カテゴリ:その他( 18 )

実は・・・



a0278382_03430165.jpg





今日から、 数日スイスに行ってきま〜す。  

やっとkumatoさんに会えま〜す。
バーゲンもやっているに違いない!
そして、パウルクレーの展覧会があります。
kumatoさんの学校でも、面白い講演会があるそうですし・・・・・・ 

久しぶりに山から脱出です!  毎日の騒音からちょっぴり抜け出せる!!!   (実はもう限界)  


でも、スイスまで出かける一番の理由は、スイスのお部屋の ’掃除’   爆

スイスにいる間はkumatoさんは本当に忙しいので、 かなりひどい状態になっているかと思われます。
(時間があっても同じだと思うけれど・・・・・・ 涙)




a0278382_03435596.jpg



ただ、kumatoさんの学校でもインフルエンザがとても流行っているそうで、 同僚もここ二週間学校にほぼ来れない状態でkumatoさん一人でずっと授業をしていたそうです。

うつらないようにしないと・・・・・ 

ヨーロッパではマスクをする習慣がないので、 防御する手立てがありません。 また咳をする人も手やハンカチで覆いもせず大ぴらに人前ですることが多いので困ってしまうのです。 




a0278382_03462842.jpg




頑張って予約投稿で記事を書きましたので、 留守?の間、楽しんでいただけると嬉しいです。 
ただ、パソコンを持っていかず、ipadだけですので、もしコメントのお返事が遅れてしまったらごめんなさい。 ipadで打つのがあまり得意ではないのです。








a0278382_03471724.jpg



12月下旬に、 プラチナブロガーコンテストの選考基準の項目の中に、’更新頻度’ と言うのがあるよ・・・・ とお友達に指摘されてから、
え〜〜 ! それはもう全然ダメじゃない!? とお尻に火がついて急に頑張って更新してきたのですが・・・・・  バレバレ?

kumatoさんがいなくなったら、山のお家で車もなく孤独な引きこもり生活になるので、全く話題がなくなって更新は無理だろうと考えていたのに、 毎日なんだかんだくだらないことを取り上げて続けてきてしまいました。
 
ブログを始めた頃は、毎日修復が進み、話題に事欠かないと言うか、記録しておきたいことがたくさんあったので更新も頻繁にしていたのですが、(ストレス発散になったし 笑)  修復が落ち着いてからは日々の生活が割と単調なリズムの繰り返しで、 その上かなり忙しく、 間が開くことが多くなってしまいました。
挙句、たまった写真を一気に乗せて長〜い記事になることが多くて・・・・・ 

  

a0278382_03422511.jpg




ここへきて、 珍しく頑張って更新していると、 ああ、毎日の生活の中にたくさん心が動かされることがあるなあ・・・・ と書くことで確認できてとても良い体験をさせていただいています。



でも、ちょっと不安なことが・・・・・  

コンテストの期間の終わりが2月の初めらしいのですが、  

1  それまでに息切れ、あるいは飽きちゃってプツリと更新しなくなるかも?

2  期間が終わったら、一気にやる気がなくなり、 全く更新しなくなるかも?


この二つの可能性が・・・・・・・・・ 非常に大・・・・ 


もし、もし、もし、そうなっても、 怒らないくださいね〜〜〜 許して〜 

先に謝っておきま〜す。


なかなかさくさくっと要領よく記事を用意できなくて、結構時間もエネルギーを使ってしまっているので、 この1、2どちらかは絶対に起こりうると思うのです。
一つの目標を決めるとそれに向かってわ〜って進んでいけるのですが、 継続は苦手な方なので、  急にテンポが遅くなったらごめんなさい。 立ち消えしたらもっとごめんなさい。 

コンテストのためで、現金なやつだ〜 と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、  はい、 そうです。 許して・・・・・  ToT

欲に目が眩んで、コンテストをやってみようかなと思った、 と確か書いたかと思いますが、 ブログをやめようかな、どうしようかな、と迷っている時だったので、 ちょっと新しいことをやってみたら、 いつもと違うことをしてみたら、ブログを続けていくかどうするかということがはっきりしてくるかな? 続けるのなら、 また新たに自分にとっての意味を見出せたらいいな? 新しい目的ができるかな?  と思ったのが正直な気持ちです。

いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。  



a0278382_03415257.jpg
  



今日の写真は、 おとといの朝、 マイナス5度くらいのしんと静まり返った森の中です。

森に入る時、 き〜っと大きな鳥の警告の鳴き声が必ずするのです。 よそ者が入ってきたぞ〜!!  みたいな・・・・・
そしてズンズン奥深く進んでいくと、 突如どどっと大きな音がして、目の前から二匹の鹿が逃げて行きました。   多分、 まだ休んでいたのだと思います。

今年、初めて出会いました。   

せっかく休んでいて、驚かして申し訳なかったけれど、会えてとても嬉しかった。 ^ー^



自分の畑で出会うと、 頭にくるのですけれどね・・・・・笑




それではまた! 行ってきま〜す。 







暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。 









第2回プラチナブロガーコンテスト



by tomomato | 2018-01-17 11:00 | その他 | Comments(12)

もうすぐ春



a0278382_08510019.jpg



まだまだ寒いけれど、確実に前とは違う・・・・・ ちょっぴりずつ、でも確実に春が近づいているのを感じます。 






a0278382_08505624.jpg





母のお友達がお庭の梅の枝を下さり、 俄然張り切って、おひな様の飾りを箱から出した母。 
ついこの間までクリスマスの飾りも片付けられず、お正月の飾りも大分遅れて、母が言う通りに私が飾ったのですが。 
小さなひな壇を組み立てるのに悪戦苦闘して、それだけは手伝ったけれど、嬉しそうに飾っている母の姿を見て私も嬉しかったです。

今週末にイタリアに帰ります。  いくつか気がかりな点はあるものの体力・気力とも大分回復した母。  一人暮らしに戻ってみてしばらく経過を見てみることにしました。   
先週までは、 もし無理そうだったらばまた4月に帰ってくるよというと、 ’うん、是非そうして・・・’ という雰囲気でしたが、 今週に入ってからは、 ’また次回秋に来る時には・・・・・’ と言うので大丈夫かな? 
  
私も、先週までは帰るにも後ろ髪をひかれる思いでしたが、 今は、 もしかすると頼りになる人がそばにいないことがむしろ母の回復を早めるかも? と楽天的な思いに変わりました。 



a0278382_08510842.jpg




この間余った粉で適当に焼いたパンを、美味しい美味しいと喜んで食べてくれたのに気を良くして、母の朝食用のパンをいくつか焼いて冷凍しました。 




a0278382_08511503.jpg



母のオーブンは、ほぼビンテージのマジックシェフ。 古いガスオーブンなのに火回りがとても良く美味しく焼けるので改めてビックリしました。 私の新品電気オーブンよりもずっと美味しく焼けます。  



a0278382_08512732.jpg



昔はこのオーブンで母がパンやお菓子をたくさん焼いて、オーブン料理をしてくれて、 仕上がるのをドキドキ・うきうきしながら待ち構えたものでした。 

今となってはこんな旧式のコンロ・オーブンを使いこなせる人はいないと思います。 兄など、着火も出来ずコーヒーもわかせません。 
母が自分で料理が出来る限り、このコンロ・オーブンは現役で母を助けてくれることでしょう。 その日が一日でも長いことを心から祈っています。 




a0278382_08512061.jpg




母の友人がお見舞いにとってもとっても美味しい天日干しの有機米を送って下さいました。 このお米があまりにも美味しくて、 いつも以上にもりもりと二人でご飯を食べています。  そのお米の上新粉も送ってくださったのでお団子も作ってみました。 




a0278382_08512399.jpg





さすがにおいしいお米の上新粉で作ったお団子は、 形のいびつさにもかかわらず(プッ) とっても美味しかったです。


私は帰国が近づきましたので、 大掃除に忙しくしています。 やっと一息ついて、今日はお出かけします。

kumatoさんは、 先週あたりから、’夜ご飯を作るのが嫌だ〜〜〜〜’ とこぼし始めました。  
一日3度はスカイプしているのですが、 やはり一人で暮らすのはそろそろ限界の様です。 


お心遣い頂きました皆様、 本当にありがとうございました。

イタリアに戻ってからまた、更新したいと思います。

 


by tomomato | 2016-02-24 09:22 | その他 | Comments(10)

もう一ヶ月




a0278382_17445039.jpg
去年の12月のお家からの眺め





12月16日にイタリアを発って丁度一ヶ月経ちました。
あの緊迫した心持ちを振り返ると、今こうして落ち着いて穏やかに暮らせていることが嘘の様です。

おかげさまで、 12月30日に退院した母は、翌日から私のスパルタ・リハビリで順調に回復しています。
翌日は階段の上り下りと家の前を100mくらい歩くだけのところから初めて、徐々に距離を伸ばし、 何と昨日、今日は9000歩近く歩きました。 
(母の使っている携帯は、万歩計がついているのですよ。)

病院では、’近所に買い物に行けるようになるように、付き添ってくださいね’ と言われたのですが、 母は元々活動的で、近所のスーパーでお買い物というよりも、しょっちゅう都心に出て行ったついでにデパ地下でお買い物をしているし、 お野菜類は有機野菜の宅配なので、 少し距離が歩けるようになってからは混雑時を避け、バスに乗ったり電車に乗ったりを試し始め、それも距離を伸ばして行きました。 
何しろ筋肉が何もなくなってしまっていましたし、ふらつきも少しありましたので転倒だけは気をつけて、 最初のうちは私はいざという時の為に杖を持ち歩いていました。  

4、5日前に都心の美術館に出かけた時には帰りはかなり疲れていましたが(展示が今ひとつだったのもあるかも?)、 昨日はそれよりもさらに遠い所まで展覧会にでかけ、歩く距離もずっとずっと長かったにもかかわらず帰ってからお昼寝もすること無くとっても元気だったのには驚きました。 足取りもしっかりして来たしふらつきも減って来ました。 帰りに日本橋三越の上にある母がいつも行くカフェに寄って、素晴らしく美味しいロールケーキとコーヒーを頂いたのですが、 その時母がしみじみと

 ’ あ〜〜〜幸せ〜〜〜053.gif


と言うのを聞いて、 本当に幸せな気持ちになりました。




a0278382_17394863.jpg





今日は、家から徒歩20分くらいの所にある森林公園まで行ってきました。 都会の散歩は道路を歩くだけで退屈なのですが、 久しぶりに木々の中を歩いて本当に気持ちよかったです。  もう梅の花が咲いていました。


何よりも嬉しいのは、 母が精神的に安定して来たことでしょうか。 退院してすぐの時には一日起きて座っているだけでも辛かったのもあるでしょうが、ぼーっと放心状態のことが多く、 表情も乏しく、 また発症時のショックやこれからの生活の不安があるのか悲観的とまでは言わなくても弱々しい感じで・・・・・・・  時々は涙ぐむこともあり、見ていて胸が痛んだのですが、 日に日に表情が豊かになり笑顔が増え、 足がしっかりと地に着くにつれ自分でも自信がついて来たのか、とても明るく生き生きとしてきました。 明日はまだ行きたくないと言っていた教会にも出かける気になりましたし、すこしずつ、いやかなりのスピードで母の日常生活を取り戻していっています。 





a0278382_17393317.jpg




来週は、母の80歳のお誕生日があります。
本来でしたら私は帰国していない筈だったのですが、 一緒にお祝いが出来ることになりましたので、 兄と一緒に近場の温泉旅行をプレゼントすることにしました。
温かな伊豆に行こうと思ったのですが、今ひとつ母のテンションが低かったので結局寒い山の方に行くことになりました。・・・・・・ 雪がたくさん降らないと良いのですが・・・・


私はと言えば、イタリアに戻るフライトの予定を延ばして、2月後半に戻ることにしました。 今日、母と話していたら私が3月もずっといると思い込んでいたらしく、3月に私と一緒にしようと思っている予定について話すのでビックリ。  

’え? 長くても2月後半だよ〜〜!!!’ 

と言うと、さほどショックな様子でもなく、

’そっか、じゃあ良くならなくっちゃね。

と一言。 

’良くなるに決まってるじゃない、大丈夫!’

と私。 


もちろん、まだ必要がありそうなら3月までもいるつもりですが、 その会話の後のお出かけで母がまた一段としっかりとしていて、私も母自身も驚いたので、 大丈夫かな? と思っています。  お出かけの帰りに、短距離のバスも母一人で乗れるようになりましたし、 すこしずつ積み上げていけばもっともっと体力も自信もついて、また元通りに活動的な母に戻るのでは無いかと思います。 

私の日本での生活が、母を支えることに集中しておりますので、 余り面白い話題が無くて申し訳ないのですが、 近況報告で時々こうしてブログをアップさせていただけたらと思っております。 今度は温泉旅行についてかな???  

kumatoさんは、スイスの学校の集中授業が始まったので、 1月は週末に家に戻ってくるだけですが、 幸いとても元気で過ごしている様です。
キウイが食べごろになっているし、 今年は大根が素晴らしい出来だし、カボチャもたくさんあるし、 水菜もわさわさ育っているようなので持って来て〜〜〜〜!! とスカイプで叫んでいます。笑 

私がいないと、私のアトリエも使えるのでその点については結構喜んでいるようで・・・・・ 笑 035.gif   
この冬は画業を本格的に再開して集中できるようになったので、 kumatoさんにとってもある意味、良かったかも??   


あ〜〜〜 すべてのことに感謝です。


 





by tomomato | 2016-01-16 18:36 | その他 | Comments(8)

当たり前の日常が、当たり前ではないこと




a0278382_08565780.jpg



昨日は3賢王(Drei König) の日でした。  毎年、この日には近くにあるフランスベーカリー、ビゴのガレット デ ロワ を食べる習慣のある母と一緒に買ってきました。 私はこの時期に日本に帰ることがほとんどありませんので、 ここのガレット デ ロワを頂くのは本当に久しぶりでした。






a0278382_08584503.jpg



今回は、ベーカリーの方ではなく、 デパートに出店しているところで買いました。






a0278382_08590536.jpg



最近は事故を恐れてフェーヴが別についてくるところが多いのですが、ここのベーカリーはしっかり伝統を守って中に入っています。 ですからガリっとかんで歯を折らないように気をつけながら食べました。 
さいこ〜〜〜〜に美味しい!   パイはサックサク、中のアーモンドクリームも軽くて、人生で食べたガレットデロワで一番美味しいかも? 母は、いつも買っているベーカリーの方よりもデパートの出店の方が美味しいと言っていましたが、それともその時に焼く人によるのでしょうか?

二人でなんと四分の一ずつ食べましたが(ゼイタク!)、 二人ともフェーヴにはあたりませんでしたので、 王女争いは翌日(今日)に持ち越されました。 






a0278382_08564534.jpg





今年は、母のお雑煮も(澄まし・白みそ両方)久しぶりに頂くことが出来ましたし、日本のお正月をのんびり満喫しました。 

母は、毎日薄皮をはがすようにゆっくりと回復しているように感じます。  帰ったその日から台所に立ったのには驚かされましたが、 2週間、リハビリ以外にほぼ寝たきりだったこともあり、最初は一日起きているだけでも大変な様子で、座ったままぼーっとしていることが多かったです。 
翌日から家の付近のお散歩を始め、少しずつ距離を伸ばし、 次には近くの郵便局と温泉にかなりの距離を歩いて出かけ、 そしてバスと電車を使って買い物にでて、 その距離も少しずつのばしています。  

温泉に行って驚いたのは、母の全身の筋肉がほとんど落ちていることでした。  それはそうですね。リハビリが少しあったといえ一日計1時間、それ以外は2週間寝たきりでしたから。 病院ではきちんと食べていたのに2キロも体重が落ちていて、おそらくそのほとんどが筋肉なのでは無いかと思います。

やはり左右のバランスは完全には回復していないようですので、まずは筋力をつけてそれをカバーできるようになって欲しいと思っています。 それまではとにかく転倒に注意をしないと・・・・・・・。

それよりも気がかりなのは精神面。  発症したことへのショックか、あるいは脳の変化の影響かは分かりませんが、前の気丈な母は一体何処に行ってしまったのか・・・・・・・ それに、飛行機に乗ることも普段欠かさずいっていたマッサージに行くこともとっても怖いらしい・・・・・ 
 
それでも日に日に、 母の日常を少しずつ取り戻しておりますし笑顔も増えてきました。 
でも、あんなことが起こってからまだ一ヶ月もたっていないのですからあたりまえのことですよね。 私自身、ようやくショックから回復しつつあるところですから、当人にとってはその何百倍もの衝撃だった筈・・・・・

母自身が申しておりますが、お料理は最高のリハビリになる様です。 その手順を考えながら足でしっかりと立って手を動かして作業すること、 集中すること、 それを味わうこと、その全てが母が、以前の母を取り戻す助けに一番なっている様です。
日に日にメニューも豊かになって行くので私も恩恵にあずかっています。 笑 


今まで当たり前だった日常生活が脅かされて初めて、それまでの ’当たり前’ の生活が実は決して ’当たり前’ などではなく、いかに恵まれて幸せな、奇跡の日々であったかに改めて気づかされています。 
 
その日常生活に埋没している時には、 思い通りに行かないことやまだ ’足りない、満たされていない’ と思うことに対して身近な人や自分自身に対して不満や怒り、焦りを抱いたり心配や不安を抱いたりして、けしていつも心が幸せに満ちて平安な状態であるとは言いがたいのですが・・・




a0278382_08582636.jpg




こうしてお雑煮やお汁粉やガレットデロワを ’美味しいね〜〜〜’ って言いながら食べる瞬間、 ぽかぽかと暖かい日差しの中で再び一緒に歩けること、テレビを見ながら、あははは と一緒に笑うこと、 カレンダーを見ながら今月の予定を確認したり再び家計簿を開いて記入したりし始めた母の姿、  そしてイタリアのお家に毎日訪れて来てくれていた小鳥達のこと(イタリアのお家はついに寒波がやって来て雪が降った様です。餌をやるのを控えていたのですが、雪が降ったのでkumatoさんがナッツをテラスにおいて一杯来てくれている模様)、 いつもそばにいてくれる優しいkumatoさんが毎日頑張って絵を描いていること・・・・・・・・・・ 

今まで当たり前だったすべてのことが、 どれだけ幸せに満ちた特別な瞬間であったことかに改めて気づかされ、 傲慢にもそれらを ’当然のこと’ のように受け止めて、自分や人や環境の中のまだ足りないことに不満を持ち、さらにもっともっとと求め、小さなことに腹を立てたり不安を持ったり心配したりして、わがまま一杯で、 今ある幸せの瞬間をぶちこわしにしていた自分を振り返り胸が痛くなります。 


人生の中で既に何度も色々な形で(ほとんどが衝撃的な出来事 笑)こうした反省の機会を与えられているのですが、 未だにちっとも学んでいない自分にまた改めて呆れている次第・・・・・・・
年齢を重ねても、 全然成長していません。

あ、私の体調不良は、栄養失調だったかも? 笑   
母が倒れてから食欲もなくなり、何が食べたいということもなく、病院へのお見舞いが生活の中心になって、毎日何かしらは食べてお腹は満たしていたのですがタンパク質を食べる量と食べる全体量が少なかったみたいです。 母の為に血圧計を買っておもしろがって私も測ってみたら、 恐ろしく低血圧になっていました。 道理で立ちくらみがひどい筈。 
あんまり痩せていないのに!!! 
ここの所もりもり食べておりますので、立ちくらみも改善し、 とっても元気になりました。 



今朝、母は、年末に注文してそのまま台所の机の上に置いたままになっていた黒豆をやっと煮る気になったらしく、水につけていました。 
退院したら片付けるよと言っていたクリスマスの飾りも、片付ける気になかなかなれなかった様ですが(本当は楽しい楽しいクリスマスをドイツとイタリアで過ごす予定でしたからね 涙)  ヨーロッパ式でも昨日が最後でしたので、一緒に片付けました。(あなたやってと言われましたが、どの箱に何が入るか分からなかったので・・・・・)  

今夜は七草がゆを作ってくれるそうです。 

少しずつですが、この新しい年に母も私も、前進しているような気がします。 
 

by tomomato | 2016-01-07 10:33 | その他 | Comments(10)

クリスマスイブ 報告




a0278382_08202638.jpg







今日はクリスマス・イブです。 あっという間に一年の終わりに近づいています。


’足がちょっと変なのよ’ 

と言っていた母は、 脳梗塞でした。 もし、それが母でなければ脳梗塞に思い当たったと思うのですが、元栄養士でもあった母の食生活・生活習慣は完璧以上に完璧であるためすぐに思い当たらず、 普段悪い腰から来ているものだろうと見過ごしました。 また、旅行を本当に楽しみにしていたので何があっても行きたい!! という気持ちもあったからでしょう、自分でも不調を否定して頑張ったのでは? と思います。 

15日の深夜便(16日朝)でドイツに発つ予定だった母は、 前日から足の不調を訴えておりましたが、私へのお土産を買おうと遠回りをして買い物に行きかなり歩きました。 出発の朝、兄がおりましたので兄用に卵サンドの朝食を作りマンションの下までゴミを捨てに行き、自分のパジャマや兄の衣類を洗濯して干してとバタバタと動き回り、 お手洗いに行こうとしてついに立てなくなりました。 
寝坊をして11時ごろにのそりと起きて来た兄がトイレの前にうずくまる母を発見。 私にメールをして病院に向かいました。

私はその日、10時過ぎの列車でフランクフルトに発つ為に朝早く起きました。 普段通りメールを確認、 愕然としてすぐに兄に電話をしました。 時差があるため、日本は午後2時頃。 その時に病院で診療手続きをする際に兄の名前が思いつかなかったと聞き、 初めてもしかして? と思いました。

母の希望で近くの大きな病院に行ったのですが、分院のためその日の午後は整形外科も脳神経科も開いておらずとりあえず内科で順番待ち。 検査を待つ間相当具合が悪くなったらしいです。 検査をして脳梗塞が分かりました。 病院に入った時には看護婦さんなども脳梗塞には思い当たらなかった模様。 
脳神経科専門の病院へ救急車で搬送。 緊急入院となりました。 
もし、立てなくなった時に脳梗塞が思いついていれば、 最初から救急車を呼んでいたと思うのですが、結局治療が始まるまでに丸半日無駄をしました。 

私はその間、いくつかの航空会社のチケットを確かめ、ドイツ行きの小さなスーツケースの中身を大きなスーツケースに入れ替え、もしkumatoさんが翌日の予定を変えてミラノ空港まで送ってくれないようであればそのままフランクフルトに最終電車で向かい日本に向かうつもりでした。 kumatoさんが送ってくれることになったのでアリタリアを予約し、その日の午後は兄との連絡、旅行のキャンセル手続きなど出来る限り片付けました。 

例えば、 ベルリンフィルやスカラ座のチケットを持っていましたが、それらはキャンセルしてもお金が返ってこないという返信がきたので、ベルリン出身のお友達に電話をしてチケットを郵便とデジタル両方で送る手はずを整え、 スカラ座はkumatoさんのお母様に興味があるかどうか聞き・・・・ 
よくぞそんな余裕があったと今は思いますが・・・・

やっと日本について病院に直行しました。 丁度検査を終えた車いすに乗った母と再会をしましたが、母は、

’残念だったねえ’

と弱々しく泣いたので、 胸が詰まりました。  そう、病院ではなくフランクフルトで再会したかったよね。 でも、生きて再会できて良かった。

入院当初はかなり悲観的なことを言われ、 発症を起こしたところはもう直らない・治療は予防でしかない、入院期間もかなり長くなるなどかなり絶望的でしたが、 かなり詳しい検査をしたところ今回の梗塞の問題のところが完全には詰まっていないことが分かり、 かなり回復できるであろう希望が出てきました。 最初の数日はなぜか高熱が出たりして不安定でしたが、今では安定してお手洗いにも立って歩いて行っています。
当初は絶望して放心状態だった母ですが、 希望が出て来たせいかやっと笑顔が出るようになりました。 放心状態の時には、もしかしたら運動機能だけではない障害もあるのかな? と疑ったのですが今は普通に話せています。
イブまでには一般病棟に移れる予定でしたが、 病室が開かない為に今だ集中治療室におります。

母は食べ物にかなり敏感で、入院したり施設に入ったりしたら食事が食べられなくてすぐに死ぬだろうと本人も周りも前から思っていたのですが、元気になりたいのでしょう、頑張って病院の食事も出来るだけ食べるように努力しているようです。  





a0278382_08202155.jpg





家に戻ったら、クリスマスには母は日本にいない予定だったのに、 玄関に奇麗にクリスマスの飾りつけがしてありました。 母に買って行ったお花は病院では禁止されていたのでそれを飾り、毎日このクリスマスの華やいだ一画に癒されています。 
家の中は、旅行出発の朝のそのままで、畳み掛けた洗濯物や兄の朝食、旅行に着ていく洋服がきちんとおかれていて胸が痛みました。 用意されたスーツケースの中には、 私の為に、愛媛の美味しいみかんが7、8個も入っていてビックリ。 重いのに。  

当初の予定では、もうエレベーターなし、4階の自宅には二度と戻れない、病院から新しい住まいに直行! みたいな感じでしたので、 帰国直後から母の新生活の為に色々な可能性を考えて調べまくっていました。  一つは、見守りサービスのついている高齢者用のマンション。 それから、将来介護が必要になった時にマンションから介護練に移行できるところ。 そして普通のエレベーター付きのマンション+SECOMなどの見守りシステム。  
母の生活圏をなるべく変えないように同じ沿線沿いをしらみつぶしに調べ、これはと思うところの資料を請求しました。   
が、元通りの生活が出来るという希望が出てきた(それでも四階はキツすぎるのですが)ために、 いくら資料を見れば見るほど’なにかちがう’という気持ちが沸いてきます。
もし、もし仮に四階までまた上がれるのならば、 母はどうしても住み慣れたこの家で暮らしたいのでは?と。

特に母の場合は、料理の専門家である為に自分で料理をするということが母の命を支えています。その日の体調や気分に合わせて自分が好きなものを自分の味で料理をして食べる、ということが生活の基本になっています。  そして、年をとってからは、この台所でないと私はもう料理ができない と繰り返し言っていて、マンションの改装の時にも台所だけいじりませんでした。
もし別の住まいにいきなり移って新しい環境になじまないといけなくなったら、全く違う台所になったら?
おまけに高齢者マンションは、母が嫌っているITコンロ、 普通のマンションでもガスだとしても安全装置付きでしょう。   

兄は、たとえもとのように歩けるようになっても4階エレベーターのなしの自宅は絶対無理! と言っているけれど、 たとえそれが命を縮めることになったとしてももしかしたら母にとってはその方がずっと良いのでは・・・・・・  と感じ始めました。

まあ、これから一般病棟に移り、リハビリを頑張ってもらって経過を見てからで無いと何とも言えないのですが。 今は一日も早く一般病棟に移り起きあがれるようになって欲しいです。 



クリスマス・ヨーロッパ旅行は無理でした。 でもあのときに無理をして飛行機に乗っていたらそのまま飛行機の上か、ドイツで命を落としていたでしょう。普段いない兄がいてくれて良かった。 母一人だったらば這ってでも空港にいって飛行機に乗ってしまったかも。 

生きていてくれて良かった。 





皆さんにとって、素晴らしいクリスマスになりますように。      


    



by tomomato | 2015-12-24 09:26 | その他

強い風とインフルエンザと蚤?





a0278382_19563739.jpg






ここの所、ゴーゴーと強風が吹き荒れ大変でした。 まだ修復に手がついていない屋根(数カ所)に被せてあった大きなプラスチックシートが見事はずれ、 かろうじて引っかかっている有様。  オリーブの木に被せてあったカバーも針金でぐるぐるにしてあったにも関わらずはずれ、風とともにバタバタと大きな音を立てていました。 家周りにあった様々なもの達も風に吹き飛ばされ、 畑の作物に被せてあったフリースも剥がれ・・・・・ 台風の後みたいでした。  屋根の上のシートなどはとても私の手においませんので、kumatoさんが帰ってくるのを待つしかありません。 おとといの夕方風がやんだので、あちらこちらの片付けをしましたが、 また昨日突風が吹いて元の木阿弥・・・・・
こういうことが有ると男手が無い不便さをひしひしと思い知らされます。








a0278382_19550395.jpg





そういうkumatoさん、何と昨日からインフルエンザで高熱を出し、寝込んでいます。  よりにもよってスイスで一人でいる間に病気になるなんて!!! 035.gif



かわいそうに、誰も看病してくれる人もいなくて、辛そうです。 もちろん、学校にも行けません。  かわいそすぎ。

日本にいる母も、やっと熱から回復したばかり。 一人暮らしの病気は辛いです。 

kumatoさんとはスカイプ、母とはメールで連絡を取っていますが、 遠くにいて何もしてあげられないのが辛いです。






a0278382_04554492.jpg





昨日はショコラータちゃんが又来てくれました。 テラスの椅子に座っていると足下に体をこすりつけてきて甘えます。 今日は、私の気配を伺いながら開けっ放しのキッチンのドアから台所に入ろうとしたので、ダメだよ〜〜 どうせ何も無いよ〜〜〜 というとびくっと引き返しました。   でも、よく考えてみると、 作業台の横にkumatoさんのサラミが引っ掛けてありました!  危なかった! 



でもね、この子が来た2日とも、 なんか足を虫にさされたのです・・・・・夕方猛烈にかゆくなり、 一日目は、今時蚊がいるのかな〜〜? 変だな〜〜??  と思ったのですが、 二日目は、 ちょっぴりショコラータちゃんを疑いました。足だけさされていますし。  
家では蚊にも蚤にもさされるのは私だけですし、その後のアレルギー反応も強いので、 ちょっと用心しなければ。 いや、ショコラータちゃんではないかもしれないのですよ・・・・・・・ でも・・・・・・ 015.gif




























by tomomato | 2015-01-12 20:46 | その他 | Comments(4)

いよいよ一区切り






a0278382_21373882.jpg





写真をいろいろと見ていたら、 出てくる出てくる・・・・ 毎日の暮らしの記録が。







a0278382_21374297.jpg










日本に帰ってきたらちょっぴりずつアップしようかな? と思っていて写真のサイズを小さくするところまではしていたのですが。
なんだかもう大昔のことのように思えます。  そういえば旅行記も、まだフランクフルトが残っていました。  
そのうちにアップしますね。








a0278382_21363903.jpg






これ、なんだか分かりますか?





a0278382_21364719.jpg
a0278382_21371039.jpg





アーティチョークの花!






a0278382_21365279.jpg




あれ? もうアップしたかな?   あんなに美味しいアーティチョーク、食べずに大切にとっておくと、こんなに立派なお花を咲かせてくれます。 kumatoさんたら、 日本に持って帰ってお母さんに見せてあげれば???  だって!????  ちょっとお花にもかわいそうだし、検疫とかがめんどくさいのでリビングにおいて日本に発ちました。 kumatoさんが学校に持って行ったそうです。







それから、これ見て!!





a0278382_21371559.jpg





今年はこんな巨大人参がとれました。これ、太腕くらいの大きさが有るのです。 普通の人参の4、5本の太さ!! こんな太い人参初めて見た!!  一本食べるのに何日もかかかりましたよ。甘くて美味しかった! 去年の夏は私は体調が優れず、kumatoさんは忙しく人参もほぼ放置、 間引きもおろそかにしてしまいました。 結果、人参は収穫できるにはできたけれど、 今ひとつサイズが小さい上に線虫発生でかなり表面がダメージを受けてしまいました。  今年は、ちょっとがんばってマメに間引きができたし、後は線虫対策にマリーゴールドを株間に、ナメクジと戦いながらも植えてみたのですが、 (ナメクジは、マリーゴールドが大好き)  それが功をなしたのか、 とてもきれいで立派な人参になりました。 畑の間にお花が有るときれいだし、 来年もせっせと種からマリーゴールドを育てて、がんばろうと思います。  







ふふふ、またもや少年のアクティビティの写真



a0278382_21373324.jpg






これ、前日の残り物のジャガイモ入れたフォカッチャを作っているのですよ〜〜〜〜〜〜 笑





ものすごく美味しいフォカッチャになりました。





どう見えても作っているときには美味しくなさそうだけれど・・・・・  









a0278382_21591673.jpg

ぞぞぞっ




焼けたてフォカッチャは皆が絶賛するほど美味しかったです。 
あまりに美味しくて、皆も喜んでくれるし、この少年鼻高々で、 昼も夜もフォカッチャ食べてました。






a0278382_22021251.jpg






明日、また松山に飛びます。



納骨、四十九日を済ませて一区切りつけそうです。






石のお家にでは、久しぶりに玄関の天井の断熱・防音の工事が有ったようで、 荷物出しと工事後の片付けでkumatoさんはここ数日てんてこ舞いだったようです。 まだまだ工事をしなければならないところは有るのですが、最近ダニエルが別の仕事をどんどん入れてしまって、うちの方を先延ばしにしてしまうので、なかなか進みません。 でも、kumatoさんも工事疲れが出てきたところでしたので、ちょうど良いかもしれません。  

私も、今回の疲労はちょっと尋常ではないので、 帰ったら工事よりもゆっくり出来る方がいいかな?   










by tomomato | 2014-11-29 22:08 | その他 | Comments(2)

絵の言葉カード







a0278382_1871989.jpg













明日やっとイタリアの家に週末だけ帰れます〜〜〜〜 !

今朝、kumatoさんに、



‘やっと大好きなイタリアに帰れてうれしい? ’



と聞いたら




’・・・・・・・・・・・・・・・  寒さが怖い・・・・・・・・・・・035.gif・’





とのことでした・・・・・

はい、 どれだけ家が冷えきっているのか、 考えるのも怖いです。  バーゼルは比較的暖かかったのですが、 我が家のあたりでは雨雪が何回か降ったらしいし・・・・・・   





わたしはひたすら荷造りをしておりました。 その傍ら、 日本語を教えているイタリア人の子供と、言葉カードを作る約束をしていたので、 必死で何とか作る・・・・





表は絵と、イタリア語、 (絵だけで分かるかどうか自信なかったので・・・・ 笑)




a0278382_1872682.jpg















a0278382_1873354.jpg








こんな感じで今まで教えた言葉、 40枚くらい作りましたが、 何しろ一度に一つのことしか集中できないわたくし、
引っ越しの荷造りの片手間,気分転換に、 なんて軽く考えていたのが間違いでした。 ごちゃごちゃの家の中で、  何しろ集中できないし、 良いアイディアが浮かばないし、 筆洗いの水が汚れていても変える心の余裕もないし、  何とか苦し紛れに作った、 という感じです。 (苦笑)     

子供との約束は破れないから、 約束するんじゃなかった! と後悔しました。 015.gif    





日曜日に、バーゼルの郊外にお散歩に行きました。 信じられない程美しい夕日の中、 いかにもスイス! という感じの美しい光景だったのですが、やはり余裕がないからカメラ忘れました。 012.gif お見せできなくって残念・・・・

何とそこには3頭のラマがいて、 ものすごく可愛かった!   是非、 もう一度行って、 今度こそ写真を取って来たいです。 







さて






a0278382_1873881.jpg







こんな状態・・・・・・・・・・     






家がぐちゃぐちゃだと心も落ち着きませんね。 
これから必死で片付けます。 




今日はバーゼルで内田光子さんのコンサートがあります!!! 

楽しみ〜〜〜〜〜〜〜 071.gif




こんな感じでばたばたしておりますので、 更新途絶えることがあるかと思いますが、 元気にしております・・・・・・・


                                                    040.gif
by tomomato | 2014-01-16 18:23 | その他 | Comments(19)

あしたフランクフルトへ







a0278382_17593483.jpg









さて、 ほっとしていた休暇のような日々も終わりました。 今週から薪ストーブ職人ペーターが来てくれて、 薪ストーブの続きをkumatoさんと一緒に作っています。 



私はと言えば、 日本から一人でやってくる母をフランクフルトに迎えに行くために、(飛行機の乗り換えは出来ませんからねえ・・・・)昨日からバーゼルにやって来ました。 

母が前回ヨーロッパに来たのは、私がスイスに来た1999年の秋。 ということは、なんと14年ぶり?   

旅行が大好きな母ですが、 高齢の祖母がいて、 また父が年をとって長期の留守番が難しくなったこと、 そして亡くなる前後のいろいろなことが重なって、 長い間ヨーロッパまでくることが出来なかったのです。 








a0278382_17594764.jpg









そんなこんなしているうちに母も、既に後期高齢者に。  
このままでは、もうヨーロッパに来ることすら出来なくなるかもしれない!!!  という焦りもあり、 また、 この夏お祝い事がこちらでありましたし、家も見ておきたいということで、 それもかねて久しぶりに来てくれることになりました。 


母も、当時とは変わってかなり年をとったので、 長いフライトや時差に耐えられるかどうか心配しております。


母には、まだまだ沢山行きたい所がありまして、とりあえず、今回はバーゼルで用事を済ませた後、ザルツブルグ、ウィーン、チェスキークロムロフ、そしてプラハ、その後イタリアの家に行きます。
賞味2週間。

まだ、サンモンミッシェルにも行きたいし、コートダジュールにも行きたいし、ドイツの各都市プラス、ロマンティック街道にも行きたいし、シチリアにもベネチアにも行きたいし、 ギリシャにもトルコにも行きたいし、北欧だって見ておきたい・・・・  

ってことは、これから数年しょっちゅうヨーロッパに来ないと間に合わない! 005.gif
 
私やkumatoさんでは、こういう駆け足の旅行は絶対にしないと思います。 でも日本のツアー感覚だとこういうことになるのですね。 今日はパリ、 明日はローマ、 そしてその次はウィーンとかいうツアー旅行がありますものね。 

前に来た時にも、母の行きたい所がヨーロッパの方々に飛んでいて、 その希望をかなり却下して地理的に制限した覚えがあります。 その時にはパリ周辺とスイスで我慢してもらいました。 
日本にいると、ヨーロッパの各都市はすごく近く感じるのでしょうね。 










a0278382_18121044.jpg









ところが、旅行前に母の周辺にいろいろと大変な事が起こり、一時は旅行をキャンセルしなくてはいけなくなるかもという所まで来ました。
飛行機だけでなく、 切符、 ホテル、 現地ツアーや車,バス等、全て手配してあり、返金が効かないものもかなりありますので、私も真っ青になりました。

今は、少し状況が収まっている状態で、 明日、 母は日本を予定通りにたちます。






a0278382_17594299.jpg







そんなこんなでちょっぴり疲れきってしまっている母、 
楽しみにしていた旅行で元気を取り戻してくれると良いのですが。




何しろ高齢の母ですからね、 とにかく無理の無いように、 限られた時間になるべくいろいろと見られて、かつ突発的事故、事件が起こらないように準備しました。自分一人だったら、何が起こっても大丈夫なのですが。 ホテルも、階段や段差のないところとか、お風呂の有る無し、あまり移動しなくても良いところなど、 自分では気にしなくてすむポイントも考えないといけないので、結構大変でした。 最近は、はしごか急階段付きのメゾネットのアパートとかが多いのですよ。 それは却下です。 プラハとか、古い建物が多く、素敵に改装されているのですが、部屋の中に段差があったり、エレベーターがない所も結構あるようです。 

調べてみるといろいろと現地ツアーがあるのですね。一人で足で回る方が好きですが、 限られた日数ではツアーも上手に利用するのもありかな? といくつか試してみることにしました。 車が無いと不便な所もありますし、昔、ロンドンで現地ツアーに参加した時に、すごく楽しかった覚えもありますし。






母周辺に起こったいろいろで、私もかなりテンパってしまって、 ここ数日はばたばたしています。
今日は本当はお役所にいく予定だったのですが、 なんと重要な書類をイタリアに忘れて来てしまったことに気づき、 行けませんでした。 

ああ、もしイタリアの家にいたら、kumatoさんと一緒に芋掘りが出来たのに! 035.gif (爆) 



旅行に出る前に、 ここ数日のことを記事にアップできたらいいな、と思っています。

  出来るか分からないけれど・・・・・003.gif









  










  
by tomomato | 2013-09-04 18:56 | その他 | Comments(10)

あと一日





a0278382_2124772.jpg








日本滞在も、明日一日を残す所となりました。


ここ数日は、細かな作業をしていました。  

ほこりだらけのランプを磨いたり (この北一ガラスの大きなランプ、 いずれ、私がもらうことになっているのですが、一体どうやって持って帰ろう?  奇麗に洗いながら悩みました。)







a0278382_2124258.jpg








電気のシェードを洗ったり 



家はとにかく亡き父のタバコのヤニがそこら中こびりついていて、 全てが汚かったのですが、ヤニは温水で拭く、あるいは洗うとすっかり奇麗にとれました。









a0278382_21235713.jpg








あちらこちらに母のお気に入りの絵画や版画を、釘を打ったりテグスで吊るしたりして飾りました。







続きは下をクリックしてね! 

More
by tomomato | 2013-05-12 22:06 | その他 | Comments(3)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧