カテゴリ:お出かけ( 186 )

秋の小豆島 3  




a0278382_931768.jpg






さて、 小豆島に着いた午後、 あちらこちらを廻った後にマルキン醤油の黒い塀の所を入って、宿に向かいました。
今回お世話になったのは、 

小豆島 真里 。



実は、今回の旅のメインは寒霞渓の紅葉とこの真里さんなのです。  真里さんは、 いろいろな雑誌やテレビでも取り上げられる素敵な宿で、 私も ‘素敵な所だな’ と思っていました。 でも’素敵だな ’ と思うのと、 お財布の都合は別の話・・・・・  002.gif 




ところが、 母もテレビの番組をみて、 行ってみたいなと思ったそうで、 ’お料理も素晴らしいし、 是非、 行ってみましょうよ! ’  と・・・・・・・・064.gif


このお宿は、 初めての場合、5ヶ月前からお部屋の予約が出来ます。  寒霞渓の紅葉が例年の予定で行くと 一番素晴らしい = 一番混む この時期のお宿をとるために、私も頑張りました。066.gif   

今回の帰国の予定はなんと、 まず最初に宿をとって、 後からのんびり飛行機の切符を買ったのです。 (爆)


今まで何回も秋に帰国した時に母と紅葉の旅行に、または春に帰った時には花を見に旅行に行ったことがあるのですが、 いつも早すぎたり遅すぎたりで、 自分の予定に自然をあわせるのは無理がありました。      今回は外れませんように!!!  と、 早くても遅くても大丈夫そうな時期に日取りを決めました。


私が予約をした時には既に殆どのお部屋がいっぱいで、 とれたお部屋は天井が高く梁が美しい  のお部屋でした。



事前に、 真里の美しい芸術的なパンフレットと真里と小豆島の丁寧なご案内が送られて来て、 旅への期待感が盛り上がりました・・・・・・ 





てのお部屋の梁




a0278382_933284.jpg







a0278382_935474.jpg





ちなみに、なぜ ’ て ’ のお部屋かと言うと、 


 ひし お で お も  な し    



という言葉からそれぞれのお部屋の名前が付けられているからだそうです。それぞれのお部屋のおもむきも違っていますが、どの部屋も意匠を尽くし素敵な様子がパンフレットやホームページからうかがわれます。 






この大きな梁のお座敷の横には  座敷の写真がない! 立派な座敷を想像して003.gif 




a0278382_942493.jpg






そして和風のベッドルーム、





a0278382_935871.jpg




   あ! あさ起きてとったので、私の寝た所が乱れている!見ないで!


このベッドは、 床よりも一段高い所にベッドの板が2段目の床の様にはめ込まれており、その高さに二つベッドのマットレスがおかれております。 和風ベッドと言うか?   

ただ、 私の母は高齢で、夜中に何回もお手洗いに目を覚ましますので、 このベッドはちょっと危険でした。 そこで、 和室の方に母だけお布団を敷いていただきたいとお願いした所、快く変えて下さったので助かりました。


部屋、館内全てにとても素敵な照明が使われており、また空間の工夫がされていていちいち感動する程で、 本当に素晴らしいのですが、 高齢者にとっては暗い照明や段差がちょっと気になるところがありました。   数年前に父を送り、母も年をとり、あたりまえのことが障害になってしまう 高齢者生活 にすっかりハマってしまった私は、 全然違う視点になってしまって・・・・・・ 008.gif   

高齢者仕様に明かりを全て明るくしたり、 段差を一切なくしてしまったら、 平面的で空間の面白さが消え、この落ち着いた素敵な雰囲気もなくなってしまうしね! 


お年を召した方には、 ベッドではなく和室にお布団を敷いていただければ、 問題はないと思います。 


お宿にも、竹の湯と石の湯と二つの温泉が有るのですが、 お部屋にも温泉がでる小さなお風呂があります。





a0278382_944711.jpg
 






そして遠くに海が見えるテラスがついています。 お部屋の四方に窓が有ります。
お宿は、山と海の間に広がる小豆島の落ち着いた町並み (村並み?)の中にあり、 まわりには畑が広がっています。 最後の日には、 お宿のまわりを散策しましたが、 とってものんびりと落ち着いた雰囲気で感動しました。 






a0278382_934910.jpg






a0278382_942347.jpg






a0278382_943565.jpg














ついて間もなく、 お茶を持って来て下さいました。








a0278382_951077.jpg






美味しいお菓子がついて、 旅の疲れを癒しほっと一息・・・・・ 012.gif
by tomomato | 2012-11-27 12:21 | お出かけ | Comments(4)

秋の小豆島 2







a0278382_14441520.jpg











さて、 岬の分教場、映画村を後にして向かった先は、 マルキン醤油の記念館と工場に向かいました。 
記念館では、入場券を買うと小さなお醤油の瓶をくださいました。 中にはいろいろとお醤油に関する資料等が展示されておりました。






a0278382_14444916.jpg





ここには、 昔ながらの醤油蔵に加えて、 昭和??? の古〜い工場の建物、 そして新しい工場の建物と並んでいて、 面白かったです。 




近代的な工場の中もちらっと見学しました。 大きな金属の容器にお醤油は入れられて、機械で作られていました。 






a0278382_14341920.jpg








マルキン醤油は、本当に規模が大きく道路を隔てた所にある昔ながらの蔵も使っていらっしゃるようで、 道路をしきりにフォークリフトが横断して、行ったり来たりしておりました。






a0278382_14441357.jpg








醤油蔵の壁が黒いのは、 酵母が生きているからなのだとどこかでお聞きしましたが、 やはりこういう昔ながらの木塀がほっとします。 







a0278382_14451465.jpg








昔の樽も工場の前に・・・・・・・







a0278382_14343251.jpg










その後、 日が落ちる前にと急いでオリーブ公園に参りました。








a0278382_1434306.jpg







え?   ここは何処???  と思うようなヨーロッパ風????  の庭の作り・・・・






a0278382_14345878.jpg






瀬戸内海はやっぱりいいなあ〜〜〜〜〜〜 016.gif  見ているだけで心がほっとするのです。







a0278382_14352272.jpg








隣にはオリーブの木々が植わっておりました。   母と、



’わあ〜〜〜〜〜〜〜〜   !イタリアみたい!! 003.gif ’ 




女子二名056.gifののりで、 夕暮れのオリーブ畑や温室等を散策・・・・・・









a0278382_1435424.jpg
]





ちょうど収穫祭の時期でしたので、 センターではいろいろなものを販売しておりましたが、 ここでは何も買いませんでした。







a0278382_14353419.jpg







こちらはオリジナル? のオリーブ畑。 かなり年期が入っていて、 枝がねじ曲がってからみ合っているのがとても面白かったです。





a0278382_14352443.jpg

 







日本で一番古いオリーブの木も有りました。 大正の始めに日本にオリーブの木が初めて入って来て、 相当苦労して小豆島に根付かせたそうです。 

イタリアから来た私は、 エルバ島の光景を思い出して、何となくホームシック??? になりました。


私のオリーブの木、 元気かな・・・・・・・ 

















a0278382_1435421.jpg





オリーブをしぼる道具の巨大なもの・・・・






なぜか現代彫刻も有りました。







a0278382_14355054.jpg











a0278382_14352163.jpg








風車が優雅に廻り、 ここはちょっと別世界??? 















だんだんと日が落ちて来て、そろそろ行こうか? と話している時、一人の若者が真っ黒なバイクでオリーブの木々の中にやって来ました。


そしてヘルメットを手に一人、颯爽と風車に向かって行きました。








a0278382_14353786.jpg









かっこい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!     若者の一人旅なのかな? 妙に絵になっていました。



  




   おばさんまるだし??  003.gif
by tomomato | 2012-11-26 15:21 | お出かけ | Comments(4)

秋の小豆島 1 





a0278382_11161463.jpg






ずっとあちらこちらに行って、 昨夜、実家に戻って参りました。 







a0278382_11155336.jpg







今回の帰国のメインは、 小豆島旅行でした。 実はこの旅行はほぼ半年前から計画していて、 この旅行にあわせて今回の帰国の日程を決めたのです。





数年前に香川の島々、 特にアートを中心に廻って旅行をしたので、 今回は是非小豆島に、 特に紅葉の季節に!!!  という母の希望でした。




2泊の予定でしたので、 レンタカーを借りてゆったりとあちらこちらに廻れそうで、期待感満々で船に乗りました。  私は新神戸から、母が東京方面から乗る新幹線に乗って車内で合流・・・・・
高松からお昼頃に草壁港に向かう内海フェリーに乗りました。 


フェリーを降りて直ぐに内海フェリーのレンタカーを借りました。 このレンタカーは今年の春から始まったらしいのですが、 借りる時にかなり厳重に車の傷等チェックされ、(奇麗な新しい車でした) 事故についての注意等なんどもなんども強調されたので、 かえって緊張して怖くなってしまいました・・・・・008.gif


何しろ久しぶりに運転するので緊張している上に、 何回も事故を強調されると・・・・・・ 025.gif


前に、豊島だったかで借りた時には、 ぼろぼろの車だったので、 チェックもなく気が楽でした。
012.gif




こわごわハンドルを握り最初に向かったのは、   24の瞳、岬の分教場。  







a0278382_11165553.jpg






懐かしい昔の校舎が有りました。













母が、 やたらと昔を思い出し、懐かしがっていました。  でも私も小学校一年生の時にはまだ木造の校舎で、こういう雰囲気だったかも???  (ちなみに東京都です。 年がばれる・・・・・) 二年生の時にはもう鉄筋コンクリートの校舎でした。  木造校舎の時には巻きストーブがまだあって、 毎朝用務員のおじさんが来て薪をくべて下さって、その暖かさを未だに覚えているのです。  木のぬくもりって、一生忘れないものなのかもしれませんね。




こんな懐かしいものも。




a0278382_11163262.jpg






昔は先生がオルガンを弾いて下さっていましたね。 私の先生も、余り上手ではなかったけれど、 教室の足踏みオルガンを弾いて下さって歌った覚えが有ります。 (あ!! でも言っときますけれど、この分教場の世代では有りませんよ!!!  003.gif )





a0278382_11162347.jpg







これは、先生の巨大そろばん。 机の大きさくらいでした。





a0278382_11164261.jpg








何もかもがレトロ・・・・・





a0278382_11164751.jpg










母は、 昔の教科書の展示をじっくりと見て、 ’ あ!! これこれ、 私が使った教科書と同じ!!! ’ と感動しておりました。






a0278382_11163791.jpg







分教場を後にして、 向かったのは映画村・・・・







a0278382_1117310.jpg








ここは24の瞳の映画のセットが沢山残っています。  映画のセットだし・・・・ とばかにしていたのですが、 結構面白かったです。  





コスモスがとっても奇麗に咲いていました。





a0278382_11171331.jpg





旅の疲れがす〜〜〜っと消えて行くくらい、 視界一杯に咲いたコスモスが本当に奇麗で・・・・・







a0278382_1117839.jpg









a0278382_1117525.jpg







後で見たらまったく良い写真がなかったので残念なのですが、 映画に使っていた昔ながらの光景に、古い建物があちらこちらに沢山立っていて、 小さな川の流れに橋が架かっていたり、 その時代の雰囲気に浸れます。  その川のほとりに出ていた屋台の昔ながらの小麦粉の手焼きおせんべいが、とっても美味しかったです!  (ばりばり食べてしまって、写真なし・・・・003.gif )





a0278382_11172999.jpg



セットの中で使われていたバス。
分教場も、本物の建物そっくりそのまま作ってありました。





時間が許せば、24の瞳の映画もまるまる見られるし、 お土産屋さんをのぞくのも楽しいし、 行ってみる価値は有りました。






a0278382_11171928.jpg






海岸沿いに有りますので、海の景色を見てのんびりしました。  瀬戸内海の光景は、私の魂の原景で、 フェリーに乗ったときから母と、


’瀬戸内海はやっぱりいいね〜〜〜〜!! 053.gif  こういう所は他にないわよね〜〜。 この島々が本当に美し〜〜〜〜  穏やか〜〜〜〜 016.gif ’



と連発しておりました。 







   写真有り過ぎなので、 整理をして、すこしづつアップして行けたらと思います。 









a0278382_11422163.jpg

by tomomato | 2012-11-25 11:57 | お出かけ | Comments(5)

初めての神戸 





a0278382_230215.jpg











皆さんご無沙汰しております。 時差ぼけから何とか復活し、 旅に出ております。
九州に始まり、 今日は神戸、そして明日小豆島へ向かいます。



今日、神戸では、 africaさんファミリー にお会いすることができました!





africaさん、 初めてお聞きしたお電話の声も、 お会いした姿も、  想像していたよりも(何を想像していたのだ??? 003.gif003.gif) ずっとかわいらしい感じの方でした。 デジタルの世界って、 その方について沢山の印象を与えてくれるけれど、 やっぱり実際にお会いすると、それまでの印象プラスαがある・・・・・・  






お昼過ぎにお会いして、 自然の中にお散歩に連れて行って下さいました。 もうお会いした瞬間から、 実際は ‘初めて’ お会いするのに、どういう訳かずっと前からよく知っているお友達にしばらくぶりに再会したかの様にしゃべりっぱなし!!!! 018.gif




歩いている間も話が尽きず、 つい美しい紅葉を見落とすことも・・・・・・・ 




その後カフェに行ったのですが、 それでも話は尽きず・・・・・・・ 




 

     しゃべりすぎてのどが痛くなってしまった・・・・・ 







そしてあっという間に日が沈んでしまい、 お宅にお邪魔してお食事をごちそうになりました。






いそいそと美味しいスペイン料理を作って下さるafricaさん・・・・・・







a0278382_045074.jpg
















実は、今回、africaさんとお会いすることになった一番の目的は、 




    ’ヒゲが生えておらず、声変わりをしていない かわゆい くーまくん



 を見る に会わせていただくこと・・・・・・ 来年中学生になるくーまくん、もうこれが最後になるかも知れない!!! と・・・・・・・    012.gif



くーまくん、 私が来ると言うので? おかあさんに早く学校からおうちに帰ってくるように言われていたそうなのですが、 何と私達、 すっかりおしゃべりに夢中になってしまって遅く帰って来てしまいました・・・・・    ごめんね、 くーまくん。032.gif










a0278382_22594799.jpg







あの丹波の枝豆に始まり、 次々美味しいタパスがテーブルに並び、 おまけに、Antoさんが、あのkotoriさんのすだちを入れた美味しいモヒートを作って下さって、おなかがすいていた私はすっかり心を奪われ、 さっさと一人でテーブルについて食べるのに夢中になってしまいました。




Antoさんがカメラを取り出したのを見て、 初めてはっと気づいた私・・・・・ 039.gif

もしブログにこのafrica家訪問をアップするのなら写真を撮らなければ・・・・・ 027.gif

でも、 

めんどくさい、 美味しいものを思う存分集中して、堪能して楽しみたい!! 026.gif・・・・・・ 



と言う相反する感情の狭間に葛藤し、  仕方がなく鞄からカメラをとりあえず出して何枚か写真を撮りました。  


      まるでやる気なし 良い写真はafricaさんのブログにご期待を・・・・・ 003.gif







a0278382_22595225.jpg








きちんと照明までつけて写真をしっかり撮るAntoさん、  私は私で食べ物に気をとられながら 仕方がなく その姿を写真に撮ります・・・・ さっさと撮って、早く食べたい (爆) 



いや〜〜〜〜〜〜  何しろ写真に気合いが入っていなくって、 本当に本当に美味しいお料理が沢山並んでいたのに、 全然料理の写真がない!!!!   003.gif   良いショットが全然ない!!!    ごめんなさ〜〜〜〜い 







a0278382_22594964.jpg









イカスミのパエーリアが出来るまでくーまくんとゲームをしました。 最初はタイで写真を撮る余裕すらあったのに、 途中から立場が悪くなり、 ついに負けた!!!!  マジ悔しい  007.gif   つい手に汗握り、興奮してしまいました。     


くーまくんはお気に入りのおもちゃを沢山見せてくれました。  好きなおもちゃが似ていて楽しい・・・・ 003.gif  








a0278382_22593146.jpg







パエーリアにもスダチが美味しかった・・・・・




   イカスミのパエーリアを美味しそうに写真撮るのってどうやるのだろう??








a0278382_22595619.jpg







africaさんがホットプレートで作ってくださった美味しいパエーリアをおかわりまでして頂き、おなかが一杯になって動けない程になり、 003.gif 今度はAntoさんと3人で、またまたおしゃべりに花を咲かせ、あっという間に帰る時間になってしまいました。  制限がなかったら、そのまま永遠にお話は続いていたかも?????    





うーーーーん、 この方達、 本当に初めてお会いしたというのが信じられない??  単にブログでこの方達を存じ上げていたというだけでは決してないような・・・・・????



とてもとても楽しい 不思議な 時間でした。








a0278382_230822.jpg








神戸を訪れたのは初めてなのです。  今回、いわゆる観光はしなかったけれども、 神戸らしいセンスの良い落ち着いた町並みを歩き、 そして自然の中をお散歩に連れて行っていただき、  おいしいおいしいスペイン料理をごちそうになって、 楽しい楽しい時間を過ごさせていただき、  本当に素敵な一日になりました。




そして、 お別れの時には、 今回の訪問のメイン、 くーまくんのまだつるつるのお肌を触らせて頂きました!????



変な人!??  ときっと思われたに違いない!!! 037.gif




africaさん、 Antoさん、 くーまくん、 本当にありがとう!  次回は夜中までゲームね???

     寝不足怖い・・・・・

 







   
    

  
by tomomato | 2012-11-20 00:44 | お出かけ | Comments(10)

いざ! 日本へ!






a0278382_611748.jpg






明日、 日本に帰りま〜す。  003.gif



今日は最後のお土産を買いにマーケットに、 後はばたばた荷造りをしていました。






日本ではブログの更新は余りしないかも???





何か楽しい話題があったら・・・・・  と言う感じで・・・・


後はkumatoに写真をシェアするために????  ???    035.gif




更新が途切れたらごめんなさい!  



12月初めにまたこちらに戻る予定でおります。 





See you soon !




ps. 初めてのアリタリア、 どうでしょうか???  ちょっとこわい・・・・026.gif
by tomomato | 2012-11-11 06:17 | お出かけ | Comments(14)

休暇の最後は・・・・・





a0278382_5331853.jpg







リオマリーノからピオンビーノに向かう船に乗っている人は、数える程でした。

甲板に上がってエルバ島とゆったりと別れを惜しみながら過ごしました。







a0278382_534189.jpg








空には信じられない程のドラマが繰り広げられていました。






a0278382_5345142.jpg







うーん、 毎日この自然のドラマを眺めていたら、 人生の質が変わるのでは? 003.gif






a0278382_5351472.jpg








飽きずに空を眺めているうちに、あっというまにピオンビーノの港が近づいて来ました。






a0278382_5353367.jpg









自然の光とは全然違うけれど、 これもまたロマンティック・・・・





a0278382_5355432.jpg











a0278382_5361953.jpg







前に一度だけピオンビーノでの船の待ち時間が長かったので、時間つぶしに街まで出たことがありました。 その時に入ったオステリアがあまりに美味しく、 最初ブロスケッタだけ食べて出るつもりが、 ついつい追加注文して、危うく最終船に乗り損なうところだったのです・・・041.gif



そこは、 古びたオステリアで、他には地元のおっさんらしき人達があれやこれやつまみながら楽しそうにつまんでいました。  

そのオステリアに是非もう一度行ってみたい! と思っていたのですがその機会がここ数年なく、 今度こそ! といきこんで街に繰り出しました。

と、 と、 ところが、  何とその古いオステリアはホテル共々クローズしてしまっていました・・・・・・・   古びた窓をのぞくと、確かにあのひなびたオステリアのインテリア! でも倉庫の様にいろいろなものが積み上がっていました。  あの美味しいお食事は幻となってしまった・・・・007.gif







a0278382_5364821.jpg







気を取り直して中心外を抜けるとこんな城壁が・・・・・・・・






a0278382_5371748.jpg








そしてまたこんな・・・・・・     小さいけれどもとっても素敵な港町でした。 夜も活気があって、沢山のレストランやバーが立ち並び、 楽しい雰囲気でした。

結局別のレストランに入って、 ワインを飲みながらお食事を楽しんで、 ふと時計を見ると・・・・





    え???   9時半!?????005.gif






あの、 家までぶっ飛ばして5時間、 普通で6時間以上かかるんですけど・・・・・(汗)





遅い船に乗ったら帰るのが遅くなるからと、 無理してもリオマリーノから乗って来たのですが、 結局の所、 もっと遅くなってしまった!! 002.gif





慌てて出発しましたが・・・・・  途中、サービスエリアで後ろに積んでいたマットレスに撃沈、小休憩、






家に着いたのは夜中の3時半くらいでした・・・・  



              048.gif






なぜか休暇の翌日にくたくたになっていたのは・・・・  この私


   




kumatoさん、 けっこう元気でしたあ・・・  いつも元気なやっちゃなあ・・・ 035.gif(感心)
by tomomato | 2012-10-21 06:06 | お出かけ | Comments(2)

夏を追う エルバへの旅 4




a0278382_695666.jpg







あっとまに3泊4日のエルバ旅行は終ってしまいました・・・・(涙) 

ほんとうはもう1泊と思っていたのですが、やはり仕事が気になるkumatoさん。 帰った翌日にまたスイスまで長距離運転もきついしね・・・・・




夜中に家に着くのはきついから、 少し早めに17時半の船に乗るつもりで行きと同じポルトフェライオに向かったのですが・・・・・・・


なんとちょうどスイスの学校の秋休みが終わるのもその週末なため、 船は満杯でチケットが買えませんでした。 その次の船まで2時間近く間があるので、 kumatoさん、機転を利かせて1時間後にリオマリーノというもうひとつの港出発の船のチケットをその場で予約しました。 


おかしいのは、 kumatoさんが、

 ’リオマリーノからも船が出ているでしょう? 035.gif  

とチケットオフィスのお姉さんに聞いたら、 お姉さん、 

’はい、18時半にありますよ、 でも到底間に合わないわよ???  027.gif’  


と言ったのだそうです。 聞いた時には16時45分。  リオマリーノまで車で30分ちょっと。  


                 ?????  



’充分時間あるじゃない、 チケット欲しいんだけれど035.gif



’え〜〜〜〜〜〜 (嫌そう)、 でもあなた道知ってる訳???? 015.gif








とか何とかケチを付けてなかなかチケットをだしてくれなかったそう。  なんで????  039.gif 





a0278382_610309.jpg









リオマリーノは、ポルトフェライオに比べるとずっと小さな港ですが、 こじんまりしていてとってもいい感じです。  kumatoさんは大昔、ここのアパートメントに滞在して休暇を過ごしたそう。昔のイタリアが残っている感じの町並みで、 通りも学校帰りの子供達が遊んでいてとてもにぎわっていました。  私達が滞在した小さな村は、 秋休みのスイス人でごった返していたので、 なんだかやっとイタリアで休暇している気分になりました。  006.gif







a0278382_6101335.jpg









時間がタップリあったので、(チケットオフィスのお姉さん、大丈夫?) 町中の場末のバーみたいな所でkumatoさんはアペリティボ,私はコーヒーを飲んだのですが、何とたったの2ユーロ!?




ワインもそこそこ美味しく、 コーヒーは凄く美味しかったです。


その前の通りは昔漁港だったなごりか、 石で作った魚を処理する台がずらっと並んでいました。





港をうろうろして小さな船着き場に早めに着きました。  待っている船は数える程。  みんなリオマリーナからも船が出ているのは知らないんじゃないかな?  しかもチケット代はちょっぴり安いのです。









a0278382_6153817.jpg







あーーーーー 遠くから船がやって来た!!!    あ〜〜〜〜〜 あの楽しかった休暇ももう終わりかあ・・・・・・・007.gif








桟橋に立って、 乗る船を眺めるkumatoさん・・・・  なんかかっこつけてない?
この人、カメラを向けるときりっと表情が変わるのです。 037.gif





a0278382_6104696.jpg









なかなか良い感じの港でしょう?







a0278382_611785.jpg








ポルトフェライオよりこじんまりして、 雰囲気あるかも?  (アレはアレでかっこ良いけれど)







a0278382_6112787.jpg










さて船が出発します。



a0278382_6141685.jpg






次回は締めくくりに船から見た写真をアップしま〜す。 003.gif 



     何処までエルバ話題で引き延ばすんだ??













































  
by tomomato | 2012-10-20 00:33 | お出かけ | Comments(0)

夏を追う エルバへの旅 3



a0278382_5473544.jpg









今日は、エルバの植物の写真をアップします。 056.gif



植物の形状って、 ほんとうに見ていて飽きないのです。 じっと観察して、 その面や線の動きを追っていくだけであっという間に時間が経ってしまう。  その動きや流れに心をそわせる行為は、瞑想の様でもあり、大好きです。

でも今回は、だらだらして遊んでばっかりで 絵を描く余裕がなかったので、 写真だけ何枚か撮って来ました。  







a0278382_548994.jpg









あちこちにオリーブの実がたわわとなっていたのですが、 ほとんどほっぽらかしで収穫しないままになっています。 たまたま訪ねたお家でも大きなオリーブの木があって、実がわんさかなっていたのですが、 持ち主の方は全然収穫しようとも思ってもいらっしゃらないようでした。 

もったいな・・・・・kumatoさんたら、 今度この時期にまた来て、何百キロととって帰ろう! と張り切っておりました・・・・やりそうで怖い・・・




オリーブの木を見るたびに、 私のオリーブの木のことを思います。 この冬無事に過ごしてくれるかどうかちょっぴり不安で・・・・・・・ 025.gif   









a0278382_550128.jpg





ブーゲンビリアはあちらこちらに咲いていてとっても奇麗でした。







a0278382_68301.jpg







南国って感じ?


レモンやオレンジの木もあって、 あちらこちらで実が沢山なっていたのに、良いショットがなく・・・・・・・







この色のブーゲンビリア、 kumatoさんとっても気に入っていました。




a0278382_5485846.jpg










と思ったら、 自分の来ているシャツと色が同じなので、ますます好きになったそうで・・・・・







a0278382_21131117.jpg




035.gifわざわざカメラを向けている所に腕を差し出すkumatoさん













岩場の方に行く道も植生豊かで、 ほんとうに飽きないのです。





a0278382_681470.jpg













a0278382_613525.jpg





パインの木もなんだかとても風景にとけ込んでいて












a0278382_67198.jpg










青い海をバックに美しいです。









kumatoさんが、なんだか物語りの主人公みたいで・・・・   赤いシャツが風景の中に ぴかっとアクセントを与えています。








a0278382_632071.jpg








これがね、私の大好きな木・・・・・







a0278382_66443.jpg







これを題材に何枚も何枚もスケッチしたり絵を描いたりしました。  何回見ても描いても飽きないです。 







a0278382_661671.jpg









独特の香りを放っていて、 岩場の上の茂みの中に特別な雰囲気を醸し出しています。



ユーカリの木です。













a0278382_674136.jpg








様々な海岸や、小さな魅力的な街や村々も沢山あるので、 エルバに2−3週間いても飽きることはありません。




でも、一番飽きないのは、 自然の中にいることかな? 













 
by tomomato | 2012-10-18 05:58 | お出かけ | Comments(6)

夏を追う エルバへの旅 2





a0278382_534989.jpg









翌日は今ひとつのお天気だったのですが、 泳ぎに行こう!!!  ということで、私達二人が大好きなCavoliという所に泳ぎに行きました。 ここは夏ならば芋を洗う程沢山の人達がにぎわう人気の海岸・・・・・・白い砂浜にターコイズブルーの海、 そして緩やかに湾になっているので風からも守られていつも穏やかな海、 そして海岸の横には美しい岩場が・・・・・・・ 

ここは私とkumatoさんの思い出の場所でもあり、 毎年の様にエルバに行くたび、ここに陣取って絵を描いたり海水浴に行ったりします。 











a0278382_536358.jpg











秋は、 それほど混みません。 気がついたのは今年は、 やたらにスイス人が多いと言うこと。
ちょうどスイスの学校の秋休みと重なっているからなのですが、 聞こえるのはイタリア語ではなくスイスドイツ語ばかり!!! 005.gif













a0278382_5353984.jpg













海の水は少しひんやりとしているので、 皆さん日光浴をしたり海岸で遊んでいる人が多く、 美しい海の中に飛び込んで泳いでいる人は数える程でした。











a0278382_5365937.jpg














私達は、しっかりシュノーケルで楽しみましたよ!  何しろ水が青く奇麗なうえ、 海底が白砂なので、 何メートルも下まで見通すことが出来るのです。  岩場のまわりには沢山沢山いろいろなお魚がいて、 凄く楽しかったです。












a0278382_5384473.jpg












このスイカね、 家の庭で夏の終わりにとれたものなのです!!! 9月になったらきゅうに寒くなって、 スイカなど食べる気がせず、ほっぽってあったのをこのときとばかり車に突っ込んできました!! 

まだ食べることができました!  少し種が育って大きくなっているような気はしたけれど・・・・037.gif











a0278382_538354.jpg













ここには歩いて行けばコーヒーもあるし・・・・・・・ 063.gif 

kumatoさんの兄弟はワイルドで人里離れた所が好きなので、 Cavoliにはほとんど来ないのですが、 人がいてわいわいした雰囲気も私、好きです。   


060.gifアナナスココベーロ フレスコ ココベーロ!!!060.gif


と歌うように大声をあげながらバスケット一杯のココナッツとパイナップルを売りに来るおじさんもいて、 
そうした楽しい雰囲気も好きなのです。 






既にさんざん岩場の写真はエルバに来るたびに撮っていたので、今回はあまり撮りませんでした。
いつか古いハードディスクにある写真を見つけたら、 エルバの美しい岩の写真を紹介しますね。











a0278382_535343.jpg











シュノーケルをしなが白砂の海岸から岩場の方まで泳いで行った時に、 kumatoさんがまたランドアートを始めて、 そばにあった大きな石を使ってとても素敵な彫刻? を作りました。残念なことに海から来たのでカメラは持っていませんでした。

凄く良かったので後で写真をとりに行きたかったのですが、その後時間に迫られ、 とれませんでした。  観客、私一名の幻の彫刻になってしまいました。 











a0278382_5394374.jpg








夕方は泊まっていた村でkumatoさんの弟と、そのお知り合いの方達と合流、 アペリティボ。 



しかし凄い色・・・・・・ 












a0278382_5391728.jpg





短い休暇でも、全てを離れて家を出て来て良かった!!! 041.gif















a0278382_5401539.jpg






山も大好きだけれど、 海も大好き 





       実は高校の時、水泳部・・・・・当時、よく魚になりたいと思っていました003.gif  
by tomomato | 2012-10-17 16:09 | お出かけ | Comments(0)

夏を追う エルバへの旅 1






a0278382_19105170.jpg









たどり着いた所はエルバ島です。









a0278382_1983799.jpg











エルバ島には、 絵のコースや休暇を含めほとんど毎年の様に訪れております。 今回はほんの数日でしたがいつもは1−2週間滞在して、絵を描いたり泳いだりのんびり過ごします。




数日だけの滞在にはちょっと遠すぎかな・・・・・?


エルバ島と言えばナポレオン。   


こんな奇麗な所に流されたのなら、それほど苦労はしなかったのでは?? っと思わず不謹慎なことを思ってしまう程奇麗な所です。  国立自然保護地区に指定されているため、海のみならず山も自然がほんとうに美しくて楽しめる、 そして島に点在する小さな街や港も素敵な島・・・・・・・ 

 エルバよいとこ一度はおいで!!! です。 032.gif  海岸も、 白い砂浜の海水浴場から美しい岩場、 そして黒い砂浜など様々、 またいろいろな鉱石がとれることでも知られています。  















a0278382_1985240.jpg












実は、 私達が着いた既に1週間前から、kumatoさんの2人の弟達、そしてその家族、 またkumatoさんの同僚=お友達のチャールズ一家もエルバに来ていました。  ですので遠くに来たとはいえ、 再び身近な人達とのソーシャルタイムの数日でした。



着いた翌日は、チャールズとkumatoさんは新学期の準備に取りかかりました。


  ここでも仕事か? 015.gif という突っ込みは横において・・・・・・・











a0278382_1910088.jpg














新学期のテーマは音楽と絵画・・・・・・・・


kumatoさんの弟のDieterは、 ジャズミュージシャンです。 パーカッショニストなのですが、 自分でワイングラスを使った新しい楽器を作り出し、 とても素敵な演奏をします。

彼もエルバ島にいたので、3人で海辺でお仕事の準備をしていました。 









a0278382_199266.jpg











といっても、 お仕事にしては優雅・・・・・・










a0278382_1994368.jpg






私はね、 その間は彼らの様子を写真に撮ったり、ビデオに撮ったり、子供達と遊んでおりました。



     オマエモ絵ヲ描ケ絵ヲ!!!












a0278382_19103370.jpg








もう秋だ秋だと言っていた私に、 kumatoさん、





やっぱり夏だろ〜〜〜〜〜〜071.gif 035.gif





青い空の下、 青い海を背景に思いっきり背伸びをして 最後の 夏を楽しんでいます。






a0278382_199845.jpg







これ、チャールズが泊まっているお家で飼っていたムフローニ・・・・・????

いやヤギの一種かな?   飼い主は近くによって、いいこいいこしていたのに、私がカメラを持って近づいたらいきなり後ろ足で立ち上がって牽制!!!!  おまけにそのあと片足あげてぴーーーーーっとおしっこしました!!! (爆)  037.gif


怖かったのかな?







a0278382_19102039.jpg








この後は近くの港にマーケットが開かれているのでお買い物に出かけ、



あわてて出たので、水泳用のタオルは持って来たけれど、普段用のタオルを忘れてしまったので買いに行ったのですわ・・・・・011.gif



午後はのんびりと海岸で過ごしました。 遠くの島まで泳いだり、子供達とはしゃいだり。

そうそう、 kumatoさんのもう一人の弟に勧められて、はじめて海でカヌーに乗りましたよ。 えんえんえんえんと海岸線にそってかなり遠くまでカヌーで出かけたので、 後ですっかり肩と腕が痛くなりました。  

もう一人の弟のjörgは、スポーティで、 一日中マウンテンバイクに乗っているか、山登りしているか、沖にでてシュノーケルをしているか、カヌーに乗っているか、 ウィンドサーフィンをしているか・・・・・10分として一カ所にとどまっていることはありません。 みんなの様に砂浜でごろごろなんてもってのほか・・・・   彼と一緒に沖に出たので、 海側から洞窟の中に案内してもらいました。  


カヌーがやっと一台滑り込むことが出来るくらいの洞窟に、波に打たれながら入り込み、 はっきり言って死ぬかと思う程怖かったけれど、 洞窟の中の岩に光が反射して、ローズ色と黄色が鮮やかで、後ろの青い海と空のコントラストが素晴らしく美しく感動しました。  写真が撮れなくって残念!






みんなでのんびりと日の入りを見ました。




a0278382_19105892.jpg





静かな静かな瞬間。



じっと見守る子供達、大人達・・・・・・




a0278382_19111520.jpg






とてもとても特別な瞬間が凝縮した一日でした。







ほぼ始めて、カメラのビデオ機能を使ってみました。
編集もしたことがないので、さんざんですが、 ちょっと雰囲気が伝わるかしら?








Musik-Farbe Elba 2012












今回は短かったので、 本のちょっぴりしかエルバ島の紹介できませんが、 すこしづつ写真をアップしますね! 001.gif
by tomomato | 2012-10-16 05:32 | お出かけ | Comments(8)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

長靴と鳥と壁・・・・
at 2017-10-21 05:03
kumato in Japa..
at 2017-10-17 15:51
イタリアに戻りました +家の..
at 2017-10-16 01:25
kumato in Japa..
at 2017-10-11 06:34
kumato in Japa..
at 2017-10-10 08:13

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

papricaさん、 こ..
by tomomato at 05:37
ええ〜〜〜っ!!これ、本..
by papricagigi at 02:43
鍵コメfさん、 そちらの..
by tomomato at 16:00
francanaさん、 ..
by tomomato at 19:48
こちらも先週末は、半袖で..
by francana at 20:53
roroさん、楽しんでい..
by tomomato at 15:53
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:49
お久しぶりです。楽しく日..
by roro at 14:35
あはは! 本当にkum..
by fran9923 at 07:57
鍵コメkさん、うちのすぐ..
by tomomato at 20:49

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧