アルザス・ワイン街道 続き







a0278382_21521092.jpg






さて、 次に向かったワイン街道の村は



リクヴィール Riquewihr




車を降りたら、村の目の前には
a0278382_21521500.jpg





このようにワイン畑が広がります。 グレーの空がちょっぴり残念ですが・・・・・それでも絵に描いたみたいな風景!!!





ここは、 かなり人気のある村らしく、 車を止めるのに一苦労しました。 駐車場はもう一杯で、それに続く道路も路上駐車でどこまで行っても隙間も有りません。 結局、村からかなり遠くに離れたところに止めなければなりませんでした。 母の足を気遣いながら、 下り坂だったのが幸いとゆっくりと歩いて行くことにしました。






a0278382_21522894.jpg



中心街に向かう途中の畑・・・・・ 


か・わ・ゆ・い・・・・・・016.gif


畑の作り方までこんなに可愛いとは・・・・・ さすが、おフランス、侮れません。





a0278382_21523492.jpg






お家の前の小さなスペースですら、こんなに可愛いくしているのです・・・・・ 凄い・・・





a0278382_21524266.jpg




すっかりおフランスな気分に浸るkumatoさん・・・・035.gif







a0278382_21524925.jpg





この方、 母国語のスイス・ドイツ語のほか、標準ドイツ語、英語、イタリア語、そしてフランス語もおできになります。
旅行の際にとっても 便利 役に立って下さいます。 kumatoさんの学校は、ドイツ語圏に有るのですが、フランス人の学生さんも多く、 フランス語が飛び交います。  私、いつもチンプンカンプン・・・・  フランス人、 ほかの言語を話せない=話そうとしない人 が多いです。   





a0278382_21525782.jpg




城壁の中に入ると、 可愛い家並が続く通りに入ります。 前の村と似ているけれど、微妙に違う雰囲気です。





a0278382_21530229.jpg
a0278382_21530736.jpg




入ってすぐのところのレストランで、熟成が進んでいない新ワインが一杯1ユーロだったので、飲むことにしました。







a0278382_21531266.jpg




おいし〜〜〜〜〜い!069.gif   


今、この時だけ飲むことが出来るお味です。そういえば、去年はウィーンの郊外で飲んだな〜〜〜〜。 







a0278382_21533387.jpg




この村も可愛いお店がいっぱいで、 再び右に左に首をクルクルまわしながらうきうきと歩きました。




a0278382_21532746.jpg
a0278382_21531908.jpg
a0278382_21534000.jpg





家が色とりどりなのですが、 なぜか調和がとれていて決してうるさくないのが不思議です。





途中、ひときわ目を引くお菓子屋さんが有りました。
a0278382_21550944.jpg
a0278382_21551788.jpg



ヌガーやパン・デヴィス、 アーモンドを飴で固めたお菓子など、巨大な固まりで置いてあり、何とも言えず美味しそう〜〜〜チーズのように切り売りです。




a0278382_21552201.jpg




母は、カリカリしたナッツのお菓子が大好きなので、試食をさせてもらってすっかり気に入り、このアーモンドを飴で固めたお菓子を買うことにしました。 表示してある値段はキロ単位でしたので、 適当に薄く切ってもらったのですが、 思ったよりもずっと重かったらしく、小さな一切れなのに目の玉が飛び出るほどとんでもなく高いお買い物になってしまいました。 008.gif   一瞬詐欺かと思った!!!   

kumatoさんはちょっとあきれた顔をした値段でしたが、 本当に美味しかったので良いことに・・・・・・ kumatoさんのように、一度にたくさん食べる人には絶対にもったいないけれどね・・・・・今更返しますとも言えないし・・・・・

母に大事に食べてもらうことに・・・・・





a0278382_21534415.jpg




母は、クリスマスの専門店でお土産を買いました。 それから素敵なアクセサリーもみつけたのでそれも・・・・・母は、イタリアではお土産に塩とヴィンテージのマルサラ酒と小さな陶器を買い、自分には漁師さんから貝のついたつぼのかけらを買っただけでしたが、フランスでは購買意欲をそそるものが有り過ぎです。  危険危険!!! 034.gif

kumatoさん、再び荷物をすべて持ってくれます。 紳士・・・・





a0278382_21535016.jpg
a0278382_21535513.jpg
a0278382_21542607.jpg
a0278382_21543365.jpg




一つ一つのお店が違うので、本当に飽きないのです。 買いたいものは山ほど・・・・ でも本当にきりがないのでぐっとこらえました。いくらお金があっても足りないよ〜〜〜〜





a0278382_21540594.jpg
a0278382_21540963.jpg
a0278382_21540047.jpg
a0278382_21545276.jpg
a0278382_21545702.jpg
a0278382_21552879.jpg
a0278382_21554639.jpg




写真の羅列ですが、 カラフルで、楽しい雰囲気が伝わるでしょうか?? 




a0278382_21560348.jpg






この日もまともにお昼ご飯を食べていないので、お腹がすいたkumatoさん・・・・
ケーキでお昼ご飯が済んでしまう女子との旅行はつらかったのでは????



村の一方の入り口から、もう一方まではさっさと歩けば20分くらいで通り抜けられるようです。 もちろんお店を冷やかしたり、 お茶を飲んだり、お食事をしたりしたらずっと時間はかかりますが、距離的には大したことはありません。 


 



a0278382_21560743.jpg





車をとめたところが傾斜の上側で、道は緩やかに坂を降りる感じで村のもう一方の入り口につきました。 車のあるところまでは30分以上、上りで今きた道を戻らないと行けないので、 超・紳士のkumatoさん035.gifが、母のために車を一人でとりに行ってくれました。  母と待っている間にかなりの大雨が降り出し、門の下で雨宿りをしました。




間もなくkumatoさんが来てくれましたが、kumatoさんもちょうど車に乗り込んだところで大雨になったそうで、 あまり濡れていなくてほっとしました。 


リボーヴィレとリクヴィールがあまりに面白く、 ショッピングにもせいを出してしまったので、あっという間に時間が経ってしまいました。 が、実はまだ、この日の目的はすべて果たしていないのです・・・・・・・・・。 

kumatoさん、まさか私と母がこんなにもきゃ〜きゃ〜喜んで、ショッピングにせいを出すとは予想だにしていなかったのではないかと思われます・・・・・・・



さて、降りしきる雨の中、最後に向かったのは・・・・・?? 



























 
























by tomomato | 2014-10-26 22:52 | お出かけ | Comments(7)
Commented by pot-eri at 2014-10-28 02:10
可愛い村~、実はね、私フランスに住んで19年が過ぎたのですけれど、
まだアルザス地方は未開の地なの(冷や汗)
ワイン街道の南のはずれの方のカーブだけちらっと行ったことがあるだけ。。
おとぎの国みたいなアルザスの美しい村、行ってみたいー
そのアーモンドたっぷりのお菓子、この夏私達も南仏のマルシェで試食させてもらったら美味しかったので買ったらびっくり目の飛び出る値段だった!
お母様と満喫されたご様子、フランスに好印象を持っていただけて、嬉しいです☆
Commented by tomomato at 2014-10-28 09:16
Poteriさん、アルザス、結構パリから距離が有りますよね。でもパリだってシックですてきじゃな〜〜〜い^ー^ 可愛いというよりシック?  アルザスは本当にかわい〜たのし〜って言う感じでした。 バーゼルからこんなに近いのに、なぜ今まで行ったことがなかったのか悔しくなっちゃった。。何度でも行ってみたいところでした。 あ、やっぱりアーモンドのお菓子、高いのね。 本当に目が飛び出てしまいました。 でも美味しいよね〜〜〜 
Commented by olivolivo at 2014-10-28 18:59
うわ~~ん。アルザス、おしゃれですね~
フランスって、風景はどこをとっても絵になるし、小物はやたらとかわいいし、お菓子はすっごく美味しいし、魅力的すぎますよね。
うちのネットの調子が悪くてコメントできなかったけど、シチリアの旅も読ませてもらっていました。もう、読みながらため息~。いつか行ってみたいわぁ。セレブ旅行はできないけど(笑)
Commented by tomomato at 2014-10-28 20:27
olivolivoさん、アルザス、と〜〜っても素敵でしたよ。お嬢さん達もきっと喜ばれると思いますよ。^ー^ でも買いたいものが有りすぎて危険危険・・・ シチリアも素晴らしかった。でもkumatoさん的にはこういう旅行よりも、キャンプをしながらハイキングしたり泳いだりする方が絶対に好きだったと思います。合間に少しだけ文化遺産を見て^ー^ 母にはそれは無理ですが・・・ ぜひぜひいらしてみてください。 素材がいいものが有るから、まずいレストランに入るよりも自炊の方が美味しいかも?あ! お魚は自分で調達なさりますね・・・
Commented by exmouthcoco at 2014-10-29 07:24
tomさん、こんばんは〜!
アルザス編も楽しませていただいてます。(^o^)

そうそう、リクヴィールは今年のお正月早々、火災があったんですよね…。
7枚目の写真かな?青い家にシートが張ってあるのは、多分、そのせいだと思います。
この村で、日本人の友人がフランス人の旦那様とレストランをやっていらっしゃるんですが、火災現場から何十メートルしか離れてなくて、火災後も観光客はそのゾーンに入れず、営業できないと言ってました。

でも、ブログを拝見してる限り、観光客が戻ってきてるようですね。よかった…。

引き続き、旅の話を楽しみにしています!
Commented by tomomato at 2014-10-29 09:14
cocoさん、さすが!!! 実は門を入ってすぐのところがまるまる一件火災のために家がなくなっていて、未だに生々しいかんじでした。写真二枚目の手前です。残念なことですよね。お知り合いの方、本当に大変ですね。また営業できるようになるといいですね。観光客はびっしりでしたよ。素敵なところで、また是非行ってみたいです。
Commented by tomomato at 2014-10-29 09:16
cocoさん、あ、写真7枚目??ですね!!間違えちゃった、、
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧