プロヴァンスの旅 4




a0278382_04314565.jpg




マルセイユに一泊した後は、 サン・レミ・ド・プロヴァンスのアパートに四泊してプロヴァンス方面を観光する予定にしていました。 
宿泊所を同じにした方が、例え車の運転距離が長くても絶対に楽! と運転手であるkumatoさんの希望でそうすることにしましたが、 確かに毎日出かけて同じところに帰ってくることができるのは、ある意味とても楽でした。
ただし、 エクサンプロヴァンスは予定がずれてちゃんと観光しそこなったので、かなりの距離をkumatoさんは再びエクサンプロヴァンスまで戻って運転することになってしまったのですが・・・・・

サン・レミ・ド・プロヴァンス(以下、サンレミと省略します)は、ゴッホがアルルで耳切り事件を起こした後に過ごした精神病院の修道院がある場所です。 病に苦しみながらもゴッホはこの街で、精力的に制作を続けこの場所にちなんだ数多くの作品を残しています。  ここをプロヴァンス旅行の拠点に選んだのは、 ここならば北のリュベロン地方にも南プロヴァンスの街にもアクセスしやすいからです。  





a0278382_04305364.jpg
   


ついた翌日は水曜日、 サンレミの大きなマーケットの日でした! 
本当はサンレミは宿泊するだけで、別の街々を中心に訪ねる予定だったのですが、マーケットならばぜひサンレミの街をちゃんと見てみないと!!   



a0278382_04312811.jpg



これが、 街全体が大きなマーケットだったのには驚きました。 
街の端から端までマーケットのお店が続いているのです。  こんな大規模のマーケット、見たことないかも? 
(あ、ニースもかなり大きいですが^ー^)





a0278382_04315820.jpg




もう、ありとあらゆる美味しそうなものが、次から次に視界に飛び込んできて、 目移りして大変でした。
さすがフランス!! 





a0278382_04310680.jpg




アパート滞在にしてよかった〜〜!!  これ、見るだけ見て、食べられないんだったら悲しすぎる〜




a0278382_04320897.jpg



プロヴァンスのオリーブも、いろいろな種類のタプナード(ペースト)も、 ソーセージもチーズも、肉も魚もお菓子も、ありとあらゆるものがありました。





a0278382_04324092.jpg

チーズはね、もうフランスに来てから一体幾つ消費したことか???
イタリアで買うチーズも美味しいのですが、フランスチーズはまた風味が違うのですよ。
おフランスです。 笑 

もちろん野菜もありました!




a0278382_04333824.jpg



オーガニックの屋台もありましたので、 あれこれと野菜や果物を買い込みました。 




a0278382_04325971.jpg



洋服を売っているエリアもありましたよ。洋服に興味のない人がおりましたので、 素通りしましたが。涙
ファブリックも売っているようでした。


サンレミの街も、 とっても素敵で良い街です。 美味しそうなお菓子屋さんやパン屋さんもあるし、レストランもあるし、 エクサンプロヴァンスよりは規模がだいぶ小さいのですが、(半径300m以内) 可愛らしいお店もあってここに滞在することにしてよかったなあ・・・・ と思いました。

アパートは、街の中心から徒歩5分なのですが静かな住宅街にあり、とても落ち着けるところでした。




 


a0278382_04322893.jpg



かご屋さんもあったので、思わず見入ってしまいましたが、 もうすでに一つ買ってもらったので、ぐっと我慢です。




マーケットで買い込んだものを車に一旦置いて、ゴッホのいた精神病院に行ってみることにしました。 
精神病院というので、どうかな〜なんだか暗そうだしな〜 と思ったのですが、 kumatoさんがせっかく来てるんだから行こうよ! というのでツーリストインフォメーションで地図をもらって行って見ることにしました。
その精神病院の修道院まで、ゴッホにちなんだ道があると調べて知っていたのですが、母が歩けるかどうかわからないので一応車で街まで来ておりましたが、 インフォメーションで高低差があるかどうか、どのくらい遠いか確かめた上で母も少し歩いてみたいというので、ゴッホの道を歩いてみることにしました。 




a0278382_04343148.jpg



ゴッホは、入院中もずっと絵を描いていて、 安定している時には付き添いの人と一緒に街の方に散歩に出て、その道中絵を描いていたのだそうです。 この精神病院にいくまでの道のりにいくつもゴッホが描いた絵のポイントがあり、それぞれの場所にこうした説明が書かれています。 ゴッホが弟や他の人たちに書いた情熱的な手紙の一節がそれぞれに引用されていました。 そこにはゴッホが絵を描くことを通して新たに発見したこと、自分の課題などが詳細に渡って書かれており、ゴッホの真摯な姿が目に浮かび胸が打たれました。  この、ゴッホの書簡の本があるそうなので、ぜひ読んで見なければ・・・・ と思いました。 

この看板のところは、 家が立っていてこの光景は見られませんでした。笑  風景が変わってしまったところや、また、正確にいうと、看板のあるその場所を描いたわけでもなさそうです。 




a0278382_04344530.jpg



ゴッホの時代は、畑や野原が広がる田舎道だったようですが、 今では幹線道路の一つですので、交通量も結構あります。 その歩道沿いをこうしてテクテク歩いていくのです。 kumatoさん、すっかりゴッホになった気分。 




a0278382_04381384.jpg




ゴッホの絵によく出てくるツィプロス(糸杉)もあちらこちらに生えていて、 あ〜 本当にゴッホの世界だな〜という感じです。
 
それから、何よりもプロヴァンスに来て驚いたのは、その光の強さなのです。  コートダジュールの光とはまた全然違う光で、 時々、サングラスなしでは目も開けていられないくらいで、全てのものがその強い光に照らされて輝いていて全く違うのです。 この光の質には、 私もkumatoさんも母もプロヴァンスに滞在中、何度も何度も驚きました。  
当時の画家たちが、’光を求めて’ プロヴァンスへやって来た・・・・・ ということの意味を、その場に身を置いて初めて本当に理解することができました。 




a0278382_04352923.jpg






街をだいぶ離れてくると、 野原が広がりゴッホが描いたと同じような光景が目の前に広がります。






a0278382_04375725.jpg




このゴッホの道は旅行の準備をしている時には、 母はきっと歩けないだろうし、看板が立ってるだけだし、別にどうでもいいかな? と思ったのですが、 ガイドブックやネットで調べるのと実際にその場に身を置いて見るのでは大違い。  なぜゴッホが情熱をかけて絵を描いたのか、 その場に身を置くとなんとなくわかるような気がしてくるから不思議です。




a0278382_04382679.jpg
a0278382_04384373.jpg



kumatoさん、張り切ってスケッチブックを持って来たので、 何箇所かゴッホの光景をスケッチをしていました。




a0278382_04385482.jpg
a0278382_04390520.jpg




もうね、このあたりになってくるとkumatoさん、口数が少なくなって、私たちから離れて歩くのですよ。
一人でゴッホの世界に浸って、 もう感極まってる感じ。 笑 



a0278382_04392961.jpg



さあ、やっとサン・ポール・ド・モーゾ修道院に着きました。 1km 強の道のりだと思うのですが、 途中、 説明を読んだりじっくりと光景を眺めながら歩いたので結構時間がゆっくりと過ぎていったような気がします。 



by tomomato | 2017-07-18 05:57 | お出かけ | Comments(6)
Commented by fran9923 at 2017-07-18 10:06
こうしてみるとなんでもない景色のように見えるけど、やはり実際に身を置いてみると、違うのでしょうね。
それはよくよくわかります。
kumatoさんがすっかり感動した気持ち。
随分年月がたっても空気は同じだったのですね。
Commented by さなえ at 2017-07-18 11:00 x
わー、良いですねえ。ゴッホの道、私も歩いてみたい。写真と記事を拝見しているだけでワクワク、興奮してます。仕事が溜まっているのですがw。
Commented at 2017-07-18 12:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomomato at 2017-07-18 15:08
fran9923さん、 そうなんですよ、 私もネットで調べて写真を色々と見ていて、イマイチ面白くなさそうだなあと実は思っていたのです。 これは車でささっと修道院まで行くので良いのでは? と。 でも不思議。 看板読みながら歩いているとすっかりゴッホの世界に入ってしまいました。 最初は家々の光景がだんだん田舎になっていって、当時の面影が残っている場所になって行くのもよかったかも。 修道院に着いた時にはすっかり気分に浸っているので、修道院での見学が気分が一層深まったような気がします。 
Commented by tomomato at 2017-07-18 15:10
さなえさん、 是非是非いらして見てください。 仕事なんか忘れて! 笑 説明はフランス語と英語でありましたよ。 読みながら歩いていると、 すっかりゴッホと一緒に歩いているような気分になります。 
Commented by tomomato at 2017-07-18 15:13
鍵コメちゃん、 このマーケットは本当に大規模でびっくりした〜 タプナード、本当に色々な種類があるのでびっくりよ。 これがまた美味しいの。 さすがおフランスよ〜〜〜〜
実は、 こののこぎりで切っているヌガーのお菓子、シチリアのや前にアルザスで買った時のはものすごく美味しく、私も母も好きなので買おうと思ったの。 で、試食をバンバンさせてくれているからもらって食べたら////  美味しくなかった〜〜〜 だから買わなかった〜〜〜〜 笑    作る人によるのかね??  私たちが知っている味と全然違ったよ。   このお菓子、ものすごく高いんだけれどね、 試食させる意味がないよね。笑   (写真は試食する前に撮ったから美味しそうに取れてる 笑) 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ドイツ・クリスマスマーケット..
at 2017-12-15 17:11
ドイツ・クリスマスマーケット..
at 2017-12-14 05:35
家に戻りました
at 2017-12-13 17:22
十二月一日 初雪
at 2017-12-02 06:03
冬が突然来ました
at 2017-11-29 21:44

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

お母様とのドイツ旅行、実..
by francana at 23:34
francanaさん、 ..
by tomomato at 05:48
おかえりなさいませ~ ..
by francana at 19:06
paprikaさん、確か..
by tomomato at 06:33
ノラさん、おかげさまでゆ..
by tomomato at 06:28
poteriさん、やっぱ..
by tomomato at 06:25
リビオさん、こんな雪の日..
by papricagigi at 14:10
寒くなりましたね 屋根..
by ノラ at 11:10
そう言えば私達が信頼して..
by pot-eri at 22:38
poteriさん、そうな..
by tomomato at 00:58

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧