帰ってきました 



a0278382_16020697.jpg




スイスから一昨日戻ってきました。
kumatoさんの手術は無事終了し、 予定より一日長く入院しましたが予後は順調です。  
本人は非常に軽く考えていて、 入院しなくて日帰りでも帰れるよ、などと言っていたのですが手術後、それほど簡単なことではないということがわかったらしく、大人しく入院延長を受け入れていました。

土曜日に学校で大きなイベントがあるので、そのままスイスにいるのが一番良いと私もkumatoさんのお母様も勧めたのですが、 本人が受け入れず退院したその日にイタリアまで帰ってきました。  運転自体は大丈夫だったのですが、 車ごと乗り込む電車の揺れが相当厳しかったらしく冷や汗をかいていました。



a0278382_16022292.jpg
お家に帰ってきてハッピーなkumatoさん



この人、 普段元気なものですから、 自分の体調を気にするということが本当に苦手で、 私が始終ついてあれはダメ、これはダメ、 さあ薬を飲みなさいといちいち気にして、 その度に大丈夫と言い張るkumatoさんと戦って私の方が疲れているかもしれません。  一応2週間は、ドクターにより働いてはいけないという証明の紙をもらっているのですが、本人は気にせず、存ぜず、 帰るなりいくら止めても聞かずにキウイの剪定をし、収穫に行き、草を引こうとし、その度追いかけて私がやるからと言って頑張っています。 ( でもそれは気に入らないらしい)   




a0278382_16023534.jpg

まだまだ色々な植物の苗のセットがあったので、スイスに発つ前に全て北側に移し、 水をたっぷりやってフリースでカバーしました。留守の間、 二日ほど30度近い暑さになるという予報だったのでおそらく全てダメになっているだろうと覚悟していたのですが、 この五日間、いくつか徒長してしまったものはあっても、 全て無事でホッとしました。




a0278382_16025797.jpg
  

バラは満開になっていました。  その代わり、草もこのたった五日間で30cmくらい伸びたみたいでぼうぼうです。 




a0278382_16035316.jpg


kumatoさんの手術は、 ’臍ヘルニア’ というものでした。  少し前からkumatoさんのおへそが ’でべそ’ になっていることに気がついていたのですが、そういう病気? があることを知らなかったので、あまり気にしていなかったのです。 ’でべそ’ がだんだん大きくなっていることに気がついて、病院に行くよう勧めたのですがなかなか時間を作ってまで行こうとしませんでした。  ある時、 少し痛みがあったようで、それでやっと病院に行く気になりました。

’臍ヘルニア’ は、 おへそのところの腹膜に穴が空いて、 本来内側にあるべきものが外に出てきてしまう病気で、へその緒を切ったばかりの幼児によく見られるものだそうです。 幼児の場合は成長とともに消えることが多いらしいですが、 成人になってなってしまった場合は放っておいてはいけないものらしいです。  腹膜の穴が大きくなり、内臓が外に出てしまった場合、腸閉塞などを起こして命の危険に関わる場合もある危険なものらしいです。 
一般には、成人のヘルニアは肥満や妊娠後などに起こる場合が多いと言われているようですが、 ガリガリに痩せた人でもなることもあり、 kumatoさんの場合は(肥満があることも事実ですが)、おそらく重いものを持ちすぎて腹膜に過剰な負担がかかったせいではないかということでした。 
しかも、なんとkumatoさんの家族には何人か臍ヘルニア、あるいは鼠径ヘルニア(足の付け根のところ)の手術をした方がいるので、 もしかしたら遺伝的に腹膜が弱い家系というのがあるのかもしれないと思いました。 

手術は、 おへそのそばを切って、 飛び出たところを中に戻し、 一部切り落とし、 破れた腹膜のところに新たにネットを入れて保護するというものでした。    手術としては簡単な部類に入りますが、全身麻酔ですし、 心配性の私が一人でやきもきしておりました。

幸い内臓ではなく、少し脂肪が飛び出た段階でしたので、 不幸中の幸いでした。 このまま放っておいたら命に関わる可能性もあったわけでしたから。




a0278382_16031280.jpg
 


本人は忙しいのもありますが、気にしなさすぎで、 病院でもらった書類にも目を通しておらず、 前々日に私が無理やり読みなさい! と言って一緒に読んだのですが、 そうしたら病院に事前に電話をするように書いてあり、なんとその期日が過ぎていたのです!! 




a0278382_16032483.jpg


慌てて前日の日曜日に電話をしたのですがもちろん担当の人はおらず、受付の人に聞いたら手術の時間が一時間遅いと聞いて、 早起きしなくてよかったね(最初の予定では5時起きしないといけませんでした) と言って喜んだのですが・・・・・・・・ 実際に一時間遅れて手術に行ってみると、なんと電話に出た受付の人が勘違いをしていたらしく、 最初の時間に来ていなければいけなかったのだそうです!!! 
大慌てで事前の痛み止めの薬などももらわずに、そのまま手術室に運ばれたそうです。 

なんともkumatoさんらしい・・・・・・ 滝涙
無事に終わって本当に良かった・・・・・ 冷や汗 




a0278382_16040936.jpg


私も心配し過ぎて疲れてしまったので、 バラとお庭の花に癒されています。 




a0278382_16033931.jpg

a0278382_16061653.jpg




昨日は、 退屈してしまったので庭仕事を始めようとするkumatoさんを止めて、散歩に出かけました。
エルダーフラワーがたくさん咲いているので近くに取りに行ったのですが、 ここでもkumatoさん、 どんどん先に行ってしまって、 かなり危険なところまで行こうとするので、 神経を尖らせた私は何回も怒ってしまいました。  エルダーフラワーは普通、森の外れ プラス 少し湿ったところに生えていて、 収穫しにくいところに生えていることが多いのです。 普段のkumatoさんならば全く大丈夫なのですが、 コルセットをしている上、まだ普通には歩けない状態のkumatoさんですので、 もうヒヤヒヤしてしまいました。 



a0278382_16064669.jpg




大きなプラスチックバッグ2つ分、3キログラムくらい採って来ました。 明日、またスイスですので、 この分は全て乾燥させてお茶にします。
帰って来てからまた収穫して、シロップとシャンパンを作れると良いのですが・・・・・ 




オマケ
a0278382_16075593.jpg


六弁シモツケ   大好きなお花です。 

去年、野原にたくさん生えているものを一本移植しようと試みたのですがダメで、採取したタネを採って蒔いても全く出てこなかったのですが、 なんとうちの敷地の外れにも生えていました・・・・ 笑
お隣との境界にあるのでお隣の人が草刈りで刈ってしまう前に一本紫陽花の横に移植しました。 残した方は、鹿用のネットを壊してその内側に入るぶんだけ保護。 数日後、やはりお隣の人が草刈りをして、 ネットの外のぶんは刈り取られてしまっていました。涙 
増えてくれると良いのですが。   私、お花は野草が一番好きかもしれません。 kumatoさんは、自然の中に観に行けば良いじゃない? というのですが・・・・・・・ 


by tomomato | 2017-05-19 17:01 | 石の家の庭の話 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tomomato.exblog.jp/tb/23894834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by helebore at 2017-05-20 04:48
kumatoさん、大変だったのね。そうそう、病院の予約って(私はMRIだったけど)リコンファームしなきゃいけないのはフランスだけじゃないのね。
あまり病気したことがない人(?)は大丈夫と思って動いちゃうけど、やっぱり年になると色々出てくるのよ。身体、本当に大事にしなきゃだめよね。私も時間とってオイルマッサージしたりとか、サプリメントも摂りはじめたもの。。。
うちのだんなさんも面倒くさがって、漢方薬とか、ホメオパシーもちゃんと続けられなくて、そのくせ症状が悪くなってくると落ち込んで、、、そういうの見てると頭来たり悲しくなったりしちゃう。
でもさ、身体は自分だけのものじゃなくて、いつかは地球の栄養になるもの(?)でしょ。だから身体を健康に保つのは(努力するのは)義務だと思って、やってる。。。
エルダーフラワーコーディアル、だんなさんのリクエストで今年たくさん(うちにしては)作ったよー。こんなお砂糖たっぷりの物、だれが飲むんだろうと思うけど。自分とだんなの二人で飲んじゃうのかな、こわい。。。笑
Commented by tomomato at 2017-05-20 05:41
heleboreさん、 そうなのよそうなのよ、 自分で大事にしなくて、いろいろいうとうるさがるくせに、それで無理してぶり返したりするとすごい具合悪そうに甘えてきちゃったり〜〜〜  困っちゃうよね。 放って置くと薬も飲まないから、 結構大変・・・・ 私が元気を取り戻さなければ。幸い、今日はだいぶ回復してきて足取りもしっかりしてきたので良かった。 そうよね、本当に体は、自分だけのものではなく周りの人たち、そして地のものだものね。  エルダーフラワー、 あっという間にシーズンがきちゃって、去年は色々なハーブティを作ったけれどエルダーフラワーが一番美味しかったから、今年はたくさんお茶を作ったよ= スイスから帰ってきたらまた収穫しに行けると良いのだけれど。 コーディアル、美味しいよね! でもお砂糖ね・・・・・ 真っ青     
Commented by la_mia_coccolina at 2017-05-20 08:03
tomさん、こんにちは。
kumatoさん、大変だったのですね。無事に手術も終わりほっとしたことでしょうね。
全身麻酔はやっぱり心配!よくわかります。術後なのでまだまだお大事にして下さいね。
男の人ってそうなのでしょうかね?大丈夫、大丈夫!と必ずいつもの自分のペースに戻ろうとしますよね(我が家も!)。tomさんも大変かもしれないけれど、疲れないようにして下さいね~(といっても難しいですよね^^;)
コーディアル、自分で作れるくらいお花が咲いて羨ましい♡
シモツケ、私も大好きです♪
Commented by fran9923 at 2017-05-20 10:25
そうだったのですか〜〜。
治りかけが大事だから、気をつけるよう見張ってないといけませんね。
重篤な病気でなくて良かった。
もう私のような年齢になると、何か発見したら怖いけどとにかく先手必勝なので、すぐ病院に行くようにしていますよ。

そうか、そちらの病院ってこっちから電話しないといけないのですね。
うっかり忘れそう。
でもうまくいって良かった良かった。とにかく無理しないで、お大事にね。
Commented by tomomato at 2017-05-20 15:01
lamiacocolinaさん、ご心配いただきありがとうございます。kumatoさんの手術は、 自分の手術以上に緊張した感じです。 未だに薬の管理も全て私ですし・・・ 涙 私の父は、 必要以上に気にして鬱陶しいくらい気をつけるタイプだったので、 全ての男の人がそうっていうわけではないかも??  cocolinaさんの旦那様もやっぱりそうなのですね、お互い苦労しますね。涙  うちには、まだエルダーフラワーを植えていないのですが、 あちらこちらに自然に植わっていて、 そういうところに取りに行くのです。 4、5mくらいの大きな木になるのですよ。 でも結構取りにくいところに花が咲きます。 うちにも植えるつもりなのですが、 散歩がてらに森に取りに行くのお結構楽しいよね、って話したところです。^ー^
Commented by tomomato at 2017-05-20 15:03
fran9923さん、 ご心配おかけしました。 このあいだの記事には理由を書かなかったので、心配くださっているだろうなあと思っていました。 病気というより怪我のようなものなのかもしれません。 kumatoさんの場合、 大丈夫大丈夫と言いつつ、 ’現実に直面したくない’ っていうのもあるのかなあと今回つくづく思いました。 ’大丈夫’ って思いたいというか・・・・・ 特に、医者からもらった書類には、あらゆるリスクが羅列して書いてあるので、 それを読むと現実に引き戻されるようで嫌だったのかも・・・・・  困ったものです。   kumatoさんも最近あちらこちらに故障が出てきているので、 気をつけて、何かあったら無理やりにでも医者に連れて行くようにします。  無理をしないように祈っていま〜す。(それが難しい〜 涙) 
Commented by pot-eri at 2017-05-21 16:15
tomoさんkumatoさんお疲れさまでした。tomoさんがやきもきするのとてもよくわかります、うちもそうだから、いやきっと男と女の習性なのね。
さいヘルニアって言うのそれとは違うかもしれないけれど私も持ってるの。右の下腹部にオリーブくらいのが時々ぽこっと出てくるの、お医者さんに診てもらったらヘルニアと言われて、痛みを感じたら直ぐ病院へ行く様にと言われてから10年以上。。痛くもかゆくも無く消えたり現れたりするのでそのままです。ヘルニアって普通は小児か男の人に見られるものらしいね。
薔薇や花達がきれいで私の一番好きな季節、うちの小さな庭でもうっとり幸せになれるのだからtomoさんのお家なんて...やはり天国のようでしょうね。kumatoさん無理しちゃだめよー
Commented by tomomato at 2017-05-21 16:38
poteriさん、 なんと、poteriさんも? 右の下腹部だとしたら、鼠径ヘルニアかもしれないね。異常を感じたらすぐに病院に行ってね! 危ないらしいよ。 kumatoさんの場合は、最初のうちは押したら引っ込んだりしていたのだけれど、だんだん大きくなってしまっていたの。 poteriさんはほっそりしているから、 無理をしなければそのままいけるかもしれないね。 女の人は、妊娠後に起こることがあるみたいです。 poteriさんもあまり重いものを持ち過ぎて無理をしないように!!! kumatoさんは絶対にこの家づくりのせいだと思う〜〜〜 涙   うちのお庭、 草さえボーボーに生えなければ天国かも= 笑    帰ったら私も草刈機に挑戦しなければ。 ご心配くださってありがとう=
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

kumatoさんの学校のイベント
at 2017-05-24 17:00
帰ってきました 
at 2017-05-19 17:01
ストローベリー と ワイルド..
at 2017-05-10 17:25
kumatoさんの週末とバラ..
at 2017-05-08 17:17
寒暖の差と週末ご飯、そして大..
at 2017-05-01 16:59

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

sakiさん、 ぷ・・・..
by tomomato at 15:37
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:35
鍵コメkちゃん、このコン..
by tomomato at 15:33
kumatoさん、ほとん..
by Saki at 14:14
楽しいイベントがあったの..
by fran9923 at 07:19
papricaさん、 ど..
by tomomato at 04:49
tomさん、お帰りなさ~..
by papricagigi at 03:29
poteriさん、 なん..
by tomomato at 16:38
tomoさんkumato..
by pot-eri at 16:15
fran9923さん、 ..
by tomomato at 15:03

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧