出水・天草への旅 1





a0278382_13182114.jpg




ご無沙汰してしまいました。  母と一緒に、 九州に行っていました。
出水のツルの北帰行が始まったとか、 まだいるかな〜 と思いながら会いにいってきましたよ。

今年は17000羽のツルが出水にやってきたそうで、まだまだたくさんのツルがいました。




a0278382_13183795.jpg



ツル観察センターからは、広々とひろがる田んぼに餌付けされたたくさんのツル達を見ることができます。 
 
でも写真を撮るならば、良いカメラに望遠レンズをつけて、 ここからではなく付近の田んぼにおりてくる少数のツル達を撮るのが一番良いと思います。
数羽のツルが優雅にゆったりと羽を休め、ときおり空に飛んでゆく姿が本当に美しく、 いつまでもいつまでも眺めていたくなります。 





無事にシベリアまで戻ってね・・・・ と祈りながらツル達に別れを告げ、歴女の母が、前から行ってみたいと言っていた武家屋敷に向かいました。
薩摩藩の武家屋敷が出水にはあるのです。  なんと44ヘクタールもの広大な武家屋敷群で、 多数の家は現代の家に改築されてしまいましたが、合間合間に当時のままの古い家が残っており、石垣や町並みは当時の雰囲気を味わうことが出来る貴重な歴史保存地区になっております。





a0278382_13190553.jpg



観光の前にまずはこの、耦祥庵 という古民家のおそば屋さんで腹越しらえすることにしました。 





a0278382_13190810.jpg



このおそば屋さんについては、人から聞いたこともあり、また、テレビで出水の武家屋敷が取り上げられた時に取材されていて、行ってみたいな〜と思っていたのです。 ただ、おそば屋さんの中にはプライド=敷居 が高いお店もあって、ここも何となくそんな雰囲気なような気がしていたので、今まで行ったことが無かったのです。 今回は、母に楽しんで欲しいし、せっかくレンタカーも借りているので勇気をだして電話で予約して行ってみることにしました。





a0278382_13185093.jpg






古い家を、ご主人がご自分の手で一つ一つ手を入れられたそうで、 入り口も、 お庭も、 家の中も一つの美意識に貫かれていてとても美しい空間でした。でも、かしこまった雰囲気では決してなく、居心地の良い懐かしい雰囲気です。  おそばのメニューもとてもシンプル・・・・・・
ご主人はもとフレンチのシェフだったとどこかで読みましたが、優しい感じの方でした。 


まずは最初にしゃもじにのせられた火であぶった柚味噌と、美味しいそば茶が突き出しに出てきました。 美味しい!! (写真なし)



a0278382_13185280.jpg
 


この日はとろろそばにしたのですが・・・・・・・・ 一口おそばをつるつるっと口に入れて・・・・

う・・・・・う・・・・・・ うますぎる〜〜〜〜〜〜〜!!!?????


思わずうなるほどの美味しさです。

10割蕎麦だそうですが、 もちもちしこしこ、 かって、こんなに美味しいおそばを食べたことは無いかも知れない!!! 今までに味わったことの無い食感と味でした。
ここのそばは何とご主人自らが育てて収穫なさったものを、石臼で挽いて打ったものなのだそうです!?。 こんなに美味しいおそばは食べたことが有りません! と言うと、 秋にそばを収穫して、寝かせて、今頃が一番美味しい食べごろの時期だと仰られていました。 その次には、 夏の収穫が終わった、 7、8月頃が美味しいのだそうです。  何と昨年は、収穫した蕎麦がもうなくなってしまって11月はお店を閉められたのだそうです。  






a0278382_13185950.jpg
a0278382_13190298.jpg




家の中のあちらこちらにはご主人が生けたお花が飾ってあるのですが、 お手洗いの中にも大きなお花が生けてあるのにはビックリしました。
この空間の隅々まで、そしてもちろんおそばにも、すべてにご主人のおもてなしの思いが貫かれていて、まるで茶会席に招かれたような、そんな感じがしました。

実は私たち、このおそばにすっかり感動して翌日も行ってしまいました。 

一日目、あまりにもおそばが美味しいのでとろろそばではなく、おそば本来の味を味わうことが出来るシンプルな ’ざる’ にすれば良かったと後悔したので、二日目はかけそばにしました。 (寒かったので・・・・笑)

もちろん、素晴らしく美味しかった〜〜〜!!

私は、うどんかそばかと聞かれたら迷わずうどんを選ぶほどうどんが好きなのですが、このおそばは毎日食べても絶対に飽きません!! 

そして、二日目は、前日から予約してあったわらび餅とコーヒーのセットも頂くことに・・・・・・ 





a0278382_13211091.jpg


5色のわらび餅ですよ〜〜〜〜
きなこ・ニッキ・すり黒ごま・抹茶・後一つはプレーンだったっけ?? 忘れました・・・・ 美味しい蜜につけて食べると・・・・・

あ〜〜〜〜〜〜 天国〜〜〜〜〜 064.gif


付け合わせの紅ショウガもまるでバラのように奇麗で美味しくて。 
コーヒーも美味しかった!  お茶ではなくコーヒーが合うのです。  見た目の美しさと味のバランス、すべてがおそばと同じように完璧で感動しました。

このおそばを食べにくるだけで、出水に来る価値があるかも???






a0278382_13192822.jpg




耦祥庵は、この出水小学校の向かいにあります。 武家屋敷の門がそのまま残っている小学校です。 

その後、ここによく通っている地元の知り合いとも話したのですが、 ここ、絶対に採算が取れてないと思う・・・・・ 趣味でやってるとしかおもえない・・・・


すべてに意識が通っていて、 美味しくて、美しくて、芸術的で、感動的なおそば屋さんでした。






by tomomato | 2016-02-08 15:19 | お出かけ | Comments(4)
Commented by fran9923 at 2016-02-09 09:00
おはようございます。
お母様すっかりお元気になられましたね。
これならもう大丈夫、かな?

素敵なところに行ってこれらたのですね。
古い建物をうまく残して、まあ、美味しそうなお蕎麦。
写真でもピカピカの美味しそうなお蕎麦だということがよくわかります。
鶴も、滅多に見られないし、こんな古い小学校が今でも現役なのが素晴らしいです。
Commented by tomomato at 2016-02-09 10:44
fran9923さん、 本人はまだま心配なことが有るので、いまいち自信が無い様です。 といってもまだ退院して1ヶ月なので、まだまだ回復するよと励ましているのですが。   このおそば屋さん、ご主人の趣味ですべて手作り(畳まで!??)、とっても趣味が良くて素敵でした。おそばは本当に食べたことが無い味でした。  とっても良いところでしたよ。 
Commented by pot-eri at 2016-02-12 17:09
お蕎麦ぴかぴか輝いているね、美味しそう、食べてみたーい!
私、蕎麦好きです☆
食べ物だけでなく、五感ぷらすあるふぁで満足出来るお店というのは
貴重よね。
九州はいつか訪れてみたいと思っているけれど、新しい目標が出来た!
素敵な記事をありがとう。
Commented by tomomato at 2016-02-14 11:29
poteriさん、 おそば、寝かせてグルテンを出すとか? 知り合いに聞きました。 本当に経験したことの無い食感で美味しかった〜  このお店は心もお腹も豊かに満たされました。 九州には色々と素晴らしい所がありそうよ。私ももっともっと色々と言ってみたいと思ってます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧