2017年 03月 14日 ( 1 )

今日この頃




a0278382_07511679.jpg




帰国すると、いつも必ず母の家の大掃除をします。 
ついに20年以上使ってきた某スチームクリーナーが壊れてしまったので、ドイツ製のスチームクリーナーに買い換えました。  少し安いのと、高いのと機種があって、 どちらにしようか迷って母と話し合って結局高い方にしたのですが、これがとっても使いやすいです。 




a0278382_07451451.jpg




洗剤を使わないでスッキリお掃除ができるので、 前のも愛用していたのですが、 新しいマシンは水の入れ替えも簡単ですし、早くお湯が沸くし、 ずっと便利になってお掃除が楽しくなりました。 油汚れも水アカも、 さ〜っと綺麗になります。 
油汚れの酷いところは時々重曹を、 水アカのところはクエン酸をたまに併用していますが、ほぼ水蒸気だけで台所もお風呂場も、 そして網戸も窓も床もとても簡単に綺麗になります。
ただ、少し頭を使って掃除工程を考えないといけません。 なぜかというと、調子に乗ってスチームを吹き付けると、綺麗に汚れが取れるのですが、 場合によってはその汚れが周りにぱ〜っと飛び散ってしまうことがあるので、せっかくすでに綺麗にしたところに新たな汚れが威勢良く飛び散ることもあるのです。 最初に特に汚いところの汚れをとって、それから全体を掃除するか、 特に汚れが強いところにスチームを直接当てるときは、タオルなどで周りに飛ばないように囲いながら吹き付ける必要があります。 

毎回使っているにもかかわらず、今回も窓を綺麗にした後にサッシの溝の汚れを直接勢いよく蒸気を吹き付けて掃除していまい、 綺麗な窓とカーテンに汚れを吹き飛ばしてしまいました。  サッシは気持ちいいくらい汚れが取れたのですが・・・・・・・・ 悲惨なことに・・・・・  
  

母のコンロは、ビンテージ(になってしまったのですが)ですが、母はこのコンロを愛用していて家のリフォームをした時にも絶対に変えようとしませんでした。   このコンロ、 自動点火ではありませんので点火をする際にいちいち重い台を持ち上げて火をつけないといけないのでとても不便なのですが、 調理やオーブン機能は素晴らしいので、母はこれでしか料理ができないと固く信じています。 今のいろいろな機能のついたコンロはもう自分は試したくないと思っているのです。 つまり、このコンロが使えなくなったら、 この家にはもう住めない、住まないと決意しています。 

ところが、最近ガスの取っ手がとても固くなり、特にオーブンとグリル機能の取手が固くて私でも火をつけるのに苦労するようになりましたので、 今回は取っ手を全て外して、 ねじ回しでコンロの前面を取り外して中を見てみました。
そうしたら、 やはり取っ手の中が埃と油汚れで詰まったようになっておりましたので、スチームクリーナーで綺麗にしました。  古いものは、掃除をしすぎると壊してしまうこともあるので、 ドキドキしながらの作業でしたが、 スッキリ綺麗になりました。 




a0278382_07511813.jpg
掃除前



これで少し楽に回せるようになったかな? 



コンロを綺麗にしながら、 いつも母を見守っていてくれてありがとう、 母がいつまでもあなたを使ってお料理ができますように・・・・ と祈るようについつい話しかけてしまいましたよ。
安全装置の付いていないガスコンロは、 ガス屋さんが’危険’とみなして買い換えを勧めることもありますので、本当にいつまで現役で働いてくれるかわからないのですが、 母が、できるだけ長く健康でいることができて、住み慣れたおうちに住むことができて、 自分の好きなものを自分で作って食べることができるように心の底から切実に祈っているのです。 



それにしても、このドイツ製スチームクリーナー、 本当に使いやすいのでイタリアのおうちにも欲しいな〜〜〜  と思いました。




さて、 今日、 国立近代美術館にこれを見に行って来ました。





a0278382_23391553.png
パンフレットからの引用



東京では今日から始まりました。
この展覧会、 本当に素晴らしかったです。久しぶりに心が震えるほど感動した展覧会でした。
楽家の初期から現代までの作品が展示されています。 どれもじっくり一つ一つ見入ってしまう作品でした。
 
最後に、現代の15代目の作品がかなりの数展示されておりまして、 ‘侘び寂び’ を期待していた母はその現代的でカラフルで力強い作風に衝撃を受けたようですが、 それはまるで現代彫刻といってもいいほどの美しい作品群で圧倒されました。 

もし焼き物、芸術、茶碗に興味がある方がいらっしゃいましたら、 ぜひぜひ行って見てくださいね。 
たまたま帰国中にこの展覧会を見ることができて、本当にラッキーでした。  

   





by tomomato | 2017-03-14 23:47 | お出かけ | Comments(12)


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31