シチリアを駆け抜ける 2014 -4





a0278382_16231234.jpg






胸が熱くなるような(実際とっても暑かったけれど・・・・笑) 壮大な遺跡を見て、 すっかり満足の私達。
本当は今日は車の運転はお休みの筈だったけれど、 遺跡を見るために母のために車を出したので、そのまま翌日の予定の場所まで行ってきました・・・・・


車が無いとこういう 無理な 自由なことは出来ませんね・・・・ 
kumatoさん、感謝。




a0278382_16234797.jpg






バロックの街の一つ、ノートへ!!!





a0278382_16225028.jpg




車で街に入ってびっくり・・・・ 


この街、 豊かだ〜〜〜


素晴らしく奇麗なバロックの建物が並び、調和のとれた街・・・ そんな印象でした。

17世紀の大地震で古い街並が壊され、その後別の場所に都市が再建された街というけれど、 これだけの街を作ったお金は一体どこから????







a0278382_16240351.jpg





a0278382_16230168.jpg








途中のカフェでこんなものを見ました・・・・ 水蒸気がパラソルから出ているの! これで涼しくなるのでしょうか?





a0278382_16241622.jpg






この日は、もう9月ということもあってか、いつものことなのか、メインストリートを除いてはほとんど人がいませんでした。あ、シエスタの時間だったのかな?   観光客以外は歩いていなかったのかな?





a0278382_16242680.jpg






とにかく、 ほほ〜〜〜〜っ はは〜〜〜っと圧倒されるような建物がごろごろと並んでいるノートの街。






a0278382_16243886.jpg





忙しそうにカンノーリを山ほど運ぶカフェのおにいさん。







さて、ノートにどうしても来たかった理由は・・・・





a0278382_16233597.jpg






カフェシチリアのお菓子を食べること!067.gif064.gif






既に昼食抜きのおやつの時間なので、お腹がすいてすいてしょうがなかったkumatoさん、いきなりお菓子は嫌だ! 035.gif というので、いったんカフェシチリアに入ったものの塩物がなさそうだったので、  その先のバールで超巨大なブロスケッタ (ブロスケッタっていうかピザくらいの大きさがあった) しかもケバブがのったのを食べて腹ごしらえ・・・・ 朝食に巨大なオムレツを始め、あれほど食べたのに?????? 


この辺、 女同士の旅の気軽さとは違いますね・・・・私と母だけだったら、昼食なしでカフェシチリアに入れるけれど。 

私と母は暑くて、(特に私は寝不足と胃の調子が悪いので)食欲が無く、飲物だけ頼みました。 空っぽのお腹にスウィーツはちょっと悪いので、ブロスケッタの何ものっていないパンの端をかじらせてもらいました。  (カフェシチリアに向けて用意万端・・・・! 意気込み万全!!! ) 






カフェシチリア、 最初にのぞいた時には日本人の観光客?を含めお店の中はごった返していたけれど、 kumatoさんのブロスケッタにつきあっている間にすきすきになっていました。  外のテラス席では新聞を読みながらのんびりカフェを飲む人達もいて、 ゆったりした雰囲気でした。 暑いので、私達は中の席に・・・・・・






a0278382_16245099.jpg




いろいろと食べてみたいので、みんなでシェアして食べることに。 カンノーリにカッサータ、そして母が如何しても食べたいと言うビアンコ・マンジャーレ。 


カンネローリはとっても好きだけれど、私にとってはカッサータも、ビアンコ・マンジャーレも絶対に好きにはなれないであろうお菓子。 けれどもシチリアに来たら絶対に一度だけは試すべきお菓子。 

(母が言わなければ絶対にビアンコ・マンジャーレは注文しなかったけれど) 


それにカプチーノやカッフェなどを頼む・・・・・ 



おそるおそる一口ずつ口にする・・・・・




それが・・・・・



それが・・・・・・・・・・・




それが・・・・・・・・・・・



超美味しいの!!!053.gif




皆さん、 このカフェシチリアのお菓子を食べるだけにシチリアに来る価値あり!!!! 

本と!!!



カンネローリ、私は好きだと思っていたけれど、 北イタリアのとっても美味しいお菓子屋さんで食べるカンノーリ、

あれはあなた、 もどきですよ、もどき!!!



本物のカンノーリってこんなに美味しいものだったのかあ!!! 知らなかった!!! と衝撃でした。 



そして、絶対に好きではないであろうカッサータ、

私も母もマジパンは苦手なのですが・・・・・


これまた繊細な味わいで何とも言えない調和のとれた美味しさ・・・・・・




そしてさらに興味がなかったビアンコ・マンジャーレ



ほのかな上質のアーモンドの香りがふわ〜〜〜っと口に広がり、 その美味しさに心を打たれました。


大げさじゃ有りませんよ・・・・



3人みんなで顔をあわせて美味しいね〜〜〜〜〜と、いちいちため息をつきながら食べました。





a0278382_16254439.jpg







僕はもうお腹いっぱいだから君たち食べなよ・・・・035.gif 

的に構えていたkumatoさん、 あれ??? フォークを持つ手がせっせと動いておりますが・・・・・?





さらには






a0278382_16255921.jpg




3種のジェラートの盛り合わせ。 

忘れてしまったけれど、結構繊細な季節の果物と意外なスパイスの組み合わせでした。 イチジク、レモン、洋梨だったか? ふむ、なるほどと思うような舌で吟味して味わう、そういうお味でした。      ブリオッシュも美味しかったな〜〜〜〜 
アイスクリームとブリオッシュの組み合わせは理解できないと思っていたけれど、 ブリオッシュの質によるんだな〜〜〜〜




途中カフェをおかわりしたか、しなかったか・・・・???






a0278382_16261015.jpg






カフェを頼む変わりに、最終的にはカフェのジェラートで締めくくったのだったか??

もはや、ただ、美味しくて感動したことしか覚えておりません。  良く選ばれた素材の味がそのままストレートに伝わって来ます。 その素材が生きるように丁寧に、心を込めて作った・・・・そういう美味しさなのです。 
 



朝から出っぱなしで(しかも日本から来てまだ3日目!!!) 少し疲れていた母、 目を輝かせて喜ぶ!
寝不足でふらふら、 胃の調子が悪い私、 なぜか胃もすっきり、元気になる!!!


本当に美味しいものの力ってすごい。  丁寧に魂を込めた食べ物の力、 侮れません。


  


それを見て呆れる人、若干一名・・・・・  035.gif 



カフェシチリアで、 飲み食い30ユーロ・・・・・・ 呆







ノートからシラクーサに戻る途中、kumatoさんの願いにつきあいました。





a0278382_16264498.jpg








私は寝不足なのと、母のことが気になるのでカフェで待っていました。 そりゃ、9月のシチリアに来て泳がないなんて、kumatoさんにとっては拷問ですよね。

私だって、kumatoさんと二人ならばそうかも・・・・・・でもこの旅は私にとっては母との大切な旅なので。 








a0278382_16265690.jpg






帰り道、 虹が出ました。  シチリア、 既に大好きになりました。






a0278382_16270774.jpg







夜ご飯は、Don Camino で食べました。 お店の雰囲気、 サービス、 そして味、 満足でした。 昨日のリベンジでウニのパスタをまたもや食べましたが、 全然違った〜〜〜〜!!!! ウニが甘かった〜〜〜〜 !   

結構たくさん食べたのですが、(胃が悪い筈なのに・・汗) 翌朝は胃にもたれず、すっきりしていました。

食後にお散歩をしてパピルスの池に・・・・ 



この晩は、心地よい眠りにつくことが出来ました。







オマケ
a0278382_17113988.jpg





カフェシチリアで話の種にトローネを購入。

母がお土産用にピスタチオ、私はコーヒー味のブルーノートを。

シチリアから帰ってコーヒーのお供にブルーノートを食べましたよ。 


すごい・・・・ すごすぎる・・・・


トローネ、 母が好きなのであちらこちらで買ってみたことがあるのですが、 こういうトローネは初めてでした。
私自身はトローネはそれほど好きではない (自分のためにわざわざ買わない) と思っていたのですが・・・・


これ、


もはや芸術品???? 


美味し過ぎました !!!!


これまた素材のアーモンドとコーヒー豆が全然違うのですよ。 その素材の良さが一番生きる程度の甘さ!!! (普通はトローネってすごく甘いのです)  


最初母は、 トローネを差し上げようと思っていた方には別のお土産をその後買ったので、ピスタチオのトローネも私達にあげるわよ〜〜〜 と言っていたのですが、 一口食べた後・・・



あ、 やっぱり私、持って帰るわ・・・・・053.gif




ははは・・・・



もっとたくさん買って帰れば良かった〜〜〜〜〜〜〜


 
















 











 













by tomomato | 2014-09-29 17:56 | お出かけ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tomomato.exblog.jp/tb/20241076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by la_mia_coccolina at 2014-09-29 22:55
tomさん、こんにちは^^
すごい!バロックの建物の雰囲気が半端なくて、tomさんがほほ~、はは~と言っていたのがとてもよくわかります!
それに私、遺跡も大好きなので ↓ のお話にも興奮^^ ディオニソスの耳、これはとっても興味があっていつか見てみたいと常々思っていたのですよ~ 
シチリアは様々な文化の交差点のようでやっぱりとても興味深いですね!
それにカフェシチリアのレポートには私まで悶絶!
ちょうどラジオのイタリア語講座で「シチリアの本物のカンノーロを食べたことがありますか?」というフレーズを勉強したばかりだったので、ますます食べてみたくなりました!
Commented by tomomato at 2014-09-30 00:38
la mia coccolinoさん、あはは、カンネローリではなくカンノーリでしたね! (変換したら缶のり になった 笑)  カフェシチリアは絶対に絶対にいつか行って下さいね!  本当に美味しかったから!!  ノートは、 他の街と違ってなんだかとっても整っていて豪華だったのです。  いちいち大きくて立派で整っていて・・・・  遺跡もお好きなのですか? ではシチリアは外せませんよ〜〜〜 
Commented by shigezo09 at 2014-09-30 09:10
今回はデザートの写真とテキストを保存しましたよお〜。
もっとも一枚の写真の中に3種類写ってたりするからどれがどれなのか??だけど・・・。(苦言ではないよ)
我ながら女子みたいなことやってるな〜と感心!(笑)
前世は女性だきっと。(大笑)

ついでにGoogle mapで路上観察までしてしまいました。
tomoさんの撮った写真と同じようなとこも行けてしまった。

島はいいね!

沖縄の文化が圧倒的にすごいのは、本土から遠い「島」であることがおっきいと思う・・・はなしがどんどん脱線していく・・・ではまたこのへんで〜・・・(笑)

*そういやニホンも島でした。それで世界で類をみない高度に自己完結型の文化が育ったんだもんね〜!
Commented by tomomato at 2014-09-30 16:30
shigezoさん、オ〜〜〜〜〜〜  そこまでやるか〜〜〜〜 (笑) 〜スウィーツに関してもgoogolemapにしても!!!???   関心持って下さっただけでうれし〜〜〜(涙)  スウィーツ、真っ白のババロアみたいなのがビアンコマンジャーレ、 緑で赤いのが乗ってる派手なのがカッサータ、クリームの入った巻物がカンノーリです。  shigezoさん、絶対女性的! 最初にブログで女性だと思ったもの。 沖縄も奥が深そうね〜〜〜 今度kumatoさんさそって沖縄ゆるゆる旅行行こうかな。屋久島つれてくか、北海道連れてくかとおもってたけれど。
Commented by Saki at 2014-09-30 17:11 x
私は、甘いものはあまり食べないので、画像を見ただけでは興味は湧きませんが、
tomさんのレポートが上手なので、これは食べてみたくなります!!!
”丁寧に魂を込めた食べ物の力”わかるわー。元気になりますよね。
Commented by shigezo09 at 2014-09-30 20:11
スイーツ解説ありがとさんです。
沖縄・・・ぜひ。
屋久島は自然、沖縄は文化と自然。

沖縄は高度経済成長期に亜米利加占領下だったので、ニホン本土ほどに伝統的なものが壊されずに済んだという・・・ちょっと複雑な、でも結果的に良かった面もあったといいますか。
Commented by tomomato at 2014-10-02 03:34
Sakiさん、 そう、この写真だけだと、別にお〜〜〜とはならない地味な見かけなのですが、 味が・・・・・・・ 本当に美味しかったですよ。じんわりしみじみと美味しく、 一口食べて本当にわ〜〜〜ってなるのです。 食べるって、大切なことですよね。
Commented by tomomato at 2014-10-02 03:36
shigezoさん、沖縄は一度だけ数日行ったことが有るのです。 でもじっくりとは見ていませんので、是非ゆっくりと行ってみたいです。 戦争の傷跡の印象がとても強くて。    島にも興味があります。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


イタリア@アルプスのふもと do田舎暮らしー自然と美しきものとの暮らし  大きな岩の上に佇む石の家でART*こころとこころのつながり*くいしんぼ


by tomomato

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ジェノバの一日 3
at 2017-08-16 15:34
ジェノバの一日 2
at 2017-08-15 15:23
ジェノバの一日 1
at 2017-08-14 17:11
プロヴァンスの旅 11
at 2017-08-13 16:49
プロヴァンスの旅 10
at 2017-08-12 19:07

カテゴリ

全体
石の家の話
石の家の庭の話
今日のごはん
今日のおやつ
ひとことご挨拶*お知らせ
お出かけ
石の家のものの話
石の家のある所ー0SS0LA
今日の奇麗・うれしかったこと
石の家の楽しく幸せなできごと
天の恵み・自然の恵み
スイスの話
今日の驚いたこと
painting
その他
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

鍵コメちゃん、 プププ ..
by tomomato at 06:23
鍵コメkちゃん、 うちは..
by tomomato at 14:14
papricaさん、 本..
by tomomato at 05:36
プロヴァンスの記事、どれ..
by papricagigi at 13:55
papricaさん、 ひ..
by tomomato at 15:55
tomさんっ!これぞこれ..
by papricagigi at 03:25
shigezoさん、 は..
by tomomato at 16:02
直面するにはあまりに悲惨..
by shigezo09 at 15:43
一生の思い出ですな。
by shigezo09 at 15:40
Papricaさん、 ご..
by tomomato at 05:49

検索

外部リンク

visit

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ナチュラルライフ

画像一覧