シチリアを駆け抜ける 2014-10





a0278382_23331888.jpg







アグリジェントで夜の遺跡を満喫して、神秘的な光景を胸にぐっすりと眠った翌朝、 一番に朝食を食べて西海岸に向けて出発しました。  本当は途中にとても魅力的なレストランがあり、そこで昼食をしたかったのですが今回は断念・・・・・・・



というのは・・・・





a0278382_23291523.jpg






マルサラワインのFlorio社に、見学に行く予定があったからです。 本当は最初の(私の頭の中での)予定では、 朝、もし興味があればまだアグリジェントでゆっくりしてから出発、途中で海に寄ったりして、 そしてそのレストランで昼食をとり、午後にマルサラでワイナリーを見学しよう・・・・・・・と思っていたのです。 

ところがこれまた後から調べていたら、Florio社、土曜日には午後の見学がなかった!!!!  滝涙    

バカンスの予定を考えるときに、 土日なんて意識、 なかったのですよね・・・・・  今度から気をつけよう・・・・
見学を月曜日にしても良かったのですが、kumatoさん、一度来た道を帰るのは嫌だというし。  

  




a0278382_23293093.jpg






母はマルサラワインのワイナリー見学をとても楽しみしておりましたので、 行ってよかったです。 早めに到着したので、海のそばでのんびりとカフェを飲んでからワイナリーに行くと、ものすごい人だかりができていたので驚きました。 
こんなにたくさんの人たちが見学するの?? と思ったのですが、 英語とイタリア語のガイドでグループが分かれ、 英語のグループに参加した私たち、遥かに人数が少なくてよかったです。 でも、イタリア語のガイドツアーは後から出発したのですが、 なんだかそちらの方が説明が長かったみたい????   ずっと後になってから出てきましたよ・・・・  












a0278382_23294235.jpg




ワインの試飲・・・・   ワインはね、おいしかったのですが、 最近から始まったというビデオ付きの解説がうるさくてワインをじっくり味わうことが出来ませんでした。  ワインの試飲って、舌に集中したいのに、 こう味わえ! ああ味わえ!って音楽とともにあれこれごちゃごちゃボリューム満点で言われてもね〜〜〜〜〜 



このテイスティングの後に連れて行かれたのが、ワイナリーのショップ!! 

アルコールが入って気持ちがよくなったところでショップに行くって・・・・ 危険・・・ あははは・・・


このショップ、ワインのセレクションだけではなく、 西海岸のシチリアの良いお土産がそろっていてとても充実していました。 お料理関係の本もおいてあって、もし帰りが飛行機じゃなくて車なら、わんさか買い込んでいたかも?




a0278382_23295849.jpg





その後、マルサラの街へ〜〜〜 あ、その前に時間があったので、考古学博物館にも行きました。 が写真はなし・・・カルタゴ軍の船や古い壷などのアンティークがありました。  







a0278382_23301907.jpg




西海岸についてすぐ気がついたのは、 

暑い!!!

こと・・・・

東海岸では、こんなふうに感じなかったのだけれど・・・・シラクーサでも日中遺跡を見たりしたけれど、 汗をかかなかったような・・・・ それなのに西海岸では暑くて暑くてたまらなく、日陰を探して風が抜けるところに座って、 ここで昼寝した〜〜〜い!   と叫んだ私と母でした。 9月でこれですから、7月8月はいったい・・・・・・・ 汗 

暑くて食欲もあまりなかったので、お昼を軽く食べて向かった先は・・・・







a0278382_23322603.jpg


a0278382_23303188.jpg





塩田
a0278382_00392069.jpg





a0278382_23304549.jpg






何とも言えない風情のある光景でした。 子供時代、祖父母を訪ねるとき予讃本線の窓からえんえんと続く塩田風景を見たことが何回もあるのですが、 海水をわらの束にしみ込ませて干して塩をとる作り方で、 全然違う風景でした。 

白いこんもりした塩の山が続いていて、美しく、楽しかった・・・・ 母は、小さな塩の袋をお土産用にわんさか購入していましたよ。笑   私も、塩の華を購入。  車だったら大きな塩の箱をいくつも買っていただろうなあ・・・・・(kumatoさん、帰りが飛行機で良かったと思っているに違いない・・・・035.gif





そしてさらに車を進め、今日の宿のあるトラーパニへ向かいました。







トラーパニの街




トラーパニ、 西海岸の小さな海沿いの町=漁師の街だと思っていたら・・・・・ とんでもない! 海沿いはともかく、街自体は豊かでファッショナブルな都会で驚きました。やたらにおしゃれな洋服屋さんやバールがたっくさんありましたよ??   

 





a0278382_23325611.jpg
想像していたトラーパニの姿 





この日の夜ご飯は、 有名なカンティーナ・シチリアーナでいただきました。 







  




トラーパニと言えば、ほら、あのお方・・・・・・と、 ご一緒にお食事をさせていただきました。 あのお方とご主人様のお顔で、カンティーナ・シチリアーナの店主さん、 ワインのボトルを開ける開ける・・・・・  笑 kumatoさん、調子に乗って飲む飲む・・・食べる食べる・・・・


皆で大笑いをして、本当に楽しくご飯をいただきました。  しかしまともな写真がなぜか一枚もない・・・・ 


シチリア事情を地元の方からいろいろとお聞きできて楽しかった〜 社交的なkumatoさんも、 久しぶりに私たち以外の人と話せて? すごく楽しそうで生き生きとしていました。  ( 怖い奥さんと姑さんとずっと24時間毎日一緒でしたからね〜〜 息も詰まるよね〜〜〜 大笑)   

ここのレストランはクスクスですごく有名だと聞いていたのですが・・・・・ う〜ん、 もっとおいしいクスクスがあるのでは???? と言うのが正直な感想・・・・ (いや、おいしかったのだけれどネ ゼイタク? )  というのは、 私は実はクスクスはあまり好きではないのです。 嫌いじゃないけれどわざわざ食べたいと思うほどではない・・と言った方が正しいでしょうか。 それは多分、 本当においしいクスクスを食べたことがないからではないか? と密かに思っていて、 う〜〜んとうなるようなクスクスが食べてみたい!!! と思っていたのでした。 クスクスって、本当はこういうものだったんだ!と私のクスクス嫌い? を覆すようなものを期待していたのでした。 もしかして私の求めるクスクスというのは単なる幻想/妄想なのかもしれないけれど・・・

うなるようなクスクスを食べに、絶対にまたトラーパニに行かなければ!!! 



a0278382_00564221.jpg


前菜を食べ過ぎてもはやお腹いっぱいのkumatoさん・・・ セコンドを前にボーゼン





夜中近い街をそぞろ歩きしましたが、 土日とはいえ、すざまじい人ごみであきれました。 まともに歩けないくらい、そう、まるでラッシュアワーの池袋の駅みたい (ってどういうたとえ?)........



   トラーパニ、大都会です。 







  
















by tomomato | 2014-10-07 00:59 | お出かけ | Comments(4)
Commented by la_mia_coccolina at 2014-10-07 14:40
tomさん、こんにちは!
どこも行ってみたい所ばかりなので、「うわぁ~!おぉ~♪」と言いながら楽しませて頂いております^^
考古学、遺跡。。。と聞いただけでもうたまりません!
そこにシチリアの食文化が入ってくると嬉しくて、嬉しくて。
お母様もこの旅を満喫されたことだろうと改めて思いました。
トラーパにも行かれたのですね!あの方にもお会いになったのですね!
いいな、いいなぁ~♪
Commented by shigezo09 at 2014-10-07 16:35
塩・・・すごい塩田!
こんな広いのニホンにはないなきっと。

沖縄/那覇の繁華街に塩の専門店があったよ。
かなり広めの店内がすべて沖縄/各島のあれこれの塩塩塩・・・。
お土産用に買ったたあくさんの塩の小袋のあまりを家で使ってみたらあまりの美味しさに島の製造工場へ直接注文しましたよ。(おっちゃん一人の工房・・・)

にほんのことばかり書いてスイマセン!
Commented by tomomato at 2014-10-10 06:02
la mia coccolinoさん、 シチリア、本当にすてきな場所でしたよ〜〜 次の旅はぜひシチリアにいってくださ〜〜い^ー^  遺跡もね、すごいのが次々とあって、もちろんすべてには行っていなくて、もっとあるっていうのがすごい.... 美味しいものには事欠かないし、 魅力的なところ! ぜひぜひ 絶対にいってね〜〜
Commented by tomomato at 2014-10-10 06:03
shigezo09さん、 この塩田は本当にすごい光景でした。 きれいで風情があって、お塩もとっても美味しいのですよ。 沖縄、 う〜ん、じっくり行ってみたいところだなあ。 島も魅力的だしなあ。 沖縄の塩、いいですねえ・・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

画像一覧