatoさんは罠をかけているのに、相手もさるもの、 土を押して罠の中にいれてしまって、 土が引っかかって肝心のネズミはなかなか引っかかりません。 今までたったの一匹しとめ、 毎日毎日サラダが根っこから食べられてしまいます。  




おまけのおまけのおまけ







ある日の夜ご飯






a0278382_2191295.jpg





薪ストーブで焼いたサーモン   



これ、 私とkumatoさんのやみつき*おかず、 普段はこれにイカが加わります。 003.gif


やーいろんな調理法知っているんですけれど、 やっぱりどうしても、 こうやってマリネしたサーモンを薪の火で焼くのが一番一番美味しくって、 いくら食べても飽きないのです。 だから、お魚を買うとつい焼いてしまう・・・・・・  064.gif



      simple is the best かな???
by tomomato | 2013-01-31 02:41 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(13)

あるものを探しに行ったのだけれど・・・昨日の続き







a0278382_722473.jpg






マーケットは、本当にいろいろなものがあり過ぎでたのしくてたのしくてたまりません。




a0278382_701052.jpg







kumatoさんは、古本を売っているお店で画集を見かけると必ず立ち止まり、 面白そうな画集がないかどうかチェックします。 (総計4−5軒見たかしら?)





a0278382_702543.jpg







古物があまりに面白すぎて・・・・






a0278382_704444.jpg




このお店には、 いくつか面白いレリエーフがあって、夢中になってみてしまいました。 後でよく見ると、このお店には素敵なベネチアングラスの花瓶も沢山あって、 とにかく趣味の良い物、美しい物ばかりが並んだお店でした。






a0278382_711544.jpg







ほら、この昔のコンロ、 おままごと用なのです! 本物そっくりそのまま、 金属で作られています。  小さな女の子が身近にいたら、絶対に買ってたな〜〜〜〜〜〜






a0278382_705992.jpg





このお店には、 何とアンティークのハンフや麻の布が沢山ありました。 実は私、 古い椅子を張り替えるために、アンティークのハンフの生地をずっと探していました。 あちらこちらのマーケットやセコンドハンドのお店を見ては探していて今まで見つからなかったのですが、
さすがミラノ!!!    あったあ〜〜〜〜〜 !!!(嬉々)





  ・・・・ ってこの時点で何をしにミラノまで来たかすっかり忘れてる・・・・



a0278382_723566.jpg






ほら!! こういう缶とか可愛いと思いません?  昔から結構アンティーク缶が好きで、 こういうのを見るとついつい欲しくなっちゃう・・・・・






a0278382_72561.jpg






これは、 金庫でしょうか????  こんな立派な金庫に入れるだけのお金があったら・・・・





a0278382_712447.jpg






およそアンティークランプが売っていなさそうなお店でも、やっぱりランプとか、家に関係ある物はしっかり見てしまう・・・




a0278382_71599.jpg






もちろんアンティーク家具もあれこれあって、 目移りして本当に大変でした。 ポップな物から本当のアンティークまでよりどりみどり。 見ているだけで本当に楽しいですぅ・・・・・




a0278382_713385.jpg







行けども行けども飽きることがない・・・・
でも、 あちらこちら冷やかしているうちにどんどん時間がたって冷え込んできました。 途中でピザを食べたり、 コーヒー飲んだりしてたし、 夕暮れ間近になってくるとお店の人達、ぼちぼち片付け始めました。

これは、急がねば!!! 




と言いつつ・・・・ 面白い所には、つい足がふらふらと向いてしまって・・・・








a0278382_7504239.jpg







a0278382_714437.jpg








田舎もいいけれど、都会もやっぱりいいなあ!  なんてのんびりしてる場合ではない! ランプ! ランプ! 







a0278382_750525.jpg







kumatoさーーん、 急がないとマーケットおわっちゃうよ〜〜〜〜 本なんか見ている場合じゃないよ〜〜〜〜〜!!! 








a0278382_721378.jpg





kumatoさん、アフリカ物が大好きなので、アフリカ物のお店があちらにあったはず、とマーケットのはずれのここまで来ました。 アフリカ物を見るためにここまで来たのかと思ったのですが、  kumaroさんの記憶によると、 この近くにランプのお店が沢山あったとか・・・・・  ちゃんと使命を覚えているじゃないか、えらい!





はい、 確かに、マーケット最大の大きなランプ屋さんがありました。 けれども、もう店じまいをして、次から次に、豪華なシャンデリアを箱にていねいに閉まって、トラックに積んでいる所・・・・


そこに、 家にあるのと良く似たmuranoスタイルのランプが沢山あるではないか!!! 005.gif


きっと、きっと部品があるに違いない! と、kumatoさんのお尻を突っついて、若いあんちゃんに聞いてもらいました。  


ところが、 お返事は、 ここには全てシャンデリアしか持って来ていない、部品は全くない、 とのこと・・・・・・


店に帰ればあるかも知れないけれど・・・・・  




’お店はどこ??? ’





’ベネチアだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜! ’






                   048.gif

     

        が〜〜〜〜ん! 遠すぎ・・・・・・


     kumatoさん、ショックのあまり、 お店の名前を聞くのも忘れ、 
     そのおあんちゃん達、 さ〜〜〜〜〜〜っと去って行ってしまいました。




その先もひたすら歩き、 ランプ屋さん2、3軒訪ねて聞いてみたのですが、 肝心の物は見つかりませんでした・・・・・・・ (大涙) 




ああ、 あのときあのお兄さんに、 部品があったら持って来てもらえないかどうか、聞いてみれば良かった! せめて、 お店の名前と連絡先さえ聞いておけば良かった!!!







力つきた(いや、すっごく楽しんで余韻に浸っている)kumatoさんと私、 最後にカフェによって少し休みました。









a0278382_7524788.jpg






お昼ご飯はかなり遅くにピザを食べたのに、 既にハッピーアワーでワイン片手にあれやこれや食べているkumatoさん。 私は、 まだお腹いっぱいでコーヒーだけ飲みました。 


  (その日の夜、おなか壊してましたよ・・・・ 明らかに食べ過ぎ! お変わりまでしてたもの) 






a0278382_7533853.jpg





あ〜〜〜 ランプがなかったなあ、どうしよう、 と悩んでいるフリの私。
実は、マーケットがあまりに楽しすぎて、 え、 もう終っちゃったのぉ〜〜〜〜〜と悲しんでいる所。





何せ・・・・・





a0278382_7514954.jpg





ランプどころか、 こんなにも収穫が・・・・・・  ふふふふふ・・・・・











帰ってからインターネットでいろいろと調べてみると、似た様なランプはベネチア・muranoグラスのお店にはいくつかありました。  そこに注文すれば、 もしかすると部品があるか、 高くつくかもしれませんが、 作ってもらえる可能性があるかも知れないので、連絡をしてみようと思います。  

それか、 また近いうちにミラノのマーケットに行って、あのあんちゃん達のお店を訪ねて聞いてみると言う手もある・・・・・


   そしたら、 またマーケットにいけるし・・・・ソレでもかまわんわ・・003.gif 


でもって、 もしかして、ベネチアにいったらいいじゃない????   (爆) 


053.gifソレでもいいよ、いいよ、 kumatoさん !!!   003.gif




  マーケットのある運河沿いは、それほど気にならなかったのですが、 ここから少し歩いたやはりNaviglio地区に車を止めたあたりが、 とってもとっても荒れた雰囲気でした。


建物の壁はグラフィティがぎっしりと描きこまれていて、 車から降りると、 あちらこちらに犬の糞が・・・・・  乾いていたりフレッシュだったり・・・2、3m置きぐらいに落ちていました。 おまけにもっと驚いたのは、途中でズボンが脱いだ形で落ちていて、その上には何と、 人間の物が!???  マジ???

あちらこちらに上から水が足れてくるので、どうしたのかと思って上を見上げると、 びしょびしょの洗濯物から水が滴り落ちておりました。 


kumatoさんと歩きながら、


’私達、ブロンクスあるいてんの!??? 005.gif ’ 


などと行っておりました。 夜遅く一人で歩くのはちょっと怖いかも? 




あーー 長くなってしまったので、戦利品についてはまた次回・・・・・ 









 
by tomomato | 2013-01-29 08:21 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

あるものを探しに・・・・・







a0278382_614570.jpg








もうしばらく前のことなのですが、 お掃除に専念している時に、今住んでいるお家にぶら下がっているこのシャンデリアのシェードを一つ、たたき割ってしまいました・・・・・





天井、低くはないのですが、高くもなく、このシャンデリアは私の頭上すれすれくらい、背の高い人だと頭をぶつけます。  掃除機の柄をふと上に上げた時にふとぶつかってしまい、見事木っ端みじんに・・・・007.gif




a0278382_615927.jpg








お亡くなりになったのはこの方です・・・・・






このシャンデリア、ベネチア・ムラーノスタイルのアンティークなので、そうやすやすとパーツは手に入りません。 


昔、 ある所で見つけたというkumatoさんの情報で、 今日、重い腰を上げてそちらに探しに行くことにしました。







a0278382_624053.jpg







朝、遅く起きたので電車を逃し、地図を片手に車で向かったのは・・・・・・




花の都、 ミラノ!!




アンティーク・ブロカント(セコンドハンド)のマーケットで知られるNaviglio地区です。
毎月最終日曜日に開かれます。

私は今日初めて訪れます・・・・ わくわく








a0278382_632689.jpg





運河にかかる橋に乗ってみた片側・・・・・







a0278382_633644.jpg






そして反対側・・・・  運河の両端に出店がズラーーーーーッとはるか彼方まで続いております。
何処まで続いているか、ここからでは見渡せない程です。





a0278382_6453155.jpg






おまけに、運河沿いのメインの道からそれた何本もの横道にも、 こうやって出店がぎっしり並んでいるのです。





   ここ、超危険!! 






a0278382_6395.jpg





早速、 マーケットが始まる最初の道で、 つまづいてしまいました。 何軒も並ぶ洋服のお店をのぞいていてついに手が・・・・・




このおっちゃん、 最初は5ユーロしかまけない!と頑張っていたのに最終的に10ユーロおまけしてくれました。






a0278382_64425.jpg







毛皮も並んでいましたよ。 さすがミラノ、売っている古着もおしゃれな物が沢山あって、 本当に困りました・・・・・ 



 一人でくればよかった・・・・爆






a0278382_635495.jpg






奇麗な物、素敵なものもいっぱいありすぎてね・・・・・ツボにハマり過ぎなんです。このマーケット・・・





肝心のランプのお店にたどり着くのにやけに時間がかかりました。


何軒かのランプ屋さんを訪ね歩いた後に、本命のこちら、 パーツも揃えているお店にやっとたどりつきました。






a0278382_641770.jpg






a0278382_6532829.jpg









このお店は沢山シェードも売っていたのできっとあるだろう!! と思ったのですが・・・・

おじさん、 ‘もうないんだよ・・・・’と申訳なさそうに・・・・  007.gif 
あそこにもランプのお店があるから行ってご覧! と教えてくれましたので、 先に進むことにしました。






a0278382_642850.jpg



途中、こんな水路もあったりして・・・・




a0278382_643943.jpg






昔、洗濯場だったのかな?  洗濯板らしき石がありました。






a0278382_644856.jpg








お店に戻るとまた、こんな可愛い物が!






a0278382_654336.jpg








いや=====, これ、一人で来たら、ちょっとまずいかも・・・・・ 際限なく欲しいものがあって、 危険すぎます!!!    (まあ、お財布には限度があるので、 余り心配ないけれど?)







それにね、 横道にちょっと入ると





a0278382_661026.jpg







ああ、 面白すぎて倒れそう。  普段、田舎町に住んでいるので、すっかりお上りさん、 都会の文化の香りにめまいがする・・・・・・







a0278382_662875.jpg






昔ながらの建物が立ち並んでいて、一階はギャラリーや個性的なお店になっています。





a0278382_781452.jpg










素敵過ぎ・・・・




写真、まだまだあるのでまた次回に・・・・・ 
by tomomato | 2013-01-28 07:51 | お出かけ | Trackback | Comments(10)

シクラメン study 2








a0278382_5555087.jpg







昨日は夜遅くにやっとこさ帰って来ました。  つかれた〜〜〜 自分は運転していないのになぜこんなに疲れるんだろう?



シクラメンも一緒に帰って来ました。 途中で一カ所荷物が倒れて来て傷んでしまいました・・・・



今日は朝から大掃除を始めました。 何しろ3週間週末にしかいなくて最低限の掃除しかしていなかったのでまずはリビングから・・・・・


豚小屋かと思いました・・・・ いや、 豚さんにそれは失礼かも????  何しろダイソンのハンドクリーナー(といってもかなり強力)でがーがーやり始めたら、すぐにモーターがぎゅーぎゅーいって、 中をみたら早速ぎっしりいろんなものが詰まってしまいました。  で、 まずほうきで隅から隅まで掃除をして、 其の後もう一度クリーナーで・・・・  何しろこの家の床、花崗岩の床なので表面がでこぼこ、  かなりかっこいいのですが、 でこぼこにネコが外から運んで来た砂がたまり、 薪を運んでくる時に落ちるゴミがたまり、 ほうきで掃除をしていても、まるで外の石畳を掃除している様なものなのです。 昔ながらの暖炉にいぶされたくらい天井なので、室内は暗くて普段汚れが見えないのですが、 よく見るとおそろし〜〜〜〜〜〜〜〜  008.gif 


掃除をした後はすっきり、 歩いてもじょりじょりしないのがうれしいです・・・ (って一体それ以前はどうだったのって?  003.gif) 






a0278382_8591481.jpg







さて、シクラメンの色付き・・・・・    何となく普通の描写から初めて・・・・




a0278382_902958.jpg









もうさんざん線を追って描いているので、 ここまでくるとシクラメンを実際に見て描くことはほとんどありません。 シクラメンは目の前にあるので、 筆を置く合間にちらっとみたりはするのですが

(あれ、この上の絵、縦だったか横だったか???? ) 









a0278382_901752.jpg









a0278382_8594529.jpg






私の身体の中にもう形と動きがあって、 そこから絵が生まれます 

















a0278382_90260.jpg








a0278382_903920.jpg







まっさらな紙を目の前に置いて、最初の一筆を置く瞬間、  新しい何かが始まります。

それまで真っ白だった紙の上に、 何かが起こる、  
そして、 自分の心の中にも、何かが起こる。 


そして、 その最初の一筆から離れ、 次の一筆を置いた時、 過去の自分の行為(最初の一筆)と、今現在この瞬間の自分の行為(次の一筆) との間に、 新たに緊張に満ちた関係性が産まれます。 


それは偶然の産物であったり、意図したものであったり、   


そして、 いわば、そこから物語りが始まる・・・・



結局は最後までその積み重ねなのですが、 毎瞬毎瞬、 どれだけ自分の集中力を高めて、その一瞬にかけることが出来たか、 

私の場合は、絵の出来具合はただそれだけにかかっている様な気がします。


途中で集中力が無くなってだらけてしまったり、  こうしたいという自分の頭で考えた意図が強すぎて、 今、紙(キャンバス)の上で何が起こっているか見極めることを忘れたり、 あるいは’うまく描きたい’ ’奇麗に=スマートに仕上げたい’ という我欲が出たりすると、
もうダメです。   


その瞬間瞬間、 自分に正直に、自分の行為の結果に良く耳を傾け、  そしてあきらめずに、  でも、あるときは一度あきらめて、 時間を置いてからまた新しい目で見るという忍耐力を持って、
ただひたすら集中して続けること。
集中できなくなったら休んで、 再び取り組むこと。


時々立ち止まって、 自分がただひたすら描こうとするのではなく、 絵が、 何を描いて欲しいかを心を静かにして聴くこと。 

そんなことが絵を描くことには大事だと言うことに、すこしづつ気がつきました。




    あれ、 でもこれって、 人生そのままじゃん? 






a0278382_905224.jpg
 




シューマッハーも、 フィルムの中で、


’僕は、 美しい物、奇麗なものを憎んでいる。 ソフィスティケート(洗練された)物は、許せない。  表面的な物は嫌いなんだ。 僕は深さを探求している。 深いものを。’


と言っていて、すごく心を揺すぶられました。

そう、 私の心の中には、ある程度まで行くと行き詰まって、 絵としてまとまるようにソフィスティケートにまとめてしまおうと言う誘惑が出てくることがある、 それが絵を奇麗であっても深みと感動のないものにさせてしまう、 自分自身の心さえ動かないものになってしまう、 すなわち絵を描く意味自体が全くないものになってしまう自殺行為であると言うのに。




a0278382_91248.jpg






それを防ぐためには、失敗を恐れず、 今までやったことのないことを試すことを恐れず、 試行錯誤を続けて行かないと行けない。 







a0278382_911649.jpg






たとえ絵としてまとまらない物になったとしても、途中で訳が分からない物になったとしても、 自分が一度やった行為は、 必ず何らかの形で次への何かにつながる。  これは嫌い、これは自分の物ではない、というような否定的な形であったとしても。 


新しい発見があった時には、 本当に幸せで、 全身がうち震える様な気持ちになるのだけれども、悶々と思考錯誤を繰り返しているときですら、 それは何もやらないよりは、 ましなのだ。
試行錯誤して、最後まで何も見つからないときもあるけれど、 
それでも、何もやらないよりやった方が、何かに一歩近づくことができるのだ。 


たとえ絵としてまとまらなくても、何かを試そうとした、その証として一応しばらくの間、描いたものはとっておくことにしています。 (ははは、だから試行錯誤途中のもここにのせてみました)

のちのちになって、 何かそこにヒントがあるときもあるし





a0278382_912762.jpg










a0278382_913951.jpg









もちろん、絵としてまとまったときはうれしいけれどね ^ー^







a0278382_915275.jpg








なんだか、今日は自分の独り言の様になってしまいました・・・・・  








a0278382_923692.jpg








今日は午後からまた改築・修復中の家の方へ・・・・


寒かったあ! 



























 


       


























  
by tomomato | 2013-01-26 06:58 | painting | Trackback | Comments(14)

シクラメン study




a0278382_1958769.jpg







ずっと前にお客さんが来た時に、朝ご飯はシリアルで・・・ とおっしゃっていたので買ったシリアル、そのままず〜〜っと引き出しに残っておりました。  で、 やっと処理しようと焼いたシリアルクッキー  (オーツ、 コーンフレーク、 ドライフルーツのミックスシリアルです)。

シリアル 360g (これだけ余っていたので)
薄力粉  300g
バター  160g
きび砂糖  160g
シナモン  どばっとはいってしまった



この通り、 何とBPを入れ忘れてしまったのですが、 かえって私好みのぱりぱり ぼりぼり さくさくに仕上がってしまい、 とっても危険でした。

  食べだしたらやめられずとめられず、 食べ過ぎてしまうので、kumatoさんに学校に持って行ってもらいました。(爆) 







a0278382_20678.jpg






私、シクラメンが大好きで、 この時期を楽しみにしています。  そして、毎年絵の題材としています。







a0278382_20612100.jpg






きちゃない・・・・008.gif

バーゼルに、現在アトリエがないので困っています。 机の上でお絵描き程度にしか描けない...この問題、何とかしたいです。







最初は、 まじめに線描から。 
この瞬間が一番緊張が走ります。 まるで、 知らない人に初めて声をかけるみたいな・・・・  初めて題材に触れる、初めて題材の中に自分を浸透させる、 初めて新しい何かを自分の中に作り出す、 そんな瞬間なのです。

でも同時に一番好きな瞬間でもあります。  植物の動きを集中して追って、心と腕を動かして行く作業、自分を無に出来る。 まるで瞑想の様な特別な瞬間なのです。


思えば子供の頃に植物が大好きだった大叔父の家に遊びにいって、 スケッチをしていたあの頃 (過去記事参照) からそうだったかも。 




a0278382_19581663.jpg





a0278382_19582320.jpg





a0278382_19584914.jpg






この日は、シクラメンを正確に描写するのではなく、 シクラメンの花や軸、 葉の動きを内的に追って、それを線にすることに集中しました。




何となくつかめて来たら筆を持ち




a0278382_1959551.jpg






a0278382_21234296.jpg


















私は、 どういう訳か東洋筆と墨で描くのが一番楽なのです。 日本人のDNAなのでしょうか?



a0278382_19594877.jpg



a0278382_19591379.jpg





段々慣れて来たら遊びたくなって来ました











a0278382_19593944.jpg






a0278382_19595612.jpg







a0278382_200366.jpg








a0278382_2001188.jpg









次の表現の仕方に移るまで、それぞれ数十枚、 間に描いているでしょうか。  あることに気づくと、それに集中して描き続け、 で、ある程度行ったら納得して次のことを始めたり、 あるいは、ある程度描いているうちにまた新しいアイディアが湧いてくる、みたいな???  



しばらくこんなことをしていたら、 そのうちに白、黒、グレーに飽きて来て、色を付けたくなって来ました。 

また近いうちに、この後続けて描いた色のも何枚かアップしたいと思いますが、 家のこととは全然違うことなのでつまらないかもしれませんね・・・・何しろ話題がなかったもので・・・・
というか、毎日いろいろとありすぎて、 ブログに何をアップして良いのやら??? 分からなかったので・・・・・ 056.gif

 もし絵のことが面白くなかったらごめんなさい。 スルーして下さいね! 


今日午後からイタリアに戻ります。  一週間たっぷりいて、 次の週末だけバーゼルに来ないと行けないので、 ゆっくり出来てうれしい 001.gif 





さっき、 さんざん長い記事を書いて最終チェックしていたら、途中でsafariがダウンしてしまい、 全て消えてしまいました。 泣きたかった・・・・・


だから二度目は要約になっちゃった 
by tomomato | 2013-01-24 21:18 | painting | Trackback | Comments(14)

寒い日曜日






a0278382_18531257.jpg








寝坊をして朝起きて窓から外を見ると・・・・・・・






一面に雪が降っていました。 道理で寒いと思った。   1月中はスイスと行ったり来たりで、イタリアの家に木曜日か金曜日に帰って来てから家を暖め始めると、ちょうどまたスイスに戻らなければならない日曜日頃にやっと家が暖まります。 そして、私達が日曜日の夜に出発すると、 次の週末に帰って来た時にはまた家は冷えきっている・・・・・・  石の家はすぐには暖まらないので、こういう生活形態、非常に効率が悪いです。





a0278382_18483658.jpg






家に光が差し込むように、テラスのビニールの屋根を外しました。 (というか、帰って来たら嵐で半分吹き飛ばされていた!) 
外の世界は寒そうです。



今日は、 修復、改築中の家に行くことはあきらめて、 (何しろ現在全く暖房できない状態なので、 激しい肉体労働以外の労働は出来ません。〜絶えず動かないとやってられない〜 2日間、仕事にいって、 2日とも冷えでおなかを壊してしまいました。)  今日は家仕事をしました。 kumatoさんの授業の準備で本から絵をスキャナーでダウンロードしてコピーをしたり、 整理整頓、 (現在家が3つある状態なので、何処もごちゃごちゃ、 整理してもしても追いつきません)ちょっぴり、まったりインターネット・・・・




そしてお昼は








a0278382_18485640.jpg







晴れたら、改築中の家のテラスで食べようと言っていたのですが、 このような天候では地獄・・・

といっても山にハイキングに行って、雪の中でフォンデユしたこともあるのですが、それとこれとは違います。






     おとどしのAlp Devero の思い出写真・・・・・・






雪の中でおもむろにフォンデユの準備を始めるkumatoさん
           
a0278382_1952880.jpg




  恍惚に浸るkumatoさん
           
a0278382_195462.jpg








あ〜〜 楽しかったなあ、 また山にしょっちゅう行けるくらい時間が出来るといいな・・・ 遠い目







楽しい思い出に浸りながら....もちろん、今日もスイス人のkumatoさんが、鍋奉行・・・・






a0278382_18491226.jpg










a0278382_18493255.jpg








普通はね、 真っ昼間からフォンデユは食べないのですが、 実は前の晩、パンを買うのを忘れたので、 フォンデユ用にパンを焼き始めたら・・・・・ 家の中の気温が低すぎたのか? 初めて使った粉のせいなのか??? 発酵に異常に時間がかかってしまい、 途中でおなかがすいて待ちきれず、急遽夕飯にフォンデユを食べることはあきらめ、 他のものを食べたのでした。   

パンも奇麗に焼き上がったことだし、 夕方からスイスに行かなければ行けませんので、 外の雪景色を魚に、 お昼にまったりフォンデユを頂くことになりました。    








a0278382_18493942.jpg





このにやけた顔!!!    いや〜〜〜〜  スイス人のkumatoさんのチーズに対する熱情は、すごいです。 ラクレットをする時にもフォンデユをする時にも、 やはり民族魂が震えるのか?  心底うれしそうで、 オーラが喜びで沸き立っているのが見えます。   ほんとか?








053.gifうめ! うはうは! 035.gif035.gif


a0278382_18492566.jpg








私がフォンデユを初めて食べたのは、 スイスに来たばかりの時、 母と一緒にバーゼルの老舗のスイス料理の店に行った時でした。  いや〜〜〜〜 美味しかったのですけれど、 一人前を母と二人でわけてもちょっと多すぎて・・・・・ 最初の3口くらいでもういいわ!!  って感じで、 スイス人が食べる量に本当に驚いた覚えがあります。 この方達、 本当にチーズで身体が出来ているんじゃない? ってくらいすごい量のチーズを食べます。  


あ、 ここだけの内緒の話だけれどね、kumatoさんの足、 いじょ〜〜〜〜〜〜に kucyai のですが、 何と熟成したチーズの匂いなんですよ・・・・・絶対に食べているチーズの量のせいだと思う     


が、スイスに暮らす日々が長くなったせいでしょうか、 最近はラクレットもフォンデユも結構食べられるようになりました。  (といってもスイス人の足下にも及びません  私の足、 まだ kuchaku ありません )





a0278382_18525324.jpg






こんなに幸せな顔が出来るっていいね!     


 安いもんだわ003.gif








a0278382_18494982.jpg







最後はね、がりがり がりがり と鍋の底にこびりついた焦げたチーズを剥がします。










a0278382_18495667.jpg








これがまた、 美味しいのだよ・・・・・・・・・









オマケ    おとといの夕ご飯









a0278382_185041.jpg





前は、何か美味しそうなもの(主に肉)を食べている時にだけkumatoさんの上に乗って、何を食べているのかチェックしていたシャンティ、 

最近、何を食べていようが(ベジタリアンでも) 肩にのって長時間チェックしています。 シャンティ、 結構重いんだわ・・・・・・・・・ 







































  



















 
by tomomato | 2013-01-21 19:36 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(8)

やっぱりみんながいるといいな





a0278382_541281.jpg







一週間前に始まった将来のキッチンの床を掘り下げる作業、 昨日やっと終りました!!   まず、床の岩にコンプレッサーのドリルで20cmの間隔で深く穴をあけて、 セメントの様な液体を注ぎ込みました。 そして、 一昼夜でその液体がそれぞれ穴の中で膨張し、 その力で岩にヒビが入ります。 そして、 そのヒビを利用してブルドーザーでドリルをかけ、 岩を切り崩して行きました。 最初にドリルで穴をあけ始めた作業の人が、 ‘この岩は本当に固いな〜〜〜〜〜 ’ と半ば呆れていたので (この部分は去年の2月にダニエルがブルドーザーのドリルで砕いたけれども、あまりに岩が固すぎて砕けず、そのままあきらめていたのです。 ) 本当にこの固い岩が掘り下げられるのかどうか最後まで疑問だったのですが・・・・・ 


無事に!!!  それぞれ最高40−50cm近く掘り下げることが出来ました。 現代技術はすごいです。 







a0278382_5412347.jpg










壁の近くの石をブルドーザーで砕かれると、さすがに不安だったのですが、 家は崩れることなく振動に耐えてくれました。   (でもよく見たら、 一部、岩が壁になっている所が大きなヒビが入っていました・・・・・・一番上の写真、あるいは次の次の写真の奥の方に見えるけれど・・・分かります?   青ざめ・・025.gif  )







a0278382_5414750.jpg






ほら、 床が均等になって、 天井が高くなっているでしょう? 分かるかな?








a0278382_5415582.jpg






これで低い天井に悩まされることは無くなりました。 おまけに、 ドアからテラスに出る時に、前は段差があって階段3段下に降りないと行けなかったのですが、 今はテラスと部屋の床の高さが同じになり、 そのままさっと外に出られるようになりました。  ただし、 ドアの高さも変わってしまったので、 これからドアの柱を調整しなければ行けません。 


最後には3人掛かりでこの作業を終えて下さいました。 ありがたいことです。 






ダニエル達は、 休暇から帰って来て早速ばりばりと働き始めました。









a0278382_6512882.jpg








豚の部屋の暖炉も、 漆喰が塗られて奇麗になりましたし、









a0278382_5422499.jpg








ディスコルームの暖炉も奇麗になりました。  そして、この赤っぽい液体・・・・・・ これは床の高さが均等にするための液体なのです。 液体を流し込むと、 表面が均等に広がる仕組み??








a0278382_5424130.jpg






この液体が行き届かなかった部屋の端の部分が、床が高くなっている証拠ですのでここを削りとります。 床を均等にしてから、 大理石のタイルを敷きます。









a0278382_5425499.jpg








そして、将来寝室になる部屋の天井のペンキを、電動ヤスリでダニエルが削り落としてくれました。







a0278382_543454.jpg







べっとりと塗られた白いペンキを剥がして、 木の下地が出て来ました。 この部屋は無垢の木の床にするつもりですので、 天井もこの状態に残す予定です。









寝室の横の浴室は・・・・・








a0278382_5432968.jpg








配管が全て済み、 窓の高さも変えました。 








a0278382_5434364.jpg








ダニエルの弟のイニレルが、 壁の漆喰と石を切り取って、 水道管等を壁にはめ込んでいる所です。


彼らにクリスマスとお正月、 お家の方(ルーメニア)はどうだった? と聞くと 

‘すっごく寒かった!!’ 

と言うので、 

’ここも寒かったよ!’ 


と答えたら、なんと、マイナス26度とか!!!  寒さの桁が違います・・・・・・  彼らは、今の時期は寒くて、早くに暗くなるのでずっとお昼ご飯抜きでぶっ通しで働き、 4時には引き上げます。 この寒さの中、暖房も無しにこれだけ重労働をしているのにお昼を食べないなんて驚き!  
























ルッカも、私達がスイスに出かけている間に頑張って仕事をしてくれました。







a0278382_5444781.jpg






将来のリビングのギャラリーの床の板が全て張られていました。 ここは白く塗らずにそのまま木肌を楽しむ予定です。 ルッカは、 白く塗った天井が大嫌いみたいで、 白く塗るかもと言うと機嫌が悪くなります・・・・・ 自分の作品である木肌をそのまま残して欲しいみたいです。


気持ちは分かるのですが、 室内に光を取り込む一番良い方法は、 天井や壁を白く塗ることなので、彼の好みには全てあわせられません。 (必要な所は白く塗るつもり!^0^)





ドアもつき始めました!!! 
まだオイルトリートメントもしていない無垢の木のままのドア。 奇麗すぎて恐ろしい・・・・・!?   工事現場の中、 皆さん決して奇麗な手とは言えない手で開け閉めするとなると・・・・・・ 早くオイルトリートメントしないと! 




a0278382_5435830.jpg









a0278382_5441015.jpg







なかなかシンプルで良いドアです。 









a0278382_5442492.jpg






トイレにもちゃんとドアがついてうれしいな。  ルッカには、これからまだまだ、 30以上のドアを作ってもらうことになります。   彼、やる気満々。  次から次に、 あそこは木の方がいいのではとか、 ここも木の仕事が必要なのではとか、 少しでも仕事を増やそうと頑張っております。 (笑)      




大勢の人達が先週一週間働いて下さったので、 あちらこちらが進んでいてびっくりしました。 
3週間の間、私とkumatoさんだけで、細々としか作業が進んでおりませんでしたので、凍るように寒い中、暖炉に火をくべる休憩室もなくなってしまって、工事現場の殺風景で汚い中、 何となく落ち込み気分だったこともあるのですが、一気に未来の光が見えて来た感じがしました! とっても とってもありがたいです。  



みんな、有り難う! 001.gif
by tomomato | 2013-01-20 06:46 | 石の家の話 | Trackback | Comments(4)

戻って来ました!






a0278382_638023.jpg







また週末にイタリアの家に帰って来ました。 それから、私のコンピューターもリフレッシュして帰って参りました。

実は私はMac Air の一番最初の世代を持っているのですが、 新しく買った容量の大きなsimカードが私のOSが古すぎて使えなかったのです・・・・・   古すぎるとはいっても、 多分4年か5年前に買ったPCなのですが、 OSがsnow leopaldになり、 Lionになり、 なんとMountain Lion になってしまって、見る見るうちに私のPCは時代遅れ。 私も時代遅れ?   
もはやダウンロードではアップデートできず、 アップルのサービスにしばらく預けなければなりませんでした。 

お店の人に、 レオパルドなんですけれど! と言ったら エ〜〜〜〜〜〜 そりゃあ大変!!!005.gif  と異常に驚かれ、 そこまで大げさに驚かなくたっていいじゃない! と思いました。  002.gif

それにしても、最近年をとったのか? この異常に早い変化について行けません。 古い(といっても4年か5年!?) コンピューターでも満足して使っているのに、 他の機器を新しくするとそのコンピューターでは使えなかったりして、好む好まずに関わらず消費生活に引きずり込まれる感じ・・・・   時代に乗り遅れる感に絶えず追い立てられている様な気がして、 心地よくありません。  だいたいコンピューターって、そんなに安い買い物ではないし。

今回は、 せっかく買ったsimカードを使いたかったのでアップグレードをしたのですが、 アップグレードされたコンピューター、いくつか変わっている所があったり、途中でフリーズしたり、 ちょっと???? です。 ブログを更新しようと思ったら、 いつも使っていた写真圧縮プログラム設定が変わっていて焦りました。 


あ〜もう一台のi MacのOSはスノーレオパルドなので、 自分でダウンロードしてアップグレードしないとけません。  憂鬱・・・・・・






a0278382_6382099.jpg






コンピューターをドックに出している間の一週間、 バーゼルは寒くてずっと雪景色でした。
今日も、 帰り道はとても美しい雪景色でした。







a0278382_6384093.jpg










シンプロン峠の上も、 素晴らしい景色・・・・・・・・







a0278382_6385832.jpg







kumatoさんは雪を抱いた山々を眺めて本当にうれしそうでした。 スキーを積んでいたら、途中で降りてスキーをして行くのにね!!  と......





a0278382_6391124.jpg









でも、今日はダニエル達と来週の仕事の打ち合わせをしないと行けません。 それから、例のキッチンの床の掘り下げ作業もそろそろ終わるはず、  その結果をみて話し合わないといけないし、先を急ぎます。





a0278382_6392444.jpg







シンプロンのてっぺんで、 パラシュートを付けてスノーボードかスキーをしている人達をみましたよ!



赤いのがパラシュート、 わかるかな?






a0278382_6394221.jpg









この新しいスポーツ知っていますか? スキーかスノーボードとパラシュートをあわせたスポーツで、 風にパラシュートをのせて坂を上って行くのです。 途中で空中に浮かぶことも!!!
みているとすごく楽しいです。   やってみたい! 





改築・修復中のお家は、 3週間の休暇から帰って来たダニエル達が先週一週間働いてくれて、 いろいろなことが変わっていました。 キッチンの床も家が崩れることなく掘り下げられ、 すごいガレキが・・・・・


ダニエル達がいない間、 さむ〜い工事現場でkumatoさんと二人でひっそりと作業をしていたのですが、  今日行ってみたら、気温は低いけれどもたくさんの人達が働いていて、熱い熱気にあふれていて、 わくわくした気分になりました。    





     
by tomomato | 2013-01-19 07:49 | スイスの話 | Trackback | Comments(6)

アナログkumatoさん、 ほうぼう大活躍!





a0278382_1823422.jpg








土曜日の夜も、 日曜日の朝も、 頭を悩ますkumatoさん。 (起きたてで髪の毛ぼさぼさ)

ジグゾーパズルをしているのではなく、 ディスコルームの床にしく大理石のタイルが来たので、その並べ方を考えているのです。








a0278382_1845166.jpg







床材は、 少しローズ色がかった大理石。 made in Italy なのですが、 なぜかドイツで買ってわざわざ運んだ私達・・・・・





a0278382_185975.jpg






本当は、もちろん地元の大理石を使いたかったのですが、 その方が倍以上高くつくのです。 ドイツのお店ではおそらく流通の関係でしょうか、 ずっと安く買うことが出来ました。 重量がかなりあり、 スイスを抜けてイタリアまでの輸送に気を使いました。 (後ろに積むと車が傾く!!!)この改築・修復工事のお陰で、 kumatoさんのもともとぼろい車、 一段とぼろくなりました。 乗り心地が変わった程です。 おまけにいつもごみための様に汚いです。  (乗ると服が汚れる!!!) 







a0278382_1824416.jpg







わざとサイズの違うタイルを買って組み合わせた方が面白いと思い、 違うサイズの入ったパックを買ったのですがお店の見本通りにサイズが揃っていなかったので、 どのようにタイルをはるのか考えなければ行けませんでした。





a0278382_1841047.jpg






kumatoさんは1月一杯、かなりスイスにいないといけないので、 どのようにダニエル達に張り方を説明できるか苦心しているようです。 kumatoさんが自分でやるのなら、 その場でさっさと芸術的感覚を生かしながらランダムに張って行けるのですが・・・・・・・・ 



こういう時kumatoさんは、 決してPC等使いません。 (使えません)  手で切り貼りして、 手で並べます。   超アナログ 人間。 035.gif







さて、ディスコルーム、 kumatoさんが、 壁の色を塗る下地をほぼ塗り終えました。





a0278382_1842844.jpg







元々の漆喰がぶすぶすに浮き上がっている所を全て丁寧に剥がし、釘やピンをはずして均等にし、 その上にクォーツ砂を混ぜ込んだカルキを塗りました。 








a0278382_1843982.jpg








砂を混ぜ込んだことでこのようなラフな仕上がりになり、 いい感じです。  既にこれだけでも部屋の印象はかなり変わりましたが、 さらに色を塗り重ねます。  






将来のキッチンの床を掘り下げる作業が、石切り場のプロの手によって始まりましたが、 あの不気味な液体を注いで一晩経った後・・・・・







a0278382_1831871.jpg








あの固い固い岩の床のあちらこちらにひびが入っておりました。 私達がスイスにいる間にこの作業は続き、 さらに部屋全体に穴をあけて液体を注ぎ、 このようにひびを入れた後、 ブルドーザーが入って石を砕きます。
  
家を崩さないように!!! 

壁の間際は最後に慎重にしてくれるそうですが・・・・・・・・  008.gif
家が崩れたら誰が責任を取るとか、 そういう契約は一切なしなので、 本当に、本当に、 何事もなく済むことを願っております。  (イタリアに帰ったら家がなかったらどうしよう・・・・・汗) 

それに、 下水道のパイプ等、なるべく外してからブルドーザーが入るそうですが、 それもちょっと心配。 既に工事中にパイプが壊れて穴があいてしまった所もあるし、 それに気がつかないで床をしいてしまったら大変!!! 

自分は何もしていないくせに、結構心配することいっぱいです。 






昨日はお天気だったので、 kumatoさんと私は外で働きました。






アナログ人間kumatoさん、 いきなり木の枝を持って何やら始めました。




a0278382_1852852.jpg


















来客用のピアッツア( お庭でくつろぐテラスの様なスペース) を作る準備です。







a0278382_1854191.jpg









ここに、 石をしいてくつろげるスペースを作るのですが、 その下の土を有効利用するために、一度全て土を掘り出して、代わりに工事ででたガレキをここに埋める予定です。 土は、 畑に移します。 








a0278382_1855251.jpg






そしてまたもや鹿対策。  私が野菜が植っている所に枝を刺して囲み、 その上に軽い枝をかぶせました。   kumatoさんにみてもらったら、それではまだ足りないと判断され、 さらに、鬼の様に上からフェネルの乾いた茎をかぶせました。   ここにはカーボデネーロとキャベツ、 サラダなどいろいろと植っております。    今年はkumatoさん、キャベツを沢山植えたのでせっせと食べているのですが、 全て収穫したと思っていたらまだ軽く10〜20個くらい、 別の畑部分に植っておりました。    昨日キャベツ2キロ分、ザワークラウトを仕込みましたが、 到底間に合いません。  コールスロー、 お好み焼き、 ロールキャベツ、 漬け物、 中華.....ファンタジーを広げないと!!


そうそう!!   写真とり損ないましたが、おとといロールキャベツをしました。 kumatoさん用には牛ひき肉で、  私用には、 リコッタチーズにドライトマトのオイル漬け、キュウリのピクルスを刻んだものと卵液、ペッコリーのチーズ下ろしたもの少々を混ぜて包み、 両方ともベシャメルソースで、ニンジン、ポロネギ、マッシュルーム(+栗を入れると完璧だった)で煮込みました。  kumatoさん、 肉ロールキャベツに大満足だったのですが、その後私のベジタリアン用を食べておののきました。  この組み合わせ、とっても美味しかったです。     







a0278382_18628.jpg






バーゼルに持って行く野菜、 大根、 コリアンダー、 パセリ、ブロッコリーの脇芽 そして、kumatoさん曰く、 カルド。   でも、 これ、絶対にカルドではなくアーティチョークの茎だと思います。  果たして食べられるのか? 




オリーブの木のご機嫌を伺ってみると・・・・・・・







a0278382_1861552.jpg








木はとっても元気!!!  ところが、 小蠅やら蚊の様なかげろうのような小さな虫が多量発生!!!!!   きもちわる〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!



そりゃそう、 開けてみたら中は温室の様に暖かく、 湿度があって、 虫の培養!??? にぴったり!!!!! 008.gif   




風が通らないので、害虫の発生を恐れてはいたのですが・・・・・・・   これから晴れた時には時々開いて風通しを良くしてあげなければ! 

(といっても今週からかなり寒くなり、マイナス6−8度くらいまでなるらしいので、 寒さにも気をつけないと・・・・・・) 





さて、 今週、私のpcをドックに出します・・・・・ バーゼルに置いてある古いもう一台のPCは異常に遅く、写真の編集等も出来ませんので、しばらくブログの更新は出来ないかと思います。 早ければ3日、 遅ければ一週間かかるそうで・・・・・   (週末はイタリアのPCから出来るかな?)



皆さんそれまでどうぞお元気で^ー^ お過ごしくださいね! 
   





































  
by tomomato | 2013-01-14 19:05 | 石の家の話 | Trackback | Comments(12)

キッチンの床を掘り下げる






a0278382_882885.jpg






いきなり、すごい光景の写真です。

1月中は、スイスとイタリアを行ったり来たり、 昨夜イタリアに戻って来ました。 早速kumatoさん、早起きして‘ある計画 ’のために職人さんと連絡を取って改築・修復中の家に出かけました。

将来キッチンになる予定の家畜小屋部分、 一部の床下の石が異常に固いのです。ダニエル達がブルドーザーでキッチンとリビングの石を砕いて床を低くした時、 この部分の石はいくらやっても砕くことが出来ませんでした。  最初はこの部分の天井を吹き抜け部分にするという設計予定でしたので、多少床が高くても大丈夫と自分で自分を納得させていたのですが、 後にリビング側を吹き抜けにして、この部分は普通の天井にすることになったので、 キッチンの天井がかなり低くなってしまうことがとっても気がかりでした。 

そんなとき、’この岩を砕いてもっと床を低くすることが出来る人がいるよ・・・・ ’ との情報が・・・・・

どうやら石切り場で働く本職の、石切人らしい、  何やら現代技術を使って、 固い石でも砕くことが出来るらしい・・・・・





と言う訳で、今日、 早速作業が始まりました。






a0278382_8113336.jpg






まずはクレーンで、 コンプレッサーが運ばれて来ました。 何と、 kumatoさんがここにニンニクを植えて、 その芽がやっとこさ出て来た所にこのどでかい機械を置かれてしまって・・・・(涙) かわいそうなつぶれたニンニク・・・・・ かわいそうなへこんだ私達・・・・






a0278382_892754.jpg







で、そのコンプレッサーでドリルを使って固い石に穴を開けて行きます。








a0278382_893717.jpg













で、 その穴が粉塵で詰まってしまわないように新聞紙を詰めて、






a0278382_885178.jpg









ある程度穴があいたら新聞を取り外し、





a0278382_8111224.jpg








セメントの様な液体を注いでいました。






a0278382_894923.jpg










このような、現代アートの様な状態に・・・・・・







a0278382_8101949.jpg









このまま、1晩〜2日放っておくのだそうです。   本当は、 石切り場なんかだと、 ダイナマイトを打ち込むらしい・・・・・・   でも、 ここにダイナマイトなんか入れたら、 家が崩れ落ちるもんね・・・・ 008.gif



しばらくすると、 液体を注いだ穴からどんどん煙が出て来ました。 一瞬爆発するか? と思いましたがそれはなく・・・・ あたりまえか003.gif  このまま穴の中でこの液体が膨張し、 石を押し出してひびが入ってくるのだそうです。   よく仕組みはわからないけれど・・・・  

石の目を読んで穴をあけているので、 ひびの方向等も一応経験から分かっているらしい・・・・・ ( 壁が乗っている石が割れたらどうしよう、 それで壁が崩れたらどうしよう、 とひたすら私は心配しているのですが、 その心配はないそうです。  そう信じたい! そうあって欲しい!)



で、 ひびが充分に入った所で、ブルドーザーで石を砕くのだそうです。 




うまく行くことを願っています。  今日、穴開けの作業が4分の3くらい終っていました。明日か、月曜日に続きの作業があります。 すざまじい粉塵で、 家のドアや窓から煙の様に吹き出していました。 



しかし、 このような作業をして床を低くする人って、世界に一体何人存在するかしらね?? とkumatoさんと半ば呆れながら話していました。 だいたい、岩の上に住もうという人っているかね? って。 (笑)






お庭の方は・・・・・







a0278382_8115341.jpg






鹿さんたち、 ほとんどの作物がカバーされているので怒ったのか? 今まで手を出さなかったネギまで食べておりました。 普通ネギは嫌いなはずなのに?   おまけに、 カバーしきれなかった野菜はしっかりこの通り。 奇麗さっぱり食されておりました。


慌ててネギを全て収穫・・・・



a0278382_8343248.jpg










一番ショックだったのは、 鹿が一番入りにくいテラスに植えてあった蚕豆が5本とも頭から食べられてしまったこと・・・・・(大涙)






a0278382_812733.jpg







順調に育っていて、既に40cmくらいの高さだったのですが、 横から出ている芽を残してすっかりやられてしまいました。


慌てて上から枝をかぶせました・・・・・・







a0278382_8123668.jpg







果たして回復してくれるでしょうか? 春に蚕豆を食べることができるかな?








a0278382_8345737.jpg








このテラスに植っているカーボデネーロも先の柔らかい所だけ、つままれておりました。 何とかしないと根こそぎやられるな・・・・・









a0278382_8351279.jpg







こちらの美味しい冬のサラダは、 囲いがされている畑の中なので、鹿は入って来れないのですがモグラかネズミに根こそぎ食べられてしまいました。 地面に葉が重なっている所が、全て食べられてしまったの図・・・・・10株くらいあったのに、何しろ根の所から入って中心の柔らかい所だけ下から食べてしまうので、 そのままお陀仏・・・・ (涙) 
あと3株残っています。

kumatoさんが、 罠を仕掛けましたがまだ成功しておりません・・・・




これからもっともっと寒さが厳しくなって行くので、 鹿もネズミも必死、 お庭の野菜、どれだけ死守できるかな? 
by tomomato | 2013-01-12 09:02 | 石の家の話 | Trackback | Comments(0)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

プロヴァンスの旅 5
at 2017-07-23 05:18
プロヴァンスの旅 4
at 2017-07-18 05:57
プロヴァンスの旅 3
at 2017-07-15 05:24
ちょっと休憩
at 2017-07-12 05:08
プロヴァンスの旅 2
at 2017-07-10 06:09

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメちゃん、 このマー..
by tomomato at 15:13
さなえさん、 是非是非い..
by tomomato at 15:10
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:08
わー、良いですねえ。ゴッ..
by さなえ at 11:00
こうしてみるとなんでもな..
by fran9923 at 10:06
papricaさん、バー..
by tomomato at 21:31
papricagigiさ..
by tomomato at 16:08
わーい、どうもありがとう..
by papricagigi at 14:37
素敵な中庭と回廊!ここだ..
by papricagigi at 06:51
roroさん、初めまして..
by tomomato at 20:06

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧