また冬が・・・・



a0278382_04454773.jpg




朝起きたら、 銀世界でした。





a0278382_04484465.jpg




幸いそれほど積もらぬうちに止んで、 雪かきをしなくて済んで助かりました。 雪は大好き、 雪景色はもっと好きなのですが、十二月に散々雪が降って何回も雪かきをして結構大変でしたので、 あまり積もらない方が良いです。 





a0278382_04485971.jpg




昨日帰って来たばかりでとても疲れているのに、 すぐに働き始めるkumatoさん。  今やっている屋根の部分は、梁がだいぶ腐っておりましたので全て新しい梁に取り替えました。 その古い梁をこうしてチェンソーで切って薪ストーブ用の薪を用意しています。
今年の冬は例年になく寒かったので、 すでに三分の二くらい薪を使い切ってしまいました。 まだまだ完全に冬が終わるまでは長いので、薪になる木材は少しづつ切って使うつもりです。 

ところがこの後、薪を大きな箱に入れて運んでいる途中でkumatoさん、散乱している石につまづいてすってんころりんと転んでしまったのです。  kumatoさんは転ぶのが素晴らしく上手ですので、幸い大事には至らなかったのですが、骨折してもおかしくない転び方だったようです。   そのせいかその後は、 もっと疲れてだるいようでした。 すぐにアニカを外用、内服の両方で使いましたが、 やはりひどい転倒だったようで、明日になってひどくならないと良いのですが。  





a0278382_04470895.jpg



私はといえば、 パンがなくなった上に屋根からガンガン、ガ〜 っという騒音がひどかったので、アトリエに行くのは鼻から諦めて、パン作りに取り掛かりました。

まずは知り合いが作ったライ麦の選定から・・・・・   結構異物が混じっていることがあるので、 こうして平たい器に少しづつ入れてチェックしています。






a0278382_04472278.jpg





粉を少し安定させるために、 実際に酵母と混ぜる数時間前には粉を挽いておくようにしています。 





a0278382_04473464.jpg




粉をあれこれ配合して、 その後サワードウ酵母と合わせて半日かかって仕込みました。 サワードウは計三日かかりますが、 ずっとついているわけではないので、リズムさえつかめれば大丈夫です。 ただ、発酵の途中に手入れが必要なので、 突然kumatoさんが泳ぎに行こうとか、 出かけようとか言い出すと困ることもあり、 仕込んだパンを一緒に車に乗せて連れて行くことも時々あります。  笑 

そして新しいレシピでクラッカーも仕込みました。  
明日焼く予定です。 





a0278382_04483283.jpg



今日のハーブティ。  くだらないかと思ったのですが、 パッと見たらとても綺麗だなと思ったので写真にとりました。   エルダーフラワーと陳皮とレモングラス。お茶を出した最後の仕上げにレモンを絞ります。この組み合わせが冬の王道になりました。  レモングラス、2年試したけれどもこの土地での冬越しは無理でしたので、 この冬は初めて掘り起こして室内に入れました。 一つは生きているみたいなので、 来年も収穫できるといいな。  





a0278382_04501981.jpg




昨日の夜ご飯は、kumatoさん、ウェルカムバック・ディナーで、 冷凍してあったパイ生地を取り出して、 サーモンとカーボデネーロのパイ包みにしました。 カーボデネーロはピューレにしてホワイトソースを絡め、 パルミジャーノを少し入れています。   

が、パイ生地で大失敗をしてしまいました。  冷凍してあったものを解凍したら、なぜか上下2枚あったのです。ちょうど良いや、これを上と下にしよう・・・・・  と何も考えずに中身を入れて組み立てたのですが、 はたと気づきました。    このパイ、二枚あったのではなく、 たまたま上下二枚に外れやすい部分だっただけで、 本当は1枚分だったのです。  この一枚を、引き伸ばしてから使わなければ行けなかったのです。 

つまり、私のやり方だと、パイの層が半分になってしまうという悲しい結果に!!!!  滝涙  おまけに中のサーモンがかなり大きかったのでさらに薄くなり、  がっくりでした。
もちろんkumatoさんは優しいので最高に美味しい! と喜んでくれましたが、本当はもっともっとふっくらパリパリで最高に美味しい予定でしたのに・・・・・・涙 

相変わらず、おっちょこちょいの私です。 

付け合わせの野菜プラス、 写真映えはしないけれど (だから写真なし 笑) とても美味しい菊芋のポタージュを作りました。



このパイが大きすぎて余ったので、今日のお昼も同じメニューでした。 


昼からもりもり食べてしまったので、 夜は麺でいいよね! ということで・・・・・




a0278382_04491685.jpg




ちょうどkumatoさんがこの冬初めてのキャベツを収穫してきてくれましたので、 ライスヌードルで、坦々麺を作りました。 

このキャベツが最高に甘くて美味しかったのです。 この冬はとても寒かったからでしょうか、 甘くて甘くて、たかがキャベツなのに二人して、’美味しい〜〜!’ と叫びました。


この坦々麺、 卵を入れなければ完全にベーガンです。
お出汁は、椎茸と昆布と干したインゲンでとりました。 生姜とニンニクと細かく刻んだネギと人参を炒めたところにそのスープを入れて、それにタヒニ(白ごまのペースト)と豆板醤とごま油とお醤油などで味付けしました。 (お味噌を切らしていました)    

具は、出汁を取った後の干しインゲンと椎茸をみじん切りにしたものを軽くごま油で炒めてくるみを刻んだものを入れて、お醤油とみりんで味付けしました。   本当はネギやニンニクを炒めたものの半分をこちらに入れる予定でしたが、予定は未定、 入れ損ないました。 笑   それでもとっても美味しい具材でした。  

豆乳を入れたり、味噌を入れたりするレシピもあるので、 醤油だけでは足りないかしら? と思ったのですが十分美味しい坦々麺のスープになりました。  

私はお肉を食べなくなって長いので信用できませんが、 これ、ちゃんと坦々麺の、しかも結構美味しい部類になった気がします。 

これにかぼちゃを炒めてゴマを絡ませたものを付け合わせにして、 kumatoさんも大満足な夕食になりました。 
ベーガン、グルテンフリーの人、ぜひ試してみて〜。   
(干したインゲンは普通はないと思うのですが、いくつか調べたうちの一つのレシピでは切り干し大根を使っていて、 その代わりに私は干したインゲンを使いましたので、 出汁の出るものならなんでも大丈夫かと思います。)



明日はkumatoさんが回復して、 転倒のショックも和らいでいると良いのですが。 









by tomomato | 2018-02-06 06:08 | 今日のごはん | Comments(23)
Commented by pot-eri at 2018-02-06 06:57
パリも今日は雪が降ったみたい、ブルターニュは滅多に雪降らないみたいだから羨ましい銀世界*
タンタン麺、明日のお昼に作ってみる! そんなに甘くないけれどキャベツが少し残っているし、何より早く使ったほうが良い有機の切り干し大根がある、味噌も、米粉の麺もあるっ! あー楽しみで眠れないかも。
ハーブティーとてもきれい、この組み合わせどんな香りなのかなぁとイメージしてみています。あー良い感じね、きっと。
kumatoさん大事に至りません様に、どうぞお大事に。
Commented by fran9923 at 2018-02-06 09:09
あら!あぶないですね。
kumatoさんお大事に!!
腰か膝を打ったのなら、本当にお大事にね。

お野菜たっぷりの食事と粉から挽いて作るパンがものすごく滋養があって美味しそう。
これなら病気知らずですね。
しかもハーブティなんてかなり美味しいだろうな、と思うような新鮮さ(へんな言い方だけど)簡単だし。
それらがもう生活の一部としてもうね何十年も前からのようにとけ込んでいるのが凄いな〜〜。
Commented by asaporon at 2018-02-06 09:57 x
雪、本当に綺麗だけど雪かきは重労働だよね。kumatoさん、お大事に。。
ハーブティーがとっても素敵。味を想像しながらうっとり。
粉を引くところから作ったパンは、天国の美味しさなんだろうな〜〜〜とこれまたうっとり。
今朝はうちの窓から見える山も雪化粧。。。綺麗だけど、南国仕様の部屋は冷蔵庫。。。さむっ。
Commented at 2018-02-06 12:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-02-06 12:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MK at 2018-02-06 16:32 x
Kumatoさんお怪我はなかったでしょうか。 打撲でしょうか。 転ぶのが一番怖いです。
ご近所には元気な高齢者が多いのですが、最近お姿をお見受けしないと不思議に思っていると
大抵は転んで骨折、入院して寝たきりになったと。そんなニュースがしきりです。
呉々も転倒には気をつけてくださいませ。
幸いすぐに手当てをしてくださる優しい奥様がいらして良かったですねー。

ヘルシーで美味しそうなお食事、どのお料理もTomoさんの濃やかな愛情が滲んでいます。
きっとKumotoさん大丈夫ですね。ハーブティも美味しそう。エルダーは家にも植えたことがありますが、
若芽にびっしりダニがつくのです。薬はかけたくないのでエルダーは諦めました。
市販のシロップは常備しております。

保存食作りには私も興味があり色々作ったことがあります。
最近は食べる家族もいないし、友人たちもどんどん減ってしまって
家で色々作るのも控えざるを得ない羽目になっております。

今年は畑の土を入れ替えてカーボロネッロを作りたいと思っております。
以前イタリアのタネを入手して作ったことがありますが、肥料不足だったせいか
お天気のせいかあまり良く作れませんでした。
今年再び挑戦しようと思っています。

雨樋は断然銅が良いです。
お金なんかに代えられません。
年月が経った時の風格が違いますもの。
Commented by tomomato at 2018-02-06 17:28
poteriさん、 今日のお昼は坦々麺ね〜 楽しんでね〜 そうそう、切り干し大根で作ってたから! それを具にするんだよ。美味しくできたら教えてね。^ー^このハーブティの組み合わせ、冬に最強、 しかも美味しいので、ついついこればかり飲んでしまうのがいけないところ。 途中で別のお花に変えてみたり、ベルベインに変えてみたりするけれどやはり冬はこれが一番美味しくって。 同じものばかりは良くないんだよね。  kumatoさん、 今日はだいぶマシになったようでよかったです。 ホッとしました。 
Commented by tomomato at 2018-02-06 17:31
fran9923さん、 腰も膝も打ってしまって昨日はかなり参っていましたが、今日はだいぶマシになったようでバリバリ力仕事しています。 涙     ハーブティとっても美味しいです。 でもfranさんは、日本のお茶派でしょう?私は日本に帰るとハーブティなんて飲みたくもなくなるのです。 胃を壊した時のミントティを持って帰りますが、あとは全然。 不思議ですよね。 土地にあった食べ物、飲み物があるのかなと思います。  このハーブティはかなり美味しいです。 自然な甘みと香りがあって、大好き。 風邪予防にもなるので一石三鳥です。 
Commented by tomomato at 2018-02-06 17:33
asaporonさん、 え〜! 台湾でも雪が降るの???? 驚き!!   それは家の中は寒いでしょう、 母の古いマンションも断熱ちゃんとされてないから、エアコンつけても十分に温度が、今年は上がらなみたいでとても寒がっているの。私も二月中に帰るのが恐怖だわ。 家の中でぬくぬくしているから・・・・・    このハーブティは本当に美味しいのよ。 私はあまりハーブティ系じゃないんだけれど( 作ってる人が言うか?って 笑) これは美味しい。 笑    冬のために今年もたくさん収穫したいな〜。 
Commented by tomomato at 2018-02-06 17:35
鍵コメkさん、 げ〜 骨折。 真っ青。   幸いkumatoさん、 今日はだいぶマシになったみたいでよかった〜。kumatoさん、軍隊で訓練受けたとかで転び方が天才的にうまいの。 今まで、普通はこれじゃ何本も骨を折っているあろうと言う転倒の仕方を何回か目の前で見てるけれど、 いつも軽い打ち身で済んでいて、本当にすごいと思う。 今回はそれでもひどいダメージだったので心配してたけれど、朝からもりもり力仕事しちゃってる〜 涙
Commented by MK at 2018-02-06 17:52 x
ライムギの原型は初めてお目にかかります。
ライブレッド大好き、サワードウのパンも大好きです。
なんでもこうしてお家で作られるって素晴らしいです。
粉挽きもお宅でなさるのですね。製粉きってこれも初めてお目にかかります。

ユフカってトルコのあの薄い皮でしょー。
イタリアで手に入るのですか。
市販のユフカが手に入れば便利ですよね。

レモングラスは寒いところでは無理かもしれませn。
ポットに上げて屋内に取り込んで冬越しすれば大丈夫でしょう。

Commented by tomomato at 2018-02-06 21:26
MKさん、kumatoさんは、今日はだいぶマシになったようで、アニカが効いて本当に良かったです。 少し変な歩き方をする程度で済んでいます。 おおごとになるような転び方をしたようでした。  kumatoさんは、自分では薬を飲んだり塗ったり絶対しない人なので、 追いかけてやっています。 やってもらうのは好きなようなので、まあ良かったのですが。エルダーフラワー、 野生のものでもたまに虫がびっしりのものをよく見ます。綺麗なものを選んで取ってきてからもじっくり検査して、 太陽の元にしばらく晒しています。 やはりあんなに良い匂いがするものですから虫も大好きなのでしょうね。 うちも保存食、 ちょっと作りすぎで、 だんだんと消費するものとしないものとを分けて余らないように工夫はしているのですが、 昨年は果物が豊作でまだまだコンポート類が減りません。 砂糖を取りすぎたくないと言うのもあるので、難しいところです。 ジュースなどは砂糖なしで作ってもある程度保存できることがわかったので良いのですが。  そのうち店でもしようかと・・・・ って言うのは冗談です。 笑
カーボデネーロは、 冬に強く、 滋養が深い野菜ですので、是非ともオススメします。 最初食べ方を知らずに、kumatoさんも育てたはいいけれどダベ方を知らず大きく育った葉っぱを持ってきて、 なんて不味い野菜だろうと思ったのですが、色々と調べて、 それ以降は本当に毎年食べるのが楽しみな野菜になりました。 うまく育つと良いですね。 うちの野菜は肥料は全く使っていません。 代わりに枯れ草でマルチをしています。 カーボデネーロはあまり肥料も必要ないと思うのですがどうでしょうか? 気候にむしろ左右されるかもしれませんね。
うふふ、 銅の雨樋の応援ありがとうございます。 ^ー^   好きな方がいらして、 とても嬉しいです。 
Commented by tomomato at 2018-02-06 21:32
MKさん、コメントのお返事の途中、買い物に出てしまったので一人だけお返事が遅れてしまって申し訳ございません。 ライブレッドお好きなのですね! 私も、100パーセントでも大好きなのですが、kumatoさんは100パーセントは重すぎるようで、 たまにしか焼けません。 このライ麦は、 私たちのお友達の仲間が、この土地で作ったものを分けてもらったものなので少し特別なのです。 なので異物の混入具合がかなりあっても、 思い入れがあるので大切にいただいています。  粉挽き、これは小さなもので、 本当は手動の方が良いのですが便利さに負けて電動を購入しました。 色々と挽けるのでとても便利です。 米粉もこれで挽けるので助かっています。  
ユフカは、おそらくミラノあたりまで行けば買えると思うのですが、うちの近くの町にはトルコのお店がないので、バーゼルに行った時にいつも買っています。 バーゼルにはトルコ人のお店がいくつかあるのですよ。 色々と使えて便利ですよね。    レモングラス、今年はきっと大丈夫だと思います。 
Commented by ノラ at 2018-02-07 10:30 x
軍隊で訓練受けたとかで転び方が天才的にうまいってありなんですね。
怪我がなくてよっかた
仕込んだパンを一緒に車に乗せて連れて行くこともあり?
面白すぎです。

雪の下キャベツはおいしいでしょうね。
我が家の雪の下白菜は、凍傷でボロボロです。
大根は地中に避難させておきました。
こう書いたら。雪国?って思われるかもしれないんだけど、今年は寒い日が続いて勝手が違うんですよ。
奈良県の里山だから、やっぱし寒いかな?
Commented by tomomato at 2018-02-07 17:05
ノラさん、 一度、 お風呂でシャワーを浴びていて(西洋式の背の低いタイプのバスタブの中です)、 そこで滑ってバスタブのヘリを超えて外側(トイレとかビデとかある) にすってんころりんと転んだことがあるのです。  その時は本当に真っ青になりました。 普通にすってんころりんではなく、 バスタブのヘリにとことんぶつかって頭から転んだので。 ところが柔道の受け身のようにくるりと一回転して、 裸だったにも関わらずほとんど傷がありませんでした。 普通なら確実にひどい骨折をしていたと思います。 軍隊では、 気の優しいkumatoさんは役に立たないどころか精神を病んで、最終的には保健隊員となって義務を果たしたそうです。 って余計なことを書きました。 仕込んだパンを乗せていくのは今まで、何回もあったのですよ・・・・・  笑   ヘラと、濡れたタオルを持って行って・・・・ 涙     白菜残念でしたね。 大根は地中が一番ですよね。   奈良県の里山は、冬かなり寒くなるでしょう?  知り合いの方が一度連れて行ってくださったのですが、 もう忘れかけたような日本の原風景で美しく、 感動しました。 
Commented by marsha at 2018-02-07 19:02 x
Kumatoさんの打ち身は酷くならなくてよかったですねー。
効き目の良い何か良いものがあるようですね。  アニカってなんでしょうか。

家ならアロエの葉っぱを取ってきて汁を刷り込むくらいでしょうか。
そちらにも 医者要らずのような植物か何かあるのですか。

連日低温注意報が出ている愛知県です。
北陸の大雪のことを思うと寒いくらいで文句は言えません。
着込めば良いのですから。 
Commented by ノラ at 2018-02-07 19:10 x
お風呂での受け身なかなかですね。
心優しいkumatoさんが軍隊に行くということは、徴兵制があるのですか。
イタリア軍ですよね。バチカンのイケメン兵士はスイス兵らしいですね。

パンはへらで切り分けて濡れタオルをかけてベンチタイム?とかですね
本当可笑しいわ

畑は標高400メートルなので、自宅と4度の温度差があり結構寒くなります。
だから夏はクーラーなしで過ごせるんですよ。
吉野山(桜で有名)や、高野山にも近くて 
tomomatoさん宅にはかなわないけど
180度の展望で吉野の山々が見渡せるんです。

Commented by tomomato at 2018-02-07 19:17
marshaさん、 昨日はまだびっこを引いて痛みがあるようでしたが、今日はほぼ大丈夫のようです。 本当によかったです。 アニカ〜アルニカと日本では呼ばれているかも?  は、 高山植物の美しい花で、 うちみや青み、ショックなどによく効くのです。 そのエキスを抽出したアルコールや塗り薬、そしてホメオパシーにした飲み薬などが自然薬店で手に入ります。 私が愛用しているのは日本でも知られるようになったヴェレダ社のもので、 これほどうちみ青みに効くものは見たことがありません。 手術などの回復のためにもアニカの飲み薬など効きます。 もしどこかで目にすることがあったら、 試して見てくださいね。 アロエやびわよりも効きます。 (びわもエキスがあるのですが、 何しろアニカが一番効くので、 そちらばかり使ってしまいます)回復がものすごく速いです。   ついでに、 皮膚系の問題、 怪我などはカランジュラです。 これもものすごく効きます。    今年は日本中で寒さが厳しいようですね。どうぞお身体を大切になさってください。
Commented by tomomato at 2018-02-07 19:22
ノラさん、 kumatoさんはスイス人で、スイスの兵役に行きました。 当時は完全兵役義務が男子にあり、 現在もそうなのですが、兵役に行く代わりに社会的ボランティアをすることで免除される場合もあるようです。 知り合いの方は、 何十年も毎年ある一定の時期に兵役に行って、 かなり上の位まで上がったことを自慢されています。 (いかにもよく鍛えられている方です)  kumatoさんには耐えられなかったらしく、 色々と問題が起きて、 ’精神的虚弱者’ と軍の医者に判断されて、 普通の訓練ではなく保健生として義務を果たしたそうです。 色々と不思議な話を聞きました。   スイスの軍隊はすごいですよ。 あのアルプスの山のあちらこちらに隠れたシェルターがあって、軍の訓練をしているのです。 ある意味とても現実的ですよね。    サワードウのパンは、一次発酵の時に最初の3時間くらい、30分おきにパンチのようなものをするのです。 ほんの3分くらいの作業なのですが。  それをすると酸素が十分に入って発酵がスムーズに行きます。  切り分けてベンチタイムとかはさすがに車の中では無理 笑 ノラさんの想像に思わず笑ってしまいました。 笑    奈良は素晴らしいですよね。 kumatoさんも、奈良の里山に行った時に、 初めて日本の美しさを見たと感動していました。 今はどこに行っても新幹線に乗っても同じような家ばかり、光景ばかりですものね。
Commented by alpinistin at 2018-02-08 05:35
Tomoさん
こんばんは。みなさんのコメントを見て、Kumatoさんひどいことにはならなかったようで、ほっと一安心ですね。引き続きお大事にしてくださいまし。
そちらはまた銀世界ですか!天気予報では今週はとっても寒くてEistag (最高気温が0度以下の日のことを言うそうです。)が続くとか言っていたのに、全然そんな気配もありません。アルプスを一つ超えただけなのに、面白いですね。
面白いと言えば、パン生地を抱えてプールへ行ったりするTomoさんもとっても面白いですよ。うふふふ。
そして、また一つ勉強になりました。乾燥インゲン、そんな使い方があったんですね!あれ、見た目はひからびたミミズみたいだし、レシピと言えばワンパターンにクルミの入ったサラダくらいしか思いつきませんでした。ちょうど餃子が食べたいと騒いでいる方が1名いるので、担々麺も一緒に作ってみましょうかしらねえ。。。
Commented by tomomato at 2018-02-08 06:58
alpinistinさん、kumatoさん、 まだ本調子ではないようですが、かなり平気になりました。 明日はスキーに行こうと張り切っているので大丈夫だと思います。  銀世界はほんの一瞬で、 今日は曇りでした。 でも気温は低くとても寒いです。 暖かなあの日々が遠いわ〜 遠い目.....  パン生地抱えてプールじゃなくって、河原ですよ〜〜〜 笑   すでに5、6回そういうことがありました〜。 みんな何してんだろう? って感じで見ています。日陰のバスケットに、30分おきに手を突っ込んでて 笑   乾燥インゲン、サラダにするのですか? 初めて聞いた! スイスでは肉の煮込みに入れるんですよね。 良い出しが出ます。 私はあれできんぴらみたいにしてました。あとドライトマトと炒め煮にしたり。 乾燥インゲンはうちでつくっているので、もし他にも良い食べ方があったら教えてくださいね。 坦々麺にはなかなか良い出しが出て、くるみとの具材にもよくあってとても良かったですよ。
Commented by papricagigi at 2018-02-10 05:37
担々麺のレシピメモした~♪ 体もあったまりそうっ。tomさんところにくると、美味しいものがいっぱいで、写真もきれいでほっこりするよ。ランチブレークに私の質素なお弁当を食べながら、tomさんのブログ見るの好き。気持ちだけでも美味しいもの食べてる気分になっちゃうよ。あはは。
以前もびっくりしたけど。。。粉挽いてる。。。すごい~。粉だけみていても美味しそう! お茶のハーブたちもきれいね♪
Commented by tomomato at 2018-02-10 06:02
papricaさん、 坦々麺作って〜 坦々麺仲間を作ろう 笑 papricaさんはお肉食べるだろうからひき肉で普通にやっても大丈夫よ。 笑  poteriさんみたいにお味噌でも良いのよ。 うち、封印したお味噌しかないので使えなかったの。 醤油だけでもすごく美味しかったけれど。 うふふ、 美味しそうなご飯見て栄養つけて〜 笑  ひきたてのこなだと香りが全然違って、 全粒粉はすごくいいわ〜。 白こなは、白こなで使っているけれどね。 中間のは、さらに挽いたのをふるいにかけて使うこともあるよ。  ハーブティ、綺麗だよね。 自然のものって綺麗よね。^ー^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

修復現場とベルベデーレの断面図
at 2018-02-17 06:02
kumatoさん帰宅とパン焼..
at 2018-02-16 06:55
ベルベデーレ
at 2018-02-14 05:24
カメラのケーブル
at 2018-02-12 19:39
おうちごはんと名刺作り
at 2018-02-10 06:30

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

papricaさん、 ベ..
by tomomato at 16:37
fran9923さん、今..
by tomomato at 16:28
MKさん、晴れて、寒い日..
by tomomato at 16:26
ベルベデーレ♡ 説明を読..
by papricagigi at 15:15
スキーに行けなくて残念で..
by fran9923 at 09:09

検索

タグ

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧