2017年 03月 26日 ( 1 )

春・春・春




a0278382_16394607.jpg



山のお家に帰ってきました。 
まだ時差ボケ真っ最中なのですが、今日から夏時間、 日本との時差は8時間から7時間になりましたので、 だいぶ楽です。 笑 
いや、ほんと、この1時間の差が大きいのですよ。    もう眠くて眠くてしょうがなくて、なんとか夜9時までは頑張って目を開いているのですが、 夏時間になるとそれが10時ですからね、 正々堂々とベッドに行くことができます。  
と言っても、私が帰った翌日からkumatoさんはスイスに出かけたので、私がいつ寝てようと誰も文句を言う人はいないのですが・・・・・・






a0278382_16413651.jpg




日本では比較的寒くて、春はまだこれからと言う雰囲気だったのですが、 山のお家は春真っ只中なので驚きました。 日中は20度近い日が続いていたようです。




a0278382_16373474.jpg
a0278382_16374737.jpg




敷地のあちらこちらに、 こんなに植えてたっけ? と思うほど黄水仙が咲き乱れ、 もう終わりに近づいています。





a0278382_16380388.jpg



タネから育てたビオラやパンジーもあちらこちらに咲き乱れています。






a0278382_16381798.jpg


a0278382_16384482.jpg


ただし、 草もボーボー・・・・・ 汗



a0278382_16385684.jpg



こういう草ばかりだったら放っておいても可愛いのですがね? 



 

時差ボケで朝早く目が覚めてしまうので、もう昼頃には私の一日は終わった気分になり、疲れて眠くてだるくてどうしようもなくなるのですが、 不思議と庭仕事をしているとまた元気になるのです。  (ちなみに昨日まで、お昼の12時は、日本時間夜の8時でした。 夜ご飯食べてだらだらしてる頃 笑) 
時差ボケ解消には庭仕事が一番かも?? 

一心不乱にはびこった草をむしり、 混み合っているところの植え替えをしているうちに、あっという間に午後は終わります。 これで堂々と夜はだらだらできる!??  




a0278382_16383135.jpg



いつもは順々に咲くはずのお花たちが、 一気に全て開いてしまったようで、見応えはあるのですが、 そんなに先急がれると後が困る!なんて思ったりして・・・・・






a0278382_16392564.jpg
a0278382_16393478.jpg



チューリップもなんだか丈が十分伸びないうちに次々に咲いてしまっています。 普通チューリップは黄水仙が終わった後に咲くと思っていたのですが???  


a0278382_16401019.jpg



去年の春、 植えた野花も根付いてくれたようで、 これからがとっても楽しみです。  
計画性もなく、適当に作っている庭だけれどだんだんと形になってきてとても嬉しいです。  
こうして花満開のお庭をチェックしながら歩き抜けるとき、 天国にでもいるような錯覚さえしてしまう・・・・
って大げさかな? 




a0278382_16391197.jpg
 



アップリコットとプラムの花は終わり、今は桃となし類のお花が満開です。 山は、 山桜が霞のように咲き乱れていてとても美しいです。 







a0278382_16395785.jpg





今年の冬はとても厳しい寒さだったので、kumatoさんご自慢のバナナの木が完全に死んでしまったように見えました。 ところが背の高い幹の上から新しい葉っぱが出ているではありませんか!!  kumatoさん、腐って枯れてしまった幹の層を全て頑張って引き剥がしていました。  
このバナナ、筍のようにどんどん広がってしまうので、私は密かに恐れていて、枯れてしまってよかったのではと思っていたのですが、驚くべき生命力!   マイナス10度近くの気温にも耐えうるとは! 


今日は、これから植えるタネの整理をしたいと思います。 

やっぱり田舎のお家はやる仕事が多いけれど、 いいなあ、嬉しいなあ。 




by tomomato | 2017-03-26 17:15 | 石の家の庭の話 | Comments(8)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31