シチリアを駆け抜ける 2014-11






a0278382_05562856.jpg






トラーパニ、目が覚めたらもう朝日がカンカンに照っていました。  とにかく西海岸は暑い! の一言。








a0278382_06030145.jpg





青い海をゆっくりと眺めながら海沿いの道をトコトコと歩いて、 港まで行きました。 本当にイタリアの船はカラフルでかわいいです。 






a0278382_05542900.jpg








朝市にも行ってみたけれど、 日曜日だったからか、 トラーパニのマーケットはとってもこじんまりとしていました。







a0278382_05564709.jpg
a0278382_05570977.jpg








お魚もなんだかちっちゃいお魚ばかり、 おそらく素人さん? と思われる人までクーラーボックスに釣ってきたお魚を入れて売っていましたよ・・・・





a0278382_05572815.jpg








ヌビアのニンニクが〜〜〜〜〜 本当に車で来ていたのなら一年分買って帰りたかった〜〜〜〜







a0278382_05574573.jpg






朝市を冷やかした後には、また歩いて宿泊先のアパートメントまでいったん戻りました。 まだ朝なのに暑くて暑くて我慢できず、途中でグラニータをいただきました。  カフェ味のグラニータ・・・・・   これ、美味しすぎ・・・・ 特に体が熱を持って、のどもからからなので、グラニータを食べて体を冷やしてちょうどいいみたい・・・・  思わず私はおかわりまでして、ピスタチオ味とカフェ味を試しました。  ピスタチオはちょっと甘すぎたかな?  


そのあとはkumatoさんのお願いを聞いて・・・・












サンビートロ・カンポへ海水浴!!!  


本当は、ファビアーノ島にでもわたって、 島の美しい海を満喫しよう! と思ったのですが、 気温が思っていたよりもずっと高く、漁師さんの船に乗せてもらうにしても、船で渡って移動するにしても、 泳がない母にとっては炎天下のもと、あまりに負担が大きすぎそうなので、 島は今回はあきらめました。    サンビートロ・カンポはすばらしく美しいビーチとして知られています。  が、この日は日曜日、しかもイタリアの学校の夏休みの最後の週末なので・・・・・






a0278382_05580799.jpg




ビーチはびっしりパラソルが並び、 ぎっしり人が・・・・・・ (驚愕)  私たちはお昼頃に行ったので、一番道路側に近いパラソルをやっと確保できました。海から遠いのですよ。 パラソルから海なんて見えない!!! (笑)  

ここで母にお昼寝をしていただき、 母が耐えられる時間だけ、私とkumatoさんは海水浴に・・・・・・071.gif


が、kumatoさん、最初のうちは一緒に泳いでいたけれど、私が母の様子を見に行っている隙に、 早速一人でシュノーケルを持って遠くの岩場の方にさっさと消えてしまいました・・・・ 残された私は一人で泳ぎに・・・・・・ (悲) 



でもね、 上の写真でもお分かりのように、 ビーチは人でぎっしりなんだけれど、 海にはあまり人が入っていないのですよ・・・・・・ しかも、入っている人たちは波打ち際に腰まで使ってだらだらといつまでもおしゃべり・・・・・   沖までいって泳いでいる人はほとんどいませんでした〜〜〜〜〜〜  


いつも行くエルバ島のビーチでは、岩場がそばにあるのでビーチでもたくさんお魚が見られるのですが、ここにはお魚は全くいませんでした・・・・・ 岩場まで見に行ったkumatoさんも見なかったと言っていました。

その後、遅めのお昼ご飯に行きましたが、 時間が遅すぎてレストランはすべて閉まってしまい、仕方がなくパニーニ的なものでおなかを満たしました。 


kumatoさんはずっとビーチにいたかったようですが、 この暑さに母をつきあわせるのは限界なので後ろ髪を引かれながらもビーチを後にしました。
まだ、夕暮れまで時間がありそうでしたので、 帰りがけにエリチェに向かうことにしました。





a0278382_06004931.jpg







いきなり標高が高くなります。 おまけに気温がぐっと低くて、涼しくて気持ちがよかった!!!  っていうか寒かった!!





a0278382_05584544.jpg




なぜかエリチェの町中の写真があまりなくて残念なのですが、エリチェは古い石畳の道が風情のある、とにかくとてもかわいくてすてきな街でした。 ただぶらぶらと歩いているだけで楽しい!  




a0278382_06000975.jpg




教会がたくさんあって、教会巡りの共通チケットというのがあったので、地図を見ながらあちらこちらの教会を尋ねて街の中を散策しました。 




a0278382_05590365.jpg





廃墟からこんなにきれいな教会まで、たくさんたくさんありましたよ。一つ一つに特徴があって、面白かったです。 


エリチェが、こんなにすてきで楽しい場所だとは思ってもいなかったので、母と二人で大喜びをしながら散策しました。kumatoさんが地図を一生懸命見ながらガイドしてくれて、ついていけばいいだけだったので楽だった〜〜〜〜 笑





a0278382_06002968.jpg



街の中も、 こうして遠景で見える風景も、どこをとってもすてきなエリチェ・・・・




a0278382_06325248.jpg




途中、 地味〜〜な建物の入り口の前に何人かの人たちが立ち止まっていたので、何だろうと見ると地味〜〜な看板に ’菓子屋’と書いてありました。

本当に地味〜〜なのだけれど、気になったので中に入ってみることに・・・・






a0278382_05591978.jpg

a0278382_05593769.jpg




そしたらこれまた昭和の? お菓子屋さんのような地味〜〜な木製のショーケースの中に、 地味〜〜〜で素朴なお菓子が・・・・・!!!   そしてお店の中はぎゅ〜ぎゅ〜にお客さんが入っていて、 その方達を相手に80はゆうに超えているのではないか? と思われる小さなおばあさんたちがお二人、 一生懸命注文を聞いては奥の厨房に行き、丁寧にお菓子を包んでいらっしゃいました。 



老舗の和菓子屋を思わせるたたずまいに、どうしても気になったので私も並んで買ってみることに・・・・ 

が、 カウンターにぎっしりと押し寄せるイタリア人のおばちゃんたちは、 列を作ることもなく、 暗黙のうちに ’あなたの次は私ね!’ ‘その次は私なんだからね!’ と牽制しあいながら我先にと順番を争い、 その勢い勝てるはずもなく、一番前に並びながらもなかなかお菓子が買えませんでした。 汗  

結局はかなり強気にでて、イタリア人おばちゃんのように、’あなたの後は私ですからね!!’ と笑顔で、けれども強引に押して、 お店のおばあさんたちにやっと気づいてもらえ、無事お菓子を購入・・・・・・ 笑


ほぼ全員が買っているおまんじゅうのようなお菓子(=ジェノベーゼというこの辺りで有名なお菓子であることは後で知りました・・)は絶対に外せないと思ったので、それは大きいので二つ、そしてビスコティが美味しそうだったのでそれを6つ注文しました・・・・・


が、おばあさん、見事に間違えて、 大きなジェノベーゼを6つ、ビスコティ2つ包んでくれてしまいました!!!???   
このかわいらしい小さなおばあさんたちは、実は修道院のシスターだったらしいです。 お二人ともきちんと白衣を着て白い帽子をかぶり、 殺到するお客さんたちにもびくともせずただ黙々と、着実に働いておられました。 後ろにはローマ法王のお写真があちらこちらに飾ってありました・・・・





a0278382_05595910.jpg






このジェノベーゼ、 大きいので到底一人でも一つを食べるのは大変、と思ったので2つしか注文しなかったのですが・・・・・

これがまた、美味しいの!!!053.gif


柔らかいふわっとしたクッキー生地の中にカスタード? クリームが入っているのですが、 素朴だけれど味わい深くておいしいおいしい!!!!  口当たりも軽くて、一口食べてあっと驚く美味しさ、  ぱくぱくあっという間に食べてしまいました。  中のクリームが日持ちはしないだろうと思われたので、 何と一気にすべて食べてしまいましたよ・・・・・


並んだ甲斐があった! イタリア人のおばちゃんたちと戦った甲斐があった!!






a0278382_06010513.jpg







そんなこんなしているうちに、どんどん夕闇が迫ってきてしまいました。 気温も低くなってきて寒い!  日中、下界はあんなに暑かったのに〜〜〜〜エリチェのお土産屋さんには、スカーフを売っているところが多かったのですが、 気温が低いからなのですね〜〜。






a0278382_06012607.jpg





はるか彼方の下界にトラーパニの塩田と海を眺め、 静かに夕日が沈むのを見守りました。 

ここも本当に天国みたいな所だったな・・・・・・・・・




帰りは、ナビがしっかりと一般道ではなく、どう考えても裏道のようなところに誘導してくれまして、信じられないような急カーブの細道をどんどん下ってあっという間にトラーパニにつきました。 


ちょっと怖かった・・・・ 















   

















by tomomato | 2014-10-08 07:09 | お出かけ | Comments(6)
Commented by fran0923 at 2014-10-08 09:22
シチリアすごい!!
美しい!!
何とも言えない独自の文化がありますね〜。
行って良かったね〜!
いや〜、tomoさんいい旅です。最高。
たのしい。有り難う。
Commented by paprica at 2014-10-09 22:58 x
一記事一記事、ドキドキワクワクぜーぜーはーはーしながら読んでますっ。このビーチのあたりでは汗が流れそうでした(笑)
シチリア、素晴らしく豊かなんだね。食も文化も歴史も…それに色が溢れてるっ。どの写真の風景も町並みも素晴らしくて見入ってしまいます。昭和なお菓子。。。So cute!!!
お母様と、少年のようなkumatoさんを引き連れてフル回転のtomさん、お疲れさま〜。もう疲れはとれた?
Commented by poteri at 2014-10-10 02:38 x
tomoさん、エリチェって天国みたいだね、tomoさん達が居るからそう見えるのかな?シシリーで行ってみたい一番かも!
このお菓子、私の中では=ナボナと直決したのだけれど。
あ、ナボナって知ってる? どこかのチェーンの和菓子店の昭和のお菓子、
中がクリームだったりジャムだったりするの。。
Commented by tomomato at 2014-10-11 06:43
fran0923さん、 いろいろな文化が交差していて、そこが面白いんですよね〜〜〜 歴史と民族の結晶を見られるというか。 すてきなところです。  喜んでいただけてうれしいです〜〜^ー^
Commented by tomomato at 2014-10-11 06:45
papricaさん、シチリアよいとこ一度はおいで! ^ー^  このビーチは本当にきれいでした〜。  でもビーチはエルバ島もいいですよ。 本当にいろいろな意味でシチリアはとても豊か・・・・・ 昔は、砂漠みたいなところも緑にあふれたところだったらしいです。  経済的には貧しい時期を長く過ごしたので、それでマフィアが発展したのだそうです。   お菓子おいしかった〜 でも、それを作って売っているおばあさんたちが本当にcuteだったの〜〜 写真が残念ながらぼけちゃって・・・・ 旅の疲れはとれたよ〜〜 っていうか忙しい〜〜〜 涙
Commented by tomomato at 2014-10-11 06:47
poteriさん、エリチェ、 すっごく楽しくてすてきなところだった〜〜 母もものすごく気に入ってくれたのよ。 涼しいし、 ロマンティックだし、教会もすごく面白かった〜〜。 ナボナ、知ってる知ってる。 でも、これは皮がナボナのようにふかふかしてなくて、クッキー生地のようにさくさくしていて、その中に手作りのカスタード(か、カスタードと生クリームが混ざったものか)が入ったものなの。 さくさくで、中からとろりと出てくる美味しいクリームが本物で、すごく美味しかったです・・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧