カテゴリ:今日のごはん( 10 )

食べ物ばっかり

a0278382_04412380.jpg










poteriさんの、パリでラビオリを買って、それがすごく美味しかったという記事に刺激されて、


ちょっぴり真似をして作ってみたくなりました。 poteriさんが食べたのはパースニップというお野菜が入ったものなのですが、ここでは手に入らないので、うちでできた人参を代わりに使いました。  
マーケットでいつもチーズを買うおじさんのところに、山羊のリコッタがあったので購入し、 それを使って・・・・ 





a0278382_04413617.jpg
 


これが美味しかった! 超美味しかった!  
人参にクミンをたっぷりふりかけてオリーブオイルをちょっぴり回し、アルミフォイルに包んでオーブンで蒸し焼きにしました。 かぼちゃのラビオリを作るときにも、茹でずにいつもローストしています。 旨味が凝縮されて茹でるよりも美味しいように思います。 
それに山羊のリコッタチーズを混ぜて包み込みます。
ソースはセージバターソース。  


しかし、ここで大騒動が!!!
パスタを伸ばしたら、さっさと作業しないとすぐにパスタが乾いてしまうので、 集中してやっていたらkumatoさんがお手伝いにきてくれました。 いつものようにキビキビと私の指示に従って、優秀なアシスタントを務めてくれたのですが・・・・・

パスタマシンを片付けてほしいと頼み、 マシンを入れている箱の中に歯ブラシが入っているので、それで細かいところの粉を払って、その後キッチンペーパーで拭き取ってしまってほしい・・・・ と詳しく説明したのですが・・・・・

私がラビオリを作る作業に集中してひと段落ついてみてみたら・・・

な、な、なんと!!

パスタマシンを洗ってしまった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

これは、超ご法度なのです。   だからこそ、 細かくどう綺麗にするかを指示したはずなのに、ちゃんと聞いていなかったのか誤解したのか???? 
確かに ’洗っちゃいけない’ とは言わなかった。  でも、歯ブラシで汚れを払い落として、キッチンペーパーで粉を拭き取ってと頼んだのに〜〜〜。
 
このパスタマシンは、私が小学生の頃、まだ日本には家庭でパスタを作るという概念などなかった大昔、母がイタリアから輸入したものを購入したものなのです。  もうそれからうん10年も経っているので、 少しき〜こき〜ことうるさい音を立てることもあるのですが、 大切に、大切に使っているものなのです。  これを使うたびに、母が当時作ってくれたパスタやラザーニャの美味しさを思い出し、 作っている時の母を思い出すのです。 

それが・・・・・・・   びしょ濡れになって洗い桶に!!


思わず ぎゃ〜〜〜 !!  何やったのよ〜〜〜 !! と怒鳴ってしまったので、

kumatoさんはわけわからずビビって真っ青に・・・・ 035.gif  パスタマシンを決して洗ってはいけないというのは常識だと思っていたのですが、もちろん使ったことがない人は知りませんよね??  でも細かく指示したのにこんなことが起ころうとは思ってなかったので・・・・   ちゃんとどうやって綺麗にするか言ったじゃないの!とひとしきり怒って、そのショックから立ち直るのに数分かかりました。   kumatoさん、慌てて拭いてからストーブのコンロの上に置いてくれたのですが、 私がコレは熱くなりすぎるのでは?と確認したら、 なんと滑り止めのプラスチックかゴムの方を直接火に向けておいていたので、 また慌てて別の場所に移しました。 汗

無事に乾いて、錆びずにいてくれたら良いのですが。 ただでさえき〜き〜いうのに、 もっとうるさくなったり、最悪使えなくなったら泣いてしまいます。
せっかく手伝ってくれたのに、kumatoさんにも怒ってしまって悪いことをしました。 

でもラビオリは最高に美味しく、二人で気を取り直して楽しく食べました。 
パースニップだったら、 さらに甘くて、ほっくりした感じになるのかなあ???  なんてkumatoさんと想像しながらいただきました。 
poteriさん、 美味しいインスピレーションをありがとうございました。 いつかどこかでパースニップ見つけたら、今度はそれでやってみます。 







a0278382_04394927.jpg
   




これは別の日の夜ごはん。 久しぶりにバッカラ(たらの塩漬け)を買ったので、水に戻してからクロケットを作りました。 バッカラと玉ねぎとニンニクを炒めて、牛乳で煮込み、牛乳が煮詰まりバッカラの身がほぐれてそぼろになるまで煮詰めます。 それとジャガイモを蒸したものを合わせて形を整えてフライにしました。  
たくさんできすぎてしまったので、残りは冷凍にしておこうと思ったのですが・・・・・・
この写真ではお上品に二つしかお皿に乗っていないのですが、 この後、 何回も何回もお代わりをして・・・・ ほぼ全部食べてなくなりました!
(ちなみに、18個作ったのです。 残ったのは2個・・・・・ そんなに小さくないですよ、これ??  ちなみに私たち、二人きりです。
なんだか、 パクパク次から次にいけてしまうのですよ・・・・・ 危険〜〜〜 



a0278382_04400175.jpg



翌日は、一見ハリネズミのように見えるお野菜があって、 それをスライスしたものにロサマリーナを塗ってバッカラを乗せてオーブンで焼きました。 ほっくりと美味しくできました。  







a0278382_04404183.jpg
 
この日は簡単に、ネギとスモークサーモンのパスタだったのですが、kumatoさんの大好物のかぼちゃのサラダをたくさん作りました。

アーモンドやレーズンがたっぷり入ったこのサラダ(パスタの奥)は、母に教わったものなのですが、kumatoさんの大のお気に入りだそうです。
紫玉ねぎを刻んだもの(あるいは玉ねぎを水にさらしたもの)を入れてマヨネーズかヨーグルトであえて塩胡椒しただけです。  元々のレシピはくるみです。  かぼちゃは、 あまり柔らかくしすぎず、 食感が残るように蒸す程度が美味しいです。  
この冬の寒波で、野菜は全てダメになるかと思いましたが、結構生き残ってくれたものもあるので、 不自由せずに食卓の野菜の全てを賄っています。
かぼちゃも大小、あと20個くらいまだあるので、一生懸命食べなければ・・・・




a0278382_04393856.jpg
 



サワードウのパンを薪ストーブで焼くのにだいぶ慣れてきたので、 色々なレシピに挑戦しています。
来週から日本に一時帰国するので、 私の留守の間にkumatoさんがパンに困らないように今週は何回か焼いて冷凍しました。

これはカムートの挽きたて全粒粉60パーセントのパン。カムートはほんのり甘みがあって、大好きな穀物の一つです。




a0278382_04402964.jpg
 

たまには白いパンも食べたくなるだろうと、チャバッタも。 小さい薪ストーブで焼いたので、火加減がいまいちで、立ち上がりもいまいちでした。
二人で味見してたら、あっという間に一個の半分は無くなってしまいました。 汗





a0278382_04405527.jpg



これは、ライ麦のおかゆとくるみが入ったものなのです。
先々週作って、とっても美味しかったのでまた作ったのですが、 作っている最中になんだか様子がへんで、 やたらに巨大な生地になっておかしいなあ・・・ と思っていたら・・・

なんとレシピを読み間違いしていて、 ライ麦のおかゆを倍量入れてしまっていました!  レシピはおかゆの分量だったのに、元麦をその分量測って、 それをおかゆにしてしまったのです!   一度作っているんだから(その時にはちゃんと細かくレシピを読んでいました) おかゆの量がおかしいことくらい気づきそうなのに、  本当におっちょこちょいの私です。
おかげでどっしりとしたドイツパン? になってしまいましたが、 しっとりとしてライ麦の味わいが深くとても美味しいパンになったので、 ホッとしました。  食べられないようなものになってしまったら、悲しすぎます。 




a0278382_04411168.jpg

そして、今日は、そばの実を発芽させたものを入れた、全粒粉入りのパンを焼きました。 発芽させると消化に良いのだそうです。 
そばは、粉にしてパンに入れると膨らみにくいので、 入れられる量が限られるのですが、 おかゆにしたり発芽させたりすると独特のそばの風味のあるパンになるそうです。  
このパンを見てお気づきになられるかと思いますが、 うちの薪ストーブの場合、火種が後ろにあるので、 火種がわが先に表面が焼けてしまい、十分に膨らみ損なって、 ドア側の方はゆっくりと膨らむので、こんな形になってしまいました。  頑張って蒸気入れをするのですが、それでもこんな感じになります。  
これもまた、独特の風味のある、美味しいパンになりました。 



a0278382_04401454.jpg




これはお料理ではありません・・・・ 
植物の消毒用にスギナを煮込んでいるところ・・・・・ 笑 

ここのところとても気持ちがよく晴れた日が続いており、kumatoさんも私もせっせと庭仕事をしています。
写真を撮るのをついうっかり忘れてしまったので、 この殺風景なお鍋だけお見せします。笑 











  






by tomomato | 2017-02-23 05:52 | 今日のごはん | Comments(16)

久しぶりの雨・インスタグラム・収穫・サワードウ・ご飯

a0278382_21574907.jpg



8月ももう後半ですね・・・・・  あっという間に夏が過ぎ去って行ってしまっているような気がします。
この8月は、からっからに乾いた夏でした。 こんなに庭に水やりをした夏はありません。
うちは、なるべく自然に任せるようにしていて、できる限り畑も花壇も水やりはあまりしないのです。
ただ、岩盤の上で傾斜がある土地なので土が浅く、 普通のところよりずっと土が乾きやすいので全くやらないというわけにはいきません。 特に、 このような雨の少ない夏はもうどこもかしこもからっからに乾ききってしまい、森も葉っぱが枯れた木々で一足早い紅葉のように、黄色いところが所々に見られるほどで、ましてや土の浅いうちとなると・・・・涙。 

雨が全く降らなくなってから、最初のうちはお花と植えたばかりの苗の場所だけ水をやっていましたが、だんだんそうも言ってられなくなりました。  定期的に(毎日はやりません)かなりの水をやってもマルチをしているにもかかわらず、 植物が飲む水と風と暑さによる乾燥に追いつきません。  自然に任せているところは今まで一度も水をやっていなかったのですが、せっかく今年実をつけばばかりのイチヂクの木が半分枯れそうになったので、 ついに初めて水をやりました。

が・・・・・

今日、雨が降ってます〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!! 057.gif064.gif   滝嬉涙


まさに恵みの雨です!   でも今日だけなのだそうです。 涙

もっと豪快にふってくれ〜 と祈る気持ちとは裏腹に、 雨脚はゆっくりです・・・





a0278382_21582489.jpg


さて、相変わらず来客は多いのですが、 比較的落ち着いた生活をしています。

トマトがなんとかたくさん取れて、4回目のトマトソースを仕込みました。 保存食の棚にずらりと並ぶ瓶を見つめてうひひひと密かにほくそ笑んでいます。
このトマトはほとんど種がないので、私はそのまま丸ごと芯を取って切って、長時間煮込んで水分を蒸発させ、 ブレンダーでガーッとやって瓶詰めにしています。 普通は皮や水分を除いてから作るのですが、切ってもほとんど水分が出ませんし、美味しいアロマが詰まった皮がソースに入っていても食感が気にならないので、その作り方でずっと作っています。 
だいたい煮込み時間も感覚で作っているし、その時のトマトにもよるので、毎回面白いように味が違うのです。 味見をして、一番美味しいものに印をつけて、次回日本に帰った時に母へのプレゼントにするつもりです。 
先週kumatoさんの弟さんがやってきた時に、 初めて、できたばかりのトマトソースにパスタを絡めて食べましたが・・・・・・  美味しさに絶句・・・・・・ 
あ〜 去年一年、ほとんど買ったトマトソースで過ごしていたので、この超絶頂の幸せを忘れていましたよ。 


kumatoさんが接木をした枝から、こんなに立派な洋梨も取れました。 



a0278382_22003454.jpg
今年はブドウもたくさん取れそうです。例年よりも熟すのが早い気がします。 
ブドウの保存食作りも間もなく始めることになると思います。



そうそう、何しろ


を始めたものですから、しばらく慣れるのに時間がかかりました。kumatoさんは、デジタル全くダメ=80歳の私の母よりダメかも・・・・・ なので、我が家のデジタル関係は全てこの無知な私の肩に・・・・・   昔はぱっぱとできたことが、やたらに時間がかかってしまって・・・・・ 歳を感じます。  な〜んちゃって 笑
インスタのバナーもブログにつけるように頑張ってみたのですが、 どうやってもつかない・・・・・ あ〜
やっぱり歳を感じます。 


あとはサワードウのお勉強などで私の自由時間は埋め尽くされてしまって、結構忙しかったかも・・・




a0278382_21594514.jpg




全粒粉50パーセントのパン。





a0278382_22000477.jpg



これ、ものすごく美味しかったのです。 けれども、クープはもっとぱかっと開いて、気泡もバンバンあるはず。
挽きたての粉用のレシピではなかったのと、 一次発酵もう少し待てばよかった? あとは私のクープナイフが今ひとつ、水分量の高いパンを焼くにはシャープさが足りなくて、苦労してしまったこと、 などいろいろが原因?  味も食感も、 本当に本当に美味しかったのですが。 挽きたての粉用のレシピを見つけたので、 今日はそれに挑戦しています。 ただ、今日は気温がガタッと下がったので、なかなか元種が発酵してくれません。 
気温が大きなファクターです。
時間的なリズムや気温を考えると、サワードウで冬に薪ストーブでパンを焼くのは相当難しいような気がします。 それまで、タイミングを合わせられるようになるまでサワードウを知り尽くし、慣れることができるかどうか????  
今、サワードウと書いて偶然、 サワー道 と変換されたのですが、これ、かなり当たっているかも!??
かなり自由に使いこなせるまでは、かなり道を極めないと無理そうです。 でも、kumatoさんも私も味がとても気に入っているので、 できるようになるといいな!

あ、あと、サワードウ、環境によって味わいが変わってくるらしいのですが、 うちのサワードウも最初から比べると、 少し味わいが変わってきました。 決して雑菌の味ではないのです。 まろやかになってきた。  面白いですね。 






a0278382_22001554.jpg



シャコを見つけたので、ムール貝と一緒に、作りたての自家製トマトソースで調理しましたよ〜
シャコから良いお出汁が出て、 トマトソースの甘みと絡まって最高の美味しさでした。 





a0278382_22002589.jpg


チューチューハシハシ と一生懸命食べるkumatoさん。 
特にシャコは、すって食べるしかないもんね。 笑

もし、初めて誰かとデートをするとしたら、魚介レストランには絶対に行かない方が良いかも。

昔、ある人にお食事に誘われて中華系の魚介レストランに行って、 相手の豪快な食べっぷりにただただ圧倒された覚えが・・・・・・ (ちなみにkumatoさんではありません 笑)  
別に、その人に興味があったわけではないのですが 笑、 その人の食べっぷりを見ながら、 魚介レストランに初デートは絶対にやめた方がいいなあとつくづく思ったのです 笑   あ、上品なレストランは違うと思うのですが。そもそも皮とか骨とかとって出してくれるでしょ? そこ、マレーシアの海沿いのアルミのテーブルとか椅子とかある野外食堂だったから。 笑 

そんな話をしながら、二人で仲良くチューチュー ハシハシ と一心不乱に食べました。 




a0278382_22004769.jpg


それでもソースだけ余っちゃったので、翌日さらに長く煮込んで濃厚にして、西洋ねぎを加えてパスタに絡めましたよ。
シャコって、本当に美味しい出汁が出ますね〜〜〜〜 食べるところはあまりなかったような気がするのですが。


他にも、麻婆茄子とか、インゲンのグラタンとか写真があったのですが、どうも白っぽいものはビジュアルがイマイチの写真なのでボツ。 

a0278382_21583660.jpg



kumatoさんのお誕生日にパブロバを作った時に余った卵黄を冷凍してあったので、 プリンを作ってみました。
プリンなんて作ったことがなかったので(例によって)よくレシピを読まず適当に作って、結構毛だらけ穴だらけ。笑
味はとってもまろやかでクリーミーで美味しかったです。 気泡を消す努力をしないといけなかったのですね。 次回頑張ります。 (次回はあるか?)
昔、母に作ってもらって、オーブンから出したアツアツのプリンを食べるのが大好きだったのを思い出しました。
あ、母のプリンは穴など一つもない完璧なプリンでしたが・・・・・ 遠い目
母の作るものは、いつも完璧で美しく、素晴らしくおいしかったです〜。   





a0278382_22005853.jpg


サワードウ、餌をやるたびに、余分のドウが残るのです。 特に超初心者の私は、最初のうちわけわからず育てていたので、冷蔵庫には処分用のドウがどんどん溜まっていくばかり、邪魔で邪魔で仕方がありません。

仕方がないので、それを利用したレシピに従って、今日のお昼はパンケーキにしました。





a0278382_22012173.jpg




マーケットで買ってきたリコッタや、羊のゴルゴンゾーラチーズ、オリーブやドライトマトなどで美味しくいただいた後、





a0278382_22013275.jpg



最後は、リコッタとkumatoさんが昨日取ってきてくれたブラックベリーを煮込んだものを添えて締めくくりました。

処分サワードウのパンケーキ、全く酸っぱくも無く、軽くてふわっとしてとても美味しかったです。
今日は、他にも処分サワードウを使ったパイ生地を作って冷蔵庫に寝かせました。


サワードウをもらってから、明らかにライフスタイルがちょっぴり変わったような気がします。 
たかがサワードウ、されどサワードウ、 面白いものですね。 

by tomomato | 2016-08-20 23:29 | 今日のごはん | Comments(8)

庭仕事とご飯

a0278382_05445936.jpeg
a0278382_05451396.jpeg




ハーブガーデンのカモマイルがとっても綺麗です。  毎日コツコツと収穫しています。  今日は、育てたカモマイルを敷地内にある果物の木の根元に4本ずつ植えてきました。 零れ種でたくさん増えてくれるといいな。  カモマイルは植物のお医者さんとも言われているので、 病気の木を治してくれるといいな。  




a0278382_05471525.jpeg




いろいろなベリーがたくさん取れています。 去年のラズベリーの刈り忘れたままになっていた枝に大きな実をわんさかつけてくれました。 






a0278382_05461014.jpeg




すぐりの実も今年は結構取れています。  イタリアのすぐりの苗はイマイチなのですが、今年はなかなか良いぞ・・・・・・




a0278382_05455845.jpeg




ラズベリーとワイルドストロベリーをお皿いっぱい、ヨーグルトと一緒に食べました。






a0278382_05473068.jpeg



別の日にはムースにして。  いつもはミントを載せるのですが、 この日はレモンバームをのせたらとっても美味しかった。  ベリーとよく合います。





a0278382_05255204.jpeg





ここのところ、バラを植えたり、お庭の仕事にかなりの時間を費やしていました。





a0278382_05261069.jpeg



今回買ったのは、オールドローズ3種(モスローズ2種)、ハイブリッドつるバラ一つ、 ランバー2種です。  ランバーは道路からうちの敷地に上がる石壁(一部コンクリート)に沿わせるつもりで買ったのですが、 土が浅く大きなポットを作らないといけないことがわかり、 kumatoさんにポットを作る余裕ができるまでしばらく別のところに植えることになりました。 
土が浅いとなると水やりなど、目の届かないところだと難しいのでそこに植えられるかどうか???
 
今回は3種、深い紫色をなぜか選んでしまい、帰ってから????  となりました。 ここのところ紫系の色を描いてばかりいたので、その影響か???    他に欲しい品種2種がなかったので、結果的にそうなってしまったのですが。今度ゆっくり写真を撮りますね。




このところ日が長くなったので、一日が長くなったはずなのですが、 朝から晩まで働いてあっという間に一日が過ぎてしまいます。 
さて、 仕事以外何もしていないので写真はまたご飯ばかりです。 




a0278382_05262840.jpeg
 



この日は、新ジャガが取れたので、新ジャガとローズマリーのオーブン焼き、ブロッコリー、アスパラガス、二十日大根、 そしてアーティチョークのフリタータ(オムレツ)でした。(アーティチョーク、大きく切ったので、ひっくり返すときに一部崩れた〜)
bouquet de 畑の野菜  だ〜〜 とkumatoさんはしゃいでいました。  でもここのところ畑の野菜が本当に豊富なので毎日畑のお野菜をふんだんに食べています。 




a0278382_05312111.jpeg


 

また、別の日は、 レンズ豆のトルコのスープにフルーティな紫キャベツのサラダで始まり、メインは・・・・






a0278382_05313745.jpeg




バーゼルのトルコ人のお店でユフカの生地を買ってきていたので、それで包み焼きを作りました。
写真を撮ると言ったらkumatoさんたら・・・・・



a0278382_05314483.jpeg


紫キャベツのサラダで装飾してくれました〜 035.gif



a0278382_05320068.jpeg



中身は、 一つは新ジャガイモとカシューナッツと玉ねぎのカレー炒め、 ほとんどインドのサモサ風です。
もう一つは、 今、取れすぎのスイスチャードと玉ねぎ、やはりトルコのお店で買ったトルコのフェタチーズ。 松の実が本当は入るのですが、買ってきていたのに入れ忘れました・・・・ 笑  皮は、間にオリーブオイルを塗って二枚重ねて包んであります。 そしてオイルを塗ってオーブンで焼きました。 この皮で春巻きが作れるなあ、と思ったので日本だったら春巻きの皮でこれが作れるかも? 外はパリパリ、中はジューシーです。 二種類の中身を作ると飽きなくて美味しい! 
kumatoさんはすっかり気に入って、100個くらい作って冷凍して〜〜〜〜 と言っていました。 100個って・・・・・???




a0278382_05454101.jpeg

 



kumatoさんが野菜を盛り付けたので、お皿が汚らしい上、地味〜なのですが・・・・トマトが欲しいところですね


スイスチャードの茎のサラダ お醤油と生姜、ごま油のドレッシング   スイスチャードの茎は、ドイツやスイスでは貧乏人のアスパラガスと呼ばれているのだそうです。 アスパラと同じように茹でて、 オランダソースとか、卵のドレッシングをかけて食べるそうですよ。  うちでは、そうやって食べたり、こうして和風のドレッシングにしたり、パン粉をつけて焼いたり、層にして間に卵生地をいれて焼いたりします。

冷凍していたモロッコいんげんのタイチリソース炒め (今年は冬に私がいなかったので、冷凍していた野菜を使い切れずまだあるので困っています どんどん新鮮な野菜が収穫できるし・・・・)

メインは、kumatoさんのだ〜い好きなタイのトムカークン、白身魚とかぼちゃの入ったスープです。(本場ではかぼちゃは入りませんよ)  草引きをしていたkumatoさんが、去年の零れ種で増えたコリアンダーを見つけてくれたので、 たっぷりとコリアンダーをのせて。 

それに発芽玄米。 昨夏に6kgくらい作っていたキュウリのキューちゃん。 




a0278382_05330728.jpeg




また別の日は、アーティチョークを前菜で食べました。



a0278382_05331650.jpeg


a0278382_05332707.jpeg




お庭のおそらく最後のほうれん草。 ドレッシングは、アンチョビをオリーブオイルで溶かし炒めした中に松の実を入れて軽く炒り、 熱いうちにほうれん草にかけてバルサミコで和えています。  少し塩、胡椒。  母が、よくベーコンを炒めたものとクルトンをほうれん草のサラダにかけていて、それがとっても美味しかったのを覚えています。今は私はベーコンは食べないので、アンチョビでやってみましたが、結構美味しかったです。 アンチョビの味がお嫌いでなかったら試してみてくださいね・・・・


前菜とサラダの後にはメイン

a0278382_05333818.jpeg




玄米を炊く時には、3合発芽させて圧力釜で炊きます。余ったご飯はタッパーに分けて入れて冷凍して別の機会に食べています。  この日はその玄米と、冷凍してあった畑のコーンと新しく収穫した春玉ねぎと一緒にピラフ風にしました。(焼き飯です、要するに 笑) それにアスパラガスとゆで卵のモッツアレラグラタン、kumatoさんにはラムチョップオーブン仕上げ。




a0278382_05335481.jpeg



これはある日のランチ。 かぼちゃのスープ、味噌仕立て。  煮干しで出汁をとって味噌仕立てにしたら、なぜか美味しかった不思議なかぼちゃのスープ。 笑  kumatoさんはフェネルを、私はコリアンダーをかけてますます不思議な無国籍料理でした。 笑




a0278382_05452486.jpeg


これはその翌日。 ラムチョップ、 500g以上あったので余りました。 kumatoさんは毎日でもラムを食べたいくらい好きなので、 いつも買った分調理して数日に分けて食べます。  この日はラム肉を骨からそいで、アスパラガスとクリームでパスタのソースを作りました。(私はアスパラだけ)    それに何時もの付け合わせの野菜、 最後の最後の紫キャベツと洋梨のサラダ。 この紫キャベツ本当に美味しいので、 このあっさりドレッシングで食べるのが一番美味しく、 何回食べても飽きませんでした。 数回別のドレッシングにしたのですが今ひとつこのフルーティさが活かせなかったし、煮て食べるのはもったいないくらいおいしかったし。 来年もこんなに美味しく育つといいなあ。 






a0278382_05391624.jpeg

a0278382_05354500.jpg







これは今日の晩御飯。  疲れがたまっていたのか、なぜか普段は決して昼寝しないのに午後眠ってしまいました。
起きたらなかなか目が覚めず、夜ご飯のプランもなく、 それにもかかわらずなぜかお寿司を作り始めてしまった。
バーゼルで日本風のお米を買ってきていたから、スモークサーモンがたまたま冷蔵庫にあったからというのもあるけれど、 なんで寝ぼけているのに面倒くさい晩ご飯を考えてしまったのか、作りながら本当に後悔しました。



巻き寿司、 おすましではなくなぜか豆腐の味噌汁、スイスチャードの緑のおひたしどころか茹でただけ(笑)(kumatoさんはオリーブオイルとお醤油をドバッとかけて食べています。イタリア風なんだか、日本風なんだか?)
畑のコーンと、スナップエンドウと、キムチの古漬けとカシューナッツを刻んだものの炒め物、 と言うなんだか居酒屋風の晩御飯でした。 

kumatoさん、 多少不思議な食べ物や、不思議な食べ合わせでも決して文句を言わずにパクパク食べてくれるので、ありがたいです。 



a0278382_05465187.jpeg




数日前のカンパーニュ・・・・  今日はバゲットを焼きましたが、 寝ている間に発酵させていたら、気温が高くなって発酵時間が全く変わってしまい、 発酵しすぎて今ひとつの出来でした。(写真なし)  もう、 夏も間近ですね!

エルダーフラワーのサイダーがとっても美味しくて、 7リットルも作ってしまったものだから糖分を摂りすぎないようにクッキーなどはここのところ焼いていません。  (kumatoさん、ガブガブ飲んでしまうので・・・これだけでも完全に糖分とりすぎ!!!!)



a0278382_05462832.jpeg



代わりにバラの良い香りを嗅いで我慢してもらっていま〜す!


なんだか、最近、食べたものブログになってますね・・・話題が乏しくごめんなさい。 
お庭のお花もまた変わってきているので、 写真撮ってきま〜す。






  





















by tomomato | 2016-06-10 07:09 | 今日のごはん | Comments(21)

今日この頃のご飯 チーズの楽しみ 





a0278382_15425629.jpg





今日も例によって、 お庭も食べ物もごっちゃになったブログを書こうと思って写真を整理していたら、あまりにたくさんすぎるので分けることにしました。
本来、こうやってテーマ別にブログを書いて少しずつマメにアップする方が良いと思うのですが、ここのところすることがたくさんありすぎて、ついついブログを後回しにしてしまっています。 ごめんなさい。

先週末にマーケットに行ったら、いつも行くチーズ屋さんにカラブリア州のブッラータというチーズが入っていました。






a0278382_15431097.jpg





これ、超おいしいのです。 外側はモッツアレラ、中にはクリームとモッツアレラの小さなかけらが入っているのです。 ナイフを入れるとほら、とろ〜っと中身が流れ始めます。   オリーブオイルをかけたりもするようですが、 もうクリーミーでその必要はありません。  おいしいね、おいしいね、 と二人で一気に食べてしまいました。  




a0278382_15432617.jpg
 



マーケットのそばのパン屋さんで、 リグーリア州の薄っぺらいフォカッチャを買いました。   時々ここで買うのですが値段を気にしたことがなく、今回聞いたら5ユーロもする!???   (かなり大きなピースです 高い高いと連発したら、kumatoさんが、比較によるよ、スイスなら軽く3倍する・・・・と。確かに )   え? うちで作ったらずっと安くできるじゃない?    と改めて思うケチな私・・・・・   私が作ったのは、 イーストが入らないレシピでしたが、 ここのを改めて見るとイーストが入った生地を薄く伸ばして焼いているようです。 トースターで2度焼きしたので外側はカリッとして、中はふわっとしている。    これもまた美味しいです。 イーストが入らない生地はカリッカリでパリパリ美味しいけれど、その時にたべないと二日目には固くなるので、 こちらのフォカッチャもまた良いかも? 今度やってみようと思います。 

このフォカッチャととれたて新春のサラダと、 ブッラータと、美味しいオリーブでマーケットの日の最高の昼食になりました。







a0278382_15371506.jpg
 


別に大した料理じゃなくてもハーブを乗せれば何とかなるという例・・・・・ 笑 もうちょっと綺麗に乗せたほうがいいけれど・・・・ 苦笑

なるべく食事は余りが出ないように食べきれる量を作っているのですが、時々計算違いで余ってしまうことがあります。 ご飯とクスクスが中途半端に余っていたので(パンを焼く時間がなかったし)、最後のリーク(西洋ねぎ)をたっぷり入れたオムレツをお昼に作りました。  草引きをしていたら零れ種で増えたりっぱなコリアンダーを見つけたので、コリアンダーをたっぷりのせて。   kumatoさん、お好み焼きのソースをどば〜〜っとかけてた。 うん、気持ちはわかる。 





a0278382_15373187.jpg



さて、最後のドライ柿。  ずっと見てくださっている方はわかると思うのですが、秋に私は2週間かけて毎日毎日コツコツと多量のドライ柿を作りました。そうですね、 大きな深いおせんべいの缶3つに、これより大きな瓶四つ分くらい。  これで今年はたくさんの人にプレゼントできるな〜〜〜〜 とホクホクしていたのですが・・・・・

なんと、私が日本に長くいる間にkumatoさんがほぼ全て食べてしまったのです!!! 035.gif  帰ってきたらこの瓶一つぶんしか残っていない!!!!! (瓶は奥にしまっていた)  去年は冷夏で柿がイマイチの出来で、kumatoさんが作ったドライ柿もイマイチの出来でした。(柿酢もダメだった) それがまだ残っているのにこっちばっかりこんなに食べるとは!     慌ててさらに奥に隠したのですが、 何かの時に取り出したら場所がバレてしまい、 知らない間に減っていた・・・・ 
もういいか、美味しいと思ううちに食べれば、 と諦めました。    しかしあれだけの柿がこんなに短期間にkumatoさんのお腹の中に入ったとは・・・・・私の労働が・・・・・・・・・    僕がこんなに喜んで食べたんだから、労働の価値があるでしょう!??035.gif とのたまうて
おっしゃっていますが・・・・・( 確実にお腹に入ったのが見えますが・・・・・笑)




a0278382_15393458.jpg
 






アスパラガスがたくさん、たくさん取れます。 2、3日置きに結構な量が採れるので、最初はアスパラの味を素直に味わえるようなシンプルなお料理をしていましたが、 最近は適当に 贅沢に使っています・・・・ 笑     トマトクリームソースのアスパラのパスタに、 塩レモンで味付けしたスナップエンドウ、kumatoさんにはラム肉のカツレツ。 




a0278382_15434208.jpg



この日は小さなイカとスナップエンドウのタイ風ピリ辛いため。 トムヤムスープ(海老なし 笑) スイスチャードでした。 なるべく緑黄野菜は毎日たっぷり食べるようにしています。 今はスイスチャードがたっぷりあるので安心。    こういう料理の時には、ちゃんとお茶碗とお箸で食べたいのですが、kumatoさんが既にセットしていたのでお皿の上に。kumatoさんは、おかずとご飯を混ぜて食べられるのでこの方が好きみたいです。  

前に読んだことがあるのですが、日本人は、口の中で色々と味を混ぜて食べる習慣があるのだそうです。 おかずを一口食べてご飯を食べ、 お汁を飲んでまたご飯を食べ、というように・・・・・  西洋人はそういう習慣がないので、口の中で混ぜるのではなく、お皿の上でおかずとご飯を混ぜて食べるのだそうです。 それを知って妙に納得・・・・・・・・   
私はお皿の上でおかずとご飯がぐちゃぐちゃ混ざるのはイマイチ好きではないのですが・・・・・・一皿で済むので合理的といえば合理的?   
前は、kumatoさんは味噌汁でも必ず食事の一番先に食べるので、困りました。 スープと他のものを一緒に食べるのは洗練されていない食べ方だと思っているようで・・・・・。 
日本に行って以来、味噌汁を一緒に並べても文句を言わなくなりました。  035.gif  




a0278382_15441207.jpg
 




リコッターチーズのパンケーキ。 白身を泡立てるタイプです。 ふかふかで美味しかった〜    このリコッタチーズはマーケットで買ったもので、スーパーで買うのとは雲泥の差です。 本当はそのままドライトマトをつけたものを一緒に食べるのが最高に美味しい!!!   kumatoさんが出かけるのでそれまでに使ってしまおうと使いましたが、 料理に使ってもやっぱり美味しい!! 

が、これにkumatoさんは、やはりマーケットで買ってきたゴルゴンゾーラチーズを出してきて、 これがまた、 最高に美味しい組み合わせでした。
が・・・・・・kumatoさん、(私もですが) 痩せたいと言っているのだけれどこれじゃダメじゃない????  
kumatoさんのお母さんのレシピのズッキーニのカレーピクルスは、こういう時にもよく合います。 





a0278382_15442728.jpg
a0278382_15435757.jpg
  



残ったリコッタチーズとヨーグルトを使って、お客様がいらっしゃるのでケーキを焼きました。 
中にもイチゴがたっぷり入っています。  (下の写真は別の型で作ったもの)    今はイチゴがとっても美味しいです。  







a0278382_15445845.jpg
 




ここのところ異常に忙しくてあまりお料理にかける時間がないので、 ブログに載せるにはつまらないものばかりで恥ずかしいのですが、この日はチーズが主役。 笑 

3時に来ると言っていたお客様が、なんときたのが5時半、それから8時半すぎまでいらっしゃったのですが、 ようやく雨が上がって外も明るかったので時間に気づかず二人で庭仕事を終えて戻ってきたらなんと10時前!!????    
私はもう疲れて、翌朝は4時起きの予定でしたのでそのまま寝たい! という感じだったのですがkumatoさんはお腹を空かせてグ〜グ〜。
慌てて超特急でかぼちゃのスープ、 ツナとレモンとリークのスペルトのパスタ、お野菜を用意しました。  パスタのお湯を沸かす時間も含め、所要時間30分以内!       この日も、もう遅いから!!  とスープも一緒に出しました。笑    一人だったらそのまま寝ていたのになあ。  胃薬飲んで寝ました。    




a0278382_15451653.jpg
 


この日のメインはこれ、 これまたマーケットで買ったブッファロー(水牛)のモッツアレラです。  これまた美味しかった〜〜  シチリアのオリーブオイルをかけていただきました。  マーケットのチーズは、スーパーのチーズと比べて決して高くはないのですよ?  このチーズは一キロ5ユーロくらいです。 これ一つ3ユーロしないと思います。  うちはほとんどのものはBIOなのですが、 マーケットの日だけは、BIOにはこだわりません。 笑
BIOのマーケットがあったらもちろん、最高なのですが。       






a0278382_15444242.jpg






4時おきの日は、kumatoさんがスイスに出発する日でしたので、 その日の朝ごはん用に久しぶりにシナモンロールを焼きました。 欲張ってシナモンだけでなくレーズンと胡桃も入れたらうまく成形できなかった・・・・・思っていたのと違う形になりましたが、 美味しかったです。 







a0278382_15480120.jpeg





さて、前回のルバーブのケーキのレシピを知りたいというお友達が何人かいらっしゃったし、日本でもルバーブは手に入るとのことでしたので、レシピを載せます。 ルバーブがなくてもベリー系を入れればとっても美味しくできると思いますよ。
これは、前回ご紹介したように、ドイツ人の女の子から聞いたもので、おばあさんからつ伝わったレシピなのだそうです。  


ケーキの台    150g 薄力粉
         3    卵黄
         100g  砂糖
         100g  バター
         大さじ6  ミルク
         小さじ1、5 ベーキングパウダー
         バニラ (エッセンス、バニラシュガー、バニラそのものなど適量
         50g mondamin (こちらで売られているコーンパウダー、 コーンスターチのこと)


上の層      3 白身
         100g 砂糖
         350g ルバーブ (ベリーでも良い) 



下の台の材料を全てよく混ぜる。 ( ヨーロッパのレシピってすごく大雑把。 私は、 卵黄を文字が書けるほどまずよく泡立てて、仕上げに溶かしバターを入れるやり方をしていつも焼いています。 そのまま混ぜても大丈夫と思うけれどバターだけは溶かしておいたほうが良い 笑) 
油をした(ベーキンブペーパーを敷いた)方に入れて180度に予熱してあったオーブンに入れて軽く焼く。  (時間測るの忘れましたが、かすかに色ずいて表面が固まった程度で大丈夫)   

その間に、上の層を作る。 白身を泡立てる。途中砂糖を足してメレンゲ状に泡立てる。 艶やかにツノが立つまでしっかりと。   それにフルーツを混ぜて軽く焼きあがった台に注ぎ込む。  私はこの際にラズベリーを表面に飾りとして散らしました。  

茶色くしっかりと焼き色がつくまでよく焼く。 串を通して焼けているかどうか確認する。  


ラズベリーは冷凍のを使ったので、ポロポロと崩れた小さいのが多少焦げました。 大きいのはいい具合に溶けて彩りになったので、 上に乗せるときには他のベリーでもラズベリーの崩れたような細かなものは避けた方が良いかも。  もともとのレシピでは、上には何も載せません。  シンプルにルバーブだけ入れて焼いています。   お花を飾っても可愛いかもね。

コーンスターチがないときにその分薄力粉を入れて焼きましたが、それでも全然大丈夫です。 コーンスターチを入れるとサクッとした仕上がりになります。 


good luck !!














 



by tomomato | 2016-06-01 17:17 | 今日のごはん | Comments(14)

おうちに帰って来たら




a0278382_16180325.jpg







家を出た時には紫のショウブが満開で、ああ、またこれを楽しまずに家を留守にするのか・・・・と思ったのですが、帰って来たら今度は黄ショウブがあちらこちらで咲き乱れていました。  これ、凄く強い品種?で、どんどんと広がって行きます。  何もしなかったら家の庭は、黄ショウブとカランジュラだけになってしまうのでは・・・・・恐 


私たちがエルバで毎日お天気に恵まれていた一方、こちらでは雨続きだったよう・・・・・   ローマから帰って来てからバーゼルに行くまで、 祭壇画を描く傍ら必死で庭仕事をしていたkumatoさん、 帰ったら植えたサラダが大きくなってるから食べようね〜〜〜〜 ( エルバではbioの野菜は手に入らなかったので、 力強い野菜に植えていた私たち) とうきうきしていたのですが・・・・・・



な、な、な、なんと!!!!  



kumatoさんが必死で植えた苗達、 サラダ、 ズッキーニ、 なす、 人参、 20日大根、 その他諸々たくさん、実にたくさんの苗や種達が・・・・

すべてナメクジにやられていた〜〜〜〜〜〜!!!!   滝涙





私も必死でいろいろとハーブの種を冬物の片付けの傍ら撒いたのに、 何も出ていない〜〜〜〜〜〜 = 出たけれど食べられた???? 


エルバ島に旅立った日の朝には確かにまだ、全てありました。 一部被害にあったところもありましたが、 bioナメクジ薬を撒いておきました。でも雨続きでナメクジ達はひたすら増え続け、肥え続けた模様・・・・・

しかもしばらく留守が長かった事に加えて、この冬はかなりの暖冬だった為か、異常な数のナメクジが発生してしまった模様です・・・・・・ 滝涙



おまけに、いよいよ桃の木が一本だけでなく他の物もダメになりました。 それに引き続き同じ病気(縮葉病)でアップリコットも弱っている・・・・・ 

やはりハイブリッドの桃は農薬散布なしには無理そうです。 ぺちゃんこ扁平型の桃は、岡山の白桃のようで本当に好きだったのですが、2年目にたくさんの実をつけてくれただけで病気になり、 もう一本の同じ木もダメになり、 この庭では無理そうです。 

家では野菜畑の中に果物の木が植わっているので、農薬散布はどうしても避けたいので、枯れてしまった桃の木の代わりに野生種を購入しました。 近所の人達は、 果物の木だけではなく野菜にも散布しているので、おそらく私たちの事を変な人たちだと思っているかと思います。    
   
今年は自然農薬を作って冬から散布を始めるつもりで張り切っていたのですが、 家族に不幸があったためにお庭仕事がすべて遅れ遅れになり、こんな事になってしまいました。  枯れてしまった木に申し訳なく悲しいです。  

バラの世話も遅れに遅れて、 この10日間に信じられない勢いで大きくなっていて、大慌てしました。 庭や畑を持つ為には、地に着いた落ち着いた生活をしなければいけないという事をつくづくと思い知らされました。 でも家族や仕事の都合と合わせながらなんとか妥協してやって行くしかありませんよね・・・・  

ここ数日は、ナメクジに食べられてしまった苗や、 お花の苗を買う為に園芸店巡りをしています。 そうそう、エルバ島でもたくさん買い込んできましたよ!   

kumatoさん、 私の目につかないように密かに普通の(bioではない)ナメクジ退治の餌を買っていましたよ035.gif・・・・・・今回は見て見ない振りをしました。   (Bioはいまいち効き目が・・・それにイタリアでは手に入らない・・・)  







a0278382_16181495.jpg





疲れた体に鞭打って、 早朝から夜遅くまで庭仕事に明け暮れるkumatoさん。 
昨日は土曜日だったので久しぶりにドモドッソラのマーケットに行ってきました。 朝、出足が遅れたので、スイス人観光客で一杯だった〜〜〜〜!!







a0278382_16182579.jpg




美味しいヤギのフレッシュチーズがあったので、オリーブオイルをかけて、 お気に入りのシチリアとプーリアのオリーブにサラミ、チーズとパンで簡単な昼食。 
このフレッシュチーズが本当に美味しくて感動しました。



あ、私はなぜかものすごく疲れてしまっているのですが(当たり前?)、体に鞭打って多量の洗濯物と、バーゼルからの引っ越し荷物の片付けに追われています。家中ホコリっぽいのですが、 奇麗になるには時間がかかりそう・・・・・ 庭仕事が一息ついたらkumatoさんに手伝ってもらいます〜〜〜〜 





a0278382_16522225.jpg




昨日の朝、ベッドでゴロゴロしているとkumatoさんが、おいでおいで!!! と緊迫した雰囲気で呼ぶので、慌ててパジャマのまま外に飛び出しました。

そしたらこんなものがいた!!!  何と、全長30cm近くあるのです!!!!    蛾の一種だと思うのですが、本当にご立派なお体をしていて・・・・・

手足にもじゃもじゃ毛が生えていて、本当に凄いのです。  鳥くらいのしっかりした体つきをしていましたよ。 


kumatoさんは、 蛾が起きて逃げてしまわないように静かに私を呼びに来てくれたそうです・・・・・・ 


























  







by tomomato | 2015-05-10 17:05 | 今日のごはん | Comments(16)

無水鍋






a0278382_21183591.jpg





不純物の入っていないパンが食べたくなったので、祖母が持っていた無水鍋を使って、パンを焼いてみました。

ネットで調べてみると、色々な作り方があって、素晴らしいパンをみなさん鍋で作っていらっしゃいます。 今日は、まずは無水鍋のメーカーのホームページの焼き方で、直焼きしました。

仕上がりはイマイチ…

というか昭和なパンになりました。

鍋でパンが焼けるというのが驚きでした。

次回はもっといいのを焼きたい。



by tomomato | 2014-11-12 21:25 | 今日のごはん | Comments(6)

あっという間に一日が・・・・









a0278382_06160708.jpg







あっという間に一日が過ぎてしまいました。 明日の夜、またバーゼルに戻らないと行けない思うと、沢山やることがありすぎて、なおさら時間の流れが早く感じます。







a0278382_05465886.jpg









私が日本語を教えている間に(カードは好評でした! 003.gif ) 大雨の中、ずぶ濡れになりながら、kumatoさんは畑にいっていろいろと野菜を収穫してくれました。  どうやらネズミがきたらしくいろいろと食べられてしまったみたいで、 ニンジンやらフェネルやら全て掘り返して採って来てくれました。 フェネルは凍結して表面が傷んでしまったので、 食べられない所は全て除きました。








a0278382_05475528.jpg







ブロッコリーやカリフラワーもあった!!!  (ブロッコリーは、 夏に収穫したものの脇芽です。これが結構美味しい)雪の下にあった野菜は、見た目が悪いけれどすごく甘くて味が濃くてとても美味しいのです。  







今日はシャケを買って来ました。 雨が降っているから無理しないでもいいと言っているのに、(今、住んでいる所から外を通って行かないと行けないので・・・・・・) kumatoさん、そそくさとバーベキューの網を取り出して工事中の将来のリビングルームにある薪ストーブへいそいそと向かいました。  私は、台所で野菜の処理をしてから見に行くと・・・・









a0278382_05483732.jpg







工事用の明かりを点灯して、ワイン飲みながら、 まったり魚をやいてました! (手前は作業台)   今日も一日沢山の人が来て働いて下さったので薪ストーブもフル活動しており、 炎もちょうどいい感じで落ち着き、グリルにははもってこいです。







a0278382_05493466.jpg




いいにおいがして来たぞ〜〜〜〜〜〜





こちらに引っ越したらきっときっと楽しいことがあるよ〜〜〜 冬はぽかぽか温かいし、(実際、今住んでいるアパートに比べると天と地の差で暖かい!!)  こうしてグリルは出来るし、退屈することなんてないよね〜〜〜〜〜  とkumatoさん、 とても楽しそう・・・・・ 035.gif



工事現場で二人で薪ストーブを囲みながら、ほっこりしました。 






さて、夜ご飯








a0278382_05494928.jpg





長いこと雪に埋まっていたフェネルとオレンジのサラダ
しゃきしゃきして甘くてさわやかで美味しかった










a0278382_06180683.jpg









採れたてブロッコリーとカリフラワー・こんがり炒って、オーブンに入れてかりかりにしたアンチョビ/ガーリック/パン粉ソースがけ 
癖になる美味しさ! 









そして






a0278382_05501318.jpg




サーモンのグリル





どんなに凝ったお料理をしたとしても、 やっぱりこれが一番美味しいのです。 マリネしてから薪でグリルしたお魚。
お醤油とわさび醤油



これに、アルミフォイルに包んで薪の中に投入したベイクドポテト・・・
ポテトも家の畑のものです。これがどういう種類なのか、ほくほくしてとても美味しい! 

私はあまりジャガイモを食べない方なのですが、 このお芋がおいしくてこの冬は結構しょっちゅう頂いています。 



あ〜〜〜〜〜

忙しかったけれど幸せな一日でした。






       次回は家の様子を・・・・・



明日の夕方バーゼルに発つので、 次はバーゼルから荷造りの合間をぬって更新かな?     


















by tomomato | 2014-01-19 06:26 | 今日のごはん | Comments(10)

ふだんのご飯とおやつ








 
a0278382_236764.jpg









ある日のご飯    ムール貝のトマトソース



バゲットにお汁を浸してばくばく食べるのです・・・・・・ ムール貝、大きな袋を一袋かって、大きなお鍋で作るのですが、 2人なのに、あっという間に平らげてしまいます。
うちではまずトマトピューレーでソースを作って、さらに仕上げにチェリートマトを沢山入れるという方法に今の所落ち着いています。 
ムール貝、豪華に見えるけれど、異常に安いので、ささやかな贅沢です。 003.gif  









a0278382_2355388.jpg











お庭でとれた水菜のサラダ・・・・・


最後の冷凍いんげん(去年の畑のもの)とドライトマトを炒め煮にしたもの。


でも、普段は沢山野菜を食べるkumatoさんですが、ムール貝に夢中になって、 野菜の方にはあまり食指が動かないようでした。 015.gif








a0278382_2362011.jpg








別の日のお昼。 やっと畑の野菜がわんさかとれるようになって来ました。 新鮮な野菜があれば、後はチーズやサラミ、パンで十分なごちそうです。








a0278382_2363227.jpg









急に暑くなって蚊が大発生。  私は全身50カ所くらい刺されまくり、 おそらく虫アレルギー体質なのでしょう、 後が長引いてかゆくて死にそうになりました。
やっとkumatoさんに網戸を作ってもらいました。 
(作ってと数週間前からいっていたのですが、何しろ忙しいkumatoさん、なかなかすすまず、 毎日蚊に刺されて痛々しく赤く腫れ上がった場所を全て無理矢理見せて^0^ アピールして、やっと作ってもらいました。 いつも、私だけ虫に刺されて、kumatoさんは刺されないのです。 切迫感がないので、網戸もなかなか作ってもらえなかったのだと思います 007.gif








a0278382_2365047.jpg









種をまいて芽が出た後に寒い日が続いたせいか、 大根がなんと根が太くなる前にとうが立ってしまいました。 で、大根葉三昧! 

何しろニンジンの葉にしろかぶや大根の葉にしろ、こちらの人はまったく食べませんので、おいしく食べられるように工夫をしています。 この日は、大根の葉を細かく刻んで胡麻たっぷりとフェタチーズを入れたトルタベルデを作ったのですが、kumatoさん的には、 脂肪分が足りなかったようです。 低脂肪フェタを使ったのがいけませんでした。

私的にはちょうどおいしい感じだったのですが・・・・・・・・・ 次はチーズの量を増やしましょう。 

でも、スイス人みんながみんな、 チーズをkumatoさんの様に山ほどかけていると思っていたら、どうやらそうでも無いらしいです。 最近弟さんが来た時にパスタをつくったのですが、 kumatoさんがパスタに山の様にパルミジャーノを擦り下ろしてかけているのを見た弟さんは、 驚き呆れていました。


  そうか、スイス人だからじゃなかったか・・・・・・035.gif



ちなみに、その弟さんのお腹はそれほど出ていません。 (爆)









a0278382_2371290.jpg







クスクスサラダ。新鮮なキュウリにミントにトマト(これはまだ畑に出来ないので、買ったもの)、黒オリーブ、手作り保存食のキュウリのピクルスを刻んで、レモンをたっぷりしぼって、おいしかった・・・・

ズッキーニのグリル、 毎日食べても飽きないくらいおいしい!  でも、今年はズッキーニの苗を植えすぎたので、 ズッキーニ地獄です。
毎日、 小さいまま収穫するようにつとめているのですが、 つい見落としたものが突然巨大になっていて慌てることが良くあるのですが・・・。
 
ちなみに巨大ズッキーニは、 冷製のズッキーニスープにするのが一番よい処理法です。クリームをいれなくてもクリーミーでおいしいのですよ。 チリパウダーを振って、コリアンダーとかバジルとかかけていただくといいです。







a0278382_2383325.jpg









グリルもしょっちゅうしていますよ。最近お客さんが多いので、 良く外で火を焚いて一緒にグリルをしています。 








a0278382_2381682.jpg






スイスチャードを間引きしたもの







a0278382_2381645.jpg






キュウリやらズッキーニやら・・・・





毎日どうやって野菜達を消費しようか頭を悩ませています。


今日は、野菜のトマトココナッツミルクカレーにしたのですが、その付け合わせに、スイスチャードをみじん切りにして、ツナと合わせてポルペッタ(あげ団子)にしてみました。 カレーに合わせて沢山クミンを入れて作ったら、 これが素晴らしくおいしく感動! 野菜も沢山食べられるし我ながら良いアイディアでした。 (写真無し)


   








a0278382_2365564.jpg







ピーチとラズベリーのリコッタトルテ    
これは超簡単。 トルテ生地を敷いた中に、 250g入りのリコッタにつき1個の卵、 大さじ三杯のお砂糖をグルグル混ぜて流し込み、 好きな果物を入れるだけです。 この型は、たしか18cmかな?
今日は28cmを使ったので、 卵2個、 リコッタは一つしかなかったので、換わりにヨーグルトを使って今焼いていますが、何とか大丈夫そうです。 
焼き上がったらさまして、冷蔵庫に冷やしてから食べる方がおいしいです。

私は一切れしか食べていないのに、 kumatoさんがあっという間に残りを平らげてしまいました。







a0278382_2373731.jpg











最近続けて使っているのが、なかやましほさんのクッキーのレシピ。 菜種油はないので、換わりにオリーブオイルで作っています。 本当は最初はレシピ通りに作った方が良いのですが、 うちにあるものを使うことが前提にあるので、 最終的には元のレシピとは全然違うものになってしまいました。

これは、イチジクの餡? がはいったクッキーのレシピでしたが、私はイチジクの他にくるみにヘーゼルナッツ、オレンジピールを刻んだものを入れました。あまりに欲張り過ぎて中身がレシピよりも多くなり、皮が薄くなりました。 041.gif 








a0278382_237241.jpg








こちらは本当はレーズンサンドのレシピ。  アップリコットを干したものがあったので、 それを水戻して少し砂糖を足し、さらに少しだけ甘味のために干しいちぢくを刻んだものを加えて生地に挟み込んで焼きました。





両方とも自然な甘味で脂肪分も少なく、 とてもおいしく出来ました。



が・・・・・・・ こういう健康クッキーは、 甘味が少ないので、結果的にぼりぼり多量に食べることになってしまう我が家・・・・・・・



両方ともあっというまに消えてしまいました。




   朝起きると、なぜかクッキーを入れているジャーがいつも空っぽになっている・・・・・一体誰が?








そうそう・・・・・・









a0278382_2393139.jpg










ドアにこういうものを取り付けました。









a0278382_2382929.jpg










ビーズのカーテンです。


ど田舎なので、窓やドアを開けているといろいろな虫が飛び込んでくるのです。 


蠅、蜂、羽蟻、カナブン、その他大勢分け分からない虫達・・・・・・




そして、皆さん一斉に、 明るい反対側の窓の所に集まり、外に出ようと必死に飛び回る・・・・・
窓に糞などなされて、
永遠にぶんぶん言って、
そのまま出口を見つけられずに、窓辺でお亡くなりになるのです・・・・・・008.gif




一匹や二匹じゃないんですよ。  窓辺は虫達の墓場化します・・・・





kumatoさん、ドアの網戸は昔作って難しくてもう作りたくないと言うし、 あまり美しくないから嫌いだと言うし・・・・・




で、いろいろと調べて設置したのがこちらのビーズカーテン。 

何やら、このビーズがゆらゆらしているのが嫌で、虫達(とくに蠅)が家の中に入ってこなくなるのです。



最初信じがたかったのですが、 確かに虫達が家の中に入ってくる量が極端に程少なくなりました。 

よく見てみると、 お肉屋さんとか食料品店とかの入り口にもこういうカーテン?が下がっているのに気がつきました。  





ただ、蚊にはあまり効果がない様で、残念です・・・・・・












                   
by tomomato | 2013-07-20 05:10 | 今日のごはん | Comments(14)

母と一緒の日本のごはん






a0278382_9415779.jpg








まだ、日本にいます。001.gif



だって、 工事伸びちゃったし・・・・
あちらのキッチンも出来てないって言うし・・・・ 


kumatoさんがスイスに行った3日間に、大工のルッカがキッチン終らせるはずが、何と、kumatoさん、鍵を置かないで出かけたとかで、ルッカは家に入れませんでした・・・・・(涙)

その後は、タイル張りが終らないと先に進めないとルッカがごねて、 また工事はとどまっている模様・・・

               040.gif



       ああ、イタリア・・・・






来週火曜日に出発の予定です。   母の家の工事後の片付けなど、今週は少しペースが落ちてしまって、 前半は母とお出かけ、後半は私の用事で過ぎてしまいました。  やばい! 
今日明日、頑張らねば!  042.gif



さて、 日本滞在中は、なんと毎日母がごはんを作ってくれます。
 
私が手伝うことは滅多に無い。 
作ることはほぼ無い。 兄が来たときくらい。




今回、唯一作ったのは、お昼に一度うどんを茹でたのと (それって料理?)

これだけ







a0278382_9311978.jpg







onjiが掘って、kotoriさんが送ってくれた、 タケノコのパスタ、トマトソース。 

といっても家にあった米粉のパスタ使いました。 結構美味しかったです。 お庭にぱっと出て、パセリやアサツキを彩りに採りに行けないのが都会の生活ですね。 

すごく美味しかったけれど、 タケノコのパスタなら、アッサリペペロンチーノの方が風味が生きてもっと楽しめそう。  この日は、母が余ったトマトソースを使いたいと言ったので、このソースにしましたが。 








a0278382_9325586.jpg






愉快なパスタ皿、 パスタ食べるのも楽しくなりますよね!









  







a0278382_9314245.jpg







念願のタケノコご飯、  こんにゃくの味噌田楽とともに頂きました。    


            超幸せ!016.gif 








a0278382_9315359.jpg







やっぱりね〜〜〜 こういうご飯が一番好きです。 日本人で良かったあ! と思う一瞬。

でもね、彩りと香りの木の芽、 5枚で300円でした。 ものすごく小さな葉っぱなのに!

信じられない。 







a0278382_933341.jpg






別の日は、タケノコのワカタケ煮・・・・・   母はタケノコをしゃっきしゃっきに茹でてくれます。  やっぱり、タケノコを味わうのは、定番ですよ、定番。 


kotoriさん、ごめんね、 目新しいタケノコ メニュー無くって。 やっぱりこういう昔ながらが一番美味しくって飽きないの・・・・・  日本に帰って来たら、やっぱりこういう物食べたい・・・





a0278382_9334036.jpg








箱根で買って来た、こんなに立派なきんめは、 









a0278382_9334894.jpg








母のおともだちから頂いた山菜づくしの食卓に、豪華に並びました。


キャラブキに
わさびの茎のしょうゆ漬け
ワラビの煮付け
蚕豆のゆでたの


蚕豆ご飯




a0278382_9345556.jpg





イタリアでもワラビに似た物は見るのですが。 食べられるのかなあ。
つくしの巨大なもの、 去年野原で見ましたが、ごわごわで、 そそられませんでした。





縦横を変えた、キッチンの棚・・・








a0278382_9313640.jpg





前からそこにあったかの様に馴染んでます。







a0278382_932535.jpg








このキッチンの時計は、 私が高校生の時に母と一緒に青山で買いました。 当時は今の様におしゃれなインテリアや雑貨のお店はあまりありませんでした。  今は何処でも可愛い物が沢山買えるからいいな〜〜〜 

それからウン十年、 この古いマンションの歴史とともに、 私達家族の暮らし、そして子供達が旅立った後の、父母の暮らしの時を刻んできました。 

そして今は、母一人の暮らし・・・・・



すっかり奇麗になったおうちには、汚く古い物は目立ってしまうので、処分したり必死に奇麗に掃除をしたりしたのですが、

この時計はまったく違和感無く、同じ場所に落ち着きました。




時計さん、 どうぞこれからも、母の暮らしを見守って下さいね・・・・・・・・。


























  
by tomomato | 2013-05-11 10:12 | 今日のごはん | Comments(12)

忙しいときの普段着のごはん






a0278382_61852100.jpg













a0278382_6154569.jpg









今日は、ここ数日食べている物の写真を載せま〜す 001.gif



すっごい忙しいので、全然手のこんだものは作れず・・・・

畑の野菜づくしの普段ご飯です。 





続きは下をクリックしてね!  click More !

More
by tomomato | 2013-03-01 08:23 | 今日のごはん | Comments(6)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧