カテゴリ:ひとことご挨拶*お知らせ( 13 )

あけましておめでとうございます

a0278382_20325003.jpg



新年、あけましておめでとうございます。 

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。




2018年から、気分転換にブログもリニューアル?しようと思って、 タイトルを変えました。 
フェイスブックページと同じ、Pietra Sole です。 今までのタイトルは、 サブタイトルとして残しました。 

本当はスキンもスッキリ変えたかったのですが、 自力でできる能力なし、 慌てて(ここが私〜 もっとちゃんと用意しときますよね、普通 笑) 変えようかとエキサイトの新しいスキンデザインを見てみたのですが、 ピンと来るものがなかったので、 時間とやる気が出た時か、誰か手伝ってくださる方が現れるまでこのままでいきま〜す。 変わり映えないですが、どうぞよろしくお願いいたします。  

と言っても・・・・・ すみません、 多分内容は全然変わらないかと思います・・・・ 105.png  今まで通り、日々の平凡な暮らしを綴っていくことになるかと思います。 

イタリアのアルプスの麓のど田舎の大きな石の家での暮らし、 最初の3年ほどではないとはいえ多分まだまだ続く修復作業のお話、 畑やお庭の話、 時々は旅行やお出かけの話、 日常のご飯やお菓子やパンや、夏の保存食作りや手作りの話、 ごくたま〜にkumatoさんのスイスの学校や私たちのお仕事の話、そして、ほぼ主人公とも言えるくまとさんのこと、 などなど・・・・・・・・ 
 
毎年季節が巡り、毎年ほぼ同じことをして、 時々は自然の力に翻弄され、 時々は自己満足の世界に浸り、 本当に平凡な暮らしのお話をとりとめなく綴るだけで、 はっきりした目的や皆さんにとって有効な情報があるような、そういう素晴らしいブログには絶対になれないとは思うのですが、(自信たっぷり 笑)もし興味を持っていただけまして、また今年も訪ねてきてくださったら本当に嬉しいです。


ただ、気が向いた時にしか更新しないことが多いので、いつも写真が溜まって、読む人のことを全く無視して文章もダラダラ長く続く傾向がいつもあるので、これからは少し読みやすいように短めな記事になるように努力したいと思います〜〜〜〜〜。 できるかな・・・???





・・・・・・・あれ??

これって、タイトル変わっただけで全然リニューアルじゃないんじゃない!????  爆




ちょっとお話させていただいたブログを続けるかどうかということについても、しばらく続けながら考えていきたいと思っています。


今年も、 どうぞ、よろしくお願いいたします。 

皆様にとって、希望に満ちた素晴らしい一年になりますよう、健康に恵まれ幸せな日々となりますよう、 心からお祈り申し上げます。 


  







暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。

第2回プラチナブロガーコンテスト



by tomomato | 2018-01-01 21:43 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(2)

家に戻りました



a0278382_17031201.jpg



お久しぶりです。
昨日、無事に家に戻りました。

12月3日に出発、 フランクフルトに一泊して4日早朝に日本から到着する母を迎えに行って、そのままドレスデンに3泊、ベルリンに2泊、フランクフルトに2泊して母は日本へ旅立ち、 私はちょうどスイスに来ているkumatoさんに会ってバーゼルに一泊して一足先に帰って来ました。 

昨日は、午後早くには家に着くつもりでしたので、 帰ったらまず家を暖めてからのんびり薪ストーブの前でブログでも更新しようかなあ? と思っていたのですが、 家に帰ったらドカ雪が積もっていてそれどころではありませんでした。
この写真はかなり溶けた状態で、日曜、月曜と雪は振り続け、 40cmくらい積もっていたらしいです。 
帰ってすぐにリビオにコーヒーを入れてあげて、 早速着替えて雪かきをしました。  溶けかけて雪が重くなっており、非力の私には必要最小限の雪かきをするのに2〜3時間かかりました〜〜。 涙   うちには普段でも危険な急な外階段もありますし、外からではないとアクセスできない倉庫もありますので、 kumatoさんが帰ってくるまで待っていたら凍って大変なことになりますから仕方がありません。 

家に戻るのを一日ずらしてバーゼルに一泊してよかったです。 夜遅く、雪の中を家に帰るのは大変だったでしょう。 昨日ですら、 予約していたタクシーは雪のため30分くらい待ちぼうけをくらい、 その上雪の日料金だとか言っていつもより高い料金を払わされました。 (遅れたんだから逆にまけてほしい! 笑)

ドイツでも二日ほど雪の影響を受けたのですが、 ラッキーなことにほとんどの行程では雪に当たらず、 母も無事で本当に助かりました。  
今年の冬はかなり早く、厳しいような気がします。
ここらではマイナス5度以上が長く続くことはあまりないのですが、 今年はすでにマイナス6度、マイナス7度が何日もあります。 




a0278382_17032626.jpg





残念なことに、雪の重みでまた、オリーブの大きな枝が折れてしまいました。  しかも折れてほしい側ではない方がいつも折れるのです・・・・涙

今年の寒さに耐えてくれるでしょうか???  頑張れオリーブ! 


私の留守の10日間、 kumatoさんが一度でも掃除をした形跡がないので(涙)、 まずは家を整え、 それから写真を整理して、ぼちぼちまた旅行の様子をお伝えしたいと思いますので、 またのぞいてみてくださいね。   






by tomomato | 2017-12-13 17:22 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(2)

旅行からジャングルに帰ってきました



a0278382_19411781.jpg



コートダジュールとプロヴァンスの旅から無事に帰ってきました。

母は、一昨年の十二月に、ヨーロッパへの旅行に出発するその当日に脳梗塞で倒れてしまったので、それ以来少し気弱になってしまい、 またヨーロッパへの旅行をする決心がなかなかつかないようでした。 今年に入って、 コートダジュールにはどうしても行きたい、 と言ってくれた時には本当に嬉しかったのです。 そうはいっても、母も80を超え、これまで以上に色々な点に気をつけなければいけないことは明白でしたので、 今回は無理をせず臨機応変に予定を変えられるような日程にして備えていました。 

一応の ’普通の予定’ はたてておいて、体調を考えながら休みを入れたり、様子をみて無理なところは外したりしていけば良いと思っていたのですが、 結果的には、なんと全ての(結構ぎっちりな!!) 行程を母はこなしてしまい、 むしろ私とkumatoさんの方が疲れてしまったかも!? という感じでした。 

かなり上り下りの激しい、全く高齢者向きではないところにも行きましたのに、 母の健脚には驚かされました。

南フランスは、治安がかなり悪いところで、ひったくりやすり、あるいは車のガラスを割られて盗難にあったり、それどころか車ごと盗まれてしまうということが当たり前のように起こるところだと聞いておりましたのでかなり緊張していたのですが、やはりkumatoさんがいてくれたことで本当に心強く、おかげさまで何事もなく無事に旅行を終えることができました。  (kumatoさん自身も2回も、盗難にあったことがあり、車ごと盗まれたというのはkumatoさんのお友達ですので、決して大げさではないのです) 
日本人の女二人だけ、しかも高齢者同伴では、こうはいかなかっただろうと思います。 

旅行の写真は、 少しずつアップして行きたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。




a0278382_19410660.jpg



昨日は母の日本への飛行機が、なんと4時間も遅れてしまい、私はそれから6時間以上かけてフランクフルトから電車でお家に帰ってきましたので、家に着いたのは夜の9時半頃でした。  今朝の四時にkumatoさんがスイスに発つ予定でしたので、 日が暮れる前に大急ぎで二人で庭に出て、kumatoさんの留守中の庭仕事の必要な点を打ち合わせしたのですが、 庭がジャングルのように荒れ果てているのにびっくりしてしまいました。




a0278382_19405282.jpg

  


バラも美女ナデシコももう終わり、 その代わりに緑の色がぐっと濃くなって、木も野菜も花も草もぐんぐんと伸びていて圧倒されました。 





a0278382_19424634.jpg









a0278382_19430302.jpg



一部だけ、すでにkumatoさんが草刈りをしていてくれたので、 なんとか見られる状態なのですが・・・・・


a0278382_19413632.jpg



a0278382_19441813.jpg







紫陽花がもう咲き始めました! そうか、もう六月ですものね。



a0278382_19433416.jpg
a0278382_19431914.jpg



プロヴァンスでは、まだラヴェンダーが早かったのです。 ところがうちは、満開を過ぎてしまいました。多分種類が違うのだと思います。 
今年は収穫期を逃しました。
 
アップリコットもおおかた実が落ちてしまい残念でした。 今年は九月にも2週間留守をするので(私は5週間も!) たわわになった果物たちの収穫や保存食作りを逃すことになりそうです。 涙 
庭があると冬以外は出かけられませんね。  これで動物がいたら、一年中旅行は無理ですね。




a0278382_19440568.jpg




a0278382_19443271.jpg


カモマイルも終わりに近くなっています。 最後のあがきで収穫しました。

旅行で結構疲れているので、2,3日はゆっくりしたいと思っていたのですが、と〜んでもない。 
家の中もめちゃくちゃ、洗濯物の山、  お庭もジャングル、  頑張らないといけません。 
アートバーゼルがあるので、スイスにも行きたいのですが果たして行けるかどうか??? 




a0278382_20060970.jpg



手前はインゲン、 奥のアーティチョークは、 なんと2m以上になっていて、何十個も蕾をつけています。 昨日は強風だったらしく、倒れてしまってkumatoさんと二人で支柱を立てたのですが、 二人掛かりでも大変でした。
こんなに巨大になってしまって、 一体どうしましょうか???  アーティチョークがこんなに強い植物だとは知りませんでした。 






by tomomato | 2017-06-13 20:35 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(6)

あけましておめでとうございます



a0278382_01504840.jpg


明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。  


クリスマスが終わった後、ドイツに住んでいる日本人のお友達が訪ねてきてくれて、毎日お料理とおしゃべりに追われてあっという間に暮れは過ぎて行ってしまいました。
 
昨夜は遅くまでお友達にホロスコープなどを見てもらいながら、新年についていろいろと話し合ってワイワイと楽しく過ごしました。 深夜12時にテラスに出て満天の星のもと、谷のあちらこちらであげられる恒例の花火を見物しながらプロセッコを飲んで、新しい年を迎えました。



a0278382_23383353.jpg


深夜11時ごろ、クリスマスツリーを背景に年越し蕎麦をすする、日本人にとってもヨーロッパ人にとっても不思議な光景・・・・笑  ちなみに夕食は、モンドールというとても美味しいチーズをオーブンに25分入れてトロトロに溶かしたものを、 フォンデュのように食べました。 





a0278382_01491842.jpg


元旦の今日、 少なくともお雑煮だけはと思って準備していたのですが、 なんと薪ストーブの火が強すぎてあっという間にお餅が真っ黒に!!!  苦労して?日本から持って帰ってきたお餅でしたので泣きそうになりましたが、 必死で焦げを削って食べました。 (縁が黒いの見えるでしょ? 笑) 幸い苦くもなく香ばしくて、美味しく食べられたのでよかった〜〜〜〜 




a0278382_23385909.jpg


お食後は、kumatoさんのお母様に頂いていたエンガディーナトルテを切りました。  今年は、シュトーレンを作り、イギリス風クリスマスケーキも作ったし、パネトーネもあるしで、なかなかこのエンガディーナトルテに到達しなかったのですが・・・





a0278382_02014833.jpg



見てこの嬉しそうなスイス人の顔。 035.gif 笑

a0278382_23390806.jpg


私もこのケーキが本当に大好きなので、 超幸せ! 

特に、kumatoさんのお母様が作られるエンガディーナトルテは、スイスでも一番美味しいのではないか? と思うほど美味しいのです。  

それに和食の後にもよく合うお菓子だということを、今日は新発見しました。  








a0278382_23392361.jpg
 




今日は新年にふさわしい清々しいお天気でしたので、お友達を送り出した後お散歩に出かけました。





a0278382_23393769.jpg


途中ペッペにあったので新年のご挨拶をして・・・・






a0278382_23401404.jpg
 


太陽の光をたっぷりと浴びてお散歩から石のお家に帰ってきました。 




私自身は、旧年中はいろいろな心配事や思わしくない(と思っている)出来事などに心を必要以上に煩わせてしまい、いろいろと反省させられました。まだまだ途上にある自分自身というものに、じっくりと向き合うことをせざるをえない年でした。  その一方、 新たな体験や発見もあり、充実した年でもありました。

新しい年は、それらを踏まえて今まで以上に一日一日を、一瞬一瞬を大切にしながら、 少しずつでも前進していきたいと考えております。 毎日の、そして毎瞬毎瞬の積み重ねが明日へ、そして未来につながっていくのだということを、あらためて強く感じております。
 
また、家族や、身近な人たち、長い間私と友人でいてくれた人たちに対し、感謝の気持ちを忘れずに、もっともっと大切にしていかないとと思っています。 



新しい年が皆様にとって幸せに満ちた素晴らしいものとなりますように。 

世界のあちらこちらで様々な暗く心配な出来事が続いておりますが、  私たちの心の中が光に満たされ、そうした出来事を明るく照らし出していくことができますように。 

 





by tomomato | 2017-01-02 02:31 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(14)

無事、二人展始まりました と ちょっぴりクリスマス気分




a0278382_19073612.jpg




12月3日、 無事にkumatoさんと私の二人展がバーゼルのギャラリーで始まりました。

ちょっとそれまでは、 大変だったのですが何はともあれ、無事に始めることができてよかった・・・・・






a0278382_19041421.jpg



何しろギリギリまで頑張っていたkumatoさん。 木曜日に搬入だったのですがまだ作品は揃っていない上、 だいたい予定していた作品のうちのいくつかは、私のを含めてその場の雰囲気にあっておらず急遽予定変更、 別の作品に差し替えないといけなかったりで、とりあえず一旦釘を打って作品の展示場所を決めた後にまた仕上げをしました。




a0278382_19042525.jpg
 



もちろん、 私も額装が終わっていないものを必死でお手伝い・・・・・・ あとはそばで、フレーフレーkumatoさん、 と声がけ・・・ 笑  






a0278382_19044192.jpg



そして当日の朝






a0278382_19050508.jpg



ベッドルームでまだ頑張ってる〜〜〜〜 笑
このお部屋は、kumatoさんがティーンエイジャーの時に使っていたお部屋なのですが、 

’僕が16歳の時もこうしてこの部屋で絵を描いていたな〜〜〜 なんだか変な気分だ〜〜〜 035.gif


なんて感慨にふけっておりました。 

これらの作品を無事壁に戻した後、 さらに大きな作品を開催ギリギリまでギャラリーで絵の具載せてましたよ。
始まった時にはまだ絵の具は乾いていませんでした。 



a0278382_19065497.jpg



ベルニサージュ(展覧会初日)は、kumatoさんの弟さんとお仲間のミュージシャンがとても素敵な音楽を演奏してくださり、 会場は身動きできないほどギッシリの人々で埋まりました。 




a0278382_19455658.jpg



a0278382_19430578.jpg



kumatoさんも私も、 来てくださった人たちとお話をするのに大忙し。 kumatoさんは家族も学生たちも元学生たちもわんさか来ているので引っ張りだこでした。







a0278382_19461829.jpg



kumatoさん、あんなに大変だったけれども初日を無事迎えることができたので、 とてもすっきり幸せそうで、追い詰められた最後の大変な中でも得るものが多かったようで、 本当に良かったです。
もちろん、私も最後の1ヶ月は本当に大変で、 スイスに向かう前日はkumatoさんのストレスで私の方が参ってしまい、 夜眠れなくなったので、今は本当にホッとしています。 ( この展覧会、 あくまで二人展で、私も半分展示しているので私もそれで大変なはずなのですが、 今回は本当にkumatoさんが大変だったので自分の心配している時間がありませんでした。kumatoさんが無事初日を迎えられた本当によかった・・・・ という感慨しかない・・・・  笑) 




a0278382_19220213.jpg



ホッとした翌日は、 二人でバーゼルの美術館の新館でシャクソンポロックの展覧会があったので見に行きました。
その後、クリスマスマーケットを冷やかしに・・・・・




a0278382_19090887.jpg




もうここ1ヶ月怒涛のような日々だったので、 もう第二アドベントだというのに全然クリスマス気分ではなかったので、ここで一気に盛り上げようというわけ・・・・笑




a0278382_19093003.jpg



でもものすごく寒かった〜〜〜〜
ヨーロッパの冬って、そういえば寒かったんだ〜〜〜 と久しぶりに思い出しました。



a0278382_19094457.jpg



昨年の冬は、母とドイツのクリスマスマーケット巡りの旅をするはずが、母が倒れてしまったことをちょっぴり思い出したりして、 センチメンタルな気分になりましたが、 ウキウキしたクリスマスマーケットの雰囲気の中にいるだけで、 嬉しいワクワクした気持ちになりました。





a0278382_19214265.jpg
a0278382_19200068.jpg



クリスマスマーケットは夜の方が絶対に(寒いけれど)雰囲気があるのですが、 昼間は子供たちのための催し物がたくさんあって、 楽しそうな子供達を見ているだけで幸せいっぱい! 



a0278382_19223863.jpg


これなんだかわかりますか??

シャケの半身を焚き火で焼いているの!!!




a0278382_19222377.jpg


シャケを豪快に焼いている光景があまりに美味しそうだったので、 食べました。 笑




a0278382_19225589.jpg




クリスマスマーケット、毎年ほとんど同じところに同じお店があるので、 目新しいものは何にもないのですが、 それでもぶらぶらするのが楽しいのはなぜでしょうね?  みんなのクリスマスを楽しみにする幸せな雰囲気がきっと楽しいのかな? 




a0278382_19231359.jpg


さて、kumatoさん、大好物のものを見つけました。 このバゲットのようなパンには、大きな穴が通っていて、このお店では中にグリルしたソーセージを入れるか、フォンデュチーズを入れるか選べるのです。 kumatoさん、これが大好きでチーズの方を早速注文・・・・

が・・・・・

これ、本当に美味しいのですが、このお店ではしっかり包装してくれていなかったみたいで、 ガブッとかぶりついた途端に中から熱々のチーズがどば〜〜〜〜〜っと押し出されてしまいました!!!!・・・・・


で、kumatoさんの超一張羅の(展覧会初日のために着ていたのです!!)コートに盛大にこぼれ落ちてしまったのです〜〜〜〜〜 滝涙。  本当に盛大にベチョ〜〜〜〜〜っと30cmくらい二箇所も!!! 漫画みたいに! 

慌ててこするとさらに布地の中に浸透してしまいそうだったので、 悲惨な姿のまま食べ続けるkumatoさん。(あまりの惨事に写真撮る余裕なし! 笑)

それからもいくら気をつけて食べても溢れる溢れる!!
その惨事を見ていた私も本当に気をつけて食べたのに、 なんと! 今度は去年買ったばかりの私のブーツの上にベチョ〜〜〜っと!!!   滝涙


もう二度とこれは食べない! と私は決意しました。 あ、味は、とっても美味しかった〜〜 フォンデュの熱々のチーズがたっぷり入っているのですもの。 でもたっぷりすぎだったのかも。 超危険な食べ物です。   





a0278382_19084832.jpg





そんなこんなの晴れ晴れとした週末でした。041.gif

kumatoさんは、なんとまた今週いっぱい学校があるのでそのままスイスにとどまり、 私は一人で昨日イタリアのお家に戻ってきました。 展覧会は12月23日までありますので、 また最終日にバーゼルに行くことになっています。   
展覧会の準備で家中めちゃくちゃなので、 お掃除と、少しクリスマスを迎えるにふさわしい状態にお家を整えたいと思います。 


展覧会の作品は、フェイスブックかインスタグラムの方に少しずつ載せていく予定(予定は未定・・・)ですので、よろしかったらご覧くださいね。 (フェイスブックページ pietrasole
)
 






by tomomato | 2016-12-05 20:28 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(8)

あけましておめでとうございます




a0278382_11034580.jpg



新年あけましておめでとうございます


皆様にとって新たな年が、幸せに満ちた一年になりますように。
世界に平和が訪れますように。
自分の心に平安が訪れますように。 






脳梗塞で緊急入院となった母、 おかげさまでお医者様もビックリの回復力で30日に無事に退院しました。 当初は、集中治療室1〜2週間、その後一般病棟に移って最低2週間、 さらにリハビリ病棟に移って1〜2ヶ月と言われましたので、 長期戦になると覚悟を決めていました。  さらには、エレベーターなし4階の自宅には戻ることはできないだろうということで、私はお見舞いの傍ら旅行の色々なキャンセル手続きと母の新たな住まいを見つける為に帰国当日から奔走しておりました。  

入院して数日後、 母に 

’ お母さんが出かける前に飾っていたクリスマスの飾りがとっても奇麗で癒されるよ、 ヨーロッパでは1月6日までクリスマスだからそれまで飾っておくね。 その後はしまっておくから箱とか何処にある?’ 

と聞くと、


’ それまでには、家に戻れるかもしれないから・・・・’

というので、本当に胸が痛くなり、もう家には帰れないかもしれないよという言葉はぐっとこらえて、


’ お母さん、 それは無理だと思うよ、 お医者様はまだまだ長く病院にいないといけないって言っていたから焦らずにね。’

と言うと、母は泣きそうな顔をして黙っていました。



母が少し元気になってから、これからの生活のこと(新しい住まいの可能性、介護システムの利用、今までも少し問題になって来ていたゴミ捨てや新聞古紙出しのこと、再発した時・あるいは’もしも’の時の対処のこと) などを何回か話したのですが、 母はその度に泣きそうな顔をして聞いていました。 

かなり長く集中治療室にいないといけなかったのですが、 一方、リハビリが始まるとどんどん回復して自分の足で歩けるようになりましたし、病院のあまり美味しいとは言えないお食事も無理をしても頑張って食べている母を見ていると(昔から、’私は入院や老人ホームに入ったりしたら、食事が食べられなくてすぐ死ぬわ!’といつも言っておりました。)、 私が持ち出すそれらの現実的=悲観的な将来の話をすることが母の回復しよう、また元通りの生活に戻ろうとしている気力を削ぎ、 希望ではなく絶望につなげていることになるのではないかと疑問に思いはじめました。   

毎日、病院からうちに戻ると取り寄せた資料がどんどん届き、 またセールス熱心なところからは電話がきて、私自身も見学の予定を入れないとと思うのですが、  そうした作業をすればするほど何かが違う気がしてきました。  

たとえ四階まであがれるようになっても、 兄は母が今の住まいに住むことは反対しておりますが、 たとえ大変でも、もし何かがあったとしても、それが可能になり母が希望するならば今までの生活を続けることが母にとって一番幸せなのではないかと思い始め、資料はいったん見えないところに積み上げておくことに決心しました。
   


a0278382_11043064.jpg


クリスマスイブに一般病棟に移ることができ、差し入れも出来るようになったので、母の好きな中国茶をいれて私が作ったシュトーレンを一緒に食べました。  新しい試みとかで、サンタさんも病室を訪れてくれました。  本当はイタリアの我が家にいて近くの中世のクリスマスの催しに出かける予定だったのですが、病院で迎えることになってしまったクリスマス。  でも、命あればこそですので、一緒にこうしてお祝いすることが出来て嬉しかったです。  

病院のお食事がちょっと余りにも・・・でしたので、 毎日お野菜二品や果物、お菓子を持って行きました。  食べ物ってやっぱり大切ですね。 やっと’普通の’お野菜料理を食べ、 果物や美味しいお菓子を食べてちょっとしあわせ気分になって、表情もいきいきしてきました。 


リハビリに何回か同行しましたが、 母の回復具合に私も一日一日驚きました。 右側の麻痺も言われなければ絶対に気がつかない程度まで回復しました。 お医者さんはそれでも、まだバランスが悪いからゆっくり頑張りましょうね〜 っと仰られていたのですが、リハビリの方からは退院許可がでてお医者さんは ’生命力にビックリ、こんなの前例がないな〜’ と半ば呆れていらっしゃいました。   

実際、 病院では1日2度30分程度のリハビリしか無く、それ以外は病室のベッドで横たわるしかないので、 母は退屈していましたし日常の生活作業が無いのでこれはどんどん体が弱るのではないかしら? と心配していたので退院が早くなり本当に嬉しかったです。


a0278382_11055233.jpg



病院から帰って来た時には、一番心配していた家の階段も、4階まで休み無く登ることが出来ました。 まだ全体的に弱々しい感じですが、 退院した日から夜ご飯の用意を始めたのにはビックリ、昨日は年越しそばにしようと言っていたのですが、天ぷらはまだ危ないから狐にしようねと言っていたのに天ぷらを揚げ始めたのにはビックリ・・・・・ 今朝はお雑煮を作ってくれました。 おなますや黒豆は材料を取り寄せていましたがその余裕は無く、 母は ’やっぱり無いと残念だわ〜〜〜’ と言っていますが、私は、いえいえ、こうしてお母さんの作ったお雑煮を二人で食べられるなんて奇跡よ〜〜’ と思いながら有り難く頂きました。  


ちなみに、私は、退院したての母におさんどんをさせてのうのうと休んでいる訳なのですが、 それは母が強固に私が手伝うのを拒むからで、私が非情な娘だという訳ではありません!  笑

私がどう頑張っても母の料理にはかないませんし、病院のお食事に苦しんだ母は自分の味で食べたいだろうと思いますし、またリハビリの為にもその方が良いだろうと思うので密かに隣の部屋から母の様子をうかがいつつ、手は出しておりません。 おそばのお鍋の移動だけは、まだ重いお鍋を流しに移すのが危ないので頼まれましたが・・・。


リハビリがあったとはいえ、2週間ほぼ寝たきりだった割には元気ではないかと思います。 昨日今日と、階段の上り下り一日一回に短時間歩くことにつきあっています。 明日かあさってはバスと電車を使って近くのカフェに行こうと話しています。 少しずつ距離を伸ばして体力をつけてもらおうと思っています。  


母が退院して、 ほっとしたのか私自身が全身の力が抜けてしまった感じで、 体調が今ひとつ・・・・ 母の日常生活復帰にあわせて、私もゆっくり回復して行けたらと思っています。  


新年早々、 お祝いの言葉や今年の展望などの華々しいお話ではなく、私事を書き連ねてしまい申し訳ございません。

kumatoさんはやっぱり一人で寂しい様ですが、 私のアトリエも占拠して朝昼晩と絵を描き続けて集中した時間を過ごしている様子です。 一人でちゃんとご飯も作ってくれていて、有り難いです。

そうそう、kumatoさんが昨晩食べたもの

照り焼きハンバーグ  おもち  みそ汁  おそば(日本の!)

野菜が無いぞ〜〜〜 と叱っておきました。笑

 
kumatoさんは、7日から学校の集中授業が始まり、ほとんど一月はスイスにいないと行けないので、 後一週間絵を描くことに集中して頑張って欲しいです。 


皆様にとって素晴らしい新年の始まりになりますように。







 

















by tomomato | 2016-01-01 12:18 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(17)

急遽 行ってきます


a0278382_17155204.jpg




今朝、こちらの早朝に母とフランクフルトで再会する予定でしたが、 ドイツに出発する代わりに急遽日本にしばらく帰ることになりました。 
母に、人生で最高に楽しいクリスマスを過ごさせてあげようと、詳細に渡って計画していたのですが無理でした。 
悲しいです。 
母がまた元気に旅行が出来るようになるのか、それどころかマンション四階の自宅に戻ることができるのか、 今はまだ分かりません。 
私よりも母がきっときっと悲しく絶望に満ちた気持ちでいるだろうと思うと、本当に胸がつぶれそうです。 
今日こちらを発っても母に会えるのは明日の午後。 
この距離が本当にもどかしいです。
きっと今まで一人で寂しくても頑張って、頑張りすぎたのかもしれません。 

前回会った時に、私に心配をかけたくないから一切弱音をはかない母が、 ぽろりとこれからの生活の不安をぽろりとこぼしておりましたから。
あと5年は、 今のように楽しく旅行や外出が出来るような生活が出来るだろう・・・ 出来て欲しいと願っておりました。 
母はもうすぐ80歳になるので、 きっとお医者様や普通に見ればこうしたこともごく当たり前なのかもしれません。 そばにいる家族だけが、まだまだ大丈夫・・・・ 大丈夫でいて欲しい!  と思うものなのかもしれません。 

しばらくブログのアップもコメントのお返事も出来ないかと思います。 申し訳ございません。 

では、行ってきます。 

by tomomato | 2015-12-16 17:27 | ひとことご挨拶*お知らせ

お休みのお知らせ






a0278382_00322076.jpg





3月20日 早朝にkumatoさんのお父様が亡くなられたという知らせで目が覚め、すぐにスイスに飛んできました。 

2週間前に90歳のお誕生日をお迎えになられたばかりでした。 その日は、 子供達、孫達、ひ孫達に囲まれてとてもとてもお幸せそうだったのですが。  
天寿を全うなされたとはいえ、やはりお別れは本当に辛く悲しいものです。 
kumatoさんも、 諸事にテキパキと対応しながらも、 思っていたよりもずっと早く訪れてしまったお別れに、かなり精神的にこたえているようです。     

今週一杯、いろいろとありますので、 しばらくの間ブログは更新は無理かと思います。  

落ち着いたらまた再開させていただきたいと思います。  どうぞよろしくお願い致します。     






by tomomato | 2015-03-23 00:53 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(2)

やっとこさ、帰って来ました!! ^0^/









a0278382_19495852.jpg






お久しぶり! 

昨日の深夜、やっとこさベルリンから帰って来ました!

 







a0278382_19494260.jpg






出発前日は重い雪が降ったというのに、 帰って来たら日中は20度前後の暖かい最高の天気!!!! アップリコットや桃の花が開いています。





今日は、kumatoさんは早速スキーに出かけました。都会暮らしがかなりきつかったkumatoさん、 最高のお天気の中、山の空気をたくさん吸って楽しんで来て欲しいです。  サンドイッチに自家製ホットグレープジュース、お菓子やスナックを一杯用意して送り出しました。 (遠足に行く子供を見送る気分??? 笑) 



私はと言えば、一昨日、飛行機でベルリンからバーゼルにたどり着いたのが夜の7時半、それからいったん家に荷物を置いてバーゼルの街にでて、カーニバルの最終夜を夜中まで見に行ってしまったので、超疲れてしまいました・・・・・。


このバーゼルのカーニバル、おそらくヨーロッパで一番大きいのでは????  うっかりまたカメラを忘れてしまったのですが、040.gifいつかご紹介したいです。 本当にすごいの!! これだけのためにこの時期にバーゼルに来る価値あり!!!  後でyou tubeのリンクを探して張りますね!


おまけに街を歩きすぎて酷い靴ずれが足の裏に出来て歩くのも辛いので、今日はのんびり山のような洗濯物を片付けたり、お部屋のお掃除をしたりしてのんびり過ごそうと思っています。












a0278382_19500959.jpg









ベルリン10日間滞在中、私は3日間ハンブルグにお友達に会いに出かけました。 ベルリンでは、私は最初の2日間にちょっぴり絵を描いただけで、後は疲れて寝ていたり?? お友達とおしゃべりしたり、 ちょっぴり観光したり、学校のフェイスブックページの写真を用意したりしていただけなのですが、(その割に何故こんなに疲れたのか?)kumatoさんはずっと学校にかかりきりでかなり大変そうでした。 おまけに自然人のkumatoさんに都会はとっても辛そうで・・・・・・・・     035.gif



びっくりしたのはkumatoさん、 


都会ではまったく方向音痴になること!!!!





それが桁外れの方向音痴で、 毎日同じ道を通っているのに、 必ず逆方向に行こうとするのです!!!???

違うよこっち、といっても信じない!!!! 005.gif  仕舞にはジョークかと思ったのですが、本人は必死の様子・・・・・・

後でハンブルグのお友達と話してたどり着いた結論・・・・・・ kumatoさん(山の人)は、 山で方向を判断する、 私(都会人)は、 道で方向を判断する、ということ。  特にベルリンには山がまったくないので、kumatoさんにとって目印になるものが何も無いからではないか?  


ちなみにそのお友達はベルリン出身です。 



さて、ベルリンではあまり写真を撮らなかったのですが、 ぼちぼち私の個人的な印象をアップできたら、と思っています。 
学校の様子は



こちらをクリック







              







by tomomato | 2014-03-14 20:17 | ひとことご挨拶*お知らせ | Comments(6)

A Happy New Year 2014 !!!







a0278382_03581515.jpg







あけましておめでとうございます







あっという間に2013年が終わってしまいました。 旧年中、 このブログに訪れて下さり本当にありがとうございました。

つたないブログですが、 どうぞ今年もよろしくお願いいたします。040.gif  


今年は家の修復・改築もほぼ終わる予定・・・・・・035.gif  (予定は未定・・・・? 笑)
よって、家の修復・改築に関する記事は徐々に少なくなると思いますが、新たに、この家での生活や出来事をもっと綴ることが出来るかな?と楽しみにしています ・・・・・・ 
一体どんな年になるのか、 修復・改築後にこの家でどんな生活が始まるのかまだ実感として湧きませんが、楽しい出来事をこのブログにアップできたらいいな、と思っています。 





 



a0278382_03580003.jpg







大晦日はお友達ご夫婦のお家で持ち寄りパーティをしました。 夜の12時には花火が上がるのを見てスプマンテで乾杯・・・




今日(元旦)はなんと今シーズン初、 スキーに行って来ました。 家の作業がまだまだ続きますので、おそらく今冬もあまりスキーに行くことはできないと思うのですが、 今日はさすがにワークホリックのkumatoさんも作業もお休みして出かけました。  

先日のどか雪で、何とスキー場は整備が間に合わず、かきいれ時のクリスマス前後はクローズしなければならなかった程でしたが、 お陰で今年はたっぷりの雪で,ゲレンデは最高のコンディションでした。  (カメラを忘れてしまったので残念ながら青空にそびえ立つ素晴らしいアルプスの山々の景色はなし・・・・・・涙   かわりに数日前のkumatoさんとの午後のお散歩の写真をのせています。) ここの所の運動不足がたたって、 はーはーぜーぜーしてしまいましたが、 気持ちよくって最高に楽しかったです。 



kumatoさんが元気になって、こうしてスキーに行けるまで回復して本当に良かったです。 今日はなんとあのしぶとい咳もやっと止まりました。   二人とも元気にこうやって毎日の生活を楽しむことが出来ること、 その幸せを改めて噛み締めることが出来た元旦でした。 









a0278382_03575141.jpg
  







2014年、 この新たな年の一日一日を大切に過ごしていきたいです。


心が

平安と優しさに満たされますように  
光と、暖かさにあふれることが出来ますように
情熱を忘れませんように
必要な時に冷静さを保つことが出来ますように
全ての出来事と周りの人を受け入れることが出来ますように 

素直に生きることが出来ますように  







皆様にとって、2014年が素晴らしい幸せに満ちた年になりますよう、心からお祈り申し上げます。 
 

by tomomato | 2014-01-02 06:24 | ひとことご挨拶*お知らせ


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧