カテゴリ:今日の奇麗・うれしかったこと( 39 )

念願のランプシェード 




a0278382_07395417.jpg





kumatoさんがスイスに行く前のこと、お正月明けの4日のことでした。
kumatoさんが、 突然やる気になってランプシェードの紙を貼ってくれました。




参考までに・・・・・・ 
a0278382_07452119.jpg


これはまだクリスマスの時の写真ですが、 クリスマスツリーの後ろにランプシェードの骨組みがむき出しであるのが見えますか?


実はこのランプ、 とっても素敵なのですが、なんとkumatoさんが学校の近くで拾ってきたものなのです。
粗大ゴミに出すために不用品がたくさん外に出されていて、 その中にこれを見つけて持ってきました。
kumatoさん、結構よく道端でいいものを見つけてきます。   こう言う人、 たまにいますよね・・・・

別のお友達なんて、 学生時代の話ですが、 ほぼ全ての家財道具を道で見つけて拾ってきていました。 それが結構素敵なものばかりなのですよ。  今流行りのシャビーシックのタンスとか椅子とか机とか・・・・  どうしてそんなものが道端に落ちているのか、理解に苦しむのですが、 彼女のうちに遊びに行った時に納得しました。  
その界隈では当たり前のようで、 普通に道端に不要になった家具が ’持って行っても良いですよ’ とかかれた紙と共に置いてあるのでした。 (ちなみにドイツ、ハンブルグです。) 朝、登校時に、片手にランプ、もう片手にちいさなティーテーブルを持ってやってきた時には驚きましたが。
その人と道を歩いていると、夜で真っ暗なのに、いきなり あ!! と言って立ち止まり、 側の茂みの中からマフラーを見つけていました。 それは持って行きませんでしたが、 私なんてその存在に全く気がつかないのに、見ているところが違うようです。 
kumatoさんも彼女ほどではありませんが、車を運転していて、 あ!!  と叫んだかと思うと引き返して、 アンティークの机とか椅子とか見つけたりします。 私には視界にも入ってこないのですが。

あ、一応、このランプをゴミに出した人に確認してから持ってきたようです。

それから4、5年経ったような気がします。 
貼る為の紙も日本で買ってありましたが、なかなかkumatoさんのやる気が起きずそのままになっていたのですが、なぜか年が明けて突然やる気になってくれたようです。





a0278382_07401704.jpg

ついに念願のランプシェードが出来上がりました!

作るのにあ〜だこ〜だと話し合っていたので、 途中の写真を撮るのをすっかり忘れていましました。
少し湿らせてから貼った方がピンと張れるという私の意見は却下され、 その結果?、パーフェクトにできなかったのでkumatoさんは納得していないようでした。




a0278382_07400537.jpg


クラッシックなランプシェード、 なかなか良いでしょう?
パーフェクトじゃなくても全く平気。 とても気に入りました。 
骨組みがそのままでずっと気になっていたので、とっても嬉しかったです。
長年やろうと思っていたことを新年早々にやって、 kumatoさん、 きっと良い年になるのではないでしょうか? 

あ、この写真は4日のものなので、まだクリスマスツリーがあり季節外れでごめんなさい。


暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。










第2回プラチナブロガーコンテスト



by tomomato | 2018-01-15 10:00 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(2)

雨の散歩




a0278382_04515734.jpg




年が明けてからずっとずっと雨が続いて、昨日やっとやみました。 






a0278382_04521748.jpg




おとといは、運動不足でもうたまらなくなって、少し小止みになった雨の中、傘を持って長靴を履いて散歩に出かけました。 
これが大正解。  
雨だと全てのものが濡れて、色合いが鮮やかでとても綺麗でした。 草花に滴る雨の水滴がキラキラと光り、 目を奪われました。




a0278382_04523354.jpg



驚いたのは、 覆われていた雪が解けた後の木々は、うっすらと赤みを帯びて、もう春の息吹が感じられることでした。

 


a0278382_04553887.jpg



まだ一月なのに、 ふつふつと大地から上がる樹液の脈動が聞こえるかのようでした。




a0278382_04525202.jpg



降り続いた大雨と、解けた雪が合わさったのでしょう、いつも通る道が川のように流れる水で遮られていました。
本当は、 この道をまっすぐに行けるのですが、 この日は傘をさして長靴でしたし、足元が滑りやすいのでここで諦めました。 
でも、昨日の午後には雨が止んだので、 この川? の中をじゃぶじゃぶと通り抜けて先に進みましたよ。  楽しい! 





a0278382_04530960.jpg





木々の葉っぱはまだ茶色く、枯葉がぶら下がったままなのですが、 十二月と森の気配が全然違うのですよ。
大地からも草からも木々からも、じわじわと力が立ち上っていくような、 そんな感じがするのです。

’新春’ という言葉がふさわしい、そんな雰囲気でした。

それとも、 年が明けて、私の気持ちが新たになったからなのでしょうか?   




a0278382_04544498.jpg




田舎暮らしは、 車での移動が多いので意識をして散歩に出ないと全く歩きません。 できるだけ、15分でも30分でも良いから外に出て新鮮な空気を吸い、歩くように努力しています。    そして歩くと、 やはり気持ちも体もリフレッシュして、自然からたくさんのメッセージをもらえるような気がします。




a0278382_04550457.jpg



見慣れた光景ですが、 写真にとると、美しいなあと改めて思います。






a0278382_04552242.jpg



さて、うちを裏側から見たところ。   足場がとれるのはいつかなあ・・・・・ 

この左の緑のシートのところはうちではありません。 
うちのお隣さんと壁続きの建物なのですが、 残念なことに屋根が崩れ落ちてしまい、そのまま放置してあるのです。 おそらく、 うちのお隣さんが、これ以上崩れて彼のお家に影響が出ないようにシートをしているのではないかと思います。  けれども本格的に何かをしない限り、シートは風や雨ですぐにダメになってしまうのですが・・・・。    
うちの裏のベネチア通りと呼んでいる通りの家々も、いくつか新たに屋根が埋没してしまった所が出てきて、 本当に、 本当に残念です。
 



a0278382_04555289.jpg
   


今日は、本当に久しぶりにお日様が顔を出してくれましたので、 これまた久しぶりに庭仕事をしました。 

ああ、 やっぱり晴れると気持ちがいいですね!!  





暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。








第2回プラチナブロガーコンテスト


by tomomato | 2018-01-12 04:12 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(4)

kumatoさんの週末とバラとキショウブの庭 



a0278382_16214104.jpg





金曜日の朝、kumatoさんが家に帰ってきた時には、 まるでkumatoさんのためであるかのようにお天気がよく、 お庭が輝いていました。





a0278382_16205945.jpg




プレゼントとか、お土産とか全く苦手なkumatoさん。  珍しく(っていうか初めて?)私のためにお土産を買ってきてくれました。
帰る途中ヴァリス地方を通り抜けてくる時、 朝食のクロワッサンを買ったついでに、エンガーディーナトルテとビルネンブロートが目に入ったようで。
嬉しいなあ。



a0278382_16211279.jpg



激動の1週間を終えて、 日向でのんびりするkumatoさん。
久々の晴れの日だったので、私も満喫しました。 晴れると幸せ感が倍増しますね。




a0278382_16212515.jpg
a0278382_16215513.jpg



お庭のバラも次々と花開いています。  今年はkumatoさんが一人で剪定してくれたのですが、どういうわけか短く刈り込んでしまったところが多く、 なんだかとても不恰好な咲き方をしているところが多いです。 が、任せてしまったので文句は言えません。 





a0278382_16220902.jpg


敷地のあちらこちらに植えているキショウブも満開です。 
元気がでるキショウブ。 アイリスも満開です。 




a0278382_16232816.jpg



あとは、美女ナデシコ。 
美女ナデシコ、 数年前にkumatoさんのお母様のお庭から数株いただいたのを植えていたのですが、二年くらいしたら無くなってしまいました。 その時にとってあったタネを昨春、セットに植えてみて残りは適当に花壇に蒔いてみたのですが、 ほぼ発芽率100パーセントですごい勢いで発芽してしまいました。 特に花壇にタネを試しにバラマキしたところは密集して生えてしまい、 処置が大変。   しかもその年には花開かず、 どんどん葉っぱが展開して株が大きくなっていくのみで去年は寂しい緑の花壇でした。   kumatoさんは私が一体何を植えたのか? と不審そうで肩身が狭かったのですが、 





a0278382_16362571.jpg





今年、敷地のありとあらゆるところで数百本以上花開き始めて、 とっても綺麗です。  全部開いたら壮観だろうな〜。 ただし、他の宿根草を圧迫してしまうほどに成長してしまったので、 花が咲いたら数カ所刈り取らないといけません。 時間はかかるけれどこんなに簡単な花があるなんて! 喜  

古いタネがまだ残っていたので、kumatoさんと、これはグランドカバーにちょうどいい植物だよね、と適当にばらまいておりましたら、 またすごい発芽率で芽が出ています。



a0278382_16221945.jpg



実はkumatoさん、 今週いっぱいスイスで授業があり(土日も)、そして来週の月曜日に手術を控えているのです。 (手術は、 それほど複雑な大変なものではなく、 入院も無事に行けば一日、あるいは数日ですみそうです。) 
その後は暫くの間5kg以上のものを持つことができない、もちろん無理もできないので、この週末は必死で畑仕事を終わらせていました。




a0278382_16234219.jpg


幸い、土曜日は雨が降ってくれまして・・・・・・ なぜ幸いかというと、 そうでなければ働きづめになって疲れ過ぎてしまうであろうことを心配してしまうほどでした。 

本当は、日曜日の夜にスイスに発つはずが、やはりとても疲れてしまったのでゆっくりとお風呂に入って早めに寝て、今朝4時半に起きて出発しました。  前日にスイスに行って一晩ゆっくり寝て仕事にいくほうが疲れないと思うのですが、 お家大好きなkumatoさんはなるべく長く家にいたいようです。




一日目は、ラムカレー、
二日目はカツオが珍しく売っていたのでカツオのグリルステーキ。



a0278382_16224673.jpg
a0278382_16225641.jpg
 


イチゴのカプチーノ。 



a0278382_16231417.jpg



いつものようにサワードウのパンとクラッカーを作りました。
このパン、 アインコーン(一粒小麦)という最も原種の古代小麦を使いました。 

ところが!! 最近調子が悪いなあとは思っていたのですが秤が壊れていたらしく、 水の量が全然違ったのです!。 私は寝起きだったのでぼーっとしていて、なんかおかしいぞと思いながら確認せず、 ザザーっと測った水を入れて粉を入れたら、 ゆるゆるどころか流れるような溶けたアイスクリーム状態になってしまいました。 焦って、 適当に粉を入れたのですが全然足りなくて、 扱える生地になるまでどんどん入れたので(塩もだいたい足して)巨大なパンになってしまいました。 アインコーンと小麦全粒粉が合わせて70%以上な上、加水量がまだレシピ以上の柔らかい生地なので見事なお座布団に! 
でもまあ、切ってみたら加水量がギリギリなだけに気泡が大きな美味しいパンになりました。  アインコーン、高いのですが結構風味のある美味しいパンになりました。 






a0278382_16594448.jpg


お座布団と、 マーケットで買ってきた美味しいチーズたちで昼食。^ー^ 


a0278382_16575730.jpg



コボレダネのカモマイルが咲き始めましたよ。
今まで誰かさんのせいで、コボレダネで何かが育つということはほとんどなかったので、今年はパラダイスです。
カモマイルも、シソも、エゴマも、ディルも、コスモスも、キバナコスモスも、 その他諸々も勝手に生えてくれる!!! 

セットで作ってしまったものもあり、余った苗を一体どうしましょう? マーケットに行って売るか?? 笑

そういうわけで、気を良くして、 あちらこちらにタネを直播しています。  普通はある程度大きくなった苗を植えないと一発でやられてしまうので、
苗を育てて植えていて、それでもかなりの数をやられてしまうので大変なのです。

kumatoさんも、すごい量のかぼちゃの苗を作って植えていますが、 普通はそのうちのいくつかが生き残って、それでも余るほどのかぼちゃが収穫できるのですが今年は一体どうなることでしょう?   楽しみでもあり、怖くもあります。    

   






by tomomato | 2017-05-08 17:17 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(2)

夏の思い出 1



a0278382_14575357.jpg




この夏は、 全く休暇はなく’働く夏’だったのですが、 働きながらもちょくちょくいろいろな楽しいことがありました。







a0278382_14553419.jpg




kumatoさんが、’岩’ ’山’ をテーマにして絵を描いておりましたので、 近所の山や岩のあるところにちょくちょく出かけ、 






a0278382_14580465.jpg



気持ちの良い自然の中で過ごすことも何回かありました。 


a0278382_15065083.jpg
a0278382_15061013.jpg





私は全然違うことをテーマにしていたので、 どうも写生には身が入らず、 フラフラ自然を楽しんでいたので休暇のようなものだったかも?? 





a0278382_15062835.jpg
a0278382_15064178.jpg




性格的に一つのことに集中するタイプなので、 フラフラよそ見ができないところが私の強みでもあり、弱みでもあります・・・・・







a0278382_14510104.jpg
a0278382_15190857.jpg



夏は、毎日野菜もバンバン取れて、 kumatoさんが畑から毎朝持ってきてくれる、この美しいつやつやした野菜の姿を見るだけで、幸せな気持ちに溢れ、 元気になりました。




a0278382_14581510.jpg





ぶどうもたくさん取れました。 そろそろ本気でワイン造りを考えないといけません。 そのような時間が出来てくるのかは???  


保存食も今年は結構頑張って作りましたよ〜〜   棚がいっぱいになってしまって、これ以上はちょっと作れないな、と思ったところで急に秋になり、 ちょうど良かったです。 笑




a0278382_15022330.jpg





畑も、 夏野菜から冬野菜へ少しずつ移行しています。 去年植えた三浦大根の種を採取したので、種まきの準備をしているkumatoさん。  

秋冬野菜は、植える時期によって全く結果が違ってくるので、遅すぎず、早すぎず、 結構気を使うのです。 

九月に入ってからもしばらく30度以上の気温が続き、数週間雨も降らずで今年の夏はうちの庭畑は大変だったのですが、九月半ばに突然雨が数日降ってそのまま気温が下がり過ごしやすくなりました。 


a0278382_14515086.jpg



今年初めて植えたマリーゴールドの一種。 普通のマリーゴールドは、私もkumatoさんも今ひとつ好みではないお花なのですが、畑の線虫退治のために根菜と一緒に植えています。  
今年、このマリーゴールドの種を見つけたので買ってみたのですが、 これが可愛い可愛い。 
来年からはこれだけ植えてみようかな? しかもお花が食べられて、 美味しいのですよ!
真夏の暑い盛りにも元気いっぱい、 気温が落ちてきた今もどんどん花を咲かせてくれる世話知らずのお花です。

(あ、ただ、マリーゴールドはなめさんの大好物ですので、最初のうちはかなり大変でした。 汗) 

可愛くて美味しい、 2度嬉しいお花です。 





夏の出来事を振り返りながら、だらだらと書いているので、 今日はこの辺で・・・・・
テーマなくてんでバラバラになるかと思いますが、たまにはいいですよね? ^ー^     
 











by tomomato | 2016-09-27 15:36 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(12)

まだまだ夏盛り




a0278382_04384557.jpg



秋の気配が近づいている・・・・ な〜んて思ってたらとんでもありませんでした。
また暑さがぶり返し、ここのところ30度を超える毎日で、 暑い暑い。 雨が降らないので地面がカラカラに乾きお花も枯れてきています。   





a0278382_04413830.jpg



必死の水やりの成果か、 クレマチスがまた咲き始めました。 今年買った新顔です。


a0278382_04415658.jpg




コスモスもあちらこちらに咲き乱れてくれていますよ。





a0278382_04425651.jpg



トランペットフラワー   植木鉢で全然成長しないので、地面に植えたら一気に大きくなって次々お花をつけてくれました。 でも冬には掘りあげないといけません。

春に頑張った甲斐があって、真夏の熱いときでも、お庭はお花であふれています。   
蚊さえいなければ本当に天国なんだけれどな〜〜   お庭に出る時には長袖長ズボンに長靴、 それでも顔とか手とか、露出しているところを刺されるのです・・・・ 今年は特にひどいような気がします。やはり暖冬だったせいかもしれません。   






a0278382_04431187.jpg

kumatoさん、 ここのところ毎朝、久しぶりに大きな石と格闘しています。





a0278382_04432176.jpg



ビオトープにする予定の穴をきれいにしてみたら、底は粘土質の土。 それを苦労して掘り出したら、こんなに大きな石が出てきました!!
一人でこれを出すつもりでいろいろ工夫していますが、まだ成功していません。 kumatoさん、いつもいつも本当に働き者! 035.gif





a0278382_04434625.jpg





あまりに雨が降らないのでバナナの木も枯れてきてしまいました。 せっかくお花が咲いて、実も黄色くなりかけていたので、今年こそバナナが食べられるかと思ったのですが、 全て干からびてしまいました。 残念。 
黄色くなってもきっと美味しくはないんじゃないかとは思うのですが、ものは試し、でしょう? 

枯れてしまった茎を切り落としました。 バナナ、こんなに太い茎だけれど、 茎はネギみたいに葉っぱが凝縮したもので、 繊維の層が何層にもなっているのでとても軽く、簡単に切り落とせるのです。  知らなかった。
この繊維を使って、 いろいろな工芸に使えるらしい。   研究の余地あり。








a0278382_04420787.jpg
a0278382_04421739.jpg


ある日の夜ご飯。 kumatoさんのたっての願いで、うさぎの肉の照り焼きをしました。 そしたらなんと、それが本当に美味しいのだそうです。 こんな美味しいうさぎの食べ方はない! 一番美味しい! とまでkumatoさんは言うのです。 おまけにチキンよりも美味しいのだそうです。 本当だろうか? 
私は生まれてこのかた、うさぎを食べたことがないので料理はするけれど味が想像できない・・・・・  うさぎのシチューは(イタリアン)しょっちゅうして、十分美味しそうなんだけれど、 照り焼きに負けるとは・・・・・





私のお皿にのっている海苔を巻いたもののはおから餅。 




a0278382_04422865.jpg


ひよこ豆のお豆腐をつくってみたのです。 (上にかかってるのは、育ち過ぎた三つ葉をさっと茹でたもの。 初めて育てたので収穫の適期を逃しました・・・・ごわっとするので、刻んだ次第)  ひよこ豆のお豆腐、 初めて作ったのですが水分がちょっと少なすぎゴワゴワした感じ。 茹で方も甘かったかも。 次回は水分を多くしてツルツルのお豆腐を作りたいです。  ただ、加熱はできないそうで湯豆腐はできないのです。 残念。
  
その余ったおからでおから餅をしたのですが、 kumatoさんにはこちらがバカ受けでした。  きっとおしょうゆ味が好きだからだと思います。  和風ファラッフェルという感じなのかな??? 




さて、 ぶどうジュース鍋に続いて、 外国からのお取り寄せ第二弾がちゃんと届きました。 2回とも同じ人が届けてくださったようですので、このキャリア➕この人だったらきっと大丈夫なのかも。 
こんなにスムーズに注文したものが来たのは初めてなので、感動すら感じます。  日本だったら当たり前なのにね〜 笑


中身は・・・・





a0278382_04435884.jpg





サワードウのパンの本 


を注文したつもりが全然違う美味しそうなお菓子やお料理のレシピ集が入ってた・・・・・アメリカの有名なカフェのレシピ集なのですが、そのシリーズ3冊とも一気に大人買いしてしまったものですから・・・・・・一応アマゾンで目次も見たつもりだったのですが、思わずサワードウ熱に浮かされてぱっぱとクリックしてしまって・・・・・・・ 012.gif 

最近バターやお砂糖を使ったものは避けるようにしているのに、 その間違った一冊にはそういう美味しそうなレシピがい〜〜〜〜〜っぱいで・・・・・苦笑


目の保養にします〜〜〜

レシピの本はもう買わないようにしようと決心したはずなのに、 やっぱり増えていきます。 実際、最近はネットで色々と見られるから、 あまり読まないのですけれどね、 ついつい・・・・・・・  
昔から本はだ〜い好きだったものですから・・・・・・ 持ってるだけで嬉しいの。   (大人買いの言い訳)   



a0278382_05400390.jpg



これはサワードウ、全粒粉50パーセントのパン
一回目は気温が突然低くなった日で、発酵全然しないのに無理やり先に工程を進めてしまい(いつもこの間違いをします。 懲りない) 悲惨な結果= 平たいパン ができてしまったので、リベンジしました。 




a0278382_05393231.jpg
全粒粉50パーセントでこれだけ気泡できるのなら、 大満足かも。 
kumatoさんたら、

’このパンがいい、最高!! もう実験・練習しなくていいから、このパンだけ焼いて〜〜〜!!毎日このパンがいい〜〜 035.gif


と言ってくれたのですがね、 これは実は褒めているのではないと思う・・・・
どんどん新しいレシピを実験して、成功するまでやるので、失敗作を食べるのがおそらく嫌なんだと思う・・・・
おまけに、失敗するたびに私が大騒ぎをして落胆するので、 それが嫌なんだと思う・・・・

kumatoさんは優しいからいつも美味しいよって言って食べてくれるのですがね。  

サワードウは、結構時間的に手がかかるので、kumatoさん、面白くないらしい。 
うちのサワードウの名前は  TOMATOちゃん。  
私がパンを焼く日はTOMATOちゃん、TOMATOちゃんって言ってかかりきっているものだから嫉妬するんですって 笑 






さて、話変わって暑い時に体を冷やしによく行くうちの近くの川 

(車で十分 歩いても自転車でもきっと行けるけれど、帰りはずっと登り・・・・)


a0278382_04445643.jpg






a0278382_04441709.jpg
a0278382_04442864.jpg
水着姿特別公開 笑




お水は、とってもとっても冷たいのです。 体が熱いだけに余計に冷たく感じるのですが、この後熱々に焼けた石の上で’岩盤浴’ をして、 それを何回か繰り返すのがすっごく気持ち良いのです。  



後、何回行けるかな〜? 

蚊がいなければもっとずっと夏でもいいんだけれどな〜 





















by tomomato | 2016-08-27 05:33 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(12)

バラを買いに




a0278382_04314833.jpeg




木曜日、金曜日とスイスに行ってきました。 今回の目的は、ドイツのバラ園にバラを買いに行くことでした。

過去記事参照  
        **



このバラ園は、広大な敷地にイングリッシュガーデンが造られていて、バラをはじめとした様々な植物が植わっていてとにかく素晴らしいのです。
本当だったらば毎年、毎季節におとずれたいところなのですが、 なかなか時間がなくていけませんでした。 今回もkumatoさんの忙しいスケジュールの合間をぬってなんとか行くことができた・・・・ という感じです。

バーゼルからは車で30分位内で行くことができ、 かなり便利なのですが・・・・・






a0278382_04315520.jpeg




今年は、ドイツも5月の気温がだいぶ低かったようで、最盛期はまだまだという感じでした。  せっかくのバラは今ひとつというところでしたが、他の花々が咲き乱れていてやはりとても気持ちの良く、素晴らしいガーデンを楽しむことができました。  前回よりもさらに広くなっており、さらに大きくしている最中のようでした。  おまけに今回は、何組か団体さんにも遭遇しました。   あまり天気の良くない日でしたし、 最盛期前というのに結構人は来ていて、 最盛期の土日はきっと大賑わいになるのではないか? と思われました。






a0278382_04321811.jpeg
a0278382_04323620.jpeg
a0278382_04325112.jpeg




見事なまでに手入れされていて、 いったい何人のガーデナーがこれだけの広大な敷地を整えているのでしょうか? うちの草ボーボーの庭のことを考えると、 途方もない量の仕事に頭が下がります。




a0278382_04331537.jpeg
a0278382_04333116.jpeg





今回は、お花が大好きなkumatoさんのお母様もお誘いしました。 バラがイマイチだったにもかかわらず、とっても喜んでくださって嬉しかったです。

まず入り口を入ってすぐにショップがあるのですが、そこの苗売り場でもう私もkumatoさんのお母様もストップしてしまって、 これがいいね、あのお花はこうなのよ、などとお話を伺いながらkumatoさんに促されるまで色々とお話に盛り上がってしまいました。  幾つか選んで、リザーブしてもらってやっとバラ園に入ったのですよ。 お花好きの人と行くとまた一段と楽しさが増すものですね。



a0278382_04334639.jpeg
a0278382_04335420.jpeg
a0278382_04340834.jpeg

a0278382_04342202.jpeg



ね、バラが今ひとつでも、多彩で飽きないでしょう???? 





a0278382_04343413.jpeg
a0278382_04345027.jpeg




前回は、バラを見ながらこれを買おうか、あれを買おうかと物色しながらだったので、 お庭の中を歩くにもものすごく時間がかかりました。 今回はあまり咲いていなかったので、 純粋にただ楽しみ、 お庭の作り方などをじっくり見て、お母様と一緒だったので時々ベンチに座って休んで、のんびりしました。




a0278382_04363832.jpeg
a0278382_04365319.jpeg
a0278382_04370974.jpeg
a0278382_04373321.jpeg



kumatoさんは少し疲れていたようで始終あくびのしっぱなしで、かわいそうでした。 朝学校があって、 夜もまた夜のコースがあるのでその合間をぬ
ってのお出かけだったので仕方がないのですが・・・・・(kumatoさんは、学校が終わるとすぐにイタリアのお家に帰りたいので、余裕を持った日程を絶対に立てないのです。自業自得!??? 035.gif) 





a0278382_04380132.jpeg
  
a0278382_04381136.jpeg
a0278382_04382361.jpeg


 
今回は、前もって欲しいものを調べてから行くつもりだったのですが、 ここのところ忙しすぎてちゃんと調べる時間もなく、 幾つか候補をかろうじてリストにして持って行きました。 これが、目的のものを探すのが大変なのですよ。売り場も広大で、種別、アルファベット順に置いてあるのですが、 一つ一つリストと写真を見て見つけるのが結構な苦労、 お店の人がいれば、すぐに教えていただけるのですが、いつもいらっしゃるわけではないので自力で探さないといけないのです。 前回もそうだったのですが、行ったり来たりして探すだけで一時間以上かかりました。    
幾つかを見つけることができたのですが、ちょうど売れ切れてしまったものもあるので、 それはネットで予約して秋に手に入ることになりました。
うふふふ、 これで秋にも来ることができる! と喜んでいたら、kumatoさんたら、


’ ネットで注文したらスイスまで送ってくれるんだってさ〜〜! 035.gif ’



だって.... え〜〜〜 そんな野暮な!???   それはいやだ〜〜〜〜 !!007.gif 



こんなに近いんだから取りに来たいですよね〜??? 



お買い物が終わった後、 前回来た時に、 ちらっと見かけて、絶対に行きたかったのに閉店時間ギリギリになってしまい諦めざるをえなかったティールームに行きました。


というのは、外のテラスでお茶をしている人たちが、これをしているのを見てしまったのです。

そう、これとは・・・・




a0278382_04383869.jpeg



じゃ〜〜〜ん


イングリッシュ、ハイティー063.gifです!!!067.gif

a0278382_04384996.jpeg




私はイギリスとスコットランドに住んでいたことがあるので、何回か体験済みなのですが、kumatoさんとお母様は初めてだそうです。  イングリッシュハイティーをするには予約をする必要があるので、(それ以外のケーキとお茶単品は必要なし) 前日から私が予約のことで大騒ぎをしていたら、kumatoさんは高いし何も予約までして・・・・・という感じで冷ややかだったのですが、 実際に目にしてホクホクしていました。035.gif 笑



a0278382_04391041.jpeg


スコーン用のコーニッシュクリームと苺のジャムとマーマレード。
コーニッシュクリームにしては、やけに白かったのでこれはサワークリームか?




a0278382_04390331.jpeg




可愛い一口ケーキ






a0278382_04385651.jpeg



サンドイッチ



これに、お茶がポットできます。

3人で二人分のハイティー、プラス一人分の飲み物とスコーンを一つだけ追加したのですが、十分すぎるくらいでした。  ティーポットは、 一つ分で何と10杯くらい入るのです。  お茶は、バラのお茶だけで十種類くらいあり、他にも色々な種類の紅茶や緑茶などがあり選ぶのに困りました。 散々迷って結局選んだのはアールグレイ とコーヒー。 つまんな〜〜〜い。  笑

私は朝からこのために、 クロワッサン一つしか食べていなかったので、 十分楽しみましたよ〜 
kumatoさんもサンドイッチ一つでお昼を済ませたので、 たっぷり・・・・
お母様は、お昼に散々注意したのにもかかわらず、 パン屋さんで甘い菓子パン二つ買って召し上がっていたので、サンドイッチとスコーンでギブアップでした・・・・・・ 




a0278382_04391880.jpeg



インテリアもイギリス風、 食器もバラです。 もう3人でイギリスちっくな優雅な気分に浸りましたよ。
たまにはこういう気分転換も必要ですよね???   

ティールームはそれほど大きくないのですがテラス席が広く、おまけに今年は外に大きなテントがあって、そこでお茶ができるようになっていました。やはり最盛期はものすごい人なのだと思います。






a0278382_04392864.jpeg



今回も幾つかをお持ち帰り〜〜〜。 

次回に手に入れる候補も幾つかもう決まっているので、今からワクワクしています。

が・・・・その分仕事が増えるってことなのですよね・・・・・
今、うちはバラの真っ最中の季節なので、 今までの苦労も忘れて嬉しくて嬉しくて、つい盛り上がって買ってしまいましたが・・・・・・・・・汗


育てやすく強いバラを選んだつもりですが、無事に育ってくれるかなあ・・・・・



でもね、 バラはね、滅多に なXXXにはやられないのですよ・・・・ ふふふふ  笑 
うちの庭にはぴったり????    ま、他の虫に食べられちゃうのですがね・・・・  











by tomomato | 2016-06-06 06:22 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(8)

春の裏山とベアラオホニョッキと




a0278382_15073066.jpg




 
毎朝、目が覚めると向かいの森の緑が前日よりも一層濃くなっていて、春の命の力の勢いに感嘆します。

ようやく長い雨がひき、晴れ間が出るようになりましたのでkumatoさんも私も庭仕事に精を出していました。 特にkumatoさんの頑張りようはすごかった。 すごかった・・・ というのは昨日、再び学校が始まったので、スイスに出かけたからです。

まだまだ庭は手がついていない部分も多く、 そこは雑草地帯となっているのですが、少しずつ増えた花を移植したり新たな植物を買って、整えています。 
すべて整うのは一体いつのことか???  








a0278382_15091362.jpg




そんな忙しさに追われているうちに、 一週間前のお散歩の写真を撮っていたのに、 放置してしていました。 









a0278382_15132197.jpg




裏山の山桜が本当に美しく、 すべてが霞に包まれたような雰囲気で幻想的でした。








a0278382_15133942.jpg





雨が上がった夕方の一瞬でしたので、光のせいもあるでしょうが、 もやがかかったような神秘的な雰囲気でした。






a0278382_20401451.jpg






今はもう、緑に一層力がまして、春まっしぐらの様子になっています・・・・・ この一瞬一瞬の自然の変化の様子を味わうことが出来る喜びを感じています。 





a0278382_15124502.jpg



かすかな、けれども確実な甘い香りをとらえようとする子・・・・・・ ^ー^







a0278382_15121312.jpg




ベアラオホ(ギョウジャニンニクみたいな山菜)が今、たくさん生えていますので、 ニョッキを作りました。
ここで、おかしなことが・・・・・!

せっかくベアラオホがあるし、もしかしたら ニョッキにしたら美味しいのではないかしら? とある日思いつき、 ベアラオホをとってきました。 
この時点で、私はそれが新しいアイディアだと信じて疑っていません。 ほうれん草のニョッキのレシピをベアラオホに置き換えれば良いだけだわ! と我ながら新しい思いつきに感動していました。 

で、 念のためにグーグルで ’ギョウジャニンニクのニョッキ’ と検索・・・   



え?????005.gif 


な、な、なんと、 一番最初に出て来たのは、 私自身のブログだった〜〜〜〜!!!!??


ちなみにこの過去記事です。



実は前にも作っていたらしい。 そのことをすっかり忘れて、新たなアイディアにほくほくしていたという・・・・・・ 呆 


冷蔵庫に皮を剥いて水につけていたジャガイモがあったので、 茹でてから皮をむいたジャガイモ(レシピによる)よりも水分が多く、成形が大変だったので大きめになりましたが、 と〜〜〜っても美味しかったです。 

季節の物を頂くのって、幸せ!




a0278382_15122569.jpg



kumatoさんがスイスに行くので車中のサンドイッチ用にパンを焼きました。

やっとなんとかクープが開いたバゲット・・・・・   

前回は、コッペパンの様にのっぺりで、気泡も詰まっていたのです。 kumatoさんに、 





’ あの〜〜 こちら、実はグープないけど、 一応、バゲットなんですけど・・・・’ 012.gif





と告白したら、 kumatoさんは大笑いして、フランス語で、


’ハイ アナタハ バゲットサン デスネ?  ボクハ クマトサンデス ドウモ ハジメマシテ035.gif ’    



だって〜  笑  

何を作っても美味しいと言って食べてくれ、文句は絶対に言わないkumatoさん・・・・・   助かるわ〜   




    






by tomomato | 2016-04-11 15:45 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(4)

三寒四温から二寒三温くらいにはなったかな? 

a0278382_01311862.jpg


本当は、一昨日ブログをアップしようと思っていました。気持ちよく晴れて、お庭の写真を撮りたくなったからです。




a0278382_01335927.jpg



いま、敷地のあちらこちらにクリスマスローズが咲いていて、昨秋kumatoさんのお母様から分けていただいた株を植えてそれも順調に育っていて、将来クリスマスローズにあふれる初春になりそうな予感。 



a0278382_01350870.jpg



大好きなクリスマスローズ。 







a0278382_01333181.jpg




そして、アップリコットやプラムや桃の花も満開で、 お花見し放題、素晴らしいです。

でも桃がまた、一本お亡くなりになりました。  昨年の今頃、kumatoさんのお父様が亡くなられてばたばたして、病気予防のお世話を出来なかったのです。
年々弱って行っていたところで最後のチャンスを逃し、ついに今年は芽を出しませんでした。 縮葉病、恐るべし。  
私の大好きなぺっちゃんこの形をした実がなる桃の木は、ついにすべてダメになりました。  前住んでいた家にある私が植えた同じ桃の木は元気で、毎年たくさん実を付けてくれているというのに。  あれは植えたときからとても強い木で、翌年からぐんぐん伸びていたのです。 つれて来れるなら連れてきたかったのですが、余りに元気なので引き抜くのがかわいそうなので置いてきました。  無念。    
 
お友達のところにある強い筈の野生の大きな桃の木も、去年、おそらくたち枯れ病である時突然枯れてしまいました。 桃はとっても繊細です。 

木が亡くなるって、とても悲しいことです。 なんとか私たちの方法を見つけて守って行きたいです。 





a0278382_01315190.jpg
 




水仙が素晴らしい。(後ろ姿だけれど)





a0278382_01322206.jpg




何もしなくても勝手に増えていってくれるお花・・・・・ 大好き 笑 





a0278382_01331334.jpg


そして、あちらこちらに植わっているローズマリーも満開で、お天気の良い日にはハチがたくさん来て蜜を集めています。





a0278382_01343902.jpg



その足下にはプリムラ。 プリムラを敷地中に増やしたいです。 






・・・・・・・・・・・




という感じで春のご報告をしようと思っていた訳ですが、 何と昨日は・・・・・




a0278382_01353598.jpg




また・・・・・・・






a0278382_01525835.jpg






雪〜〜〜〜〜〜〜〜〜



せっかく春になったと思っていたのですが・・・・・  今、雪に降られたら、 アップリコットや桃やプラムの花が落ちて実がならない!!! 
ハラハラしてしまいました。 


一日中降り続けましたが、 湿った雪なのか積もることはなく、今日はまた肌寒いとは言えよいお天気でした。 
三寒四温とはよくいったものです。 でも少し暖かい日の方が増えたかな? 





オマケ
a0278382_01480597.jpg




私のこの時期の大・大・ 好物は、カーボデネーロのお花(つぼみ)です!!!
カーボデネーロ自体も結構好きなのですが、お花はあのごわごわとした葉っぱからは想像できないほど柔らかで風味がありとっても美味しいのです。
お店では絶対に売っていない物ですが、この美味しさを知ってからはこれを楽しみにカーボデネーロを植えると言う・・・・本末転倒!??? 
二ヶ月半も留守にしていたので冷凍庫の中をもう把握していなかったので、 整理をしていたらチェリートマトを発見!  ささっと一緒に炒めてソースにしました。  ブロッコリーよりもおいしいと、私は思っています。

籠一杯とって、よく洗って冷凍庫に保存しました。 



明日から数日スイスに行ってきます。 kumatoさんの学校の学期末発表会があります。 


皆様も不安定な天候のなか、どうぞどうぞお体ご自愛下さいませね。 









 

by tomomato | 2016-03-18 02:21 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(6)

今日はひな祭りでしたが





a0278382_21555052.jpg




忘れていました、 この山のおうちのネットの遅さ・・・・・
今日は特にひどくて、更新するぞと色々と写真を撮っていたのをpcに取り込んだのですが、全然ダメ〜〜〜〜 いらいら〜〜 



毎朝目が覚めて窓に目をやると、 目の前の山の雪の斜面に朝日が射して金色に染まっています。
テラスに出ると遠くの山々も白く輝いていて、 嬉しくなります。  
こういう景色を毎日見られて、 良い空気を胸一杯に吸って、 なんて贅沢な暮らしだろうと改めて思います。  




a0278382_21563059.jpg





kumatoさんが剪定したアップリコットの枝を家のあちらこちらに生けてくれていました。
満開になって華やかなこと!   そうだ、今日はひな祭りでしたね。  
母は、桃の枝を数本買って生けたと言っていたけれど、一体、東京ではいくらするのかな? と思わずせこいことを考えてしまいました。




a0278382_22054840.jpg


ネットが遅くても文句は言えないか? 





a0278382_22061843.jpg




今回は、日本での滞在が長かったせいか、 帰って来てからの数日は天気が悪かったせいか=太陽に当たらなかったせいか?、
時差ぼけがひどくて参りました。 やっと昨夜あたりから普通に眠れるようになりましたが、 夕方には睡魔に襲われています。 足下がふらついて歩けないほどでしたよ。    





a0278382_22101539.jpg




でもちゃんとご飯作りは頑張ってます・・・・・



a0278382_22111683.jpg




てんこもり・・・ ラムチョップロースト、ロマネスコのドライトマト和え、 ポテトチーズロースト。 ラム肉さえあればハッピーなkumatoさん。





a0278382_22193163.jpg




暖冬も手伝って、 野菜が取り放題、 新鮮なお野菜にあふれています。 




翌日は余ったラムローストを細かく裂いてキノコのクリームソースで煮込み、冷凍庫に入れてあった手作りパイ生地に包んで小さなパイを作りました。  

さらにその翌日のランチは、その余ったキノコのクリームソースでパスタ。 

毎日ラム肉食べててもいいんですって!?  



a0278382_22123428.jpg
a0278382_22223897.jpg



この日の昼はサラダをたくさん食べて軽く済ませようと言ったのに、しっかり薪ストーブでラクレットしてる人がいる・・・・・ 









a0278382_22120970.jpg




昨夜はカーボデネーロのお花がたくさんとれたので、 エビと一緒にチリソースにしてみました。 
左に見える黄色いものは、 日本から持って来た沢庵。 
kumatoさん、沢庵の味にはまってしまいました。 塩分多いからたくさん食べないように言いましたが、凄い勢いで食べてた〜〜。 

お米はイタリア米・・・・・ 日本で最高に美味しい日干し米を頂いていたので、その差にがっくり・・・ 
ちゃんと玄米を用意しないと・・・・・(その方が美味しいです)



今晩はキムチ鍋の予定・・・・  らくちんらくちん・・・・・・ 笑    



  





by tomomato | 2016-03-03 22:31 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(6)

旅立ち





a0278382_02455716.jpg






今日は地味な写真をちょっとだけ・・・・うちの壁の中に巣を作っていた鳥さんたち・・・・ 朝から晩までせっせと両親が食べ物を運び、 子供が大きくなると食べる量が増えるからでしょう、 その頻度がますます増し・・・・・・  








a0278382_02460989.jpg






ある日、 やたらにぴーぴー言ってるなあ、 また猫が来たのかしら? と思って外に出てみると、 何と!!!  子鳥が旅立ったようです!!!


それからが大変、  


どうやら飛び立ったのは6羽のうち2羽だけ。  おそらく強い二羽が餌を自分達だけ食べて大きく成長し、さっさと旅立ったのでしょう。 親鳥は、飛び立った子供達のお世話と、 巣に残った子供達のお世話に一日中てんてこ舞いでした。  一匹はリビングの入り口の外の階段石の後ろに隠れて休んでしまい、 ほかの一匹は近くの木の上に・・・・  お父さん鳥とお母さん鳥が手分けしてその二羽の行方を追い、 独り立ちするまで餌を運んでいました。 お庭のあちらこちらで親鳥がぴーぴーと子供を呼び、 子供がちっちと答える声がして騒がしい・・・・・


で、合間をぬって餌を巣に残った残りの四匹に運んでいます。  




a0278382_02462489.jpg





ここ数日、 親鳥は巣に残った4羽を促すように、一日中外からぴーぴーと遠くから、あるいは巣のすぐ横で声をかけています。 餌をやる時にも、もう、巣の中には入らずに外から渡しているようです。 親鳥がいない時に巣の中をのぞいてみると、昨日はまだ4匹半分眠ったような子供達がいたのですが、 今日は巣の奥の方に2匹だけいました。    後何日で全員旅立つのかな?  


それにしても、 巣ができてから親鳥の献身的な育児には本当に胸が打たれました。 一日中休む事無く餌を探しては運び、 何とその際に巣の中の子鳥達の排泄物をお掃除して外に運びだして行くのです。  

そして巣立ってからも独り立ちするまで、すべての子供達に気を配り、励まし、 助け・・・・・・  


凄いなあ・・・・・・ 



皆がいなくなったらきっと寂しくなるな・・・・ 










by tomomato | 2015-05-31 03:02 | 今日の奇麗・うれしかったこと | Comments(10)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧