「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:今日の驚いたこと( 12 )

なぜか冬に・・・・





a0278382_21292606.jpg





無事にイタリアのお家につきました。
昨夜、ミラノに着いた時には冷たい雨が降っていたのですが、 今朝起きたらなんと雪が降っているではありませんか!
お昼過ぎた今もまだ降っていて、 この写真よりも積もっています。 重い雪なのですぐとけるのでは無いかと思うのですが、暖冬で春爛漫のお家に帰ってくるつもりでいたので本当にビックリしました。

幸い薪ストーブでお家はほっこり暖かいです。



a0278382_21332632.jpg




今回、日本で買ってきた物のうちの一つ、 鉄瓶の後ろにある大きなやかんです。 





a0278382_21320489.jpg


大きなやかんを探していたのですがなかなか気に入ったものが見つからなかったのですが、ついに見つけました! 
19世紀頃のアメリカのやかんの復刻版です。(made in Japan)  5リットル沸かせます。
家のストーブに似合っているでしょう?  が、このやかん、注文してから受け取るまで2ヶ月かかりました。 もしかして注文してから作っていたのかしら? 
kumatoさんもとっても気に入ってくれました。




a0278382_21360102.jpg





髪の毛が伸びたkumatoさん。

昨日の夜8時頃(日本の朝4時頃です〜朝6時半に起きて家を出たのでほぼ22時間起きっぱなし)家に着いたので眠くて疲れてとてもkumatoさんのご飯を作れませんでした。 kumatoさんは ’いいよいいよ、君は早く寝なよ’ と言ってくれたのですが、 自分で料理をするのが本当にもう嫌みたいで、なんとサラダとサラミとパンだけで夕食を一人で済ませていました!   余りにもかわいそすぎ・・・・・・・ 

今日は、私はおそらく時差ぼけで夜にしっかりお料理が出来ないので、 お昼にメインを作ることにしました。

メニューはお庭のサラダ山盛り(鹿に食べられた後、また出て来たらしい・・・・)、 サーモントラウトのムニエル、 ロマネスコと人参、 お友達にもらったカラブリアの辛いソースであえたパスタです。

夜は日本からkumatoさんの大好きなラーメンの生麺を持って来たので、 お昼のうちに野菜を切って用意をしておきました。 果たして時差ぼけに打ち勝って野菜を炒めるくらいは出来るか?  頑張らねば。



a0278382_21344621.jpg


kumatoさんのお母様が、何とまたヌストルテ(クルミのトルテ)を作ってくださいました。 世界一美味しい!!!
せっかく母が作ってくれていたおいしい日本食で、体重が2、3キロ減ったというのに、これで一気にまた太りそうです。  がっくり。

kumatoさん、私に気を使って家中掃除をしてくれていたので、思っていたよりも家の中が奇麗で本当に助かりました。
もちろん、あちらこちら掃除や整理をしないと行けない所はありそうですが、とりあえず気持ちよく家で休めるのが本当に嬉しく、有り難いことです。

おまけに、いつもkumatoさんは空港に遅れて来て私が待たされるのですが、 電話で釘を刺しておいて、’ あ〜〜 荷物受け取って出て来たら、誰かが花を持って待ってくれていたらいいのにな〜〜〜 emoticon-0125-mmm.gif と冗談的皮肉まじりに言ったら、 何と昨日、 私の方が時間がかかってkumatoさんは一時間待った上に、 立派なユリの花束を持って待ってくれていたのです!!!! emoticon-0134-bear.gif

優しすぎる。 

おいしいご飯を毎日頑張って作ってあげないと・・・・・・・




 


by tomomato | 2016-02-28 22:09 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(16)

まずい! どか雪






a0278382_17554851.jpg





まずいです。 昨夜、どういう訳かあまり良く眠れず、早く目が覚めてバスルームに行こうとしたら電気がつか無い!  慌てて外を見たら雪が積もっていました。 天気予報では雨ということで昨日も一日中雨が降っていて、 夜になって重い雪になったので困ったなと思っていたら・・・・・・・
ヒューズも落ちてるし・・・・・








a0278382_18024122.jpg








普段なら雪ごもりをすれば良いのですが、実は今日、よりによってスイスのSionというところまで出かけるのです。 遠くから来ているお友達と会ってコンサートに行く予定。 (シューベルトの冬の旅・・・・・)  しかも、 プリントアウトしたチケットを持っているのは私・・・・・・・・

kumatoさんはバーゼルなので、行き帰り駅からタクシーを予約しているのですが果たしてタクシー、この雪の中来てくれるかどうか???? 電車が遅れずに運行するか?   一度除雪車は来たようですがあっという間に雪で道は覆われてしまっていて走っている車は一台もありません。 





a0278382_17561661.jpg





今日はドモドッソラも、Sionもカーニバルがあるとかでそちらの混乱を心配していたのですが、 だいたい駅まで行けるかというところでつまづきました。



あ〜〜〜 行けなかったらどうしよう〜〜〜〜    


今日は停電もしょっちゅう、インターネットも不安定で不安です。 お友達の携帯も壊れているというし・・・・






a0278382_18075854.jpg







さて、 これはkumatoさんがバレンタインデーに買ってくれたシクラメン
 ^ー^


実はこの日、kumatoさん異常に疲れていてものすごく機嫌が悪く、 朝から八つ当たりされました。  kumatoさんは普段そういうことは一切ない人なので(私は・・・・ 聞かないでください 苦笑)  そういうことが有るとドキドキします。    そしたらその午後、 この花をお詫び?のつもりか、買ってきてくれました。 優しい人です。 






a0278382_18090158.jpg





その後ろでキウイを誘導するkumatoさん。   こんなに暖かくて晴れてたのに!!! 







さて





a0278382_18033291.jpg




マエストロの指導の結果、 なかなか良いパンが大きな釜で焼けるようになりました。






a0278382_18072766.jpg






でも、これはパネトーネマザーという自然酵母、 イーストのように結構発酵時間をコントロールできるのです。  長時間発酵や自家製酵母だと、やっぱり大きな釜とのタイミングをあわせるのは難しすぎるかな?







a0278382_18101474.jpg






久々にザワータイヒ(サワードウ)を起こしています。 





今日スイスに行けることを祈っていてくださ〜〜い! (必死)









by tomomato | 2015-02-15 18:24 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(8)

帰ってきました






a0278382_18340145.jpg





帰ってきました。

といっても、 四国から実家へ・・・・・  今週、母と一週間旅行に出るので日本にはあと2週間近くいます。でもほとんど予定がぎっしりです。







a0278382_18335782.jpg
a0278382_18335383.jpg





道後の町家カフェ・・・・ 大好きな場所です。







いつものじゃこてんバーガー




a0278382_18334932.jpg






祖母は、 もう3、4日前から何も食べておらず、水分も飲んでおらず、今日明日の命と看護師さんから言われていて、いろいろと覚悟をして行きました。 
’その時’  の為にいろいろな方とお会いして必要な準備をしていました。 もちろん、母との旅行もキャンセルしないといけないかな? と思いつつ・・・
私自身、ひどく風邪を引いて具合が悪かったので、結構きつかったのですが・・・・・ 



一日目、風邪をうつしてはいけないので、しっかりマスクをして手を念入りに洗って祖母に会ったときには、祖母は本当に弱っていて、 今日、明日かもしれないけれど、1週間後かもしれない・・・・ という感じでした。 口を湿らす程度に水分をとっても吐き気もする・・・・ でも私の顔を見たらとても嬉しかったのか、 弱っているのに一生懸命お話ししようとしてくれました。
が、入れ歯が入っていなかったし弱々しかったので、何を言っているのかよくわからなかった・・・・・・  

大好きなチョコレートを、もう食べられないだろうと思いつつ持って行ったのですが、 今日は無理だけれど良くなったら食べる? と聞くとしっかりと 嬉しそうにうん・・・・と・・・・ 


で、翌日また行ったら、 前日よりもずっとしゃんとしていて、顔色もよく・・・ 入れ歯も入っていたのでいろいろとおしゃべりをしました。  ついてくださっているカリスマ・ヘルパーさん(過去記事参照)がお食事をするかどうか意思確認すると、 うん・・・・・ とうなづく・・・・・・



しかも、何と、 自分でお箸を持って食べた〜〜〜〜〜〜(驚異)


もうお医者さんも、 飲ませるのも食べさせるのも無理、やめておきなさい、 とおっしゃっているのに・・・・・  



ほんの雀の涙ほどの量ですが、何日ぶりかにお食事をしました。

一つ一つ煮豆をお箸でつまんで口に運ぶ101歳の祖母・・・・ 
途中でご飯も卵もいらん、煮豆だけ食べる・・・ としっかり意思表示。

3週間後に母が来るよというと、 会いたい、それまでがんばる! と。 そして今度いつ会える? と聞くので、来年春にはまた帰ってくるよ、でもそれまではどうかしら? と聞くと、 それまでがんばる!!!  だって・・・・・  昨日は、春まではちょっと・・・ って言ったのに〜〜〜〜〜 



今日、明日の命のはずが・・・・・



でも、 この素晴らしいカリスマ・ヘルパーさんに命が支えられているのを再び目の当たりにしました。  今まで何回も危なかったのですが、 その度に復活してきました。 今回は到底無理だろうと皆さんがおっしゃっていたのですが。   

祖母、 ’まだ生きたい’  と言いました。 100歳になるまでは、早くお迎えが来てほしい、生きているのは苦痛、と言っていたのですが。 



人の命って、凄いです。    そして、人の命って、その周りの人達とつながっているな、と改めて感じました。  

最後の一日まで、 しっかりと生きている祖母です。 



   










by tomomato | 2014-11-02 19:01 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(4)

2日間停電








a0278382_00550268.jpg









クリスマスの日のお昼頃に、2−3時間停電があったのですが、 その日は無事に回復して夜ご飯も予定通りオーブンを使ってヤギのローストにすることが出来ました。





a0278382_00552605.jpg




ベジタリアンバージョン


カーボデネーロのスフォルマート
ポレンタ、ローズマリーとパルミジャーノかけて焼いたもの
夏の畑のチェリートマトとコーン
キャベツのロースト バルサミコソース



kumatoさんにはこれにヤギのローストです。 




そろそろ私も元気が出て来たので、クリスマス前から材料を買い込んであるので、翌日26日はかお菓子を焼こうかな〜〜〜〜〜 と思っていたら、朝9時頃また停電になりました。

雪がとにかくどかどか降ったので、 雪かきもしなくちゃいけないし、忙しいのであまり気にしていませんでした。





a0278382_00555174.jpg





うちは階段だらけなので、凍ったら大変、 私も必死で雪かきしました。 


しかし、 前日の様に数時間で回復するだろうから、後でお菓子を焼こうと鷹をくくっていたらとんでもなかった・・・・・・・・待てど暮らせど電気が来ない・・・・・





雪かきが終ったので今度はアトリエで労働・・・・ こちらでは26日もクリスマスなのですが・・・・・








a0278382_00565607.jpg




この人、 ワークホリック


長いこと病気だったので、働きたい気分らしいです。 この人がだらだらしているときは、疲れている時だけで、 それ以外は見たことがありません。




薪ストーブなので電気が無くても大丈夫、ぽかぽかです



しかし、そのうち日がしずんできてしまった









a0278382_00570651.jpg





グリューワインを薪ストーブで作って、 ひたすら窓の外を見つめて過ごした私達






a0278382_00572351.jpg



a0278382_00574369.jpg





一刻一刻、空も山も変わって行くので、ただじ〜っと座っていても全然飽きないのです。  


しかしいつしか日が沈み、 一番星を見つけて、 そして沢山星がでて、




でも電気が来ている気配がない・・・・・・(汗)

















a0278382_00571309.jpg





ちょうどクリスマスだったので沢山キャンドルがあったからいいけれど








a0278382_00564704.jpg





やっぱり暗い所で包丁使うのは結構怖かったりして


田舎なので、村全部に電気が来ていないとなると本当に真っ暗なのですよ・・・・・・・  夕方近所の人にkumatoさんが聞いてみたら、どうやらどか雪であちらこちら道路もめちゃくちゃ、木が倒れているのでおそらく木が電線に引っかかったのではないか?ということでした。  






翌日27日は、長い長い霧と雨の日が続いた後、初めて晴天になりました!!!
雪も、溶けてきて、そこら中洪水の様・・・・







a0278382_00563819.jpg


a0278382_00560237.jpg







ところがね、待てど暮らせど電気は来ない



ちょっとまずいかも、 と思ったので、冷蔵庫のものをバケツに入れて全て外に移動・・・・・・








結局その日も日中はお散歩に行ったり働いたりして一日が過ぎ・・・・




午後3時には回復すると言う噂を聞きつけたので、 のんびりとしていました。




同じように窓の外を眺めて過ごし・・・・・・





でも、谷の向こう側の村々に電気がぽつりぽつりとつき始めると、何となく羨ましかったりして・・・・(笑)



ガスも水もあるので、 正直電気が無くてもあまり困らず、なぜかいつもよりもずっとゆっくり流れる時間の中で楽しく過ごしていたのですが、 ( インターネットが無いからかなあ )  さすがに丸2日電気が来ないとなると、 冷凍庫がまずいことになるなあとちょっと緊張していました。 毎日安否を確認している母とのメールも出来ないし、 ちょっぴり困る。 こういうときのためにやっぱりiphoneかipadを手に入れるべきか?   

2日目からは、ご近所さん何軒かは自家発電機を回しているらしく、結構すごい音が村に響いておりました。  こういうことがしょっちゅうあると、さすがに自家発電機を買わないといけないかも知れないね、 もう、ろうそくも使い果たしそうだし明日はろうそくを買いに行かないとね、と話して、最後の何本かのろうそくに火をつけて、晩ご飯の準備をしはじめました・・・・・・ ああ、今日中に回復しないと分かっていたら、明るいうちにご飯の準備をしておけば良かった・・・・・・と思って、 包丁で野菜を切っていたら・・・・・ 




そしたら、やっと電気がついた!!!!  


えらい、 ENEL (電気会社) 暗くなったらあんたら、絶対仕事しないと思ってたのに!!! 



ホッ・・・・・・・・・・・




自家発電機を使っているお家では、 電気が回復したことが分からないので、 しばらくの間まだ自家発電機使ってました (笑)


2日間、なんだか本当にいつもよりもずっと長く感じました。 でも、電気が無いと沈んで行く夕日をゆっくりと眺める時間があったり、 ろうそくの光でいつもとは全然違う感覚でものを見たり感じたりできるのがとっても不思議でした。 村の方を見ると、窓の向こうにひっそりとろうそくが灯っていて、何となく神秘的で、ロマンチックだったな・・・・・ 

まだ電気が人の生活の中に無かった時、 人は、全然違う感覚で自然や物事を見ていたんじゃないだろうか? そんな気がしました。

電気が無いから、レンブラントはああいう絵を描くことが出来たのでしょうし・・・・・



すぐに小さな冷蔵庫の冷凍室を開けたら、ポルチーニとコーンが半分溶けかけていたので、 夕飯のメニュー急遽変更。
ポルチーニソースのパスタになりました。 kumatoさんは大喜び emoticon-0134-bear.gif





大きい冷凍庫の方は、ほぼ外に置いてあって、まったく開閉していないので多分大丈夫だと思います。 






停電のお陰で、なんだか不思議なクリスマスでした。 







   






















by tomomato | 2013-12-29 01:51 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(13)

とうとう冬が来たよ冬が









a0278382_23281746.jpg






日曜日の夜中近くにスイスから帰って来たのですが、 家に入ったら・・・・・・・・





                冷凍庫かと思った・・・・・・・emoticon-0107-sweating.gif





いない間にかなり雪が積もったことは聞いていたのですが、 家の中はすっかり冷えきって、はっきりいって少し気温が回復した深夜・外より寒かった・・・・・・・・   



慌ててがんがん薪ストーブを2室とも入れたのですが、 1時間以上たってからなにげに温度計を見たら・・・・・


         3度!!!!emoticon-0104-surprised.gif       1時間暖房してたのに? じゃその前は何度だったのだ?





見るんじゃなかった・・・・・・    死ぬかと思いました。


翌朝目が覚めた時、 はっきりいって寒くて起き上がれませんでした。 ブルブルと発作的な寒気におそわれて、 もぞもぞと布団の中で必死で着替えて出てみると、もうkumatoさんが薪ストーブに火をいれてくれていたのですが、 温度は、


  

                  やっぱり3度 emoticon-0107-sweating.gif






a0278382_23264825.jpg








一日中フルに薪ストーブを焚いて、 ようやく火曜日の朝は10度近くまで保てるようになりましたが、 それでも一日中がんがん薪ストーブを焚いても13度以上、上がらないのです。 特にリビングルームの方は、下が納屋、上が風がふきっさらしのテラスですので、幾ら暖めても暖めても外気温が低ければ熱は逃げるだけです。  ここの所気温がぐっと下がって、 最低気温マイナス4−5度、最高気温4−7度くらいが続いていますので、 ちょっとまずいです。  私はと言えば上下ヒートテックにセーターを3枚重ね、 ズボンに外仕事用のオーバーパンツを室内でも着ています。 夜は二人で湯たんぽ4つ使っています。


先週の雪がまだ庭にも残っていて、 フリースをかけておかなかった野菜達は頭をたれてしまいました。








a0278382_23265783.jpg




バナナも、 今年はもう終りです。   











a0278382_23270484.jpg





鹿に食べられてしまったマンゴルド(ビエトラ)・・・・・・   雪が残っていたのでkumatoさんは早速鹿が何処から侵入してくるかチェックしに行きました。  すると、何と鹿は、 家の裏側も表側もありとあらゆるところに足跡を残していると言うではありませんか!!!!  こっそり庭の方にだけ来て、食べて帰っているのかと思ったらとんでもありませんでした・・・・・・     私達が寝ている間に、 あちらこちらうろうろうろうろお散歩してすべてをチェックしているとは・・・・   侮れません・・・・









a0278382_23272889.jpg






ストーブ2台なので、 薪割りも追いつきません。  今日はkumatoさんが調子が悪いので、 私も斧を持って薪割りをしたので腰が痛くなりました。









a0278382_23271981.jpg








そして後回しになってしまいましたが、この方のことも考えてあげないと・・・・・・








a0278382_23284202.jpg





そばに植わっていたパイナップルセージを根元から掘り出して鉢に移し、 (パイナップルセージも寒さに弱いのだそうです)
しっかりとマルチをして保温マットを敷きました。 








a0278382_23280937.jpg







kumatoさんに下枝を落としてもらい、 倉庫にあった麻袋をグルグルに幹に結びつけました。 セーターみたい  emoticon-0102-bigsmile.gif


その後去年の大きなフリースをかぶせたのですが、 去年は家の様に土台を作ってフリースをかぶせたので(過去記事参照)、 土台の角にあたったフリースがびりびりに破けてしまったので、 今年はオリーブの周りに巻き付けるだけにしました。
紐が無かったので、作業はまた引き続き後日に・・・・・・









a0278382_23282453.jpg






鉢植えも室内へ・・・・・ 工事現場のあちらこちらに分けて置きました。








a0278382_23273710.jpg







kumatoさん、 バーゼルでの仕事が、早朝から深夜まで過酷なスケジュールでしたので疲労で体調を崩しています。 普段はkumatoさんの身体はいつも暖かくて、多少の寒さに参ることはなく、私が一番に具合が悪くなるのですが、 今回はkumatoさんがすっかりやられてしまいました。 疲れすぎていて、体温調節が出来ないようです。  

ですので、 月曜日はスイス人のソウルフード、チーズフォンデュを食べました。








a0278382_23274320.jpg






フォンデユを食べられてうれしそうですが、いつもと違って弱々しいkumatoさん・・・・・・





そして・・・



a0278382_23275810.jpg






そして昨夜は豆乳キムチ鍋・・・・・・







少し疲れたと言った時に、 さんざん休むように言ったのですが、 じっとしていることが出来ないkumatoさんは充分休まずになにかしら仕事を続け、 日に日に調子が悪くなっています。 もちろん、 家のこともありますし、あれやこれや本当に忙しいのですが、しっかり休んで元気になって欲しいです。


私もしっかりと身体を鍛えて、 kumatoさんが病気になっても、 薪ストーブの薪を用意して運べる体力を普段から養っておかないといけません。 

今まで2度程そういうことがありましたが、 看病に加えてそうした体力仕事がかなりきつくて、 いつも私が入れ替わりに病気になっていましたから。  田舎暮らしは、体力があって初めて成り立ちます。



ちなみに、 断熱材をしっかり入れた今は工事現場の方は、 暖房を何もしていないのにこのアパートよりも暖かいのですよ。
12月までにはそちらに移ることが出来ると言う予定でしたが、 それが無理なことが明らかになった今、 覚悟を決めて頑張らなければいけません。 


                  今、冬は始まったばかり。  



            
          頑張るぞ〜〜〜〜〜〜〜 emoticon-0165-muscle.gif 




























by tomomato | 2013-11-28 00:26 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(22)

おばあちゃんとカリスマ・ヘルパー








a0278382_1440421.jpg













祖母の所に行って来ました。




祖母は、今年の5月に100歳になったのですが、 9月の敬老の日のお祝いということでいろいろな方からお祝いが届いておりました。




祖母の住む市の市長さんから表彰状と記念品 (可愛いタオル)、

県の県庁さんから表彰状と記念品 (上等な渋い模様のタオル)、

そしてなんと内閣総理大臣から表彰状と銀杯を頂いておりました。






実は祖母は、この表彰状をいただく直前に危篤の状態になってしまったのです。
暑い暑い今年の夏に、暑さに弱い祖母は耐えられなかったのでしょう、 8月末頃より熱中症から肺炎を併発し、食欲がまったく無くなって飲むことも食べることも出来ずに、日に日に弱っていっていました。

点滴をすれば良くなることは分かっていても、一切そうした処置を拒み、また、やっと受け入れても100歳ともなると血管が細くなっていて点滴するのも一苦労だったのです。

という訳で、母のヨーロッパ旅行も一時はキャンセルしなければならないのでは? という所まで来ていました。  大きな声では言えませんが、亡くなったときの手はずも全て整えていたのです


幸い回復して、 こうして賞状をいただくことが出来ました。

祖母もとってもうれしそう・・・・・・・・emoticon-0148-yes.gif




これらの賞状やお祝いの品々は、 ’普通の ’人が貰えることはできませんね emoticon-0102-bigsmile.gif

ここまで長生きをした人だけが手にすることが出来るものです。  アッパレ




今回の病気で長く寝込み、ついに立てなくなってしまった祖母は、自分でトイレに立つことが出来なくなりました。 そこで介護体制も新たにし、 今まで午前2時間、夕方1時間のヘルパーさんに来ていただいていたのを24時間体制に変えた、ということは聞いていました。

おむつになったことを祖母がなかなか受け入れられずに、かなり抵抗し、 その時には本当に大変だったと耳にしておりましたので、 ’元気に回復した’’新しく来ていただいた方がとても良い’ ということを聞いてはおりましたが、どんな状態かどきどきしながら今回は訪問したのです。



この写真の通り、祖母はとっても元気で幸せそうでした。  やはり、春に訪れたときよりも少し意識がはっきりしなくなりましたが、 顔色がつやつやと幸せそうで、幼女のような純粋で柔らかな表情になっておりました。 


その幸せそうな祖母の顔つきにも驚いたのですが、もっと驚いたのは新しく祖母のお世話をして下さるヘルパーさんでした。


この方が信じられない程素晴らしい方で、 本当は24時間勤務ではないのにも関わらず、 合間の時間にご自分の家に帰るのも大変だし、患者さんを放ってはいきたくないということで、 勤務時間以外の時間は ’無償で’ いて下さっているというのです。 その方にとって、それがちょうど良いリズムだ、そうしたいのだとおっしゃるのです。

夜は ’いつも ’眠らないそうで、祖母の部屋にご自分のお布団をひいて、 祖母の睡眠の様子を観察しながら、眠りの浅いときを見計らって体位をかえて下さっているとのこと。 昼に、祖母がうとうととしている時に、一緒にお昼寝をなされるのだそうです。   

何よりも驚いたのは、 頑固な祖母が誰にも片付けさせなかった、数十年に渡って部屋に積み上がっていった数々のいらないものを、全て祖母の了承を得ながら奇麗に片付けて下さっていたこと、 他人が身体や髪の毛を洗うことすら拒否していたのに、 その方の手にかかっては、魔法の様に祖母は全てを受け入れ、全身ピカピカに奇麗に丁寧にして下さっていたのです。 

祖母は気難しい性格でしたので、 今までのヘルパーさん達も、看護士さん達もとても良くして下さっていたのですが、 誰にも完全に気を許すこと無く、 片付けや身体の手当ては絶対に任せることはしなかったのです。 もちろん、母や私も、何回も説得してもダメでした。

数年前に祖母が怪我をした時に緊急で来ていただいていた夜間のヘルパーさんも、 隣のお座敷で寝ることすら祖母に疎まれ、ついに追い返してしまったこともあるのです。 


それが・・・・・・ 
   

一歩部屋に足を踏み入れてびっくり。 部屋が数十年ぶりに清潔に整頓され、祖母もぴっかぴっかになって見違えるようでした。


けれども、そのヘルパーさんのお話を伺っていて、あの頑固で気が強い祖母が心を許したのが当然と思われるようなお人柄であることが分かりました。


いろいろとご苦労があられた方の様ですが、その苦労を苦労と思わずいつも前向きにポジティブにとらえて前に進まれたとか、 自分のしていることはごくあたりまえのことで、誰でもしていることだとか・・・・ 

このお仕事が本当に大好きで、 転職と思っていらっしゃるとか・・・・・
毎日楽しくてとっても幸せだとか・・・・・
運が良かったとか、恵まれているとか、ありがたいとか・・・・・・

そのお言葉の一つ一つに、少しの傲慢さもご苦労も、ましてやお仕着せがましいところなどまったくにじませること無く、 ニコニコと本当に楽しそうにごくあたりまえの様にお話なされるのです。 


その明るいお顔がこれまた輝いていて、 カリスマ・ヘルパーのオーラが漂っていました。

こういう方こそ 聖人 なのでは? と思ってしまった程です。




そして、もっともっと驚くべきことは・・・・・


なんとその方は・・・・・ なんと!!!



         emoticon-0163-pizza.gif 75歳!!!emoticon-0104-surprised.gif







その年齢を聞いた時には、腰を抜かしそうでしたよ。
お顔もつやつやして、姿勢もピンとして、本当にお元気な方ですから。







すごい・・・・・・ スゴすぎる・・・・・・・






こうやっていつも患者さんの所に住み込みながら、このお仕事を50歳の時からずっと続けておられるそうです。





     恥ずかしい・・・自分が恥ずかしすぎる・・・・・・emoticon-0107-sweating.gif






この方がいつもそばにいて下さるお陰で、 祖母がこんなにも幸せで、何の心配も無く、楽しそうに毎日過ごすことができているのだなあ・・・・ とつくづく思いました。 

勝ち気だった祖母も、 やっと全てのことを受け入れて、 寂しさを感じることもなく、優しくこの方に見守られて安心して過ごしているのでしょう・・・・・・


その方の明るい笑顔とお声がそばにあるだけで、きっとどなたも元気で幸せになるだろうなあ・・・と思わせられるような方です。




母も、祖母の顔つきがまた一段と丸く、優しく、可愛くなっているのを見て驚き、そして本当に安心しておりました。




その方は、 


’大丈夫ですよ、 安心なさって下さい、 私がついておりますから・・・・ ’



とおっしゃられたのですが、またその言い方がお優しくて・・・・自信に満ちたとか、そういうのでもなく、とっても自然で・・・・・




祖母の時にも父の時にも、介護のお仕事をなさっている様々な方にお会いしましたし、素晴らしい方々もいらっしゃったのですが、  このような方にお会いしたのは本当に初めてでした。



もちろん祖母にとっても素晴らしい出会いでしたが、

私にとっても、 こういう方が存在するのだ、 ということを知っただけでも本当に大切な出会いでした。 



100歳で、 このような方に巡り会うことが出来た祖母・・・・・・

本当にすべてを受け入れ、 お任せできる方がそばについていて下さる幸せ・・・・



            長生きして良かったね emoticon-0155-flower.gif





       私も爪の垢を煎じてのませていただきたい・・・・・・・emoticon-0111-blush.gif
by tomomato | 2013-10-21 18:22 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(10)

お散歩と自然の神秘







a0278382_1853527.jpg











昨日の昼、kumatoさんと行き違いがあってかなりやり合いました。
普段はkumatoさんが優しいので滅多にそういうことはないのですが、 私があまりに怒りすぎると耐えられなくなったkumatoさんが怒り、こういうことがあります。 

その後すぐに仲直りはしたのですが、 夕方になって私が畑仕事をしてからさあご飯を作ろうという時に、 kumatoさんが、


   ’凄い物があるから見せてあげる・・・・・・・ emoticon-0134-bear.gif ’




と、ついてこいと言わんばかりに出て行きました。 おなかがすいているのになあ・・・・ と思いつつついて行くと、 家から谷へつながる急坂を降りて行きました。






a0278382_18532156.jpg








この辺りには自然にサボテンやユリが咲いていてとっても奇麗! 幸せな気持ちになりました。





さらに下におりると、





a0278382_18534159.jpg








葡萄畑の葉がが生い茂っていて、 この光景を見ているだけで心が和みました。 昔はこの辺りいったい、 延々とこの葡萄棚が続いていたのでしょう。






a0278382_1995653.jpg







小道のそって小さな水路が通っていて、水に恵まれ、 その上を葡萄が生い茂っています。 この下を通るだけで、パラダイス! 


なんと水路には小さなザリガニもいました。







a0278382_18554031.jpg








あ、 こうした小さな物事は、全てkumatoさんが見つけて教えてくれます。 私は、いつも自分の頭の中でいろいろと考えていたり空想していたりして、 歩いていても何も見ていないことが多いのです。 目が悪いのに眼鏡かけていないのが悪い・・・

一人でお散歩をしている時は、ただ黙々と自分の世界の中であれこれ心を巡らし、 何も見ずに帰ってくることが多いのですが、kumatoさんはいつも本当によくいろいろなものを見ていて、 私に発見したことを教えてくれるのです。 奇麗なもの、楽しいこと、 驚くこと・・・・・・などなど。






さて、今日kumatoさんが私に見せたかったものは、 本当に驚くべきものでした。







a0278382_1854439.jpg









水路の上の葡萄棚・・・・・ 一見何と言うことも無いのですが・・・


左側に注目して下さい・・・・












a0278382_18541745.jpg










   ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜emoticon-0104-surprised.gif





    注 ここから先は、虫、あるいはぼつぼつがダメな人は見ないで下さい。emoticon-0133-wait.gif








a0278382_18542817.jpg








これ、なんだかお分かりでしょうか????



     

          なのです。






巣別れした女王蜂が木の上に休んでいて、 その上に何百、何千、何万? というフォロワーの働き蜂達がのっている様子なのでした。








a0278382_18545119.jpg







いや〜〜〜〜 こんなもの、 一生のうち何回遭遇するでしょう?  私は怖くて怖くて遠巻きにしか見ることが出来ませんでしたが、 kumatoさんはとってもうれしそうに観察していました。




だって、 こんななんですよ?






a0278382_1855581.jpg









a0278382_18551678.jpg













近くに、 養蜂箱が沢山置かれておりますので、そこから巣別れした蜂に違いありません。








a0278382_18552851.jpg









もちろん周りをぶんぶんいって飛び回っていますからね、 怖い怖い


怖いと言いながらバチバチ写真をとりました。







a0278382_18543879.jpg










さて、しばし観察した後、 帰ろうと坂を上り始めると、 葡萄畑の間をぬって小さな車がやって来ました。


kumatoさん、



’あ! きっと養蜂家のひとだよ! あれにきづいたのかな???? ’






そう、 養蜂家の人達は、 こうして巣別れした蜂達が自然の中に本格的に巣を作り始める前にとらえて、 養蜂箱の中にいれるのだそうです。  元の巣から出て行った女王蜂とそのフォロワー達は、 一体何処で休憩し、何処で巣を作るかまったく分かりません。 ですので、養蜂家の人達は、あちらこちら探したり、近所の人達が ’あそこで見たよ!’ と教えてあげるものなのだそうです。






a0278382_18562079.jpg








蜂のおじさん、 既にこの場所に着いて知っていたようで、 せっせと支度を始めました。
すごく楽しいおじさんで、 蜂についていろいろと教えてくれました。






a0278382_1856968.jpg







集まった蜂達の下から煙で追い立てて、 この養蜂箱の中に追い込むのだそうです。








a0278382_18562952.jpg








面白そうだったので、観察することに! 何が起きるか分からないので、 ちょっぴり離れた所から見学させてもらうことにしました。 


と、と、ところが!  私のカメラのバッテリーが寄りにもよってこの瞬間なくなってしまって、

何も写真が撮れませんでした!
 
      




            ごめんなさい!  emoticon-0139-bow.gif




すっごく面白かったのです。 しっかりと頭から足先まで防備した蜂のおじさん、はしごをあの蜂の集まっている所にかけて、周りの葡萄の葉を取り払い、 まずは、養蜂箱を蜂達の上に設置しました。  そして、もくもく煙りが出てくる缶のようなものをもって下から燻煙作戦。 

もちろん、蜂達は驚いて右往左往、 すざまじい音をたてて飛び回り始めます。


この蜂のかたまり? は相当大きなファミリーだったようで、 煙をいくらやってもなかなか蜂達は移動しませんでした。




そうですね、 計1時間くらい見ていたでしょうか? それでほぼ80パーセントくらいの蜂は、養蜂箱の中に入って行きました。 女王は固まりの真ん中にいるので、 そこまで煙が到達するのには相当時間がかかったと思うのですが、一旦女王が巣の中に移動すると、 案外すんなりと他の働き蜂も移動したようです。 



蜂のおじさん、 この間もずっと、 私達とおしゃべりをしていました。 もういくつも巣が分散したのだそうですが、 今年はみんなどこかにいってしまって見つからず困っているのだそうです。 



    あ〜〜〜〜〜 本当に写真がなくって残念。 なかなか詩的な光景だったのですが。





今は、リンデンと、栗の花の蜜を蜂達は集めているようです。 今年はとても寒く、 やっと1週間前になって蜂達は蜜を集め始めたのだそうです。  あ〜〜 道理で畑の野菜も育たないはず。  自然のリズムは全て一つですね。 





ご飯の時間になってから、kumatoさんに誘われてお散歩に出たので、 蜂のおじさんを見学させてもらって、帰って来たらとても遅い時間でした。

それから料理をして(冷やし中華! 爆)、 星空のもと夜ご飯を頂きました。



すると突然、 山のあちらこちらから犬が吠える声がやたらにするので、どうしたのだろうと思っていたら、 すぐに、 カランカランという鈴の音が何十、何百と聞こえて来ました。

なんと、 羊やヤギを連れた羊飼い達が、夜の間に、 谷からアルプに移動する途中なのでした。 うちの直ぐ下の道路を移動していて、 懐中電灯の光が遠くに見え、 羊やヤギの鈴の音ががやがやと通り過ぎていました。 そのまま山の上の方にずっと移動していて、 懐中電灯の光はあっという間に高い所に移り、 わいわいがやがや、 からんころんという喧噪が夜遅くまでつづいていました。





’今日は、なんだか特別なことが沢山あった日ね・・・・・emoticon-0100-smile.gif


’そうだね・・・・・ emoticon-0134-bear.gif’ 
 








kumatoさんは、行き違いがあった二人の心の傷をいやすために、たぶん自然の中に連れ出してくれたのだと思います。 


いつも本当に優しいkumatoさんです。



 









 




 
by tomomato | 2013-07-12 21:43 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(8)

日本滞在 おまけ









a0278382_0112142.jpg










今回の滞在中、あれやこれや片付けていたら、こんな絵が出て来ました。


私が、 中学生か高校生の時に描いた絵です。 




コレはどう見ても納屋、あるいは倉庫、 あるいは地下室への入り口だと思うのですが、
なぜか下に Attic と書いてある・・・・・・・

私の当時の貧困な英語力がばれる・・・・・ Atticって、どう考えても屋根裏でしょう???emoticon-0125-mmm.gif




     その辺はどうぞ追求しないでください・・・・・ emoticon-0111-blush.gif





でも、このドア、 なんだか見覚えがある。 イタリアの家のドアはアーチ型になっていないのでちょっと違うけれど、 その点を除けば、 このドア、ほぼ今の改築・修復中の家の入り口みたい・・・・・・







a0278382_2281335.jpg








そしてこのエッチング。  

う〜〜〜ん、これってどう考えてもヨーロッパの町並みじゃ????


何か写真を見てこの作品を作ったのでしょうが、なぜ、 ヨーロッパに行ったことのなかった当時の私は、その写真を見て、こういう作品を作ろうと思ったのでしょう???




あ、そうだった、当時、 ユトリロとか、好きだった。
一番好きだったのは、佐伯祐三だった。   その影響かあ・・・・・・emoticon-0136-giggle.gif








で、これ







a0278382_2275436.jpg








コレは、 良く覚えています。 横浜です。 デッサンして、木版画にしました。


名前は忘れてしまったけれど、 有名な石作りの建物ですよね。  



当時、毎週末になると絵の道具とイーゼルを持って一人で横浜に通っていた時期がありました。

今は姿をまったく変えて観光地になってしまったのですが、 横浜の町並みや、レンガ倉庫のあるあたりに侵入してはよく絵を描いていました。  



  今思えば、女の子がそんな人気のない所で危ないですね・・・・




レンガ倉庫のあたりは、ずっと塀で覆われていて、その中に忍び込むと、れんが造りの倉庫群に貨物車のレールがあって、 ほとんど人通りも無く、 異空間でした。

去年、 ウン十年ぶりにいったら、 すっかり周りが開けて、そこにそのレンガの建物だけが残っていて、しかもおしゃれなお店が沢山入っていて、 とても驚きました。 
同じ場所だとは到底思えませんでした。




当時、 あの辺りは日本の風景ではなかった。 週末は人の姿もなく、日常からかけ離れた、 特別な雰囲気のある場所でした。 







あの頃の私は、将来外国に行くことになるなんて夢にも思っていなかったし、 それどころか特に外国に対する憧れすらなかったのに・・・・・

憧れがあったら、もうちょっと英語勉強していたでしょう そしたら後で苦労しないですんだのに(爆)  






どこか魂の奥底で、将来の自分の場所を予感していたのだろうか? と不思議な気持ちになりました。 




ほぼ荷造り完了。

明日、買い物を少しして、 母と近くの温泉に行って、


そして明後日に発ちます。 


今回、アリタリアを使っていますが、先日のニュースで、アリタリアの職員がスーツケースを開けて大規模な盗難をしていて何十人も検挙されたと言うのを母が見て教えてくれました。 





        ありゃりゃ・・・emoticon-0104-surprised.gif



アリタリア、確かにいろいろと問題あって呆れたことありますが、 そこまでとは・・・・・




私のスーツケースの中には、おせんべいとラーメンと讃岐うどんしか入っていないから大丈夫?

いや、今回は野田ホーローのタッパーが沢山入っているから、あれは高価だからまずい?? 


                   emoticon-0102-bigsmile.gif 






では、 また、 今度はイタリアから!    



             チャオ!    emoticon-0105-wink.gif
 
by tomomato | 2013-05-13 00:46 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(6)

日本から    あずき袋のききめ 



a0278382_22513662.jpg








日本に先週の土曜日に帰って来ました。 出発当日朝までまだ微熱があって、空港に行くのに車に乗り込むため、1週間ぶりに立ち上がりました。  


  いや〜〜〜〜 きつかった〜〜〜〜〜emoticon-0107-sweating.gif 



一週間寝込んでいたので、 頭も足もふらついてどうなることかと思いましたが、息も絶え絶え、何とか実家にたどり着きました。






a0278382_2248273.jpg








月曜日から、予定通り実家の家の改築が始まりました・・・・・

今回の帰国は、母のマンションの改築のお手伝いが目的です。  

ところが、基本私はそこにいれば良いだけで、時々物の移動等に立ち会い、夕方、工事後にお台所等掃除機をかける他は、今週は暇・・・・・

病み上がりなので毎日ゴロゴロして、体力回復しております。  一週間寝込んだのと時差ぼけのせいで体調はまだまだ芳しくなく、ご飯を食べるのも疲れるし、 何もしていないのに夕方になるとぐったりとどうしようもなく疲れきっています。


早く元気になりたいな〜〜〜〜 emoticon-0165-muscle.gif 






 
下をクリックしてね!

More 
by tomomato | 2013-04-11 23:59 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(15)

いのししやら鹿やら・・・・






a0278382_626451.jpg









晴天が続いて天国のような毎日です・・・・・





a0278382_627676.jpg








今日は昨日までよりもぐっと気温が下がって、寒かった・・・・・







a0278382_6253869.jpg









そうしたら、自然の色がいっそう鮮やかになっていました。 たった一日のことなのに・・・・








a0278382_762190.jpg









裏の森を歩いていたら、 kumatoさん、 立ち止まって何かを見ています。






a0278382_6284364.jpg








そばに寄ってみたら・・・・・・







a0278382_6293878.jpg






大きな泥の穴!!emoticon-0104-surprised.gif




kumatoさん、



’イノシシのお風呂だよ、 ここでごろごろ水浴びした跡だよ・・・・emoticon-0134-bear.gif




あちゃ〜〜〜〜  ここで大きないのししが泥だらけになってゴロゴロしている所を想像するのが楽しい・・・・・・・  というか、きちゃないだろうな〜〜〜〜〜〜  emoticon-0101-sadsmile.gif







私は、 歩いていてもぼーーーーーっと考え事をしたりして黙々とひたすら前に進むのですが、kumatoさんはまったく逆、


’ほら、 あの空の色を見てご覧、 凄いよ! ’
’ほら! あそこに鷹が飛んでるよ! 見てご覧!! ’
’あ!!  あの人面白い鼻だったよ! 見た???


などなど、いろんなことをよく見ていて、 教えてくれるのです。 その度に私、


’え???? どこどこ?? emoticon-0104-surprised.gif



と一人ぼっちの深ーい考え事から突如引き出され、 現実世界の美しい、面白い諸々に気づかされます。

その点では本当にkumatoさんに感謝しています。 










a0278382_6301998.jpg







この地面に開いた穴ぼこなんだか分かります??????










a0278382_6312544.jpg


a0278382_6321972.jpg









又、やられました!!! emoticon-0106-crying.gif





      鹿 です!!   今度は何と、 金網のしっかりした柵がしてある畑の中に、 柵を飛び越えて入って来たようです。


サラダも沢山植わっていたのですが、 今回なぜか狙われたのはビエトラ・・・・・ 食べるだけならともかく、根こそぎ引っこ抜かれてめちゃくちゃになっていました・・・・・・emoticon-0130-devil.gif





kumatoさん、昨日、隣の畑の人が柵の上にさらに高く厳重に、鹿よけの赤白の派手なテープを貼っていたのを見て、



’あの人、ちょっと用心深すぎるよね〜〜〜〜!!  恐れ過ぎだよ恐れ過ぎ! emoticon-0134-bear.gif





なーんて余裕かまして言ってたものだから、  鹿さん、  腕前を見せようとしたのか????emoticon-0138-thinking.gif  






早速、赤白テープを買いに行きました。 効き目はあるか??







a0278382_632327.jpg








まだガスボンベを変えていないので、 また薪でスープを作りました。 うらなりカボチャと沢山のショウガとツナがちょっぴり入ったワイルドスープ。




a0278382_6322717.jpg








トーストとスープで身体がやっと暖まりました。




今日は一日中、ばたばたといろいろな所に出かけたのでその様子と家の進行具合の写真も撮ったのですが、 また別の機会に・・・・・・







裏山から下りて来た所の光景・・・・・

何処の家でも薪ストーブを焚いているので、煙がもくもくと上がっています。
家は右の村の左端に見えています。






a0278382_721656.jpg












a0278382_7214219.jpg








私の村は、 皆、昔の家からでてそのまわりに新しい家を建てています。 現代的便利さの整ったお家を建てる方が、 古い家を修復するよりもずっとお金も手間もかからないからです。   それに、この辺りの家は、代々に渡って受け継がれて行くうちに所有者が分散され、 ひとつのお家の所有者が20人くらいいたりして、 非常に複雑なのです。  それらをまたまとめて一人の所有者にすることは容易では有りません。   そうやってどうすることも出来ずに放っておかれた家々がやがて、まず屋根が陥落し、 そして全てが徐々に崩れて落ちていきます。


手前の村にも美しい昔の村落が残っているのですが、 ほとんど人が住んでおりません。 そのまわりには大きな現代的な家が建てられているのですが。
中には村ごと廃虚になってしまい、 そのまわりの土地も昔は葡萄畑だった所がすっかり荒れ地になって森と化している所も少なく有りません。 

美しい昔の家々や村が崩れ落ちて行くのは胸が痛いです。 













 
by tomomato | 2012-11-09 07:44 | 今日の驚いたこと | Trackback | Comments(10)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

食べ物ばっかり
at 2017-02-23 05:52
もう春は近い? ハッピーバレ..
at 2017-02-17 06:36
明後日が待ち遠しい
at 2017-02-13 20:30
二月は逃げる
at 2017-02-11 06:00
もう2月! と新しい棚、 ご..
at 2017-02-02 18:19

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

fran9923さん、 ..
by tomomato at 17:02
papricagigiさ..
by tomomato at 16:59
papricagigiさ..
by tomomato at 16:55
パスタマシンがちゃんと元..
by fran9923 at 11:06
わぁ~ん、どのお料理も美..
by papricagigi at 05:36
一言コメントしたいなぁっ..
by papricagigi at 05:29
鍵こめPさん、メールしま..
by tomomato at 19:08
poteriさん、 ププ..
by tomomato at 17:02
ことりさん、スギナ、まだ..
by tomomato at 16:59
鍵コメkさん、 あはは、..
by tomomato at 16:57

検索

タグ

お気に入りブログ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧