2018年 01月 13日 ( 1 )

新春の初庭仕事 1




a0278382_02164317.jpg



昨日、今日と見事に晴れました。 
色々としないといけないことはあるのですが、 このお日様の誘惑に勝てるわけがありません。

実は、庭の片付けをしなければいけないのに、 12月に入ってから今までにないほど気温が低く、何回も雪が積もってしまったので、そのままになってしまっていて気がかりでした。
(これも一応、 やらなければいけないこと ^ー^)
来週はまたもしかすると雪が降るかもしれないという予報ですので、この晴れた数日を無駄にしてはいられません。

ドアの向こうの青空と長靴が、 おいで、おいで・・・・ と招いている・・・・・ 笑 
 



a0278382_02124176.jpg


この冬の宿題は、ラベンダーの剪定です。
ぼちぼち11月の後半から始めていて、’一日一本、ラベンダーを剪定する’ という目標を立てていたのですが、何しろ雪のために数本やって止まっていました。 

今年は、どうしても勇気を出して強剪定しないといけないラベンダーが待ち構えていたのです。

ラベンダーは、剪定をしないとどんどん大きくなって素晴らしく見事になるのですが、 残念なことにそのままずっと元気に大きくなってくれるわけではなく、 時々強剪定をしてあげないと株が弱る上、花が小さくなるそうです。実際、大きく立派になったラベンダーの中を見ると、蒸れて新芽が全て枯れてしまっていて、 これはまずいなあと思っていました。 

早めに強剪定をしないと、枝が木化してしまって新芽もその部分にはつかなくなってしまうのです。 そうすると強剪定自体ももうできません。  
でも、立派に育ったラベンダーをバッサリ切ってしまうのが怖くて先延ばしにしてしまっていたのでした。  




a0278382_02125584.jpg



う〜ん、 やはり、 ちょっと強選定には遅すぎたかも。 下の方には新芽がほとんどないので、枝を見ながら新芽があるギリギリまで切っていきましたが、 やはり木化が進みすぎてこれがギリギリ、 いや、もしかしたらこのままダメになってしまうものもあるかもしれません。   
枝に、どこまで切っていいか聞きながら一応やるのですが、 今ひとつラベンダーの答えは遅くて、 バッサリやっちゃってから ’ そんなに切らないで〜〜 ’ と叫ばれることしばしば。 (叫ばれれてる気がするだけですが 笑)

kumatoさんのお母様はもっと短くバッサリいきます。 (潔い !)  地上10cmくらいまで!! 
新芽とか全くついていないところまで!!!   
でも、一度剪定を済ませた状態のものをいただいたことがありましたが、 移動させたせいなのか、 そこまで切ったからなのか、春になっても芽吹くことはありませんでした。  そのままお亡くなりに・・・・・ ち-ん
でもグリーンサム(緑の親指)を持ったkumatoさんのお母様のお庭は立派なラベンダーでいっぱいなので、 間違いはないはず。 
でもさすがにそこまで短くする勇気ない〜。 

最初にラベンダーを育て始めた時に、剪定をするということすら知らなくて、大失敗して変な形に育ってしまい、 無理やり強剪定して一本ダメにしてしまったことがあるのに、未だに学ばないわたしです。あの時は、 あのまま変な形で育てておけばよかったなあ・・・・ それはそれであの場所にはよかったかも・・・

強剪定を定期的にやっていれば、枝の更新がされるので、機械的にぱっさり剪定しても大丈夫だと思うので、剪定も楽だと思うのですが。  

チョキチョキ新芽をみながらハサミで木化した太い枝を切っていたら、手の皮がむけ、爪が剥がれそうになりました。涙   血に染まるラベンダー。 

こんな感じで大小様々なラベンダー達を二日間かけて剪定しました。 全部で数えたら 42本 もあった!!! 驚!


kumatoさんが、このお庭にはラベンダーが似合うよ、もっと植えたいな・・・・・ と言うのを聞いてから、 新たに購入したり、毎年、 挿し枝をしたりしてコツコツ増やしてきたのですが、まさかそんな数になるとは!  ある種類のラベンダーは前年の冬と、今回の冬の寒さでダメージを受けてしまい、 もしかすると今年は完全にダメになるかもしれません。 
でも、予備軍として、42本の他に、 幼稚園のラベンダーと、赤ちゃんラベンダーが待機しています。




a0278382_02131861.jpg

積み上がったラベンダーの葉っぱ・・・・・とってもいい匂い ^ー^



全部終わった! と思って庭をうろうろしていたらまた小さなラベンダーを見つけてしまったということが、2、3回あったのですが、 多分、 この二日でラベンダーの宿題は全て終わらせることができたかと思います。  





a0278382_02165371.jpg



切ったものから何本か枝をとって、水挿しをしました。 
水挿ししても、ずぼらな私は、本気の挿し枝(バラとか)以外は気が向いた時しか水をかえないので、 ほとんどダメになるのですが、何本かはそれでも根を生やして生き延びるのですよ。 ラッキー   スパルタで根付かせたラベンダー、強いですよ〜  ほんとかな? 良い子はちゃんと毎日水をかえてくださいね。



さあ、あとは無情に切られたラベンダー達が、無事に回復してくれることを望むのみ! みなさんも、祈ってて〜〜〜〜〜〜  (切実) 






暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。








 





第2回プラチナブロガーコンテスト


by tomomato | 2018-01-13 05:58 | 石の家の庭の話 | Comments(6)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧