カテゴリ:石の家のものの話( 5 )

soul of my village







a0278382_8122641.jpg






この方、 この方が我が村の魂、 マリアおばあさん (過去記事参照) です。  






a0278382_8121951.jpg







この方、82歳になると言うのにとてもお元気で、 人懐っこい!  優しい!  

毎日のように、私達の家の工事の様子を見に来たり、お庭の野菜の成長具合を見に来てはしばらくおしゃべりをしていらっしゃいます。 コーヒーに誘って下さることもしばしば・・・・
この日も、 寒くなったら家にコーヒーを飲みに来なさいよ、 家はあったかいから、暖まって行くといいわよ、と泣けることを言って下さいました。  今は暖房が無いから、 ほんとに寒いのよ・・・

私達が最初に村にやって来たその日から、 昔からの家族の様に迎えて下さいました。 






a0278382_8121059.jpg






いつも思いっきり朗らかで、 昔のこの辺りの暮らしをいろいろと話して下さいます。 今日も、 




あら、写真とるの!!

私の写真なんか取ったらカメラが壊れちゃうわよ、 わははははは!!!
 




ですって!




マリアのお父さんやおじいさん達は、私達の家に家畜を飼っていてマリアも毎日の様にミルクを絞りに来ていたそうです。  

私達が’豚の部屋’ と呼んでいるお部屋は、 そもそもマリアのお父さん達があの暖炉でお湯をわかして豚のサルシッチャを作っていたというお話を聞いたときから、 そう呼ばれるようになりました。 


マリアと自由におしゃべりが出来るようになるために、イタリア語、早く始めないと!!!


( 何となく何を話しているのか分かるので、 適当に返事をしながら延々とおしゃべりしたりしています。 今の所・・・・・  003.gif  )




さて、続きはとりとめのないことばかり、写真を並べてみました。



下をクリックしてみてね!

More   いろいろな出来事、物・・・・
by tomomato | 2013-02-05 00:55 | 石の家のものの話 | Comments(11)

小豆島 最終回 





a0278382_18154656.jpg







やっとこさたどり着いた最終回・・・・003.gif



小豆島最後の日です。  って二泊三日しかしてないのにどうしてこんなに長いの??





1時半頃のフェリーで高松に渡るので、午前中いっぱいまだ時間があります。 だいたい面白そうな所は行ってしまったので、  真里さんの近所を散策することにしました。




まずは真里さんの畑へ・・・・・







a0278382_18153742.jpg





夏みかん? が沢山なった木の前に、 お食事で頂いたお野菜が沢山植わっていました。 自分が畑に関わるようになってから、畑を見るのがますます楽しい・・・・・ 001.gif


ニンジンや大根等、わざと間引きをしすぎないように(多分??)、小さく育てていました。 お造りと一緒に出て来た生野菜は、 食べやすい小さなお野菜なのだったので、 なるほど! と思いました。





ご近所は、 小豆島らしい普通の暮らしの流れが漂っていて、 とても落ち着いた雰囲気でした。




a0278382_18154296.jpg








a0278382_1815579.jpg





お花や柑橘類があちらこちらに植わっており、 地元の方の畑等を見ながらのんびりと散策を楽しみました。





向こう側には・・・





a0278382_18162915.jpg






寒霞渓の紅葉を遠くに望み・・・・





近くには、






a0278382_1816434.jpg







ユニークな案山子・・・・003.gif





a0278382_18161453.jpg





神社や






a0278382_18162449.jpg







お寺さんもあちこちに有りました。




a0278382_18162296.jpg








a0278382_18163371.jpg






柿の葉の紅葉に感動したり、  小川のせせらぎに耳を傾けたり、 あちらこちらの観光名所を訪れるのとは全く違う、 ゆったりとした散策でした。   もちろん、 道からは瀬戸内海が見渡せます。



道路まで出ると、昔ながらの素朴なお菓子屋さんがあり、(名前なんだったかなあ?? 真里さんで、そこのお菓子は美味しいですよと聞いて行ったのですが・・・ マルキン醤油の工場の斜め向かいくらいです。)  そこで小豆島の後に訪れる祖母のために、醤油カステラを購入しました。 (これがまた美味しかった!!! おすすめです。 ) 





a0278382_1816454.jpg






さて、 すっかりお世話になった真里さんともお別れです。   心づくしのお食事をごちそうになったり、 お部屋のお風呂(温泉)用に、一瓶のお酒を用意して下さったり(飲むためではなく、お風呂に入れるため! )、 朝、 新聞と一緒に美味しいミルクとジュースを届けて下さったり、とにかくすべてが心憎い気遣いにあふれたお宿・・・・・・  去るのも名残惜しいです。



女将さんが、 最後まで手を振ってお送りくださいました。




フェリーまでまだ少し時間がありましたので、 そのまま 井上誠耕園 へまっしぐら!!! 070.gif





真里さんで頂いたオリーブやオリーブオイルだけでなく、お部屋に用意していただいたコスメティック(石けんや化粧水等)は全て井上誠耕園<のものでした。  まずは道沿いのショップを訪れました。

ここでは様々なオリーブオイルを試飲でき、 いろいろな商品を購入することが出来ます。 上品な雰囲気の素敵なお店でした。 そこでしばらく試飲したりお化粧品を見たりした後、 井上誠耕園がやっているカフェ、忠左衛門の場所を聞きました。  オイルは結構美味しかったのですが、 新オリーブのオイルをイタリアで注文しているので、 買いませんでした。  新漬のオリーブも、 さんざん既に頂いたので、結局何も買わず・・・・・ 011.gif   でも、ここのお化粧品類、使ってみたけれどとても良かったですよ!






カフェ 忠左衛門は、 ショップから車で3〜4分、 歩いて10分くらいと言うことで、車はショップにおいて、歩くことにしました。  前日のヤマロク醤油に行くまでの道があまりに細くて運転が大変だったので、 (隣に座っていた母も、私のパニックに疲れきってしまって・・・笑) そのストレスを避けるために歩いたのですが、  これが大正解!!  真里さんの周りの様に、小豆島らしい落ち着いた小道で、 






a0278382_184626.jpg





こんなものが今だにあったり!!??






しばらく行くと道路の脇にオリーブ畑が見えてきました。





a0278382_18173075.jpg






小道を抜けた所にオリーブ畑になる感じが、 本当にエルバ島に似ている!!  じ〜〜〜〜ん  (感涙)







a0278382_18172962.jpg








しばらく行くと、 





a0278382_1817204.jpg








カフェはこの看板のさらに先にあります。







a0278382_18174468.jpg




建物自体は、なんてことのない普通の家のようなのですが、 二階がカフェになっています。







a0278382_18182644.jpg








ついたのはお昼前でしたが、既にカウンター席は満員で、 私と母はテラス席に座りました。 残念ながら、 テラス席は防寒のためビニールシートが張られて外は見えません。 他の空いている席は、’予約 ’ と書かれていました。  

ここでは、オリーブを使ったいろいろ美味しそうなお食事が出来るようですので、 お食事にいらっしゃる時には予約をして行った方が良いのかもしれません。
私達は例によって、素晴らしい朝食の後でしたので、 何も食べることが出来ませんでした。  


テラス席に座って、 コーヒーを飲みながらぼーーーーっとしていたので気がつかなかったのですが、 お勘定を払う段になってカウンター席の方をよく見てみると、何と!! カウンター席からは目の前のガラス越しに一面広がるオリーブ畑と果物畑が見渡せるのです!!!   


素晴らしい!!! 005.gif  



この見晴らしのためにカフェは二階に作ったのですね・・・・・・・

これを知ってしまうと、冬のテラス席に座ったのは損をした気分!!! ・・・・ 居心地はとても良かったのですが・・・・・・




これが、一階に降りて、 カフェから見えるはずだった景色を写真に撮った所・・・・




a0278382_18185547.jpg







いやあ、 二階の窓からみた景色の方がずっと素敵でした・・・・・ 







a0278382_18193573.jpg






こんな素敵なテラス席も外にありましたので、夏はこちらもオープンしているのかと思います。








この井上誠耕園さんのオリーブ畑は、とても良かったです。 母はすっかり気に入ってしまって、

’最初の日に行ったオリーブ園の畑より、ず〜〜〜〜〜っと気持ちがいいわ! 大切に、誇りを持ってオリーブを育てているのが分かる!!!  なんだか、流れている ’ 気 ’ が違うのよ!!!  053.gif ’ 



と、 立ち去るのが惜しい様で、しばらくオリーブ園の所にじーーーっと佇んで、 何かを感じているようでした。


オーガニックではなく、低農薬農園だそうですが、 それでも健康で明るい雰囲気の畑でした。











少し早かったのですが、 これですっかり満足してしまい、 もう余計な所にはよりたくない!!!この余韻に浸っていたい!!  という母の希望で、 港に向かいました。

無事に、事故も車に傷を作ることなくレンタカーを返却し、 海が見える所に座って待っていようか、 と探したのですが、  そのような気のきいた所は一切なし・・・・  041.gif



港が見える所に荷台があったので、そこに座り込んでフェリーが来るのを待ちました。






a0278382_18201354.jpg







来た来た!!!






a0278382_18203853.jpg







本当に、本当に全てが素晴らしく、幸せな旅行でした。






帰ってから見ていたら、 こんな所が土庄町にあるのを見つけましたよ・・・・




http://meipam.net/





あ〜〜〜〜ん、 観光案内には何処にも乗ってなかった〜〜〜〜  2、3年前のるるぶにも乗ってなかったしい!! くやし〜〜〜〜007.gif


月一回マルシェ等もあるみたいだし、 とっても面白そう・・・・・・・




又いつか、小豆島に行く機会があるかしら????  






あ!!! そう言えば写真がないので忘れていましたが、大阪城残石群もあちらこちらに見に行きましたよ・・・・ 巨大な石がゴロゴロとしていて、圧巻でした。  足が丈夫な人ならば、 ハイキングもかねて、残石巡りをしても楽しいかもしれません。   私は、 母があの高見山展望台でさんざん歩いた後に行ったので、 車でささ〜〜〜〜〜〜っと見られる所を見ただけでしたが。  










 
by tomomato | 2012-12-03 20:46 | 石の家のものの話 | Comments(0)

モランディの水差し



a0278382_18415687.jpg




最近、kumatoさんも私も、 街に出たら出たで目を光らせています。 

新しいお家に必要なあれこれを、意識せずともいつも探しているのです。   

特に、 古いアンティークのランプ、 シャンデリア 、 家具等を探しているのですが、 それ以外にももし良い物に出会えれば、お財布と相談しながら買い求めております。

庭仕事に一息つけて、 プラムの木の下に座って休んでいる時には、 家の前に出来る大きなテラスのために、あるいはゲスト用のピアッツア(石畳のテラス)のために、良いガーデンチェアとベンチが欲しいなあとか、まだ廃虚?の沢山のお部屋を見れば、 ランプは少なくとも30個くらいは将来いることになるなあとか、 そのうちいくつかは素敵なアンティークに出会えれば買っておこうとか、 机や椅子だけでも、ゲスト用のお部屋を考えると相当な数が必要になるし、とか、 もうすぐここで絵のコースがあるのでその予定を考えていると、アンティークの銀メッキのフォークやナイフをゲスト用にそろえられれば、とか、とにかくちょっとした時間にあれこれと必要な物が頭を巡ります。


そういう訳で、 お買い物に行くとつい目が光り、 ちょうど良さそうなものが 手に入れられる値段 053.gifで売っていると (これが一番重要!!!! )少しづつ集めるようにしています。 

何しろ家がでかすぎ・・・・・・・008.gif

バーゼルに行ったら行ったで、 土曜日のフリーマッケットの日に当たれば、最近はせっせと通っておりますし、セコンドハンドのお店などにフラッっと立ち寄っては吟味して、いろいろと物色しております。 

 バーゼルの土曜日のフリーマーケットは超おすすめ!029.gif

既に、ゲットしたもの多し。  大きな食器戸棚、 素敵なシャンデリア3つ、ランプ一つ、 素晴らしいガーデンチェアセット2つ、 花瓶や銀食器などなど、 小さな物から大きな物までいろいろと見つけました。

まだまだ、全然足りないけれどね・・・・


いつか、ちょっとずつ紹介できたらと思っています。 ( シャンデリアや他の物も含めて、 現在、家が出来るまで置いておく場所の問題があり、バラバラに置いてあったり、壊れないように包んであったリしているので写真もうまく撮れないのです。) kumatoさんは、美しい物への審美眼というか趣味というかけっこううるさく、026.gif  私がまあ良いんじゃない? と思う物でも、ダメだしがでることもあります。 けれども趣味はだいたい一致しているので、(二人とも、どちらかというと、ごてごてしていなくてシンプルな物が好きです。シャンデリアは別だけど) 一緒に物を探すのも楽しいし、ぶつかることはけしてないのですが・・・・・・

あと、kumatoさん、道でいろいろと拾ってくるのも得意・・・・・・・ ときどき、やめてよそんな物を、と思うこともあるのですが・・・・・、時々良い家具とかも拾ってくることが・・・・ なんでそんな物が道に落ちているのだろう?????  005.gif

私はいわゆるジャンクもいいなと思うことがあるのですが、kumatoさんはその点とても厳しいです。  とにかくフォーム、色が美しい物でないと、ダメだしがでます。002.gif あと、けっこう質の高いものが好きです。 安っぽい物はだめ 

あの顔で・・・・ けっこう、自分の物は、なんで? と思うようなとんでもない安っぽいもの持ってたりすることもあるのに、家に関する物だけは、なぜか高貴な物が好きなのです。なんでだろう?
037.gif 

先日、シャンデリアを物色!? していたお店で私が気に入って買った物が、上の写真の水差しです。 昔、 水道のない時代にホーローの洗面台に置いて使っていた水差しです。 (実は、 そのホーローの洗面台の、台だけは家からでてきました。 それも何時かなにかに使おうと思ってとってあるのですが・・・・・) 


kumatoさんに、 

’ これ気に入ったから買っても良い? ちょっと高いから値段の交渉してくれる? ’016.gif

と聞いたら、

kumatoさんは、

’ふーーーーーん ’009.gif


と吟味しておりました。 特に気に入った訳でもないけれど、まあ嫌でもなさそう。
そして、どこかで見たことあるな、 と考える表情になり、突然、

’これ、モランディの水差しじゃない? ’  001.gif

とまんざらでもなさそうな表情になりました。 


’モランディ?? ’






そう、絵描きのモランディでした・・・・・


a0278382_18393127.jpg



はは〜〜〜〜〜〜〜〜、 さすが美術学校の先生、 kumatoさん!!! 
視点が違います。 


a0278382_18384756.jpg



さっそく値段の交渉をしてくれましたが、 これはコピーではなく、オリジナルの物なので安くはなりませんでした。 (その分、シャンデリアとか、銀製品とかかなりまけてくれたけど)(といってもね、 日本で買うようなアンティークの恐ろしい値段では決してありません・・・・私がけちなだけ kumatoさん、交渉上手だし! 003.gif) 



お客様が来ると言うので、この地域の川辺に咲き乱れているフリーダーを中心に、 庭の花を足していけてみました。



a0278382_18332071.jpg




モランディ、 なかなか行けてるじゃん!!!056.gif 



と自己満足しておりますが、いかがでしょうか?

kumatoさんは、ゴージャスな花瓶が好きなので、モランディが思い浮かばなければ、 なんじゃ こりゃ?と思ったことでしょう・・・・・ モランディ、水差しを描いてくれてありがとう! 011.gif
by tomomato | 2012-07-30 07:29 | 石の家のものの話 | Comments(8)

JINSEI そんなもんさ! 

えいやっ!!!!



a0278382_161315.jpg




バシッ



a0278382_1615829.jpg





いったい何をしているかというと、 長いこと楽しませてくれたスナップエンドウが終わって引き抜いたので、それをマルチにするために、細かく切っています。 
豆類は窒素が沢山あるので、畑の土にとってはとても良く、 また収穫が終わったものをマルチに使うのも凄く良いそうです。 (にわかガーデナーの知識より) 


        それにしてもへっぴり腰。 (爆) 019.gif 

という訳で、この道具を・・・・・・・・



a0278382_1624969.jpg













これはね、 この家の家畜小屋の一部屋から出て来た物です。 下の台も、 刃物も。 おそらく、家畜に草をやるためにこの台の上で細かくしてからやっていたのでは???? と思われます。 
この台と刃物、 まじアンティーク016.gif 
  
この家の前の所有者のスイス人の方が、 これを欲しいからくれない?と言ったのですが、(その方、こういう古い物が大好きで、 博物館の様に集めておられます。 その方の住まわれている家には、=やはり古い家を改築したもの= その一角に、その家から出て来た20足くらいの古い靴がそのまま置いてあって、 ちょっと怖いくらい・・・・・)
この台は、もしかして使うかも? と思ったので差し上げずに (ケチ) 011.gif取ってありました。  


私も、けっこう昔の道具には興味あるかも? 靴はちょっと怖いけれど。 


でも、はっきり言って、普通の人、 このアンティーク は欲しがらないだろうな・・・・・ こんなでかい物もらってどうするよ


でもね、 刃物はね、 こんな感じ・・・・・・・026.gif


a0278382_164993.jpg




はっきり言って切れない!


      刃はぼろぼろ、 持つ所はぐらぐら・・・・・・008.gif

     

    あたりまえ アンティークだもの!



でも、 大げさにひたすらこの役立たずの道具を使い続け、 最後までやり遂げました。



a0278382_1633833.jpg




kumatoさん、 

’斧とか使わないとだめだよね〜! その刃物、あんまり意味ないかも?

と言いながらも、私の 強制的な お願いを聞いてくれて、しっかり写真を撮ってくれました。 



私、


’切れるか切れないかじゃないんだよ〜〜〜〜!  これを使って写真を撮ることに意味があるんじゃ〜〜〜〜〜ん!! 041.gif ’


kumatoさん、

’たしかに〜〜〜〜〜、
    人生、全てそんな物かもね! 001.gif ’



私、




そんなもんだよ〜〜〜〜〜!! 068.gif ’


と訳の分からない会話をしながら、お互いに納得し、 しっかりとこの異常に切れない包丁で少なくとも倍の時間をかけて、 マルチを用意しました。



         これらはしっかりと菜園にぶち巻かれました。071.gif 
 

果たして切れない何百年前のアンティーク道具を使って切ったマルチは、 普通のよりも良い肥料になるでしょうか?????  039.gif 


         なる分けないわ・・・・・雰囲気雰囲気・・・・・・071.gif



   でも、この台は役にたったよ! これからも使おう! (次回はちゃんとした斧で)
by tomomato | 2012-07-17 06:29 | 石の家のものの話 | Comments(4)

石の家のためのお買い物

さて、この息抜き旅行で、 ちょっぴり散財してきました。
まずは.....

買い物その1





a0278382_5561995.jpg
 


(*^ー^*)  おほほほほほ・・・・






a0278382_5563595.jpg



(^0^) うふふふふ・・・・・





a0278382_602131.jpg



うししししし・・・・(〜0〜)/





フィレンツエ郊外にあるジノリのアウトレットで、 お皿を買ってきました。 今まで長年使っていた2種類の皿が、それぞれ何枚か割れてしまったので新しく買いそろえることにしたのです。私は、この年になるまで海外放浪? 生活、 とにかく引っ越しが多い生活だったので、きちんと気に入った食器を買いそろえること無く今まで来ました。 途中から、 これではいつまでも仮住まいの様な意識で暮らしてしまう! と思い直し、 母から譲り受けた良い食器を、少しずつ日本からわざわざ持ち帰って使うようにはなっていたのですが、自分で買いそろえるということはほとんどありませんでした。
 
ジノリのアウトレットのお店には、とにかくいろいろありすぎて迷い、頭がパンパンになってしまいました。 せっかく来たのだから、 お皿だけではなく、パスタ皿、小鉢、小皿等も買うべきかどうか、 買うとしたらどのシリーズを買うべきか???   ついでだからコーヒーカップとか買おうか?? う〜〜〜〜き〜〜〜もんもん〜〜〜〜〜・・・ 
kumatoさんが、 こういうときはカフェだよ! といったんお店から連れ出して下さり、近くのカフェに頭を冷やしにいき....   

結局私が選んだのはボーンチャイナのシンプルなお皿。 ジノリなら、日本人に人気のベッキオホワイトか、 とも思いましたが、 kumatoさんはもっとシンプルな方が好き。 私自身、 基本的にはシンプルな方が好きなので、その線で探しました。 

kumatoさんは、 さすが色にうるさいので、 いくつもある皿の白の色合いを比べ、 どのような質の白であるかを分析、 二人で、光のあたる窓辺まで持って行って何回も比べて検討しました。 (若干お店の方は嫌そうだった....) 

私は一目でボーンチャイナのお皿が気に入ったのですが、 kumatoさんは、ボーンチャイナは他に比べるとあたたかな(黄色がかった)白なので、その色は昔、年寄りばあさん達のうちにあった皿みたい! とかいうので、がっくり来て買うのをやめようかとおもいました。  けれども、他の普通の白の皿の横に並べると、やはりつやと色合いが全然違って、あたたかな色だからこそ、お料理も映えそう。(好みですけど・・・)  結局これにしました。  確かこれは27cm?  その上のサイズ、32くらいかな? 大きなお皿も買いました。   

今までいろいろなお店で探していて、あるフランスのメーカーのお皿もシンプルでとても好きだったのですが、 料理のプロの母に、買うならジノリにしなさいよといわれ、 イタリアに住むんだからジノリのほうが自然かなと思って・・・。 

でも、本当の本当は、 クリスチアン ペロションさんのような、 ああいう手作りの陶磁器のお皿が良かったのです。 でも普段使いするとなると取り扱いのことと、 もちろん値段のことを考えると....(= =)
基本の白いお皿はこういう本当にシンプルなお皿にしておいても良いかな、と思いました。 お料理はやっぱり白が映えるし。 しかし、これもアウトレットとはいえ、決して安くはありませんでしたが。 でも元の値段を考えると破格です。

小皿や小鉢は、ジノリ線でそろえるのではなく、 もっと面白い陶磁器を組み合わせて使った方が楽しいと決心? し、 買いませんでした。  レストランではないのですし、 私の作る創造的?家庭料理には、真っ白でフォーマルに攻めるよりも、 その方があいそう。   

それに、家のことが落ち着いて、少し時間が出来たら陶芸もしたいと思っているので、全く雰囲気を変えて、手びねりで,やはり日常使いのお皿を作ろうとkumatoさんと前から約束しているのです。白い基本のお皿となら、いろいろな組み合わせが出来るし、 そうした手作りの器とも違和感無く同じ食卓に並べられるような気がします。


a0278382_6034.jpg



私の買ったお皿は棚の上に展示されていましたが、一番手頃なお皿は入り口に近いところに山積みされて、何と枚数売りではなく、キロ売りでしたよ!?  安ければ大勢の客用(学生など)に買って帰ろうと試しに測ってみましたが、 それでも一枚あたり6−8ユーロくらいになり、イケヤの方がこれは安い! とあきらめました。 何しろ、学生が来た時には、 取り扱いもかなり粗く、ジノリかどうか等気にする人はいませんし、前回彼らが来た時は、少なくともワイングラスが5−6個は軽く割れましたから(涙)。    

kumatoさんはワイングラスを買いたかったのですが、気に入ったデザインの物は展示用においてあった1つしか在庫がありませんでしたので、泣く泣くあきらめました。

さすがイタリアだな、と思ったことは・・・・・大きなお皿の在庫がなく、 8枚買いたいのに5枚しかなかったので、また入るか? と聞くと入るとのこと。後から送ることも出来ると言われました。
それで、とりあえず今回5枚だけ買って、のこりは後から送ってもらえるようお願いしようと思い、その支払いはカードで電話で出来るのか、 それとも今払うのかと支払いの時に聞くと、 店員さん急にパニック!? 

えー そんなこと言われても! という感じで、 とにかく在庫が入ったら知らせるから、そしたら取りにくれば? とおっしゃる。 え? 送ってくれるってさっき言ったじゃない? 遠いからそうして欲しいのですが? といっても、 顔を真っ赤にして ’私はどうして良いか分からない’ という表情。

とにかく在庫が入ったら知らせるから!?? 知らせるからそれでいいでしょ!?

という感じで押し切られました。 
一応、メールアドレスと電話番号を置いて行きましたが、 さてどうなるでしょうね? いったい連絡すらくるのだろうか? 今年はもうトスカーナまで足を伸ばす時間はないでしょうし、 残りの3枚が無事手に入るのはいつのことかな? 




買い物その2

大切に大切に、スーツケースに入れてきました。




a0278382_557436.jpg
 



ふふふふふ・・・・・






a0278382_605696.jpg
  



ほほほほほほ・・・・・




そう、クリスチアンペロションさんの小鉢です。 これを2つ買ってきました。 本当はそれこそ8個買いたかったのですが、(スープ サラダ ボール?)2つしか無かったし、 たとえ8個あっても買えなかった!????・・・・・・・      そういうお値段でした。(私にとっては、です) 

写真では色がうまくでないのですが、 この写真よりずっと生き生きした微妙な色合いです。

a0278382_611878.jpg



あの、値段を聞けなかった大皿 とはまた違った仕上がりなのですが、 少し似た色合いのもの。 一目で美しい!! と感動しました。

他にもいろいろな小鉢をクリスチアンさん自ら棚から出して下さって、比べてみたのですが、 これがやっぱり素晴らしい。

お値段は??  と尋ねると・・・・・・ う・    た、高い!  普段使いの器としてはちょっと使うのが怖くなる値段。 (私、 お金持ちではないので・・・) これは、工業製品ではなく、 アート作品なのだ、というあたりまえのことをもう一度気づかされるお値段でした。   買うのをあきらめるか?、もう一つ大きめのを盛りつけ用の鉢として買おうかな? と思ったのですが、なんとkumatoさんが、太っ腹にも、良いじゃないか、 その小さいのを二つ、 僕たちのスープボールに買おうよ! とおっしゃるではありませんか。 

この方、 普段は私よりもずっとお財布の口が堅い方なのですが。 ジノリのお皿でもなんだかあきれてたし?  いや、ジノリに行ったから(アウトレットでも)気が大きくなったのか?   しかし、スープボールですか、 恐ろしい。  この方、食器を洗う時、 凄い雑な洗い方で洗い、水切りかごにがちゃがちゃ平気で積み上げるのですけれど? そのまま乾かして、 食器棚のどうでも良いところに突っ込んで、その上に重たい別の食器を積み上げるのですけれど?   繊細な食器を使う時には、とにかく私が食後に素早く洗いに立って、 そーっと洗い、すぐに布巾でふいて大切にしまわなければ行けないのですけれど? 


でも、その優しいお言葉に励まされ、 2点購入させていただきました。 


a0278382_5592541.jpg


うーん、 好きです。 この食器を使うたびに喜びがわくだろうなあ。  クリスチアンさんもカスパーさんも、日常に使ってこそとおっしゃっておりましたし、壊れたら、日本にもって帰って金継ぎという手もあるし、大切に使わせていただこう!  





買い物その3



a0278382_613691.jpg
 



下の小さなまな板のような物は、 フィレンツエで買ったニョッキ用の道具です。 これでソースを絡める筋をつけるのですね。 今まではフォークを使っておりましたが、前から欲しいなあと思っていたら、 たまたまフィレンツエのアカデミアに行く途中の台所用品店にあったので買ってみました。 これは安かった。 



奥のは、 オリーブの木で出来た麺棒。 シエナのお店で買いました

今は、 母から譲り受けた日本のプロ用の麺棒を大小2つ使っています。 けれども,改築中の新しい家に4月からガスオーブンが入って、そこでたびたび家での作業の合間をぬって、お菓子やパンを焼くことがあるので、 そのためにもう一本麺棒を買いたかったのです。 

実は1ヶ月ほど前にスーパーで、350円くらいのを買おうと思ったら、レジの人が値段を読み取れなくて待たされたあげくにらちがあかなかったので、急ぐ物でもないしと思い、買わなかったのです。 そしたらシエナでこんなに素敵な物が・・・・(^ー^)
オリーブの木目が凄く美しい。 

洗剤、漂白剤等は不可。 お湯で洗って、たまにリンシードオイルでお手入れをして下さいと言われました。 



他にも、もちろん沢山お菓子やら何やら買ったのですが・・・・・


全ておなかの中に収まってしまいました・・・・ごめんなさい・・・・・(^ー^)




追記 質問

ところで、いいね!ボタンを付けるには、ソーシャルツール表示と、プロフィールに投稿するという四角の選択欄の両方にチェックを入れると出来るそうなのですが、 いくつかの記事には、そもそもソーシャルツール表示の選択しかでて無いのです。 例えばこの記事はそうでした。どうしてかご存知の方がいらしたら、教えていただけませんか?  

 
 









 


   
by tomomato | 2012-06-14 19:22 | 石の家のものの話 | Comments(0)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

長靴と鳥と壁・・・・
at 2017-10-21 05:03
kumato in Japa..
at 2017-10-17 15:51
イタリアに戻りました +家の..
at 2017-10-16 01:25
kumato in Japa..
at 2017-10-11 06:34
kumato in Japa..
at 2017-10-10 08:13

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

papricaさん、 こ..
by tomomato at 05:37
ええ〜〜〜っ!!これ、本..
by papricagigi at 02:43
鍵コメfさん、 そちらの..
by tomomato at 16:00
francanaさん、 ..
by tomomato at 19:48
こちらも先週末は、半袖で..
by francana at 20:53
roroさん、楽しんでい..
by tomomato at 15:53
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:49
お久しぶりです。楽しく日..
by roro at 14:35
あはは! 本当にkum..
by fran9923 at 07:57
鍵コメkさん、うちのすぐ..
by tomomato at 20:49

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧