不思議な文豪の旅




a0278382_22213110.jpg



昨日、 何とも不思議な日帰りの旅に行ってきました。

ことの始まりはこう、 母が近くの書店で本を購入した際に抽選のようなものがあり、 ’文豪の旅’ という無料の旅行が当たった?????のです。いくつかコースが選べた様ですが、母は駿河の旅を選びました。 
無料になるのは一名だけ、 同伴者は決して安くはない旅行代金を払って参加することが出来ます。

が・・・・・  行く前から実は、 私はどのようなものかは想像がついておりました。 以前に近くの温泉で似たような抽選があり、 その時に勝手に私の名前を使って母が応募して当選したことが有ります。 そして二人で参加したのですが、(一名は結構な料金を払って)まずは真珠とトルマリンのアクセサリーの工場に連れて行かれて缶詰! になり、 その後はいくつか大きなお土産屋さんを廻りました。  ただ、 その時には他に何かちゃんとした見物はあったような気がします。 そうそう、その時には抽選の一等がその旅行で二等が何か景品だったのですが、 一等の当選数が二等よりも格段に多かったのでこれはあやしいな・・・とは最初から思っておりました。
 
どうせ今回もそういう感じだろうなと予想はついていたのですが、 無料となると参加しないと損と思うのか、母は私と一緒に行きたそうでしたのでつきあうことにしました。  


そして・・・・・ 予想どおり、 いや、 前の旅よりも もっともっと凄かった〜〜〜〜

今回の駿河の旅では、焼津に行くと聞いていたのでしたが、すぐに高速に乗らないのでおかしいなと思っていたら、まず最初に連れて行かれたのは横浜の毛皮専門の工場販売店。 そこでクイズや毛皮製品についての説明を受け、一応工房見学(廊下のガラス窓から簡単な説明があったらしいです。母のお手洗いを待っていたので見ませんでした)をして、 その後、 毛皮製品が陳列された大きなお部屋に缶詰〜〜〜〜〜〜 !!  この旅行全体で最長の滞在時間75分間、 このお店にいました。 ゲーム形式で絨毯や毛皮の布団敷物、毛皮のコートなどを試すようになっていました。  

すべて工場卸価格、 定価の半額、 本日だけの特別お値段 などのうたい文句で、大勢の元気のよい販売員さん達の販売攻勢が凄かった〜    一枚だけいいな、と思う毛皮のコートがありましたけれど、 半額といったって、ウン十万を思いつきで買ったりするほど懐には余裕がありませんので、 絨毯や布団敷物など思う存分気持ちよくトライするだけにしました。 こういうお店は、好きに退場できないようになっていて否が応でもすべての商品陳列を見るようにお部屋が配置されているのですよ。けして逃げられません。笑  出口は簡単に見つからないようになっていて、 ある一定の時間はここに軟禁状態になるしかないのだと思わせるように出来ています・・・・笑    

でも、結構、購入なさる方達がいらっしゃいましたのでその方が驚きました。 

毛皮のお部屋がいくつかあって、なんとか出口をやっと見つけて通り抜けることが出来たかと思ったら、最後には大きな普通の食品のお土産コーナーが待ち受けていました・・・・ 前の真珠とトルマリンの宝飾店も確かこういう風になっていたと思います。最後の最後まで、ただでは帰さない!!????  (お菓子、まんまと買いました 笑)   


その後バスに乗って焼津まで一気に向かい、 昼食会場に行きました。  マグロが売り物だそうで、 マグロの焼き締め実演を見学した後、300人はゆうに入る巨大な食堂にて昼食を頂きました。 その後地上階の・・・・・



a0278382_22224862.jpg


お土産売り場へ〜〜〜  マグロ製品を始めとした様々な商品がこれでもか! と並んでおりました。



その後、 日本一の千手観音があるという焼津の大覚寺というところに行きました。




a0278382_22225410.jpg



お寺の歴史はかなり古いそうですが、 お寺の建物や千手観音はごく新しいもののようです。 住宅街の中に巨大なお寺があって、 バスの駐車場も整備されていて不思議な雰囲気でした。 ここで住職さんのお話を伺い、 お参りをした後にはお守りやお札などがお堂の両側にずらりと並んでいてそこでお買い物・・・・・ 帰りに境内にある売店で甘酒が無料で配られ、 そこにも美味しそうなお菓子がたくさんあり、 またもやお買い物。 ( ここのお菓子も購入しましたが、凄く美味しかった〜)



次に向かった先は、 わさび漬けの工場販売施設でした。 ガラス張りになった工場を簡単な説明を聞きながらざざっと見学して、 その後はわさび漬けやわさびを使ったお菓子などを始め、たくさんの商品が置かれた大きなお店で、ゆっくりとお買い物タイム〜〜〜〜・・・・・・・・

そして、その後向かった先が、丸子にある 駿府匠宿 というところでした。 ここは和風の建物があって、伝統工芸の体験工房がいくつかあり、レストランや売店や展示場を備えた総合施設でなかなか面白かったです。 (やっと・・・何か見る物が・・笑)





a0278382_22225868.jpg
a0278382_22230248.jpg

ツアーの見所は、期間限定で展示されているおひな様でした。 


この丸子という所は、昔の里山の風景が残っていてとても素敵なところでした。 この駿府匠宿は新しい施設ですが、そのすぐ裏には・・・・




a0278382_22230548.jpg
a0278382_22230836.jpg



このような素敵なたたずまいの民芸品店や茶房、 版画を展示してある場所などが昔懐かしい光景の中に点在しており、また丸子城跡に向かうのぼり口もあり、ぜひゆっくり散策してみたいと思いました。 

また、駿府匠宿そのものにも伝統工芸品の展示場もあるし、工芸品を扱うお店もあるし、工房もなかなか面白そうだし、 この日はコーヒーのイベントもあるしでじっくり見て廻りたかったのですが・・・・・ 何とすべてを見るのに所用時間たったの40分!  おひな様を見て慌ただしく歩き抜けて、 一番すいているスタンドで買ったコーヒーをやけどしそうになりながら急いで飲んで、お手洗いに行って終わりました。 滝涙。

何故、毛皮のお店に75分でここが40分なのか????      



最後に、わざわざ沼津に向かったのですが、 行った先はインターチェンジにほど近い干物の販売センター。 焼津でも海産物の大きな売り場に行ったのですが・・・・ 母に言わせると焼津と沼津では扱っているお魚が違うから・・・・・ と・・・・・・・
(はい、あじの干物、ここで買いました せっかく来たんだし) 

行きの車窓からは富士山や海が見えて気持ちよかったのですが、 それ以外にはほとんど景色など見るところはありませんでした
あ、丸子付近の山は奇麗だった〜 桜も梅も咲いてたし。
 
最後の最後まで、 いったい何処の何が ’ 文豪の旅 ’ なのかは謎でした。 笑


こういう無料の旅は、 工場やお店からの補助金で成り立っているのでしょうから仕方が無いのだろうなあとは思うのですが、ここまで徹底して おかいもの旅 が存在することに本当に驚きました。  しかも同伴者の料金は結構高く、 かなりの人たちがやはり一人よりは二人ということで同伴者と一緒に来ているので、そこで儲けがでてるのかな??? と思いました。 

でもね、でもね、
一番ビックリしたのは、皆さん、 これまた、買うのですよ〜〜〜〜〜〜 凄い勢いで。 
私たちもかさばる素朴なお菓子と干物を買ったので、小さなリュックサックが一杯になりましたが、皆さん、そんなもんじゃない=帰りには大きな袋がいくつも車内に積み上がって、 持ちきれないほど買い込んでいらっしゃいました。
  
そして、 だ〜れも ’買い物ばかりじゃないか! ’ などとけして文句を言わず、 楽しんで買い込んでいらっしゃるのです〜〜〜〜〜〜!  

ぶつぶついってんの私だけ・・・・・笑 


中国の方達の爆買いのこと、 けして言えませんね〜〜〜 
逆に、もし中国の方達向けにこういうツアーをくんだらもっと売れて良いのではないかしら? と思いました。


お一人、とても年をとったご婦人が杖をついて参加されていて、おそらく娘さんと思われる方が付き添っていらっしゃったのですが、 本当に楽しそうに、嬉しそうにお買い物を楽しんでいらして、 微笑ましくこちらまで嬉しい気分になりました。 

ほとんどな〜んにも見たり体験したりと言うことの無い旅行だったのですが、 それが驚きでもあり、新鮮でもあり、普段自分では絶対に経験しないような経験をして( 毛皮のコート試着するとか!  きんきらきんの新品仏像を拝むとか! これほど多くのお土産物を見て回るとか!) 、 それなりに楽しかったです。 

次回、母がまた抽選に  当たってしまったら(多分申し込んだ人全員に当たるに違いない)

私、どうしましょうか・・・・・



a0278382_22231495.jpg
 


家に余っている粉があったので久しぶりにパンを焼いたのですが、 もうパンなど焼かなくなった母の家にはスパチュラもクーペを入れる為の刃もなくちょっぴり困りました。  包丁で無理矢理クーペ入れたら(切り裂いたら・・・)こうなりました。涙 
東京近辺ではおいしいパン屋さんがいくつもあるから、 パンを自分で焼く必要は無いですね。  薪ストーブでパンを焼く日々を懐かしく思い出しました。 




by tomomato | 2016-02-14 23:37 | お出かけ | Comments(5)
Commented by Saki at 2016-02-15 11:38 x
私も当たったことあります。おかしいなと思って調べてみたら、
このような旅だったので、人を誘わずに一人で参加しましたよー。
私は、甲府の宝石の店に浅草寺、横浜中華街でランチでした。
何も買わずに帰ってきたので、余計なお金を使わずにすみましたが、
業者からすれば、当てたくない当選者だったでしょうね。
それ以降当たったことがないので、当選させないリストに載ったのかも(笑)
tomさんみたいに同伴してお金を払っていたら、買い物ばかりじゃ嫌だけどなぁ。
でも、買う人がいるんですねぇ。いやー。びっくりです。
Commented by tomomato at 2016-02-15 13:38
Sakiさん、 浅草寺や中華街ランチは楽しいじゃないですか〜 ^ー^ あまりにあまりの内容ですよね。でも私以外はみんな楽しんでいたみたいなので、成り立っているのでしょうね。 お買い物そのものが楽しいみたいだから。 普段食べないもの、うっていない美味しいものを見て、買うのが楽しいのかな〜 そのお年寄りの方は本当に嬉しそうで嬉しそうで、いいな〜 と思いました。 お金は決して安くはないので、 絶対のこれは同伴の人も含めて予算をつくっているのだろうな、と思いました。 
Commented by さなえ at 2016-02-16 18:46 x
宝石会社からのお誘いに何度か行ったことあります。宝石には興味ないのですが、有名な料理店と川遊びとか歌舞伎などが(勿論天井近い所です)セットになって参加費5000円でお得です。でも宝石店集合でそこで1時間ほど店内をぐるぐる回って誘惑をかいくぐらなくてはなりません。1度も買わないからというか買えないからか、最近は滅多にきませんがまたこないかなあw。
ちょっとした刺激になるので面白いですよね。知らない所に娘と出かけるだけで、十二分に楽しいですよ。お母様も楽しまれたでしょうね。
Commented by tomomato at 2016-02-16 23:18
さなえさん、お〜さなえさんも!! 私も一度銀座の某真珠店の歌舞伎+お弁当つきにやはり母に誘われていきましたよ。 私たち以外の方達はほぼ全員買ってました〜〜〜笑 奇麗で楽しかったけれど、買わないのは罪悪感感じました。。でもちゃんとお金払ってますし・・・  こういうの最近は本当にはやっているのでしょうね。何処も観光バスがどんどん来ていましたよ。
Commented at 2016-02-20 12:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧