2017年 03月 31日 ( 1 )

今日まで晴れ と 初めてのこと



a0278382_15541594.jpg
三階のアトリエから見える山桜





時差ボケが治って元気に暮らしています。 日本から帰って来てから、2、3日は昼くらいになると異常な睡魔に襲われてどうしようもなかったのですが、 そんな時庭仕事に出ると眠気が飛んで、 元気になるのです!  時差ボケ特効薬=庭仕事 であると今回つくづく思い知りました。 

蒔きたいタネが山ほど待ち構えているのですが、 kumatoさんは日曜日までスイスなので、 車のない私は買い物に行けません。  仕方がないので代わりに衣替えなどをしておりました。   ここのところ暖かいので薪ストーブは全く焚いておらず、 日中はTシャツでもいいくらい。 ウールのセーターなんてもういらな〜〜い!! と片付けに入ったのですが・・・・・・・  昨日別の仕事で過去の写真を整理しておりましたら、去年の5月、 私はなんと分厚い冬用のセーターを着ているではありませんか!????    もしかして気が早かったかも???     セーター、全て洗わずに何枚かとっておこうと思います。





a0278382_15540260.jpg



チューリップがほぼ全て開きました。  kumatoさんが帰ってくるまで散らないでほしい〜〜〜〜!!!   
最初に植えたチューリップがどんどん分球してしまったので、昨年買い足して植えたのですが、 そしたら前年のものと混ざってしまって色とりどりになってしまいました。  前年の球根も色分けして区別してとっておいたはずなのですが、どうして??   これでもう、これからは色を揃えることができません。 (それとも茎にどの色だったかマジックで買いておくか?) 




日本から帰って来てすぐにkumatoさんが見せてくれたもの。  





a0278382_15553402.jpg



これはうちの敷地のすぐ下の道路なのですが、 そこに大きな花壇を作ってくれて、去年買っていたバラの苗を植えました。 (一応ここもうちの敷地) 
うちの庭を見上げる石壁にバラを這わそうという計画。

でもこれ、見た目ほど簡単なことではないのです。 その昔、道路を作るときにこの崖の石を削りコンクリートの補強をしたのでしょう、 崖下からすぐのところは地盤が全てコンクリートで固められており、 植物を植えることはできなかったのです。 (雑草は生える)  そこで、崖下から少し離れたところ、土が深いところまで道路側にずらして花壇を作ってくれたのですが、そのまま植えたらすぐに雑草に埋まってしまい草刈りのときに刈ってしまうか、あるいは誰かがここに車を駐車して潰してしまう可能性があるので、 わざわざ重い石を運んで土を盛り上げて花壇を作ってくれました。 石は、 うちの方から運んだので相当な仕事だったかと思います。  あっぱれkumatoさん!  172.png

植えたのは、ランブラー系のバラ二種。  ここは目が届かないところなので水やりもできないし、 上手く育ってくれると良いのですが。





a0278382_15554247.jpg



そして、庭の方にも、あまりうまくできていなかった階段を修正して立派な階段を作ってくれました。  階段ができる以前は、雨の降った後に緩やかな傾斜のところで私が足を滑らせてすってんころりんと何回も転んでしまっていたので、 本当に助かりました。 


a0278382_15560415.jpg






また、あちらこちらで接ぎ木も。   例の全てオスだったキウイを始め、野生のナッツ、 他の木々もさらに手を入れたようです。 これは、道端に生えていた野生のアップリコットの木に、 接ぎ木をしたところ。 芽が膨らんでいて成功したようです。

私のいない間、 画業にもかなり集中していたようだし、 kumatoさん、 本当に働き者です。 爪の垢でも煎じて飲まないといけません。 



a0278382_15561540.jpg

a0278382_15552334.jpg
a0278382_15555387.jpg


なんだか全ての花が開いてしまったようで、 零れ種でシソやエゴマが目を出しているのには本当に驚きました。 去年は、5、6月頃にまいてもまいても地温が低すぎてやり直しだったのに!!???    ここまで暖かいと、 これからドカンと寒い日々がくるのでは? と心配です。 




a0278382_15545936.jpg


 
さて、新しいことに挑戦してみました。





a0278382_15551095.jpg




今年の冬は味噌を作ってみたいと思って、 大豆と秋に日本に帰った時に買った乾燥麹を用意していたのですが、いざ作ろうとレシピを見ると麹の量が全く足りないことに気づき・・・・ (レシピ見てから普通買いますよね? そもそもここからして問題が・・・・・ ) 

仕方がないので今回の帰国まで待って、 麹をそれだけの量買って帰るのは重いので、麹菌を持って帰りました。    それで麹を起こしてみました。

結果・・・・・


あまりうまくいかなかった!!!!   爆


コメの蒸し方がイマイチだったか?  たっぷり夜を通して眠ってしまったので温度管理が悪かったか(高すぎた)? いつも納豆なんて絶対にうちにないのに、 たまたま今回の帰国で持って帰ってその日に納豆を食べてしまったとか? おそらく一番の原因は乾燥しすぎたとか、   ありとあらゆる原因は痛いほど考えられるのですが・・・・・・
もふもふの板状の部分とパラパラの部分が混ざった麹になりました。  それに、’正しい麹’ の匂いをそもそも知らない。  悪い匂いではないが、これが麹の匂いなのか?????  

全く初めてのことをやって見るって、ワクワクするけれど、いちいちわからないことだらけで、ネットで調べても匂いは匂ってこないし 笑  試行錯誤です。    





a0278382_15562679.jpg


しかし、 麹がうまくいくことを前提として多量の大豆を水につけてしまっていたので、仕方がない!!
できたのかできてないのかわからない麹から、うまくいっていそうなところを選んで、 買ってあった乾燥麹ちょっぴり足して塩とをバラバラにして混ぜ、
(買った乾燥麹の方が色が黄色い)






a0278382_15580579.jpg


無理やり174.png

味噌を作ってみました。 笑



これ、完全に失敗かと?  
失敗が目に見えてるのにそれでも作ってしまう私って・・・・・・・・・  




うまくいっていないところのパラパラの麹で甘酒を作ってみたら、ちゃんと甘い甘い甘酒になったのですが、 香りが私の知っている甘酒と違うのです。 

これは麹がそういう匂いなのか、 雑菌が入った麹なのか、 わかりません。 
色は、 真っ白でとても綺麗、 雑菌が入ると変色したり、納豆菌が入ると粘ったりするみたいですがそういうこともありません。

ただ、日本で買ってきた乾燥玄米麹を使って甘酒を作った時と、 コメがまた全然違うので、コメのせいなのか・・・(と人のせいにしたがる私 笑)とひたすら超失敗ではないことを願うばかり。  



もう一度、今回の反省点を踏まえて少量の麹を起こして見てこれが失敗だったのかどうかを確かめてみたい気がするのですが、 失敗だったとしたらもう作ってしまった味噌に直面しないといけないのが怖くて勇気がありません。 


そんなこんなの一人で格闘していた数日でした・・・・・・   










by tomomato | 2017-03-31 17:15 | 石の家の楽しく幸せなできごと | Comments(16)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31