<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

小豆島 6






a0278382_1774718.jpg










寒霞渓山頂から少し歩いた所にある展望台からは、錦の紅葉の向こうに瀬戸内海が望め、瀬戸内海フェチ?? にはたまらない光景でした。






a0278382_1765673.jpg






日が陰って来てしまったので、雲の合間からお日様が顔を出して紅葉が輝くのを待ってのんびりと過ごしました。
ツアーだと、 こういうのんびりした時間が取れないからやっぱり個人旅行はいいね・・・・・ と母とまったりと待ちながら楽しみました。






a0278382_1765069.jpg










通るのがもったいないくらいの道??




a0278382_1771338.jpg







a0278382_1773578.jpg











a0278382_1771985.jpg





私の住んでいる所では、 紅葉は黄色やオレンジが主体で、赤がなかなかないので、 日本の紅葉の赤はやっぱりしびれます・・・・・010.gif




帰りもロープウェイの窓に張り付いて、紅葉と瀬戸内海を堪能しました。 帰りの頃には、 人がかなり増えて、 ロープウェイも並んで一台やり過ごしました。 それでも、 ネット等で調べた程では有りません。 




下のロープウェイ乗り口近くには登山道があり、 少し登って散策しました。





a0278382_177244.jpg






a0278382_17213767.jpg















a0278382_1773925.jpg







あーーーーああ、  日本の紅葉って本当にいいなあ・・・・・・  何年外国に住んでいても、やっぱり自分は日本人だなあ、と日本の自然の繊細な美しさに触れると思います。 この美しさを失わないで欲しい・・・・










紅葉をじっくり楽しんで山を下りても、まだお昼前でした。 早起きは三文の特! 


 昨夜はごちそうを沢山食べ、朝もタップリお食事を頂いたのでおなかはすきません。 おまけに、 朝の残ったお焦げご飯で、真里さんが小さなおむすびを作って下さったので、 お昼はなしで充分・・・・・


事前に潮の動きを調べて、 それにあわせてエンジェルロードに行って参りました。
着いたのは、 ちょうど引き潮の10時半頃。  引き潮の前後2時間くらいに道ができて向こう側の島に渡れるそうです。 恋人が手を繋いで渡ると幸せになれるとか、 願いが叶うとか・・・・・・  







a0278382_178312.jpg





ちょうど引き潮の時間だったので、 堂々と?  向こう側の島に幅広い道が続いていて、 え??? この道がなくなるの?? と信じられないくらいでした。  観光のポスター等は、もう少し道が狭まっておりましたので、 少し時間をずらした方がむしろ雰囲気があったかもしれません。 でも、別に恋人と行った訳ではないので、(爆) ザクザクと歩いて向こう側に渡り、 ザクザクと戻って参りました。   向こう側の島の木々には、 いろいろな願い事が書かれた絵馬のようなものがぶら下がっていました。  後で気がついたら、 こちら側にも沢山ぶら下がっていたので、 残念ながら時間を外して、向こう側に渡れなかった人もしっかりと願い事をして行ったのでは? と思います。 





その後は、 観光案内に乗っていた、近くにあるという 高見山展望台 に寄ってみることにしました・・・・・


と、と、ところが・・・・・・   



駐車場に着いたら人影がなく、 何となく寂れていて、 あれ??? おかしいな??? と思いつつ順路に従って登って行ったのですが・・・・



いけども、いけども、 展望台がない!!! 008.gif




私一人ならば良いのですが、何しろ高齢の母も一緒なので、 段々心配になって来ました。 途中で待ってもらって、 先に駆け足で山を登りましたが、どんどん森深くなって行くし、道も険しくワイルドになって行くし・・・・  やっと見通しが開けて着いたのかな? と思ったら、まだその先があり・・・・・008.gif



一度又母の所に駆け戻り、 いけどもいけども着かないからやめた方が良い、 と行ったのですが、ここまで登って来たのだから行きたいとのことで、 再び私はその先が土夫なっているのか確かめるために駆け上がり・・・・・




最後は見晴らしの良い丘(山???)の上にたどり着き、 普通の靴ではもはや難しいくらいの急斜面をふーふー言いながらやっと頂上に着いた !!! と思ったら、 


何と展望台は鍵が閉まっていて入れませんでした!!!!!????031.gif





ええ、 景色は確かに素晴らしかったですよ。 四方を見渡せて・・・・




a0278382_17124158.jpg





でもこれ、 ちょっと酷すぎ・・・・・ 展望台で景色を見る、と言うより、 はっきり言って、登山 でした・・・003.gif





a0278382_17121874.jpg








母が、まだ何とか登れたので良かったのですが(最後の急斜面パス・・・ だって展望台が閉まっているのではね?) 、 最後はかなり急な傾斜で、 落ち葉が滑って普通の靴ではちょっぴり危険だったので、  高齢者や身体が弱い方が一緒の場合はここは絶対に避けた方が良いかと思います・・・  せっかく登っても四方を完全に見渡せる展望台は閉まっているし・・・ 恨みが・・・







a0278382_1712132.jpg







しかし、何回も母の所まで往復した私、まだまだ若いわ・・・・・ 066.gif
by tomomato | 2012-11-30 19:01 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

小豆島 5








a0278382_8432328.jpg














さて、まだまだ続く小豆島・・・・ (まだ半分も終っていない? 003.gif  )


翌朝は、寒霞渓に紅葉を見に行くことにしていました。  何しろとにかく混雑が凄い、 ロープウェイ数時間待ちだとかの情報を見ていたので、 運転も心配ですし、 とにかく朝早くでよう!!と頑張って早起きしました。



遊びなら早起きが苦にならない現金なわたし011.gif






a0278382_840957.jpg







こんなレトロな建具のある落ち着いたお部屋での朝食は・・・・・








a0278382_8403750.jpg






あの・・・・・・    これくらいの夕食が普通なんですけど・・・・・・   012.gif  

おまけにデザートが・・・・    





a0278382_8403279.jpg






朝のご飯は、 土鍋で炊いたお焦げご飯  053.gif



私は、 昨夜のごちそうでおなかがいっぱいな上、 普通は朝食をとらないので、  かなり頑張っていただきました。  本当に美味しかったです・・・・・ 


    


でも毎日は絶対無理・・・・






a0278382_8404099.jpg







お食事を頂いたお部屋の前は、 囲炉裏端で、 ゆったり出来る空間が有りました。 夕食後は真里さんお手製の果実酒/果実酢の飲み物を作って下さいます。   お食事後はおなかが一杯で、一刻も早く牛の様に横になりたいため ついに頂く機会がなく残念でした。









a0278382_8403195.jpg






a0278382_8403552.jpg





これ、なんだか分かります???

ストーブの囲いなのです。 面白いので写真に撮ってみました。 多分石油ストーブではないかと思うのですが、 燃えたりしないのでしょうか??   とっても素敵でしたが。



a0278382_8403322.jpg








さて、 半年前から楽しみにしていた今回の旅のハイライト、 寒霞渓に向かいました。 ロープウェイの所まで車で行き、 後は登り下りともロープウェイで!!!    心配していた山道も、とても整った道で車もそれほどなくすいすいと運転できました。  042.gif




昔はスキーに狂っていて、一人で雪の山道がんがん運転してたのにな〜〜〜〜   情けな〜〜〜い



駐車場もすきすき・・・・・  すっかり駐車の仕方等忘れてしまった私でも 003.gif ゆったりと心配なく車を止めることが出来ました。



ロープウェイは8時から始まっていたのですが、8時半の時点でもそれほど混んでいませんでした。並ぶこともなく、 あっさりと乗ることが出来たので拍子抜け。。。 数時間待ちというのは週末だけなのでしょうか?





a0278382_8405883.jpg







ロープウェイからの景色は、 想像を絶する美しさでした。 ’ 錦彩なす ’ とはこのことを言うのか!! と思わず膝をたたいた程・・・・





a0278382_8413386.jpg









a0278382_8413796.jpg







あーーー  写真がもっと良かったらいいのにな〜〜〜〜 





a0278382_8411518.jpg











a0278382_8412121.jpg










a0278382_8421651.jpg














遠くに瀬戸内海を望み、 渓谷一面に 赤 黄色 橙色 緑 が広がり、 壮大な岩場とのコントラストが息をのむような美しさでした。   寒霞渓は日本の3大渓谷のひとつだそうですが、 このロープウェイから見る紅葉の美しさは特別でした。





山頂に着くと、ツアーのお客さんをのせたバスが何台も停まっていてにぎわっていました。 お土産屋さんも人で一杯・・・・・ ツアーのお客さんは行きは山頂までバスで来て、車窓からの紅葉を楽しみ、そしてロープウェイで降りるのかな????    でもここはロープウェイを二回乗った方が絶対に素晴らしいと思います。  ロープウェイが着く頃には、もうおりたくな〜〜〜〜い、 このまま乗っていた〜〜〜〜い!!! とだだをこねたくなる程でした。 003.gif




a0278382_842074.jpg








山頂近くをお散歩しました。  展望台も少し歩いた所にあり、 そこからの景色も絶景かな絶景かな・・・・・・










a0278382_8424996.jpg







次回もしつこく紅葉が続きます・・・・ 010.gif
by tomomato | 2012-11-29 16:56 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

秋の小豆島  4





a0278382_9272245.jpg
 



さて、 お待ちかねの小豆島、真里のお食事・・・・・・・


掘りごたつのテーブルについて運ばれて来たのはこれ・・・・・





謎解きのようなメニューなのです。 漢詩? の様にその日のお料理を示唆する言葉が一文字ずつ並んでいて、 これから来るお料理への期待感が高まります。 





まずは金木犀のお酒が食前酒として運ばれて来ました。

そして前菜は いぎす酢みそがけ オード海老 太刀魚風干し 銀杏






a0278382_9273533.jpg








次は、 メニューには 島 と書かれていたのでなんだろうと待っていると・・・・





a0278382_9274356.jpg





              ??????





開いてみると何と!




a0278382_9274685.jpg





島そうめんでした。  しかも乾麺ではなく生のそうめんで、 もちもちしこしこととても美味しく感動しました。






米いか さといも いりこ酢




a0278382_9275042.jpg




   はしをつけてはっと気づいてから写真を撮っているので、盛りつけがずれました! 






えーーーと なんの薄造りだったかな?



a0278382_9275616.jpg







次に、 4種類のそれぞれ違う味のお醤油が運ばれて来ました。


a0278382_928067.jpg




諸味たれ 再仕込み醤油  生あげ  いりこ醤油 






秋の作り盛鉢  畑野菜







a0278382_9483357.jpg






瀬戸内海のお魚の素晴らしさも言葉に尽くせませんが、畑のお野菜がこれ又シャキシャキと生き生きとしたおいしさで、 思わずお変わりをさせていただきました。


小豆島のお醤油と、真里さん特製の味付けのお醤油で、 楽しませていただきました。 醤油が美味しいと、 これ又素材が引き立ちます。 









丸はぎ辛味噌仕立て    ジャガイモ タマネギ 菊菜







a0278382_9281195.jpg








瀬戸の浜の砂釜焼き   げた  南瓜 白ネギ 椎茸




a0278382_9282085.jpg






サツマイモ団子 ししとう パセリ塩








a0278382_9282481.jpg






最後にとろろ汁とご飯が運ばれて来ました。







a0278382_928326.jpg





ご飯は、 ごま油味のショウガご飯。  刻んだショウガがタップリ入っていて、けれども決して辛くなく上品なごま油が風味を添えて本当に美味しかったです。 


デザートは、 なぜか写真がないのですが 南瓜のアイスクリームでした。





暗い所でのコンデジのカメラで、 このお料理の素晴らしさを伝えることが出来ずに残念なのですが、 全てに心がこもった上品で素晴らしいお料理でした。

が、 残念なことに私も母も年????? には勝てず、 お料理が半分くらい進んだ所でもうおなかがいっぱい。   007.gif


私達の て のお部屋には醤油会席の基本メニューに加えてアラカルトがつくので、 私達のおなか具合以上のお食事でしたので、 心ならずも後半は全て食べきれずに本当に残念でした。 

おなかがいっぱいなのに、 ひとくち入れるとその素晴らしさに感動するような、それくらい美味しかったです。 







a0278382_9282892.jpg





奇麗に飾られた紅葉を集めてテーブルの上に置いて、 紅葉の夜を楽しみました。 






うーん、 この調子だと、 えんえんと小豆島話題が続きそうです・・・・・・
日本を去るまで小豆島のお話になってしまうかしら????







でも一度に沢山アップ出来ないので、 どうぞ気長におつきあいくださいませ。 
by tomomato | 2012-11-28 10:01 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

秋の小豆島 3  




a0278382_931768.jpg






さて、 小豆島に着いた午後、 あちらこちらを廻った後にマルキン醤油の黒い塀の所を入って、宿に向かいました。
今回お世話になったのは、 

小豆島 真里 。



実は、今回の旅のメインは寒霞渓の紅葉とこの真里さんなのです。  真里さんは、 いろいろな雑誌やテレビでも取り上げられる素敵な宿で、 私も ‘素敵な所だな’ と思っていました。 でも’素敵だな ’ と思うのと、 お財布の都合は別の話・・・・・  002.gif 




ところが、 母もテレビの番組をみて、 行ってみたいなと思ったそうで、 ’お料理も素晴らしいし、 是非、 行ってみましょうよ! ’  と・・・・・・・・064.gif


このお宿は、 初めての場合、5ヶ月前からお部屋の予約が出来ます。  寒霞渓の紅葉が例年の予定で行くと 一番素晴らしい = 一番混む この時期のお宿をとるために、私も頑張りました。066.gif   

今回の帰国の予定はなんと、 まず最初に宿をとって、 後からのんびり飛行機の切符を買ったのです。 (爆)


今まで何回も秋に帰国した時に母と紅葉の旅行に、または春に帰った時には花を見に旅行に行ったことがあるのですが、 いつも早すぎたり遅すぎたりで、 自分の予定に自然をあわせるのは無理がありました。      今回は外れませんように!!!  と、 早くても遅くても大丈夫そうな時期に日取りを決めました。


私が予約をした時には既に殆どのお部屋がいっぱいで、 とれたお部屋は天井が高く梁が美しい  のお部屋でした。



事前に、 真里の美しい芸術的なパンフレットと真里と小豆島の丁寧なご案内が送られて来て、 旅への期待感が盛り上がりました・・・・・・ 





てのお部屋の梁




a0278382_933284.jpg







a0278382_935474.jpg





ちなみに、なぜ ’ て ’ のお部屋かと言うと、 


 ひし お で お も  な し    



という言葉からそれぞれのお部屋の名前が付けられているからだそうです。それぞれのお部屋のおもむきも違っていますが、どの部屋も意匠を尽くし素敵な様子がパンフレットやホームページからうかがわれます。 






この大きな梁のお座敷の横には  座敷の写真がない! 立派な座敷を想像して003.gif 




a0278382_942493.jpg






そして和風のベッドルーム、





a0278382_935871.jpg




   あ! あさ起きてとったので、私の寝た所が乱れている!見ないで!


このベッドは、 床よりも一段高い所にベッドの板が2段目の床の様にはめ込まれており、その高さに二つベッドのマットレスがおかれております。 和風ベッドと言うか?   

ただ、 私の母は高齢で、夜中に何回もお手洗いに目を覚ましますので、 このベッドはちょっと危険でした。 そこで、 和室の方に母だけお布団を敷いていただきたいとお願いした所、快く変えて下さったので助かりました。


部屋、館内全てにとても素敵な照明が使われており、また空間の工夫がされていていちいち感動する程で、 本当に素晴らしいのですが、 高齢者にとっては暗い照明や段差がちょっと気になるところがありました。   数年前に父を送り、母も年をとり、あたりまえのことが障害になってしまう 高齢者生活 にすっかりハマってしまった私は、 全然違う視点になってしまって・・・・・・ 008.gif   

高齢者仕様に明かりを全て明るくしたり、 段差を一切なくしてしまったら、 平面的で空間の面白さが消え、この落ち着いた素敵な雰囲気もなくなってしまうしね! 


お年を召した方には、 ベッドではなく和室にお布団を敷いていただければ、 問題はないと思います。 


お宿にも、竹の湯と石の湯と二つの温泉が有るのですが、 お部屋にも温泉がでる小さなお風呂があります。





a0278382_944711.jpg
 






そして遠くに海が見えるテラスがついています。 お部屋の四方に窓が有ります。
お宿は、山と海の間に広がる小豆島の落ち着いた町並み (村並み?)の中にあり、 まわりには畑が広がっています。 最後の日には、 お宿のまわりを散策しましたが、 とってものんびりと落ち着いた雰囲気で感動しました。 






a0278382_934910.jpg






a0278382_942347.jpg






a0278382_943565.jpg














ついて間もなく、 お茶を持って来て下さいました。








a0278382_951077.jpg






美味しいお菓子がついて、 旅の疲れを癒しほっと一息・・・・・ 012.gif
by tomomato | 2012-11-27 12:21 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

秋の小豆島 2







a0278382_14441520.jpg











さて、 岬の分教場、映画村を後にして向かった先は、 マルキン醤油の記念館と工場に向かいました。 
記念館では、入場券を買うと小さなお醤油の瓶をくださいました。 中にはいろいろとお醤油に関する資料等が展示されておりました。






a0278382_14444916.jpg





ここには、 昔ながらの醤油蔵に加えて、 昭和??? の古〜い工場の建物、 そして新しい工場の建物と並んでいて、 面白かったです。 




近代的な工場の中もちらっと見学しました。 大きな金属の容器にお醤油は入れられて、機械で作られていました。 






a0278382_14341920.jpg








マルキン醤油は、本当に規模が大きく道路を隔てた所にある昔ながらの蔵も使っていらっしゃるようで、 道路をしきりにフォークリフトが横断して、行ったり来たりしておりました。






a0278382_14441357.jpg








醤油蔵の壁が黒いのは、 酵母が生きているからなのだとどこかでお聞きしましたが、 やはりこういう昔ながらの木塀がほっとします。 







a0278382_14451465.jpg








昔の樽も工場の前に・・・・・・・







a0278382_14343251.jpg










その後、 日が落ちる前にと急いでオリーブ公園に参りました。








a0278382_1434306.jpg







え?   ここは何処???  と思うようなヨーロッパ風????  の庭の作り・・・・






a0278382_14345878.jpg






瀬戸内海はやっぱりいいなあ〜〜〜〜〜〜 016.gif  見ているだけで心がほっとするのです。







a0278382_14352272.jpg








隣にはオリーブの木々が植わっておりました。   母と、



’わあ〜〜〜〜〜〜〜〜   !イタリアみたい!! 003.gif ’ 




女子二名056.gifののりで、 夕暮れのオリーブ畑や温室等を散策・・・・・・









a0278382_1435424.jpg
]





ちょうど収穫祭の時期でしたので、 センターではいろいろなものを販売しておりましたが、 ここでは何も買いませんでした。







a0278382_14353419.jpg







こちらはオリジナル? のオリーブ畑。 かなり年期が入っていて、 枝がねじ曲がってからみ合っているのがとても面白かったです。





a0278382_14352443.jpg

 







日本で一番古いオリーブの木も有りました。 大正の始めに日本にオリーブの木が初めて入って来て、 相当苦労して小豆島に根付かせたそうです。 

イタリアから来た私は、 エルバ島の光景を思い出して、何となくホームシック??? になりました。


私のオリーブの木、 元気かな・・・・・・・ 

















a0278382_1435421.jpg





オリーブをしぼる道具の巨大なもの・・・・






なぜか現代彫刻も有りました。







a0278382_14355054.jpg











a0278382_14352163.jpg








風車が優雅に廻り、 ここはちょっと別世界??? 















だんだんと日が落ちて来て、そろそろ行こうか? と話している時、一人の若者が真っ黒なバイクでオリーブの木々の中にやって来ました。


そしてヘルメットを手に一人、颯爽と風車に向かって行きました。








a0278382_14353786.jpg









かっこい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!     若者の一人旅なのかな? 妙に絵になっていました。



  




   おばさんまるだし??  003.gif
by tomomato | 2012-11-26 15:21 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

秋の小豆島 1 





a0278382_11161463.jpg






ずっとあちらこちらに行って、 昨夜、実家に戻って参りました。 







a0278382_11155336.jpg







今回の帰国のメインは、 小豆島旅行でした。 実はこの旅行はほぼ半年前から計画していて、 この旅行にあわせて今回の帰国の日程を決めたのです。





数年前に香川の島々、 特にアートを中心に廻って旅行をしたので、 今回は是非小豆島に、 特に紅葉の季節に!!!  という母の希望でした。




2泊の予定でしたので、 レンタカーを借りてゆったりとあちらこちらに廻れそうで、期待感満々で船に乗りました。  私は新神戸から、母が東京方面から乗る新幹線に乗って車内で合流・・・・・
高松からお昼頃に草壁港に向かう内海フェリーに乗りました。 


フェリーを降りて直ぐに内海フェリーのレンタカーを借りました。 このレンタカーは今年の春から始まったらしいのですが、 借りる時にかなり厳重に車の傷等チェックされ、(奇麗な新しい車でした) 事故についての注意等なんどもなんども強調されたので、 かえって緊張して怖くなってしまいました・・・・・008.gif


何しろ久しぶりに運転するので緊張している上に、 何回も事故を強調されると・・・・・・ 025.gif


前に、豊島だったかで借りた時には、 ぼろぼろの車だったので、 チェックもなく気が楽でした。
012.gif




こわごわハンドルを握り最初に向かったのは、   24の瞳、岬の分教場。  







a0278382_11165553.jpg






懐かしい昔の校舎が有りました。













母が、 やたらと昔を思い出し、懐かしがっていました。  でも私も小学校一年生の時にはまだ木造の校舎で、こういう雰囲気だったかも???  (ちなみに東京都です。 年がばれる・・・・・) 二年生の時にはもう鉄筋コンクリートの校舎でした。  木造校舎の時には巻きストーブがまだあって、 毎朝用務員のおじさんが来て薪をくべて下さって、その暖かさを未だに覚えているのです。  木のぬくもりって、一生忘れないものなのかもしれませんね。




こんな懐かしいものも。




a0278382_11163262.jpg






昔は先生がオルガンを弾いて下さっていましたね。 私の先生も、余り上手ではなかったけれど、 教室の足踏みオルガンを弾いて下さって歌った覚えが有ります。 (あ!! でも言っときますけれど、この分教場の世代では有りませんよ!!!  003.gif )





a0278382_11162347.jpg







これは、先生の巨大そろばん。 机の大きさくらいでした。





a0278382_11164261.jpg








何もかもがレトロ・・・・・





a0278382_11164751.jpg










母は、 昔の教科書の展示をじっくりと見て、 ’ あ!! これこれ、 私が使った教科書と同じ!!! ’ と感動しておりました。






a0278382_11163791.jpg







分教場を後にして、 向かったのは映画村・・・・







a0278382_1117310.jpg








ここは24の瞳の映画のセットが沢山残っています。  映画のセットだし・・・・ とばかにしていたのですが、 結構面白かったです。  





コスモスがとっても奇麗に咲いていました。





a0278382_11171331.jpg





旅の疲れがす〜〜〜っと消えて行くくらい、 視界一杯に咲いたコスモスが本当に奇麗で・・・・・







a0278382_1117839.jpg









a0278382_1117525.jpg







後で見たらまったく良い写真がなかったので残念なのですが、 映画に使っていた昔ながらの光景に、古い建物があちらこちらに沢山立っていて、 小さな川の流れに橋が架かっていたり、 その時代の雰囲気に浸れます。  その川のほとりに出ていた屋台の昔ながらの小麦粉の手焼きおせんべいが、とっても美味しかったです!  (ばりばり食べてしまって、写真なし・・・・003.gif )





a0278382_11172999.jpg



セットの中で使われていたバス。
分教場も、本物の建物そっくりそのまま作ってありました。





時間が許せば、24の瞳の映画もまるまる見られるし、 お土産屋さんをのぞくのも楽しいし、 行ってみる価値は有りました。






a0278382_11171928.jpg






海岸沿いに有りますので、海の景色を見てのんびりしました。  瀬戸内海の光景は、私の魂の原景で、 フェリーに乗ったときから母と、


’瀬戸内海はやっぱりいいね〜〜〜〜!! 053.gif  こういう所は他にないわよね〜〜。 この島々が本当に美し〜〜〜〜  穏やか〜〜〜〜 016.gif ’



と連発しておりました。 







   写真有り過ぎなので、 整理をして、すこしづつアップして行けたらと思います。 









a0278382_11422163.jpg

by tomomato | 2012-11-25 11:57 | お出かけ | Trackback | Comments(5)

初めての神戸 





a0278382_230215.jpg











皆さんご無沙汰しております。 時差ぼけから何とか復活し、 旅に出ております。
九州に始まり、 今日は神戸、そして明日小豆島へ向かいます。



今日、神戸では、 africaさんファミリー にお会いすることができました!





africaさん、 初めてお聞きしたお電話の声も、 お会いした姿も、  想像していたよりも(何を想像していたのだ??? 003.gif003.gif) ずっとかわいらしい感じの方でした。 デジタルの世界って、 その方について沢山の印象を与えてくれるけれど、 やっぱり実際にお会いすると、それまでの印象プラスαがある・・・・・・  






お昼過ぎにお会いして、 自然の中にお散歩に連れて行って下さいました。 もうお会いした瞬間から、 実際は ‘初めて’ お会いするのに、どういう訳かずっと前からよく知っているお友達にしばらくぶりに再会したかの様にしゃべりっぱなし!!!! 018.gif




歩いている間も話が尽きず、 つい美しい紅葉を見落とすことも・・・・・・・ 




その後カフェに行ったのですが、 それでも話は尽きず・・・・・・・ 




 

     しゃべりすぎてのどが痛くなってしまった・・・・・ 







そしてあっという間に日が沈んでしまい、 お宅にお邪魔してお食事をごちそうになりました。






いそいそと美味しいスペイン料理を作って下さるafricaさん・・・・・・







a0278382_045074.jpg
















実は、今回、africaさんとお会いすることになった一番の目的は、 




    ’ヒゲが生えておらず、声変わりをしていない かわゆい くーまくん



 を見る に会わせていただくこと・・・・・・ 来年中学生になるくーまくん、もうこれが最後になるかも知れない!!! と・・・・・・・    012.gif



くーまくん、 私が来ると言うので? おかあさんに早く学校からおうちに帰ってくるように言われていたそうなのですが、 何と私達、 すっかりおしゃべりに夢中になってしまって遅く帰って来てしまいました・・・・・    ごめんね、 くーまくん。032.gif










a0278382_22594799.jpg







あの丹波の枝豆に始まり、 次々美味しいタパスがテーブルに並び、 おまけに、Antoさんが、あのkotoriさんのすだちを入れた美味しいモヒートを作って下さって、おなかがすいていた私はすっかり心を奪われ、 さっさと一人でテーブルについて食べるのに夢中になってしまいました。




Antoさんがカメラを取り出したのを見て、 初めてはっと気づいた私・・・・・ 039.gif

もしブログにこのafrica家訪問をアップするのなら写真を撮らなければ・・・・・ 027.gif

でも、 

めんどくさい、 美味しいものを思う存分集中して、堪能して楽しみたい!! 026.gif・・・・・・ 



と言う相反する感情の狭間に葛藤し、  仕方がなく鞄からカメラをとりあえず出して何枚か写真を撮りました。  


      まるでやる気なし 良い写真はafricaさんのブログにご期待を・・・・・ 003.gif







a0278382_22595225.jpg








きちんと照明までつけて写真をしっかり撮るAntoさん、  私は私で食べ物に気をとられながら 仕方がなく その姿を写真に撮ります・・・・ さっさと撮って、早く食べたい (爆) 



いや〜〜〜〜〜〜  何しろ写真に気合いが入っていなくって、 本当に本当に美味しいお料理が沢山並んでいたのに、 全然料理の写真がない!!!!   003.gif   良いショットが全然ない!!!    ごめんなさ〜〜〜〜い 







a0278382_22594964.jpg









イカスミのパエーリアが出来るまでくーまくんとゲームをしました。 最初はタイで写真を撮る余裕すらあったのに、 途中から立場が悪くなり、 ついに負けた!!!!  マジ悔しい  007.gif   つい手に汗握り、興奮してしまいました。     


くーまくんはお気に入りのおもちゃを沢山見せてくれました。  好きなおもちゃが似ていて楽しい・・・・ 003.gif  








a0278382_22593146.jpg







パエーリアにもスダチが美味しかった・・・・・




   イカスミのパエーリアを美味しそうに写真撮るのってどうやるのだろう??








a0278382_22595619.jpg







africaさんがホットプレートで作ってくださった美味しいパエーリアをおかわりまでして頂き、おなかが一杯になって動けない程になり、 003.gif 今度はAntoさんと3人で、またまたおしゃべりに花を咲かせ、あっという間に帰る時間になってしまいました。  制限がなかったら、そのまま永遠にお話は続いていたかも?????    





うーーーーん、 この方達、 本当に初めてお会いしたというのが信じられない??  単にブログでこの方達を存じ上げていたというだけでは決してないような・・・・・????



とてもとても楽しい 不思議な 時間でした。








a0278382_230822.jpg








神戸を訪れたのは初めてなのです。  今回、いわゆる観光はしなかったけれども、 神戸らしいセンスの良い落ち着いた町並みを歩き、 そして自然の中をお散歩に連れて行っていただき、  おいしいおいしいスペイン料理をごちそうになって、 楽しい楽しい時間を過ごさせていただき、  本当に素敵な一日になりました。




そして、 お別れの時には、 今回の訪問のメイン、 くーまくんのまだつるつるのお肌を触らせて頂きました!????



変な人!??  ときっと思われたに違いない!!! 037.gif




africaさん、 Antoさん、 くーまくん、 本当にありがとう!  次回は夜中までゲームね???

     寝不足怖い・・・・・

 







   
    

  
by tomomato | 2012-11-20 00:44 | お出かけ | Trackback | Comments(10)

いざ! 日本へ!






a0278382_611748.jpg






明日、 日本に帰りま〜す。  003.gif



今日は最後のお土産を買いにマーケットに、 後はばたばた荷造りをしていました。






日本ではブログの更新は余りしないかも???





何か楽しい話題があったら・・・・・  と言う感じで・・・・


後はkumatoに写真をシェアするために????  ???    035.gif




更新が途切れたらごめんなさい!  



12月初めにまたこちらに戻る予定でおります。 





See you soon !




ps. 初めてのアリタリア、 どうでしょうか???  ちょっとこわい・・・・026.gif
by tomomato | 2012-11-11 06:17 | お出かけ | Trackback | Comments(14)

最後の日





a0278382_18415667.jpg









今まで休憩室/キッチン/ベッドルームに使っていたお部屋をいよいよたたき壊すことになったので、全てお引っ越しをしました。





a0278382_18411523.jpg






この暖炉に火をともすのもいよいよ今日が最後・・・・・・・・








a0278382_18404516.jpg







このベッドルーム?  でだらだらすることはもうない・・・・・・ 




もうすぐこの二つのお部屋の境の壁を壊して、大きなひとつのお部屋にします。








新たな休憩室は、 kumatoさんの作品がかかったテラスの部屋の隣の部屋。








a0278382_18385462.jpg




ここも部屋のど真ん中に壁があって非常に狭苦しかったのですが、 たたき壊してひとつにしました。 すると床の高さに段差があったので、片側の部屋の床を全て剥がして同じ高さに新しい板を張り替えました。





a0278382_1839547.jpg






あっという間にこの作業は終りました。
将来ここは、kumatoさんがテラスのお部屋で絵を書く時に、 絵の道具や材料、作成途中の作品等を入れておくお部屋になりますので、 大した手を入れる必要がなかったのです。 窓を全て入れ替え、 トイレをつけました。





a0278382_1839628.jpg




便器や洗面台がゴロゴロしていて、ちょっと生々しいけれど!??? 001.gif







a0278382_18392730.jpg






そして、絵を描くために水が必要なので、バケツがおける大きなシンクを備えました。





a0278382_18394143.jpg







タイルを貼っている作業の途中です。






あ〜〜〜〜〜  去年の秋からずっとコーヒーを入れたりご飯を作ったり、疲れきった時にはベッドにゴロゴロしていたお部屋が無くなるので、 なんだかセンチメンタルな気分になりました。


一時代が終った・・・・・・ みたいな。  kumatoさんは、そばで、 大げさだと笑っていましたが。   035.gif003.gif




あれはあれで、 不便さすらも楽しくて、 心地よい空間でした。










またもや殺風景な写真になってしまったので、






a0278382_1842835.jpg






夜、薪ストーブでグリルをした後、 お魚の匂いを嗅ぎ付けてやって来たサンボ、

kumatoさん、 ’お手 ’ をさせようとからかっております。  035.gif
by tomomato | 2012-11-10 18:55 | 石の家の話 | Trackback | Comments(2)

家のためのショッピング


昨日は、 あちらこちらに家のためのショッピングに行ったのです。

まずは・・・






a0278382_2413179.jpg







材木屋





a0278382_242360.jpg






今改築中のお部屋の床の板を買いに行きました。





で、 午後からは、




a0278382_2495945.jpg







石屋さん・・・・・


ここOssolaは、 石切り場があちらこちらに有り、主に花崗岩がとれます。 ひとつだけ大理石の石切り場があり、 その所有者がこの石工場を経営しています。  今回は床にタイルとして敷く石と、 台所や洗面所の台に使う石を見
に行きました。







a0278382_2492389.jpg






これがこの地方でとれる大理石で、 白にローザ、ベージュがかったとても優しい雰囲気の色で素敵でした。






a0278382_2471127.jpg






他にもわんさか、 他所でとれる大理石やら、ここらでとれる花崗岩やら、果てはアフリカ産の石までいろいろと揃えておりました。







a0278382_2464166.jpg







気に入った石が有れば、





a0278382_2454136.jpg




a0278382_246147.jpg









こちらの加工場で水のジェットで石を好きなサイズ、デザインに切ってくれます。






大理石と、 花崗岩の何枚かサンプルを頂いて帰って来ました。







その後は、地元のタイル屋さん数件を回り、お風呂場や洗面台に張るタイルをいろいろと見て来ました。





さらに、





a0278382_2471851.jpg









建築資材のお店にいって、 セメントの代わりに使っているカルチェの在庫について聞きに行きました。 このお店には、セメントやら砂やらパイプやら鉄のネットやら、ありとあらゆる建築資材が置いてあります。  こういう所には以前まったく縁がなかったのですが、 最近はkumatoさんとよく一緒にショッピング???? に行くようになりました。 012.gif






さらにこの後ホームセンターのような所を訪ね、 そして今度は窓やドアを作ってもらうことになっている方に連れられて、彼が木の部分は全て作ったというどなたかの別荘に行きました。 そして、彼が手がけた窓や扉のデザインや木の表面の処理の仕方等を詳しく見せて頂いて、打ち合わせをしました。



何しろ私がしばらくの間いなくなってしまうので、kumatoさん、 家をどのように作って行くか、どんな資材を使うか、 私といろいろと話し合って決めなければ行けないことが多く、 一日の間にこんなに沢山お店を巡ることになってしまいました。 






あまりに殺風景な?? 写真が続いたので最後に・・・・







a0278382_84774.jpg







巻きストーブのお部屋ですっかりくつろぐ方々・・・・・・



写真を撮ろうと思ったら、




            ’うん? なんにゃ???? ’015.gif 







お昼寝邪魔してごめ〜〜〜ん!  003.gif
by tomomato | 2012-11-10 08:51 | 石の家の話 | Trackback | Comments(0)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

プロヴァンスの旅 5
at 2017-07-23 05:18
プロヴァンスの旅 4
at 2017-07-18 05:57
プロヴァンスの旅 3
at 2017-07-15 05:24
ちょっと休憩
at 2017-07-12 05:08
プロヴァンスの旅 2
at 2017-07-10 06:09

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメちゃん、 このマー..
by tomomato at 15:13
さなえさん、 是非是非い..
by tomomato at 15:10
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:08
わー、良いですねえ。ゴッ..
by さなえ at 11:00
こうしてみるとなんでもな..
by fran9923 at 10:06
papricaさん、バー..
by tomomato at 21:31
papricagigiさ..
by tomomato at 16:08
わーい、どうもありがとう..
by papricagigi at 14:37
素敵な中庭と回廊!ここだ..
by papricagigi at 06:51
roroさん、初めまして..
by tomomato at 20:06

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧