2017年 05月 28日 ( 1 )

旅行前のエルダーフラワー仕事と日常




a0278382_17273400.jpg




kumatoさんの手術からちょうど2週間、 術後は順調に回復し、元気にしています。 本当は2週間働いてはいけないのにこの通り、 畑仕事にせいを出しています。

というのも、ここ4、5日、 私が体調を崩してしまい、 kumatoさんに始終ついて監視出来なくなってしまったので、 私の見えないところでかなり色々とやってしまっているようです。
まあ、ほぼ正常に元気になったのでちょうどよかったかもしれません。 色々と側でいられるのもうるさいでしょうから。 笑

昨日、 絆創膏がポロリと取れて手術の後を初めて見ましたが、2週間経ったと言ってもやはり傷跡は痛々しく、マイナーな手術とはいえ侮れないなと思いました。   
今週の火曜日に母がヨーロッパに来て、3人で南フランスを旅行するのですが、 それでちょうどよかったかもしれないと思っています。 家にいたら、 仕事も含めて重いものを必然的に持ってする作業が多いのでついつい無理をしてしまいそうですから。




a0278382_17223335.jpg





私の体調が思わしくないというのに、エルダーフラワーの季節がやって来てしまいましたので、 たくさん収穫しました。
合計7、8kg収穫したと思います。


スイスに行く前に収穫したものは、 雨が降り続く日々でしたので





a0278382_17234465.jpg


薪ストーブの上や、



a0278382_17235553.jpg




乾燥機で乾かしました。 うちには構造的にはほぼ同じ旧式の乾燥機があったのですが、それだとフルーツなどどうしても焦げ付いて綺麗にできないこともあったので、 この新式のものに買い換えました。  音がかなりうるさいのですが、 温度調節もできますので仕上がりがかなり綺麗です。 薪ストーブや太陽熱が使えない時のピンチヒッターとして役に立ってくれそうです。

エルダーフラワーは、風邪の時にとても良いハーブティになります。  
去年、色々と花を収穫してハーブティミックスを作ったのですが、 バラやアカシアやカモマイルやボリジやマルバなどは綺麗で香りも良く微かな甘みもあるのですが、味という点では、 他のリーフティーとミックスしたりレモンやオレンジのゼストを混ぜたりして楽しむことになり、  やはりエルダーフラワーがだんとつで美味しいので、今年は去年の3倍量のお茶を作りました。レモンの皮やレモングラスを乾かしたものをミックスして飲みます。  
他のものは今年はあまり作らないかも。  ベルベインとやはり風邪に良いリンデンの花、 ミント、 あとは少しカモマイルと、今年の夏が去年ほど乾いた夏でなければ作ってみようと思うラズベリーの葉っぱの紅茶でもう十分かも。 
冬が楽しみです。 


スイスから帰って来てから、また別の場所にエルダーフラワーを収穫しに行って、今度はシロップを作りました。
いつもはシャンパンも作るのですが、 もう旅行がすぐですので、 時々空気抜きをしなければならない発泡シャンパンを車に積んで旅行するのもちょっと・・・・・  ということで諦めました。  母の荷物が爆発したシャンパンまみれになったら大変ですし・・・  




a0278382_17224433.jpg




これらのお鍋はそれぞれ9〜12リットルの大鍋です。  
具合が悪い上に旅行の準備でてんてこ舞いな状況なのに、私は一体何をやっているのだろう・・・・・ と思いながらこれらの鍋を眺め、写真を撮りました。 笑




a0278382_17233256.jpg



昨日はkumatoさんに助っ人を頼み、瓶詰めしてもらいました。


シロップは花の全体量の三分の二はお砂糖で(完全に精製されていないお砂糖)、 三分の一は Birken Zucker ( キシリトール)で作りました。 キシリトールは本来は白樺の蜜からできています。 (最近は、他の自然材料で作られていることもあります)
実は、 ある時、歯や体にはその方が絶対的に害が少ないという理由で、砂糖の代わりに全面的にキシリトールに変えようと思ったことがあるのです。  決心するとすぐに行動に移すタイプなので、幸い知り合いにキシリトールを扱っている人がいたので、いきなり10kg分、購入しました。 

ところが、なんと、私の体はキシリトールには向いていなかったのです!  以前に歯医者さんにいただいたキシリトールのガムを食べた時には大丈夫だった記憶があるし、 インターネットでも向かない人がいるという情報は見つからなく、そのポジティブな効能について言及しているものがほとんどでしたし、周りの人で常用している人はたくさんいるので購入時には知らなかったのです。


多用するとお腹が緩むということは知っていたのですが、私の場合は吐き気と膨満感が一日以上続き、かなり辛かったのです。稀にそういう症状を示す人がいるようで、 私はその’稀’なケースみたいです。

kumatoさんは全く大丈夫、 多用してもお腹が緩むこともなく!? Birken Zucker は、kumatoさんに消費してもらうことにしました。 (カロリーも砂糖に比べるとだいぶ低いです)
私は普段甘い飲み物を飲むことはほとんどないので、 シロップは風邪を引いた時やデザートを作る時のために使うのですが、kumatoさんが砂糖の方を一度にたくさん飲んでしまわないように、 たくさんできすぎてしまったシロップの隠し場所をこれから考えないといけません。 







a0278382_17222053.jpg



さて、アイス、第二弾。 下の透明のものは、エルダーフラワーのシロップを使ったものにお庭で採れたワイルドベリーとイチゴを入れたものです。  上は、砂糖の入っていない自家製のグレープジュースとグレープシロップをヨーグルトに少し混ぜたもの。 左は、庭の洋梨とブラックベリーをコンポートにしたものとヨーグルトを混ぜたもので作りました。
今週は30度くらいの日々が続きましたので、棒アイスが美味しかったです。





a0278382_17241000.jpg




今年は、 春が早く来すぎたり、kumatoさんの手術があったりで薔薇の世話がほとんどできませんでした。 それにも関わらずたくさん花をつけてくれて、 申し訳ないくらいでした。 
こんな風にムシャムシャと虫に食べられてしまっているのですが、kumatoさんは私がこれらの虫を捕まえるのを好まないようで、 今年は食べ放題飲み放題にさせています。  
旅行前に花をできるだけ切っていこうと思います。 




a0278382_17244316.jpg
 



たくさんの苗のセットもまだ早すぎるのですが、一か八かでできるだけ庭のあちこちに定植し、残りは木陰にセットごと土に植えて薄くマルチをしました。 さて何割が生き延びるか!?  ここのところずっと暑く乾いた天候ですので、あまり結果は望めないかもしれません。 
庭があると、なかなか長期の旅行は難しいですね。




a0278382_17245765.jpg
a0278382_17274700.jpg
a0278382_17262432.jpg
  


南フランスはここよりもさらに気温が高くなる可能性があるので、恐怖です。
それまでには少し回復して、 元気に楽しく旅行ができるといいな・・・・・・・






by tomomato | 2017-05-28 18:21 | 天の恵み・自然の恵み | Comments(12)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31