2015 kumatoさん in japan -8 夢のタイドプール 





a0278382_15510342.jpg





さて、車中から見た ’タイドプール’ という看板、 そういえば、屋久島案内を見ていた時にちょっとだけ説明があったような気がします。
でも実際にどういうところなのかは、良くわからなかった・・・・・・・・

屋久島と言うとまずは縄文杉、 そしてもののけの白谷雲水峡、 登山する人は宮之浦岳、 後は水が好きな人のためのダイビングや沢登りなどのアクティビティで有名です。 そうそう、 ウミガメの永田浜も忘れては行けません。  それらは調べている時に何回も出て来たけれど、タイドプールはほとんど無かったなあ。 

チェックしてみなくっちゃ・・・







a0278382_15504096.jpg






車を乗り入れると、 そこは青少年旅行村と言うキャンプ場(バンガローあり)でした。  さらに奥に行ってみると道は二つに分かれ、右側に入ると奇麗な海が見えました。 そこには大きな看板があって、海の地図と色々なお魚の絵が描いてありました。 kumatoさん、それを見たとたん目の色が変わりました。  そこはタイドプールではなさそうでしたので、 すぐに反対側、 分かれ道の左側に向かいました。 

またもや看板。   それによると、どうやらタイドプールというのは、タイド=汐の満ち引き によって出来る水たまりのことらしいです。 黒い岩がたくさんある地形で、 潮が満ちると水が入り込み、 ひくとプールのような水たまりがあちらこちらに出来るらしく、そのことによって色々な生態を観察することが出来るようです。





それがね、凄いの。 これを見てください。





a0278382_15504477.jpg






足もとは珊瑚が・・・・・





a0278382_15505325.jpg






kumatoさんと二人で夢中になってしまいました。





a0278382_15504851.jpg





形がおもしろいおもしろい。





a0278382_15505824.jpg




kumatoさんは、

’ ぼく、 ここにずっといたい!! この様々な形状が凄い、 スケッチブック持ってくれば良かった。 素晴らしい035.gif



と超興奮状態。




a0278382_15510645.jpg





こうして出来たタイドプールに、お魚が泳いでいたりして、近くで観察できるのです。 






近く???


ふふふ



それで済む筈が無い!!





a0278382_15513395.jpg




ここに来る前に、 シュノーケルをレンタルしていたので(予約していなかったので最初無理そうだったのですが、運良く、丁度返しに来た人がいて無事に2個借りれました!  でも後で調べたら、 ドラッグストアで買った方がレンタルより安かったかも)    





すぐに海に飛び込み、 タイドプールの外側(海側)の岩場のあたりをシュノーケリングしました。


それがね・・・・




凄いの!!!



あ〜あ、 水中カメラが無くって本当に残念。 色とりどり、大きさ様々な熱帯魚

              たっくさん!!!


ウミヘビがにょろにょろいたりして、 ちょっと怖かったけれど、 こんなに凄いとはビックリ仰天。


kumatoさん、もう感動して涙ウルウル・・・・・


’僕、 人生でこんな素晴らしいの見たこと無いよ!!  って、君、 僕の言っている意味分かる???   こんな経験が出来るなんて、 信じられない、 こんなのあり得ない!!!水族館だってこんなの見たこと無いぞ〜〜〜〜!!  035.gif ’


 
地中海には余りお魚がいないので、 なおさらkumatoさん、 感動したのでしょう。 私は昔スキューバをやっていたことが有ったけれど、 確かにこれはかなり凄いと思う。  素晴らしいと思う。 



屋久島に来るにあたって、 登山ガイドをつけるかどうか迷ったと同時に、 ダイビングや沢登りのガイドツアーやカヌーツアーなどをするかどうかずいぶん迷いました。 来てからも前日に申し込めば参加できるようでしたので、その時の気分で決めれば良いと思っていたのですが、 kumatoさん、 どうもやっぱり他の人たちとのグループ行動ってちょっと無理があるみたいで・・・・・・ (確かに似合わん)      結局気ままに二人で行動していたのですが、  それで本当に充分でした。いや、充分以上でした。 

それにこれだけ素晴らしい海だと、 スキューバ なんてしなくても全然いい。   スキューバーダイビングは、 確かにとても楽しいけれど、 同時にあの大きな機械をつけてぶくぶくあぶくを出して音をたてながら潜ることでかなり海中環境に影響があると聞きました。 決して、素潜りの時とは同じではないと。   
自分も昔やっていたから分かるけれど、確かにそうかもしれません。  

気軽にシュノーケルングしてゆっくり海の中を眺めるだけで、環境にもやさしく、充分に楽しく、 特にここのタイドプールの周りは潜らなくても表面をちゃぴちゃぴしながらシュノーケリングしているだけで感動が一杯でした。  おまけにフィンも借りなかったので、 自力でゆっくり泳ぎながらです。 

だいたい2時間くらいちゃぴちゃぴやっていたでしょうか?   こういうとき、いつも最初にギブアップするのは私。  だいたいついているお肉が違うせいか、私の方が先に体が冷たくなり、 おまけにこの時は顔をひどくケガをしていたのでシュノーケルのマスクが顔を押し付けて痛い痛い。 塩もしみるし。   波が大きいところはすぐにびびるし・・・・・  笑     

実は泳ぎは私の方がおそらくうまいのですが、(昔水泳部) 海の中でのびびりは、 怖い目に何回もあったこともあるのでかなり用心深いのです。 





二人で一度あがって、 私は休みましたが、kumatoさんはさらにもう一度タイドプールの別の側から泳ぎに行きました。 
そちらも超素晴らしかったらしい。 




ここはkumatoさん、心底気に入って、 


’ここに1週間でも2週間でもいたい!!035.gif 山よりいい!! ’


ですって・・・・


いや、山だってもの凄いのですよ。 でも、色とりどりのお魚の前にちょっぴりかすんでしまいました。


いつかまた来ることがあったら、この目の前の青少年旅行村に泊まりたいと言いだすかもしれません。 ただしここはかなり南西の所人里離れた不便なところです。 



ちょっぴり残念なのは、 翌日またここにやって来た時、夕暮れに車でやって来た犬連れのおじさん・・・・・   
大きな箱を二つ取り出したので、

'釣りをなさるのですか??’ 

と声をかけました。 そしたら、 ’ あ、いや、別に、 砂をとろうとおもって・・・’ 
と気まずそうにそそくさと行ってしまいました。 


それで気がつきました。 おそらくその方はこの珊瑚をその大きなコンテイナーにごっそりと持って行かれるのだろうなと・・・・・・
商売の為に? 



ちょっぴり悲しい気持ちになりました。 

そうそう、 屋久島から鹿児島に渡り、 レストランに入った時になんとそのレストランの箸置きがこの珊瑚だったのです。 屋久島のものかは分かりません。 でも、 なんだかそのおじさんのことを思い出して、 少し心に引っかかるものがありました。 











by tomomato | 2015-10-07 18:00 | お出かけ | Comments(2)
Commented by africaj at 2015-10-07 21:48
サンゴすっごい!これは、ごっそり詰めて売りさばいたらいい儲けになりそうだよね。・・・と思う人が増えないことを祈る。
シュノーケルも楽しそう。
私、タイの海で潜った時に感動したけど、きっとそんな感じかな?
私も忘れられないの、あの綺麗な海。
屋久島でできるなら、ますます行きたーい!
Commented by tomomato at 2015-10-07 22:16
africaさん、 本当に凄かったよ。 屋久島は南(沖縄)の海流と北の海流とあうところで、 魚の種類も多くダイビングには凄くいいみたいよ。 
あ〜あ、珊瑚。 箸置き、アクセサリー、 色々と使い道はあるからね。いくらなんでもあんな大きなコンテイナーでごっそり持って行ったらいつかなくなっちゃうよ。そう、砂なんてもれちゃうようなざっくり編み型のコンテイナーなのよ。  誰もいない夕暮れを狙ってくるのでしょうね。丁度日が落ちる時だったから。 がっくり。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧