2018年 01月 07日 ( 1 )

公現節 〜 三賢王の日 



a0278382_04072565.jpg



今日は、クリスマスのお祝いの最後の日、 公現節でした。
キリストが生まれたことを星の現れで知った東方の三博士、カスパール、メルキオール、パルタザールが長い道のりを経てキリスト誕生の地を訪れ、それぞれの贈り物を渡してお祝いしたと言われる日です。

国によっては、 12月24日の夜や25日ではなく、 この1月6日にクリスマスプレゼントを贈る習慣があるところもあります。 





a0278382_04093216.jpg




フランスでは、ガレット・デ・ロワを食べる習慣がありますよね。

スイスではこの時期、 フランスのようなリッチなケーキではなく、ブリオッシュ生地をドーナツ型に焼いたパンが売られています。  小さなプラスチック製!のフェーブも一応入っていて、紙の王冠もついてきて、フランスと同じようにみんなで切り分けて食べるのです。 

が、 やはり美味しいのはパイ生地を使ったフランス式でしょう!!! 
この時期、日本の母はいつもメゾンドカイザーやビゴのガレット•デ・ロワを買っていて、 たまたま私の帰国時期が当たると美味しいものが食べられるのですが、このイタリアのど田舎にはそんなものがあるわけありません。 

食べたければ、自分で作るしかないのです。 




a0278382_04065665.jpg



私が作っているのは、 ビゴのレシピです。 
これが結構めんどくさくて、 中のクリームはクレームダマンドとクレームパティシエールを合わせたクレームフランジパーヌ、 (アーモンドクリームとカスタードクリーム? を合わせたもの)、上に塗る卵黄にはコーヒーエッセンスが入り、 シロップがけをさらにするなど、こまごまと準備するものがあるのです。 たくさん作るのならまだしも、 小さいガレット・デ・ロワを一つ作るだけですので、それぞれの容量が少なくかえって作りにくいのです。 

だいたい、 パイ生地作りがめんどくさい! 最近バターをたくさん使ったお菓子をほとんど焼かないようにしているので、手の込んだ折り込み生地を作るには気合を入れないといけません。 

というわけで毎年作ろうかどうしようか迷うのですが、 パイ生地だ〜い好きなkumatoさんが楽しみにしておりますので、 今年も頑張りました。 もちろん自分も食べたいし・・・・

でも例によってレシピをきちんと読んでおらず、とりあえず始めてしまったので、 3日前から始めていたにもかかわらず、今朝、組み立てて焼こうとしたらあれやこれや忘れている工程があり、 きちんと間に余裕を持った寝かせ時間を取れませんでした。
 
さて、なんとか組み立ててあとは模様を入れるだけ、さあオーブンを温めようと改めてレシピを見たら・・・・・・

   クリームを入れて生地を合わせた後、 冷蔵庫で一日落ち着かせる 

って書いてあり、青くなりました。  今日が公現節ですから今日食べないと〜!! 明日まで待てませ〜ん!! 
数時間以上待てませ〜〜ん!!  






a0278382_06305707.jpg




おまけにいつも模様をつけるのに使っているナイフが、 おそらくkumatoさんの仕業でしょう、 先が欠けていて使えなくなっており、 鈍いナイフしかなかったので上手に模様をつけられませんでした。 

などなど言い訳を連ねた結果、 数時間後にオーブンに入れて焼いたら、 爆発して一部裂けました。 笑 

去年の方が上手に焼けていたような気がします。 一年に一回しか作らないので、 上達はしませんね・・・・・・ 



a0278382_04080636.jpg


味は、最高に美味しかった〜!   中のクリームにラム酒を効かせているので、大人の味。

この嬉しそうなkumatoさんの顔を見てください。



実は、kumatoさんが切ったにもかかわらず、去年に引き続いて今年も私が真っ先にフェーブを当ててしまったのです。 去年ちょっぴり問題がおこりましたので(下記リンク参照) さらりと ’あったったわ’ と笑って済ませ、 王冠を隠してあることは内緒にしました。 その後、おかわりの時にkumatoさんに当ててもらって、王冠を頭にのせてあげて ’よかったね〜〜王様だよ〜〜〜!!’ と派手に喜びました。  
(実はkumatoさん、私がフェーブを入れるところを見ていたので、二つのフェーブを対角線上に入れたことを覚えていて、どのあたりにもう一つのフェーブが入っているかを検討つけていたのですがね・・・・・・)

それでもこの嬉しそうな顔!  王冠を脱がずにず〜っと食べ終わるまでかぶっていましたよ。  
kumatoさん、王様体質なのは間違いありませんが、 ガレット・デ・ロワでも本気になる子供っぽいところがある方です。 
来年もやはり、私はkumatoさんが王様を満喫できるようにこうやって気を使うのでしょうか?  60歳、 80歳になってもこうやって王冠を作って、
kumatoさんの頭にのせるのかしら????  笑





a0278382_04082299.jpg



結構美味しかったので、kumatoさんは3回もおかわりをしました。 
作るのは三日間でしたが、 食べるのはあっという間でした・・・・・・・・。




夜には、最後のクリスマスツリーを二人で楽しみました。




a0278382_07230265.jpg




クリスマスにお正月、 本当に楽しかったなあ・・・・・・

新しい年も、こんな風に楽しく充実した毎日になりますように。



明日からkumatoさんは、約二週間スイスに行きます。  私はツリーやクリスマスの飾りの片付けをして、 また新たな気持ちで毎日に向き合いたいと思います。 
主人公がいなくなるので、 ブログの話題があるかどうかちょっぴり不安です・・・・・・。 





暮らし部門/旅行・お出かけ部門で応募します。





第2回プラチナブロガーコンテスト



by tomomato | 2018-01-07 07:26 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(10)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧