カテゴリ:石の家の楽しく幸せなできごと( 109 )

もう春は近い? ハッピーバレンタインとスキー 



a0278382_05342076.jpg




昨日から、お天気がよく暖かくなりました。  ずっとお天気が今ひとつだったので、 やっと晴れた〜〜〜〜emoticon-0163-pizza.gif って感じ。
昨日は、待ち受けていたかのように、 kumatoさんがスキーに行く気満々で、 実は二人とも寝不足だったのですが行ってきました! 
私は寝不足でボ〜ッとしながら、いつも車の中で食べるサンドイッチを作って、着替えを済ませ、コンタクトレンズを入れてさあ出かけようとしたら・・・・・・

スキーパンツを履き忘れているのに気がついた!!。 

何か足りないと思った。 笑  おまけに、 コンタクトレンズの具合がおかしく、道中、目が痛くて、もしかして逆にレンズを入れたかしら???  直さなければとずっと我慢していました。 

いつも行くスキー場はうちから車で30分ぐらいです。 その山にたどり着き、 スキー場まで山の曲がりくねった道を半分以上登ったところで、 kumatoさんが突然私にこう聞いたのです。

’ところで、僕たち、スキー靴持ってきたっけ???? emoticon-0134-bear.gif ’

’え???’


そう!!   スキーは持ってきたけれど、 靴を車に入れるの忘れました! 

いつもは、私がお昼の用意をしている間に、kumatoさんが車を崖下の道から村まで運んで、 スキーやストック、靴を運び入れてくれるのです。  私は、サングラスや手袋、帽子などや、飲み物やサンドイッチ担当です。 (って決めたわけじゃないのですが自然にいつもそうしています・・・)
前はそれぞれ自分のものを持っていっていたのですが、kumatoさんたら、今までにスキーストックを忘れたり、 また帽子を忘れたり、サングラスを忘れたり、 なんと手袋を忘れたこともあったので、 それらは私が気をつけて確認しています。
(ちなみに、 それらを忘れた時、 kumatoさん、 そのままスキーしてました!!!  真冬に手袋なしとか。 ストックなしとか。 信じられない 笑)   

今日は私もkumatoさんもぼーっとしていたし、いつもと違って私も一緒にスキーを車まで運んだりしたので、すっかり靴のことを忘れていました。  

’なんだか今日は簡単に行くなあと思ったんだよ・・・・emoticon-0134-bear.gif


だって。 


それから、諦めずにまた家まで取りに戻りましたよ。   でも、 それで私は助かりました。 ついでにコンタクトレンズを入れ直そうと見てみたら、 レンズが取ろうとしても取れなくて、 よくよく見てみたらないのです!!  でも目は痛いので、 目を色々と動かしていたら、なんとコンタクトレンズが二つに折れたまま(ソフトです)目の後ろの方にいってた〜〜〜!!!????  ひえ〜〜!!   恐ろしい〜〜〜〜〜!! 

入れる時に、すぐに二つに折れてしまって変だったのですが、もしかして不良品だったのか?  でも二つに折れて目の後ろ側に入ってたって、そりゃ痛いはずだわ。    危なかったです。   
そのレンズは伸ばしてもすぐに二つに折れてしまうので破棄して新しいのをつけたのですが、家に帰っていなかったら予備を持っていなかったので本当に良かったです。 

すったもんだでしたが、いつもよりも出遅れて到着したら、 チケット売り場のところで一日券を買った人が安く券を譲ってくれてラッキ〜。   スキー場も快晴で気持ちがよく、 もう春スキーみたいな雰囲気でした。




a0278382_05343303.jpg
 
 


今日は、午前中は庭仕事に専念しました。 kumatoさんは果樹の剪定、私は消毒です。 消毒といっても自然のもののスプレーで色々と配合を変えながらやっています。 効き目があると良いのですが。 特に桃の木が年々病気を持ち越すので、なんとか打開策を見つけたいのですが今の所うまくいっていません。   すでに2本、木を枯らしてしまいましたので、 今度枯らしてしまったらもう諦めないといけません。 





a0278382_05344983.jpg
   


ここ二日ばかりの暖かさの中、 お庭には色々なお花が咲いていました。 スノードロップやプリムラ、ビオラ、クロッカスなど、 去年植えたものや自然に咲いてくれるものなど色々ですが、 この時期にお花を見ることができるのはとっても幸せな気分です。




a0278382_05350530.jpg
a0278382_05351906.jpg


a0278382_05353528.jpg



kumatoさんは、 午後もお庭でなんだか頑張ってやっているなあ、写真を撮ろう思ってテラスに出てみると、 テラスのベッドで寝ていました。 爆 

でもその前に大仕事を済ませたところでした。 





a0278382_05355251.jpg



新しいぶどうのパーコラを作っていたのです。   素晴らしい出来です。









a0278382_05361676.jpg





ただ、この近くにある植物は日陰になってしまうので、 どんな感じになるか、ちょっと心配です。(バラが・・・・)  
この木材が相当重かったようで、腰にかなりきていたようでしたので、 今日は薪ストーブを二回焚いて温水をたくさん作ってお風呂にしました。 お風呂、やっぱりいいですね〜〜〜〜。  





ある日のご飯
a0278382_05331653.jpg




ユフカの生地が冷蔵庫にあったので、 kumatoさんにはラム肉と白ネギを炒めたものを包んだものと、 もう一種類はジャガイモとカボチャとナッツのカレースパイス味のものを包んだものを作りました。 私のはラム肉の代わりにスモークサーモンとチーズ入りです。 これはパリパリとして美味しく、kumatoさんも大好きです。




バレンタインデー

a0278382_05332653.jpg


去年は私が日本に長くいて、バレンタインデーをすることができなかったので、今年は何としてでも(ダイエットに反しても!??)ちゃんとしないとと思ってガトーショコラを作りました。 夜のデザートのつもりでしたので、まだ薪ストーブのオーブンから出して冷め切っていないのに、待ちきれない誰かさんemoticon-0134-bear.gifが、昼食後のコーヒーの時に一部切って試してしまいました。 これは山盛りナッツ入りのものです。 アーモンドとヘーゼルナッツとくるみがこれでもか!! というほどふんだんに入っています。  



a0278382_05340165.jpg


お食事は、 タコのリゾット。 インゲンやカブや人参を添えて 






a0278382_05334976.jpg


さて、バレンタインデーのお祝いです。    
一応、毎年、ガトーショコラを3つの違う味で作ることにしています。 
今年は、三種類のナッツがたっぷり入ったもの、 チェリーのコンポートが入ったもの、そして洋梨が入ったものです。
3つハートが並ぶはずでしたが・・・・・・  笑 



こうして普段の感謝の気持ちを表すことができて良かったです。 







by tomomato | 2017-02-17 06:36 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(16)

明後日が待ち遠しい




a0278382_04420053.jpg





これは先週久しぶりに晴れて、お散歩に行った時の写真です。 
この日は、 朝からフェーン現象なのか暖かい風がびゅーびゅーと吹き荒れていました。  
日差しもポカポカと暖かく、 kumatoさんと二人で庭に出て初仕事をしました。 







a0278382_04414750.jpg




お散歩に森に出かけてみると、 森全体が厳しい冬の後に初めて大きな深呼吸をしているかのように息吹に満ちていました。 大きな木々も、低木も、草も、小川も、そして鳥たちも、喜びに満ちて、 生き生きとしていました。   



a0278382_04421274.jpg



前回お散歩に出かけた時には、 この水の流れのあちこちが凍っていて、 それはそれは美しかったのですが、 こうしてとうとうと流れている姿もやっぱりいいな。 





a0278382_04422472.jpg


これは、柳の一種。



a0278382_20321569.jpg





でも、これらの柳が緑の葉っぱで覆われることは決してないのです。 もうすぐこの枝は全て刈り取られ、 ぶどうを結ぶために使われます。 昔はこれでみんな、野良仕事に使うカゴを編んでいたのですよ。 この色がきれいで、 この時期に見るのが大好きです。 

この後、 またお天気が崩れて雪も降ったのですが、 天気予報によると明後日からまた晴天になるそう!! 
とっても楽しみです!

都会に住んでいた時には、あまり天気に左右されなかったのですが、 田舎にいるとお天気かそうでないかでずいぶん気分が違うような気がします。 
それに、そろそろ庭仕事に手をつけないといけないので、 お天気の日々がとても楽しみです。 







a0278382_17173582.jpg





クリスマス、お正月が終わりダイエットが必要な私たちにもかかわらず、 その後には’カーニバル’が控えております。 笑
カーニバルの時期に登場するこのお菓子・・・・・
油で揚げてあって、さらに砂糖にまぶしてあって、 ポテトチップ以上に高カロリーに違いない・・・・・






a0278382_17183566.jpg



でも、 やめられない、止まらない・・・・・・  サクサク、ポリポリ、 サクサク、 パリパリ・・・・






a0278382_17184550.jpg



食べた後には机の上はこんなことになります。 笑


今年はイースターが結構遅いので、 カーニバルまでまだまだ時間があります。   これは超危険!!!
カーニバルが終わるまで、このお菓子はありとあらゆるお菓子屋さんやパン屋さん、スーパーマーケットにこれ見よがしに積み重なっておりますので、毎回お買い物に行くたびに誘惑があるのです・・・・・   
特に、kumatoさんのために、甘いお菓子はほとんど作らなくなってしまったのですが、 こんなことをしていてはいけませんね・・・・・・
早くカーニバル、終わってくれ〜〜〜〜〜〜!! 




昨日は、薪の燃え方がいつもと全く違い、 パンを焼くのにとても困りました。   おまけに、 温度計を早く入れすぎたら高温すぎたのか温度計の文字盤が全て消えてしまい、使い物にならなくなってしまいました。 滝涙。   これは母に譲ってもらった古いものでとても気に入っていたのですが残念。
昔母がまだ、 コンロの上に乗せて使うタイプのオーブンを使っていた時にこの温度計を使っていたと思うのですが。  いろいろな思い出があるだけに残念です。 何かまだ使える方法はないかしら?  今日kumatoさんが帰ってくるので、相談してみます。  



かわいそうな温度計
a0278382_19454773.jpg




焼けたパンはこんな感じ

a0278382_19244154.jpg



薪ストーブの薪が一気に燃え切ってしまい、 その後の温度変化が今ひとつ掴めなかったので焼き色がうまくつきませんでした。  おまけに焼き色だけのために庫内に長く置きすぎたので皮が厚い!  

例のライ麦をおかゆのように柔らかく炊いて、くるみと一緒に焼きこみました。 半分は冷凍しようと思って最初に半分切ったのですが、その後あまりの美味しさに私一人でモリモリと食べてしまい 笑   こんなことなら最初から端から切ればよかったと後悔しました。 
夜ご飯は、なんと干したクズ野菜のベジブロスに塩を少し足した超簡単スープと、 このパンで終わってしまいました。 チーズもサラダもなし。   kumatoさんがいたら呆れられそう。   

まだまだ試してみたいサワードウのレシピがたくさんあるので、当分の間、趣味と実益を兼ねて楽しめそうです。






さて、あと二つ大きなクッションがあるのに、布がなくなってしまった件・・・

他の布を使って、これらのクッションは別の場所で使えば良いかとも思ったのですが、 ちょっとパターンを変えてみることにしました。 






a0278382_19245782.jpg






a0278382_19251125.jpg





むしろこの黒い生地が入った方が、 色が生きてよかったかもしれない。 最初からそうすればよかったです。 

昔の着物や帯は、色がとても綺麗ですよね。   ただ、最後に手で縫って閉じる時、 布地が厚くてとても苦労しました。 


kumatoさんもとても気に入ってくれて、 今度は前からの懸案のスタンドライトの傘に紙を貼るという、これまたこの家ができる前からのプロジェクトに手をつけよう!! と張り切っています。 
さて、 いつ手がつくかな????   



一度ミシンをしまってしまうと、 また取り出すのはいつのことやらになりますので、 早速続けて先日買ったkumatoさんのズボンの裾上げに取り掛かりました。 

こういうことは、 やってしまえば早いのですが、 どうもそれまで腰があがるのが時間がかかってしまうのです。   その都度、やろうと思ったことにぱっぱと手をつけて片付けていけると良いのですが・・・・・・・ 




a0278382_04410002.jpg




あ、kumatoさんのアトリエの棚も、あれから一日でできましたよ。  前は、彼のアトリエはいつもごちゃごちゃだったのですが、 今では私のアトリエの方がごちゃごちゃに見えます。 涙  
私の方は、 まだ修復に手が付いていない部分が終わるまではまだ何年か待たないといけません。 


そうそう、とても良いことがありました。    数日前に、去年の暮れにギャラリーでやった二人展のギャラリストから電話がありました。  その方、とても具合が悪い状態なので、もしかして悪い報せか・・・・・ とドッキリしたのですが、  良い知らせでした。
展覧会はもうとっくに終わって、 絵も全て回収した後だったのですが、 (売れた絵はお届けに・・・・)  その後、 kumatoさんの一番大きな絵を買いたいという人がやってきた!!  というニュースでした。 
その絵は、 搬入の際、 あまりに大きすぎて車の中に入らず、kumatoさんが諦めてまたアトリエに一度戻したのです。 でも、とても良い絵なので、絶対に持っていこう、もう一度二人で入れてみたら入るかも? と私が言い張って、  無理やり押し込んだのです。 その結果、私とkumatoさんは頭の上に絵が覆いかぶさる感じで無理な姿勢をとりながらバーゼルまで向かったのでした。 

でも、その絵はギャラリーの一番良い場所にとても映えて、 一番の見ものになりました。   ただとても大きい絵なので、 これを買う人は相当リビングが大きな大金持ちじゃないとね〜  でもこのギャラリーは全然顧客がいないからダメだね〜 でもこれを持ってきて本当によかった〜  と二人で話していたのです。 

ところが、 私は知らなかったのですがそのギャラリーの横にたまたま老人ホーム(アパートのような)があって、 その老人ホームが春に新しい老人ホームを別の場所に建築する予定なのだそうです。  そしてそのホームの方が、毎日ギャラリーの前を通ってその絵を見ていたらしく、 これこそ新しいホームに飾るべきだ!!!  と思っていたのだそうです。   
ギャラリーは一月の間ずっとしまっておりましたので、その後、その方は展覧会が終わってずっと後にその絵について聞きに来られたのだそうです。 

こんなこともあるんだなあ・・・・・ と二人でびっくりしました。 
ただ、ギャラリーは半分近くも手数料を取りますので、 kumatoさんはこっそりその絵を別のところに売り込もうとしていたらしく、 ’もったいないemoticon-0134-bear.gif’ などと贅沢なことを言っております。 笑    (自分で売れば、手数料ありませんからね)  

でも、あの綺麗な黄色の絵が、老人ホームに飾られて、お年寄りが毎日それを眺めて元気になったらどんなに素晴らしいだろう!  と私は本当に嬉しいです。  
しかももう一つ、 うちは今年、 まだ修復が終わっていない部分の屋根の修理を控えておりまして、(実は去年あるはずだったのですが、ここはイタリア・・・) そのための資金に、 あともう少し絵が売れてたらよかったのに・・・・  と言っていたところだったので、 本当によかった〜〜!! 















  









by tomomato | 2017-02-13 20:30 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(6)

二月は逃げる



a0278382_04431327.jpg



数日前は、 本当に暖かい風が吹いて、 もう春になったかと思ったのにとんでもなかった・・・

朝起きたら、 重い雪が降っていました。   今日から数日kumatoさんはスイスに出かけました。 ここのところkumatoさんの車の調子が悪く、 自分で直そうと頑張っていましたがこんな雪の日は峠越えが心配なので、 車ごと列車に乗るように勧めました。  電車の時間に間に合うようにお昼を用意しました。





a0278382_04433643.jpg



昨晩、お客様だったので1、5kgのラム肉の塊をローストしたあまりをサンドイッチ用に細かく切って、 グレービーを絡ませ、ピクルスと玉ねぎと一緒にパンに挟み込んでホットサンドイッチにしました。 チーズも入れたので、 じゅ〜っとチーズの溶ける匂いで台所はいい匂い! 
これに、魔法瓶にかぼちゃのスープを入れて、 電車の中でゆっくり暖かいお食事ができるようにして送り出しました。 





さて、パンの話を書きますと前回書いておきながら、またまた放置してしまいました。ごめんなさい。
二月は逃げると母が言っていたのですが、 本当に毎日あっという間に終わってしまい、 あっという間に一週間が終わってしまうのです・・・・  汗 






a0278382_17182375.jpg




アンドレアが、廃墟の村を立て直ししているのですが、 そこの鬱蒼と木が生い茂ってしまった土地を切り開き、耕して、若い仲間たちと一緒にライ麦を植えました。   生い茂って切り払った木々は、 薪ストーブの薪として去年から購入しています。  
ライ麦が去年から収穫できるようになり、 私も分けてもらうことができました。 
もともとこの地方では小麦ではなくライ麦を育てる伝統があり、 気候的に合うようです。  できたら古代小麦も植えてもらいたいのですが、 無農薬で育てることが、やや難しいのだそうです。  これから少しずつ種類を増やしていきたいと言っているので、 いろいろな種類の穀類が作れるようになるといいな。  
  
この農業を主にやっている二人の若者のうち一人は、 パーマカルチャーを専門的に学んでおり、もう一人はシュタイナーの農法、デメター農法を学びました。 二人ともとても気持ちの良い青年達で、 アンドレアと一緒に良いチームとして頑張っており、 将来がとても楽しみです。  

地元の薪を購入したり、 こうして穀物を分けてもらうことで、 いろいろな意味でエネルギーの無駄を防ぎ、エコロジカルなサイクルの中にささやかながらも参加することができるので、 嬉しいです。 


あ、そうそう、 このライ麦、時々変なものが混じっているので挽く前に点検しないといけません。
私は知らなかったのですが、 たまに黒くて長いものが混じっていて、 それは、ライ麦の粒が菌かカビかで変形したもので、なんと、それを食べると麻薬のような効果があるというではありませんか!   中世とかに、それを飲用して、 決して質の良い麻薬ではないのでひどい病気になった人たちがたくさんいたのだそうです!
恐ろしい!    そういうのって、自分で育てたり、こうして分けてもらったりしない限り知ることがなかったのでびっくりしました。   (kumatoさんも青年も全然平気でそういうことを話していて、当たり前のことだそうで、私一人でぎゃ〜ぎゃ〜言ってました。) 

じっくり点検します。(宣誓!)   







a0278382_17185777.jpg


早速そのライ麦を使ってパンを焼いてみました。 
アンドレアが切った木を燃やした薪ストーブで・・・・・・
風味のあるとても美味しいパンが焼けました。  ライ麦を配合したいろいろなレシピに挑戦してみたいと思います。 
これでパスタも作っているそうなので、 それも挑戦してみたいです。 (ライ麦のパスタ、食べたことがないです ピツォッカリというそば粉のパスタがあるのですが、そのような味がするのだと言っていました) 





a0278382_04413701.jpg
 



こちらはスペルト50パーセントのパン。 スペルトはかなりダレるので、上に盛り上げたいのなら20パーセントくらいが限界?    薪ストーブに入れた途端、一旦、ピザみたいにダラ〜〜んと広がるので毎回ショックを受けるのですが、 心配で薪ストーブに張り付いて見ていると、その後ムクムクと立ち上がってくれます。 私は、 スペルトの方が小麦よりも風味が好きです。






a0278382_04425165.jpg





新しく、 発酵かごを追加して買いました。 今までは、昔お友達にもらった一番下の小さいサイズ(500g用)しかなく、主に発酵にはざると、バスケットを使っていました。  一度、 いつもの量の生地を半分ずつにして、一つをこの小さな発酵かごに、もう一つをバスケットに入れて焼いてみたら仕上がりが全然違ったので、 新たに購入することにしました。

ただ、 その時に発酵かごに入れてうまくいったのは、かごのせいではなく火加減のせいだったかもしれないのですが・・・・ 笑 
いいのです。 腕がないので、 道具から入ります。 笑


でも、 サワードウを使い始めて最初の頃はパンチも成形も何もかもがいつもと勝手が違って苦労したのですが、新しい道具をいくつか手に入れたらグッと作業が楽になりましたので、やはり道具は大事かもしれません。 




a0278382_04411397.jpg




余ったサワードウ(捨て分)の処理法として、 パリパリ・フォカッチャを作ってみました。  





a0278382_04412469.jpg



中身は、夏に作ってあったペストに、奮発して水牛のモッツアレラです。 この水牛のモッツアレラ、 最高に美味しいです。 あまり良くないモッツアレラだと時間が経つと固くなってゴムみたいになってしまうのですが、 これはペストに染み込むように溶けて、 とろける美味しさでした。 
翌日温めて、スキーに行く途中の車の中で食べたのですが、 食感がまた違って、 これまた美味しかったです。





今日は、 本当は私もスイスに行くつもりにしていました。 一番の目的は、 セール!!    笑


イタリアもスイスも、この時期は冬物大セールが始まっています。 50パーセントから70パーセントくらい値段が下がっているので、 必要なものがある時には逃せません。 (きっぱり)

kumatoさんは、仕事がらいくら気をつけていても洋服に絵の具をつけてしまいすぐにダメにしてしまいます。あとすぐに穴を開けます。 どうして? って疑問に思うくらい・・・・   2、3年前にやはりセールの時にとても良いセーターがお安くなっていましたので、5枚まとめ買いしました。 ところが、 そのうち3枚は、もう絵の具だらけ、穴だらけになってしまい、 作業着化してしまいました。滝涙 2枚は、私が奥の方に隠していてなんとか日常に着ることができるのですが、 学校に着ていくあまり上等ではないけれどちゃんとしたセーターを買い足す必要があったのです。 
  
あとは、ズボンも何本買っても絵の具だらけ、穴だらけになるので、いつも買い足さないといけません。 

(kumatoさん、一応、作業着と普通服との区別をして着替えるということを気をつけてはいるみたいなのですが、すぐに忘れます。emoticon-0134-bear.gif  その度に私に怒られます。 ) 

ついでに?  できたら私の欲しいストウブも見に行こうかな・・・・ と密かに楽しみにしていたのですが・・・・ 


ところが!!! 
昨日、用事があったので街まで行ったら、ドモドッソラの小さな町でもあちらこちらでもセールをやっているではありませんか!    ベネトンをチェックしてみたら、 男物がいっぱいある! 




emoticon-0134-bear.gifジャ〜ンemoticon-0152-heart.gif
a0278382_04430380.jpg




セーター4枚、ズボン3枚ゲット!!!  これだけしめて約80ユーロなり!!  超安い!!

こうしてみるとすごいカラフルですが、 kumatoさん、結構いろいろな色が似合うので良かったです。 
もう一枚、素敵なセーターがあったのですが、 首が少しタートルになっていたのでkumatoさんは気に入らなかったのです。  ですがその後、 帰り道車の中でkumatoさん、いきなり、

’あ〜  お母さんに切って貰えば良かったんだ〜 emoticon-0134-bear.gif  

と言い出すので、何かと思ったら、 その棚に戻したセーターの襟を、編み物がとてもお上手なkumatoさんのお母様に外して貰えば良いというアイディアが湧いたみたいです。   こんなに買ってまだ欲しいのか!? と一瞬思いましたが、そのセーターはちょっと個性的で本当に素敵だったので、 もし来週kumatoさんが帰ってきた時に売れ残っていたら、 ぜひ手に入れたいと思います。   (残念ながら、私は編み物がダメなので、 そんな器用なことはできません・・・・kumatoさんのお母様、 86歳で、編み物現役です。毎年靴下を編んでくださいます) 

というわけでバーゼルに行く必要がなくなってしまいました・・・・
冬は、家を開けると家が冷えるので、 まあ良いのですが。   石の家なので一度暖かいと暖かさが保てるのですが、冷えるとまた温まるのに数日かかるのです。 





a0278382_04432353.jpg
 


スイスに出かける代わりに、 kumatoさんのスキージャケットが壊れてしまったので、 それを修理するのにミシンを出しました。
ついでに溜め込んだ繕い物を10枚くらい済ませ( 一体どれだけ溜め込んでいた??? 笑)、さらに
数年前からやりたい、やらねばと思っていたことにやっと手をつけました。 







a0278382_04434714.jpg
 


クッションカバー作りです。 
祖母の家から持ってきた古い帯の布地を利用しました。ストライプの帯だけでは足りなかったので、途中からからし色の帯を足しました。 あと二つ大きめのクッションのカバーを作りたいのですが、この布地はもうあと一つぶんしかなく、 どうしようか迷っています。 まだ他の帯もあるのですが、模様や色合いが全く合わないのです。
シンプルに麻の布で作ろうかな?   

やろうやろうと思いつつ、 クッションを洋服ダンスに押し込んだまま数年が経ってしまっていたので、 これでやっとすっきりしました。
まだまだそういうことが、kumatoさんにやってもらいたいことも含めていくつかあるので、 今年は少しずつでも改善していけたら良いのですが・・・・・・  






  

























by tomomato | 2017-02-11 06:00 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(8)

もう2月! と新しい棚、 ご飯など



a0278382_17170117.jpg




この間年が明けたと思ったのに、もう2月になってしまいました。 驚 

今年は、久しぶりにしっかりと昨年の反省をして、今年の決意? 目標を立てて紙にしっかりと書いて、1日1日をもっと大切に過ごしていこうと決意したはずなのですが、  知らない間にあっという間に一ヶ月も過ぎてしまいました。  いい加減に過ごしていたつもりはないのですが、 ぼやぼやしていたらあっという間にまた一年過ぎてしまいそうです。  

kumatoさんが集中授業から帰ってきて、やはり二人で暮らすことのありがたみを毎日感じています。 まず、ご飯が美味しい!  笑    一人の時は、本当に粗食で済ませてしまうのですが、kumatoさんはそれでは満足ではないので毎日あれやこれや工夫をして作るし、 (買い物にも行けるし笑) ワイワイ二人でお話をしながらお食事をするのは楽しいです。 欠点は、それで私もモリモリと一人の時の倍量は食べてしまうこと。 (自己責任・・・・・・) 

それから、帰ってきたばかりなのに、kumatoさんがとても良いものを作ってくれました。





a0278382_17171306.jpg



台所の収納です。 そもそも、 この白い棚のところは作り付けの棚を作る予定でした。 でも予算の関係? か、思い通りに作ってくれないうちの大工さんと交渉するのがもう嫌になったのか? kumatoさんが全く乗り気ではないので当分は既にあったアンティークの収納棚を使うことにしました。 ボロボロの棚の塗料を全てサンダーで剥がして色を塗ったのは私です。    もともと色を塗るのはもったいないほどの本物のアンティークですし、なかなか素敵な棚なのですが、 何しろ手前のお気に入りの棚とタイプが似ているので競争し合った感じでいまひとつ満足していなかったのですが、 kumatoさんが作り付けの収納に乗り気でないので仕方がありません。   そのうちに目も慣れて気にならなくなっていました。 

ただ、この家での生活が落ち着いてくるにつれ、 もう少し収納が必要になり、このコーナーがいつもごちゃごちゃした感じだったので改善したいと思っていたら、kumatoさんが棚を作ってくれることになりました。 



ジャ〜ン



a0278382_17340268.jpg
 




市販の壁にバーを取り付けて、そのバーに支えをはめ込んで板を載せるシステムを買ったのですが、 ここで思わぬ難題がありました。
取り付けて板を設置したら、なんと板がグラグラ、もしくは大幅に斜めではありませんか!?? 何回も測ったはずなのにおかしい!? 

しばらくあーだこーだと話し合っていて思い出しました。 そもそもこの壁自体が曲がっていたのです!  大幅に曲がった壁なので、この白い棚を設置するにあたっても、上部と下部がバランス良く設置できず、 確かどこかを切るかなんかして調節して壁に上部が凭れかかることで支えられるように設置したのでした。  うちは、断熱材が内側に入っていない壁は、石壁に漆喰を塗っただけですので、 全て壁がゆがんでいるのでした。 普段はそれが気に入っているのですが、家具の設置には本当に困ります。 汗 

壁が不規則に曲がっているので、この新しい棚を調整することはほぼ不可能です・・・・・・。  支えにクッションを取り付けて調整することで、多少の歪みは我慢することにしました。  

でもこの部分を取り付けたことでこの白い棚自体が壁と一体化して、収納が増えただけではなく前よりももう一つの棚と競争しあうことがなくなった感じで、とても気に入っています。

kumatoさん、本当にありがとう!!   (これでストウブのお鍋が買えるぞ ひひひひ ) 






a0278382_17190886.jpg



それから、去年の暮れからkumatoさんはアトリエにも棚を取り付けてアトリエを使いやすく改良しています。 kumatoさんは3つアトリエがあるので、結構な仕事ですが、 それぞれ1日で作業を終えているのですごい!  台所の棚の後、最後の棚の取り付けに取り掛かっています。 天井までのかなり大きな棚で、 描きかけのキャンバスや紙などを収納できるようになっています。 今までは床に散らばって場所をとって大変だったのです。   私のアトリエにも欲しいところですが、私の収納はまだ修復が終わっていない部分に作る予定なのでまだまだごちゃごちゃの状態を当分我慢しないといけません。 ( 後何年かかるんだろう?  目の黒いうちにできるのでしょうか???? 笑 )




さて、長くなってしまうのですが、 ご飯の話 
   
a0278382_17165088.jpg





久しぶりにムール貝を買ってみました。 夏に仕込んだトマトソースと冷凍していた畑のパセリで作ったら、 これまた最高に美味しくできました。 
バゲットと一緒にはっしはっしと二人でかぶりついて食べます。 こちらはムール貝は決して高くはないので、 経済的なご馳走です。 






a0278382_17172359.jpg

 



kumatoさんが帰ってきたし、マーケットで美味しいリコッタトペッコリーのチーズを買ったので、かぼちゃのラビオリを作りました。 






a0278382_17174731.jpg






イタリア人ではないので、プリモ、セコンドの順番ではなく、スイス式に全て一皿に乗っています。 セージバターソースに絡めたラビオリに、kumatoさんは鳥のもも肉のチーズを挟んでフライにしたもの。  カーボデネーロとにんじんの炒め物。
久しぶりのラビオリは本当に美味しかったです。  ちょっと時間はかかるけれどそれほど大変な作業ではないので、もっとマメに作るようにしたいと思います。 






a0278382_17175932.jpg



私は、 (ストーブに入れてたので焦げたけど) お肉の代わりに根セロリのカツレツです。  今年は、植えた時期が良かったのか、根セロリが立派にできて、本当に美味しかったです。 kumatoさん、鶏肉も美味しかったけれど、こちらの方が好きだったようです。 





a0278382_17181114.jpg



この日も畑の野菜三昧。 カリフラワーにかぼちゃに長ネギなどそれぞれ違うスパイスでローストしたものに、 kumatoさんにはラム肉のロースト。 
この間の寒波でダメになった野菜もあるのですが、 多少凍っても、早めに収穫したものはそれぞれスープなどに形を変えて冷凍しておいたので、十分美味しく食べられますし、 あんなに寒くても生き残った野菜もたくさんありました。  朝、畑に覆いをはずしに行くと、中までカチンコチンに凍っていてそれが何週間も続いたのに、 何事もなかったように元気に生き残った野菜の生命力には感服しました。   そういう底力を自分にも養いたいものです。




骨つきラム肉のローストが余ったので、 翌日はそれと前回ご紹介したベジブロスと一緒に薪ストーブの上で半日ことことと煮込んで、スープをとりました。





で・・・・・・






a0278382_17191830.jpg
 




再びパスタマシン登場!!





a0278382_17193957.jpg




強力粉と薄力粉半々に重曹と塩を少し入れた生地です。     





a0278382_17194984.jpg



出来上がったら手でつかんでギュ〜〜と抑えてチリヂリにします。



で・・・・





a0278382_17200175.jpg



お湯で湯がいて二分! 水でさらして引き締めて!!!







a0278382_17201267.jpg




ジャーン!!   ラム肉スープの醤油ラーメン!  笑






a0278382_18202310.jpg





私は、あっさりベジブロス醤油ラーメン。   でも私のはラーメンというよりも中華麺って感じのスープでした。次回は煮干やシイタケ、昆布も入れてもう少し濃厚なスープにしたいです。    それに畑で採れた白菜とロサマリーナの炒め物、 セロリとマッシュルームとピーナッツとブロッコリーの炒め物でした。    (あ、マッシュルームやピーナッツは買ったものです。)


前回は、ウーウェンさんのレシピ本で中華麺を作ったのですが、今回は前から愛用しているパスタマシンで麺道楽という本のレシピで作りました。 こちらの方がもちもちした手作りラーメンぽくなります。  (重曹が入るからかな? あと寝かせると美味しくなります)   



パンについてもご報告があるのですが、 長くなりすぎるので、また次回に!


今日も訪ねてきてくださってありがとうございます ^ー^   

by tomomato | 2017-02-02 18:19 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(16)

平穏な日々とベジブロス




a0278382_17165254.jpg



ご無沙汰してしまいました。 とても元気にしています。 
1月は、kumatoさんの学校の集中授業があって、kumatoさんは長いことスイスに行っていました。 その間私は家を守って(?)おりましたので、 非常に単調な生活を送っていてあまり話題がなかったのです。 笑 

おまけに、一昨年の暮れにヨーロッパに来る予定のその日に脳梗塞で倒れてしまった母が、いろいろと変わってしまったことがあるとはいえ、おかげさまで順調に回復しておりまして、1年が過ぎてやっとまたヨーロッパを訪れてくれる気になったので、その旅行の計画を立てるのに時間を割いておりました。
 
これが結構難しいのですよ。 母にとって必要な条件の揃った宿泊場所を探すのが!    お風呂があった方が良い、寝室とお手洗いが近い、段差がない、 清潔・・・・ などなど・・・・・    それプラス、 kumatoさんの必要条件、 プールがある、 海が近い、 駐車場がある、 外に座るスペースがある、 緑がある、 などなど・・・・・・そしてもちろん、 法外な値段ではない所って!!!???  

そうやって頑張って探してみても、ローマに行った時、結局kumatoさんがこだわった外の緑の見えるテラス(ローマのど真ん中で!) は、寒くてお天気もいまいちで結局一回も利用しないなんてこともありました。 笑   

もう、頭の中は数百件の宿泊先の情報でパンパン状態です。 




a0278382_17161112.jpg
    

先週末は、kumatoさんが3日ほど帰ってきましたので、 帰ってきたその日の午後にスキーに行ってきました!
そして、今年の冬は例年になく寒かったので、薪が足りなくなり、注文するまでのつなぎにkumatoさんが頑張ってうちにある古材を切ってくれました。 




a0278382_17162846.jpg




そしてお散歩に・・・・・  もうだいぶ溶けてきたのですが、 森の中はまだそっくりそのまま雪が残っていました。 


a0278382_17164194.jpg



雪が降ったというだけで、なんだか休暇に来ているようで、 歩くのが楽しい楽しい! 
まあ、この日はほぼ2週間ぶりにkumatoさんに会いましたからね。 kumatoさんがスイスにいる間、スカイプで毎日おしゃべりしているのですが、
久しぶりに会うととっても嬉しいものですね。    





a0278382_17170521.jpg



日中は太陽の光がさんさんと降り注ぎ、 なんと気温は低いのにミツバチがぶんぶんと飛んで働いていました!




a0278382_17153945.jpg




久しぶりに帰ってきたから、 ガレットデロワを作った時に残りのパイ生地を冷凍してあったので、それでアップルパイを作りましたよ。





a0278382_17160119.jpg



うちのりんご、 これでもう最後です。 だいぶしなびていましたが甘さが増していて砂糖をもっと減らしてもよかった・・・・・・




a0278382_17155162.jpg



パイ生地はkumatoさんの大好物なので、大喜び!  一気にこの大きなパイの半分食べていました!!  超危険!! 
ものすごく美味しいけれど、 カロリーが! 



そんなこんなで週末後、 集中授業の最終週に出かけて、今日、やっと帰ってきます。  (今頃、車で走っているはず・・・・) 



ところで、最近始めたことがあります。 





a0278382_17151228.jpg


  


この薪ストーブ、 家中に暖かさをもたらしてくれたり、 パンが焼けたり、あるいはパンの発酵に適していたりするだけではなく、 物を乾かすのに最高なのです!! 
この上は吹き抜けになっていて、 そこの通路は冬の洗濯物干しになっています。  家を修復する時に、雨が降った時や冬の洗濯物を干す場所についてkumatoさんとかなり格闘したのですが、 結局はこの薪ストーブの上が最高だということが分かって、 もっぱらここに干しています。  (格闘した場所はkumatoさんのアトリエになりました。 笑)    
そして、おなじみドライ柿を作るのにも素晴らしい乾燥力を発揮してくれました。  

そして、最近新しいことを始めたのです。  





a0278382_17150283.jpg




この薪ストーブの熱を利用して、クズ野菜を乾燥させることです。
気温がぐっと下がって畑の野菜の幾つかを急遽収穫しないといけなかったので、 思いついてやってみたのです。 
食べる量以上にあるセロリの葉っぱや、 ペストや冷凍した後のパセリの茎、 それからいろいろな野菜の皮など、 はたまたみかんやオレンジの皮など、次々乾燥させています。  
最近ベジブロスが流行っているというのは知っていたので、 あ〜あ、こんなにある野菜の皮とか食べない部分をコンポーストに入れるのはもったいないなあ、でも冷蔵庫の収納場所にも限りがあるし、 ブロスをとって冷凍しておくスペースもないしなあ、 と思っていたところ乾燥させれば場所の問題はないなあと思ってやってみたところ、 これが美味しい出汁が出るではありませんか!。
ただ、乾燥しているのでビタミンとか、 そういう栄養点でどうなるのかちょっとよくわかりませんが、 味は素晴らしいです。  

a0278382_17152557.jpg




ついでにクリスマスの飾りに使っていたローリエの葉っぱも、埃を払って中に・・・・・・ 笑
そう、埃っていう点ではね、 気にする人はこの方法はダメかもしれません。  薪ストーブを家の中で使っている方ならわかるかと思いますが、 灰が結構舞い上がるのですよ。   っていうか、それ以前にこういう400年前のお家に住むこと自体無理でしょう・・・・・・ (遠い目・・・・・) 天井にもどこにも、400年の埃がいくら綺麗にしてもたまっていますからね・・・・・ 
最近、もう慣れてしまいましたが、当初は結構生理的に苦労しましたから・・・・・(私、東京の都会育ちです)。  慣れとは恐ろしいものです。 


この乾燥クズ野菜を一掴み、 お鍋いっぱいのお水と一緒に煮込んで、いろいろなスープのベースにしています。  最初はこんな缶に入れていたのですが結構たまってきたので、 布袋に入れてぶら下げておこうかと思います。 乾燥させてみると、クズ野菜とは思えないくらい綺麗でしょう?? 

うちは100パーセント畑の野菜でまかなっているので、 農薬の心配はありません。 ただし、虫に食われたところや土が入らないように気をつけるのに、いつもより少し気を使いますが、それ以上の手間ではないのでこれは長続きするかもしれません。 
オレンジやみかん、レモンの皮は、普段オーガニックの物を買うように気をつけていますが、 オーガニックでないときにはもちろん決して使いません。 
これらはハーブティのブレンドにすると良い風味を出してくれて重宝しています。 

収穫したカリフラワーの立派な葉っぱがあったので、これも使えるかな? と思ったのですが、調べてみるとベジブロスに適さない野菜もあるようで、 キャベツ系の野菜もその一つだったので諦めました。   試しに葉っぱの茹で汁を作ってみましたが、確かに独特の苦みがありました。 







a0278382_17144470.jpg
  






さあ、今日もこれから薪ストーブでパンを焼きます。  これは前回のもの。 
今日のはスペルト全粒粉50パーセントなので、ダレダレになる予感がしています。


ではまた! 




 



by tomomato | 2017-01-27 18:11 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(14)

3賢王の日と12夜の思い出など




a0278382_05544408.jpg




今日は、聖12夜の最後の日、3賢王の日でした。
3人の王様が、クリスマスイブの日に空に大きな星を見てキリストが生まれたことを知り、 その幼子に会いにはるばる訪ねてくる日です。 




a0278382_05471360.jpg


今日で、kumatoさんがクリスマスの日に飾ってくれたクリスマスツリーともお別れです。




a0278382_05450078.jpg
a0278382_05473120.jpg




日本ではとっくのとうにクリスマスは終わってしまって、さっさとクリスマスの飾りは片付けてお正月の飾りに変わるのですが、 こちらは今日までツリーを飾っているところが多いです。 





a0278382_05474543.jpg




暮れからお正月にかけてお友達が来てくれたり、 前年は一人ぼっちでクリスマスも新年も迎えたkumatoさんと、ゆっくりと時間を過ごすことができたり、 楽しい日々を見守ってくれたクリスマスツリー





a0278382_05485097.jpg





明日から、また日常が始まります。 日本では七草がゆを食べる日ですね。






a0278382_05481843.jpg



このバラ、クリスマスの日に、 kumatoさんがお庭から切ってきてくれました。 最後に残っていたバラたちは、夏とはまた全然違った趣があり、 本当に美しかったです。





a0278382_05483364.jpg




クリスマスから新年にかけては、毎日お料理ばかりして、ご馳走ばかり食べていました。 が、 ほとんど料理するのと食べるのに忙しくて残念ながら写真がないのです。  大きなラム肉のショルダーをローストしたり、ヤギの肉をローストしたり・・・・・・  





a0278382_05493862.jpg



クリスマスには、少しうちから離れたところにあるお菓子屋さんに大好物のパネトーネを買いに行くことができました。 マロングラッセ入りのパネトーネ、 超おいしいです。   kumatoさんに焼いてあげたイギリスのクリスマスケーキ、フランスレシピのお菓子は、 なんと食べてみたら私も好きになってしまい、 クリスマスから毎日ご馳走に加えて何かしら甘いものを食べ続けていたので、 私もkumatoさんも体重増加は間違いありません。 涙


4日から少し現実に引き戻された感じで、 少しずつ色々な仕事に手をつけ始めました。 

今朝は、暮れにスプレーが無くなって続けられなくなった窓拭きの続きを始めましたよ・・・・





a0278382_05502039.jpg



この写真の3階部分、見えるかな?





a0278382_05502756.jpg



ぎゃー怖い〜〜〜〜!!
これ、80歳になったら絶対に無理ですね。 

おかげさまで窓がきれいになり、 幸運が窓から入ってくれるかな〜??



a0278382_05495522.jpg




そして、今年は最初の写真のガレット・デ・ロワ を久々に焼きましたよ。 




a0278382_05503910.jpg





折込みパイ生地に加えて二種類のクリームの用意、特別なツヤ出しなど結構行程がめんどくさいので、よほど作る気にならないと作らないのですが。 3日前から少しずつ用意して、 今日仕上げました。前に28cmのものを作った時に、確か二人で全部食べたような気がして、あまりにも多すぎるので今年は小さなサイズにしたのですが、大きなものを作るか、幾つかまとめて作った方が小さなもの一つ作るよりも作りやすいかもしれません。 クリームに至っては計量すら少なすぎて難しかった・・・・・ 

去年、日本で母と一緒にビゴのガレットデロワを食べてとても美味しく、kumatoさんは大好きなんだけれどな〜 食べさせてあげられなくて残念だな〜 と思ったので今年は頑張ったのです。  




a0278382_05505692.jpg
レシピは、フィリップ・ビゴのものです。 去年食べたのにはかなわないかもしれないけれど、 とても美味しく焼けました。




実は、今晩からヨーロッパ全体に寒波が押し寄せるようで、 ここらも珍しくマイナス十度くらいまで下がるとかで、午後は慌てて庭の植物を保護するために忙しくお庭で二人とも立ち働いていました。  今まであまりに暖かすぎたので、 冬支度も遅れており、外の水道の水を抜いて元栓を止めたりすることが多すぎて慌てました。 

空気はピンと張り詰めたように冷たいけれど、太陽があまりに気持ちが良かったので太陽が沈む前に散歩に出かけました。 




a0278382_06232512.jpg




向かった先は・・・・・・
a0278382_05524716.jpg

a0278382_05532298.jpg
a0278382_05535464.jpg



友人の天才建築家、アンドレアの村です。 新年の挨拶がてらに来たのですが、 今日はイタリアは休日なので、おそらくご両親の家でご馳走を食べているのでしょう、 ここには来ていませんでした。 

村を一巡りして、知り合いとおしゃべりしたりアンドレアの家の進行具合をチェックしたり・・・・・
いつ来ても飽きない場所です。




a0278382_05521034.jpg




kumatoさんが覗き込んでいるのは・・・・
a0278382_05523186.jpg


この小さな窓・・・・
この窓を覗き込むと・・・・・




a0278382_05522011.jpg



kumatoさんの祭壇画が見られます。  新年にこれを拝むと何か良いことがあるかも??? 笑



a0278382_05533219.jpg






夕暮れの光が美しくて・・・・




a0278382_05543276.jpg



太陽が沈むと同時に、 気温がぐっと低くなっていくのがわかりました。 










夜は久しぶりにピザを食べに行き、帰ってからまったりと3賢王のお祝いの会。  (って言っても二人っきり 笑)

ちゃんとフェーブもなんと2つも入れましたよ。 ( 母が長年食べ続けたビゴのガレットデロワに入っていた、ちゃんとした陶製の可愛いものです。 )  王冠も、古い絵を切って作り準備万端!!!  
kumatoさんが当たると思っていたら・・・・・






a0278382_06401880.jpg


まずは私が当たってしまいました〜〜〜〜〜 汗






a0278382_06404754.jpg


ふてくされているkumatoさん、 で、この人、なんて言ったと思う?



’フン、 幸福を受け取る人と、幸福を与える人とどっちが幸せだと思う????emoticon-0134-bear.gif


なんて負け惜しみ言うの〜〜〜〜〜〜〜〜 まさかこんな人の幸せにケチつけるようなこと言う人だとは思っていませんでした。 emoticon-0114-dull.gif  


だからこう言い返してやりましたよ。


’ そりゃあ、両方ともでしょう、 でも、 まずは幸福を受け取る人の方が幸せに決まってるじゃない? だって、 自分がまず幸せでなければ、人に本当の幸福を与えることなんて出来るはずないでしょ?  自分が本当に幸福になって、それが自然に自分からあふれだして、周りに広がって、 初めてみんなが幸福になれるんだから!!! ’  


まるで禅問答のようなやり取りになりました。笑  
kumatoさん、まだブツブツ言いたそうだったけれど、 まあそうだねと一応納得。 (案外面倒くさいところのある人 何しろ王様だから〜〜〜 笑)


まだ半分残っていて、 フェーブももう一個(しかもクマの形の!!!)が残っているので、絶対にkumatoさんに当たってほしいなあ・・・・・・・ (前もってどこに入っているかチェックしておこうかな? 笑) 





おまけ



クリスマスローズ、第一弾
a0278382_05500772.jpg

by tomomato | 2017-01-07 07:08 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(10)

2017 初滑り





a0278382_21455667.jpg


昨日(三日)は、初滑りに行ってきました〜〜〜!

若い頃のように、朝、リフトが動き始めると同時に滑り出し、夕方リフトが止まるまでお昼をはさんで滑り通し、さらにはナイター!!!??  で滑るということはもう できなくなりました  しなくなりましたので、 いつもお昼からの半日券を買ってスキーをしています。 




ですので、スキーに行こう! という日の朝は大忙し。 シーズン初ですので、 スキーウェアやサングラス、帽子、 リフトのカードや手袋などの小物を揃えるのは私の係、 kumatoさんはスキーと靴とストックを車の中に運ぶ係と分担が決まっています。  以前、 kumatoさんに自分の分のウェアは任せていたらサングラスや帽子を忘れることはしょっちゅう、それはまだしも、 手袋を忘れたことも!!!  手袋は結局借りることができずなんと素手でスキーしてました〜〜〜〜 (ちなみに冬。 零下 emoticon-0134-bear.gif)。 スキーもそれぞれ車の中に入れていた時に、kumatoさん、 ストック忘れてずっとストック無しで滑っていたことも!!。 
役割分担に落ち着いてからは、そうしたことはなくなりました・・・・・emoticon-0105-wink.gif。 





a0278382_21544720.jpg



  


そして私はお昼の用意。 午後のリフトのチケットは12時半からですので、 12時前に家を出て大抵は車の中でお昼ご飯を済ませます。 お腹が空いていない時には、山の上に持って行って滑る前に食べます。  
kumatoさんは卵サンドイッチかツナサンドが好きな上、一食一食、 美味しいもの、好きなものを食べたい! emoticon-0134-bear.gif という意欲に満ちた人なので、簡単にチーズやハムを挟んで終わりというわけにはいかず、結構めんどくさいのですが、 ちゃんとペーストを作ってサンドイッチを作ります。 
ヤギのリコッタやドライトマトも挟んで豪華?卵サンドを作りました。




a0278382_21490286.jpg



まだ休暇中の人が多いので駐車場も混んでいて苦労しましたが、お天気はこの通り最高!!!! 
ピステにもいつもよりも人が多く、 所々で衝突している人たちを見たので、ビビリの私は結構怖かったです。
自分で転ぶのは仕方がないのですが、 衝突が一番怖いです。 

このスキー場は、本当に素晴らしいのですが長い間マイナーでほとんど人がいなかったのです。 ところが数年前から経営者が変わってリフトも最新式のものになり、 新しい施設も増えて急にメジャーになりつつあり、訪れる人がどんどん増えつつあります。  ある意味いいことなのですが、 前は貸切同然だったので、ちょっぴり残念な気がしちゃって・・・・・・。  




a0278382_21572130.jpg





雪がまだ少ないので、リフトに上がる途中はまだ緑や土肌が見えていました。 雪質は、まあまあでした。
早くまた新雪が積もらないかな? 
ここらあたりにある標高がこの山より低いスキー場は、まだ雪がなくて開いておりません。 
年々雪が少なくなっているので、 いずれ雪上スポーツなんて、幻のスポーツになってしまうのではないかしら? と密かに心配しています。 





a0278382_21470576.jpg


 


私は、夏前から膝を痛めていてかなり長い事運動ができず、すっかり運動不足だったのですが、 その割には初滑りでも結構滑る事が出来ました。 
(今日は全身筋肉痛〜〜!)  膝の方は、 一時歩くのも大変なくらいでしたが徐々に良くなっていて、クリスマス前には気にならないほどになっていたので、こうして無事にスキーに行けるようになって本当に嬉しいです。 もちろん、スキー中はバッチリサポーターで保護しています。 




a0278382_21461717.jpg





気温はかなり低かったのですが、 太陽の下ではとても清々しく、 美味しい空気を身体中にいっぱい吸ってきました。 もちろんカプチーノを飲んでまったりとしましたよ。  kumatoさんは、普通初滑りの時には体がどこかしら痛くなってあまり調子が出ないのですが、 昨日は絶好調で、私は無理せずまったりしたかったのですが、カプチーノを飲む時間も惜しい感じでさっさと切り上げられてしまいました。 

若い時にはただがむしゃらに練習ばかりで、こうやって最高の景色の中で、 まったりスキーをするなんて想像もつかなかったので、 今はkumatoさんとこうしてスキーをするのが一番楽しいです。 




a0278382_21573670.jpg
 


雪の上でのガッツポーズ emoticon-0152-heart.gif

2017が良い年になるように頑張るぞ〜〜〜    笑 

by tomomato | 2017-01-04 22:38 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(11)

クリスマス 2016





a0278382_01554114.jpg





メリークリスマス!!  と言っても日本はもう二十六日、 クリスマス気分はさくっと終わって新年の準備にお忙しいでしょうから、なんだか遅れていてごめんなさい。 
ヨーロッパでは、 クリスマスは24日のイブに始まり、 厳密には1月6日の三賢王の日まで続きますし、25、26日はクリスマス真っ盛りで、日本の三が日のように家族や友人たちと集う( ご馳走を食べる!)大切な時間なのです。       

今年は、23日が展覧会の納め日でしたので22日にスイスに向かい、バタバタとクリスマスを迎えました。 

二十二日は、私は熱が下がったもののまだ調子が悪く本当はイタリアの家に残った方が良い感じだったのですが、 少し無理をして出発しました。 23日に無事展覧会を終え、24日には所用を済ませ夕方6時半くらいにイタリアの家に戻ってきてかなり強行軍でした。 幸い風邪の方は、日に日に良くなって助かりました。  出発前にクリスマスの用意をして行きたかったのですが、寝込んでしまったので家の中はごちゃごちゃのまま・・・・

家に着いてから、運転で疲れたkumatoさんにワインとアペリティーボのスナックを渡して、私はアドベントの飾りを全て片付けて、ハサミと懐中電灯を持って外に飛び出して枝を切ってきて、テーブルセンターを変えて、チャチャッと少しでもクリスマスの雰囲気が出るように飾りつけをしました。
食事は、本当は、いろいろと材料を買って冷凍してあったのですが、 時間がないのでイブのディナーは、チーズフォンデュにメニューを変更。




a0278382_01461100.jpg
 


a0278382_01455570.jpg


スイスではチーズフォンデュを食べる時には本当に、 それしか食べないのですが、 (野菜をフォンデュに入れるとか邪道 笑 ピクルスすらつけません! ) それではあんまりなので、庭の野菜を採ってきてサラダ3種。  キャベツとくるみと五味子のサラダ、 柿とカブトコリアンダーのサラダ、 人参とカラントとアーモンドのサラダ。   
にんにくとシャロットたっぷりのフォンデュで楽しく食べました。 

去年、 私もkumatoさんも私の母の突然の病気のため、 それぞれ一人でクリスマスイブもクリスマスも過ごしたので、 今年はバタバタしていても二人でこうして一緒にクリスマスを過ごせることに本当に感謝しました。 シンプルな食事でも、ちょっとした飾りつけだけでも、 大満足でした。
おかげさまで母もだいぶ回復し、 教会の礼拝に行って良いクリスマスを過ごすことができたようで、それぞれがそれぞれの場所でこうして無事にクリスマスを迎えることができる幸せを、身にしみて感じました。 


a0278382_01462383.jpg


デザートはクリストシュトレン。  私がいつも焼いているレシピは、ドイツの伝統的なシュトレンのレシピなのですが、 焼いてからちょうど2週目から3週目が一番美味しいのです。 スイスに行く前に切り始めたのですが、帰ってきたら味がまた全く変わっていてさらに美味しくなって感激しました。kumatoさん用に作ったマジパン入りの方は、焼いて三日目から切り始めたのですが、 一週間目でやっとなんとか本当に美味しくなってきたかな? という感じでした。(小さめだったのですぐになくなってしまった!  笑) 本当に熟成して美味しくなるのは二週間目から。  でも、長くおけば良いというわけではなく、バターがたくさん入っているのであまり長くおきすぎるとバターが酸化して味が落ちるのです。 私はクリスマス前から切り初めてクリスマスのあたりに丁度最高に美味しく味わえるように焼くようにしています。  (以前に人にさしあげた時に、クリスマスには食べていただけると思って賞味期限について伝えなかったら、かなり後に食べたと聞いて失敗した〜 と思ったことがありました。) 


そうこうしているうちに10時くらいになり、 恒例の隣町のプレセピオに行ってきました。 プレセピオとは、キリスト誕生の場面という意味で人形などで誕生の場面を再現するのですが、 その町ではいつも ’生きた’ プレセピオがクリスマスイブに行われるのです。 イタリアでは、結構いろいろな町で行われているみたいですね。
もうすでに何回かブログで紹介したのですが、近日中にその様子をまたブログに載せますね。 
毎年行ってもとても楽しくて、 これですっかりクリスマス気分に浸れます。


a0278382_01515715.jpg



さて、我が家は24日にクリスマスツリーを飾ることにしていますが、 何しろスイスから帰ってきたばかりなのでkumatoさんも疲れて、 今日25日にクリスマスツリーの木を用意しました。 今年はもう飾らなくてもいいわよ、お客さんも予定がないし、 とkumatoさんに言ったのですが、私が昨日帰ってからすぐにバタバタと飾りつけをしたのとおそらく同じ理由で  〜〜〜 去年は一緒にクリスマスを過ごせなかったから、今年は少しでもkumatoさんのために素敵なクリスマスにしてあげたいという理由emoticon-0152-heart.gif〜〜〜〜  私を喜ばせるために用意をしてくれたようです。 


うちでは、普通は夜にご馳走を食べるのですが、なぜか今日はkumatoさんが ’イタリア人と同じように!?’ お昼に食べたいというので慌てて用意しました。



a0278382_01521431.jpg




と言っても今年は凝ったことはできないことはわかっていて、あらかじめお買い物してあったものとお庭の野菜しかないので、 せめて前菜のサラダを色とりどりにしました。笑




a0278382_01522609.jpg



メインは、 フォンデュ・シノワ。      ってなんだかわかります???  

ぶっちゃけ、鍋です、鍋! 笑
スイス人の人たち、 チーズフォンデュ以外に、お肉を油で揚げる油のフォンデュ(串揚げみたいなの?)とブイヨンでお肉やお魚を煮るフォンデュ・シノワを食べるのです。 
出発前にお魚のエビを買って冷凍しておき、エビの頭と香菜でブイヨンを作って冷凍しておいたので、 2種類のソースを使って幾つかお野菜を足していただきました。 よっぽどお箸を出そうかと迷ったのですが、 kumatoさんが食卓にフォンデュ用のフォークしか用意していなかったので、あくまで ’鍋’ ではなく フォンデュ・シノワということで食べました。 笑   




a0278382_01524477.jpg

    

魚の鍋じゃなくて、 フォンデュ・シノワっていうだけでなんかオシャレ ぷぷっ 笑

普通はマヨネーズ系のソースだと思うのですが、kumatoさんはお醤油が好きなので、 ゴマだれとあっさり醤油と生姜と唐辛子ベースのタレだったので、 本当に鍋以外の何物でもないのですが。 あ、もちろん、本当はお野菜は入れないのが普通だと思います。   



a0278382_01552466.jpg


   

数日前には雪が積もったというのに、昨日の夜から急に穏やかな天気になり、フェーン現象のせいか昨夜からとても暖かでした。





a0278382_01550914.jpg

 

食後のコーヒーは、 いただいたクリスマスのクッキーやらチョコレートサラミやらが山盛りのお皿と一緒にテラスで・・・・・



この後はkumatoさんはお昼寝、私は洗濯機を2回して台所を整理して忙しく働き、 その後二時間お散歩に出かけました。






a0278382_17002518.jpg







ちょうど夕暮れに家に帰ってきたところ・・・・・・ 
kumatoさん、 

’まだクリストキンドがシュトーレンーレン焼いてるよ〜〜〜  最後の追い込みかな〜〜〜 emoticon-0134-bear.gif ’

だって。 笑    

’アメリカはまだこれからクリスマス始まるからね〜〜〜〜 !!’   (アメリカはここよりも時間が前なのです)



って言ったら、妙に納得してた〜〜  笑  kumatoさん、子どもの頃、本当にクリストキンドが一生懸命お菓子を焼いてるって信じてたのだそうです。  


何か特別なことがあったわけではないけれど、とてもとても心が満たされるクリスマスを過ごしています。

あ、ちなみに今は25日の夜7時ごろ、 朝に飾りつけを始めたはずのクリスマスツリー、 そのまま未完成の状態のままなのに、 kumatoさん、二度目の昼寝してる〜〜〜〜〜    爆。


今夜、果たしてツリーが完成するのかなあ???? 



by tomomato | 2016-12-26 03:04 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(6)

もうすぐクリスマス 



a0278382_22333983.jpg


もうすぐクリスマスですね。 





a0278382_22373811.jpg



クリスマス気分を盛り上げるために、 どこでもいいからクリスマスマーケットに行きたい! と叫んだら、kumatoさん一生懸命調べてくれて、地元のドモドッソラの街でちょうど日曜日にクリスマスマーケットがあることがわかり、行ってきました。 




a0278382_22353103.jpg






スイスやドイツ(おそらくフランスも)のクリスマスマーケットは、 アドベントの日からクリスマスイブまでずっと毎年同じところに同じお店たちが集まって毎日開いているのですが、 この辺りでは、どういうわけかアドベント中の週末だけ、それぞれ違う街でクリスマスマーケットが行われているので、 今週末はどこかな? と調べていかないといけないのです。




a0278382_22341086.jpg
 

実は、私は超体調が悪く、 本当は家で寝ていないといけなかったのですが、 どうしても出かけたい気分だったので厚着をして出かけました。  本当はクリスマスマーケットは夜の方が綺麗だし気分も出るのですが、夜は寒くなるので昼間に・・・・
そしたら、いきなり冒頭のようにサンタクロースの格好をした人たちがマラソン???? 大会か何かしていてびっくり。 笑

kumatoさんは、 すぐにグリューワイン(色々とスパイスの入った温かい甘いワイン)を手に入れてご満悦のご様子・・・・ これだけのために来たんだって〜〜〜〜 笑



a0278382_22342989.jpg





グリューワインとホクホクの焼き栗の組み合わせは最高ですが、 お昼を食べたばかりだったのでパス・・・・





a0278382_22344514.jpg





ドモドッソラのクリスマスマーケット、確か去年も来たけれどこんなに規模が大きくなかったと思うのです。 旧市街を中心に出店の数がすごいすごい、 人出もすごいすごい・・・・・・ この地方一帯、プラス 多分スイス人もたくさん来ているに違いありません。 




a0278382_22390584.jpg


普段のマーケットに出ているお店もたくさん出店していて、それプラス手作り? の品物をあれこれ置いたお店、食べ物を置いたお店など色々色々・・・・・・






a0278382_22350518.jpg
またもやサンタさんが走ってる走ってる・・・・笑  





ただ、出店で売っているものが、 今ひとつキッチュなものが多くて、 その点ドイツやスイスのクリスマスマーケットの方がずっとずっと楽しいです。 ドイツやスイスのクリスマスマーケットは、毎年売っているものもほとんど同じだからそのうち買わなくなるんだけれど、  それでも屋台を冷やかして毎年おなじみの美しいもの、可愛いものを見て回るだけで楽しいもの。  でも、今まで行ったイタリアのクリスマスマーケットで売っているものは、 う〜〜ん、 なんだかな〜 ちょっとイマイチかな〜 って思うものが多くて・・・・・

ですが・・・・・




a0278382_22331816.jpg


a0278382_22382918.jpg



食べ物が!!!  やっぱりイタリアは食べ物がいいです!! 笑


チーズやソーセージなど、 色々な地域の食べ物が売っていてそれらが一番魅力的だと思います。 ただ、 クリスマスマーケットで売っているこれらの商品は比較的値段が高く、 普段の土曜日のマーケットに比べると倍くらい!!! するので私たちはあまり買いません。 味も、 いつものマーケットで買えるものよりも特別に良いというわけでもありません。 ただ、 クリスマスに向けた珍しいものが買える可能性はあります。

今年とれたてのオリーブオイルを売っている出店もあるのですが、 気温は比較的低くもちろん10度以下、夜はマイナスになるかもしれないのでオイルが凍るんじゃないかなあ???  と疑問に思うのですが結構売れています。 



a0278382_22381159.jpg
a0278382_22392827.jpg



私たちは結局、 kumatoさんのお母様に頼まれていたアカシアの蜂蜜の大きな瓶と、 私たちがいつも買っているチーズを作っているおっちゃんから、ヤギのチーズを何種類か買って、 もうひとつ別のお店で灰にまぶされた!?ヤギのチーズがあったので珍しかったのでそれを買いました。 本当に食べ物だけ。 笑
あ、でも考えてみると、ドイツやスイスのクリスマスマーケットには必ずあるお楽しみの、’買い食いする’ 食べ物はそういえばほとんどありませんでした。 グリューワインと焼き栗くらい・・・・・ なぜかしら? 

 


a0278382_22395510.jpg
  


お店だけではなく、世界のクリスマス、みたいな展示や写真展もあって色々と催しとして工夫されていました。 


こういう機会にはいつも思うのですが、 イタリア人ってやっぱりとっても陽気なの。 みんなすごく楽しそうにウキウキしていて、 人ごみの中にいてもその楽しい気持ちが伝わってきて、こちらも楽しくなるのです。
だから売っているものはイマイチだから別に行かなくてもいいかな〜〜 と思ってもついつい行ってしまう。(安上がり?)  笑 



そうそう、前住んでいたお家のご近所さんが陶芸家さんで、 このOSSOLA地方の伝統的な柄の食器を作って販売しています。 そのお店が開いていたのでご紹介しようと思って幾つか写真を撮ってきました。 
(Kちゃん、 あなたのためよ〜) 





a0278382_22362886.jpg
a0278382_22354863.jpg
a0278382_22365060.jpg
 


結構素敵でしょう?  他にも小さなものから大きなものまで、たくさん種類があります。
近くのレストランでもこの食器を使っていて、素朴だけれどなかなかオシャレな感じがします。
 
値段は結構いいお値段かな? 決してバカ高くはないけれどそれなりにします。  そういえばうちには一つも彼らの食器がありません。  今度何か買ってみよっと。 

この家を修復する前には色々と夢があって、 kumatoさんがたくさん陶芸用の土を持っているので、それで足りない食器は作ろうねと言っていました。 陶芸の釜を入れる計画もかなり具体的にありました。   でも実際にほぼ家が出来て本業に専念し始めると、なかなか時間が取れないことに気づいて、 今の所釜を入れるのは保留になっています。(釜を入れるとなると、ウチの電圧を変えないといけないということも大きな歯止めになっている理由 そういえば誰かが登り窯を作れば良いと言っていたけれど??? 笑 ) でも、土はあるのでいつか余裕ができたら、彼らの釜の片隅を借りて焼いてもらうことになっているので、楽しみです。 でも、そんな時間ができる時がくるかな???? 

おまけに料理の専門家の母から、使わなくなったたくさんの食器をもらった+これからももらう予定なので、 焼いても食器を仕舞う場所がないかも〜〜 




a0278382_22310099.jpg





長い長いストレスフルな日々がやっと終わって、 お家でのんびりするkumatoさん。 
でも、クリスマスマーケットの後、予想通り(笑) 私の具合が悪化して翌日からは私がストーブの横のベンチを占領して寝込んでおりました。 
すごく大変だったkumatoさんが病気になるのを心配していたのですが、なぜか私の喉が痛み始め、かなりひどい炎症に・・・・・
私はどこにも出かけていないので、kumatoさんが先週二日間家に戻ってきた時にウィルスを持ってきたとしか思えないのですが・・・・・・  




a0278382_22304482.jpg
 



これは寝込む前に焼いたクリスマスクッキー バニラギプフェル。    昔は5、6種類のクッキーを一気に焼いて綺麗に包んでプレゼントに配っていましたが、 今はぼちぼち自分たちが食べる分を焼くだけになりました・・・
っておばあさんみたいなこと言ってますね、私????





a0278382_22420064.jpg




寝込む前にクリスマスケーキの材料を仕込んでしまっていたので、 今日は仕方がなく起き上がってケーキを作り始めました。
疲れるので椅子に座りながら作業をしていたら、kumatoさんも昨日採ってきた柿の処理を始めたので、お台所は急にごちゃごちゃの活気のある作業場に。

柿はすでに熟し柿になっているので、先週仕込んだ柿酢にさらに柿を足して、残りは皮を除いたものを冷凍しました。 これ、夏にシャーベットやアイスクリームにして食べるとと〜〜っても美味しいのです。 




a0278382_22423064.jpg

 


イギリス風クリスマスケーキ、フランスレシピ・・・・




ぽてりさんが・・・

イギリスのクリスマスケーキを作っていらしたので、 作ってみたくなったのです。

実は私、 イギリスのクリスマスケーキ、 苦手なのです。 イギリスに住んでいた時に作るのに参加したこともあるし、毎年お付き合いで食べたこともあるのですが、 どうもあのこってりした重いケーキがどうしても好きになれなくて、 クリスマスに焼くのはクリスマスクッキーとシュトーレンだけでした。

でも、実は、kumatoさんはこういうケーキ、大、 、 だ〜〜〜〜〜い好きemoticon-0134-bear.gifなのです。  

ですので、 焼いてあげようかなあと毎年持っているレシピを眺めながらも、 ついつい自分が好きじゃないものを作る気がしなくて焼いたことがありませんでした・・・・・ 

ぽてりさんのブログを見ていたら、なんだか素朴であたたかな感じが伝わってきて、嫌いなはずのイングリッシュ・クリスマスケーキが美味しそうに見えて 笑   今年こそkumatoさんに焼いてあげようかな〜〜〜〜  と思いました。 ぽてりさんの記事にコメントしてさてさて、クリスマスケーキが載ってるレシピの本はどこにしまったっけ??  と思っていたら、なんとぽてりさんが早速レシピを送ってくださったのです!  

レシピは、 なんだか洗練されたケーキの写真が載っていて、おまけにフランス語で書かれているというだけでなんだかオシャレ 笑
あの重い甘ったるいイギリスのクリスマスケーキとはまた別物のような気がして 笑 (フランス語のespritマジック?)これは重い腰を上げて焼かねば!! と決意!  笑 


中に入れるドライフルーツなどは量さえ気をつければアレンジしても良いとのことでしたので、基本となるレーズンに加えて、うちで採れた柿や洋梨のドライをグラッパに漬け込んで3、4年経ったもの、うちで作ったドライイチヂク、 シュトーレンとフロレンティンを作るためだけに作ってあるオレンジピールやレモンピール、 たまたま手に入ったドライブルーベリー、 マーマレードは嫌いなので代わりにたまたまあったカリンのジャム、うちの庭のりんごなど、本当に適当にコニャックに漬け込みました。  


熱が出て一日寝込んだので、結局二日ドライフルーツを漬け込んだ後、 今日頑張って焼きました。

本場のイギリスのクリスマスケーキは、1年前のアドベントの時期に、材料を合わせてお酒に漬け込んだ覚えがありますので、 一日つければ良いというこのレシピは、それに比べるとかなり軽いかも???   

イギリスの共同体では、共同のダイニングルームにアドベントの時期になると人の背の高さほどある巨大な容器に、いろいろなドライフルーツやリンゴ、梨、人参! を入れて置いてあって、 そこを通りがかった人が搔き回すという習慣? 儀式??  がありました。 そうして漬け込んだものが翌年のクリスマスケーキに使われるのです。その共同体では100個くらいは焼いていたかも? 共同体のクリスマスの祝祭にも出されるし、スタッフの各家庭に一つづつ配っていましたから。   
ケーキも、 何ヶ月も前に焼かれ、 アルコールのしみた布に包まって貯蔵庫に寝かされます。 別の人は、 果物は1年も寝かせないけれど、 ケーキを焼いた後に1年寝かせるという人もいました。  それがあの重い、リッチなイギリスのクリスマスケーキの秘密(??) です。 
好きな人は、 もうたまらなく好きなんじゃないかな?  (私のように苦手な人はたまらなく苦手だと思う emoticon-0111-blush.gif




a0278382_22425950.jpg

 


薪ストーブのオーブンは、 なかなか温度が安定せず、 100度くらいのまま上がらなかったり、かと思うと突如300度になってしまったりするので、お菓子を焼くには自信がないのですが、 バニラギプフェルもなんとか一部焦げながらも焼いたので、 このケーキも薪ストーブオーブンで挑戦してみることにしました。
下と後ろ側の温度がかなり高いので、それぞれ天板と別の焼き型を置いて調節。 そして160度を一時間半キープするように、 入れる薪の量を絶えず調整して、20分おきに向きを変えて・・・・・・    

まあ、真っ黒に焦げず、 いい感じで焼けました。  小さい方の焼き型が分厚かったせいか焼き色が今ひとつだったので、もう一度型に入れて焼き直そうと思った時に、なんと崩してしまいました。

そしたら、kumatoさん、ウキウキと、


 ’ 味見した〜〜〜いemoticon-0134-bear.gif ’ 




本当はこのケーキ、最低一週間は寝かせてから頂くものなのです。 二つも出来ちゃって、どうしよう?  まあ、数ヶ月は持つものみたいだからいいかな?  冬じゅうかけて食べればいいかな?  と思っていたのですが、
後で見たら、なぜかその崩れた方の三分の1が消えている!!!?????  emoticon-0104-surprised.gif


熟成していない段階でもkumatoさんがとても気に入ってくれたようで、 とりあえず良かったです。
コニャックをたっぷりと塗って、 丁寧に包みました。 (え〜? 両方とも包んじゃうの〜emoticon-0134-bear.gif という声を背後に聞きながら。笑)   


フランスレシピというだけで(イギリスケーキだけど)、なんだかオシャレで、 フランス文学が大好きで酔っぱらうとフランスの歌ばかり歌っていた父のことを思い出したり、
そういえば子供の頃母を手伝った時に、こういう時バターはとにかくふわっとするまでとことん捏ねるのよって言ってたなあと思い出して ’まだまだ・・・・’ と母の言葉を思い出しながら必死でこねたりして、思い出に浸りながら楽しくクリスマスケーキを焼きました。





a0278382_22411055.jpg



昨日は一日中雪が降りました。  ホワイトクリスマスになるかな? ともったけれど今日は一日雨で山の上はどんどん雪が積もったけれど下界はだいぶ溶けてしまいました。

喉はまだ痛いけれど熱は下がり食事も取れるようになったので、山場は過ぎたような気がします。 まだ喉に白い跡が見えるので、しばらく用心して過ごそうと思います。 皆様も、 インフルエンザなどどうぞどうぞお気を付けてお過ごしくださいね!!  





by tomomato | 2016-12-21 00:41 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(14)

kumatoさん、窮地に陥る!と クリストキンドがお菓子を焼いている?

a0278382_04103170.jpg




kumatoさんが、2日間だけお家に帰ってきました。 たった今、 またスイスに向かいました。 あと四日で学校も終わりやっと休暇に入ります。 なんだか10月11月は、 やたらにスイスとイタリアの行ったり来たりが激しく、その上展覧会があったからkumatoさん、体が参ってしまうのではないかとちょっと心配です。 


しかも今回は大変だったんです!!!!! 。 日曜日の午後1時頃に学校が終わって、これから帰るよ〜〜 と電話があったので楽しみに待っていました。だいたい5時には着くはず〜〜〜〜っと思いながら・・・・・。  

ところが、 3時か4時頃電話がきて・・・・・・ しかも携帯からではなく、スカイプで連絡が来たので嫌な予感が・・・・・emoticon-0114-dull.gif









’帰れなくなった・・・・・emoticon-0134-bear.gif





kumatoさん、 超くら〜〜〜〜い声。 

どうしたのかと思ったら、 学校を出て近所のガソリンスタンドで満タンに入れて、 さあ帰るぞ〜〜〜!!! と高速に乗ったら・・・・・
なんか車がおかしい・・・ どんどんおかしくなって、 やばいと思ってすぐに高速を降りてなんとか学校のそばのガラージまでたどり着く・・・・ (そこまでたどり着いたこと自体が奇跡。 非常に危険な状態でした) 




で、何が起きたかというと・・・・ 


なんとディーゼルと普通のガソリンを入れ間違えた〜〜〜〜emoticon-0156-rain.gif emoticon-0180-bug.gifemoticon-0153-brokenheart.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0170-ninja.gif


うちは数年前からディーゼル車なんですよ。 
で、最初にディーゼル車に変えたばっかりの時に、私と一緒にスイスから戻る途中、イタリアの国境手前のガソリンスタンドで、 間違えたことがあるのです!!  でも幸い、その時は、少し入れてすぐ気がついたのです!!  で、パニクって、  でもガソリンスタンドのカフェでコーヒー飲んでいた人が心配してわざわざ出てきてくれて、すぐ後ろにガラージがあることを教えてくれ、そこまで一緒に車を押してくれたのです。 で、2時間くらい? 修理に待ってなんとかそのまま帰れました。 

今の車はディーゼル車2台目でもう、慣れているのでそんな心配をしたことがなかったのに!???

やっぱりkumatoさん、 疲れているのでしょうか!??   しかも今回は、 その後だいぶ走ってしまったので相当車のダメージが大きいに違いません。 っていうか事故とかに繋がらなくって本当に本当に良かった〜〜〜〜〜!!!!    

日曜日にもかかわらず(普通スイスは日曜日は全て閉まっています)たまたまいたガレージの人が少し見てくれて、でも数時間でなんとかなる問題ではないことがはっきりしたところで連絡してきたのです。 
あれだけ帰るのを楽しみにしていたので、kumatoさん本当に落ち込んでしまって可哀想で可哀想で。 

翌日月曜日には修理が終わるかもしれないからそれから帰るというのですが、 そんなこと言ったら実際家で過ごす時間は火曜日一日のみ、 それじゃあ意味がないし疲れるだけだからもうスイスにとどまるか電車で帰ってきたら?と勧めました。  
あまりのショックからか、なんだかうじうじうじうじ悩んだ末、 結局電車で帰ってきました〜〜〜〜!!!emoticon-0134-bear.gif 
この人、電車に慣れていないので、前回電車でスイスに行った時には、買ったばかりの切符をなくしたので、電車で帰るって言っても私は心配で心配で・・・・・・ 笑


でも日曜日の夜の電車は満員で、 ベルンまでは床に座ってきたとか・・・・・・・・ (だからさっさと出て、なるべく早く駅に着いてすぐに電車に乗り込むように急かしたのに〜〜〜〜!!!) 涙    おまけにドモドッソラからもタクシーにスムーズに乗れなくて、だいぶ待たされたとか・・・・・。(電車乗る前に予約の電話を入れとけって言ったのに〜〜〜〜 )  もう踏んだり蹴ったり。

でもまあ、実際車の修理が終わったのは月曜日ではなく火曜日の朝だったので、 頑張って電車で帰ってきて正解だったかも? 

ただ、持って帰るはずだったミルクとかチーズとか、全部車の中に忘れてきちゃったらしくて・・・・・・・冬でよかった〜 ・・・・・





a0278382_04241860.jpg



バーゼルはお天気が崩れ始めたので、 快晴のお家で太陽いっぱい浴びる嬉しそうなkumatoさん。
いや〜 この北ヨーロッパ人(スイスは北とは言えないのですが、kumatoさん野生の人だから?)の太陽への渇望感は普通じゃなく、 十二月だろうがなんだろうが、晴れていればお外で食べたがります。   でも太陽がポカポカだから、確かに気持ちがいい!  
ただスープとか暖かな食事がいっぺんで冷たくなるのが私は嫌いなので、そういう時には嫌だというのですが・・・・





a0278382_04244322.jpg




このスープの器、上からの写真だとちょっとわかりにくいけれど、 足がついたお椀型で、 上の方が狭まっているので、これにさらに蓋をして外に持っていけば普通のスープ皿よりも冷めにくいことがわかったので、 この方法でkumatoさんの希望に添えるように努力しています。 笑 







a0278382_04250527.jpg



それから、よそのお家の柿の実を採るのを頼まれていたので、行ってきました。 何しろ車がないので、kumatoさんは自転車、私は徒歩でえっちらおっちら山を降りて・・・・ 笑
取った半分くらいはもらえるだろう、それで今年も干し柿とかドライ柿とかたくさん作るぞ〜〜 !! emoticon-0165-muscle.gif という期待で行ったのですが・・・・・





a0278382_04252222.jpg



もう熟れすぎてしまっていました。 がっくり
予定としては、 取った柿は車でスイスにいる木の持ち主に運ぶ約束だったのですが、 何しろ車がないのでとりあえず取って来週まで外に置いて保存しておくことにしましたが、 果たして来週、スイスに行く時にまだ食べられる状態かどうか????
今の状態で熟し柿として食べるか、中身を出して冷凍するか、柿酢にするかちょうどいい状態なので・・・・

6箱取ったので、2箱はうち用に持って帰ろう〜〜〜  と話していたのですが、kumatoさんの自転車には乗らず、結局傷のついたものだけビニール袋に入れて柿酢用に運んできました。 

が、帰りはひたすら登りなのできつかった〜〜〜〜   最後は貧血起こしそうになりました。 





a0278382_04254174.jpg



が、このkumatoさんの勇姿を見てください。 この人、自分の体重知らないんじゃないか? といつも不安に思うのですが、 身軽なのですよ〜〜〜   取った柿を受け取りに私も梯子を登るのですが、結構高くて怖いのですよ〜〜〜〜   






a0278382_04125460.jpg





kumatoさん、 春に私が必死で(笑)作った色々なハーブティ、とっても気に入ってくれています。 これはフラワーミックス。  買ったハーブティよりも美味しい! 

でも実は、私はやっぱり、 びわの葉茶とか、 お友達にもらった健康茶とか、これまたお友達にもらったそば茶とかの方が好きなのです。 






a0278382_04262686.jpg




さて、 今回の柿が熟れすぎてしまっていてドライできないので、 貴重なうちの若木から収穫した柿がまだ硬いものがあるので少しだけドライにすることにしました。  日本の干し柿もいつもは60個位は作るけれど、今年は全然できなさそうです。  がっくり。    まあ、去年は、私が二週間くらい、必死で毎日作り続けたドライ柿のは、私が日本に帰っている間にほとんどkumatoさんに食べられてしまったし、自宅用にちょっぴりあればいいかな?   
干し柿は食べたかったなあ。 10個くらいはお楽しみに作ろうかなあ????? 
展覧会がなければ、 もっと早くに収穫を手伝いに行けて、間に合ったのになあ・・・・・ (って展覧会より干し柿の方が大事?????   笑) 


a0278382_04264384.jpg
右のタッパーは発芽玄米。 本当にこの薪ストーブのベンチ、超便利! 




さて、kumatoさんとの夕飯は・・・・・



a0278382_04261582.jpg




車がないと買い物にも行けないので、 一日目はたまたま買ってあった豆乳で作ったかぼちゃのマカロニグラタン(牛乳がもうなかったので)、 二日目は二種類のインドカレー。  この右側のアーモンドとトマトのカレーソースに、たまたま試しに買ってあったサバの缶詰でポルペッタを作ってみたのですが、結構美味しかったです。 これって完全に節約料理? 笑    野菜だけはお買い物に行かなくても豊富にあるので助かります。  



今日は、kumatoさん、 どうしても無視できない用事があったので、なんと自転車でドモドッソラの街まで出かけて行きました。  ドモドッソラまで車で15〜20分の距離です。  行きは下りなのですが帰りが辛い! 
その帰りに、リュックサックに入るだけ買い物をしてきてくれました。  何しろあと4日間、私、野菜しかない状態でしたので・・・・・・ 笑       と言っても問題はミルクだけで、 それ以外はなくても大丈夫なのですが。   ヴェーガンになったら、 ミルクもいりませんねえ・・・・・   
ヴェーガンになる予定はありませんが・・・・・・・  







a0278382_05001143.jpg





今回のスイス滞在では、なんとkumatoさんのお母様が胃腸のインフルエンザで倒れてしまったため、 kumatoさんが看病もしていたので、いつものお母様の作ってくださる美味しいご飯にもありつけず、 ちょっと飢えていたのでしょうか?  お買い物でラムチョップも買ってきたので、 夕食は頑張ってかぼちゃのニョッキを作り、 なんだかやたらに立派に育った青梗菜と、ラムチョップローストにしました。 

電車の時間が差し迫っているので、 夕方6時過ぎからワインと一緒にこんなにいっぱい食べちゃって・・・・・ 笑  



かぼちゃのニョッキ、 なんだか作りすぎたなあと思っていたのですが、久しぶりに作ったせいかとっても美味しくって、 このバターセージソースで一回目を軽くさらっと食べてしまい、 なんと、 作りすぎたから冷凍しておこうと思っていた分( これと同じかそれよりいっぱいあった!!!) を、今度はクリームソースにして二人で全部食べてしまったという・・・・・・・・・・  

絶句・・・・・・・ 

あ、kumatoさん、お肉は写真には写ってませんが、合計3つ食べたのですよ。 笑


ああ、今夜のkumatoさんの電車の旅、 何事もなくゆったり、無事にバーゼルに着きますように。






a0278382_04274762.jpg





今日の夕焼け。あまりに綺麗なので二人でテラスに飛び出して、ずっと眺めていました。


そしたら、kumatoさんがこれを見てこういったのです。

’僕が子供の頃、今の時期にこういう夕焼け雲が出ると、僕のおばあちゃんが、’’クリストキンド(christkind=幼な子キリスト、 天使、神の子) がベーキングをしてるのよ’’ って教えてくれたんだよ〜〜〜〜 emoticon-0134-bear.gif ’ 


小さな天使かキリストが、一生懸命クリスマスのクッキーを焼いている光景が頭の中にパッと浮かんでしまって、なんだかものすごく幸せな気持ちになりました。 













by tomomato | 2016-12-14 05:56 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Trackback | Comments(4)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

春・春・春
at 2017-03-26 17:15
旅に出ていました
at 2017-03-21 23:02
今日この頃
at 2017-03-14 23:47
カーニバル 17
at 2017-03-11 08:33
お久しぶりです
at 2017-03-09 08:35

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

kagikomeさん、 ..
by tomomato at 01:38
poteriさん、 眠い..
by tomomato at 23:11
天国へ戻って来たのね* ..
by pot-eri at 18:40
franさん、帰って来ま..
by tomomato at 15:10
いい旅をされましたね〜。..
by fran9923 at 22:06
poteriさん、 確か..
by tomomato at 23:07
壷の写真、記事を読む前に..
by pot-eri at 17:39
Franさん、このスチー..
by tomomato at 08:27
こんにちは。 私ももっ..
by fran9923 at 20:40
poteriさん、 展覧..
by tomomato at 17:38

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧